トップページに戻る
日記タイトル

2017/6/30 この日記ページに直接リンクを張っていらっしゃる皆様へ
2017/6/29 乗馬
2017/6/28 杢創舎建築第一棟
2017/6/27 五番目の孫
2017/6/26 虹架かる
2017/6/25 玉里神楽奉納
2017/6/24 子供椅子
2017/6/23 やんちゃ猫
2017/6/22 子猫
2017/6/21 山の蕎麦屋
2017/6/20 馬搬材焼き印
2017/6/19 父の日
2017/6/18 プランター
2017/6/17 鶺鴒の雛
2017/6/16 午後出社
2017/6/15 錦鯉
2017/6/14 自宅から夕陽を望む
2017/6/13 附馬牛山林歩き
2017/6/12 奥中山木造校舎
2017/6/11 蔵譲渡情報
2017/6/11 蔵譲渡情報
2017/6/11 チャグチャグ馬っこ
2017/6/10 北野神社
2017/6/9 取材日
2017/6/8 穀用1斗枡の椅子
2017/6/7 ようこそ!
2017/6/6 草刈り
2017/6/5 薪造り
2017/6/5 メイ
2017/6/4 好摩花壇
2017/6/3 花壇
2017/6/2 牛天神
2017/6/1 道具作り
2017/5/31 走る雲
2017/5/30 希望の芽
2017/5/29 ガーデニングフェスタ
2017/5/27 道の駅岩泉
2017/5/26 アカマツ
2017/5/25 一升椅子
2017/5/24 修正挽
2017/5/23 やりぬく心
2017/5/22 石窯
2017/5/21 初夏薫
2017/5/20 水田鏡
2017/5/19 木材の清め
2017/5/18 風清かに泳ぐ鯉
2017/5/17 田植え
2017/5/16 子ども室仕切り
2017/5/15 蒲公英大好き
2017/5/14 菜の花畑
2017/5/13 槐の木の芽
2017/5/12 起工式
2017/5/11 小岩井農牧
2017/5/10 石積みトンネル
2017/5/9 移植桜満開
2017/5/8 高松の池公園
2017/5/7 渋谷坂歩き
2017/5/6 天峰山より
2017/5/5 高松公園で昼寝
2017/5/4 杢創舎16年
2017/5/3 水面鏡
2017/5/2 姫神山の里
2017/5/1 高松公園
2017/4/30 餅つき
2017/4/29 好摩桜満開
2017/4/28 花壇造り
2017/4/28 高松の池
2017/4/28 桜
2017/4/27 石割桜
2017/4/26 植林体験
2017/4/25 杏子満開
2017/4/24 桂
2017/4/23 サンシュユ
2017/4/22 祈り
2017/4/21 桜咲く
2017/4/21 日課の逃亡中
2017/4/20 プランター
2017/4/19 春の日
2017/4/18 重機運転出来た!
2017/4/17 携帯手持ち
2017/4/16 葦簀作り講習会
2017/4/15 散歩
2017/4/14 高松の池
2017/4/13 好摩映画館
2017/4/12 リハビリ日記
2017/4/11 夕刻の岩手山
2017/4/10 岩手山と田圃
2017/4/9 のどかな春の景色
2017/4/8 大黒柱
2017/4/7 平舘建て方三人衆
2017/4/6 懐かしき昭和映画
2017/4/5 初仕事3
2017/4/4 初仕事2
2017/4/3 初仕事!
2017/4/2 春とヤギ
2017/4/1 入社式
2017/3/31 ビル街の中で
2017/3/31 庭の中にタワー
2017/3/30 新宿御苑にて2
2017/3/30 新宿御苑にて
2017/3/30 土に還る
 月曜火曜日と自主リハビリで東京に行ってきました。駅の階段も歩き、渋谷のスクランブル交差点の人の波の中も歩き、新宿御苑の桜も見てこれました。障碍者手帳があるので、入場料は取られませんでしたが、自然の奥深い岩手から、日本の首都東京に来てまで、樹木を眺めたい気持ちになるのが可笑しくもありましたが、江戸時代に整備されたことへの驚きと春の花々を愛でる海外の観光客の方々の俄かカメラマンぶりに時代の流れの妙を感じながら陽光の温かさに心がほぐされているのを感じました。御苑内各所で満開の桜の名も陽光・・・この日も園内とにかく良く歩きました。おかげで」今朝は、足が軽く、柔軟になった気がします。手も、両手を組めるまでになりました。盛付の応援で、手を組んで祈ります!がんばれー 3678.jpg
2017/3/28 芽吹き
2017/3/27 小雨
2017/3/26 メイとユキ
2017/3/25 大工仕事
2017/3/25 柱番付け
2017/3/24 ホーストレッキング
2017/3/23 春の夕暮れ
2017/3/22 お釜
2017/3/21 春彼岸
2017/3/20 太陽
2017/3/19 タイガ
2017/3/18 サト
2017/3/17 萱葺き
2017/3/16 春へ向けて
2017/3/15 好摩板倉講演会
2017/3/14 竈焚き
2017/3/13 鹿肉!
2017/3/12 釜炊きご飯
2017/3/11 股の木
2017/3/10 木の命
2017/3/9 貴重な竹竿
2017/3/8
2017/3/7
2017/3/6 休憩室
2017/3/5 サトちゃん
2017/3/4 畳職人
2017/3/3 春待ちの山羊
2017/3/2 釜焚きご飯釜
2017/3/1 この美しき世界
2017/2/28 薪割り
2017/2/27 大楠
2017/2/26 姫神山
2017/2/25 丸太積上げ
2017/2/24 岩手の自然
2017/2/23 大都会の自然
2017/2/22 明治神宮
2017/2/21 5歳の木
2017/2/20 木との対話
2017/2/18 原木確認で山へ
2017/2/17 ゆらゆら浮く
2017/2/16 玉里の大改修現場にて
2017/2/15 杢創舎応援団
2017/2/14 岩手山神社
2017/2/13 しんしんと雪
2017/2/12 木の家
2017/2/11 春告げる陽光
2017/2/10 タカラ箱
2017/2/9 奥中山
2017/2/8 板金曲げ機
2017/2/7 ユニック新車
2017/2/6 炭入れ
2017/2/5 銀杏のカウンター
2017/2/4 通勤路
2017/2/3 空の中で
2017/2/2 雪林街道
2017/2/1 閑薫院様
2017/1/31 打ち合わせ
2017/1/30 雪景色
2017/1/29 雪原
2017/1/28 カメラ
2017/1/27 雪
2017/1/26 杢創舎焼印
2017/1/25 薪の火
2017/1/24 ルアーケース
2017/1/24 下の続きです!
2017/1/24 ルアーケース
2017/1/23 テレビ台製作
2017/1/23 下の続きです!
2017/1/23 テレビ台製作
2017/1/23 刻印
2017/1/22 車椅子大工
2017/1/21 面接
2017/1/20 土魂
2017/1/19 入院中の外泊日
2017/1/18 永遠の愛
2017/1/18 雪積もる
2017/1/17 無事退院
2017/1/16 日はまた昇る
2017/1/14 半年
2017/1/13 風で乾かす
2017/1/12 刈り取り終了
2017/1/11 茅と蔓
2017/1/10 束ねて結って
2017/1/9 背より高い茅
2017/1/7 初詣
2017/1/6 響く除夜の鐘
2017/1/2 病室日記
2017/1/1 初日の出
2016/12/31 大晦日
2016/12/29 風に舞う雪
2016/12/28 飛行機
2016/12/27 雲の影日の光
2016/12/26 夜に照る木々
2016/12/24 ピンクのお鼻
2016/12/23 ハボタンの露
2016/12/22 足元のタイガ
2016/12/21 氷の粒
2016/12/20 二つの星
2016/12/19 山居倉庫の灯
2016/12/17 姫神山と雀
2016/12/16 薄とリース
2016/12/15 あしあと
2016/12/14 ストーブ番人
2016/12/13 ひこうき雲
2016/12/12 氷の世界地図
2016/12/10 白い姫神山
2016/12/9 防風林と電線
2016/12/8 静かな降雪
2016/12/7 朝日光る霜柱
2016/12/6 小ガメの頂上
2016/12/5 伝説の妖精?
2016/12/3 ヤギが呼ぶ
2016/12/2 菱形の陽光
2016/12/1 ススキの毛
2016/11/30 揺らめく火
2016/11/29 フェルトの葉
2016/11/28 雲被る岩手山
2016/11/26 姫神山
2016/11/25 水槽の虹
2016/11/24 水色の画用紙
2016/11/23 雫の形
2016/11/22 長い揺れ
2016/11/21 気まぐれ
2016/11/19 防風林の影
2016/11/18 風に揺れる穂
2016/11/17 光落ちる朝
2016/11/16 月光
2016/11/15 ちびカメズ
2016/11/14 太陽の道
2016/11/12 水たまりの氷
2016/11/11 どーっちだ!
2016/11/10 盛岡の初雪
2016/11/9 ひっつき虫
2016/11/8 シクラメン
2016/11/7 虹色のドレス
2016/11/5 車椅子車検!
