トップページに戻る
日記タイトル

2017/6/30 この日記ページに直接リンクを張っていらっしゃる皆様へ
2017/6/29 乗馬
2017/6/28 杢創舎建築第一棟
2017/6/27 五番目の孫
2017/6/26 虹架かる
2017/6/25 玉里神楽奉納
2017/6/24 子供椅子
2017/6/23 やんちゃ猫
2017/6/22 子猫
2017/6/21 山の蕎麦屋
2017/6/20 馬搬材焼き印
2017/6/19 父の日
2017/6/18 プランター
2017/6/17 鶺鴒の雛
2017/6/16 午後出社
2017/6/15 錦鯉
2017/6/14 自宅から夕陽を望む
2017/6/13 附馬牛山林歩き
2017/6/12 奥中山木造校舎
2017/6/11 蔵譲渡情報
2017/6/11 蔵譲渡情報
2017/6/11 チャグチャグ馬っこ
2017/6/10 北野神社
2017/6/9 取材日
2017/6/8 穀用1斗枡の椅子
2017/6/7 ようこそ!
2017/6/6 草刈り
2017/6/5 薪造り
2017/6/5 メイ
2017/6/4 好摩花壇
2017/6/3 花壇
2017/6/2 牛天神
2017/6/1 道具作り
2017/5/31 走る雲
2017/5/30 希望の芽
2017/5/29 ガーデニングフェスタ
2017/5/27 道の駅岩泉
2017/5/26 アカマツ
2017/5/25 一升椅子
2017/5/24 修正挽
2017/5/23 やりぬく心
2017/5/22 石窯
2017/5/21 初夏薫
2017/5/20 水田鏡
2017/5/19 木材の清め
2017/5/18 風清かに泳ぐ鯉
2017/5/17 田植え
2017/5/16 子ども室仕切り
2017/5/15 蒲公英大好き
2017/5/14 菜の花畑
2017/5/13 槐の木の芽
2017/5/12 起工式
2017/5/11 小岩井農牧
2017/5/10 石積みトンネル
2017/5/9 移植桜満開
2017/5/8 高松の池公園
2017/5/7 渋谷坂歩き
2017/5/6 天峰山より
2017/5/5 高松公園で昼寝
2017/5/4 杢創舎16年
2017/5/3 水面鏡
2017/5/2 姫神山の里
2017/5/1 高松公園
2017/4/30 餅つき
2017/4/29 好摩桜満開
2017/4/28 花壇造り
2017/4/28 高松の池
2017/4/28 桜
2017/4/27 石割桜
2017/4/26 植林体験
2017/4/25 杏子満開
2017/4/24 桂
2017/4/23 サンシュユ
2017/4/22 祈り
2017/4/21 桜咲く
2017/4/21 日課の逃亡中
2017/4/20 プランター
2017/4/19 春の日
2017/4/18 重機運転出来た!
2017/4/17 携帯手持ち
2017/4/16 葦簀作り講習会
2017/4/15 散歩
2017/4/14 高松の池
2017/4/13 好摩映画館
2017/4/12 リハビリ日記
2017/4/11 夕刻の岩手山
2017/4/10 岩手山と田圃
2017/4/9 のどかな春の景色
2017/4/8 大黒柱
2017/4/7 平舘建て方三人衆
2017/4/6 懐かしき昭和映画
2017/4/5 初仕事3
2017/4/4 初仕事2
2017/4/3 初仕事!
2017/4/2 春とヤギ
2017/4/1 入社式
2017/3/31 ビル街の中で
2017/3/31 庭の中にタワー
2017/3/30 新宿御苑にて2
2017/3/30 新宿御苑にて
2017/3/30 土に還る
 月曜火曜日と自主リハビリで東京に行ってきました。駅の階段も歩き、渋谷のスクランブル交差点の人の波の中も歩き、新宿御苑の桜も見てこれました。障碍者手帳があるので、入場料は取られませんでしたが、自然の奥深い岩手から、日本の首都東京に来てまで、樹木を眺めたい気持ちになるのが可笑しくもありましたが、江戸時代に整備されたことへの驚きと春の花々を愛でる海外の観光客の方々の俄かカメラマンぶりに時代の流れの妙を感じながら陽光の温かさに心がほぐされているのを感じました。御苑内各所で満開の桜の名も陽光・・・この日も園内とにかく良く歩きました。おかげで」今朝は、足が軽く、柔軟になった気がします。手も、両手を組めるまでになりました。盛付の応援で、手を組んで祈ります!がんばれー 3678.jpg
2017/3/28 芽吹き
2017/3/27 小雨
2017/3/26 メイとユキ
2017/3/25 大工仕事
2017/3/25 柱番付け
2017/3/24 ホーストレッキング
2017/3/23 春の夕暮れ
2017/3/22 お釜
2017/3/21 春彼岸
2017/3/20 太陽
2017/3/19 タイガ
2017/3/18 サト
2017/3/17 萱葺き
2017/3/16 春へ向けて
2017/3/15 好摩板倉講演会
2017/3/14 竈焚き
2017/3/13 鹿肉!
2017/3/12 釜炊きご飯
2017/3/11 股の木
2017/3/10 木の命
2017/3/9 貴重な竹竿
2017/3/8
2017/3/7
2017/3/6 休憩室
2017/3/5 サトちゃん
2017/3/4 畳職人
2017/3/3 春待ちの山羊
2017/3/2 釜焚きご飯釜
2017/3/1 この美しき世界
2017/2/28 薪割り
2017/2/27 大楠
2017/2/26 姫神山
2017/2/25 丸太積上げ
2017/2/24 岩手の自然
2017/2/23 大都会の自然
2017/2/22 明治神宮
2017/2/21 5歳の木
2017/2/20 木との対話
2017/2/18 原木確認で山へ
2017/2/17 ゆらゆら浮く
2017/2/16 玉里の大改修現場にて
2017/2/15 杢創舎応援団
2017/2/14 岩手山神社
2017/2/13 しんしんと雪
2017/2/12 木の家
2017/2/11 春告げる陽光
2017/2/10 タカラ箱
2017/2/9 奥中山
2017/2/8 板金曲げ機
2017/2/7 ユニック新車
2017/2/6 炭入れ
2017/2/5 銀杏のカウンター
2017/2/4 通勤路
2017/2/3 空の中で
2017/2/2 雪林街道
2017/2/1 閑薫院様
2017/1/31 打ち合わせ
2017/1/30 雪景色
2017/1/29 雪原
2017/1/28 カメラ
2017/1/27 雪
2017/1/26 杢創舎焼印
2017/1/25 薪の火
2017/1/24 ルアーケース
2017/1/24 下の続きです!
2017/1/24 ルアーケース
2017/1/23 テレビ台製作
2017/1/23 下の続きです!
2017/1/23 テレビ台製作
2017/1/23 刻印
2017/1/22 車椅子大工
2017/1/21 面接
2017/1/20 土魂
2017/1/19 入院中の外泊日
2017/1/18 永遠の愛
2017/1/18 雪積もる
2017/1/17 無事退院
2017/1/16 日はまた昇る
2017/1/14 半年
2017/1/13 風で乾かす
2017/1/12 刈り取り終了
2017/1/11 茅と蔓
2017/1/10 束ねて結って
2017/1/9 背より高い茅
2017/1/7 初詣
2017/1/6 響く除夜の鐘
2017/1/2 病室日記
2017/1/1 初日の出
2016/12/31 大晦日
2016/12/29 風に舞う雪
2016/12/28 飛行機
2016/12/27 雲の影日の光
2016/12/26 夜に照る木々
2016/12/24 ピンクのお鼻
2016/12/23 ハボタンの露
2016/12/22 足元のタイガ
2016/12/21 氷の粒
2016/12/20 二つの星
2016/12/19 山居倉庫の灯
2016/12/17 姫神山と雀
2016/12/16 薄とリース
2016/12/15 あしあと
2016/12/14 ストーブ番人
2016/12/13 ひこうき雲
2016/12/12 氷の世界地図
2016/12/10 白い姫神山
2016/12/9 防風林と電線
2016/12/8 静かな降雪
2016/12/7 朝日光る霜柱
2016/12/6 小ガメの頂上
2016/12/5 伝説の妖精?
2016/12/3 ヤギが呼ぶ
2016/12/2 菱形の陽光
2016/12/1 ススキの毛
2016/11/30 揺らめく火
2016/11/29 フェルトの葉
2016/11/28 雲被る岩手山
2016/11/26 姫神山
2016/11/25 水槽の虹
2016/11/24 水色の画用紙
2016/11/23 雫の形
2016/11/22 長い揺れ
2016/11/21 気まぐれ
2016/11/19 防風林の影
2016/11/18 風に揺れる穂
2016/11/17 光落ちる朝
2016/11/16 月光
2016/11/15 ちびカメズ
2016/11/14 太陽の道
2016/11/12 水たまりの氷
2016/11/11 どーっちだ!
2016/11/10 盛岡の初雪
2016/11/9 ひっつき虫
2016/11/8 シクラメン
2016/11/7 虹色のドレス
2016/11/5 車椅子車検!
2016/11/4 動静の一瞬
2016/11/3 白樺クッキー
2016/11/2 霜模様
2016/11/1 焼走り
2016/10/31 押し花の額
2016/10/29 朝食タイム
2016/10/28 秋色姫神山
2016/10/27 WOOD DESIGN AWARD 2016
2016/10/26 希望郷いわて大会
2016/10/25 銀メダル受賞
2016/10/24 競技を終えて
2016/10/22 足場から
2016/10/21 いざ、勝負へ
2016/10/20 クローバー
2016/10/19 日を浴びて
2016/10/18 茅と青空
2016/10/17 秋のリース
2016/10/15 私の休憩場所
2016/10/14 薪ストーブ
2016/10/13 冬支度
2016/10/12 槍鉋
2016/10/11 焼印
2016/10/10 鉋削り体験会
2016/10/10 設営完了
2016/10/9 設営!
2016/10/8 鉋削り体験
2016/10/7 メイのまくら
2016/10/6 優雅な籠
2016/10/5 すましたメイ
2016/10/4 7周年
2016/10/3 金色の絨毯
2016/10/1 タイガの帰宅
2016/9/30 岩手と芸術家
2016/9/29 ぐっすり猫
2016/9/28 そよ風知らせ
2016/9/27 虹のお話
2016/9/26 私の芸術の秋
2016/9/24 結団式
2016/9/24 結団式
2016/9/23 空を向く小花
2016/9/22 夕暮れ時
2016/9/21 スマイルヒバ
2016/9/20 太陽に虹の暈
2016/9/19 笑顔の見学会
2016/9/18 完成見学会
2016/9/17 大石渡見学会
2016/9/16 青い栗三兄弟
2016/9/15 ユリの香り
2016/9/14 地鎮祭
2016/9/13 その先へ
2016/9/12 終わらせない
2016/9/10 田村部長
2016/9/9 研ぎ澄ます力
2016/9/8 地鎮祭
2016/9/7 救援物資
2016/9/6 綺麗な黒い瞳
2016/9/5 ピラミッド型
2016/9/3 生きたの木目
2016/9/2 見て追う技術
2016/9/1 力を合わせて
2016/8/31 台風の後の空
2016/8/30 優雅に脱走中
2016/8/29 マツヨイグサ
2016/8/28 試練に打ち克つ
2016/8/27 ピンクの小花
2016/8/26 自然の影の形
2016/8/25 紫のアサガオ
2016/8/24 メイユキ朝食
2016/8/23 花香に呼ばれ
2016/8/22 熱い夏の終幕
2016/8/21 幸せな時間
2016/8/20 知足
2016/8/19 夏の体験室B
2016/8/18 槍鉋
2016/8/17 盆送り
2016/8/13 名刺入れ
2016/8/12 小ガメ中ガメ
2016/8/11 山の日始まり
2016/8/10 リオ吹き流し
2016/8/9 夜空に咲く菊
2016/8/8 夏の体験室A
2016/8/8 夏の体験室A
2016/8/7 夏の閑かさ
2016/8/6 トンボの休憩
2016/8/5 道草食うヤギ
2016/8/4 ツルの紙風船
2016/8/3 草をよく噛む
2016/8/2 夏の体験室@
2016/8/2 夏の体験室@
2016/8/1 遠山棟梁感謝
2016/7/30 12年前
2016/7/29 夏空
2016/7/28 好摩厨房
2016/7/27 夏の朝
2016/7/26 木工体験室
2016/7/25 モルダー
2016/7/24 木は長持ち
2016/7/23 特殊伐採
2016/7/22 馬搬の森
2016/7/21 プランター
2016/7/20 梅雨の晴れ間
2016/7/19 燻製室
2016/7/19 網焼き
2016/7/18 木彫り
2016/7/18 木彫り
2016/7/18 木彫り
2016/7/17 お昼の一時
2016/7/16 社員食堂
2016/7/15 好摩夕刻食堂
2016/7/14 山崎所長
2016/7/13 ハツリ
2016/7/12 新ジャガ
2016/7/11 朝靄
2016/7/10 椅子
2016/7/9 煉瓦カマド
2016/7/8 森の蛙の巣
2016/7/7 ブランコ
2016/7/6 此の木何の木
2016/7/5 ロープワーク
2016/7/4 岩洞の山遊び
2016/7/3 山羊の挨拶
2016/7/2 文月
2016/7/1 本棚
2016/6/30 プランター
2016/6/29 木工体験3
2016/6/28 木工体験2
2016/6/28 木工体験
2016/6/27 完成見学会3
2016/6/26 完成見学会2
2016/6/25 完成見学会
2016/6/24 好摩映画館?
2016/6/23 寝て馬
2016/6/22 雨の日は笠
2016/6/21 現場から移植
2016/6/20 竣工お祝い
2016/6/19 可愛い見学者
2016/6/18 夢の国
2016/6/17 紫波日詰の家
2016/6/16 カメラ目線
2016/6/15 どんより雲には音楽を
2016/6/14 出張の早朝
2016/6/13 子泣き馬コ
2016/6/12 チャグチャグ
2016/6/11 空に浮かぶ雲
2016/6/10 茅の日除け
2016/6/9 タンポポ
2016/6/8 ウッドチッパー
2016/6/7 馬の放牧
2016/6/6 精霊の森
2016/6/5 水無月の朝
2016/6/4 新しい仲間
2016/6/3 安比中の牧場
2016/6/2 大沢渡大改修
2016/6/1 玉里の大改修
2016/5/31 塗り壁体験
2016/5/30 八丸牧場
2016/5/29 好摩板倉
2016/5/28 薪割り場
2016/5/27 復興への祈り
2016/5/27 復興への祈り
2016/5/26 岩手山と田圃
2016/5/25 茅葺屋根の家
2016/5/24 相克の朝
2016/5/23 ボート初乗り
2016/5/22 山羊の顔
2016/5/21 カマド修復
2016/5/20 姫神山と田圃
2016/5/19 天然石屋根
2016/5/18 鋸引き
2016/5/17 薄削り
2016/5/16 山羊
2016/5/14 ご縁
2016/5/13 相の沢牧野
2016/5/12 削ろう会
2016/5/11 好摩の庭
2016/5/10 8日の薪割り
2016/5/9 丸太製材
2016/5/8 槐の新芽
2016/5/7 トレー作り
2016/5/6 玉切した薪
2016/5/5 茅追加植込み
2016/5/4 3日の薪割り
2016/5/3 2日の薪割り
2016/5/2 馬引き体験
2016/5/1 皐月
2016/4/30 岩洞湖
2016/4/29 薪の玉切
2016/4/28 姫神山頂の月
2016/4/27 ハナレ木さん
2016/4/26 桜満開
2016/4/25 杏子の花咲く
2016/4/24 快眠
2016/4/23 看板取付
2016/4/22 看板
2016/4/21 好摩の空
2016/4/20 岩手の空
2016/4/19 厩にて
2016/4/18 春の嵐
2016/4/17 空に祈る
2016/4/16 馬と長男
2016/4/15 昨夜の不穏光
2016/4/14 鉈屋町雛祭り
2016/4/13 拝借写真
2016/4/12 氷点下の春
2016/4/11 岩手山の輝き
2016/4/10 落葉松の朝
2016/4/9 爽やかな朝
2016/4/8 今日はもう一つ日記を加えます。筆者は、、、
2016/4/8 鬼胡桃の丸太
2016/4/7 少女カメラマン
2016/4/6 桜満開群馬県
2016/4/5 春眠暁を覚えず
2016/4/4 元気で明るいカメラマン
2016/4/3 完成見学会
2016/4/2 心を込め合掌
2016/4/1 卯月
2016/3/31 3月末日の朝
2016/3/30 金田一温泉
2016/3/29 看板の文字
2016/3/28 芽吹き
2016/3/27 紫式部
2016/3/26 足跡
2016/3/25 机をDIY
2016/3/24 七弦ギター
2016/3/23 優しさに包まれ
2016/3/22 捨てられない
2016/3/21 今朝の岩手山
2016/3/20 大テーブル
2016/3/19 今朝は雨
2016/3/18 姫神山
2016/3/17 赤松到着
2016/3/16 なお平誕生日
2016/3/15 酷過ぎ!
2016/3/14 岩手山
2016/3/13 テーブル
2016/3/12 空を行く
2016/3/11 五年の歳月
2016/3/10 癒しの世界
2016/3/9 渡り鳥
2016/3/8 ご愛嬌
2016/3/7 板倉改装
2016/3/6 トイレの壁
2016/3/5 パン屋さん3
2016/3/4 パン屋さん2
2016/3/4 パン屋さん
2016/3/3 雲間
2016/3/2 朝日
2016/3/1 弥生三月
2016/2/29 気持ちは春
2016/2/28 ジャズライブ
2016/2/27 木材搬送
2016/2/26 火鉢と電気笠
2016/2/25 行燈と桜
2016/2/24 踊りの練習?
2016/2/23 珈琲豆を炒る
2016/2/22 糸鋸と木片
2016/2/21 北上川にて
2016/2/20 板倉改装
2016/2/19 山が伸びた?
2016/2/18 2月、桜咲く
2016/2/17 極真さん道場
2016/2/16 三寒四温
2016/2/15 名こそ惜しけれ
2016/2/14 障害者文化祭
2016/2/13 トレーニング
2016/2/12 高校の想い出
2016/2/11 建国記念の日
2016/2/10 内記の誕生日
2016/2/9 雪積もる好摩
2016/2/8 木組み調査
2016/2/7 屋根裏が見事
2016/2/6 眼差し?
2016/2/5 鬼だ!
2016/2/4 端材の物語
2016/2/3 冬山の影
2016/2/2 KT物語2
2016/2/2 KT物語
2016/2/1 長友心平さん
2016/1/31 ケーナの音色
2016/1/30 水音強く
2016/1/29 六時の空
2016/1/28 喧嘩遊び
2016/1/27 仕事の邪魔者
2016/1/26 24時間営業
2016/1/25 雅叙園EV
2016/1/24 つるし飾り
2016/1/24 つるし飾り
2016/1/23 つるし飾り
2016/1/22 ふくら雀
2016/1/21 癒しのタイガ
2016/1/20 欅丸太の製材
2016/1/19 出初め式
2016/1/18 凍る川
2016/1/17 玄関先床の間
2016/1/16 梃子の知恵
2016/1/15 福島・・・
2016/1/14 卸売市場朝食
2016/1/14 地方卸売市場
2016/1/13 千葉より帰還
2016/1/12 今から千葉へ
2016/1/12 竣工お祝い
2016/1/11 桜のカウンター
2016/1/10 雲光る夕暮れ
2016/1/9 楢丸太の製材
2016/1/8 巡り巡って
2016/1/7 犬と猫
2016/1/6 ハナとタイガ
2016/1/5 好摩駅の手前
2016/1/4 量子の放射
2016/1/3 烏帽子岩詣で
2016/1/2 書き初め
2016/1/1 恭賀新年
2015/12/31 大晦日
2015/12/30 敢闘賞を手に
2015/12/29 新風秘やかに
2015/12/28 子犬
2015/12/27 雪積もる
2015/12/26 完成見学会
2015/12/25 木材粉砕機
2015/12/24 冬至の朝
2015/12/23 プレスマシン
2015/12/22 はなちゃん
2015/12/22 はなちゃん
2015/12/21 姫神山
2015/12/20 窓越しの温もり
2015/12/19 碁石遺跡の山
2015/12/18 風
2015/12/17 怪我した猫
2015/12/16 岩手山
2015/12/15 建具製作
2015/12/14 岩手山と祠2
2015/12/13 岩手山と祠
2015/12/12 薪置場
2015/12/11 秋田杉
2015/12/10 椿
2015/12/9 造作材加工
2015/12/8 敢闘賞
2015/12/7 技能五輪大会
2015/12/6 完成見学会
2015/12/5 化粧板、杉!
2015/12/4 杉天井板
2015/12/3 技能五輪大会
2015/12/2 式台
2015/12/1 敷台
2015/11/30 岩手山白く
2015/11/29 薪ボイラー
2015/11/28 窓越しの交錯
2015/11/27 完成見学会
2015/11/26 ベンチお届け
2015/11/25 特殊伐採
2015/11/24 庭仕事
2015/11/23 勤労感謝の日
2015/11/22 小笠原明
2015/11/21 火入れ
2015/11/20 早出の朝
2015/11/19 初冬の朝
2015/11/18 好摩の植樹
2015/11/17 ウッドチッパー
2015/11/16 支障木伐採
2015/11/15 ログ壁?
2015/11/14 技能五輪課題
2015/11/13 豪華!
2015/11/12 表土剥ぎ
2015/11/11 電気鉋掛け
2015/11/10 特訓
2015/11/9 タイガ
2015/11/8 タイガ
2015/11/7 オギススキ
2015/11/6 アーティスト
2015/11/5 秋のタンポポ
2015/11/4 銀河鉄道の夜
2015/11/3 洋平の墨付け
2015/11/2 犬と山歩き
2015/11/1 キャッチボール
2015/10/31 遠山正道
2015/10/30 奇跡の人
2015/10/29 花巻市の新築
2015/10/28 今朝も早起き
2015/10/27 早起きした朝
2015/10/26 銀色の光
2015/10/25 好摩の紅葉
2015/10/24 森匡弘
2015/10/23 大和田洋平
2015/10/22 佐々木大輝
2015/10/21 東の空
2015/10/20 秋の霧
2015/10/19 テレビ岩手
2015/10/18 齊藤栞
2015/10/17 今年の暖房
2015/10/16 高橋正
2015/10/15 安藤幸彦
2015/10/14 熊谷奈央
2015/10/13 秋の山
2015/10/12 モルダー可動
2015/10/11 好摩の夕刻
2015/10/10 歴史の幻影
2015/10/9 ネコパンチ
2015/10/8 囲炉裏4
2015/10/7 囲炉裏3
2015/10/6 BMW
2015/10/5 囲炉裏2
2015/10/4 安全第一と虹
2015/10/3 安全第一
2015/10/2 囲炉裏
2015/10/1 東京五輪
2015/9/30 初冠雪
2015/9/27 創作照明
2015/9/26 技能五輪へ
2015/9/25 馬ッコ凱旋
2015/9/24 大槌の大改修
2015/9/23 雲
2015/9/22 トンボ
2015/9/21 連休の朝2
2015/9/20 連休の朝
2015/9/19 秋の雨
2015/9/18 栗さん誕生会
2015/9/17 大槌の大改修
2015/9/16 クンと上がる
2015/9/15 馬頭雲
2015/9/14 チョウナ仕上
2015/9/13 稲と影
2015/9/12 台風一過の朝
2015/9/11 大槌の大改修
2015/9/10 人知れず
2015/9/9 小さな種から
2015/9/8 郷社
2015/9/7 板材の数々
2015/9/6 名残
2015/9/5 撮影
2015/9/4 手造り照明
2015/9/3 麒麟雲
2015/9/2 倒れそうで・・
2015/9/1 長月
2015/8/31 のどかな朝
2015/8/30 楢と桜
2015/8/29 洋平室
2015/8/28 洋平作、照明枠
2015/8/27 洋平作品展示
2015/8/26 雨傘
2015/8/25 手押しポンプ
2015/8/24 茅場
2015/8/23 洋平室入口
2015/8/22 格天井
2015/8/21 石のテーブル
2015/8/20 夏の終わり?
2015/8/19 草原の朝
2015/8/18 住込み新人
2015/8/17 盆送り
2015/8/16 清水川
2015/8/15 カニ捕り
2015/8/14 お墓参りの朝
2015/8/13 神子田朝市
2015/8/12 犬と猫
2015/8/11 身障者トイレ
2015/8/10 茅畑
2015/8/9 鏝
2015/8/8 立秋
2015/8/7 夏は黄色
2015/8/6 スロープ
2015/8/6 今の洋平
2015/8/5 三文の徳
2015/8/4 伝統の技術と新しい技術
2015/8/4 完成美、感謝
2015/8/3 断熱
2015/8/2 オクラの花
2015/8/1 風炉
2015/7/31 経年変化
2015/7/30 明歴々露堂々
2015/7/29 夏の杉林
2015/7/28 竜雲
2015/7/27 可愛い来場者
2015/7/26 浅岸見学会
2015/7/25 浅岸見学会
2015/7/24 姫神の朝
2015/7/23 ガイナ塗布
2015/7/22 横澤さんと♪
2015/7/21 一輪の花
2015/7/20 乾杯しよう!
2015/7/19 姫神山
2015/7/18 オギススキ
2015/7/17 IBCテレビ
2015/7/16 雨の朝
2015/7/15 岩手山
2015/7/14 クマさん
2015/7/13 鳳凰雲
2015/7/12 鬼が直す腹痛
2015/7/11 外山森林公園
2015/7/10 賢治さん?
2015/7/9 アルパ
2015/7/8 猫と私
2015/7/7 外山茸園にて
2015/7/6 杢目
2015/7/5 青空商店にて
2015/7/4 岩洞の山へ
2015/7/3 IBC取材
2015/7/2 草刈リハビリ
2015/7/1 回復月
2015/7/1 落ち込み月
2015/6/30 岩泉取材
2015/6/29 「ふね」
2015/6/28 石積リハビリ
2015/6/27 天然乾燥板
2015/6/26 開け具合調整
2015/6/25 同業者見学
2015/6/24 天然乾燥
2015/6/23 岩洞湖と猫
2015/6/22 岩洞湖と犬
2015/6/21 姫神山
2015/6/20 大釜
2015/6/19 茅畑
2015/6/18 大きなススキ
2015/6/17 オギススキ
2015/6/16 鹿との遭遇
2015/6/15 茅畑
2015/6/14 家族で薪割り
2015/6/13 岩泉、その後
2015/6/12 刻み見学
2015/6/11 木渡り
2015/6/10 欅材のベンチ
2015/6/9 好摩の薪積
2015/6/8 茅の苗
2015/6/7 馬搬の森にて
2015/6/6 茅葺屋根
2015/6/5 レンガ積
2015/6/4 好摩の朝
2015/6/3 庭のお手入れ
2015/6/2 木製建具
2015/6/1 提灯屋さん
2015/5/31 4人薪割り
2015/5/30 シンボルの木
2015/5/29 水牛と子供達
2015/5/28 ラオスの風
2015/5/27 いい夫婦
2015/5/26 一人薪割り
2015/5/25 連携プレー
2015/5/24 岩洞湖湖畔
2015/5/23 白樺の薪
2015/5/22 皮むき
2015/5/21 虹を見る洋平
2015/5/20 洋平の取材
2015/5/19 雨の朝
2015/5/18 猫とカラス
2015/5/17 馬糞堆肥
2015/5/16 上棟式
2015/5/15 木杭
2015/5/14 木登り
2015/5/13 緑燃ゆ
2015/5/12 午後更新
2015/5/11 春咲山芥子
2015/5/10 田圃
2015/5/9 波板海岸
2015/5/8 8mの赤松梁
2015/5/7 薪割り
2015/5/6 GW休み5
2015/5/5 GW休み4
2015/5/4 GW休み3
2015/5/3 GW休み2
2015/5/2 GW休み1
2015/5/1 桂の木枠
2015/4/30 槐の木枠
2015/4/29 二股の梁
2015/4/28 葉桜となりて
2015/4/27 楽しい見学会
2015/4/26 完成見学会2
2015/4/25 完成見学会1
2015/4/24 春になれば
2015/4/23 小国廻り
2015/4/22 桜祭り
2015/4/21 縄跳び
2015/4/20 桜満開
2015/4/19 山田周生さん
2015/4/18 お礼の手直し
2015/4/17 丸太搬送
2015/4/16 105枚の板
2015/4/15 大槌の大改修
2015/4/14 五重塔
2015/4/13 雛祭り
2015/4/12 ようへい
2015/4/11 馬搬落葉松
2015/4/10 展示会
2015/4/9 大きな丸太
2015/4/8 土壁への歩み
2015/4/7 栗丸太搬出
2015/4/6 おにぎり
2015/4/5 馬搬の森
2015/4/4 山梨の木
2015/4/3 花巻新築工事
2015/4/2 卯月2日
2015/4/1 卯月
2015/3/31 芬
2015/3/30 農耕間近
2015/3/29 トチの木
2015/3/28 萌えの朝
2015/3/27 春の朝
2015/3/26 新しい仲間達
2015/3/25 大工見習い
2015/3/24 またドカ雪
2015/3/23 旅立ち
2015/3/22 見学会開催
2015/3/21 完成見学会
2015/3/20 サイネリア
2015/3/19 薪入手
2015/3/18 新車
2015/3/17 前九年見学会
2015/3/16 中津川
2015/3/15 早春の朝に思う
2015/3/14 大槌の屋根裏
2015/3/13 南部赤松到着
2015/3/12 出窓の下
2015/3/11 大雪
2015/3/10 早朝帰還
2015/3/9 日曜の朝
2015/3/8 石の表情
2015/3/7 大工道具
2015/3/6 サムライキング
2015/3/5 大槌の大改修
2015/3/4 小さな椅子
2015/3/3 木組の車椅子
2015/3/2 洋平も見学
2015/3/1 早春の音
2015/2/28 下の続きです
2015/2/28 岩泉町見学会
2015/2/27 明日は見学会
2015/2/26 岩泉の呼び鈴
2015/2/25 伐倒の瞬間
2015/2/24 蔵戸再生
2015/2/23 積み木の箱
2015/2/22 tentさん
2015/2/21 稲
2015/2/20 土壁の薫り
2015/2/19 新月伐採
2015/2/18 大槌町の朝
2015/2/17 新月間近い
2015/2/16 配線隠し
2015/2/15 蜂の巣
2015/2/14 益子焼
2015/2/13 左官仕事撮影
2015/2/12 車椅子創作
2015/2/11 大槌の月
2015/2/10 大きな杉丸太
2015/2/9 木出し
2015/2/8 トラクター
2015/2/7 大槌の大改修