2016/11/4 動静の一瞬
2016/11/3 白樺クッキー
2016/11/2 霜模様
2016/11/1 焼走り
2016/10/31 押し花の額
2016/10/29 朝食タイム
2016/10/28 秋色姫神山
2016/10/27 WOOD DESIGN AWARD 2016
2016/10/26 希望郷いわて大会
2016/10/25 銀メダル受賞
2016/10/24 競技を終えて
2016/10/22 足場から
2016/10/21 いざ、勝負へ
2016/10/20 クローバー
2016/10/19 日を浴びて
2016/10/18 茅と青空
2016/10/17 秋のリース
2016/10/15 私の休憩場所
2016/10/14 薪ストーブ
2016/10/13 冬支度
2016/10/12 槍鉋
2016/10/11 焼印
2016/10/10 鉋削り体験会
2016/10/10 設営完了
2016/10/9 設営!
2016/10/8 鉋削り体験
2016/10/7 メイのまくら
2016/10/6 優雅な籠
2016/10/5 すましたメイ
2016/10/4 7周年
2016/10/3 金色の絨毯
2016/10/1 タイガの帰宅
2016/9/30 岩手と芸術家
2016/9/29 ぐっすり猫
2016/9/28 そよ風知らせ
2016/9/27 虹のお話
2016/9/26 私の芸術の秋
2016/9/24 結団式
2016/9/24 結団式
2016/9/23 空を向く小花
2016/9/22 夕暮れ時
2016/9/21 スマイルヒバ
2016/9/20 太陽に虹の暈
2016/9/19 笑顔の見学会
2016/9/18 完成見学会
2016/9/17 大石渡見学会
2016/9/16 青い栗三兄弟
2016/9/15 ユリの香り
2016/9/14 地鎮祭
2016/9/13 その先へ
2016/9/12 終わらせない
2016/9/10 田村部長
2016/9/9 研ぎ澄ます力
2016/9/8 地鎮祭
2016/9/7 救援物資
2016/9/6 綺麗な黒い瞳
2016/9/5 ピラミッド型
2016/9/3 生きたの木目
2016/9/2 見て追う技術
2016/9/1 力を合わせて
2016/8/31 台風の後の空
2016/8/30 優雅に脱走中
2016/8/29 マツヨイグサ
2016/8/28 試練に打ち克つ
2016/8/27 ピンクの小花
2016/8/26 自然の影の形
2016/8/25 紫のアサガオ
2016/8/24 メイユキ朝食
2016/8/23 花香に呼ばれ
2016/8/22 熱い夏の終幕
2016/8/21 幸せな時間
2016/8/20 知足
2016/8/19 夏の体験室B
2016/8/18 槍鉋
2016/8/17 盆送り
2016/8/13 名刺入れ
2016/8/12 小ガメ中ガメ
2016/8/11 山の日始まり
2016/8/10 リオ吹き流し
2016/8/9 夜空に咲く菊
2016/8/8 夏の体験室A
2016/8/8 夏の体験室A
2016/8/7 夏の閑かさ
2016/8/6 トンボの休憩
2016/8/5 道草食うヤギ
2016/8/4 ツルの紙風船
2016/8/3 草をよく噛む
2016/8/2 夏の体験室@
2016/8/2 夏の体験室@
2016/8/1 遠山棟梁感謝
2016/7/30 12年前
2016/7/29 夏空
2016/7/28 好摩厨房
2016/7/27 夏の朝
2016/7/26 木工体験室
2016/7/25 モルダー
2016/7/24 木は長持ち
2016/7/23 特殊伐採
2016/7/22 馬搬の森
2016/7/21 プランター
2016/7/20 梅雨の晴れ間
2016/7/19 燻製室
2016/7/19 網焼き
2016/7/18 木彫り
2016/7/18 木彫り
2016/7/18 木彫り
2016/7/17 お昼の一時
2016/7/16 社員食堂
2016/7/15 好摩夕刻食堂
2016/7/14 山崎所長
2016/7/13 ハツリ
2016/7/12 新ジャガ
2016/7/11 朝靄
2016/7/10 椅子
2016/7/9 煉瓦カマド
2016/7/8 森の蛙の巣
2016/7/7 ブランコ
2016/7/6 此の木何の木
2016/7/5 ロープワーク
2016/7/4 岩洞の山遊び
2016/7/3 山羊の挨拶
2016/7/2 文月
2016/7/1 本棚
2016/6/30 プランター
2016/6/29 木工体験3
2016/6/28 木工体験2
2016/6/28 木工体験
2016/6/27 完成見学会3
2016/6/26 完成見学会2
2016/6/25 完成見学会
2016/6/24 好摩映画館?
2016/6/23 寝て馬
2016/6/22 雨の日は笠
2016/6/21 現場から移植
2016/6/20 竣工お祝い
2016/6/19 可愛い見学者
2016/6/18 夢の国
2016/6/17 紫波日詰の家
2016/6/16 カメラ目線
2016/6/15 どんより雲には音楽を
2016/6/14 出張の早朝
2016/6/13 子泣き馬コ
2016/6/12 チャグチャグ
2016/6/11 空に浮かぶ雲
2016/6/10 茅の日除け
2016/6/9 タンポポ
2016/6/8 ウッドチッパー
2016/6/7 馬の放牧
2016/6/6 精霊の森
2016/6/5 水無月の朝
2016/6/4 新しい仲間
2016/6/3 安比中の牧場
2016/6/2 大沢渡大改修
2016/6/1 玉里の大改修
2016/5/31 塗り壁体験
2016/5/30 八丸牧場
2016/5/29 好摩板倉
2016/5/28 薪割り場
2016/5/27 復興への祈り
2016/5/27 復興への祈り
2016/5/26 岩手山と田圃
2016/5/25 茅葺屋根の家
2016/5/24 相克の朝
2016/5/23 ボート初乗り
2016/5/22 山羊の顔
2016/5/21 カマド修復
2016/5/20 姫神山と田圃
2016/5/19 天然石屋根
2016/5/18 鋸引き
2016/5/17 薄削り
2016/5/16 山羊
2016/5/14 ご縁
2016/5/13 相の沢牧野
2016/5/12 削ろう会
2016/5/11 好摩の庭
2016/5/10 8日の薪割り
2016/5/9 丸太製材
2016/5/8 槐の新芽
2016/5/7 トレー作り
2016/5/6 玉切した薪
2016/5/5 茅追加植込み
2016/5/4 3日の薪割り
2016/5/3 2日の薪割り
2016/5/2 馬引き体験
2016/5/1 皐月
2016/4/30 岩洞湖
2016/4/29 薪の玉切
2016/4/28 姫神山頂の月
2016/4/27 ハナレ木さん
2016/4/26 桜満開
2016/4/25 杏子の花咲く
2016/4/24 快眠
2016/4/23 看板取付
2016/4/22 看板
2016/4/21 好摩の空
2016/4/20 岩手の空
2016/4/19 厩にて
2016/4/18 春の嵐
2016/4/17 空に祈る
2016/4/16 馬と長男
2016/4/15 昨夜の不穏光
2016/4/14 鉈屋町雛祭り
2016/4/13 拝借写真
2016/4/12 氷点下の春
2016/4/11 岩手山の輝き
2016/4/10 落葉松の朝
2016/4/9 爽やかな朝
2016/4/8 今日はもう一つ日記を加えます。筆者は、、、
2016/4/8 鬼胡桃の丸太
2016/4/7 少女カメラマン
2016/4/6 桜満開群馬県
2016/4/5 春眠暁を覚えず
2016/4/4 元気で明るいカメラマン
2016/4/3 完成見学会
2016/4/2 心を込め合掌
2016/4/1 卯月
2016/3/31 3月末日の朝
2016/3/30 金田一温泉
2016/3/29 看板の文字
2016/3/28 芽吹き
2016/3/27 紫式部
2016/3/26 足跡
2016/3/25 机をDIY
2016/3/24 七弦ギター
2016/3/23 優しさに包まれ
2016/3/22 捨てられない
2016/3/21 今朝の岩手山
2016/3/20 大テーブル
2016/3/19 今朝は雨
2016/3/18 姫神山
2016/3/17 赤松到着
2016/3/16 なお平誕生日
2016/3/15 酷過ぎ!
2016/3/14 岩手山
2016/3/13 テーブル
2016/3/12 空を行く
2016/3/11 五年の歳月
2016/3/10 癒しの世界
2016/3/9 渡り鳥
2016/3/8 ご愛嬌
2016/3/7 板倉改装
2016/3/6 トイレの壁
2016/3/5 パン屋さん3
2016/3/4 パン屋さん2
2016/3/4 パン屋さん
2016/3/3 雲間
2016/3/2 朝日
2016/3/1 弥生三月
2016/2/29 気持ちは春
2016/2/28 ジャズライブ
2016/2/27 木材搬送
2016/2/26 火鉢と電気笠
2016/2/25 行燈と桜
2016/2/24 踊りの練習?
2016/2/23 珈琲豆を炒る
2016/2/22 糸鋸と木片
2016/2/21 北上川にて
2016/2/20 板倉改装
2016/2/19 山が伸びた?
2016/2/18 2月、桜咲く
2016/2/17 極真さん道場
2016/2/16 三寒四温
2016/2/15 名こそ惜しけれ
2016/2/14 障害者文化祭
2016/2/13 トレーニング
2016/2/12 高校の想い出
2016/2/11 建国記念の日
2016/2/10 内記の誕生日
2016/2/9 雪積もる好摩
2016/2/8 木組み調査
2016/2/7 屋根裏が見事
2016/2/6 眼差し?