2015/2/6 木工
2015/2/5 車椅子作り
2015/2/4 左官道具
2015/2/3 力比べ
2015/2/2 地元の土
2015/2/1 好摩の朝
2015/1/31 岩泉で土壁塗
2015/1/30 介護用の改修
2015/1/29 屋根の改修
2015/1/28 天井裏が凄い
2015/1/27 車椅子創作
2015/1/26 散歩5
2015/1/26 散歩4
2015/1/26 散歩3
2015/1/26 散歩2
2015/1/26 散歩1
2015/1/25 大寒を過ぎて
2015/1/24 機械は人です
2015/1/23 上棟式
2015/1/22 鳥居ライン
2015/1/21 大きな屋根
2015/1/20 座卓・椅子完成
2015/1/19 見学終了
2015/1/18 囲炉裏
2015/1/17 座卓と椅子
2015/1/16 明日は見学会
2015/1/15 製材
2015/1/14 杉玉
2015/1/13 杉板の外壁
2015/1/12 好天
2015/1/11 わらすさ
2015/1/10 取っ手
2015/1/9 ムーミン
2015/1/8 次の課題
2015/1/7 家具修繕
2015/1/6 満月
2015/1/5 仕事始め
2015/1/4 神楽殿
2015/1/3 大日霊貴神社
2015/1/2 初詣
2015/1/1 元旦
2014/12/31 大晦日
2014/12/30 健さん
2014/12/29 大日堂神楽
2014/12/28 正月休み
2014/12/27 仕事納め
2014/12/26 家族
2014/12/25 岩泉町の冬?
2014/12/24 通し柱
2014/12/23 下屋補強
2014/12/22 見学会場にて
2014/12/21 完成見学会2
2014/12/20 完成見学会
2014/12/19 神棚創作
2014/12/18 馬の搬送車
2014/12/17 大雪情報にて
2014/12/16 大きな機材
2014/12/15 階段手摺
2014/12/14 ヤンチャ猫3
2014/12/13 久し振りの町
2014/12/12 カーブする框
2014/12/11 古材の床
2014/12/10 岩泉線賛歌
2014/12/9 職人同士
2014/12/8 消防分団
2014/12/7 事務所薪暖房
2014/12/6 自宅の薪暖房
2014/12/5 棟梁の刻み
2014/12/4 千葉家撮影
2014/12/3 高村の夏
2014/12/2 競技会場風景
2014/12/1 技能五輪大会
2014/11/28 好摩の朝
2014/11/27 技能五輪へ
2014/11/26 馬搬と出会い
2014/11/25 ヤンチャ猫2
2014/11/25 ヤンチャ猫1
2014/11/24 バレーボール
2014/11/23 木の学校
2014/11/22 ターサイ
2014/11/21 岩手山
2014/11/20 ブランコ
2014/11/19 CO2排出権
2014/11/18 ブーメラン
2014/11/17 好摩野菜市場
2014/11/16 構えて!
2014/11/15 雪化粧
2014/11/14 トラス模型
2014/11/13 散歩
2014/11/12 数日前十五夜
2014/11/11 水遊び
2014/11/10 昨日の岩手山
2014/11/9 岩手山
2014/11/8 空
2014/11/7 53回の誕生日
2014/11/6 猫と犬
2014/11/5 葦原を駆ける
2014/11/4 湖畔の犬
2014/11/3 岩洞で遊ぶ
2014/11/2 右目復活
2014/11/1 犬と猫
2014/10/31 大槌にて
2014/10/30 建物の修繕
2014/10/29 競技会
2014/10/28 欅
2014/10/27 旅先にて
2014/10/25 湖畔
2014/10/24 復興への思い
2014/10/23 コスモス
2014/10/22 技能五輪挑戦
2014/10/21 20日の朝
2014/10/20 体験を語る
2014/10/19 tent
2014/10/18 技能五輪挑戦
2014/10/17 技能五輪挑戦
2014/10/16 錦木
2014/10/15 ジャッキ
2014/10/14 紅葉と台風
2014/10/13 風に揺れる
2014/10/12 納車
2014/10/11 夕刻の作業場
2014/10/11 技能五輪挑戦
2014/10/10 ツリーハウス
2014/10/9 秋風の中で
2014/10/8 お休み
2014/10/7 タイガ
2014/10/6 作業場梁入替
2014/10/5 各々の休憩
2014/10/4 ポスト完成♪
2014/10/3 歩行訓練器具
2014/10/2 技能五輪挑戦
2014/10/1 電動バイク
2014/9/30 新室祭
2014/9/29 シュート
2014/9/28 9月28日の朝
2014/9/27 ダム湖の朝
2014/9/26 今年の暖房機
2014/9/25 雲の上は晴れ
2014/9/24 好摩の朝
2014/9/23 岩洞の夕暮れ
2014/9/22 観天望気
2014/9/21 秋は茸
2014/9/20 好摩の虹
2014/9/19 空
2014/9/18 山田町とっと
2014/9/17 ひつじ雲?
2014/9/16 復興の秋祭り
2014/9/15 左官の魅力
2014/9/14 虎猫
2014/9/13 実りの秋
2014/9/12 三毛猫
2014/9/11 大きな一枚板
2014/9/10 仲間入り
2014/9/9 9月9日の朝
2014/9/8 御礼
2014/9/7 何気なく
2014/9/6 完成見学会
2014/9/5 座卓テーブル
2014/9/4 頑張れ洋平
2014/9/3 アルバイト
2014/9/2 小さな来場者
2014/9/1 見学会二日目
2014/8/31 高松見学会
2014/8/30 温室
2014/8/29 小雨降る朝
2014/8/28 スロープ
2014/8/27 ヤグラ
2014/8/26 カマド
2014/8/25 山小屋
2014/8/24 助っ人
2014/8/23 雲わき雷踊る
2014/8/22 地球岬
2014/8/21 向日葵
2014/8/20 小動物と遭遇
2014/8/19 朝靄
2014/8/18 ドングリの木
2014/8/17 美味しい水
2014/8/16 お墓掃除
2014/8/15 8月15日-4
2014/8/15 8月15日-3
2014/8/15 8月15日-2
2014/8/15 8月15日-1
2014/8/14 27回忌
2014/8/13 槐
2014/8/12 腕相撲
2014/8/11 相撲
2014/8/10 打ち上げ花火
2014/8/9 コルクタイル
2014/8/8 障子製作
2014/8/7 毎朝の太陽
2014/8/6 渡り鳥の群れ
2014/8/5 真夏に見る夢
2014/8/4 玉山小学校
2014/8/3 空!高松の池
2014/8/2 夏!祭りの夏
2014/8/1 8月の朝
2014/7/31 赤ヘル部長
2014/7/30 使用≒60年
2014/7/29 露天風呂
2014/7/28 薪ボイラー?
2014/7/27 通せんぼ
2014/7/26 雲の裂け目
2014/7/25 畦道
2014/7/24 雨でも平気
2014/7/23 風よ吹け
2014/7/22 レノンとヨーコ
2014/7/21 希望と夏の空
2014/7/20 ジョンさん
2014/7/19 椅子の写真
2014/7/18 今日も雨
2014/7/17 使い易さ
2014/7/16 今朝の姫神山
2014/7/15 職場体験学習
2014/7/14 緑の森
2014/7/13 天皇杯皇后杯
2014/7/12 椅子完成
2014/7/11 積み木
2014/7/10 雨の朝
2014/7/9 椅子オーダー
2014/7/8 技能五輪挑戦
2014/7/7 七夕の朝
2014/7/6 赤松ポスター
2014/7/5 雨上りの朝
2014/7/4 前方車両の鏡
2014/7/3 朝靄の朝
2014/7/2 大きな板
2014/7/1 天峰山より望
2014/6/30 茜空
2014/6/29 金麦
2014/6/28 欅丸太挽き
2014/6/27 岩洞湖
2014/6/26 ブーメラン材
2014/6/25 桂の丸太
2014/6/24 薪割り部2
2014/6/23 お知らせ
2014/6/23 砥ぎ
2014/6/22 職人
2014/6/21 緑の絨毯
2014/6/20 椅子三脚目
2014/6/19 木の手助け隊
2014/6/18 雨のち晴れ
2014/6/17 椅子造り
2014/6/16 薪割り部
2014/6/15 人助けの時代
2014/6/14 豆鉋
2014/6/13 薪割大好き
2014/6/12 薪の屋根
2014/6/11 庭造りDIY
2014/6/10 障害者車両
2014/6/9 無事終了
2014/6/8 完成見学会
2014/6/7 完成見学会
2014/6/6 修正挽き
2014/6/5 煙突掃除
2014/6/4 長材の出番
2014/6/3 田植え
2014/6/2 鉈屋町通り
2014/6/1 上田堤の通路
2014/5/31 サッシの古材
2014/5/30 大和田洋平
2014/5/29 ゴイゴイ
2014/5/28 鏝絵
2014/5/27 ワラビ
2014/5/26 目黒雅叙園
2014/5/24 玉切
2014/5/23 菜の花
2014/5/22 カキの木
2014/5/21 大きなケヤキ
2014/5/20 祝、上棟
2014/5/19 早起き
2014/5/18 寝坊
2014/5/17 天然乾燥
2014/5/16 水田と納屋
2014/5/15 古への記憶
2014/5/14 リハビリ
2014/5/13 鏡水
2014/5/12 薪割2
2014/5/11 薪割
2014/5/10 見渡して遠く
2014/5/9 ツリーハウス
2014/5/8 チューリップ
2014/5/7 農業用水
2014/5/6 庭造り
2014/5/5 こどもの日
2014/5/4 薪割準備
2014/5/3 花見
2014/5/2 山へ辿る道
2014/5/1 五月
2014/4/30 春の夕日
2014/4/29 桜満開
2014/4/28 山火事
2014/4/27 早起き
2014/4/26 槐の板
2014/4/25 時を経て
2014/4/24 曙
2014/4/23 小岩井の風景
2014/4/22 偶然の点景
2014/4/21 カメラ部長
2014/4/20 姫神上の月
2014/4/19 お〜きなトチ
2014/4/18 旧姓大矢来社
2014/4/17 いぐね杉
2014/4/16 公園と岩手山
2014/4/15 春は輝き
2014/4/14 鉈屋町散策
2014/4/13 盛岡雛祭り
2014/4/12 司馬さんの言
2014/4/11 陽光の息吹
2014/4/10 サンシュユ
2014/4/9 雲光と姫神山
2014/4/8 靄かかる朝
2014/4/7 地鎮祭
2014/4/6 地鎮祭の朝
2014/4/5 通行不能
2014/4/4 富士見台より
2014/4/3 4月3日の朝
2014/4/2 田圃
2014/4/1 卯月
2014/3/31 三月最終日
2014/3/30 アルバイト
2014/3/29 新人の工具
2014/3/28 バッケ摘み
2014/3/27 融氷
2014/3/26 往く鳥を追い
2014/3/25 好摩の朝
2014/3/24 姫神山を望む
2014/3/23 岩手山を望む
2014/3/22 大雪の翌日
2014/3/21 春分の日
2014/3/20 空に根を張る
2014/3/19 ご来光
2014/3/18 ケヤキ
2014/3/17 雲岩寺
2014/3/16 拝みの朝
2014/3/15 歯車
2014/3/14 春のドカ雪
2014/3/13 田村部長
2014/3/12 まだ積もる雪
2014/3/11 雪融け
2014/3/10 陽光
2014/3/9 栗と漆の木
2014/3/8 朴ノ木製材
2014/3/7 修正挽き
2014/3/6 紫紺色の空
2014/3/5 また雪また白
2014/3/4 銀河鉄道
2014/3/3 上巳の節句
2014/3/2 教室との別れ
2014/3/1 弥生の朝
2014/2/28 向中野完成
2014/2/27 早春の歩み
2014/2/26 今日も姫神山
2014/2/25 姫神山
2014/2/24 岩手山
2014/2/23 向中野見学会
2014/2/22 向中野建具
2014/2/21 壁塗り
2014/2/20 東雲の空
2014/2/19 帆立貝殻塗り
2014/2/18 道なり赤松
2014/2/17 天空の絵の具
2014/2/16 上田堤の暖房
2014/2/15 エアーで拭く
2014/2/14 薪在庫状況
2014/2/13 あかぼし
2014/2/12 早々春の姫神
2014/2/11 元気の元
2014/2/10 如月
2014/2/9 ヒントを得て
2014/2/8 経年変化
2014/2/7 大工技能士
2014/2/6 高麗人参
2014/2/5 杉搬出
2014/2/4 節分
2014/2/3 芯詰め
2014/2/2 伝授
2014/2/1 新月伐採?
2014/1/31 晦日正月
2014/1/30 センサー照明
2014/1/29 新月と明星
2014/1/28 南仙北上棟式
2014/1/27 久慈への道中
2014/1/26 久慈見学会日
2014/1/25 寒気緩む朝
2014/1/24 8m材搬出
2014/1/23 故郷の山に?
2014/1/22 久慈の手形壁
2014/1/21 夕方の作業場
2014/1/20 蕎麦会
2014/1/19 岩手山
2014/1/18 薪在庫状況
2014/1/17 20日OPEN
2014/1/16 欅を重機搬送
2014/1/15 笑顔
2014/1/14 積み木
2014/1/13 家具再生
2014/1/12 韓食マウル
2014/1/11 鏡開き
2014/1/10 防寒対策
2014/1/9 柿渋仕上げ
2014/1/8 寒波襲来
2014/1/7 仕事始め
2014/1/6 睦月
2014/1/5 新春の姫神山
2014/1/4 天馬空を行く
2014/1/3 美しき山々
2014/1/2 寝正月
2014/1/1 迎春!
2013/12/31 年越しの朝
2013/12/30 薪暖房5台目
2013/12/29 幸せの種
2013/12/28 仕事納め
2013/12/27 いざ出陣!
2013/12/26 建物見学の日
2013/12/25 好摩の月
2013/12/24 クルシミマス
2013/12/23 焼却炉
2013/12/22 高松見学会
2013/12/21 高松見学会
2013/12/20 高松完成
2013/12/19 高松にて一息
2013/12/18 鉈屋町その後
2013/12/17 湖畔の月
2013/12/16 好摩事務所
2013/12/15 師走半ばの朝
2013/12/14 雪にも負けず
2013/12/13 冬本番
2013/12/12 好摩の作業場
2013/12/11 清々しく
2013/12/10 育花18歳
2013/12/9 天使のはしご
2013/12/8 前九年見学会
2013/12/7 前九年見学会
2013/12/6 解体現場の華
2013/12/5 姫神山の朝
2013/12/4 スドン10
2013/12/3 建具再利用
2013/12/2 師走
2013/12/1 赤松の皮むき
2013/11/30 差し入れ
2013/11/29 初積雪の朝
2013/11/28 大きな杉板
2013/11/27 大回転の朝
2013/11/26 構造調査
2013/11/25 共販所市日
2013/11/24 前九年見学会
2013/11/23 完成見学会
2013/11/22 不思議の連続
2013/11/21 古き良き時代
2013/11/20 我ら設計士
2013/11/19 元気一発!
2013/11/18 現場直行
2013/11/17 鉈屋町大改修
2013/11/16 迫りくる寒さ
2013/11/15 姫神に向かい
2013/11/14 霜月
2013/11/13 箒を自作?
2013/11/12 最近の毎日
2013/11/11 好摩の朝
2013/11/10 パワルフ暖房
2013/11/9 窓凍る朝
2013/11/8 鉈屋町大改修
2013/11/7 秋深く
2013/11/6 ケヤキの臼
2013/11/5 静かな朝
2013/11/4 作業場薪暖房
2013/11/2 お休み
2013/11/1 職場体験
2013/10/31 書道家古典
2013/10/30 お雛様
2013/10/29 好摩の新暖房
2013/10/28 四十四田ダム
2013/10/27 現場端材の箸
2013/10/26 聖徳太子
2013/10/25 残土を土壁に
2013/10/24 障子再生欄間
2013/10/23 閉伊川
2013/10/22 赤松天然乾燥
2013/10/21 秋の朝
2013/10/20 松川と姫神山
2013/10/19 田に浮かぶ山
2013/10/18 零度の朝
2013/10/17 台風が過ぎて
2013/10/16 鉋台造り講習
2013/10/15 鍛冶屋見学
2013/10/13 ミニ削ろう会
2013/10/12 古に魅せられ
2013/10/11 広島屋ランチ
2013/10/10 古板
2013/10/9 木製サッシ
2013/10/8 杢創舎研修
2013/10/7 稲煙る朝の山
2013/10/6 玉山事業所
2013/10/5 カマド
2013/10/4 今朝の姫神山
2013/10/3 川崎橋にて
2013/10/2 神無月
2013/10/1 伝統仕口は強
2013/9/30 9月の朝空
2013/9/29 朴ノ木
2013/9/28 山頂の輝き
2013/9/27 岩洞湖から
2013/9/26 稲穂
2013/9/25 その木どこの
2013/9/24 空の目
2013/9/23 氾濫家具類
2013/9/22 9月半ばの朝
2013/9/21 十五夜の月
2013/9/20 十五夜の朝
2013/9/19 試運転
2013/9/18 洪水傷跡深く
2013/9/17 好摩洪水
2013/9/16 アカペラ
2013/9/15 柿渋古色仕上
2013/9/14 木材市場
2013/9/13 鉈屋町大改修
2013/9/12 清水寺
2013/9/11 金閣寺
2013/9/10 健康診断
2013/9/9 姫神山
2013/9/8 日曜日の朝
2013/9/7 丸太足場
2013/9/6 京都にて
2013/9/5 天に向かい
2013/9/4 竹林の小路
2013/9/1 長月
2013/8/31 お食い初め
2013/8/30 久慈市上棟式
2013/8/29 姫神山の朝
2013/8/28 岩手山と稲穂
2013/8/27 夏休み
2013/8/26 姫神山
2013/8/25 土壁色々
2013/8/24 木の家
2013/8/23 仏顔
2013/8/22 8月の空
2013/8/21 彫刻
2013/8/20 木登り遊び
2013/8/19 手を振る大矢
2013/8/19 百萬堂
2013/8/17 舟っこ流し
2013/8/16 南部富士
2013/8/15 撫で撫で仏
2013/8/14 回り灯篭
2013/8/13 鉈屋町飾り棚
2013/8/12 玉山区夏祭り
2013/8/11 玉山区夏祭り
2013/8/10 大きな板
2013/8/9 大黒柱太古梁
2013/8/8 飛行船
2013/8/7 柾板
2013/8/6 番付け表
2013/8/5 記念樹賃挽き
2013/8/4 手動糊付け機
2013/8/3 南部鉄瓶
2013/8/2 久慈漁港にて
2013/8/1 葉月
2013/7/31 県産木材利用
2013/7/30 斧折樺
2013/7/29 好摩の野菜畑
2013/7/28 ブナ丸太製材
2013/7/27 組子建具完成
2013/7/26 ジープ
2013/7/25 ブナと斧折樺
2013/7/24 5年が過ぎて
2013/7/23 今朝も雨
2013/7/22 曲り材
2013/7/21 自社林
2013/7/20 好摩の椅子
2013/7/19 雨上がりの朝
2013/7/18 共販所桂8m
2013/7/17 宇宙朝顔
2013/7/16 衣川大改修
2013/7/15 樅の木
2013/7/14 土壁上塗り
2013/7/13 前九年の窓
2013/7/12 船っこ流し
2013/7/11 赤松長材6本
2013/7/10 土塗開始
2013/7/9 文月
2013/7/8 太陽の朝
2013/7/7 七夕の朝
2013/7/6 四十四田湖
2013/7/5 自宅の小道
2013/7/4 自宅の小道
2013/7/3 鉈屋町にて
2013/7/2 木の命木の心
2013/7/1 共販所にて
2013/6/30 家の有り方
2013/6/29 姫神山山頂
2013/6/28 土壁サンプル
2013/6/27 土壁への挑戦
2013/6/26 久慈市地鎮祭
2013/6/25 槍鉋
2013/6/24 姫神山頂
2013/6/23 祝♪富士山
2013/6/22 好摩見学者
2013/6/21 五合目
2013/6/20 一本杉
2013/6/19 雨に煙る
2013/6/18 三保の松原
2013/6/17 今朝の戻り!
2013/6/15 削ろう会
2013/6/14 同じ景色でも
2013/6/13 静かな朝
2013/6/12 タカラ研修
2013/6/11 茅葺屋根の裏
2013/6/10 100km
2013/6/9 水不足
2013/6/8 姫神6月7日
2013/6/7 衣川大改修
2013/6/6 上棟式
2013/6/5 奥中山高原
2013/6/4 桟積天然乾燥
2013/6/3 水無月
2013/6/2 天然乾燥
2013/6/1 クレマチス
2013/5/31 四十四田の朝
2013/5/30 矢巾大改修
2013/5/29 ブランコ
2013/5/28 ベッドへ改装
2013/5/27 失敗への思い
2013/5/26 製材開始
2013/5/25 霧煙る朝
2013/5/24 雨の朝
2013/5/23 シロタンポポ
2013/5/22 表裏なき姿
2013/5/21 杢創舎シート
2013/5/20 見学会場にて
2013/5/19 見学会場にて
2013/5/18 見学会の朝
2013/5/17 手摺材候補
2013/5/16 ご来場大歓迎
2013/5/15 鯉幟
2013/5/14 好摩駅前
2013/5/13 植林イベント
2013/5/12 姫神山の幻影
2013/5/11 通勤道中
2013/5/10 水田と岩手山
2013/5/9 エジプト?
2013/5/8 朝靄に浮かぶ
2013/5/7 板塀
2013/5/6 千年の面影
2013/5/5 こどもの日
2013/5/4 雨雨雨の連休
2013/5/3 皐月
2013/5/2 扉の向う側
2013/5/1 五月の朝
2013/4/30 鉋屑の厚さ
2013/4/29 恵まれて今日
2013/4/28 賃挽き赤松
2013/4/27 矢巾見学会
2013/4/26 高松の池
2013/4/25 好摩製材工場
2013/4/24 24日の姫神山
2013/4/23 棚板小口
2013/4/22 清明の頃
2013/4/21 春の寒空
2013/4/20 気分爽快
2013/4/19 梁川橋
2013/4/18 飛行船雲
2013/4/17 笑顔
2013/4/16 杢目模様
2013/4/15 町家にて
2013/4/14 赤松百年床
2013/4/13 椅子再生
2013/4/12 立ち枯れた松
2013/4/11 地場材の額
2013/4/10 盛岡雛祭り
2013/4/9 薪入手応援
2013/4/8 雑木の薪
2013/4/7 春の嵐無難に
2013/4/6 竹釘
2013/4/5 水鳥と朝
2013/4/4 北上川支流
2013/4/3 卯月
2013/4/2 4月2日の朝
2013/4/1 見学会場にて
2013/3/31 働き者
2013/3/30 空行く渡り鳥
2013/3/29 高松の池
2013/3/28 姫神山
2013/3/27 三寒四温
2013/3/26 木製の額
2013/3/25 早春の夕方
2013/3/24 渡り鳥
2013/3/23 蕗の薹
2013/3/22 丸太搬送
2013/3/21 建具造作
2013/3/20 寒締め野菜
2013/3/19 桜咲く
2013/3/18 建具再利用
2013/3/17 手造り照明
2013/3/14 卒業式
2013/3/13 矢巾大改修
2013/3/12 奥中山の夕日
2013/3/11 完成見学会
2013/3/10 東見前見学会
2013/3/9 東見前見学会
2013/3/8 明日は見学会
2013/3/7 姫神山3/7
2013/3/6 啓蟄
2013/3/5 雨水
2013/3/4 ナラ薪乾燥積
2013/3/3 ひな祭り
2013/3/2 3月の暦
2013/3/1 弥生月
2013/2/28 姫神山の朝日
2013/2/27 岩手山
2013/2/26 10mの赤松
2013/2/25 寒波襲来
2013/2/24 幸福の迷子
2013/2/23 好摩の夜
2013/2/22 姫神山2/20
2013/2/21 サイカチの木
2013/2/20 江刺の丸太
2013/2/19 小岩井の丸太
2013/2/18 江刺の山
2013/2/17 製材所閉鎖
2013/2/16 大きなケヤキ
2013/2/15 丸太検知
2013/2/14 打合せ図
2013/2/13 立ち往生
2013/2/12 お宅見学
2013/2/11 姫神山2/11
2013/2/10 欅の無垢床
2013/2/9 姫神山2/9
2013/2/8 暖気配管
2013/2/7 湖面凍氷
2013/2/6 上田堤本社
2013/2/5 南部赤松良材
2013/2/4 カレンダー
2013/2/3 立春(節分)
2013/2/2 矢巾大改修
2013/2/1 如月の朝
2013/1/31 作家の酒2
2013/1/30 作家の酒
2013/1/29 採材立ち会い
2013/1/28 山の見学
2013/1/27 好摩の朝
2013/1/26 南部曲り赤松
2013/1/25 基礎断面図
2013/1/24 好摩事務所前
2013/1/23 好摩事務所
2013/1/22 姫神山
2013/1/21 岩手山
2013/1/20 窓ガラス
2013/1/19 掘りごたつ
2013/1/18 谷村正志
2013/1/17 姫神山
2013/1/16 小正月
2013/1/15 矢巾大改修
2013/1/14 トラブル
2013/1/13 冬の華
2013/1/12 岩手山
2013/1/11 工事現場入口
2013/1/10 屋根上より
2013/1/9 カレンダー
2013/1/8 太田大改修
2013/1/7 姫神山
2013/1/6 不謹慎?
2013/1/5 石鹸石
2013/1/4 薪クッキング
2013/1/3 薪温水暖房
2013/1/2 新年早々の雪
2013/1/1 初詣
2012/12/31 大晦日
2012/12/30 太田完成
2012/12/29 雪道を行く
2012/12/28 花巻市太田
2012/12/27 海軍のパイプ
2012/12/26 朴の木
2012/12/25 クリスマス
2012/12/24 いとしやさん
2012/12/23 丸太の杢目
2012/12/22 欅カウンター
2012/12/21 安全第一
2012/12/20 工藤正範
2012/12/19 LED街灯
2012/12/18 今朝の人造湖
2012/12/17 欅カウンター
2012/12/16 突き上げ屋根
2012/12/15 兜屋根
2012/12/14 民家の門
2012/12/13 冷蔵庫
2012/12/12 朝の月
2012/12/11 齊藤利夫
2012/12/10 冬将軍来襲
2012/12/9 好摩事務所
2012/12/8 竿縁天井
2012/12/7 欅カウンター
2012/12/6 剪定
2012/12/5 ポスト 口
2012/12/4 帯鋸と台車
2012/12/3 月と岩手山2
2012/12/2 遠山正道
2012/12/1 朝焼け
2012/11/30 月と岩手山
2012/11/29 雪景色
2012/11/28 頑張って〜
2012/11/27 今朝は吹雪
2012/11/26 土の土間
2012/11/25 嬉しいな〜ぁ
2012/11/24 宮野目見学会
2012/11/23 完成見学会
2012/11/22 ネズコ
2012/11/21 藁細工
2012/11/20 11月20日
2012/11/19 柿の木
2012/11/18 モミジ
2012/11/17 黄葉
2012/11/16 紅葉
2012/11/15 蓄熱煉瓦
2012/11/14 雨また雨
2012/11/13 明りを灯そう
2012/11/12 大和田洋平
2012/11/11 車中より
2012/11/10 晩秋の気配
2012/11/9 51歳
2012/11/8 日の丸弁当
2012/11/7 姫神岳
2012/11/6 熊谷奈央
2012/11/5 好摩見学
2012/11/4 三和土
2012/11/3 松本民芸館
2012/11/2 薪ストーブ
2012/11/1 松本民芸館
2012/10/31 松本城
2012/10/30 松本神社
2012/10/29 技能五輪大会
2012/10/26 北湯口見学会
2012/10/25 夕方の人造湖
2012/10/24 薪の温もり
2012/10/23 花巻市北湯口
2012/10/22 薪ストーブ
2012/10/21 北湯口の虹
2012/10/20 ケヤキの杢目
2012/10/19 お客様のお庭
2012/10/18 トング
2012/10/17 好摩のヤグラ
2012/10/16 カラタチ
2012/10/15 姫神山
2012/10/14 稲刈り
2012/10/13 赤松10m
2012/10/12 花巻市北湯口
2012/10/11 面白い小屋
2012/10/10 今朝の好摩
2012/10/9 今朝の玉山
2012/10/8 薪割
2012/10/7 曇りの朝
2012/10/6 栓テーブル
2012/10/5 技能五輪
2012/10/4 阿吽
2012/10/3 早出すると
2012/10/2 南昌荘
2012/10/1 台風17号
2012/9/30 祝いと別れ
2012/9/29 製材機
2012/9/28 無題
2012/9/27 鍋倉沢山林
2012/9/26 瓦屋根
2012/9/25 好摩の薪
2012/9/24 宇宙旅行
2012/9/23 秋の空に思う
2012/9/22 天候の急変
2012/9/21 朝焼け
2012/9/20 お便り
2012/9/19 煙突掃除
2012/9/18 光の向こう側
2012/9/17 好摩の朝
2012/9/16 薪棚
2012/9/15 好摩より
2012/9/14 朝露の輝き
2012/9/13 けやき
2012/9/12 薪割
2012/9/11 隠れ道
2012/9/10 ブランコ
2012/9/9 完成見学会
2012/9/8 今朝の岩手山
2012/9/7 ケヤキ板
2012/9/6 飛行機乗りと
2012/9/5 好摩の朝
2012/9/4 トンボ
2012/9/3 満月
2012/9/2 椅子再生
2012/9/1 好摩の月
2012/8/31 スズメバチ
2012/8/30 椅子再生
2012/8/29 好摩の朝
2012/8/28 光る月
2012/8/27 秋の気配
2012/8/26 技能五輪取組
2012/8/25 花火
2012/8/24 朝靄に浮かぶ
2012/8/23 宇宙朝顔
2012/8/22 夕立
2012/8/21 技能五輪取組
2012/8/20 夏祭り
2012/8/19 お蕎麦屋さん
2012/8/18 笑顔
2012/8/17 技能五輪取組
2012/8/16 トリミング室
2012/8/15 雲岩寺
2012/8/14 お墓参り
2012/8/13 薪割り
2012/8/12 駒形神社にて
2012/8/11 休日前日
2012/8/10 捻挫?
2012/8/9 姫神山
2012/8/8 朝靄
2012/8/7 光る夏
2012/8/6 岩手山
2012/8/5 カウンター
2012/8/4 昭和
2012/8/3 真夏
2012/8/2 薪割
2012/8/1 葉月
2012/7/31 地鎮祭
2012/7/30 オフロード
2012/7/29 川留神社
2012/7/28 忘れぬ生き方
2012/7/27 復興住宅
2012/7/26 好摩の営業所
2012/7/25 事務所前から
2012/7/24 イヌシデ
2012/7/23 永久の道
2012/7/22 夕焼け
2012/7/21 壁塗り
2012/7/20 仮設住宅
2012/7/19 猫目
2012/7/18 杢目
2012/7/17 生垣
2012/7/16 木組み
2012/7/15 上棟式
2012/7/14 栗テーブル
2012/7/13 クレマチス
2012/7/12 夏の夕暮れ
2012/7/11 ガラス屋根
2012/7/10 研修生
2012/7/9 シダ
2012/7/8 百合の花
2012/7/7 杢創舎看板
2012/7/6 岩洞湖
2012/7/5 ぬぐだまり
2012/7/4 宇宙朝顔
2012/7/3 仰ぐは姫神山
2012/7/2 薪
2012/7/1 ブランコ
2012/6/30 ナグリ
2012/6/29 青空を飛ぶ
2012/6/28 古材活用
2012/6/27 三和土
2012/6/26 足湯
2012/6/25 見学会にて
2012/6/24 今日は見学会
2012/6/23 テントウムシ
2012/6/22 昨日の出会い
2012/6/21 夏至
2012/6/20 樵の塗料
2012/6/19 苗畑と出会い
2012/6/18 雲
2012/6/17 外テーブル
2012/6/16 現場発生材
2012/6/15 現場の土を壁
2012/6/14 崩した土壁
2012/6/13 苗園
2012/6/12 50年前
2012/6/11 電柱再利用
2012/6/10 今日のツリークライミング2
2012/6/10 今日のツリークライミング1
2012/6/10 サンルーム
2012/6/9 上棟式
2012/6/8 薪割り機
2012/6/7 田植え
2012/6/6 奥中山地区
2012/6/5 山岸の木組み
2012/6/4 デッキ工事
2012/6/3 環境評価
2012/6/2 駐輪場2
2012/6/1 水無月
2012/5/31 水飲み場?
2012/5/30 懐かしき風景
2012/5/29 好摩駅
2012/5/28 宇霊羅山
2012/5/27 母の日の名残
2012/5/26 岩泉の広島屋
2012/5/25 経年変化
2012/5/24 駐輪場
2012/5/23 TV台
2012/5/22 木の苗
2012/5/21 見つめられて
2012/5/20 ホダ木?
2012/5/19 長〜い、梁
2012/5/18 何を選ぶのか
2012/5/17 馬渕小学校
2012/5/16 煉瓦敷き
2012/5/15 植林体験
2012/5/14 通り道
2012/5/13 レベル
2012/5/12 アリンコ
2012/5/11 太陽
2012/5/10 腕相撲2
2012/5/10 腕相撲1
2012/5/9 廻る
2012/5/9 飛ぶ
2012/5/9 走る
2012/5/8 雨水タンク3
2012/5/8 雨水タンク2
2012/5/8 雨水タンク1
2012/5/7 積み木
2012/5/6 庭木の剪定
2012/5/5 薪割り
2012/5/4 御対面
2012/5/3 花見
2012/5/2 満開
2012/5/1 製材所見学
2012/4/30 高松の池
2012/4/29 岩手山
2012/4/28 姫神山
2012/4/27 内装工事
2012/4/26 桜の薪
2012/4/25 心惹かれて2
2012/4/24 心惹かれて
2012/4/23 雪止め
2012/4/22 枕木敷き込み
2012/4/21 通り道で
2012/4/20 山の水
2012/4/19 桜の薪
2012/4/19 雪融け水
2012/4/18 岩手山
2012/4/17 春の山
2012/4/16 春の夕刻
2012/4/15 刻み場
2012/4/14 柳葉の輝き
2012/4/13 ラオス
2012/4/12 ヒンメリ
2012/4/11 脚立本棚
2012/4/10 照明器具
2012/4/9 プレゼント
2012/4/8 自分空間
2012/4/7 木製丸窓
2012/4/6 屋根工事完了
2012/4/5 テーブル
2012/4/4 春の嵐
2012/4/3 ハナ
2012/4/2 追いついた歳
2012/4/1 上棟式
2012/3/31 年度末
2012/3/30 墨付け
2012/3/29 テーブル板
2012/3/28 木勉会
2012/3/27 太陽光発電
2012/3/26 完成見学会
2012/3/25 エアコン
2012/3/24 加賀野完成
2012/3/23 宮古魚菜市場
2012/3/22 古民家移築
2012/3/21 製材所見学
2012/3/20 時を超えて2
2012/3/19 時を超えて
2012/3/18 建て方丸太梁
2012/3/17 どか雪
2012/3/16 年輪
2012/3/15 市場見学会
2012/3/14 屋根張り替え
2012/3/13 花苑の宴
2012/3/12 灯篭
2012/3/11 県土を守る為
2012/3/10 薪アート?
2012/3/9 夜間率調査
2012/3/8 住まいの経過
2012/3/7 荒板テーブル
2012/3/6 廃校?
2012/3/5 魅入る
2012/3/4 旅立ちの式
2012/3/3 年季
2012/3/2 10mの丸太
2012/3/1 有難き多能工
2012/2/29 孫
2012/2/28 気持ち良く
2012/2/27 御入居
2012/2/26 完成見学会
2012/2/25 製材所見学
2012/2/24 火入れ
2012/2/23 山は良し
2012/2/22 疲れの中で
2012/2/21 黒石野
2012/2/20 結婚式
2012/2/19 稼働中
2012/2/18 イーゼル
2012/2/17 皁莢
2012/2/16 凍害要請
2012/2/15 昭和の日本
2012/2/14 優しき温もり
2012/2/13 休息
2012/2/12 絵日記
2012/2/11 練習
2012/2/10 10m丸太
2012/2/9 帰り道
2012/2/8 四禽に叶う
2012/2/7 雨水
2012/2/6 表札
2012/2/5 10m丸太
2012/2/4 立春大吉
2012/2/3 節分
2012/2/2 端材
2012/2/1 今日から2月
2012/1/31 小さな撮影者
2012/1/30 発電効率
2012/1/29 UB打合せ
2012/1/28 赤松
2012/1/27 ヤグラ模型
2012/1/26 納屋
2012/1/25 建て方
2012/1/24 四十四田湖
2012/1/23 感謝御礼
2012/1/22 北山見学会
2012/1/21 四十四田湖
2012/1/20 雪化粧
2012/1/19 丸太梁出番
2012/1/18 伝承2
2012/1/17 センサー灯
2012/1/16 木彫りたち
2012/1/15 氷原湖
2012/1/14 伝承
2012/1/13 棟梁の手技
2012/1/12 杢創舎総勢
2012/1/11 見上げれば月
2012/1/10 車窓から
2012/1/9 三島神社鯱鉾
2012/1/8 沢水
2012/1/7 薪ストーブ
2012/1/6 雪だるま
2012/1/5 二回目の更新
2012/1/5 熾き火
2012/1/4 家内安全
2012/1/3 初詣
2012/1/2 初夢
2012/1/1 2012年
2011/12/31 ビタミン
2011/12/30 神子田朝一
2011/12/29 板材
2011/12/28 塩素実験
2011/12/27 作業場ご訪問
2011/12/26 奥中山
2011/12/25 ハンモック
2011/12/24 頑張ろう日本
2011/12/23 焼津の朝
2011/12/22 駿府城
2011/12/21 競技の雰囲気
2011/12/20 敢闘賞
2011/12/19 技能五輪大会
2011/12/17 技能五輪
2011/12/16 季刊「地域」
2011/12/15 岩手山
2011/12/14 刻み
2011/12/13 暖炉
2011/12/12 上棟式
2011/12/11 南国の写真
2011/12/10 離れ
2011/12/9 茶室2
2011/12/8 茶室
2011/12/7 休憩中
2011/12/6 建て方
2011/12/5 見学会場にて
2011/12/4 渡り鳥
2011/12/3 完成見学会
2011/12/2 古民家見学
2011/12/1 月が丘2
2011/11/30 月が丘
2011/11/29 技能五輪
2011/11/28 三和かまど
2011/11/27 争いの無い世
2011/11/26 高松の池
2011/11/25 テレビ取材
2011/11/24 盛岡の治水
2011/11/23 岩手山
2011/11/22 砥ぎ場
2011/11/21 発表会
2011/11/20 製材所見学
2011/11/19 古民家4
2011/11/18 古民家3
2011/11/17 古民家2
2011/11/16 古民家
2011/11/15 クロステラス
2011/11/14 秋深く
2011/11/13 柿
2011/11/12 50歳
2011/11/11 西松園の庭
2011/11/10 桜花亭
2011/11/9 明治神宮
2011/11/8 代々木公園
2011/11/7 夫婦楠
2011/11/7 朝霧の中で
2011/11/6 全世界大会
2011/11/4 築80年改装
2011/11/3 くん炭ボード
2011/11/2 青春挽歌
2011/11/1 霜月
2011/10/31 秋
2011/10/30 端材を薪に2
2011/10/30 端材を薪に
2011/10/29 桜川さん個展
2011/10/28 四十四田の朝
2011/10/27 荒川商事(有)
2011/10/26 移植
2011/10/25 ちはや展
2011/10/24 太陽光発電
2011/10/23 朴館家
2011/10/22 家への思い
2011/10/21 エンジュ
2011/10/20 伊勢神宮
2011/10/19 クロステラス
2011/10/18 空手世界大会
2011/10/17 桜川さん個展
2011/10/16 完成見学会
2011/10/15 技能五輪
2011/10/14 活鼬ヒ製材所
2011/10/13 冷暖自知
2011/10/12 左大臣
2011/10/11 丸
2011/10/10 高松の池
2011/10/9 流し前の椅子
2011/10/8 家と人。
2011/10/7 創作
2011/10/6 柿渋
2011/10/5 流し前の椅子
2011/10/4 大人も子供も
2011/10/3 木登り遊び
2011/10/2 合唱会場にて
2011/10/1 神無月
2011/9/30 ライトアップ
2011/9/29 苦肉の柵
2011/9/28 ネコと傷
2011/9/27 経年変化
2011/9/26 板壁
2011/9/25 大工道具
2011/9/24 夕日
2011/9/23 経年変化
2011/9/22 台風一過
2011/9/21 家具再生
2011/9/20 懐かしき空
2011/9/19 大槌からの秋
2011/9/18 新人戦
2011/9/17 モルタル壁
2011/9/16 建て方
2011/9/15 万葉にあそぶ
2011/9/14 雨また雨
2011/9/13 欅大黒柱
2011/9/12 完成見学会
2011/9/11 煙突掃除
2011/9/10 木材市場
2011/9/9 発電機
2011/9/8 小屋組み
2011/9/7 女性の大工
2011/9/6 体験学習2
2011/9/5 煙突掃除
2011/9/4 パス
2011/9/3 チームワーク
2011/9/2 大黒柱
2011/9/1 動く壁
2011/8/31 ビーム
2011/8/30 橋から・・
2011/8/29 万葉にあそぶ
2011/8/28 ストーブ研修
2011/8/27 構造見学会
2011/8/26 釜神様へ報告
2011/8/25 クロステラス
2011/8/24 構造見学会
2011/8/23 雲岩寺
2011/8/22 東山堂の夕日
2011/8/21 夏の思い出
2011/8/20 継手
2011/8/19 空が恋しい
2011/8/18 復興地
2011/8/17 線香花火
2011/8/16 エネルギー
2011/8/15 町消失
2011/8/14 岩泉町小本港
2011/8/13 お寺屋根改修
2011/8/12 お盆休み
2011/8/11 赤松の梁
2011/8/10 忍者?
2011/8/9 アルバイト
2011/8/8 うろこ雲
2011/8/7 体験学習続き
2011/8/6 体験学習
2011/8/5 上棟
2011/8/4 好摩
2011/8/3 作業服
2011/8/2 浄水栓
2011/8/1 埋設物
2011/7/31 完成見学会
2011/7/30 200年
2011/7/29 168年
2011/7/28 製材所見学
2011/7/27 写真撮影
2011/7/26 木がある事
2011/7/25 高窓
2011/7/24 セミ
2011/7/23 花火
2011/7/22 岩手山
2011/7/21 津軽石にて
2011/7/20 冷風機
2011/7/19 休憩時間
2011/7/18 日差し除け
2011/7/17 三種類の遮熱
2011/7/16 扇風機
2011/7/15 床下の冷気
2011/7/14 生命力
2011/7/13 上太田より
2011/7/12 太陽熱パネル
2011/7/11 アブラメ
2011/7/10 LED電灯
2011/7/9 大切な事
2011/7/8 雨上がりの朝
2011/7/7 日輪
2011/7/7 庭木見学
2011/7/6 草の波間を
2011/7/5 BBQコンロ
2011/7/4 ダンプ1台
2011/7/4 軽トラ1台
2011/7/3 薪割り
2011/7/2 今の風景
2011/7/1 文月
2011/6/30 輝き
2011/6/29 思い出
2011/6/28 姫神山
2011/6/27 年月の中で
2011/6/26 虹色の部屋
2011/6/25 経年変化2
2011/6/24 経年変化
2011/6/23 掲示板
2011/6/22 雨雲
2011/6/21 薪積み1回目
2011/6/21 支援の薪作り?
2011/6/20 チビギャング!
2011/6/19 丸太
2011/6/18 天声人語
2011/6/17 自給率100%
2011/6/16 土間
2011/6/15 日詰にて
2011/6/14 頑張ろう皆で
2011/6/13 御所野遺跡
2011/6/12 今日は見学会
2011/6/11 山田へ支援
2011/6/11 東屋にて
2011/6/10 木々の緑
2011/6/9 百合の木
2011/6/8 製材所見学1
2011/6/8 製材所見学2
2011/6/8 製材所見学3
2011/6/8 製材所見学4
2011/6/8 製材所見学5
2011/6/7 本日2回目
2011/6/7 草光の夢
2011/6/6 岩洞湖
2011/6/5 歩く歩く
2011/6/4 歩く
2011/6/3 テーブル
2011/6/2 自然の色
2011/6/1 水無月
2011/5/31 アッツザクラ
2011/5/30 伝説
2011/5/29 ポルシェ
2011/5/28 日詰の現場
2011/5/27 生活必需品
2011/5/26 忘れ得ぬ記憶
2011/5/25 軽トラック
2011/5/24 年輪
2011/5/23 見学会にて
2011/5/22 完成見学会
2011/5/21 南部藩植林
2011/5/20 楔100年前
2011/5/19 太陽光
2011/5/18 ボランティア
2011/5/17 無題
2011/5/16 年数度の休み
2011/5/15 仮設住宅
2011/5/14 解体OK
2011/5/13 公園への道
2011/5/12 松園の窓から
2011/5/11 高松の池
2011/5/10 登校
2011/5/9 ゆうひ
2011/5/8 納屋の木組み
2011/5/8 大銀杏
2011/5/7 庭木伐採
2011/5/6 優しい光
2011/5/5 水・・・
2011/5/5 浴室工事4
2011/5/5 突然のライブ
2011/5/5 浴室工事3
2011/5/5 浴室工事2
2011/5/5 浴室工事1
2011/5/4 浴室工事応援
2011/5/3 木の音で
2011/5/2 盛岡の朝
2011/5/1 陸前高田
2011/4/30 行ってきます
2011/4/29 救援物資依頼
2011/4/29 茅葺屋根
2011/4/28 薪搬送
2011/4/27 自然乾燥
2011/4/26 製材所見学
2011/4/25 擁壁保護
2011/4/24 奥の間
2011/4/23 桜の薪
2011/4/22 学び
2011/4/21 仕口
2011/4/20 貸家改修
2011/4/19 木組み
2011/4/18 手渡し
2011/4/17 体が重い・・
2011/4/16 技術の継承
2011/4/15 雪起こしの花
2011/4/14 お昼休み
2011/4/13 入学式
2011/4/12 早池峯神社
2011/4/11 大工道具
2011/4/10 鉋屑利用
2011/4/9 事務所入り口
2011/4/8 停電復旧
2011/4/7 新人入社
2011/4/6 無垢材と家具
2011/4/5 家具との調和
2011/4/4 二回目の更新
2011/4/4 ありがとうございました。
2011/4/3 災害支援のお願いです。
2011/4/2 災害支援のお願いです。
2011/4/1 完成見学会
2011/3/31 無残なる故郷
2011/3/30 防波堤崩壊
2011/3/29 島の越
2011/3/29 保険センター
2011/3/28 支援物資2
2011/3/27 支援のバトン
2011/3/26 支援物資
2011/3/25 自転車屋さん
2011/3/24 鉄板ストーブ
2011/3/23 宮古藤原埠頭
2011/3/22 救援物資
2011/3/21 静かさの中で
2011/3/20 届けましたが
2011/3/19 お米届けます
2011/3/18 太陽光発電
2011/3/17 自転車で
2011/3/16 震災より6日
2011/3/15 震災より5日
2011/3/14 安否確認
2011/3/13 大丈夫ですか
2011/3/11 林檎の木板
2011/3/10 掲示板試作品
2011/3/9 八戸市から
2011/3/8 緑が丘の夜
2011/3/7 50000兆円
2011/3/6 手造り照明
2011/3/5 玄関土間工事
2011/3/4 遮熱カーテン
2011/3/3 展望台より
2011/3/2 古材を扱う技
2011/3/1 無題
2011/2/28 まな板
2011/2/27 ピアノ発表会
2011/2/26 八幡平へ2
2011/2/25 八幡平へ
2011/2/24 清め
2011/2/23 刻み端材の家
2011/2/22 春の気配
2011/2/21 いや〜参った
2011/2/20 砂遊び?
2011/2/19 肩車
2011/2/18 夜の見学会場
2011/2/18 明日見学会2
2011/2/18 明日は見学会
2011/2/17 もう一息
2011/2/16 ネコ土台
2011/2/15 40年のハート
2011/2/14 60年の輝き
2011/2/13 脇板壁
2011/2/12 ベンチ
2011/2/11 雨戸造り
2011/2/10 書院
2011/2/9 木星?
2011/2/8 500億の家
2011/2/7 室内窓
2011/2/6 駐輪場
2011/2/5 岩手山
2011/2/4 鬼退治
2011/2/3 節分
2011/2/2 薪割り
2011/2/1 後ろ姿
2011/1/31 見学会場にて
2011/1/30 待ち時間
2011/1/29 設備危機
2011/1/28 打ち合わせ
2011/1/27 照明器具
2011/1/26 建て方と月
2011/1/25 いい笑顔
2011/1/24 昨日は見学会
2011/1/23 今日は見学会
2011/1/22 明日は見学会
2011/1/21 板倉構造2
2011/1/20 板倉構造
2011/1/19 板倉
2011/1/18 西松園
2011/1/17 休日の仕事
2011/1/16 エコファン
2011/1/15 見上げれば空
2011/1/14 迫る山?
2011/1/13 暖
2011/1/12 棟上げ前
2011/1/11 朝も夕も
2011/1/10 ハンドボール
2011/1/9 手造りサッシ
2011/1/8 手造り板倉
2011/1/7 セルフビルド
2011/1/6 明るく元気に
2011/1/5 岩手山
2011/1/4 迎春
2011/1/3 初散歩2
2011/1/3 初散歩
2011/1/2 初日の出
2011/1/1 謹賀新年
2010/12/31 大晦日
2010/12/30 高松の池
2010/12/29 朝市の帰りに
2010/12/28 雪の妙
2010/12/27 ケーキ作り
2010/12/26 積雪40p超
2010/12/25 雪降り
2010/12/24 クリスマス
2010/12/23 嵐
2010/12/22 冬至
2010/12/21 ケヤキ大黒柱
2010/12/20 御影石
2010/12/19 望遠レンズ
2010/12/18 暖をどうぞ
2010/12/17 雪だるま
2010/12/16 金輪継の梁
2010/12/15 板倉建て方2
2010/12/14 板壁
2010/12/13 板倉建て方
2010/12/12 ハナ2
2010/12/11 ハナ
2010/12/10 ヤマメ
2010/12/9 カマ神様
2010/12/8 恐竜?
2010/12/7 見学会当日2
2010/12/6 見学会当日
2010/12/5 構造見学会
2010/12/4 本日更新2回
2010/12/4 完成見学会
2010/12/3 ケヤキ三本
2010/12/2 採材完了
2010/12/1 構造見学会
2010/11/30 少し前の写真
2010/11/29 竜馬逝く
2010/11/28 散歩
2010/11/27 障子
2010/11/26 天峰山から
2010/11/25 完成写真
2010/11/24 ベンチ
2010/11/23 個別見学会
2010/11/22 上棟式
2010/11/21 塩素・・
2010/11/20 住建会
2010/11/19 伐採見学4
2010/11/18 毛針
2010/11/17 伐採見学3
2010/11/16 伐採見学2
2010/11/16 伐採見学
2010/11/15 犬もご来場?
2010/11/14 セルフビルド
2010/11/13 手摺子
2010/11/12 沈み行く光
2010/11/11 研修生
2010/11/10 油絵2
2010/11/9 油絵
2010/11/9 アクシデント
2010/11/8 自在鉤
2010/11/7 盛岡の朝
2010/11/6 ススキ
2010/11/5 かみなり勉強
2010/11/4 大木
2010/11/3 若き力の源
2010/11/2 腰袋
2010/11/1 披露宴会場
2010/10/31 今日は結婚式
2010/10/30 通し柱
2010/10/29 休憩小屋
2010/10/28 計画時の事
2010/10/27 秋の湖面
2010/10/26 月と高松の林
2010/10/25 願
2010/10/24 阿弥陀如来
2010/10/23 寄り道
2010/10/22 20年経過
2010/10/21 仙台研修
2010/10/20 階段の模型
2010/10/19 石段
2010/10/18 火入れ
2010/10/17 窓と空
2010/10/16 家具搬入
2010/10/15 馴染みました
2010/10/14 けやき
2010/10/13 地鎮祭
2010/10/12 万里一条鉄
2010/10/11 奇跡の海
2010/10/10 不思議の国
2010/10/9 高松の池3
2010/10/8 平和祈念碑
2010/10/7 杉の子
2010/10/6 高松の池2
2010/10/5 高松の池
2010/10/4 さすが岩泉町
2010/10/3 文化祭
2010/10/2 洋梨
2010/10/1 この指とまれ
2010/9/30 いいのだ〜
2010/9/29 茸
2010/9/29 元祖!案山子
2010/9/28 案山子祭り
2010/9/27 秋の収穫
2010/9/26 夕焼け
2010/9/25 火入れ
2010/9/24 小さな宇宙
2010/9/23 滝沢の空
2010/9/22 建て方
2010/9/21 喜寿祝い
2010/9/20 新人戦
2010/9/19 改修工事
2010/9/18 盛岡の喫茶店
2010/9/17 大黒柱
2010/9/16 杉の苗畑
2010/9/15 鳥の子
2010/9/14 杉の子
2010/9/13 完成見学会2
2010/9/12 完成見学会
2010/9/11 お地蔵様
2010/9/10 空
2010/9/9 地貫
2010/9/8 桂清水
2010/9/7 棟札
2010/9/6 祈り
2010/9/5 構造計算
2010/9/4 玄関柱
2010/9/3 栗板
2010/9/2 刻み
2010/9/1 階段2
2010/8/31 階段
2010/8/30 壁
2010/8/29 橋
2010/8/28 薪
2010/8/27 山
2010/8/26 朝
2010/8/25 雲
2010/8/24 孫
2010/8/23 梅
2010/8/22 風
2010/8/21 葦
2010/8/20 雲岩寺
2010/8/19 わっくず
2010/8/18 越し屋根
2010/8/17 長屋の裏
2010/8/16 宇霊羅山
2010/8/15 戦後65年
2010/8/14 お墓参り
2010/8/13 見上げれば夏
2010/8/12 夏の夜
2010/8/11 歩み
2010/8/10 アルバイト2
2010/8/9 アルバイト
2010/8/8 夏祭り
2010/8/7 夏休み
2010/8/6 オーニング
2010/8/5 涼しさの秘訣
2010/8/5 藤原君続き
2010/8/4 さんさ踊り
2010/8/3 ゲゲゲ・・・
2010/8/2 構造見学会
2010/8/1 風
2010/7/31 研修生
2010/7/30 作業場のセミ
2010/7/29 東京にもセミ
2010/7/28 盛夏
2010/7/27 ユメ
2010/7/26 怪奇現象
2010/7/25 夏の雲
2010/7/24 三ツ割
2010/7/23 高い高い〜
2010/7/22 祭壇
2010/7/21 板倉の窓
2010/7/20 地(血)の涙?
2010/7/19 板倉上棟式
2010/7/18 赤松の床
2010/7/17 マツバギク
2010/7/16 ネコとカバン
2010/7/15 「フジモリ」
2010/7/14 栗の大黒柱
2010/7/13 盛岡の朝
2010/7/12 元競馬場
2010/7/11 赤松の床見学
2010/7/10 足元の芽生え
2010/7/9 時の影
2010/7/8 悩み?
2010/7/7 高松建て方3
2010/7/7 出会いと夢
2010/7/6 板倉屋根断熱
2010/7/6 高松建て方2
2010/7/6 高松建て方
2010/7/5 可愛い笑顔
2010/7/4 今日は見学会
2010/7/3 蕎麦屋にて
2010/7/2 不思議な話
2010/7/1 板倉上棟
2010/7/1 古民家見学
2010/6/30 古民家
2010/6/29 板倉建て方
2010/6/29 山と・・
2010/6/28 杉の子
2010/6/27 一戸製材所
2010/6/26 事務所入り口
2010/6/25 鎮め物
2010/6/24 持つべきは友
2010/6/23 岩泉町にて
2010/6/22 設計図
2010/6/21 バドミントン
2010/6/20 レンガ工事
2010/6/20 岩泉の朝
2010/6/19 新二重壁
2010/6/18 作業場隣の畑
2010/6/17 屋根工事
2010/6/16 一目惚れ
2010/6/15 世界の仲間2
2010/6/14 農地にて2
2010/6/13 農地にて
2010/6/12 セルフビルド
2010/6/11 上棟
2010/6/10 笑顔
2010/6/9 建て方
2010/6/8 花巻下幅
2010/6/7 完成見学会
2010/6/6 難逃れた赤松
2010/6/5 滝沢の造園
2010/6/4 滝沢の和室
2010/6/3 雨水タンク
2010/6/2 地中熱の衝撃
2010/6/1 水無月
2010/5/31 ぐっすり〜
2010/5/30 カーテン
2010/5/29 花巻見学会
2010/5/28 ナグリ
2010/5/27 不良丸太
2010/5/26 セルフビルド
2010/5/25 植林体験2
2010/5/24 植林体験
2010/5/23 水素発電
2010/5/22 太陽
2010/5/21 スーパーカブ
2010/5/20 無題
2010/5/19 ウッドデッキ
2010/5/18 月星
2010/5/17 時間待ち
2010/5/16 修学旅行
2010/5/15 無題
2010/5/14 残雪
2010/5/13 雑草
2010/5/12 湖の奏で
2010/5/11 空の奏で
2010/5/10 赤松修正挽き
2010/5/9 パテ塗り
2010/5/8 構造見学会
2010/5/8 そっくり〜
2010/5/7 自宅の夕日
2010/5/6 清水川
2010/5/5 連休4の3
2010/5/5 連休4の2
2010/5/5 連休4
2010/5/4 連休3
2010/5/3 連休2
2010/5/2 連休1
2010/5/1 赤松の出番
2010/4/30 セルフビルド
2010/4/29 バラ園
2010/4/28 窓掃除
2010/4/27 寒い訳だ〜
2010/4/26 和紙のカーテン
2010/4/25 太陽熱温水
2010/4/24 薪
2010/4/23 突然の研修
2010/4/22 ご契約
2010/4/21 クラブエイト
2010/4/20 ギャベ
2010/4/19 産直
2010/4/18 自転車屋さん
2010/4/17 襖
2010/4/16 太陽熱温水
2010/4/15 暖房
2010/4/14 エッ雪?
2010/4/13 改修後の玄関
2010/4/12 バンザイ
2010/4/11 完成!
2010/4/10 時の流れ
2010/4/9 建具2
2010/4/8 一息
2010/4/7 打ち合わせ2
2010/4/6 模型2
2010/4/5 建具
2010/4/4 職人
2010/4/3 神棚
2010/4/2 家と人。20
2010/4/1 打ち合わせ
2010/3/31 含水率
2010/3/30 時代
2010/3/29 子供相談室
2010/3/28 模型
2010/3/27 支え木
2010/3/26 屋根工事
2010/3/25 姫神山
2010/3/24 完成写真
2010/3/23 合掌!
2010/3/22 風水良地?
2010/3/21 完成見学会
2010/3/20 ウォーリズ
2010/3/19 ベセル
2010/3/18 岩手山
2010/3/17 壁仕上げ
2010/3/16 壁塗り
2010/3/15 小泉牛乳店
2010/3/14 パテ処理
2010/3/13 井戸堀
2010/3/12 長く住まう
2010/3/11 雪溶け水
2010/3/10 橋脚
2010/3/9 ケヤキと杉
2010/3/8 薪入荷
2010/3/7 組み合わせ
2010/3/6 基礎配筋と枠
2010/3/5 神棚
2010/3/4 どぉ〜ん!2
2010/3/4 どぉ〜ん!
2010/3/3 基礎配筋
2010/3/2 車庫棚扉