2016/2/5 鬼だ!
2016/2/4 端材の物語
2016/2/3 冬山の影
2016/2/2 KT物語2
2016/2/2 KT物語
2016/2/1 長友心平さん
2016/1/31 ケーナの音色
2016/1/30 水音強く
2016/1/29 六時の空
2016/1/28 喧嘩遊び
2016/1/27 仕事の邪魔者
2016/1/26 24時間営業
2016/1/25 雅叙園EV
2016/1/24 つるし飾り
2016/1/24 つるし飾り
2016/1/23 つるし飾り
2016/1/22 ふくら雀
2016/1/21 癒しのタイガ
2016/1/20 欅丸太の製材
2016/1/19 出初め式
2016/1/18 凍る川
2016/1/17 玄関先床の間
2016/1/16 梃子の知恵
2016/1/15 福島・・・
2016/1/14 卸売市場朝食
2016/1/14 地方卸売市場
2016/1/13 千葉より帰還
2016/1/12 今から千葉へ
2016/1/12 竣工お祝い
2016/1/11 桜のカウンター
2016/1/10 雲光る夕暮れ
2016/1/9 楢丸太の製材
2016/1/8 巡り巡って
2016/1/7 犬と猫
2016/1/6 ハナとタイガ
2016/1/5 好摩駅の手前
2016/1/4 量子の放射
2016/1/3 烏帽子岩詣で
2016/1/2 書き初め
2016/1/1 恭賀新年
2015/12/31 大晦日
2015/12/30 敢闘賞を手に
2015/12/29 新風秘やかに
2015/12/28 子犬
2015/12/27 雪積もる
2015/12/26 完成見学会
2015/12/25 木材粉砕機
2015/12/24 冬至の朝
2015/12/23 プレスマシン
2015/12/22 はなちゃん
2015/12/22 はなちゃん
2015/12/21 姫神山
2015/12/20 窓越しの温もり
2015/12/19 碁石遺跡の山
2015/12/18 風
2015/12/17 怪我した猫
2015/12/16 岩手山
2015/12/15 建具製作
2015/12/14 岩手山と祠2
2015/12/13 岩手山と祠
2015/12/12 薪置場
2015/12/11 秋田杉
2015/12/10 椿
2015/12/9 造作材加工
2015/12/8 敢闘賞
2015/12/7 技能五輪大会
2015/12/6 完成見学会
2015/12/5 化粧板、杉!
2015/12/4 杉天井板
2015/12/3 技能五輪大会
2015/12/2 式台
2015/12/1 敷台
2015/11/30 岩手山白く
2015/11/29 薪ボイラー
2015/11/28 窓越しの交錯
2015/11/27 完成見学会
2015/11/26 ベンチお届け
2015/11/25 特殊伐採
2015/11/24 庭仕事
2015/11/23 勤労感謝の日
2015/11/22 小笠原明
2015/11/21 火入れ
2015/11/20 早出の朝
2015/11/19 初冬の朝
2015/11/18 好摩の植樹
2015/11/17 ウッドチッパー
2015/11/16 支障木伐採
2015/11/15 ログ壁?
2015/11/14 技能五輪課題
2015/11/13 豪華!
2015/11/12 表土剥ぎ
2015/11/11 電気鉋掛け
2015/11/10 特訓
2015/11/9 タイガ
2015/11/8 タイガ
2015/11/7 オギススキ
2015/11/6 アーティスト
2015/11/5 秋のタンポポ
2015/11/4 銀河鉄道の夜
2015/11/3 洋平の墨付け
2015/11/2 犬と山歩き
2015/11/1 キャッチボール
2015/10/31 遠山正道
2015/10/30 奇跡の人
2015/10/29 花巻市の新築
2015/10/28 今朝も早起き
2015/10/27 早起きした朝
2015/10/26 銀色の光
2015/10/25 好摩の紅葉
2015/10/24 森匡弘
2015/10/23 大和田洋平
2015/10/22 佐々木大輝
2015/10/21 東の空
2015/10/20 秋の霧
2015/10/19 テレビ岩手
2015/10/18 齊藤栞
2015/10/17 今年の暖房
2015/10/16 高橋正
2015/10/15 安藤幸彦
2015/10/14 熊谷奈央
2015/10/13 秋の山
2015/10/12 モルダー可動
2015/10/11 好摩の夕刻
2015/10/10 歴史の幻影
2015/10/9 ネコパンチ
2015/10/8 囲炉裏4
2015/10/7 囲炉裏3
2015/10/6 BMW
2015/10/5 囲炉裏2
2015/10/4 安全第一と虹
2015/10/3 安全第一
2015/10/2 囲炉裏
2015/10/1 東京五輪
2015/9/30 初冠雪
2015/9/27 創作照明
2015/9/26 技能五輪へ
2015/9/25 馬ッコ凱旋
2015/9/24 大槌の大改修
2015/9/23 雲
2015/9/22 トンボ
2015/9/21 連休の朝2
2015/9/20 連休の朝
2015/9/19 秋の雨
2015/9/18 栗さん誕生会
2015/9/17 大槌の大改修
2015/9/16 クンと上がる
2015/9/15 馬頭雲
2015/9/14 チョウナ仕上
2015/9/13 稲と影
2015/9/12 台風一過の朝
2015/9/11 大槌の大改修
2015/9/10 人知れず
2015/9/9 小さな種から
2015/9/8 郷社
2015/9/7 板材の数々
2015/9/6 名残
2015/9/5 撮影
2015/9/4 手造り照明
2015/9/3 麒麟雲
2015/9/2 倒れそうで・・
2015/9/1 長月
2015/8/31 のどかな朝
2015/8/30 楢と桜
2015/8/29 洋平室
2015/8/28 洋平作、照明枠
2015/8/27 洋平作品展示
2015/8/26 雨傘
2015/8/25 手押しポンプ
2015/8/24 茅場
2015/8/23 洋平室入口
2015/8/22 格天井
2015/8/21 石のテーブル
2015/8/20 夏の終わり?
2015/8/19 草原の朝
2015/8/18 住込み新人
2015/8/17 盆送り
2015/8/16 清水川
2015/8/15 カニ捕り
2015/8/14 お墓参りの朝
2015/8/13 神子田朝市
2015/8/12 犬と猫
2015/8/11 身障者トイレ
2015/8/10 茅畑
2015/8/9 鏝
2015/8/8 立秋
2015/8/7 夏は黄色
2015/8/6 スロープ
2015/8/6 今の洋平
2015/8/5 三文の徳
2015/8/4 伝統の技術と新しい技術
2015/8/4 完成美、感謝
2015/8/3 断熱
2015/8/2 オクラの花
2015/8/1 風炉
2015/7/31 経年変化
2015/7/30 明歴々露堂々
2015/7/29 夏の杉林
2015/7/28 竜雲
2015/7/27 可愛い来場者
2015/7/26 浅岸見学会
2015/7/25 浅岸見学会
2015/7/24 姫神の朝
2015/7/23 ガイナ塗布
2015/7/22 横澤さんと♪
2015/7/21 一輪の花
2015/7/20 乾杯しよう!
2015/7/19 姫神山
2015/7/18 オギススキ
2015/7/17 IBCテレビ
2015/7/16 雨の朝
2015/7/15 岩手山
2015/7/14 クマさん
2015/7/13 鳳凰雲
2015/7/12 鬼が直す腹痛
2015/7/11 外山森林公園
2015/7/10 賢治さん?