2010/3/1 矢巾外観
2010/2/28 薪棚
2010/2/27 テーブル
2010/2/26 建具
2010/2/25 光の束
2010/2/24 矢巾の現場2
2010/2/23 矢巾の現場
2010/2/22 感謝御礼
2010/2/21 来福
2010/2/20 納戸入口
2010/2/19 花巻完成4
2010/2/19 花巻完成3
2010/2/19 花巻完成2
2010/2/18 花巻完成
2010/2/17 差し合わせ
2010/2/16 銀杏無垢板
2010/2/15 道具造り見習
2010/2/14 雪あかり
2010/2/13 花巻の現場
2010/2/12 松平藩養浩館
2010/2/11 福井県一乗谷
2010/2/10 すやすや
2010/2/9 福井県永平寺
2010/2/8 越の国福井県
2010/2/7 吹雪の後
2010/2/6 矢巾の断熱工事
2010/2/5 ペレット
2010/2/4 岩手山
2010/2/3 地盤調査
2010/2/2 矢巾のその後
2010/2/1 立春近し
2010/1/31 花巻外観
2010/1/30 はだか参り
2010/1/29 早池峯神社
2010/1/28 岩泉の家
2010/1/27 松ぼっくり
2010/1/26 改修工事
2010/1/25 構造見学会2
2010/1/24 種火の薪
2010/1/24 構造見学会
2010/1/23 暖房各種
2010/1/22 彫刻
2010/1/21 矢巾の構造2
2010/1/20 矢巾の構造1
2010/1/19 塀兼用薪棚
2010/1/18 朴舘家住宅3
2010/1/17 朴舘家住宅2
2010/1/16 世界の仲間
2010/1/15 朴舘家住宅
2010/1/14 食器棚
2010/1/13 珍味材の仕上
2010/1/12 珍味(笑)2
2010/1/11 知らせ
2010/1/10 エコワット
2010/1/9 お客様手書き
2010/1/8 珍味(笑)
2010/1/7 炎
2010/1/6 オーニング
2010/1/5 雪の朝
2010/1/4 新聞配達
2010/1/3 本年もみゃ〜
2010/1/2 初詣
2010/1/1 平成22年
2009/12/31 大晦日
2009/12/30 炭焼き窯
2009/12/29 仕事納め
2009/12/28 基礎養生
2009/12/27 先導的モデル
2009/12/26 鉄筋
2009/12/25 流し台
2009/12/24 完成見学会2
2009/12/23 完成見学会
2009/12/22 北上外観
2009/12/21 下足収納
2009/12/20 永井の流し前
2009/12/19 雪
2009/12/18 働き者2
2009/12/17 働き者?
2009/12/16 朝の光
2009/12/15 北上の車庫
2009/12/14 玄関ポーチ材
2009/12/13 草原の朝
2009/12/12 おっと御免
2009/12/11 構造見学会
2009/12/10 北上の現場
2009/12/9 車庫材出発
2009/12/8 朝日
2009/12/7 欅カウンター
2009/12/6 重茂製材所
2009/12/5 持ち込み材?
2009/12/4 重茂半島
2009/12/3 AM7時
2009/12/2 構造現場
2009/12/1 師走
2009/11/30 アフター
2009/11/29 本当に買うの
2009/11/28 買っていい?
2009/11/27 北上の造作
2009/11/26 車庫の赤松
2009/11/25 暁
2009/11/24 雪遊び
2009/11/23 床框
2009/11/22 虹色の雲
2009/11/21 雪
2009/11/20 薪棚工事
2009/11/19 四十四田ダム
2009/11/18 南昌山方面
2009/11/17 玄関ポーチ
2009/11/16 作業場
2009/11/15 内部胴縁
2009/11/14 姫神山
2009/11/13 積み出し
2009/11/12 輝き
2009/11/11 カエデ
2009/11/10 森の精
2009/11/9 一人
2009/11/8 高松の紅葉
2009/11/7 登り梁
2009/11/6 出番待ち
2009/11/5 モコモコ
2009/11/4 凛と・・寒い
2009/11/3 廻り階段
2009/11/2 皆で!
2009/11/1 霜月
2009/10/31 朝靄
2009/10/30 薪配達
2009/10/29 唖然・・
2009/10/28 釜?
2009/10/27 クロステラス
2009/10/26 光る桜葉
2009/10/25 秋深し
2009/10/24 昭和の名残
2009/10/23 伝統と現代
2009/10/22 車庫
2009/10/21 玄関の軒
2009/10/20 木の温もり
2009/10/19 木の香り
2009/10/18 三ッ光り
2009/10/17 改修経過3
2009/10/16 框
2009/10/15 オゾン室
2009/10/14 基礎配筋
2009/10/13 ギンダケ
2009/10/12 改修経過2
2009/10/12 改修工事経過
2009/10/11 構造見学会
2009/10/11 何者ぞ?
2009/10/10 実り
2009/10/9 ボリボリ
2009/10/8 断熱工事機材
2009/10/7 車庫材
2009/10/6 ともかちゃん
2009/10/6 端材の薪
2009/10/5 空2
2009/10/5 空
2009/10/4 皮剥き
2009/10/4 重〜!
2009/10/3 研修生
2009/10/2 今時の遊び
2009/10/1 神無月
2009/9/30 大黒柱出発
2009/9/29 どよん〜
2009/9/28 アタック
2009/9/27 岩手山
2009/9/26 宇霊羅山
2009/9/25 輝き
2009/9/24 光
2009/9/23 大シメジ
2009/9/22 マツタケ
2009/9/21 お彼岸
2009/9/20 キック
2009/9/19 円陣
2009/9/18 レトロ
2009/9/17 改修工事開始
2009/9/16 秋の実り
2009/9/15 祭りの頃
2009/9/14 雨の合間
2009/9/13 上棟式
2009/9/12 マサカリ
2009/9/11 不思議な虹
2009/9/10 鉄筋工事
2009/9/9 チョウナ
2009/9/8 牛
2009/9/7 夕日
2009/9/6 捨てる事無し
2009/9/5 トンボ
2009/9/4 建て方
2009/9/3 自衛隊と遭遇
2009/9/2 捨て猫?
2009/9/1 飛馬2
2009/8/31 行け行け飛馬
2009/8/30 古材と大黒柱
2009/8/29 赤松
2009/8/28 古材
2009/8/27 薪割り
2009/8/26 栗大黒柱
2009/8/25 梅干し
2009/8/24 夏休みと工作
2009/8/23 破風
2009/8/22 地鎮祭
2009/8/21 持ち込み材
2009/8/20 築11年
2009/8/19 鉄筋加工
2009/8/18 モヒカン刈り
2009/8/17 時の揺り籠
2009/8/16 エネルギー2
2009/8/15 エネルギー
2009/8/14 お墓参り
2009/8/13 朝一(市)
2009/8/12 栗テーブル
2009/8/11 太陽熱温度
2009/8/10 御礼
2009/8/9 見学会
2009/8/8 照明器具
2009/8/7 南畑
2009/8/6 板戸
2009/8/5 長期優良住宅
2009/8/4 家族で塗り壁
2009/8/3 フォーラム
2009/8/2 お手伝い
2009/8/1 壁塗り
2009/7/31 マリンランプ
2009/7/30 大正十二年
2009/7/29 川留神社
2009/7/28 太陽光発電
2009/7/27 ネジレ材
2009/7/26 地域材2
2009/7/25 地域材
2009/7/24 ヒートポンプ
2009/7/23 雨天にて残念
2009/7/22 宇宙の出来事
2009/7/21 今日は講演日
2009/7/20 捩じれ材
2009/7/19 古民家
2009/7/18 赤松の梁
2009/7/17 一戸製材所
2009/7/16 お湯が出ない
2009/7/15 ガラス反射光
2009/7/14 屋根断熱
2009/7/13 どこで遊ぶ?
2009/7/12 古材
2009/7/11 豪雨
2009/7/10 太陽熱温水
2009/7/9 断熱工事2
2009/7/8 南畑
2009/7/7 断熱工事
2009/7/6 清め
2009/7/5 松板加工
2009/7/4 巣箱
2009/7/3 職人2
2009/7/2 赤松の板
2009/7/1 セルフビルド
2009/6/30 セルフビルド
2009/6/29 暑ッー
2009/6/28 計画図
2009/6/27 梁の強さ
2009/6/26 井戸
2009/6/25 建物荷重
2009/6/24 板金工事
2009/6/23 職人
2009/6/22 切妻
2009/6/21 仮設トイレ
2009/6/20 基礎工事中に
2009/6/19 家庭菜園
2009/6/18 かくれんぼ
2009/6/17 ウッドデッキ
2009/6/16 デッキより
2009/6/15 上田堤界隈
2009/6/14 太陽熱パネル
2009/6/13 薪棚
2009/6/12 熟睡
2009/6/11 自宅の姫沙羅
2009/6/10 時の記念日
2009/6/9 ヒメシャラ
2009/6/8 芝生
2009/6/7 カモシカ
2009/6/6 今朝は雨
2009/6/5 本日上棟式
2009/6/4 やまぼうし
2009/6/3 煙突掃除2
2009/6/3 煙突掃除
2009/6/2 爺さん目線
2009/6/1 デッキ改修
2009/5/31 職人目線
2009/5/30 子供目線
2009/5/29 蟻・・・
2009/5/28 運動会2
2009/5/27 岩泉の家
2009/5/26 駄目押し?
2009/5/26 そのまた続き
2009/5/26 続き
2009/5/26 私の薪割り
2009/5/26 専務の薪割り
2009/5/25 3歳と薪割機
2009/5/24 運動会
2009/5/23 抜根
2009/5/22 時代へ逆行?
2009/5/21 丸太製材後
2009/5/20 無垢
2009/5/19 虹
2009/5/18 伐根
2009/5/17 孫を抱く叔父
2009/5/16 桜草
2009/5/15 薪丸太入荷
2009/5/14 雨
2009/5/13 仲良し?
2009/5/12 面取り
2009/5/11 植林体験
2009/5/10 菜の花畑
2009/5/9 タンポポ
2009/5/8 小屋の窓
2009/5/7 釣人と姫神山
2009/5/6 流木
2009/5/6 小鳥2
2009/5/5 小鳥
2009/5/4 繋ぎ材
2009/5/3 朝靄
2009/5/2 皐月
2009/5/1 高松の桜
2009/4/30 太陽熱パネル
2009/4/29 記念樹と山
2009/4/28 杭打ち
2009/4/27 製材見学2
2009/4/26 岩鷲山
2009/4/25 製材見学
2009/4/24 古材と大工
2009/4/23 古材
2009/4/22 敷地造り
2009/4/21 羊さんと孫
2009/4/20 見学会
2009/4/19 岩手山は?
2009/4/18 花巻4
2009/4/17 花巻3
2009/4/16 花巻2
2009/4/15 花巻
2009/4/14 打ち出の小槌
2009/4/13 斧
2009/4/12 煙突掃除
2009/4/11 塀工事
2009/4/10 岩手山
2009/4/9 花巻
2009/4/8 ピラミッド?
2009/4/7 小本港
2009/4/6 薪割り
2009/4/5 朝日
2009/4/4 清明
2009/4/3 浴室改修
2009/4/2 早朝2
2009/4/1 上田堤界隈
2009/3/31 早朝
2009/3/29 完成写真撮影
2009/3/27 Gブロック
2009/3/26 薪搬送
2009/3/24 薪
2009/3/23 昭和の時代
2009/3/22 赤松
2009/3/20 秋田3
2009/3/19 秋田2
2009/3/18 秋田
2009/3/17 経年変化2
2009/3/15 経年変化
2009/3/14 道
2009/3/13 木造
2009/3/12 102年
2009/3/11 心
2009/3/10 披露宴
2009/3/8 赤松伐採
2009/3/7 風邪
2009/3/6 竿縁天井
2009/3/5 講演
2009/3/3 指揮者
2009/3/2 ケヤキ
2009/2/28 花巻
2009/2/28 永田町
2009/2/26 広葉樹
2009/2/24 頑張って!
2009/2/23 薪棚
2009/2/22 薪ストーブ
2009/2/20 床の間
2009/2/19 囲炉裏
2009/2/18 太陽熱パネル
2009/2/17 防湿シート
2009/2/16 壁充填断熱2
2009/2/15 披露宴
2009/2/15 壁充填断熱
2009/2/14 13日の続き
2009/2/13 透湿防水シート
2009/2/12 12日2回目
2009/2/11 ↑09.2/12〜09.1/27まで日記記録消失してしまいました。
2009/1/27 小屋梁
2009/1/26 梁桁組開始10
2009/1/26 梁桁組開始9
2009/1/26 梁桁組開始8
2009/1/26 梁桁組開始7
2009/1/26 梁桁組開始6
2009/1/26 梁桁組開始5
2009/1/26 梁桁組開始4
2009/1/26 梁桁組開始3
2009/1/26 梁桁組開始2
2009/1/26 梁桁組開始
2009/1/25 大黒柱
2009/1/24 柱建て
2009/1/23 土台敷き
2009/1/22 通し柱2
2009/1/21 通し柱
2009/1/20 杉
2009/1/19 刻み
2009/1/18 仕口6
2009/1/17 仕口5
2009/1/16 仕口4
2009/1/15 仕口3
2009/1/14 働き者?
2009/1/13 仕口2
2009/1/12 仕口1
2009/1/11 土台の墨2
2009/1/10 含水率
2009/1/9 土台の墨
2009/1/8 ロフトの朝
2009/1/7 清め
2009/1/6 古民家移築
2009/1/5 ↑09.1/6〜08.12/29まで日記記録消失してしまいました。
2008/12/29 生コン打込
2008/12/28 番付け
2008/12/27 荷重負担基礎
2008/12/26 吊枠
2008/12/25 鉄筋加工
2008/12/24 配筋検査
2008/12/23 配筋
2008/12/22 明日は見学会
2008/12/21 転圧
2008/12/20 総堀
2008/12/19 地盤状況
2008/12/18 着工
2008/12/17 墨付け開始
2008/12/16 製材所
2008/12/15 製材見学
2008/12/14 山4
2008/12/13 山3
2008/12/12 山2
2008/12/11 山1
2008/12/10 天然乾燥
2008/12/9 修正挽き
2008/12/8 復活!
2008/12/6 数日休みます
2008/12/2 室小路
2008/12/1 師走
2008/11/30 小話2
2008/11/29 小話
2008/11/28 林業振興
2008/11/27 爽快
2008/11/26 やさしさ
2008/11/25 雪景色
2008/11/24 ↑08.11/25〜08.9/3まで日記記録消失してしまいました。
2008/9/3 庭7
2008/9/2 庭6
2008/9/1 庭5
2008/8/31 庭4
2008/8/31 岩泉4
2008/8/30 庭3
2008/8/30 庭2
2008/8/29 庭
2008/8/28 ネズコ
2008/8/27 夕焼け
2008/8/26 岩泉3
2008/8/26 岩泉2
2008/8/26 岩泉
2008/8/25 四十四田ダム
2008/8/24 南畑3
2008/8/23 南畑2
2008/8/22 南畑
2008/8/21 聖心幼稚園
2008/8/20 仕事中
2008/8/19 金剛力士
2008/8/18 秋の気配
2008/8/17 太洋の子丸
2008/8/16 上田堤界隈
2008/8/15 雲岩寺
2008/8/14 祈り3
2008/8/13 祈り2
2008/8/12 祈り
2008/8/11 掃気システム
2008/8/10 夏祭り
2008/8/9 上田堤界隈
2008/8/8 真夏
2008/8/7 反り止め
2008/8/6 胴割り丸太
2008/8/5 大工道具3
2008/8/4 無題
2008/8/3 大工道具2
2008/8/2 経木?
2008/8/1 道具と仕口
2008/8/31 栗の曲り梁
2008/7/30 枘
2008/7/29 組み合わせ
2008/7/28 通し柱
2008/7/27 忍2
2008/7/26 引き継?
2008/7/25 忍
2008/7/24 かなわつぎ
2008/7/23 差し鴨居
2008/7/22 蟻落とし
2008/7/21 チョウナ
2008/7/20 残材
2008/7/19 組んで確かめ
2008/7/18 岩泉外観
2008/7/17 何してるの?
2008/7/16 仕口2
2008/7/16 仕口
2008/7/15 大工道具1
2008/7/14 車知栓継2
2008/7/13 小根柄と鎌継
2008/7/12 丸カンナ3
2008/7/12 丸カンナ2
2008/7/12 丸カンナ1
2008/7/11 車知栓
2008/7/10 マサカリ
2008/7/9 窓下地枠
2008/7/8 金輪継
2008/7/7 昼寝
2008/7/6 屋根裏
2008/7/5 地盤改良2
2008/7/4 餅まき
2008/7/3 ネコとザック
2008/7/2 岩泉の現場3
2008/7/1 シロアリ
2008/6/30 地盤改良
2008/6/29 岩泉の現場2
2008/6/28 岩泉の現場
2008/6/27 ガッシュ
2008/6/26 再利用
2008/6/25 出会い
2008/6/24 木登り
2008/6/23 フォーラム2
2008/6/22 フォーラム
2008/6/21 潮風
2008/6/20 思い出
2008/6/19 訃報
2008/6/18 仙台
2008/6/17 伏図
2008/6/16 自転車
2008/6/15 祝詞
2008/6/14 上棟式
2008/6/13 北上の外壁
2008/6/12 働き者
2008/6/11 家庭菜園
2008/6/10 木登り
2008/6/9 濡れ縁完成
2008/6/8 庭造り
2008/6/7 濡れ縁の足
2008/6/6 岩泉3
2008/6/5 岩泉2
2008/6/5 岩泉2
2008/6/5 岩泉
2008/6/4 土壁と左官
2008/6/4 土壁と曲り梁
2008/6/3 棟上げ
2008/6/3 棟上げ
2008/6/2 薪割り3
2008/6/2 薪割り2
2008/6/1 薪割り
2008/5/31 2階床組
2008/5/30 四方差し
2008/5/29 土台
2008/5/28 柱建て
2008/5/27 瓦の屋根
2008/5/26 岩泉建方開始
2008/5/25 迷路
2008/5/24 運動会
2008/5/23 大黒柱2
2008/5/22 塗り壁
2008/5/21 確認
2008/5/20 太陽熱温水
2008/5/19 南畑
2008/5/19 朝の岩洞湖
2008/5/18 土壁の家
2008/5/17 煙突掃除
2008/5/17 次はネコと
2008/5/17 大の字
2008/5/16 日向ぼっこ
2008/5/15 大黒柱
2008/5/14 唇?
2008/5/13 北上の現場
2008/5/12 古民家
2008/5/11 換気口
2008/5/10 刻み
2008/5/9 天空に向かい
2008/5/8 木材選出
2008/5/7 ちば動物病院
2008/5/6 一輪車
2008/5/5 出来る事を
2008/5/4 鞍掛山
2008/5/3 お疲れ様です
2008/5/2 薪棚と物置
2008/5/1 ギャラリー
2008/4/30 清め
2008/4/29 草?
2008/4/28 北上の基礎
2008/4/27 植林
2008/4/26 披露宴
2008/4/25 斗栱
2008/4/24 原寸
2008/4/23 上田堤界隈
2008/4/22 満開
2008/4/21 清め
2008/4/20 花見3
2008/4/20 花見2
2008/4/20 花見1
2008/4/20 古民家と松
2008/4/19 サクラ
2008/4/18 南畑
2008/4/17 基礎工事
2008/4/16 清水畑製材所
2008/4/15 岩泉の青空
2008/4/14 岩手山2
2008/4/13 岩手山
2008/4/12 上田堤界隈
2008/4/11 白樺
2008/4/10 洗面台
2008/4/9 基礎配筋
2008/4/8 四人家族
2008/4/7 三和土?
2008/4/6 トラック
2008/4/5 家族
2008/4/5 間仕切り
2008/4/4 岩泉町の工事
2008/4/3 北山トンネル
2008/4/2 造り付家具
2008/4/1 誕生日
2008/4/1 順番待ち
2008/3/31 また会う日が
2008/3/30 御礼
2008/3/29 松園照明受台
2008/3/28 松園見学会
2008/3/27 夫婦山?
2008/3/26 小舞壁
2008/3/25 倒木橋
2008/3/24 吊り橋
2008/3/23 地鎮祭
2008/3/22 北澤アート
2008/3/21 風力発電
2008/3/20 卒業証書
2008/3/19 卒業
2008/3/18 丸太橋
2008/3/17 窓から
2008/3/16 岩泉
2008/3/15 左官壁
2008/3/14 古材
2008/3/13 鉄板!
2008/3/12 松園
2008/3/11 村崎野
2008/3/10 洞清水外観
2008/3/9 ご家族で・・
2008/3/8 エコワット
2008/3/7 南昌山方面
2008/3/6 姫神山
2008/3/5 性善説
2008/3/4 しだれやなぎ
2008/3/3 薪と暮らし
2008/3/2 雪解け(溶け)
2008/3/1 縄梯子
2008/2/29 杉通し柱2
2008/2/28 杉の通し柱
2008/2/27 岩泉
2008/2/26 外壁鋼板
2008/2/25 冬の夕日
2008/2/24 薪
2008/2/23 壊れても・・
2008/2/22 カウンター等
2008/2/21 竪穴式住居
2008/2/20 壁断熱
2008/2/19 製材
2008/2/18 框2
2008/2/17 四十四田ダム
2008/2/16 框
2008/2/15 風呂桶
2008/2/14 外山道
2008/2/13 岩手鉱業所
2008/2/12 不思議な屋根
2008/2/11 新月
2008/2/10 お知らせ
2008/2/9 日本一
2008/2/8 古墳
2008/2/7 ベンダー
2008/2/6 パッシブ換気
2008/2/5 自宅の雪祭り
2008/2/4 製材2
2008/2/3 熱き思い
2008/2/2 松園
2008/2/1 製材
2008/1/31 洞清水
2008/1/30 矢巾の外観
2008/1/29 岩洞湖
2008/1/28 銅板屋根
2008/1/27 天峰山から
2008/1/26 完成お引渡し
2008/1/25 TV撮影
2008/1/24 看板
2008/1/23 屋根工事開始
2008/1/22 屋根断熱工事
2008/1/21 南部鉄器
2008/1/20 上棟式
2008/1/19 薪入荷
2008/1/18 四十四田ダム
2008/1/17 杉皮
2008/1/16 松園
2008/1/15 洞清水
2008/1/14 棟上げ
2008/1/13 宿題
2008/1/12 姉と弟二人旅
2008/1/11 松園建て方3
2008/1/11 松園建て方2
2008/1/11 松園建て方1
2008/1/10 新上田堤界隈
2008/1/9 鎌継ぎ
2008/1/8 柱建て
2008/1/7 配線隠し
2008/1/6 薪温水循環機
2008/1/5 ネコのお手伝
2008/1/4 板塀
2008/1/3 日の出の続き
2008/1/2 2日の日の出
2008/1/1 新年
2007/12/31 大晦日
2007/12/30 門松
2007/12/29 乾杯!
2007/12/28 矢巾は追込み
2007/12/27 踏み切り
2007/12/26 日の出前
2007/12/25 火星?
2007/12/24 薪ストーブ2
2007/12/23 西仙北の井戸
2007/12/22 お湯が沸く
2007/12/21 玉山の刻み場
2007/12/20 冬景色
2007/12/19 岩手山
2007/12/18 作業場
2007/12/17 基礎配筋
2007/12/16 薪割り2
2007/12/15 朝日
2007/12/14 ネコは家
2007/12/13 雪道
2007/12/12 昭和初期
2007/12/11 温もり
2007/12/10 溜め息
2007/12/9 薪割り
2007/12/8 ひかり付け
2007/12/7 薪ストーブ
2007/12/6 タイコ梁
2007/12/5 雪にも負けず
2007/12/4 アイヌ犬
2007/12/3 自宅1
2007/12/2 完成見学会
2007/12/1 松園
2007/11/30 明日は見学会
2007/11/29 刻み
2007/11/28 丸
2007/11/27 お宝
2007/11/26 冬場の養生
2007/11/25 床塗り
2007/11/24 矢巾
2007/11/23 ペレットの炎
2007/11/22 戸締り
2007/11/21 基礎工事2
2007/11/20 基礎工事
2007/11/19 左官道具
2007/11/18 予定表の歌?
2007/11/17 左官
2007/11/16 落葉松90年
2007/11/15 ステンドガラス
2007/11/14 地中梁
2007/11/12 薪
2007/11/11 寂しそうな倉
2007/11/10 自主施工?
2007/11/9 高松池の紅葉
2007/11/8 造材2
2007/11/8 造材1
2007/11/7 八牧山林の杉
2007/11/6 魚の群れ
2007/11/5 矢巾の屋根
2007/11/4 薪棚
2007/11/3 煙突掃除3
2007/11/3 煙突掃除2
2007/11/3 煙突掃除1
2007/11/2 洞清水の遣り方
2007/11/1 栗と茸と猫
2007/10/31 FSC森林認証
2007/10/30 南昌荘
2007/10/29 矢巾建て方7
2007/10/29 矢巾建て方6
2007/10/29 矢巾建て方5
2007/10/29 矢巾建て方4
2007/10/29 矢巾建て方3
2007/10/29 矢巾建て方2
2007/10/29 矢巾建て方1
2007/10/28 木登り4
2007/10/28 木登り3
2007/10/28 木登り2
2007/10/28 木登り1
2007/10/27 徳清倉庫2
2007/10/27 徳清倉庫1
2007/10/26 薪ストーブ
2007/10/25 根切り
2007/10/24 煙突取付工事
2007/10/23 湧き水
2007/10/22 簡易チェンソー
2007/10/21 栗
2007/10/20 三ッ石の手形
2007/10/19 早坂トンネル3
2007/10/19 早坂トンネル2
2007/10/19 早坂トンネル1
2007/10/18 土留め
2007/10/17 壁断熱
2007/10/16 スラブヒーター
2007/10/15 影降臨?
2007/10/14 若松城天守閣
2007/10/13 郡山
2007/10/12 栗材の製材
2007/10/11 矢巾基礎2
2007/10/11 矢巾基礎1
2007/10/10 屯所
2007/10/9 栗テーブル
2007/10/8 井戸
2007/10/7 祭り
2007/10/6 OLD-TIME
2007/10/5 葉枯らし
2007/10/4 2階床張り
2007/10/3 松茸
2007/10/2 のどか
2007/10/1 浴室枠
2007/9/30 稲刈り
2007/9/29 中央通構造壁3
2007/9/29 中央通構造壁2
2007/9/29 中央通構造壁1
2007/9/28 チョウナ立て
2007/9/27 墨壺
2007/9/26 矢巾の基礎2
2007/9/26 矢巾の基礎1
2007/9/25 屋根板金
2007/9/24 日曜の上田堤
2007/9/23 今朝の山
2007/9/22 けんけんパ
2007/9/21 屋根工事
2007/9/21 屋根断熱工事
2007/9/20 屋根工事続き
2007/9/19 軒先補助断熱
2007/9/19 断熱用シート
2007/9/19 タルキ掛け
2007/9/19 あおり止め
2007/9/19 母屋の楔
2007/9/19 中央通屋根続き
2007/9/18 猫じゃらし
2007/9/17 稲穂2
2007/9/16 15日の中央通り
2007/9/15 今時の遊び
2007/9/14 14日の中央通り
2007/9/13 13日の建て方
2007/9/12 12日の建て方
2007/9/11 11日の建方
2007/9/10 柱建て4
2007/9/10 柱建て3
2007/9/10 柱建て2
2007/9/10 柱建て1
2007/9/9 虹
2007/9/8 40代と20代
2007/9/7 鉋掛け
2007/9/6 土台敷き
2007/9/5 92才と2?才
2007/9/4 92年の杉伐倒
2007/9/3 鉞(まさかり)
2007/9/2 四階倉庫
2007/9/1 道程(みちのり)
2007/8/31 雨の中
2007/8/30 井戸堀
2007/8/29 夕陽
2007/8/28 稲穂
2007/8/27 梅干
2007/8/26 日曜日 2
2007/8/26 日曜日 1
2007/8/25 オリジナル照明
2007/8/24 絲し舎 4
2007/8/23 長女と孫
2007/8/22 水遊び
2007/8/21 自由研究
2007/8/20 オカリナ
2007/8/19 オルゴール
2007/8/18 魚
2007/8/17 トンボ
2007/8/16 手掴み出来た
2007/8/15 龍
2007/8/14 お墓参り
2007/8/13 朝市
2007/8/12 絲し舎 3
2007/8/12 絲し舎 2
2007/8/12 絲し舎 1
2007/8/11 11日-4 補強3
2007/8/11 11日-3 補強2
2007/8/11 11日-2 補強1
2007/8/11 11日-1 胴割れ
2007/8/10 曲がり梁
2007/8/9 盛岡の山里
2007/8/8 樹齢92年の杉
2007/8/7 手作り照明
2007/8/6 ガラスブロック
2007/8/5 小さな見学会
2007/8/4 皆で床塗装
2007/8/3 蘇った栗板
2007/8/2 清め
2007/8/1 脱皮
2007/7/31 静寂
2007/7/30 トマト
2007/7/29 ビー球
2007/7/28 川留神社
2007/7/27 夕日
2007/7/26 屋根断熱
2007/7/25 木梁158本
2007/7/24 朝焼け
2007/7/23 古時計と約束
2007/7/22 まさかの続き
2007/7/21 まさか!
2007/7/20 四十四田住宅
2007/7/19 八尺(ハッシャク)
2007/7/18 墨付け
2007/7/17 修学旅行
2007/7/16 16日-5 曲り梁
2007/7/16 16日-4 土壁
2007/7/16 16日-3 敷居楔
2007/7/16 16日-2 床板
2007/7/16 16日-1 解体前
2007/7/14 映画館通り
2007/7/13 基礎工事
2007/7/12 中央通の井戸
2007/7/11 産直

 

   
  祭りの頃
 
  2009/9/15
   「よっしゃ〜」と声が聞こえてきそうな写真です。そして、当社には二人も祭り好きがいて、今日15日のみは休ませてくれと二人から言われました。まずは風山大工で、八幡神社南会で頭と呼ばれているらしく、今年やっと結婚しました。皆さん、本当ですよ〜しかも、うら若き方と!この件に関しては後日また詳しくご紹介します。そして、もう一人がこの小笠原大工ですが、消防団員として日夜を分かたず世の中の為に活躍していますが、神輿担ぎでも大活躍しているそうです。
 ツリークライマー、世界を放浪後に職人を目指している者、以前は山で働いていた現場監督、チョウナを上手に使えるプロ中のプロ、など個性豊かなメンバーで木組みに取り組んでいます。そして今後は、パッシブハウスとの融合を果たしローテクで環境に配慮した住まいを構築していきたいと思います。このメンバーがいれば、頑張れますね。
 
 
   
  雨の合間
 
  2009/9/14
   昨日の現場見学会は生憎の雨でしたが、予定時間内殆ど空く事無く誰かと話が出来る一日でした。あらためて、木組みに職人の手技や心意気を感じながら、前日の上棟式でお施主さんに挨拶の中で「芸術品の中で暮らす事が出来る気持ちです。」と話していただいた事を振り返りながら、良い時間を過ごしました。
 また、昨日の朝には地鎮祭(清め)も行いました。写真の通りで、雨がふっていませんでした。向かう道中の行きも帰りも雨だったのです。祭りの気配の中、生きとし生けるものへの感謝の地鎮祭でした。なにやってんの〜?と質問されながらの清めでもありました。
 
 
   
  上棟式
 
  2009/9/13
   昨晩は、永井の現場での上棟式でした。杢創舎の場合は「清め」と言います。生きとし生けるものへの感謝と供養にお客様と共同の御礼を兼ねます。建て込まれた木材のこの輝きは、手を掛けた証であり無垢を愛すればこその何ものでもありません。ここに存在する全ての木材や人が、お客様との出会いを物語ります。そして、私達もお客様に出会えて本当に幸せです。ありがとうございました。

 さて、今日はここの現場見学会です。構造が見れます。二重壁が良く分かる現場見学会です。よろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  マサカリ
 
  2009/9/12
   9日は、チョウナで刻み込んでいましたが、今日はマサカリでナグリ込んでタイコ梁を整えているところです。扱う人が思い通りの場所に打込む技術は、文章を幾ら読んでも出来ません。やはり、長年毎日こうした仕事を通じて体得するのであり、日々の継続が大切です。それも、こうして丸太材を提供してくれる製材所があるからで、一戸製材所さんに感謝しないといけませんね。長期住宅は、やはり山〜製材〜施工までの繋がりを切り離す事はできません。
 
 
   
  不思議な虹
 
  2009/9/11
   最近、天候が不順な時に虹が見える現象が多いですね。昨日は、雨雲の切れ間から太陽の光の筋が注ぎ、そこに虹が見えました。写真ではその時の感動が伝わり難いのですが、「オーッ!」と声を出しながら車を止め、撮影してしまいました(笑)。子供の頃から、何か良い事がありそうに感じるのが虹をみた時ですね。なんでかな〜?

※二重壁の家新シリーズを一気に更新しました。
 
 
   
  鉄筋工事
 
  2009/9/10
   昨日に続いて、同級生シリーズ(笑)になってしまいましたが、この鉄筋屋さんは高校の同級生です。重い鉄筋をドンと担いで我々の基礎工事を手伝ってくれる有難い仲間です。ときどき作業場に来て木材の切れ端を拾っていくのですが、ミツバチを勝手に置いていく事もあったりと笑えます。専務も同級生なので、同級生の建築仲間が多くて盛り上がり、楽しく働く日が毎日の活力です。
 友達のお陰で配筋検査も無事一発合格しました。
 
 
   
  チョウナ
 
  2009/9/9
   作業場では、赤松のタイコ梁に柱が立つ部分をチョウナで削り込んでいました。この横で、60代の棟梁が何度も口を出して指導しています。写真の小笠原大工は、私の中学の同級生ですが大工歴30年以上ですがタイコ梁の体を作る作業は初めてでした。ここ数十年で、殆どこうした作業が現場から無くなってしまった住宅産業ですが、なんとか継承していきたいと考えています。ところで、タイコ梁も直材も破壊試験をすると殆ど同じ強度らしいです。でも、例えば210oの直材を得るにはなるべく真っ直ぐで直径260o程度以上の赤松を製材する事になります。実情は曲りや節があるのでもう少し大きな材でなければ無理な訳です。しかし、曲り材のまま使うのであれば末口210oあれば強度が同じという次第ですから、やはりタイコ梁は強くて無駄がないとう話になると思います。でも、曲り材は市場には出なくなり始めて久しいのも正直なところではないでしょうか?残念ですね・・・
 
 
   
 
 
  2009/9/8
   もろタイトル通りの写真です。ところで、先日の自衛隊の事で演習の夜は宴会的な文章を書いてしまいましたが、今の自衛隊はそうした事は無いそうです。思い返すと約30年前の事ですから、大変失礼をしました。でも、あのころは演習場の横では屋台まできていたんですよね〜(笑)。一生懸命に走り、一所懸命に穴を掘り、とにかく毎日大汗をかいていた約2年間が懐かしく思い出されます。ライフル射撃訓練もしたんですが、真後ろから打ち込むので弾道が見えるんですよ〜遊び気分で実弾を扱うのは良くないとは思いますが、本気で使う事も良くないですよね〜牛の様にのどかに遊ぶ事もないまま除隊してしまいましたが、来春は集まれる自衛隊同期でワイワイやりたいと思います。写真を見ても、食べる事ばかり考えてしまうのでした(でも、写真は乳牛だと思いますが、笑)。
 
 
   
  夕日
 
  2009/9/7
   自宅の2階リビングから撮影した夕日です。夏は直射が入ると暑いので、オーニングを下げて対処していましたが、この位の時期からは大丈夫なので、夕刻のほんの一時を満喫しています。
 
 
   
  捨てる事無し
 
  2009/9/6
   リフォームの現場からです。流し台の取り換え工事と子供室の仕切りを依頼されました。その工事の際に、流し前キッチンパネルの残りで即席ホワイトボードを作成してみました。磁石が付くパネルなので非常に便利で、子供室の仕切り壁のどこかに掛けて使って貰えると思います。正に、捨てるところ無しのパネルなのでした。10p角程度の小さなものでも壁の一部に嵌めて使う事も可能です。使い様では更に楽しく便利に使えると思います(笑)。
 
 
   
  トンボ
 
  2009/9/5
   秋の気配が増してきましたね。私は昨日、自衛隊同期の友人と新隊員時代の班長との29年ぶりの再開に恵まれました。三人で盛り上がりながらも、東ティモールの話など聞くに付け、水がいかに有難いものか日本がいかに豊かで幸せなのかを痛感しました。「かわいそうとか、同情してはいけない!」同じ人間として対等になり、出来る事を行動するべきとの、厳しい眼差しの中に本当の思いやりを感じました。自分たちはペットボトルの綺麗な水を飲み、その横で泥水をペットボトルに入れて飲む現地の人達の様を実際に見た話など聞いて、言葉に出来ない真実の世界の壁を感じた思いがあって書いてしまいました。今ある幸せを確りと認識して一つ一つを大切にしなければならないと思います。
 
 
   
  建て方
 
  2009/9/4
   気持ちのいい写真です。どこに出しても誰に見せても文句のない、撮影された本人も誇らしげで虚飾も誇張も卑下もなく、本当の無垢なる気持で働く瞬間であり、近隣へ木霊するカケヤの音が見る人をも魅了してくれます。
 
 
   
  自衛隊と遭遇
 
  2009/9/3
   昨日、長期優良住宅のシンポジュウムをパネラーの一人として無事終えてきました。非常に緊張した一日でしたが、得るものが多く有難い日でした。その帰り道の高速道は、自衛隊車両の永遠と長い列に遭遇し、休憩所でも沢山の車両が休んでいました。演習に向かうのかと思われます。この時期は、キノコが取れ初めなので、テントの夜は多分キノコ汁で毎晩飲み会?と想像してしまいました(笑)。その方が、平和な世の中でいいですよね〜
 可愛そうなネコにも名前が付いたそうなので一安心です。いい飼い主さんに巡り会えて本当に良かったです。

※シンポジュウムに関しては、別ページを設けたいと思います。
 
 
   
  捨て猫?
 
  2009/9/2
   リフォームの現場で打合せ後、車で坂を下ると道の真ん中でヨタヨタしている子ネコがいるではないですか。。。車を止めて傍に寄ると、逆にネコの方がすり寄ってきます。何日食べ物を食べていないのだろう?と思えるように背中がガリガリでした。そのまま放置する事も出来ず、思わず自宅まで連れて戻りとにかくあるものを与えてから私は直に現場に向かいましたが、お昼に戻ると専務にすり寄り離れません。寂しそうな気配を感じますね。。。可愛そうですが、我が家には既にハナがいるのでこれ以上飼うのは大変です。とりあえず作業場に連れて行きましたが、気が付くと牛乳が入ったコップが猫の傍に置いてあるではないですか。。。大工さんも気になる様です(笑)。夕方、ある方がとりあえず引き取ってくれたので一安心です。仕事にならない半日でした。
 
 
   
  飛馬2
 
  2009/9/1
   今日から長月ですね。立春から数えた「二百十日」が今日です。稲作の開花や台風に関する注意を喚起する言葉なのだそうで、日本独特の言葉だそうですね。明日は、仙台で「長期優良住宅の推進に関するシンポジュウム」のパネラーとして参加してきます。これもまた、日本特有の住宅事情を話し合う機会となりそうで、今からドキドキしていますが、消化不良にしたくないとのメールが昨日コーディネーターさんから届いたので、確りしなければと気持ちを引き締めています。
 さて、昨日の模型の屋根を開くと中はこの通りです。さても、これほど数十年で住宅が変化した時代は、日本でも世界でも初体験ではないでしょうか?戦争無くしては語れない部分もあり、夢と発展そして暗部さまざまな思いが頭を巡ります。温暖化問題も無関係な時代は寒い家でした。中途半端な断熱と不安な耐震壁でCO2も沢山放出した時代もあり、今は暖かな暮らしと耐震強化が進み省エネに向かっています。よく考えると、流れの中にいるのです。だからこそ、長期優良住宅に取り組むべきと思うのでした。
 
 
   
  行け行け飛馬
 
  2009/8/31
   住まエネフェスタの見学をしてきました。竜馬ならぬ飛馬がいました。「マンガの家コーナー」に巨人の星の飛馬の家もあったのです。「♪行け行け飛馬〜♪ドンと行け♪〜」頭の中であの主題歌が流れます。家の前で涙を拭う飛馬、小さな小さな家の模型の前で泣いています。24時間テレビでは、1年分も涙が出た気がしました。そして、政権交代が成りました。多くの落選議員が、「国民の失望や怒りがあったのでしょう」という言葉を使いながら涙を浮かべています。色々な涙の一日とは対照的に、場内は明るい笑顔で愛想をふりまく人・・人・人・・・皆一生懸命です。
 さて、ここからは個人的意見です。必ず「エコ」が主題になる時代です。各ブースで色とりどりの目移りがするイベントもいいのですが、全体意識を参加者皆で統一するのはどうでしょうか?照明器具の電源は太陽や人力(交代性)とし、その場の土を塗り壁にして遊ぶとか、場内の配置をLCCO2の順番にするなど本気の環境イベントや科学物質ゼロコーナー、バリアフリー会場を設けるなど全体構成の設計を行い、費用を出来るだけ掛けない方法に取り組むのも面白いのでは?と、時折差しだされるチラシを断りながら妄想を描いてしまいました。家を本気で建てたい人が知りたい本当の情報コーナーとは?と考えると、建物の金額や積算方法コーナーや、換気配管の10年後の中や温水器の缶の中はどうなるか、家の点検方法は?ウッドデッキの塗料はなにがいいのか?自分で出来るメンテナンスの方法や家の手直し時期とその費用など一目で見れる住いのホントコーナーなど、良いと思いませんか?ついでに、ランニングコストとローンの組み合わせコーナーもあると来場者は更に増えるかも!と、次から次に妄想が沸き起こります。これは、私自身の閃きでありもしも杢創舎カタログを作るとしたらこうした所を綺麗に丁寧にまとめるカタログを作りたいですね。大きなカタログ会場を出ながら、神子田朝市コーナーでリンゴを買って薪ストーブコーナーでワイワイお喋りして楽しみながら戻りました。
 
 
   
  古材と大黒柱
 
  2009/8/30
   数日前の写真ですが、捩じれた古材をネジレなりに墨を付けて刻み、差しこむ相手の栗通し柱に組んで確かめているところです。古材の捩じれ具合がよく分かる写真ですが、これに要する時間は測り知れませんから、全ての材がネジレていると困ります。大切な1本だからこそ出来るわけですが、ここまで来ると直に建てないとなりません。例えば、1か月以上もこのままにしておくと、更なるネジレが生じて再度加工しなければならなくなります。よって、明日からの現地乗り込みが待ち遠しくて、楽しみとなりました。
 良い世の中、良い政党を考える時に、自然を考えない文明は滅びてきた事実を思い起こします。政治も地域の山や環境を考える必要がありそうです。世界に誇る森林との共存を成し遂げて長期に持続する文明を成したのは、政治が山を守ってきた過去の実績があります。例えば藩のお留山制度で「木を勝手に伐ってはならぬ!」的な内容ですが、それはそれで強制されると不満も出ます。では、その強い規制が無くなりある意味自由が与えられた幸せな今、その木や山を大切にしているのでしょうか?多くの人は、駄目にしていないし大切にもしておらず、山に向ける意識そのものが無い!これが本当のところではないでしょうか?私も、人の事は言えません。ただ、毎日無垢材と接している時間がある事は幸せで、満ち足りています。そんな気がします。
 
 
   
  赤松
 
  2009/8/29
   昨日の、赤松古材の横に新たなる赤松が運び込まれました。5mの曲り材が10本で、次回の北上の現場用の材料です。古材と比べていただければ、昨日書いた日記の説明の通りです。木目が詰んでいる材はかなり重く、年輪幅が広い材の軽さとの違いもこうして分かります。古材は更に目詰まりがよく重い材が殆どなので、当時の山の状態が良かったと理解できます。現代は、量産するあまりに、年輪幅の広い材が多くて正直良くない材が多くなっているように感じます。また、今回の材は外に積み置いたにも関わらずカビていないので、鉋を掛けると綺麗になるだうろと思います。逆に、四角く製材されて大事に乾燥された材の方が変性菌の為に青くなってしまっています。さても、本当に進化して技術が進歩しているのだろうか?と、何時もながらに感じてしまいます。とは言え、今期もまた大工さんの腕の発揮しどころが多いですから、楽しみです。毎日作業場での打合せが必要になる日々です。1本1本「どう使う?」この会話は本当に気分がいいですね。使えないものは何一つなく、薪だとしても暖を得ますから世の中で一番有難い自然からの贈り物ですよね。
 
 
   
  古材
 
  2009/8/28
   来週から、永井の現場で建て方が始まります。この時期になると必ず登場しているのが大黒柱などですが、今回はお客様から提供された古材の表情です。ナグリで整えた昔の職人の腕の冴えが分かります。塗装もなにもしていません。ただひたすら人の手で汚れを落とし拭いて磨き込んだだけで、この通り黒光していました。赤松の梁は、年月の経過とともにこうして艶が出てきます。でも、新築で建てたばかりの時は白く輝いています。初めから黒い赤松はありませんし、屋根の裏に荒木で架け込んだものはこんなに輝きません。やはり、鉋が掛けられて人が住む空間で人と同じ環境にある梁材が輝くのだと思います。来週の建て方が楽しみですね。
 
 
   
  薪割り
 
  2009/8/27
   二日続けて久し振りの薪割りが出来ました。手頃の薪ばかりだと楽なのですが、時には直径40p級のものもあり、十数回叩く事やっとバキッ!と行くものの、パカッとは行きません。これ一個で大汗をかく事ができて感謝ですが、3kgのマサカリは大活躍ですね。この所、作業場での打合せが続くと思うので、毎日汗を流す事が出来そうです(笑)。一番の楽しみですから〜
 ところで、事務所の薪ストーブでお湯を大量に沸かす事が出来ないか?事務所前に雨水タンクを設置出来ないか?など、思うばかりでしたが、早く取り組みたいです。
 
 
   
  栗大黒柱
 
  2009/8/26
   永井の建て方が来週から予定されています。作業場では、刻み作業の最後の追い込みが進んで熱気にあふれていました。写真は、栗6.5寸角の通し柱に鉋をかけているところです。この作業の前まで古材を差し込んで噛み合わせを確かめていました。
 私は、事務所に籠ったストレス発散の為に、作業場で汗を流しました。打合せを兼ねてですが薪割りは最高です。この前、婿に鉞を壊されたので3kgの重い鉞を購入して試してみました。非常に割り易くて良いです。「皆で遊んでいいよ〜毎日10本ぐらい全員でやっても50本は行けるね〜」と笑っても、誰も騙されて「よし!やろう!」と言う人はいませんでした(笑)。こうして、既に来年の薪までも手を付けています。ところで、来年は薪原木の販売が難しくなりました。置場がありません・・どうしよう〜山が欲しいな〜(笑)。
 
 
   
  梅干し
 
  2009/8/25
   本来なら梅雨の合間に干す梅干しですが、立秋も過ぎ処暑に至る今、やっと晴れ間が長く続きそうでカメから出す事ができました。と言う私は、こうして写真を撮るか食べる方が専門です(笑)。
 日本人らしい季節感を忘れたくなくて時折暦を見ては、春分だとか秋分だとか言葉のみ書いていますが、実際に体感する気配は大凡ずれているのが昨今の時の流れの様に感じます。これは、地球環境だけでなく人心の有様も同じく変化していて、「環境=人の心」だという事が書いてある本を読んだ事があります。自然の本来の姿と釣り合わないから自然とズレてくる?的な内容でしたが、意味の深さが当時はよく分かりませんでした。でも、最近本当にそうなのかもしれないと思える事が多々あります。人の事はさておいて、まず自分自身を冷静に見ても傲慢で我が強く自分の意見が通らないと面白くなく・・アアなんと、とても酷い人に見えてきます(笑)。そこで、こうしてアクをぬき干されてシワくちゃになってみたい!そして食べると酸っぱい!それでも梅干しの様に栄養満点食べると元気になる。そんな人間になれるかな〜?