2015/7/9 アルパ
2015/7/8 猫と私
2015/7/7 外山茸園にて
2015/7/6 杢目
2015/7/5 青空商店にて
2015/7/4 岩洞の山へ
2015/7/3 IBC取材
2015/7/2 草刈リハビリ
2015/7/1 回復月
2015/7/1 落ち込み月
2015/6/30 岩泉取材
2015/6/29 「ふね」
2015/6/28 石積リハビリ
2015/6/27 天然乾燥板
2015/6/26 開け具合調整
2015/6/25 同業者見学
2015/6/24 天然乾燥
2015/6/23 岩洞湖と猫
2015/6/22 岩洞湖と犬
2015/6/21 姫神山
2015/6/20 大釜
2015/6/19 茅畑
2015/6/18 大きなススキ
2015/6/17 オギススキ
2015/6/16 鹿との遭遇
2015/6/15 茅畑
2015/6/14 家族で薪割り
2015/6/13 岩泉、その後
2015/6/12 刻み見学
2015/6/11 木渡り
2015/6/10 欅材のベンチ
2015/6/9 好摩の薪積
2015/6/8 茅の苗
2015/6/7 馬搬の森にて
2015/6/6 茅葺屋根
2015/6/5 レンガ積
2015/6/4 好摩の朝
2015/6/3 庭のお手入れ
2015/6/2 木製建具
2015/6/1 提灯屋さん
2015/5/31 4人薪割り
2015/5/30 シンボルの木
2015/5/29 水牛と子供達
2015/5/28 ラオスの風
2015/5/27 いい夫婦
2015/5/26 一人薪割り
2015/5/25 連携プレー
2015/5/24 岩洞湖湖畔
2015/5/23 白樺の薪
2015/5/22 皮むき
2015/5/21 虹を見る洋平
2015/5/20 洋平の取材
2015/5/19 雨の朝
2015/5/18 猫とカラス
2015/5/17 馬糞堆肥
2015/5/16 上棟式
2015/5/15 木杭
2015/5/14 木登り
2015/5/13 緑燃ゆ
2015/5/12 午後更新
2015/5/11 春咲山芥子
2015/5/10 田圃
2015/5/9 波板海岸
2015/5/8 8mの赤松梁
2015/5/7 薪割り
2015/5/6 GW休み5
2015/5/5 GW休み4
2015/5/4 GW休み3
2015/5/3 GW休み2
2015/5/2 GW休み1
2015/5/1 桂の木枠
2015/4/30 槐の木枠
2015/4/29 二股の梁
2015/4/28 葉桜となりて
2015/4/27 楽しい見学会
2015/4/26 完成見学会2
2015/4/25 完成見学会1
2015/4/24 春になれば
2015/4/23 小国廻り
2015/4/22 桜祭り
2015/4/21 縄跳び
2015/4/20 桜満開
2015/4/19 山田周生さん
2015/4/18 お礼の手直し
2015/4/17 丸太搬送
2015/4/16 105枚の板
2015/4/15 大槌の大改修
2015/4/14 五重塔
2015/4/13 雛祭り
2015/4/12 ようへい
2015/4/11 馬搬落葉松
2015/4/10 展示会
2015/4/9 大きな丸太
2015/4/8 土壁への歩み
2015/4/7 栗丸太搬出
2015/4/6 おにぎり
2015/4/5 馬搬の森
2015/4/4 山梨の木
2015/4/3 花巻新築工事
2015/4/2 卯月2日
2015/4/1 卯月
2015/3/31 芬
2015/3/30 農耕間近
2015/3/29 トチの木
2015/3/28 萌えの朝
2015/3/27 春の朝
2015/3/26 新しい仲間達
2015/3/25 大工見習い
2015/3/24 またドカ雪
2015/3/23 旅立ち
2015/3/22 見学会開催
2015/3/21 完成見学会
2015/3/20 サイネリア
2015/3/19 薪入手
2015/3/18 新車
2015/3/17 前九年見学会
2015/3/16 中津川
2015/3/15 早春の朝に思う
2015/3/14 大槌の屋根裏
2015/3/13 南部赤松到着
2015/3/12 出窓の下
2015/3/11 大雪
2015/3/10 早朝帰還
2015/3/9 日曜の朝
2015/3/8 石の表情
2015/3/7 大工道具
2015/3/6 サムライキング
2015/3/5 大槌の大改修
2015/3/4 小さな椅子
2015/3/3 木組の車椅子
2015/3/2 洋平も見学
2015/3/1 早春の音
2015/2/28 下の続きです
2015/2/28 岩泉町見学会
2015/2/27 明日は見学会
2015/2/26 岩泉の呼び鈴
2015/2/25 伐倒の瞬間
2015/2/24 蔵戸再生
2015/2/23 積み木の箱
2015/2/22 tentさん
2015/2/21 稲
2015/2/20 土壁の薫り
2015/2/19 新月伐採
2015/2/18 大槌町の朝
2015/2/17 新月間近い
2015/2/16 配線隠し
2015/2/15 蜂の巣
2015/2/14 益子焼
2015/2/13 左官仕事撮影
2015/2/12 車椅子創作
2015/2/11 大槌の月
2015/2/10 大きな杉丸太
2015/2/9 木出し
2015/2/8 トラクター
2015/2/7 大槌の大改修
2015/2/6 木工
2015/2/5 車椅子作り
2015/2/4 左官道具
2015/2/3 力比べ
2015/2/2 地元の土
2015/2/1 好摩の朝
2015/1/31 岩泉で土壁塗
2015/1/30 介護用の改修
2015/1/29 屋根の改修
2015/1/28 天井裏が凄い
2015/1/27 車椅子創作
2015/1/26 散歩5
2015/1/26 散歩4
2015/1/26 散歩3
2015/1/26 散歩2
2015/1/26 散歩1
2015/1/25 大寒を過ぎて
2015/1/24 機械は人です
2015/1/23 上棟式
2015/1/22 鳥居ライン
2015/1/21 大きな屋根
2015/1/20 座卓・椅子完成
2015/1/19 見学終了
2015/1/18 囲炉裏
2015/1/17 座卓と椅子
2015/1/16 明日は見学会
2015/1/15 製材
2015/1/14 杉玉
2015/1/13 杉板の外壁
2015/1/12 好天
2015/1/11 わらすさ
2015/1/10 取っ手
2015/1/9 ムーミン
2015/1/8 次の課題
2015/1/7 家具修繕
2015/1/6 満月
2015/1/5 仕事始め
2015/1/4 神楽殿
2015/1/3 大日霊貴神社
2015/1/2 初詣
2015/1/1 元旦
2014/12/31 大晦日
2014/12/30 健さん
2014/12/29 大日堂神楽
2014/12/28 正月休み
2014/12/27 仕事納め
2014/12/26 家族
2014/12/25 岩泉町の冬?
2014/12/24 通し柱
2014/12/23 下屋補強
2014/12/22 見学会場にて
2014/12/21 完成見学会2
2014/12/20 完成見学会
2014/12/19 神棚創作
2014/12/18 馬の搬送車
2014/12/17 大雪情報にて
2014/12/16 大きな機材
2014/12/15 階段手摺
2014/12/14 ヤンチャ猫3
2014/12/13 久し振りの町
2014/12/12 カーブする框
2014/12/11 古材の床
2014/12/10 岩泉線賛歌
2014/12/9 職人同士
2014/12/8 消防分団
2014/12/7 事務所薪暖房
2014/12/6 自宅の薪暖房
2014/12/5 棟梁の刻み
2014/12/4 千葉家撮影
2014/12/3 高村の夏
2014/12/2 競技会場風景
2014/12/1 技能五輪大会
2014/11/28 好摩の朝
2014/11/27 技能五輪へ
2014/11/26 馬搬と出会い
2014/11/25 ヤンチャ猫2
2014/11/25 ヤンチャ猫1
2014/11/24 バレーボール
2014/11/23 木の学校
2014/11/22 ターサイ
2014/11/21 岩手山
2014/11/20 ブランコ
2014/11/19 CO2排出権
2014/11/18 ブーメラン
2014/11/17 好摩野菜市場
2014/11/16 構えて!
2014/11/15 雪化粧
2014/11/14 トラス模型
2014/11/13 散歩
2014/11/12 数日前十五夜
2014/11/11 水遊び
2014/11/10 昨日の岩手山
2014/11/9 岩手山
2014/11/8 空
2014/11/7 53回の誕生日
2014/11/6 猫と犬
2014/11/5 葦原を駆ける
2014/11/4 湖畔の犬
2014/11/3 岩洞で遊ぶ
2014/11/2 右目復活
2014/11/1 犬と猫
2014/10/31 大槌にて
2014/10/30 建物の修繕
2014/10/29 競技会
2014/10/28 欅
2014/10/27 旅先にて
2014/10/25 湖畔
2014/10/24 復興への思い
2014/10/23 コスモス
2014/10/22 技能五輪挑戦
2014/10/21 20日の朝
2014/10/20 体験を語る
2014/10/19 tent
2014/10/18 技能五輪挑戦
2014/10/17 技能五輪挑戦
2014/10/16 錦木
2014/10/15 ジャッキ
2014/10/14 紅葉と台風
2014/10/13 風に揺れる
2014/10/12 納車
2014/10/11 夕刻の作業場
2014/10/11 技能五輪挑戦
2014/10/10 ツリーハウス
2014/10/9 秋風の中で
2014/10/8 お休み
2014/10/7 タイガ
2014/10/6 作業場梁入替
2014/10/5 各々の休憩
2014/10/4 ポスト完成♪
2014/10/3 歩行訓練器具
2014/10/2 技能五輪挑戦
2014/10/1 電動バイク
2014/9/30 新室祭
2014/9/29 シュート
2014/9/28 9月28日の朝
2014/9/27 ダム湖の朝
2014/9/26 今年の暖房機
2014/9/25 雲の上は晴れ
2014/9/24 好摩の朝
2014/9/23 岩洞の夕暮れ
2014/9/22 観天望気
2014/9/21 秋は茸
2014/9/20 好摩の虹
2014/9/19 空
2014/9/18 山田町とっと
2014/9/17 ひつじ雲?