※梅雨の合間ではなく梅雨明けの土用干でした。
 
 
   
  夏休みと工作
 
  2009/8/24
   岩手大学の高木浩一先生の事が、数週間前の日報に掲載されていたようです。届いたメールにも気が付かないほど書類造りに明け暮れたニ週間が昨日やっと終わりました。花巻も・・・残念でした。
 さて、我が家の末っ子長男坊も夏休みの自由研究は、高木先生に教わったソーラーカー作りでした。小さなパネルで結構走りますから大人でも面白そうですが、私は仕事で残念ながら付いて行けませんでした。地下室ばかりで仕事をしていると、太陽エネルギーが欲しくなります(笑)。話を戻して、岩手大学工学部電気電子工学科の高木先生の研究は非常に面白いですよ。
 
 
   
  破風
 
  2009/8/23
   すみません、朝方仕事に集中していて日記の更新を忘れていました。で、もう直野球が始まりますので、慌てて更新しています(笑)。でも、実はこれから打合せがあるので開始からの応援は無理かもしれません。頑張れ花東!ガッツ!
 
 
   
  地鎮祭
 
  2009/8/22
   昨日は、北上で地鎮祭を行いました。今回も杢創舎による「清め」でしたが、生憎の悪天候です。しかし、祝詞を奏上し終えたころから何と雨が一時上がったのです。祝詞の意味を深く確かめながら、人は自然の中で生かされているからこうした小さな奇跡に感動できるのかもしれないと感じました。
 しかし、更に大きな感動がお昼に事務所に戻るとやってきました。花巻東の勝利!凄い!手に汗握りながらテレビから離れる事ができませんでした。子供のように応援しています。
 
 
   
  持ち込み材
 
  2009/8/21
   最近、お客様が特殊な材料(木材)を持ち込むケースが増えています。今回は、栗の丸太など曲り材がたくさん届きました。エンジュも1本あります。全ての木材を持ち込まない限り費用面では下がること無く、逆に挽き賃や保管管理搬送費で高くなりますが、思い入れのある素敵な住い造りがこの段階から既に始まるのです。愛着が増すという言葉をよく聞きますが、こうして自ら体を使い運んだ思い出は更なる愛着が増すものと思います。しかも、ご家族皆さんで小さなお子さんも一緒となれば尚更ですね。木も技も持続・循環・継承させる岩手の住まいの源です。
 
 
   
  築11年
 
  2009/8/20
   中古住宅を購入する方から内装の改修工事を依頼されています。○サ○ホームで築11年しかたっていませんが、建物の四隅の室内がカビだらけでした。ビニールクロスの上からチャフウォールを塗る方法もこれでは出来ないほどにビニールクロスがバリバリと折れる有様です。「新築時は3000万ですから安い買い物ですよ。」とニコニコする不動産屋のお兄さんの信じられない発言を聞くと建物は多分2000万超と思われます。しかも、私が不動産屋さんの敷地境界の曖昧な説明に対し「建て替え時などに境界が不明では困る」的な発言をすると「ここは調整区域ですから建て替え出来ません!」とニコニコしながら平然と言うではないですか!契約した後で時既に遅し・・・そんなバカな話は無いと、翌日市役所に相談したら建て替え可能と分かり、まずは一安心ですがあまりにひどい話です。実は、私自身中古住宅を購入して建て替えた経験がありますが、恥ずかしながら購入時の敷地測量図通りと思っていたら、なんと1坪面積が小さいかったのです。購入当時確りと測量すれば良かったのですが、建物が建っていると測りにくいのと、相手を信じてしまうのです。その信じた不動産屋に電話でこの事を話しても、よくある話として取り合わないのでした。売る事しか考えていない不動産屋にしか会った事がありませんが、いつか住む人の為に誠心誠意努力する不動産屋さんに会いたいものです。
 しかし、僅か10年程度前でも未だに結露してカビが生じる住まいを建てる大手住宅メーカーの存在も驚きです。四隅の結露は断熱欠損と思われますから、壁を室内にフカシして断熱対策を計画提案したいと思いますが、改修コーナーで工事の内容を後日ご紹介させていただきます。
 
 
   
  鉄筋加工
 
  2009/8/19
   弊社で家を建てていただいたお客様にはお馴染みの風山大工が、鉄筋の加工をしていました。川の流れはアスファルトの照り返しで、鉄の塊の魚が危険なスピードで往来しています。エサは鉄筋ですから間違いなく釣れる筈がありませんが、笑えるなごやかさが道行く人に伝われば?いいですね(笑)。
 こうして、基礎工事も自社で行います。鉄筋加工機を購入して造り始めて数年がたちますが、当初は私が加工していましたが今では皆が出来るように浸透し始めています。思い起こせば、創業時は機械がなくて曲げ機を使い人の手で加工していたんですが、あの時の体力を思い出しながら今現在のお腹と比べて苦笑いしています。
 
 
   
  モヒカン刈り
 
  2009/8/18
   夏らしい暑さが続いています。地下室にいると、それが全く分からないのですが、外に出るとジリジリと音まで聞こえてくるような気がします。そして、長雨の後だけに何故か嬉しくなります。こうして、普段仕事で通る道すがら見かける風景に足を止めて撮影してしまいます。
 
 
   
  時の揺り籠
 
  2009/8/17
   分かりにくい写真ですが、岩泉町の雲岩寺にあるキャラ木の幹です。枝が覆いかぶさるこの中で、子供のころよく遊んでいました。物凄く懐かしくて、まるで時の揺り籠のように感じています。お墓もあまり怖くなく、どちらかと言えば家の離れにあるトイレに行く方が怖かった記憶があります。今でもここで遊ぶ子供たちはいるんだろうか?と思いながら、この街を出て盛岡で暮らす身ですから、何も言えませんね。
 さて、みたけから1週間の感想が届きました。一部をご紹介させていただきます。(そのままでなく、箇条書きに修正しました。)

■太陽熱は68度まで上がり、とんど灯油ボイラーは稼動していない。(食洗機や混合詮でお湯になりにくい部分で使用。)
■室温は、朝外気温22度の時リビングの室温は26度。
 窓を開け換気をし10時ごろ外気温26度、内気温27度。
 窓を締め切り、その後外気温30度、室内気温28度。
 そのまま夕方外気温のほうが低くなり窓を開け空気を入れ替。
■事務所に至ってはリビングより1〜2度低い温度。
■1階床下冷気を2Fに持っていく事で、自然な冷気で快適な空間を作れるような気がする。
■体で感じたことは湿度が窓を締め切ってからカラッとする。同じ28度でも室内のほうが心地よく過ごせる。
■荷物運びをしたり動いたりすると、暑いので汗が出るが、扇風機にあたるだけで空気が調湿されているせいか、涼しく感る。
■空気が流れる様に窓を開ける箇所をパターン化する事。
■流れが無い時は扇風機を使って空気を流すようにしていいるが、扇風機なしでの流れも少しづつ分かってきたように思う。
■温度計を日の当たらないベランダと、リビング北側、2Fホールベランダ出口、納戸東側の4箇所に設置。今後はもう少し温度計を設置し温度分布を調べて行きたい。

などエアコンを使わない室内環境への感想でした。こうして感想や情報をいただくと嬉しいです。ありがとうございます。
 
 
   
  エネルギー2
 
  2009/8/16
   海の潮力を利用した発電や、人や車が歩き走行する振動でも発電が出来るらしいですね。そうした中で、太陽熱を利用する古くからある既存のエネルギー利用が見直されていると、ある本に書いてありました。考えてみると、風も満ち引きも雨も光合成さえ全てが太陽や月などの宇宙からの影響を源にしているんだな〜と、あまりにも普通過ぎて普段忘れているところに真実がある事に気が付くのでした。
 実はこの写真は、日帰りでのお墓参りの際に、母の実家がある田ノ畑村島ノ越の海岸で撮影した海です。朝から晩まで働いてもなんともない丈夫な体に生んでくれた母親に、初めて心から気が付いた日でした。でも、口で直接言える筈がなく、それどころか何故か悪態を付く自分を戒めたくて、こうして書くだけしかできません。人は、心の中で良いエネルギーも悪いエネルギーも作れますから、この無限にわき上がるエネルギーを良い方向に明るく強く立ち上げて行きたいものです。

※先日完成した「みたけ」では、電気に詳しいお客様なのでLEDでまとめた照明器具のお陰だと思いますが、電気メーターの回転が通常のご家庭より非常に緩やかだとの報告をいただきました。お湯も、太陽の熱で出来ています。そして、家電や照明と人の熱で家の温度が8時間で変化を感じるほどに上がります。冬場は本当に無暖房的な住まいが実現でき始めていますが、夏場の空気の逃がし方は一工夫必要でした。扇風機で風を送るだけでも解消できるらしいのですが、もう少し自然の風で対応すると考えると、越屋根が有効です。ロフトの通風も効果があると思いますが、通常はロフトが暑くなります。しかし、屋根断熱600o状態なのでかなり改善されていますから、今後の住まいではやはりロフトが効果的と思われます。既存の住まいでは、可能であればロフト上の屋根に更に越屋根を追加で付ける方法は有効かもしれません。我が家でもロフトがありやはり一時は暑いので、まずは自宅で試してみたいと思います(直には無理ですが・・・)。
 
 
   
  エネルギー
 
  2009/8/15
   やっと晴れ間が続きそうですね。こうして空を見上げると、あるのは雲と太陽に青空です。至ってシンプルながら、刻々と表情を変える雲流は大気の息遣いすら感じさせます。ここに現に存在するエネルギーを手に出来たならどんなに良い事でしょう!
 昨日は、結局読書三昧で現存する各種のエネルギーに関する本も手にしてみました。核融合やら水素に電気自動車の事、いずれ枯渇する埋蔵物の年数比べなどなど、読んでも読んでも「オーッ」と引き込まれる内容が少ないのが正直なところですが、人間の存在はエネルギーとの関わりを断ち切る事は出来ません。だからこそ、研究が進み進化しながら成長するものとすれば、まずは妄想からスタートです。地上から50p程度浮かんで飛べる車があればタイヤが要らなくなります。多分大地の磁気を利用する仕組みで、推進には空気を扱う技か反重力反発推進機なるものでもあれば最適です。問題は車体のコントロール方法ですが、ラインの整備が必要ですから、新たな働く場の提供にも繋がります。実は、子供の頃に授業中居眠りしながら良く見た夢です。これが、結構楽しくて先生の授業ではなく寝る事の方に興味があった変な言い訳です(笑)。そして、その時の車を造る工場がまずは自分の家の裏で、次第に狭くなると本家の山の中へ拡大して、次第に岩泉町全部が工場や研究所に発展し、車同士の事故を防ぐために高度規制を設けるなど・・・僅か50分の授業中では妄想時間が足りないので、一度保存してまた眠くなると続きを頭の中で考え始めます。そうなると、近未来的な都市とそこを飛ぶ車の何艘もの飛行経路が小学生(中学だったかな〜?)の頭の中で映像として造りあげられていくのです。その時のエネルギーには、原子力も石油もガスも無く太陽と風と水しかないのです。理由は簡単で、それしか知らなかっただけでした。しかも、エネルギーという概念もなく勝手に動くのだから非常に都合がいい訳です。しかも、大都市の中では緑が溢れ小鳥がさえずり、町中を川が流れて魚取りしたりとにかく楽しく遊べるのだから格別です。こんな妄想をしながら授業中に寝ている変な子供時代を過ごしたので、今もどこかズレているかもしれませんが、何故か雲を見てエネルギーの事を考えると、当時のあの妄想を思い出すのでした。変な話題で失礼しました。
 
 
   
  お墓参り
 
  2009/8/14
   昨日は、朝一と市の変換違いに気づかないままお墓参りの為に岩泉町へ向かったので、今朝ほど「アッ!なんで」と言うぐらい変換違いに、気が付いていませんでした。しかし、翌日の今こうして直しているという事は、日帰りで戻りました。昨夜から働くつもりが飲んで寝て、今朝もほとんど仕事が手に付きません・・休む時は休む!それも大切と開き直り、あきらめて読書をしています。どうもこのところ、無農薬の奇跡のりんご農家である木村秋則さんの頑張りに引き込まれています。建築業界も自然を学び生かす勉強が必要なのだと感じます。と言っても、それならばツリーハウスとか竪穴式住居というのではなく、開拓された町の中に自然を造り込むなど共存して生活できる場を考えるという方向です。化学物質過敏症というとてつもない環境を造り出した建物(?多面的だとは思うが?)が存在する昨今ですが、無菌室のような部屋ををつくる対策が良いのか、窓を開け放しそこからは澄んだ空気が循環してくるような自然環境を造る方が良いのか、皆さんはどう思いますか?悩んだとき、手を合わせて祈る事もあれば、この写真様に大人の真似をして形を真似る祈りなど、人によりさまざまですが、見えないものが現実に存在してしかもすぐ近くに在るとしたなら・・答えになるようでならない、そんな分からないものを何とかしようと思うとき、自然の中に答えを見いだそうとする方向性だけは得ました。ただ、抽象的過ぎて・・具体化できるかが・・・悩みの循環です。
 そして、我々とは比べものにならない苦しみの中にある方々が実際にいるのです。
 
 
   
  朝一(市)
 
  2009/8/13
   お盆恒例の「みこだ」の朝市です。今朝は生憎の雨なので、笠を差した人の流れが購買意欲をどうしても盛下げてしまうのですが、「買ってって〜」「安い安いよ」「旦那さん、これほら〜」と声を掛けられるとついつい立ち止まるのですが、小さな椅子に腰かけてニコッとしているお婆さんの笑顔に惹かれます(お婆さんの写真は撮れませんでした)。商売はやはり笑顔が一番!お盆の朝の空気を一杯吸い込んできました。しかし、よく降りますね・・・皆既日食のあった年だから何かあると思ってはいましたが、我々は皆で地球という船に乗っている事だけは確かです。そして、そのレベルで考えると平等です。同じ雨の中にいて、晴れればそれもまた同じ爽やかな空気を感じるでしょう!昨日の花巻東の素晴らしい逆転勝利も同様に県民が等しく感じる喜びです。思わず感動しました。

※文字変換を間違っていました・・朝一 → 朝市 ですよね〜
 
 
   
  栗テーブル
 
  2009/8/12
   先日完成した、みたけのダイニングテーブルです。栗の一枚板ですが、ベンチは現場端材で造りました。この栗の板いや栗の木は、岩手を代表する広葉樹だと私は思います。食してもよく、木登りで遊ぶにも良く、住いに使えば家を長く支える土台に最適で強く腐らず、大黒柱としても存在感に溢れ、板にすると杢目が綺麗で見飽きる事もなく、床だと傷が付きにくく極端に冷たくも無いしと、欠点が見当たりません。しかし、南部栗と言われながらどんどん少なくなってきているように聞いています。大切しようと思っても、どうしたらよいか分かりません。自分の山がもしあれば、栗を植え欅も植え杉や赤松も楢も・・・支離滅裂ですが、妄想して楽しむ一番費用のかからない道楽です(笑)。
 
 
   
  太陽熱温度
 
  2009/8/11
   10日、太陽熱温水の温度は50度でした。自然の太陽の熱で350リッターのお湯が出来ています。昨日(11日)の様な天候だと温度は上がりませんから、使用した分もあり43度に下がりはしましたが、初めてのお風呂の湯張りには十分です。お湯が足りなくなると、灯油補助ボイラーが稼働して必要なお湯だけ造る事になります。と言う事は、この場でCO2発生を生じさせるには違いないのですが、発電してから家庭に届くまでに半分以上を失う電気オンリーよりは大きく削減しています。また、その補助ボイラーも10万位のボイラーを選び、出来るだけ設備投資を抑える様にしました。理由は、今後太陽熱対応で機能の優れた機器が開発され始めているからです。ガスボイラーの方が灯油より枯渇やCO2から見ると良いのですが、この地域のガス料金単価が安くはないので躊躇しました。でも、最近の高効率のものは燃費がいいので検討したいところですが、実際のランニングコストデータがあまり出てこないので慎重になります。など、色々と悩みは尽きませんが太陽のお湯を造る温度を見ていると何故か嬉しくなります。太陽熱パネルを取付けた人は皆そうですが、この温度が上がると楽しいので毎日気を付けて見るようになります。別に電化や電気を否定してるのではなく、節電をしながら電気と上手に付き合う方法を考えている次第です。ただ、ランニングコストのみ見ると割引や深夜の安い電気料金体系の電化住宅がやはり懐には優しい気もします。そこで、今回はこちらのお住まいの照明器具は殆どLEDなので、太陽と合わせてどの位のランニングコストになるか興味津々です。皆さんもこの後聞いてみたいと思いませんか?
 
 ※本日から16日までお盆休みとさせていただきます。
 
 
   
  御礼
 
  2009/8/10
   昨日は、多くの皆様にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。心より、感謝御礼申し上げます。次回は、永井の古材を再利用した構造見学会を、9月に予定させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。(完成見学会は、11月の予定です。)

 
 
   
  見学会
 
  2009/8/9
   今日は、完成見学会です。みたけの入り口にて、皆様のご来場を心待ちにしておりますので、よろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  照明器具
 
  2009/8/8
   みたけは無事完成しましたが、最後にお客様が自作の照明器具を取り付けてくれました。壁も床も塗りそして照明器具・・・もちろん全てを行ったわけではないのですが、努力の大半が我々より勝ります。事務所併用住宅なので、けして広くない住まいではあっても、家族のきずなの広がりは計りしれません。住いは買うのではなく造るという言葉が定着し、次に暮らしという言葉があり、環境やCO2削減も指標とされ、快適でなくてはならず自然でありたくて、求められる住いは夢の一軒家からデザイナーに至るまで多様です。だからこそ、人それぞれ考えも価値観も違います。違わないのは「家族」という言葉ではないでしょうか?独居住宅もありますが、その思いの陰には家族が必ずあるように思います。ご家族皆さんで作った照明器具は素敵ですね。
 ところで、昨日突然の来客がありそのままその方の住まいに案内されました。築15年、あきらかに感じるは化学物質のチリチリする感触でした。自分が建てた住まいではなくても、なにやら建築業界の責任を感じてなりませんでした。とは言え、どこまで出来るか分かりませんが全力で取り組もうと決意しています。こうした住まいも確かにあるのです。求めた価値ではなく、住んで初めて体験した求めざるものです。大きな課題を突き付けられた気持ちと、難題に立ち向かおうとする心の葛藤の中にいます。
 
 
   
  南畑
 
  2009/8/7
   先日の日曜日に見学した南畑ですが、岩井澤工務所さん建築の古民家玄関先の写真です。昨日の弊社新築の板戸を掲載した時に、この写真を思い出してUPしてみました。皆さん良い仕事していますね。私も頑張らねば!と思うのでした。
 
 
 
   
  板戸
 
  2009/8/6
   みたけの現場の板戸を吊込みました。倉をイメージした事務所入り口となります。取り付けに手間取り、少し遅くなってしまいましたが、皆が手伝いに集まり仕上げる姿(写真)を見ると、現場のチームワークは素晴らしいですね。利益優先で職人を手放し、請負制にする事で会社が成り立つ仕組みを考え始めた30年前のハウスメーカー等の手法が既に定着していますが、弊社はその逆なので確かにある悩みは絶えません。でも、家を造る意識の共有や、毎日の仕事で伝統を継ぐ現場の雰囲気は、請負制での現場では絶対にあり得ない人と人との繋がりを感じます。弊社だけでなく、そうした不器用な組織を繋いでいる工務店は、この地域にも少ないながらも存在します。寄り添い集まる事も全くありませんが、何故か仲間意識を感じる事があります。世の中に大切な事はたくさんありますから、一つに限定出来ないとしても、悩みながらもこれでいいのだと思える瞬間が幸せです。写真とは別ですが、昨日そうした事を感じる有難いメールをいただきました。件名は、「御礼」でした。数日前にも別な方から同様の件名でメールをいただいてもいたので、不思議な縁を感じます。私も、多くの方々に御礼をしなければならない立場ですが、今この時は、ここで働く職人一人一人に御礼をしたい気持ちです。
 
 
   
  長期優良住宅
 
  2009/8/5
   写真は、表題とは違い、みたけの新築工事の最終追い込み風景です。本当に終わるの?と、この時期よく聞かれます。工事そのものは、掃除を残して殆ど完成していますが、現在追加の食器棚などの造り込みとなります。それと、写真では分かりにくいかもしれませんが、照明器具は殆どLEDでまとまりました。省エネ住宅の電気使用量を、完成後聞くのが非常に楽しみです。それと、夏の暑さをエアコン無しで何とかしのげば、あとは非常に快適に過ごせます。と言うのも、外よりは絶対に温度の低い室内ですが、外が30度を超す時に無冷房で冷房と同じ寒さ?にはなりません(特に2階)。涼しい=冷房で比べるのでなく、冷房が無くても普通に暮らせる事が快適です。それでも、1階は2階に増して涼しくなりますが、茅葺の古民家をイメージしていただければ納得できるので、夏に即した住まいは過去に完成されています。
 さて、表題の長期優良住宅ですが、エントリー後初の交付申請が終わりました。いよいよ着手出来ます。現在、全国で128棟の交付申請が済んでいるようですが、見学会情報がHP上に載ります。岩手の手初めは遠野方面のようですが、次は当社かもしれませんので、頑張ろう!でも、今までと全く違う家かと言えばそんなこと無くて、細部がレベルアップしてはいるものの殆ど同じ造りですから、既に長期優良住宅同程度の住まいを造ってきています。履歴のID化が一番の課題ですね。

http://www.cyj-shien.jp/search.php
 
 
   
  家族で塗り壁
 
  2009/8/4
   先日来ご家族で壁塗り(塗装方式)工事をしていますが、≒145m2の面積をほぼ3日間で仕上げれそうです。と言っても、土曜日は夜遅くまで頑張ったそうです。家族皆で手助けしながら頑張りました。私達も、他に仕事があるので手伝いませんが、左官壁よりは非常にスピーディーに進むので、精神的達成感をすぐに感じられて良いと思います。また、もしも左官ゴテで厚塗りしたいのであれば、それも出来るそうです。
 そして、現在のクロスやルナファーザーなどにも塗る事が出来るそうなので、リフォームなどに如何でしょうか?ベンガラなどを混ぜて色を自身で作る事も出来ると思います。ローラーだけでなく、金ゴテでしごいてピカピカに光る壁にも挑戦出来たら面白いですね。厚塗りした面を縄を転がして縄文仕上げなど、小さな面積であれば試してみるのも楽しいかもしれません。新築では出来にくい事をして遊ぶのも良いと思います。ご要望あれば、材料のみの販売もします。クロス上だと1袋で約80m2塗れるとか?ですが、割り引いて計算した方が良いと思います。そうすると、材料費はm2単価500円以下になる筈です。加えて、養生材などは必要となりますので、もしもご興味ある方はお問い合わせください。100%自然素材です。

※改修工事のページで太陽光発電パネル設置風景も掲載しました。でも、発電がまだで、8月末予定です・・・待ち遠しいな〜
 
 
   
  フォーラム
 
  2009/8/3
   昨日は、本当は図面を書く予定で参加を休むつもりでいた、イーハトーブの森と家づくりフォーラムのイベントに急遽参加する事になりました。予定の見学コースが組めなくなったアクシデントの為ですが、偶然南畑でフォーラム会員建築の建物が3棟もあるので、外から見学しようという事になりました。
 まずは、当初予定の住工房森の音さんの大きな上棟現場を見て、次に南畑に向かいました。岩井澤工務所さん、県森連の木と暮らしの相談所さん、最後に杢創舎の順番でしたが、気が付くとこの写真です。イベントに参加いただいた方に、お客様が付き添ってくれました。本当にありがとうございます。突然ですみませんでした。しかし、僅か1年でもう景色に馴染んでいますね。木の板の家はそうした良さがありますが、釘が抜けてきたり板が反ったり雨で染みにもなります。逆にその分手を掛ける機会が増えるので、住まいが住む方の生活の一部と化し愛着も増すのではないでしょうか?もちろん弊社でもメンテに行きます。
 
 
   
  お手伝い
 
  2009/8/2
   昨日の続きですが、壁塗りはご家族皆さんで楽しんで・・いや・・頑張っています。掘り下げ式の机下にもぐっての作業など、幾ら外よりは温度が低い室内でも夏ですから汗が出ます。こーした、思い出は必ず残ります。最初は、ほんの少しだけ手伝ったよ〜が、少し手伝ったよとなり、年月が何年も過ぎてくると自分で塗ったのさ〜から次第に、自分で建てた!いや、皆で建てた!になるものです。♪それでいいのだ〜それでいいのだ〜♪と、微笑ましく優しい気持ちになって現場を後にしました。
 ところで、チャフウォールは自然素材なので変な刺激臭が無くて、塗っていても嫌な気分にならず、本当に良いですね。m2単価約700円の材料費ですから、手間次第ではクロスと同額で出来ます。とは言え、パテ処理も必要だし養生もあるし、全部自分でするには時間と高所作業の怖さがあるので、やはり職人にお願いする部分があると考えると、クロスと左官壁の丁度中間ぐらいの費用が目安です。

※年間15万トンも廃棄されるホタテの貝殻が実は驚くべき機能性を有していたのだそうです。100%天然素材なので、人体に有害な物質は一切含まれていません。塩ビ壁紙の上にチャフウォールを塗ったものを焼却処分すると90%以上の脱塩素が起こるとも書いてあります。既に壁に貼ってある塩ビ壁紙の上にチャフウォールを塗布するということは、その壁紙を処分する際のダイオキシン発生を事前に防ぐ事になるのだそうです。





 
 
   
  壁塗り
 
  2009/8/1
   今日から葉月ですね。現在新築中の二重壁の家では、建て主さん自らホタテの貝殻ペーストを塗って、仕上げに挑戦しています。チャフウォールという自然素材の塗り壁材ですが、コテで厚塗りも出来るしこの様にローラーで薄塗りも出来ます。一番、木部などを間違って塗り込まないように養生する手間が大変ですが、結構早く塗れるので楽しくできます。初期の、有害物質吸着力は高いと聞いています。しかも、左官壁よりは安価ですから嬉しいですね。あと1週間で完成です。8月9日は、完成見学会を予定していますので、よろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  マリンランプ
 
  2009/7/31
   地域材フェアに、ご家族でご参加いただいたお客様から、マリンランプに雨水が溜まるとご相談いただいて、点検にお伺いしました。どうやら受け木の隙間からの浸水らしく一回り大きめの板を取り付けて直しました。久し振りの夏の青空が気持ちいですね。この屋根の下には、ガッチャンポンプがあります。夏ですね〜。
 こちらのお嬢さんと私は、誕生日が同じなのです。「もう小学生だよ!」と言われて、時の速さを感じてしまいました。何せ、可愛いお嬢さんの≒7倍ですからね〜年が・・・
 
 
   
  大正十二年
 
  2009/7/30
   ケヤキの板だと思うのですが、大正十二年と掘り込んであります。こうした杢目に魅かれてつい写真を撮る私は、やはり木が好きなのだと自分でも思います。そして、私達の身の回りには、本当にたくさんの様々な樹木が育っています。子供の頃、線路伝いに家に戻りながら木の枝で、草木を叩いたときに「痛い!痛い!」と聞こえた気がして、思わず叩く手を止めた事があります。今でも、あれはなんだったんだろう?と不思議で時々思い出します。もしも、全ての無垢なる自然のものにも何か意志のようなものがあるとしたら?今、私が手がけている家をどう思うのか聞いて見たいような?怖いような?敬虔な気持ちになってしまいました。
 ところで、あの頃は平気で線路を歩いていたんですね〜(笑)橋で電車が来るとしゃがんで隠れたりしたんですが、信じられますか?本当の事です。子供には、さすがに教えられませんが、親も知らないと思います。内緒話でした(笑)。
 
 
   
  川留神社
 
  2009/7/29
   昨日は、川留神社の例祭に参拝させていただいて、久し振りに休みを取りました。その時に、写した神殿の床です。赤松の450〜500o幅の一枚板が1.5間の長さで敷き込まれて、今ではこんなに光り輝いています。本当は、真正面から撮影したかったのですが、お札をいただく参列の順番待ちで、サッと撮影した一枚だけの写真でした。社のすぐ横では、大きな工事が進んでいて、京都の今と古が混在する風景と重なります。ここ、川留神社の由来も中津川の上流から木材を流してきて、留めた場所との事と記憶しています。今も昔も、時の流れの中にいるわけなのですが、時として手にした素晴らしい木材や普通のもの、落ち材など出会いの自然からの恵みに、心から感謝の参拝をさせていただいてきました。そして、この輝く床に魅せられた次第です。毎日に、小さな感動があるものですね。
 
 
 
   
  太陽光発電
 
  2009/7/28
   表題通りの写真です。施工途中から、あいにくの雨となってしまいましたが、太陽光発電パネルの設置工事を開始しました。今回は、パネルを購入して取付工事は弊社の手配でした。補助の申請は、お客様ご自身で行いました。そうなんです・・・ご自身でも出来るのです。ただ、取り付けには施工者が認定店でないと、保証書が出ないので注意が必要ですね。それにしても、今後の発電量が非常に楽しみです。こうして、ご依頼いただいたから体験できる事ですから、お客様に大感謝です。
 さて、このパネルを造るメーカーも数社ありますが、実際にどこのメーカーがいいのか?カタログだけではどこも一番優れているように書いています。必ず順番は付くと思いますが、家庭用程度であれば実際は大きな差が無く、気にした方がいいのは取り付け角度や方向などの効率を高める点と思われます。そして、黄砂などで汚れて発電効率が落ちる傾向もあるので、時としての点検清掃が効果的です。住いを建てていただいたお客様からのご依頼なので、無論長期点検などしながら見て行きたいと思います。と言う事で、アフター体制強化を現在推進しています。今まで言葉が先で、なかなか実践に繋がらずに呼ばれれば行くというところがありましたが、今後は田村が担当者として活躍していく事になります。太陽の様に輝く人ですから・・アッ頭が・・(笑)すみません冗談です。さァ〜頑張ろう!
 