2014/9/16 復興の秋祭り
2014/9/15 左官の魅力
2014/9/14 虎猫
2014/9/13 実りの秋
2014/9/12 三毛猫
2014/9/11 大きな一枚板
2014/9/10 仲間入り
2014/9/9 9月9日の朝
2014/9/8 御礼
2014/9/7 何気なく
2014/9/6 完成見学会
2014/9/5 座卓テーブル
2014/9/4 頑張れ洋平
2014/9/3 アルバイト
2014/9/2 小さな来場者
2014/9/1 見学会二日目
2014/8/31 高松見学会
2014/8/30 温室
2014/8/29 小雨降る朝
2014/8/28 スロープ
2014/8/27 ヤグラ
2014/8/26 カマド
2014/8/25 山小屋
2014/8/24 助っ人
2014/8/23 雲わき雷踊る
2014/8/22 地球岬
2014/8/21 向日葵
2014/8/20 小動物と遭遇
2014/8/19 朝靄
2014/8/18 ドングリの木
2014/8/17 美味しい水
2014/8/16 お墓掃除
2014/8/15 8月15日-4
2014/8/15 8月15日-3
2014/8/15 8月15日-2
2014/8/15 8月15日-1
2014/8/14 27回忌
2014/8/13 槐
2014/8/12 腕相撲
2014/8/11 相撲
2014/8/10 打ち上げ花火
2014/8/9 コルクタイル
2014/8/8 障子製作
2014/8/7 毎朝の太陽
2014/8/6 渡り鳥の群れ
2014/8/5 真夏に見る夢
2014/8/4 玉山小学校
2014/8/3 空!高松の池
2014/8/2 夏!祭りの夏
2014/8/1 8月の朝
2014/7/31 赤ヘル部長
2014/7/30 使用≒60年
2014/7/29 露天風呂
2014/7/28 薪ボイラー?
2014/7/27 通せんぼ
2014/7/26 雲の裂け目
2014/7/25 畦道
2014/7/24 雨でも平気
2014/7/23 風よ吹け
2014/7/22 レノンとヨーコ
2014/7/21 希望と夏の空
2014/7/20 ジョンさん
2014/7/19 椅子の写真
2014/7/18 今日も雨
2014/7/17 使い易さ
2014/7/16 今朝の姫神山
2014/7/15 職場体験学習
2014/7/14 緑の森
2014/7/13 天皇杯皇后杯
2014/7/12 椅子完成
2014/7/11 積み木
2014/7/10 雨の朝
2014/7/9 椅子オーダー
2014/7/8 技能五輪挑戦
2014/7/7 七夕の朝
2014/7/6 赤松ポスター
2014/7/5 雨上りの朝
2014/7/4 前方車両の鏡
2014/7/3 朝靄の朝
2014/7/2 大きな板
2014/7/1 天峰山より望
2014/6/30 茜空
2014/6/29 金麦
2014/6/28 欅丸太挽き
2014/6/27 岩洞湖
2014/6/26 ブーメラン材
2014/6/25 桂の丸太
2014/6/24 薪割り部2
2014/6/23 お知らせ
2014/6/23 砥ぎ
2014/6/22 職人
2014/6/21 緑の絨毯
2014/6/20 椅子三脚目
2014/6/19 木の手助け隊
2014/6/18 雨のち晴れ
2014/6/17 椅子造り
2014/6/16 薪割り部
2014/6/15 人助けの時代
2014/6/14 豆鉋
2014/6/13 薪割大好き
2014/6/12 薪の屋根
2014/6/11 庭造りDIY
2014/6/10 障害者車両
2014/6/9 無事終了
2014/6/8 完成見学会
2014/6/7 完成見学会
2014/6/6 修正挽き
2014/6/5 煙突掃除
2014/6/4 長材の出番
2014/6/3 田植え
2014/6/2 鉈屋町通り
2014/6/1 上田堤の通路
2014/5/31 サッシの古材
2014/5/30 大和田洋平
2014/5/29 ゴイゴイ
2014/5/28 鏝絵
2014/5/27 ワラビ
2014/5/26 目黒雅叙園
2014/5/24 玉切
2014/5/23 菜の花
2014/5/22 カキの木
2014/5/21 大きなケヤキ
2014/5/20 祝、上棟
2014/5/19 早起き
2014/5/18 寝坊
2014/5/17 天然乾燥
2014/5/16 水田と納屋
2014/5/15 古への記憶
2014/5/14 リハビリ
2014/5/13 鏡水
2014/5/12 薪割2
2014/5/11 薪割
2014/5/10 見渡して遠く
2014/5/9 ツリーハウス
2014/5/8 チューリップ
2014/5/7 農業用水
2014/5/6 庭造り
2014/5/5 こどもの日
2014/5/4 薪割準備
2014/5/3 花見
2014/5/2 山へ辿る道
2014/5/1 五月
2014/4/30 春の夕日
2014/4/29 桜満開
2014/4/28 山火事
2014/4/27 早起き
2014/4/26 槐の板
2014/4/25 時を経て
2014/4/24 曙
2014/4/23 小岩井の風景
2014/4/22 偶然の点景
2014/4/21 カメラ部長
2014/4/20 姫神上の月
2014/4/19 お〜きなトチ
2014/4/18 旧姓大矢来社
2014/4/17 いぐね杉
2014/4/16 公園と岩手山
2014/4/15 春は輝き
2014/4/14 鉈屋町散策
2014/4/13 盛岡雛祭り
2014/4/12 司馬さんの言
2014/4/11 陽光の息吹
2014/4/10 サンシュユ
2014/4/9 雲光と姫神山
2014/4/8 靄かかる朝
2014/4/7 地鎮祭
2014/4/6 地鎮祭の朝
2014/4/5 通行不能
2014/4/4 富士見台より
2014/4/3 4月3日の朝
2014/4/2 田圃
2014/4/1 卯月
2014/3/31 三月最終日
2014/3/30 アルバイト
2014/3/29 新人の工具
2014/3/28 バッケ摘み
2014/3/27 融氷
2014/3/26 往く鳥を追い
2014/3/25 好摩の朝
2014/3/24 姫神山を望む
2014/3/23 岩手山を望む
2014/3/22 大雪の翌日
2014/3/21 春分の日
2014/3/20 空に根を張る
2014/3/19 ご来光
2014/3/18 ケヤキ
2014/3/17 雲岩寺
2014/3/16 拝みの朝
2014/3/15 歯車
2014/3/14 春のドカ雪
2014/3/13 田村部長
2014/3/12 まだ積もる雪
2014/3/11 雪融け
2014/3/10 陽光
2014/3/9 栗と漆の木
2014/3/8 朴ノ木製材
2014/3/7 修正挽き
2014/3/6 紫紺色の空
2014/3/5 また雪また白
2014/3/4 銀河鉄道
2014/3/3 上巳の節句
2014/3/2 教室との別れ
2014/3/1 弥生の朝
2014/2/28 向中野完成
2014/2/27 早春の歩み
2014/2/26 今日も姫神山
2014/2/25 姫神山
2014/2/24 岩手山
2014/2/23 向中野見学会
2014/2/22 向中野建具
2014/2/21 壁塗り
2014/2/20 東雲の空
2014/2/19 帆立貝殻塗り
2014/2/18 道なり赤松
2014/2/17 天空の絵の具
2014/2/16 上田堤の暖房
2014/2/15 エアーで拭く
2014/2/14 薪在庫状況
2014/2/13 あかぼし
2014/2/12 早々春の姫神
2014/2/11 元気の元
2014/2/10 如月
2014/2/9 ヒントを得て
2014/2/8 経年変化
2014/2/7 大工技能士
2014/2/6 高麗人参
2014/2/5 杉搬出
2014/2/4 節分
2014/2/3 芯詰め
2014/2/2 伝授
2014/2/1 新月伐採?
2014/1/31 晦日正月
2014/1/30 センサー照明
2014/1/29 新月と明星
2014/1/28 南仙北上棟式
2014/1/27 久慈への道中
2014/1/26 久慈見学会日
2014/1/25 寒気緩む朝
2014/1/24 8m材搬出
2014/1/23 故郷の山に?
2014/1/22 久慈の手形壁
2014/1/21 夕方の作業場
2014/1/20 蕎麦会
2014/1/19 岩手山
2014/1/18 薪在庫状況
2014/1/17 20日OPEN
2014/1/16 欅を重機搬送
2014/1/15 笑顔
2014/1/14 積み木
2014/1/13 家具再生
2014/1/12 韓食マウル
2014/1/11 鏡開き
2014/1/10 防寒対策
2014/1/9 柿渋仕上げ
2014/1/8 寒波襲来
2014/1/7 仕事始め
2014/1/6 睦月
2014/1/5 新春の姫神山
2014/1/4 天馬空を行く
2014/1/3 美しき山々
2014/1/2 寝正月
2014/1/1 迎春!
2013/12/31 年越しの朝
2013/12/30 薪暖房5台目
2013/12/29 幸せの種
2013/12/28 仕事納め
2013/12/27 いざ出陣!
2013/12/26 建物見学の日
2013/12/25 好摩の月
2013/12/24 クルシミマス
2013/12/23 焼却炉
2013/12/22 高松見学会
2013/12/21 高松見学会
2013/12/20 高松完成
2013/12/19 高松にて一息
2013/12/18 鉈屋町その後
2013/12/17 湖畔の月
2013/12/16 好摩事務所
2013/12/15 師走半ばの朝
2013/12/14 雪にも負けず
2013/12/13 冬本番
2013/12/12 好摩の作業場
2013/12/11 清々しく
2013/12/10 育花18歳
2013/12/9 天使のはしご
2013/12/8 前九年見学会
2013/12/7 前九年見学会
2013/12/6 解体現場の華
2013/12/5 姫神山の朝
2013/12/4 スドン10
2013/12/3 建具再利用
2013/12/2 師走
2013/12/1 赤松の皮むき
2013/11/30 差し入れ
2013/11/29 初積雪の朝
2013/11/28 大きな杉板
2013/11/27 大回転の朝
2013/11/26 構造調査
2013/11/25 共販所市日
2013/11/24 前九年見学会
2013/11/23 完成見学会
2013/11/22 不思議の連続
2013/11/21 古き良き時代
2013/11/20 我ら設計士
2013/11/19 元気一発!