 
   
  ネジレ材
 
  2009/7/27
   19日の日記の続き的な写真ですが、捩じれた古材への墨です。普通の黒い墨がはじかれて付ける事が出来ないので、赤い墨を付けています。杢創舎は、創立より丸8年が過ぎて9年目ですが、雨樋交換など小さな工事からスタートした当時に比べ、新築工事の依頼もいただけるようになりながら、このところリフォームのお話もいただけるようになり、心より有難く感じています。そして、こうした古材も使える機会が増えている事にも勇気付けられます。社会にも会社にも変化は当然ありますから、一辺倒ではありません。
 実は先日、とある講演会場で○ホームや節の板天井の家を張る家とは違う!木だらけのログハウスような家では無い!的な話を講師の方がされているのを聞いて、少なからず反応してしまいました(無論、内心ですが)。ある一面だけを見て、○○の方が良い的な話はないだろう?と正直感じました。例えば、自然農法だから草取りせず隣で嫌がる人に迷惑を掛けても平気ではいけない、理解を求める工夫をする必要があるとの木村秋則さんの言葉のと何故か重なるように感じてしまうのです。正論も、排他的な言葉が伴うと本来の言いたい言葉が薄れて損だとも感じます。無論、弊社も2階に節のある杉の板を良く使います。理由は、山には無節材だけでなく節材が多いし、A級品を作成時にB級品が大量に生じてしまい、製材所で困っているからです。それを安く上手く使える手法に繋がります。そして、屋根に歩ける板を張る事は、工事の安全性が増します。屋根の構造材を表す事は、曲り材を素敵に使える魅力的な空間を表現できるし、木の割れや反りをあまり感じさせない効果と湿度調整効果も抜群です。無垢材や塗り壁に和紙や紙壁紙で構成された空間は、現在の湿度70〜80%の時に我が家では50〜60%で暮らしています。白い、クロスで囲まれた空間に無垢材をアクセント的に使う場合は、無節材でなるべく割れや反りの生じないようにしたくなったのではないでしょうか?そして、湿度調整も考えるとして、出来れば機械的なものが無くてもよい住まいを建てて貰えればいいな〜と思いました。その場で言えなくて、この写真の様に人の手が掛けられた素敵な材を見ながら、つい書いてしまいました。
 
 
   
  地域材2
 
  2009/7/26
   昨日の地域材フェアでは、大工の実演を依頼されて行いました。活躍したのは工藤大工です。慣れない場所で、金輪継を15分ぐらいで組み上げる手際の良さには見学した方々からも自然と拍手が出て嬉しかったですね。毎日仕事で行うから出来る技です。
 しかし、振興局も宣伝不足ですね・・・来場者の方から担当者が注意される一面もありました。かわいそうではありましたが、仕方ないですね。でも、小さな取り組みを継続する事に意義があります。これまでも、これからも。
 
 
   
  地域材
 
  2009/7/25
   今日から二日間、地域材フェアが開催されます。何処に行けば、地域の木材を買えるのか?という疑問をお持ちの方は、こうしたイベントに是非足を運んでいただければ幸いです。行くと、普通に地域の製材所さんが居ます。そうなんです・・・直傍で、産直みたいに普通に販売しているのです(笑)。そこでこの写真ですが、地域の赤松材と言えば本来こうした曲り材が殆どです。どの様に生かして使うか?これを考える事が人の出来ることだとすれば、皆さんはこれをどう使いますか?自然の樹木に守られなければ人は何も出来ませんが、その自然を守り育む事を人は出来ます。そして、素敵な室内空間を自由に造り上げる事も可能です。しかし、実際にそれを成し遂げるのは職人です。と言う事は、皆が繋がって連携し持続・循環・継承する事で歴史的時間軸が流れて行きます。その狭間に居て、こうして使い方を悩み考える事が出来る幸せを私は感じています。真っ直ぐに製材する前に、賃挽きイベントなるものをしてみてはどうかな〜と思うのでした。
 
 
   
  ヒートポンプ
 
  2009/7/24
   ピーエスさんのゲストルームや情報センターの見学をしてきました。実は3回目です。今回は、ヒートポンプの説明会でしたが、私の目的は内心違いました。このゲストルームで木製建具や、設計の雰囲気を調べ勉強したいと思っていたのです。どうにか、木製建具を作れないか・・?気持はここに集中しています(笑)。現地の建具はトリプルガラスの木製建具ですが、それでもコールドドラフトで寒いのだそうです。ここがポイントです。弊社の内部二重建具はこれを解決してくれます。とは言え、住いの中での冷気を感じる部分には違いなく、暖房手法としては床下から窓下へのへ暖気を送る手法が有利そうです。それを、ヒートポンプの温水パネルで行う手法もいいですが、問題は費用となります。断熱性能を最大限に上げて望めば、小さな暖房で弱点のみカバーすれば済みますので安価に設置できると思われます。そんな事を考えながら、井戸水をパネルに送水する冷房パネルの情報センターで少し汗をかきながら、湿度75%のゲストルームに驚きながら、杢創舎事務所に戻ると、無冷房で涼しいではないですか・・・しかも湿度は60%です。自宅も無冷房なので空気が抜ける気持ち良さ・・すみませんが、自然のままが気持ちいい!と感じた瞬間でした。でも、とても素敵な設計のピーエス情報センターです。大変勉強になりました。
 
 
   
  雨天にて残念
 
  2009/7/23
   昨日は、あいにくの天候で残念でしたが、テレビで何度も皆既日食を見れました(笑)。加えて、雨による自然の猛威のニュース・・・土砂災害・・・気持ちが痛みますね。
 長期住宅に関して、書類作成の悪戦苦闘が続いています。ところで、長期住宅で求められる維持管理の容易性ですが、長期住宅は容易で、普通の家はそうした事は考えられていない?という事があるのでしょうか?実は、あります。でも本当にそれでいいのでしょうか?長期住宅でも長期認定住宅でなくても、大切な事はするべきところに来ているのではないでしょうか?そんな事をふと、書いてみたくなりました。
 
 
   
  宇宙の出来事
 
  2009/7/22
   いよいよ、皆既日食が始まりますね。そうした中、昨日でしょうか?木星に地球と同じ大きさほどもあるなんらかの物体が衝突したとか?写真には確かに太い針を刺したような穴が写っています。そんなものが地球の傍を通過したの?と驚くとともに、地球の大きさはこんな穴程度?と木星の大きさにも驚いてしまいます。宇宙や太陽系なんて、日々の仕事の忙しさに考える事も目を向ける事も少ないのですが、こうした劇的な現象が生じているのですね。そして皆既日食もまた、月の引力を感じること無く、ただの陰りに世界が盛り上がる事だけで済むように願いながらも、神話の世界にも引き込まれます。岩戸隠れ=日食と言われて久しいのですが、政治の世界の混迷もすさまじいですね。政治家ではなく日本の姿と見て国民が一致団結するべきかな〜と思いながら、あまりに大きな宇宙の出来事に困惑するのでした(笑)。
 昨日は、「すまいる講座」の講師を無事すませました。ところで、最近よく聞く「地域工務店」ですが、大きな組織がそうした言葉を使いすぎる気がします。本来の地域工務店とは、こうしたセミナーなどに参加するこの地域のビルダーであり、自分の手で何かをしようと頑張る方々です。一番大切しなければならない人たちの様に感じました。私もその中の一人です。地域の工務店として頑張ろう!と心底思いました。
 
 
   
  今日は講演日
 
  2009/7/21
   今日は、アイーナの812号室で超長期住宅先導的モデル事業の説明講演です。いや〜既に緊張していますが頑張ります。
 写真は、先日のお蕎麦屋さんで・・・守ってね!
 
 
   
  捩じれ材
 
  2009/7/20
   永井の現場の墨付けが進んでいます。お客様からお預かりした古材の赤松が大きく捩じれています。通常は、再度製材して真っ直ぐに直すところですが、この黒光する面やチョウナでのナグリ仕上げが無くなってしまいます。そこで、こうして捩じれ具合に合わせた使い方を検討します。下端の芯を決めて上側を双方から睨み、墨を少しずつ移動しながら一番使い方の上手く行く点を見つけます。人の目と感が物を云う瞬間です。合わせて、赤松との会話がやはり重要と感じます。何故なら、私が作業場にたどり着いた瞬間「これは駄目だ、製材して貰おう!下端は上手く見えるから!」が開口一番で聞いた言葉です。確かに捩じれが大きいのは見た目で分かります。でも、私には赤松が「それは嫌だ!」と言う様に聞こえるのです(笑)。と言うか、私の我儘が始まりました。「いや、であればまず必要長さに一度切ってみよう。それから再度捩じれを検討しよう!多少曲ってもそのまま取付よう。」こうは言うものの私に直接何が出来る訳でも無く、あとは棟梁に任せるしかありません。そして、さすが手際よく指示が進み、皆で手伝いながら納まりが決まりました。大黒柱も6.5寸あるのですが、それよりも大きく捩じれて柱からはみ出る部分もありますが、それも味わいです。こうして、無理難題をきちんと構造的に考慮しながら刻みあげる方向に向かう職人の素晴らしさは、次世代に必ず繋いで行きたいと思います。方法は一つだけです。毎日この仕事を続けて行く事と、若い世代を受け入れて行く方法を練る事ですね。記録は無論膨大にあります・・・まとめるのは大変な作業で、一生かかるかも?
 
 
   
  古民家
 
  2009/7/19
   一戸と二戸の町境のお蕎麦屋さんです。こうしたお店に行くと、「オー凄いね」という事になるのですが、仕事柄目線は梁の掛け込みや柱の配置などに目が向きます。図面無く、棟梁の頭の中だけで住まいが出来た、との神話の様な話をよく聞きますが本当にそうだろうか?と思うのです。先人を尊敬するだけに、そうではないように思えるのです。本梁が均等に配置されているかと思うと、受け柱の間が違ったり二本並べて配置されてもいます。梁の上下もところにより違うのは受けの要素が違うからだと分かります。細い枝の様な曲り材が屋根に向かいながら細かく組みこまれて屋根の上部からは光が差し込むような、空気が抜けるような仕組みです。高さがあるので、夏の熱気も問題無かったのだと思われます。梁は下に来るほど太く、根曲り材も多用されて上に向かうほど細く細かく組むということは、まるで一本の大木の姿を感じるのです。今でも柱は、樹木の幹の方が使われますから、支える柱はその姿の化身とも言えます。支え固める土台も細かい根のように十字にガッチリと組まれているのです。多分、同じ山の同じ場所の同じ木で家を造っていたのではないでしょうか?しかも、上から降り注ぐ光までも大木の姿であり、木陰で見上げたあの瞬間に似ています・・・進化とはなにか?と思いたくもなります。でも、現実の今を否定もできませんから、こうした姿との融合を目指します。私もまだまだ勉強不足ですね・・・無農薬の木村さんの新しい本を読みながら、頑張る勇気を感じています。
 そうそう、大工さんが図面無く木組を造るヒントは、我が作業場にもたくさんありました。今、正に学んでいます。人から人に伝わるものです。大切な事ではないでしょうか?
 
 
   
  赤松の梁
 
  2009/7/18
   昨日の続きですが、製材所で赤松の曲り梁5m材を一本一本曲り具合を調べている写真です。この様に、曲りに対して真っ直ぐに糸を張るだけですが、これにより糸からの上下寸法を測る事が出来るので、図面の修正に非常に役立ちます。これをしないと、四角い梁しか使えなくなるか、墨付け時点で再度調整をしなくてはならなくなるのです。こうして、製材所の専務と打合せしている時間が本来の仕事をしている気分で嬉しくなり、赤松の梁と会話いしている気分になる瞬間です。こうなると、捩じれているから駄目とは思えず、それならば半分して別の所に使おう!など頭の中で伏図が回転し出します。
 ところで、話が変わりますが昨日の勉強会で、鎌継や金輪継の継ぎ手耐力試験をした結果の説明を聞く事が出来ました。しかも、今の時代は丸鋸など電動機械があるので早く作業が進むとの事で、昔は時間の掛かる継手でも早く出来るものがある!との、私が体験して話している事と全く同じ有名な先生のお話に、嬉しくて心が躍りました。そうです、金輪継や追っ掛け大栓継はやはり強いのです。そして、工具が発達した今や鎌継も金輪もあまり時間差なく造る事ができます。とは言え、やはり大工さんが毎日の仕事で培う、自然に無意識で出来るようになるまでの年季が必要です。そうした、職人の技を育成する必要性を強く強調されていました。同感です。だからこそ、時代に逆行と言われながらも大工請負ではなく保険も掛けて自社大工として働いて貰う方向を選択してきました。職人を泣かせない、泣くなら皆で泣く、いや皆で笑える日を目指して・・・でも、けして甘えではないので厳しい毎日です。方向性に間違いが無く、あとは手法と工夫を練上げること成長する事と思える素晴らしい瞬間を得ました。頑張ります。
 これからの時代は、「ISRUへ向かう」のだそうです。その場にある材で住いを造る。いい言葉です。地元の山や川、そして土に稲穂など色々な情景がめまぐるしく頭の中に浮かんでいます。
 
 
   
  一戸製材所
 
  2009/7/17
   昨日は、専務と二人で一戸町の一戸製材所まで、北上での新築工事でお願いする赤松を見せていただきに出掛けました。5mの赤松の曲り具合を確認する為でしたが、他にも色々と見せてもらいながら、こんな写真も・・・昔の人は発想が凄いですね。根曲りどころではなく巻き込むようなこのカーブの梁を上手に使って小屋を建てています。ここだけ見ると古めかしい雰囲気ですが、ここは敷地の片隅であり、中央部には大きなラインが確りと組み込まれ、土場も全てが綺麗に整う素敵な製材所です。お陰で写真も、膨大に撮影してしまいました(笑)。同一寸法に次から次に挽かれる板の横で、「きちんと材ヲ見ながら生かして使う製材がしたい」と梅垣専務さんから説明してもらうと、その気持ちが痛いほど分かり嬉しくなりました。無垢なる本物を手にする私達に相通じるものが、商売抜きで話が出来る「これをどうしよう?」という会話です。生かす事を考えるので即断できる筈が無く、戻りの道中は悩み続けてきました(笑)。楽しい一日でしたね。
 
 
   
  お湯が出ない
 
  2009/7/16
   「ボイラーの調子が悪くてお湯がでないのさ〜25年も使ってるからね!」とのお話に、使用年数を聞けばそうだろうな〜と、思うのでした。しかし、点検に訪れてみると全て鉄管での配管らしき雰囲気です。ボイラーではなく配管の赤錆びが原因でした。写真の通り錆びだらけです。来年、建て替え予定なので今年の冬をシノグだけの仮配管で逃げますが、日々のお湯ですから日常生活に欠かせません。≒5万で台所・浴室のお湯が回復出来ました。ボイラーの取り替えよりは、激安で済みましたから一安心です。

※最近の住まいでは、鉄管を使用するケースは無くなっているので、同じ心配はありません。盛岡でも、浄水器が欲しくなる点は否めませんが・・・
 
 
   
  ガラス反射光
 
  2009/7/15
   予測も出来ない驚きの現象が発生してしまいました。遮熱タイプのガラスに反射した光が熱と化し、隣の車の樹脂部分等を溶かしてしまったのです。詳しくは、調査中なので分かりませんが、誰が予測するでしょう?メーカーも当初あり得ないと取りあう事もない経過がありました。今後の調査を待ち、詳しくご報告させていただきます。

※何と!驚きはガラスだけではありませんでした。今日の、弊社ホームページのトップに木造3階建てとかいてあります・・・エ〜ッよくもまぁ〜毎日笑いを提供してくれること・・ネッ藤原君。1916(大正5)年竣工の木造四階建穀物類乾燥庫で、国登録有形文化財です。

 
 
   
  屋根断熱
 
  2009/7/14
   二重壁の家でも紹介しましたが、この写真は現在工事中のみたけの現場の天井裏断熱(屋根断熱)の施工中の写真です。セルローズファイバー600oはさすがに圧巻です。施工後の昨日、あの嵐のような雨の音も気にならず聞こえなかったとの事・・・そして、室内がからっとして程よく調湿効果も発揮されているようです。日曜日に、お客様から現場を訪れると暑くなく気持ち良かったと喜んでいただいて、嬉しくなりました。無垢材と高断熱は実は非常に相性がいいのです。理由は、アエコンで冷ます必要もなく、暖房でガンガン暖めなくても寒くないので、無用に木材に負荷を与える冷暖房が不要だからです。そして、ランニングコストも下がるのでCO2を削減しながら家計にも優しいという事に繋がります。正直ここまでしなくても・・もう少し断熱の厚みを落としても全く問題ないと思われます。ただ、壁の二重構造は本当に良く、応用が多々出来るので住まい造りに幅が大きく広がります。
 
 
   
  どこで遊ぶ?
 
  2009/7/13
   子供たちは、自然と集まって楽しそうに遊び始めます。東緑ヶ丘に遊びに行ったのは昨日。改修工事が終わり、家族でお招きをいただいてバーベキューで盛り上がってきました。子供同士が同じ学校に通うので、直に仲良くこうして野球など遊びを考え始めます。たぶん、どこのご家庭も家でゲーム遊びをするより、こうして外で遊んで欲しいと思うのではないでしょうか?しかし、子供の世界も大人が知らない厳しい環境もあるようです。ここではなく上田堤界隈でのことですが、道路や駐車場でボール遊びをする子供に、車に傷が付くから小学校のグランドで遊べ!と怒る女性が出現・・・確かに、車にボールをぶつけるのは悪い事でしょう!気を付けさせなければなりません・・・でも、険しい目つきで車を丁寧にピカピカ磨きする大人と、ボールを手に底抜けの笑顔で遊ぶ子供たちと比べると、内心云いたい事はあるのですが、「気をつけなさい」と言わざる得ない親としては非常に複雑な気持ちした。でも、子供はさすがに強い。「学校まで遊びに行く訳ないジャン!○○」と、次の遊びを計画するのでありました。
 話が変わりますが、昨日お伺いしたお客様は、電子工学の専門家の方で、光電子パルスパワーを利用したバイオエレクトロニクスの基礎研究をしているそうです。早い話が、キノコに電気を流して成長を促進するなどの研究です。いや〜面白かったです。

※今朝のHPの写真ですが、当初「朝日」と書くので、「夕日!」と指摘すると、「直しました。」と言って現場に出て行きました。その後で、再度HPをみると「ロフトから見える夕日」との事。ロフトからは朝日が見えるので夕日は見えません!二重壁の家で居酒屋での話を書きましたが、この通りです(笑)。
 
 
   
  古材
 
  2009/7/12
   永井方面で今月末から始まる新築工事の墨付けが始まっています。出番を待っていた古材の赤松の梁が2本、運び込まれました。この2本元は1本の梁と思われます・・・昔の人は本当に凄いですね。知恵と手技だけでこうした大きな梁を長く使える技量があっつたという事実です。今の我々では、クレーンや道具を使わないと追いついて行けません。でも逆に、大変だったからこうした便利なものが登場した訳であり、当時の人から見れば羨ましいんのかもしれません。大切なのは、時にこうした過去から伝達されたものを今の技術で大切に復元及び再利用する事ではないでしょうか?そこの先にある、住む方の満足度は測り知れません。1本の大黒柱や1本の古材などの存在だけでも住いの空気が変わる気がします。これはもう、DNAでしか理解できないもので理屈抜きですね。
 
 
   
  豪雨
 
  2009/7/11
   凄雨が通り過ぎて、やっと晴れてきましたね。これが過ぎると、白い夏がやってくるとラジオで話しているのを聞きました。白い夏・・なるほど、そうか〜と一人納得してしまいました。夏は暑く冬は寒い!これが当たり前と思いながらも、夏は涼しく冬温かい住まいを日々悩みながら造っています。その悩みとは、コストと自然素材です。でも、最近自社で断熱工事を施工するに至り、手応えを感じ始めています。このところ忙しくて、二重壁の家の更新が遅れてしまいましたが、断熱工事風景の写真を、じきにどんどんとご紹介してみたいと思います。
 
 
   
  太陽熱温水
 
  2009/7/10
   昨年新築完成した、岩泉町のお客様から添付メールで太陽熱温水パネルのデータが届きました。

 今まで使ってみての感想としては、灯油経費と比較した場合の経済効果はあまりないように感じられたそうです。その理由としては、灯油の発熱量があまりにも大きくて、カロリーベースで計算した場合の太陽熱パネルの温水をつくる量との比較の場合です。それほど、灯油が魔法の水だからですから、単純に数字で比較すると、え?これだけ?って感じたのだそうです。
 ただ、「数字的なことはさておき、私個人的には大満足で、純粋にお湯が沸くのを喜んでおります。気付いたことですが、当たり前ですがやはり、朝の水温が低ければ低いほど太陽熱を効率的に取り入れることが出来るようです。また、真冬でも49度まで上がっているのでありがたいです。」との御感想でした。
 加えて、6月から7月は天気にも恵まれほぼ毎日灯油なしの生活で、最高温度は58度との事でした。灯油は、3月に給油(100リットル)してから3〜4ケ月間が経過した今まで給油していないようです。・・・「これってすごいですよね。」とのお言葉に、無論凄いですと即答したくなります。そして、気になるのはデータの下に11月頃は無暖房と書いてあります。これは詳しく聞いてみたいと思いませんか?それも凄いと思います。

 さて、出だしが費用対効果が少ないというイメージを持たれたかもしれないので、補足させていただくと、それだけ発熱量が高い灯油を効果的に使うには、太陽で暖まったお湯を軽く沸かす方が、灯油の使用量が0〜5度の水から40度を超えるお湯を沸かすのと比べて、かなり激減すると云う事です。そして、夏場は灯油の使用量が0の場合もあるので、年間ベースで考えると素晴らしくCO2発生を無くするという事になります。エコキュートのヒートポンプと似たような考え方だと思いませんか?ところで、太陽光発電パネルの下や取付枠の間に温水を作る配管を設けて、電気とお湯の双方を造るパネルを誰か造る事は出来ないでしょうか?と、また変な事を考えています(笑)。

※私の自宅には、電気温水器もありますから、けして温水器を否定しているのではなく、出来るだけCO2を削減する方法に取り組んでいる次第です。どうやら、家庭で多少の灯油を使っても、大元の電気の使用量を下げる方がCO2削減に直結する様に感じます。

 
 
   
  断熱工事2
 
  2009/7/9
   前回は、ツリークライマー森の断熱施工風景でしたが、今回はライダーの藤原がバトンタッチで頑張っていました。杢創舎のホームページも彼の手作りです。8日やっと壁の断熱が終わりました。130袋も・・・入ります・・さすが200oの吹き込みは倍かかります。しかし、隙間なくきっちりと施工できるし、住んでからの快適さは格別です。防火の為に先に施工したロックウールと合わせると250oで、50kgの密度による膨らみを考慮すると部分的に300o近くになります。当初予定より50o少なくはしましたが、グラスウールからの変更なので予算的にも仕方ないし、膨らみを考慮すると後の施工性を良くする為の処置でした。調湿・蓄熱・防音・防虫・防火、この性能がもっと認められてペーパーバリア不要や防火性能が認められる事を願います。

LCCO2=製造時のCO2+運搬施工廃棄時のCO2+生活維持管理時のCO2

今回施工のセルローズファイバー 約4kWh/m3(実測年2006年)
鉱物無機質繊維系(GWなど)   100〜700kWh/m3
石油・プラスチック系      900〜1,400kWh/m3

との事です。
 
 
   
  南畑
 
  2009/7/8
   先日、孫を連れて南畑の羊さんを見に行ってきました。このネット、お客様が一人で張ったとか・・・人は何と逞しい事か!と、正直驚いてきました。写真の雰囲気だと可愛い羊さんも、実は警戒心丸出しで少しこわがっているのだと思います。ゴメンネと思いながらも、柵の中に入って散歩してきました。その孫達も、お迎えが来て戻って行きましたが、いればうるさく感じながらも居なくなると寂しいものですね。ただ、数か月ぶりに本当に熟睡しました。我が家は、諸条件があり客間が作れませんでしたから私の逃げ場が無かったからですが、「来客は無いから客間は要らない!」という言葉をよく聞くこの頃です。いやいや、2帖でも3帖でも良いからこうした時の為に客間というか予備室は設けた方がお勧めです。せっかくだから、そうした小スペースは天井が低かったり地窓を設けて他の部屋からは見れない場所を写し込むなど、遊びを取り入れると素敵な空間に変身するような気がします。造る事ではなく、暮らす事を考えて家を建てる・・これは大切な言葉ですね。
 南畑は、良い季節の中で輝いていました。
 
 
   
  断熱工事
 
  2009/7/7
   二重壁の家シリーズでも紹介しましたが、今回から自社でセルローズファイバーを吹き込んでいます。写真は、セルフビルドの家造りに挑戦中の森匡弘です。完全に休職ではなく、こうして時々現場に出ながらの家造りです。そして、この断熱は自宅の断熱にも参考にはなるかもしれません?私達が、今回の無暖房住宅的仕様に取り組んだのは、設備に左右されない住まいを求めてでした。設備・・特に暖房や冷房です。そして電化もしかり!いまや建物本体を圧巻して、設備の方が住まいの主役にさえ思えるこの頃ですが、未経験のデメリットを話してくれる設備屋さんは誰もいません。毎回、凄く良くて一番良くて長持ちしてと良い事だらけですから、私達もつい信じてしまいます。でも、蓋をあけるとそうばかりではなく問題が生じてきたのが本当のところです。悩みながら、それならば設備に左右されない建物を、自社で責任を持って確りと造りたいと考え、無暖房住宅仕様に取り組みました。自然素材は、出来る限り地域の木材です。断熱も自然素材に近いもので性能も出せる内容で、悩みは金額でした。結論が、自社施工でした。
 
 
   
  清め
 
  2009/7/6
   昨日は、地鎮祭と木材の清めを同時に行いました。そしてこの写真です。以前にも、同じ光景を見た気がしますが、そうです子供たちはやる事が同じらしく、鉋屑にすぐ手が出ます(笑)。そして、大人同様にこうして塩の代わりに鉋屑で清めてくれます。この思い出が、良い形で記憶に残ってくれる事でしょう!可愛いお嬢ちゃんの為にも頑張ります。
 さて、木の家が何故いいのか?と問われても、言葉一つにまとめるのは難しくて出来ませんが、今日のこの瞬間を施主と施工者、そしてご家族皆さんで共有できた事は、木の家ならではですね。木の粉までも参加する住まい造りに登場した木材は、岩手の山の木です。これから新たな墨付けがはじまります。
 
 
   
  松板加工
 
  2009/7/5
   2日に皆で運んだ赤松の板の加工が始まりました。長い材を平にするには凹凸を削り込む必要があります。まずはマサカリで大きく殴り込んでまさに剥ぎ取り、次にチョウナでサクサクと波打ち面を均します。その後は、幅の広い電気鉋で平に仕上げていきます。9p弱もある厚さを半分の4.5pまでにしないと綺麗に仕上がらないのです。板一枚と思っても、こうした手間が掛かります。これを理解して貰えない時代があったために、全てが機械化という方向に流れたのではないでしょうか?今では少なくなった手加工の家ですが、今後も頑張って続けて行きたいと思います。
 
 
   
  巣箱
 
  2009/7/4
   セルフビルドの住まい造りの家の横には、この写真のように立木の至る所に巣箱がしかけてありました。住人は見受けられませんが、巣箱を作った人の気持ちが伝わる気がしました。人は皆、自然と仲良くなりたいものなのですね〜・・その自然を意外と分からない自分に気が付くこの頃です。大切な人や物、全てが自分中心にあるのではなく、人の役に立ちたい自分が居る気がしてなりません。それを、自然体で行える人になりたいな〜と思いながら巣箱を見入る変な大人です。しかも、子供連れで・・アハハ訳わからんね?
 