2013/11/18 現場直行
2013/11/17 鉈屋町大改修
2013/11/16 迫りくる寒さ
2013/11/15 姫神に向かい
2013/11/14 霜月
2013/11/13 箒を自作?
2013/11/12 最近の毎日
2013/11/11 好摩の朝
2013/11/10 パワルフ暖房
2013/11/9 窓凍る朝
2013/11/8 鉈屋町大改修
2013/11/7 秋深く
2013/11/6 ケヤキの臼
2013/11/5 静かな朝
2013/11/4 作業場薪暖房
2013/11/2 お休み
2013/11/1 職場体験
2013/10/31 書道家古典
2013/10/30 お雛様
2013/10/29 好摩の新暖房
2013/10/28 四十四田ダム
2013/10/27 現場端材の箸
2013/10/26 聖徳太子
2013/10/25 残土を土壁に
2013/10/24 障子再生欄間
2013/10/23 閉伊川
2013/10/22 赤松天然乾燥
2013/10/21 秋の朝
2013/10/20 松川と姫神山
2013/10/19 田に浮かぶ山
2013/10/18 零度の朝
2013/10/17 台風が過ぎて
2013/10/16 鉋台造り講習
2013/10/15 鍛冶屋見学
2013/10/13 ミニ削ろう会
2013/10/12 古に魅せられ
2013/10/11 広島屋ランチ
2013/10/10 古板
2013/10/9 木製サッシ
2013/10/8 杢創舎研修
2013/10/7 稲煙る朝の山
2013/10/6 玉山事業所
2013/10/5 カマド
2013/10/4 今朝の姫神山
2013/10/3 川崎橋にて
2013/10/2 神無月
2013/10/1 伝統仕口は強
2013/9/30 9月の朝空
2013/9/29 朴ノ木
2013/9/28 山頂の輝き
2013/9/27 岩洞湖から
2013/9/26 稲穂
2013/9/25 その木どこの
2013/9/24 空の目
2013/9/23 氾濫家具類
2013/9/22 9月半ばの朝
2013/9/21 十五夜の月
2013/9/20 十五夜の朝
2013/9/19 試運転
2013/9/18 洪水傷跡深く
2013/9/17 好摩洪水
2013/9/16 アカペラ
2013/9/15 柿渋古色仕上
2013/9/14 木材市場
2013/9/13 鉈屋町大改修
2013/9/12 清水寺
2013/9/11 金閣寺
2013/9/10 健康診断
2013/9/9 姫神山
2013/9/8 日曜日の朝
2013/9/7 丸太足場
2013/9/6 京都にて
2013/9/5 天に向かい
2013/9/4 竹林の小路
2013/9/1 長月
2013/8/31 お食い初め
2013/8/30 久慈市上棟式
2013/8/29 姫神山の朝
2013/8/28 岩手山と稲穂
2013/8/27 夏休み
2013/8/26 姫神山
2013/8/25 土壁色々
2013/8/24 木の家
2013/8/23 仏顔
2013/8/22 8月の空
2013/8/21 彫刻
2013/8/20 木登り遊び
2013/8/19 手を振る大矢
2013/8/19 百萬堂
2013/8/17 舟っこ流し
2013/8/16 南部富士
2013/8/15 撫で撫で仏
2013/8/14 回り灯篭
2013/8/13 鉈屋町飾り棚
2013/8/12 玉山区夏祭り
2013/8/11 玉山区夏祭り
2013/8/10 大きな板
2013/8/9 大黒柱太古梁
2013/8/8 飛行船
2013/8/7 柾板
2013/8/6 番付け表
2013/8/5 記念樹賃挽き
2013/8/4 手動糊付け機
2013/8/3 南部鉄瓶
2013/8/2 久慈漁港にて
2013/8/1 葉月
2013/7/31 県産木材利用
2013/7/30 斧折樺
2013/7/29 好摩の野菜畑
2013/7/28 ブナ丸太製材
2013/7/27 組子建具完成
2013/7/26 ジープ
2013/7/25 ブナと斧折樺
2013/7/24 5年が過ぎて
2013/7/23 今朝も雨
2013/7/22 曲り材
2013/7/21 自社林
2013/7/20 好摩の椅子
2013/7/19 雨上がりの朝
2013/7/18 共販所桂8m
2013/7/17 宇宙朝顔
2013/7/16 衣川大改修
2013/7/15 樅の木
2013/7/14 土壁上塗り
2013/7/13 前九年の窓
2013/7/12 船っこ流し
2013/7/11 赤松長材6本
2013/7/10 土塗開始
2013/7/9 文月
2013/7/8 太陽の朝
2013/7/7 七夕の朝
2013/7/6 四十四田湖
2013/7/5 自宅の小道
2013/7/4 自宅の小道
2013/7/3 鉈屋町にて
2013/7/2 木の命木の心
2013/7/1 共販所にて
2013/6/30 家の有り方
2013/6/29 姫神山山頂
2013/6/28 土壁サンプル
2013/6/27 土壁への挑戦
2013/6/26 久慈市地鎮祭
2013/6/25 槍鉋
2013/6/24 姫神山頂
2013/6/23 祝♪富士山
2013/6/22 好摩見学者
2013/6/21 五合目
2013/6/20 一本杉
2013/6/19 雨に煙る
2013/6/18 三保の松原
2013/6/17 今朝の戻り!
2013/6/15 削ろう会
2013/6/14 同じ景色でも
2013/6/13 静かな朝
2013/6/12 タカラ研修
2013/6/11 茅葺屋根の裏
2013/6/10 100km
2013/6/9 水不足
2013/6/8 姫神6月7日
2013/6/7 衣川大改修
2013/6/6 上棟式
2013/6/5 奥中山高原
2013/6/4 桟積天然乾燥
2013/6/3 水無月
2013/6/2 天然乾燥
2013/6/1 クレマチス
2013/5/31 四十四田の朝
2013/5/30 矢巾大改修
2013/5/29 ブランコ
2013/5/28 ベッドへ改装
2013/5/27 失敗への思い
2013/5/26 製材開始
2013/5/25 霧煙る朝
2013/5/24 雨の朝
2013/5/23 シロタンポポ
2013/5/22 表裏なき姿
2013/5/21 杢創舎シート
2013/5/20 見学会場にて
2013/5/19 見学会場にて
2013/5/18 見学会の朝
2013/5/17 手摺材候補
2013/5/16 ご来場大歓迎
2013/5/15 鯉幟
2013/5/14 好摩駅前
2013/5/13 植林イベント
2013/5/12 姫神山の幻影
2013/5/11 通勤道中
2013/5/10 水田と岩手山
2013/5/9 エジプト?
2013/5/8 朝靄に浮かぶ
2013/5/7 板塀
2013/5/6 千年の面影
2013/5/5 こどもの日
2013/5/4 雨雨雨の連休
2013/5/3 皐月
2013/5/2 扉の向う側
2013/5/1 五月の朝
2013/4/30 鉋屑の厚さ
2013/4/29 恵まれて今日
2013/4/28 賃挽き赤松
2013/4/27 矢巾見学会
2013/4/26 高松の池
2013/4/25 好摩製材工場
2013/4/24 24日の姫神山
2013/4/23 棚板小口
2013/4/22 清明の頃
2013/4/21 春の寒空
2013/4/20 気分爽快
2013/4/19 梁川橋
2013/4/18 飛行船雲
2013/4/17 笑顔
2013/4/16 杢目模様
2013/4/15 町家にて
2013/4/14 赤松百年床
2013/4/13 椅子再生
2013/4/12 立ち枯れた松
2013/4/11 地場材の額
2013/4/10 盛岡雛祭り
2013/4/9 薪入手応援
2013/4/8 雑木の薪
2013/4/7 春の嵐無難に
2013/4/6 竹釘
2013/4/5 水鳥と朝
2013/4/4 北上川支流
2013/4/3 卯月
2013/4/2 4月2日の朝
2013/4/1 見学会場にて
2013/3/31 働き者
2013/3/30 空行く渡り鳥
2013/3/29 高松の池
2013/3/28 姫神山
2013/3/27 三寒四温
2013/3/26 木製の額
2013/3/25 早春の夕方
2013/3/24 渡り鳥
2013/3/23 蕗の薹
2013/3/22 丸太搬送
2013/3/21 建具造作
2013/3/20 寒締め野菜
2013/3/19 桜咲く
2013/3/18 建具再利用
2013/3/17 手造り照明
2013/3/14 卒業式
2013/3/13 矢巾大改修
2013/3/12 奥中山の夕日
2013/3/11 完成見学会
2013/3/10 東見前見学会
2013/3/9 東見前見学会
2013/3/8 明日は見学会
2013/3/7 姫神山3/7
2013/3/6 啓蟄
2013/3/5 雨水
2013/3/4 ナラ薪乾燥積
2013/3/3 ひな祭り
2013/3/2 3月の暦
2013/3/1 弥生月
2013/2/28 姫神山の朝日
2013/2/27 岩手山
2013/2/26 10mの赤松
2013/2/25 寒波襲来
2013/2/24 幸福の迷子
2013/2/23 好摩の夜
2013/2/22 姫神山2/20
2013/2/21 サイカチの木
2013/2/20 江刺の丸太
2013/2/19 小岩井の丸太
2013/2/18 江刺の山
2013/2/17 製材所閉鎖
2013/2/16 大きなケヤキ
2013/2/15 丸太検知
2013/2/14 打合せ図
2013/2/13 立ち往生
2013/2/12 お宅見学
2013/2/11 姫神山2/11
2013/2/10 欅の無垢床
2013/2/9 姫神山2/9
2013/2/8 暖気配管
2013/2/7 湖面凍氷
2013/2/6 上田堤本社
2013/2/5 南部赤松良材
2013/2/4 カレンダー
2013/2/3 立春(節分)
2013/2/2 矢巾大改修
2013/2/1 如月の朝
2013/1/31 作家の酒2
2013/1/30 作家の酒
2013/1/29 採材立ち会い
2013/1/28 山の見学
2013/1/27 好摩の朝
2013/1/26 南部曲り赤松
2013/1/25 基礎断面図
2013/1/24 好摩事務所前
2013/1/23 好摩事務所
2013/1/22 姫神山
2013/1/21 岩手山
2013/1/20 窓ガラス
2013/1/19 掘りごたつ
2013/1/18 谷村正志
2013/1/17 姫神山
2013/1/16 小正月
2013/1/15 矢巾大改修
2013/1/14 トラブル
2013/1/13 冬の華
2013/1/12 岩手山
2013/1/11 工事現場入口
2013/1/10 屋根上より
2013/1/9 カレンダー
2013/1/8 太田大改修
2013/1/7 姫神山
2013/1/6 不謹慎?
2013/1/5 石鹸石
2013/1/4 薪クッキング
2013/1/3 薪温水暖房
2013/1/2 新年早々の雪
2013/1/1 初詣
2012/12/31 大晦日
2012/12/30 太田完成
2012/12/29 雪道を行く
2012/12/28 花巻市太田
2012/12/27 海軍のパイプ
2012/12/26 朴の木
2012/12/25 クリスマス
2012/12/24 いとしやさん
2012/12/23 丸太の杢目
2012/12/22 欅カウンター
2012/12/21 安全第一
2012/12/20 工藤正範
2012/12/19 LED街灯
2012/12/18 今朝の人造湖
2012/12/17 欅カウンター
2012/12/16 突き上げ屋根
2012/12/15 兜屋根
2012/12/14 民家の門
2012/12/13 冷蔵庫
2012/12/12 朝の月
2012/12/11 齊藤利夫
2012/12/10 冬将軍来襲
2012/12/9 好摩事務所
2012/12/8 竿縁天井
2012/12/7 欅カウンター
2012/12/6 剪定
2012/12/5 ポスト 口
2012/12/4 帯鋸と台車
2012/12/3 月と岩手山2
2012/12/2 遠山正道
2012/12/1 朝焼け
2012/11/30 月と岩手山
2012/11/29 雪景色
2012/11/28 頑張って〜
2012/11/27 今朝は吹雪
2012/11/26 土の土間
2012/11/25 嬉しいな〜ぁ
2012/11/24 宮野目見学会
2012/11/23 完成見学会
2012/11/22 ネズコ
2012/11/21 藁細工
2012/11/20 11月20日
2012/11/19 柿の木
2012/11/18 モミジ
2012/11/17 黄葉
2012/11/16 紅葉
2012/11/15 蓄熱煉瓦
2012/11/14 雨また雨
2012/11/13 明りを灯そう
2012/11/12 大和田洋平
2012/11/11 車中より
2012/11/10 晩秋の気配
2012/11/9 51歳
2012/11/8 日の丸弁当
2012/11/7 姫神岳
2012/11/6 熊谷奈央
2012/11/5 好摩見学
2012/11/4 三和土
2012/11/3 松本民芸館
2012/11/2 薪ストーブ
2012/11/1 松本民芸館
2012/10/31 松本城
2012/10/30 松本神社
2012/10/29 技能五輪大会
2012/10/26 北湯口見学会
2012/10/25 夕方の人造湖
2012/10/24 薪の温もり
2012/10/23 花巻市北湯口
2012/10/22 薪ストーブ
2012/10/21 北湯口の虹
2012/10/20 ケヤキの杢目
2012/10/19 お客様のお庭
2012/10/18 トング
2012/10/17 好摩のヤグラ
2012/10/16 カラタチ
2012/10/15 姫神山
2012/10/14 稲刈り
2012/10/13 赤松10m
2012/10/12 花巻市北湯口
2012/10/11 面白い小屋
2012/10/10 今朝の好摩
2012/10/9 今朝の玉山
2012/10/8 薪割
2012/10/7 曇りの朝
2012/10/6 栓テーブル
2012/10/5 技能五輪
2012/10/4 阿吽
2012/10/3 早出すると
2012/10/2 南昌荘
2012/10/1 台風17号
2012/9/30 祝いと別れ
2012/9/29 製材機
2012/9/28 無題
2012/9/27 鍋倉沢山林
2012/9/26 瓦屋根
2012/9/25 好摩の薪
2012/9/24 宇宙旅行
2012/9/23 秋の空に思う
2012/9/22 天候の急変
2012/9/21 朝焼け
2012/9/20 お便り
2012/9/19 煙突掃除
2012/9/18 光の向こう側
2012/9/17 好摩の朝
2012/9/16 薪棚
2012/9/15 好摩より
2012/9/14 朝露の輝き
2012/9/13 けやき
2012/9/12 薪割
2012/9/11 隠れ道
2012/9/10 ブランコ
2012/9/9 完成見学会
2012/9/8 今朝の岩手山
2012/9/7 ケヤキ板
2012/9/6 飛行機乗りと
2012/9/5 好摩の朝
2012/9/4 トンボ
2012/9/3 満月
2012/9/2 椅子再生
2012/9/1 好摩の月
2012/8/31 スズメバチ
2012/8/30 椅子再生
2012/8/29 好摩の朝
2012/8/28 光る月
2012/8/27 秋の気配
2012/8/26 技能五輪取組
2012/8/25 花火
2012/8/24 朝靄に浮かぶ
2012/8/23 宇宙朝顔
2012/8/22 夕立
2012/8/21 技能五輪取組
2012/8/20 夏祭り
2012/8/19 お蕎麦屋さん
2012/8/18 笑顔
2012/8/17 技能五輪取組
2012/8/16 トリミング室
2012/8/15 雲岩寺
2012/8/14 お墓参り
2012/8/13 薪割り
2012/8/12 駒形神社にて
2012/8/11 休日前日
2012/8/10 捻挫?
2012/8/9 姫神山
2012/8/8 朝靄
2012/8/7 光る夏
2012/8/6 岩手山
2012/8/5 カウンター
2012/8/4 昭和
2012/8/3 真夏
2012/8/2 薪割
2012/8/1 葉月
2012/7/31 地鎮祭
2012/7/30 オフロード
2012/7/29 川留神社
2012/7/28 忘れぬ生き方
2012/7/27 復興住宅
2012/7/26 好摩の営業所
2012/7/25 事務所前から
2012/7/24 イヌシデ
2012/7/23 永久の道
2012/7/22 夕焼け
2012/7/21 壁塗り
2012/7/20 仮設住宅
2012/7/19 猫目
2012/7/18 杢目
2012/7/17 生垣
2012/7/16 木組み
2012/7/15 上棟式
2012/7/14 栗テーブル
2012/7/13 クレマチス
2012/7/12 夏の夕暮れ
2012/7/11 ガラス屋根
2012/7/10 研修生
2012/7/9 シダ
2012/7/8 百合の花
2012/7/7 杢創舎看板
2012/7/6 岩洞湖
2012/7/5 ぬぐだまり
2012/7/4 宇宙朝顔
2012/7/3 仰ぐは姫神山
2012/7/2 薪
2012/7/1 ブランコ
2012/6/30 ナグリ
2012/6/29 青空を飛ぶ
2012/6/28 古材活用
2012/6/27 三和土
2012/6/26 足湯
2012/6/25 見学会にて
2012/6/24 今日は見学会
2012/6/23 テントウムシ
2012/6/22 昨日の出会い
2012/6/21 夏至
2012/6/20 樵の塗料
2012/6/19 苗畑と出会い
2012/6/18 雲
2012/6/17 外テーブル
2012/6/16 現場発生材
2012/6/15 現場の土を壁
2012/6/14 崩した土壁
2012/6/13 苗園
2012/6/12 50年前
2012/6/11 電柱再利用
2012/6/10 今日のツリークライミング2
2012/6/10 今日のツリークライミング1
2012/6/10 サンルーム
2012/6/9 上棟式
2012/6/8 薪割り機
2012/6/7 田植え
2012/6/6 奥中山地区
2012/6/5 山岸の木組み
2012/6/4 デッキ工事
2012/6/3 環境評価
2012/6/2 駐輪場2
2012/6/1 水無月
2012/5/31 水飲み場?
2012/5/30 懐かしき風景
2012/5/29 好摩駅
2012/5/28 宇霊羅山
2012/5/27 母の日の名残
2012/5/26 岩泉の広島屋
2012/5/25 経年変化
2012/5/24 駐輪場
2012/5/23 TV台
2012/5/22 木の苗
2012/5/21 見つめられて
2012/5/20 ホダ木?