 
   
  職人2
 
  2009/7/3
   職人の顔シリーズ2回目です。階段工事を一人こつこつ取り組むこの顔も、たぶん自宅での爺さん顔とは全く別な雰囲気に変身しているに違いありません。そういえば、以前の大工は口に釘を必ず含んで仕事をしていましたが、谷村大工もその癖がしみ込んでいるらしく、写真では分かりにくいのですが、この後締め込まれるビスを口に含んでいました。谷村大工は造作仕事の上手な人で、特に階段工事は早さ綺麗さに於いて弊社では一番です。一応応援の大工さんでしたが、いつの間にか2年以上が経過しようとしており、兼業農家さんです。
 
 
   
  赤松の板
 
  2009/7/2
   この人数でないと運べない大きな長い板は、幅60pで6mを上回る赤松の一枚板です。元は8mありましたが、一番いい所を超長期住宅の子供室机に使いました。残りを今回みたけの事務所机に加工します。無節ではありませんがこれだけの板は見かける事は殆どないと思います。と言うのも、とある倉庫解体時に積み置き材一括販売の求めに応じて購入したもので、何十年前の何の板かもわからないままでした。特にこの板は、足場に使用されていたので埃まみれの状態でした。出会いとは本当に不思議なものです。その板を生かしてこその我々なのかもしれません。活躍するのは私ではなく大工さんですが・・・私はもっぱら口を出すだけなので嫌われているかも(笑)・・・その私は、このところもっぱら木組みの図面とにらめっこです。5mの赤松が丁度良く納まる寸法の図面なので悩みながら製材所に電話すると、直にFAXが届きました。曲り材が殆どで幅もぎりぎりらしいのですが、これもまた出会いとして捉え何とか図面に組み込もうと一悩みです。書くのは私、でも造るのは大工・・・う〜んッ・・大変だろうなと思いながら、手を合わせる気持ちで図面にタイコと書き込み続けるのでした。ただ、書き投げは良くないので材料を見ながら高さ墨を確認する作業はしないといけませんね。頑張りましょう!
 
 
   
  セルフビルド
 
  2009/7/1
   昨日の続きです。こうして、基礎鉄筋の加工から全て自作です。何十年と家を支える大切な部分ですから確りがっちりと・・・日々の仕事が生きてくる作業です。お手伝いの頼もしいログビルダーさんも、「あれ〜曲げ間違った!」と、どうやら丸太と鉄筋では少し勝手が違うようですね。今日から文月に入り、ますます暑くなると思いますが、頑張りましょう!
 
 
   
  セルフビルド
 
  2009/6/30
   柳沢地区で森君のセルフビルドの家造りが始まっています。とは言え、完全に一人で出来る訳でなくこうして各地からお手伝いの人がきています。確認申請も自分で書いて申請し、造成も一人で頑張ったようです。遣り方や墨出しはさすがに皆で手伝いましたが、その後は一人でこつこつと基礎の枠までは出来ていました。機械類は時々貸し出しているので、その分こうして見たりHPに使う事を強制しています(笑)。誰でも自分の家を欲しいと思う気持は一緒だし、まして普段が家を建てる仕事をしている訳だから、当方も応援したくなるのが人情です。完全に休むと無収入となるので、時々仕事に出る事にしていましたが、この段階は大切なので家造りに専念するように話して戻りました。
 
 
   
  暑ッー
 
  2009/6/29
   さすがに暑いですね。特に現場で肉体労働をする大工さん達は本当に大変です。でも、夏に汗をかく姿は真っ当です。私はと言えば、このところ事務所にいるのでエアコン無しでも涼しいのです。外に出て早く汗をかきたいという贅沢な悩みを最近感じている次第です。その為、時に外に出るとなんと合羽を着て無理に汗を流しています(笑)。少し冗談ですが、今回からセルローズファイバーを自社で施工する事になりましたから、そろそろ本当に現場で働く機会が訪れそうです。
 
 
   
  計画図
 
  2009/6/28
   昨日、この写真の岩手山がこのまま見える場所に住むお客様の住宅にお伺いして、建て替え打合せさせていただきました。○○年前の当時は、大工さん主流で言われるがままに任せてしまい、この景色に背を向けてしまったとか・・・長期に渡り、それはそれは残念な期間を過ごしてしまったとの事です。これから、夢をかなえる仕事に向かいます。住いに計画に何が大切か?造る事だけではなく暮らしそのものに目を向けて、長期を考える事が大切だと思います。夢をかなえるお手伝いに全力で取り組みながら、お気持ちを学びたいと思いました。
 
 
   
  梁の強さ
 
  2009/6/27
   一昨日は、構造計算の荷重に関して触れたので、今日は構造の梁にも触れたいと思います。写真の計算書の中でOKが三か所ありますが、上から順に曲げようとする力に対する強さ、せん断しようとする力に対する強さ、タワミが規定値以下かどうか?となります。計算しているのは赤松の梁ですが、曲げやせん断は半分の余裕があるのに、最後のタワミがぎりぎりなのが分かります。なので、梁の断面計算はほとんどタワミにより決まります。と言う事は、ヤング係数が強い梁が一番良い事になります。計算書では赤松のヤング係数は10000N/o2ですが、これを杉の7000N/o2に置き換えると、δ=19.478となり14.544を大きく上回る為、NGです。同じ断面でも、赤松の方が杉よりこれだけ強いので、好んで使いたくなります。特に曲り材は更に強いと思うので尚更です。そして、探してもいざとなるとなかなか無い曲りの赤松は非常に貴重です。本当は、曲り材だらけの筈が・・・製材して真っ直ぐにするんでよね〜現代は!
 加えて、杉は鉛直荷重には非常に強度があります。これは次回説明させていただきます。

※タワミとは梁中央が荷重により多少曲って下がった場合の許容値です。スパン/250以下とされます。3.6mだと1.44p以内ですが、本来はそんなに歪んでは困りますが、計算荷重は通常の生活より荷重をかなり多く見込みますので、安全側の計算をしています。逆に初めから重さが想定できる特殊なケースは適宜計算するべきですね。
 
 
   
  井戸
 
  2009/6/26
   井戸と言えば、今やガッチャンポンプが懐かしい部類になってしまいましたが、あるところにはあるものです。さて、ここをどう仕上げるか?屋根を柾葺きでRにして、水場をモザイクタイルでガウディー調になど変な妄想に駆り立てられています(笑)。
 しかし、昨日のタウン紙は凄いですね。新築6件改築1件特集4件合計11件もの住宅情報が掲載されていて、どれもこれも良い事がたくさん書いてあり、これから住まいを計画したい方には見学会のハシゴで、忙しい週末になりそうな内容です。同業者の私が読んでも嫌味無く皆凄いな〜と思います。以前は、情報の内容が偏るので今の流行や求められる方向性が分かり易い気がしましたが、最近は多種多様で好みによりはっきりと立て分けできるように感じます。言葉で多いのは「エコ」の表記がダントツで、本物の○○とか○○初!に新○○と自分のところが一番も未だに多いですね。暮らしの楽しさに触れた文面や吹抜けの生かし方など、設計上の頼りになる情報をさりげなく掲載している優しいビルダーもあります。大インパクトで、デザイナーさんの一面大広告もありました。この家々を建てた方にとって、その家が一番いい筈ですから、ご家族の笑顔あふれてくる暮らしが紙面上に溢れていますね。中には、間違い情報もあるようなので、何でこうなのかな〜と、この業界の宣伝手法の方向転換をお願いしたいものも正直ありますね。いずれにしろ私達は、出会いを大切に頑張りたいと思います。
 
 
 
   
  建物荷重
 
  2009/6/25
   写真は、次回建築する家の重さの計算書です。エクセルで自作したものなので、手計算と殆ど変りませんが逆に割増部分が生じてしまうので安全側(過剰?)の範疇かもしれません。ところで、家全体の重さとは如何程かといえば、この通りです。木造部で415.024kNの重さとなり、基礎を含むと1003.276kNもあります。積雪的には1mを超えないので、多雪地域にはならず軽い計算で済みますが、この重さが地震時は住まいを揺する訳ですから、計算の大切さが良く分かります。そして、基礎そのものの検討は超大切ですね。逆に、今日まで経験と勘だけで何年も何百年も建物を持たせてきた人の凄さをあらためて感じます。本来人は、数字で示さなくても自分達が生きていく上で必要な知識は得ていたのだと思います。しかし、そうした知識では追い付かないほど局所に集中して住いが建つような、過去に経験した事がない時代の今だからこそ、これまで積み上げた知識を数字に表しているのだと、考え方を変えて前向きに捉えてみると、なかなか面白いものです。
 
 
   
  板金工事
 
  2009/6/24
   またホームページの調子が悪くて申し訳ございません。サーバーの何らかのトラブルなのですが、困ったもんです。でも、手造りホームページなので仕方がないのか?安く済ませると問題が付いて回るのか?まいったな〜。
 写真は、2週間ぐらい前のものですが、屋根板金工事の写真です。あの長い屋根板金をこうしてユニックで運んできて屋根に継ぎ目なしで張り上げるのですから、家一棟の屋根の長さを積んで運転してくると思うと、小さな驚きがあります。足場の向こう側には岩手山が見えます。完成後は2階リビングからもこの景色が見えますから、完成が楽しみですね。

※しかし、今日のトップの誤字は凄かったですね・・・92年以上も前から長期住宅に使う木を伐り出すと・・・書いてありました。もう直したかな〜人の事はあまり言えませんが、可笑し過ぎて、つい!(笑)。
 
 
   
  職人
 
  2009/6/23
   みたけの二重壁の家は内部工事に手が入りました。各部の下地などから先に施工していますが、工藤大工の真剣な眼差しの写真を見つけて、今日の日記写真に使いたくなりました。職人の誰もが自分の仕事に誇りを持っていると思いますが、愚痴や悪口・不満!そうした類の言葉を聞いたことのない前向きなこの匠の、目線と口元には最近風格が漂い始めているように感じてしまいます。そうした職人の違いは、顔や目に表れ年季の差にも表れますから真似出来るものではなく、個人個人の努力に比例もしますから、私も頑張らねば!と素直に感じました。
 
 
   
  切妻
 
  2009/6/22
   長期住宅の申請に没頭しているうちに、みたけの現場は外部の大工工事が完了していました。写真は切り妻部です。Rにまげてこの部分だけ塗り壁にする事になっています。二重壁の家なので、倉をイメージしての事ですが、雨掛かりを防ぐ事も考慮しています。長期を考えると本当に色々な事が見えてきます。また、私達の周りで大きな変革の動きがうねり込んでもいます。でも、基本はここに住む方の幸せですから、私達は身を呈して力を注ぎ込む事を第一にしたいと思います。構造計算もその一つだとすれば、今後全棟構造算定するべきでしょう!
 ところで、話は変わりますが、昨日「SOS」の連絡を受けて近くのお客様のご自宅お伺いすると、転んであばら骨を折ってしまったとか・・・でも、ニコニコ笑っています。2週間の入院の為に電気温水器の電源をどうしたらよいか?の他さまざまとご相談いただいてきました。頼りにされると嬉しくなりますから、あれこれと気が付く事を申し出てしまいました。今後はこうした事も必要になる時代なのでしょう・・・老後の一人暮らしのお客様のお住まいの事でした。また、昨日は息子さんや娘さんが来ていて、今後メールでやりとりさせていただく事になりました。便利な世の中でもあります。
 
 
   
  仮設トイレ
 
  2009/6/21
   昨日に続き、セルフビルドの家造りからです。お手製の仮設トイレがこの写真です。骨組は現地の木の枝などで作成したようです。家を造ると、人が生きる時最低限何が必要かが良く分かります。そして、満ち足りているものや過ぎるもの、不足している?のではと思われる事なども、個人的に感じる時があります。そうした事ではなく、ただ単純に楽しみを感じて嬉しくなる・・・そんな気にさせてくれる写真でした。見ると使うでは大違いで、今時ボッチャントイレやしゃがんで用を足す事を経験する子供たちの方が少ないかもしれませんね?
 
 
   
  基礎工事中に
 
  2009/6/20
   以前、4月22日の日記「敷地造り」で紹介した、セルフビルドの家造りが始まりました。まずは、抜根と整地をして遣り方工事ですが、田村と藤原が少しだけ手伝いに行った際に写してきた写真がこれです。どうも、こうした写真を撮る雰囲気が社内に溢れているらしいですね。そう言えば、現在ホームページトップでは過去の写真を順番に更新していますが、セミの脱皮の瞬間を捉えた写真も今後出てくると思います。懐かしいですね。
 
 
   
  家庭菜園
 
  2009/6/19
   このところ、ウッドデッキからの日記が続いていますが、今日はデッキプランターのキュウリです。光合成をする緑の葉の脇から黄色の花が咲く不思議さを見つめてしまいます。そして、あのパリッとした歯ごたえとみずみずしさが口に溢れる瞬間の嬉しさを思い描きます。この小さな膨らみがどんどん大きくなって1本の蔓からも沢山とれるんですよね〜。毎日水やりをする専務のご苦労は家族の食卓にいつかは戻ります。ありがとう!
 
 
   
  かくれんぼ
 
  2009/6/18
   このところ、自宅のウッドデッキ付近の写真を使っています。今日は、手摺の陰に「かくれんぼ」でした。今朝は、生憎の雨ですね・・・恵みの雨とも言いますから仕方ないのですが、晴れ間にはデッキに出る機会が増えて、楽しそうです。ただ、この手のデッキは手入れが付きまといますから、遊びながらも各所に目を向けて点検をする事が長持ちさせる要点ですね。
 このところ、朝から晩まで事務所に籠り、長期住宅の構造計算に没頭していますが、今日で計算は完了します。作業しながらエクセルで自作の計算ソフトを作ったので、今後は楽に出来ると思います。いよいよ明日は、適格認定の申請を提出したいと思います。体は疲れてはいると思うのですが、満足感が勝っている気がします。ヨッシ!

※上記の理由により、他のページの更新が少し遅れますがじきに色々と更新させていただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 
 
   
  ウッドデッキ
 
  2009/6/17
   昨日に続いて、自宅のウッドデッキでの写真です。今日は、ウッドロングエコを塗り込んだ杉の床面です。手摺の影が、夕刻の陰りを運んできます。日曜日の夕方、このデッキに座りボーッとする時間が私は好きです。時に、寝転んで空を見たりもします。
 話は変わりますが、長期優良住宅補助のエントリーの受理が届きました。現在構造計算中ですが、来週には適合認定の申請が出来そうです。あるところで、「長期住宅は20〜30年後に設備機器を取り換え無いと駄目なんです。」と言われたが本当か?と聞かれました。ん・・?、基本的に長期住宅に限らず設備機器はいずれ寿命が来ますから、長期住宅だから取り換えるのではなく、もしも取り換えたらその記録を残す事や、取り換えが楽に出来る事を考えておく必要があるのが長期住宅の課題です。また、その時の為に積み立てなど費用も検討しておく事も求められます。これは、本来長期住宅に限らず必要な事だと私は思います。ファインンスプランニングの考え方にも通じますね。ただ、人生を数字で縛るのは心理的にどうしても抵抗があります。現実に向き合いたくない夢見る世代です(笑・・冗談ですから・・残念!)。
 
 
   
  デッキより
 
  2009/6/16
   14日は太陽熱温水パネル面でしたが、今日はウッドデッキに立ち真下から直接見上げた自宅の西面の壁です。緑色にはためくオーニングが西日を防ぎます。こうまでしても、西側に大きな窓を付けたかったのは、夕日が沈む景色が見えるからです。朝の早い私は、夕方早く休む事が時にありますが、仕事の後の心地よい疲れを夕焼けが癒してくれます。時々、家からお気に入りの景色が見たいとのご依頼をいただきますが、その気持ちが物凄く分かります。今日の過去の日記の更新写真は、その自宅から望める夕日です。昨日はロフトからの朝焼けでした。それと、雨の日にこのオーニングの下に立ち、雨筋や手摺に跳ね返る水玉のリズム感を見るのもまた楽しいものです。

※またサーバートラブルでホームページが開けない時間があったようです。大変申し訳ございませんでした。
 
 
   
  上田堤界隈
 
  2009/6/15
   久し振りの、上田堤界隈シリーズです。日曜日の夕方、事務所前では近所の子供たちが集まって、鬼ごっこ?らしき遊びをしていました。
最近、ホームページのトップの写真を、これまでの日記で使用した写真の中で、風景などに限定して順番に更新しています。一番多いのがこの上田堤界隈シリーズでした。ただ、子供達のその時の笑顔や表情なので、現場の進行写真も同様ですから、更新は一瞬の風景や思い出深い写真のみとしています。
 しかし、こうして走る姿をみると、体が軽くてどこまでもどこまでも飛ぶように走る事が出来るような気がしたあの頃を思い出します。しかも、「何時まで遊んでんの〜宿題は!」と・・同じ事言われたな〜と、可笑しくなって一人で笑ってしまいました。今週は、長期住宅の申請など事務所に籠る日が更に増えそうですが、さあ〜頑張るぞと意気込んでいます。
 
 
   
  太陽熱パネル
 
  2009/6/14
   写真は、自宅の太陽熱温水パネルに写る自宅サンルームの壁面です。この時期なると太陽の恩恵で十分にお湯が沸きますから大活躍です。写真でも分かりますが、ガラス面のチリが効率を下げてしまうようです。太陽光では尚更にそうらしく、7〜8年後に発電量が下がる原因と聞きました。その為、定期的にメンテナンス費用を掛けて掃除するのが、発電効率が下がらないポイントです。また、私の自宅のように手が届く場所にあると、掃除が自分で出来るので有効です。そうした事もあり、もしも自宅の庭が広く障害物がない場合は屋根ではなく庭に設置する方がいいのですが、その条件が整う方は僅かですから一般的には屋根に載せる事になります。お盆前に、お客様の住まいで太陽光発電パネルの設置工事をさせていただく事が決まりました。今から楽しみです(写真は、太陽”熱”温水パネルです)。

※太陽熱温水パネルのチリはお湯を造る効率をそれほど下げる事はありません。それより、設置場所や向きなどの方がポイントです。
 
 
   
  薪棚
 
  2009/6/13
   60坪弱の小さな敷地に15坪の家が立ち、車三台駐車可能(15坪)なスペースを設け、事務所と自宅玄関へのアプローチが10坪庭と畑家で6坪の自宅です。他に物置と温水器置場も有しているので、他に薪置場など余裕が無いと思われがちですが、この通りです。自宅の裏側の隣地境に高さ2m弱の薪棚兼目隠し塀を設けて、今年の冬の薪は既に積み置きました。巾は1.8mで空気を除く約5m3の薪を積み置くスペースとなります。風通りがいいので既によく乾いていますから、屋根用のシートを早く掛けたいと思います。ここまで、4〜5月の2か月間こつこつと切りながら割りながら積んだのですが、一気に頑張れば数日もあれば積む事は可能です(非常に疲れます)。マイペースが一番です。これで一安心ですから、残りのスペースに更に3m3程度はあちらこちらと分けて積んでおけば、薪に困る事は無くなる筈です。余裕があれば来年分の薪も割るだけの準備はしたいと思います。
 ところで、近所に「ウッディプラン盛岡」という薪屋さんが出来ました。現在会員さんを募集していますが662-2224が連絡先です。m3単価¥33,600が一般価格ですが会員になると安くなる特典付きで毎月一口¥2,000の積立もしているとか・・・これはいいですね。来年の為に薪積立!この案はいただき?かな?燃料と思えば高上がりですが、楽しみとなると気分が変わります。体験した人誰にも相通じる共通意見と思います。

※地震のあとで見に行くと、薪が揺すられて下がり上部に余裕が出来ていました・・・また積みます(笑)。裏に板を張っているので隣地に落ちる事はありません。
 
 
   
  熟睡
 
  2009/6/12
   気持ちのいい朝ですね。目が覚めるような青空に「サー頑張るかー」とつい声が出ます。朝の窓から刻一刻と部屋中に溢れて来る包み込む明るさに勝るものはありません。北側の窓からでさえ僅かな東への傾きが光の筋を造ります。真っ暗になるカーテンもいいのですが、ある程度明るさを引き込む生地がつくり出す光の演出も素敵です。石の家では光そのもの存在が勝り、白い箱の家では陰影がはっきりします。無垢の木材の木組みに囲まれた空間では、光と同化して溢れるように輝く瞬間があります。個人の感じ方の違いかも知れませんが、質が違う気が時々するのです。その瞬間をカメラに収めてみたいのですが・・・
 同じ光でも、家族の気持ちに輝きが差し込んだ5月14日から1ヵ月が経過しようとしていますが、もうこんなに大きくなりました。羨ましいぐらいの「熟睡」に、皆で順番に覗き込んで「寝てる寝てる」と盛り上がります。「何時まで寝てんの〜」と怒られたり、お尻ポリポリ・・鼾ガアガアの見るに堪えない側が、何故か寝ている姿に癒される不思議な光景です(笑)。
 
 
   
  自宅の姫沙羅
 
  2009/6/11
   9日の日記は森に堂々とそびえるヒメシャラでしたが、今日は私の自宅で家族を和ませてくれるヒメシャラの花です。と言ってもまだ一輪だけなので子供たちは気が付かず横を通り抜けて行きます。横のヤマボウシには蟻がたくさん忙しそうに上がり下りしていますが、こちらは蟻も様子見なのか偵察隊のような蟻しかいません?元気ないのかな〜と見つめても葉を撫でてもよく分かりませんでした。でも、毎日ここに佇む時間が何気なく気分がいいです。
 昨日の時の記念日の翌日は?と暦を見ると「入梅」と書いてあります。あ〜いよいよか・・・と、今朝も雨でした。岩手の方は普段は遅れるのですが今年はどうですかね?新築現場は、大工工事が屋根まで出来ているので一応安心ですが、今日は屋根板金工事の予定でした。なんとか雨が上がるといいな〜と空を見上げる日が続きそうです(二重壁の家コーナーで詳しく書いています)。
 
 
   
  時の記念日
 
  2009/6/10
   今日は、時の記念日だそうですね。西暦671年、天智天皇が「漏刻(水時計)」を設置して、日本で初めて人々に時刻を知らせたのだそうですね。『日本書紀』による今の暦で6月10日に当たるので、「時の記念日」に選ばれたようです。1920(大正9)年,東京天文台と生活改善同盟会によって制定され、「時間をきちんと守り、欧米なみに生活の改善・合理化を図ろう」という目標だったそうです。
 同じ「時」でも、岩手・宮城内陸地震からも1年が経過しようとしています。「忘れえぬ記憶」は他人事ではなく、明日は我が身であり誰も予測出る事はできませんが、その確率が99%と言われる地域さえあります。小さな事でいいから何か出来るお手伝いは心掛けたいですね。そー言えばあの日は、岩泉町で餅まきをしていたんです。こんな大事だとは・・・無論分かりませんでした。今朝は、ラジオから「希望の岩魚」のニュースが何度も流れていますね。
 
 
   
  ヒメシャラ
 
  2009/6/9
   自宅の通路に植えた、株立ちのヒメシャラに気が付くと花が咲いていました。原産は日本で、暖帯上部から温帯域に生育し、パイオニア的な性質を持ち、やや荒れた森林によく出現するのだそうです。写真がそれですが、庭のヒメシャラとはまったく別もに感じます。人の手が作り上げる鑑賞用との違いが明確です。成長するに従い、次第に明るい赤褐色のつるつるしたものに見え、森林内ではひときわ目立つそうです。これが、サルスベリと間違えられるそうですが、全く異なった植物で、サルスベリが日本の森林内に姿を見せることはないのだそうです。そーなんだ〜と思うのは私だけでしょうか?毎日見る近場の山や林も、本当に知らない事だらけで、調べ始めると興味が次から次に湧いてきて面白いです。
 
 
   
  芝生
 
  2009/6/8
   梅雨らしき天候が続きますがまだ梅雨入り宣言は出ていないと思います。でも、その合間合間で雨の上がる時は空気が澄んで気持ちいいですね。昨日は、外構工事の打ち合わせをさせていただきました。一部芝を植えこむ話になりましたが、枯れては大変と無知な話は出来ませんから、お客様と左官屋さん(私と同行の)の会話に横から口を出すだけの逃げ腰でした(笑)。でも、基礎と黒土との接する面にはシロアリ対策のシート(健康被害の無いもの)の使用をお勧めすることだけは怠りませんでした。経験上、黒土と湿気(雨樋の下など)に誘発する木材があると食害確率が高くなります。断熱材もボロボロにされます。

 さて、皆さんもご存じとは思いますが、芝は品種が豊富で暖地型と寒地型とに大きくわけることができます。暖地型は、日本芝(野芝・高麗芝・ビロード芝)や欧米で牧草として改良された西洋芝の一種バミューダグラス類があるそうです。寒地型芝には西洋芝のベントグラス類、ブルーグラス類、フェスク類、ライグラス類だそうです。日本の気候・環境では、暖地型の芝生のほうがよく生育し、寒地方の芝は、夏の暑い時期に枯らしてしまうケースが少なくないそうです。野芝が日本芝の中で、最も環境に対する適応力があり、乾燥や踏圧病害虫に強く耐寒性もあるけど、生長が遅く感触は粗いとの事でした。高麗芝は、日本では東北以南で最も多く使用されているそうで、葉の幅は野芝より細く刈込みによって、美しい芝生になりますが、野芝同様に発芽率が極めて低く切り芝やほぐし芝で繁殖させるのだそうです。
 ついでに、寒地型西洋芝のベントグラス類はどうかと言えば、寒さや低刈りに強いですが、根が浅いので乾燥には弱いとの事です。土中温度が高くなる時期は適切な排水、水遣り、病害虫対策が必要との事でした。ブルーグラス類は、冷涼地に適していて、世界で最も広く栽培され利用されているのだそうです。踏圧には強いけど、低刈りには向かないと書いてあります。次に、フェスク類は環境適応力があり、乾燥と日陰に強いですが暑さには強くないそうです。更に次は、ライグラス類ですが、牧草として重要な種類との事、低湿に強く生長が早いそうです。寿命が短いので家庭で利用されることは無いそうです。長くなるので暖地型は省略しますが、バミューダグラスは有名ですね。
 さてもこの通りで、盛岡は冬も寒いし夏も一時期非常に暑いですからどの芝が一番適するかを当て嵌め様と思うと悩みます。一概に西洋芝と言われますが、上記通りで詳しく聞かないと間違う事もありますね。何となく野芝が一番多く使われているように思います。お金を掛けた以上は枯れないでほしいのが人情ですから、調べて書いてみました。
 
 
 
Olive Diary DX Ver1.0