2012/5/19 長〜い、梁
2012/5/18 何を選ぶのか
2012/5/17 馬渕小学校
2012/5/16 煉瓦敷き
2012/5/15 植林体験
2012/5/14 通り道
2012/5/13 レベル
2012/5/12 アリンコ
2012/5/11 太陽
2012/5/10 腕相撲2
2012/5/10 腕相撲1
2012/5/9 廻る
2012/5/9 飛ぶ
2012/5/9 走る
2012/5/8 雨水タンク3
2012/5/8 雨水タンク2
2012/5/8 雨水タンク1
2012/5/7 積み木
2012/5/6 庭木の剪定
2012/5/5 薪割り
2012/5/4 御対面
2012/5/3 花見
2012/5/2 満開
2012/5/1 製材所見学
2012/4/30 高松の池
2012/4/29 岩手山
2012/4/28 姫神山
2012/4/27 内装工事
2012/4/26 桜の薪
2012/4/25 心惹かれて2
2012/4/24 心惹かれて
2012/4/23 雪止め
2012/4/22 枕木敷き込み
2012/4/21 通り道で
2012/4/20 山の水
2012/4/19 桜の薪
2012/4/19 雪融け水
2012/4/18 岩手山
2012/4/17 春の山
2012/4/16 春の夕刻
2012/4/15 刻み場
2012/4/14 柳葉の輝き
2012/4/13 ラオス
2012/4/12 ヒンメリ
2012/4/11 脚立本棚
2012/4/10 照明器具
2012/4/9 プレゼント
2012/4/8 自分空間
2012/4/7 木製丸窓
2012/4/6 屋根工事完了
2012/4/5 テーブル
2012/4/4 春の嵐
2012/4/3 ハナ
2012/4/2 追いついた歳
2012/4/1 上棟式
2012/3/31 年度末
2012/3/30 墨付け
2012/3/29 テーブル板
2012/3/28 木勉会
2012/3/27 太陽光発電
2012/3/26 完成見学会
2012/3/25 エアコン
2012/3/24 加賀野完成
2012/3/23 宮古魚菜市場
2012/3/22 古民家移築
2012/3/21 製材所見学
2012/3/20 時を超えて2
2012/3/19 時を超えて
2012/3/18 建て方丸太梁
2012/3/17 どか雪
2012/3/16 年輪
2012/3/15 市場見学会
2012/3/14 屋根張り替え
2012/3/13 花苑の宴
2012/3/12 灯篭
2012/3/11 県土を守る為
2012/3/10 薪アート?
2012/3/9 夜間率調査
2012/3/8 住まいの経過
2012/3/7 荒板テーブル
2012/3/6 廃校?
2012/3/5 魅入る
2012/3/4 旅立ちの式
2012/3/3 年季
2012/3/2 10mの丸太
2012/3/1 有難き多能工
2012/2/29 孫
2012/2/28 気持ち良く
2012/2/27 御入居
2012/2/26 完成見学会
2012/2/25 製材所見学
2012/2/24 火入れ
2012/2/23 山は良し
2012/2/22 疲れの中で
2012/2/21 黒石野
2012/2/20 結婚式
2012/2/19 稼働中
2012/2/18 イーゼル
2012/2/17 皁莢
2012/2/16 凍害要請
2012/2/15 昭和の日本
2012/2/14 優しき温もり
2012/2/13 休息
2012/2/12 絵日記
2012/2/11 練習
2012/2/10 10m丸太
2012/2/9 帰り道
2012/2/8 四禽に叶う
2012/2/7 雨水
2012/2/6 表札
2012/2/5 10m丸太
2012/2/4 立春大吉
2012/2/3 節分
2012/2/2 端材
2012/2/1 今日から2月
2012/1/31 小さな撮影者
2012/1/30 発電効率
2012/1/29 UB打合せ
2012/1/28 赤松
2012/1/27 ヤグラ模型
2012/1/26 納屋
2012/1/25 建て方
2012/1/24 四十四田湖
2012/1/23 感謝御礼
2012/1/22 北山見学会
2012/1/21 四十四田湖
2012/1/20 雪化粧
2012/1/19 丸太梁出番
2012/1/18 伝承2
2012/1/17 センサー灯
2012/1/16 木彫りたち
2012/1/15 氷原湖
2012/1/14 伝承
2012/1/13 棟梁の手技
2012/1/12 杢創舎総勢
2012/1/11 見上げれば月
2012/1/10 車窓から
2012/1/9 三島神社鯱鉾
2012/1/8 沢水
2012/1/7 薪ストーブ
2012/1/6 雪だるま
2012/1/5 二回目の更新
2012/1/5 熾き火
2012/1/4 家内安全
2012/1/3 初詣
2012/1/2 初夢
2012/1/1 2012年
2011/12/31 ビタミン
2011/12/30 神子田朝一
2011/12/29 板材
2011/12/28 塩素実験
2011/12/27 作業場ご訪問
2011/12/26 奥中山
2011/12/25 ハンモック
2011/12/24 頑張ろう日本
2011/12/23 焼津の朝
2011/12/22 駿府城
2011/12/21 競技の雰囲気
2011/12/20 敢闘賞
2011/12/19 技能五輪大会
2011/12/17 技能五輪
2011/12/16 季刊「地域」
2011/12/15 岩手山
2011/12/14 刻み
2011/12/13 暖炉
2011/12/12 上棟式
2011/12/11 南国の写真
2011/12/10 離れ
2011/12/9 茶室2
2011/12/8 茶室
2011/12/7 休憩中
2011/12/6 建て方
2011/12/5 見学会場にて
2011/12/4 渡り鳥
2011/12/3 完成見学会
2011/12/2 古民家見学
2011/12/1 月が丘2
2011/11/30 月が丘
2011/11/29 技能五輪
2011/11/28 三和かまど
2011/11/27 争いの無い世
2011/11/26 高松の池
2011/11/25 テレビ取材
2011/11/24 盛岡の治水
2011/11/23 岩手山
2011/11/22 砥ぎ場
2011/11/21 発表会
2011/11/20 製材所見学
2011/11/19 古民家4
2011/11/18 古民家3
2011/11/17 古民家2
2011/11/16 古民家
2011/11/15 クロステラス
2011/11/14 秋深く
2011/11/13 柿
2011/11/12 50歳
2011/11/11 西松園の庭
2011/11/10 桜花亭
2011/11/9 明治神宮
2011/11/8 代々木公園
2011/11/7 夫婦楠
2011/11/7 朝霧の中で
2011/11/6 全世界大会
2011/11/4 築80年改装
2011/11/3 くん炭ボード
2011/11/2 青春挽歌
2011/11/1 霜月
2011/10/31 秋
2011/10/30 端材を薪に2
2011/10/30 端材を薪に
2011/10/29 桜川さん個展
2011/10/28 四十四田の朝
2011/10/27 荒川商事(有)
2011/10/26 移植
2011/10/25 ちはや展
2011/10/24 太陽光発電
2011/10/23 朴館家
2011/10/22 家への思い
2011/10/21 エンジュ
2011/10/20 伊勢神宮
2011/10/19 クロステラス
2011/10/18 空手世界大会
2011/10/17 桜川さん個展
2011/10/16 完成見学会
2011/10/15 技能五輪
2011/10/14 活鼬ヒ製材所
2011/10/13 冷暖自知
2011/10/12 左大臣
2011/10/11 丸
2011/10/10 高松の池
2011/10/9 流し前の椅子
2011/10/8 家と人。
2011/10/7 創作
2011/10/6 柿渋
2011/10/5 流し前の椅子
2011/10/4 大人も子供も
2011/10/3 木登り遊び
2011/10/2 合唱会場にて
2011/10/1 神無月
2011/9/30 ライトアップ
2011/9/29 苦肉の柵
2011/9/28 ネコと傷
2011/9/27 経年変化
2011/9/26 板壁
2011/9/25 大工道具
2011/9/24 夕日
2011/9/23 経年変化
2011/9/22 台風一過
2011/9/21 家具再生
2011/9/20 懐かしき空
2011/9/19 大槌からの秋
2011/9/18 新人戦
2011/9/17 モルタル壁
2011/9/16 建て方
2011/9/15 万葉にあそぶ
2011/9/14 雨また雨
2011/9/13 欅大黒柱
2011/9/12 完成見学会
2011/9/11 煙突掃除
2011/9/10 木材市場
2011/9/9 発電機
2011/9/8 小屋組み
2011/9/7 女性の大工
2011/9/6 体験学習2
2011/9/5 煙突掃除
2011/9/4 パス
2011/9/3 チームワーク
2011/9/2 大黒柱
2011/9/1 動く壁
2011/8/31 ビーム
2011/8/30 橋から・・
2011/8/29 万葉にあそぶ
2011/8/28 ストーブ研修
2011/8/27 構造見学会
2011/8/26 釜神様へ報告
2011/8/25 クロステラス
2011/8/24 構造見学会
2011/8/23 雲岩寺
2011/8/22 東山堂の夕日
2011/8/21 夏の思い出
2011/8/20 継手
2011/8/19 空が恋しい
2011/8/18 復興地
2011/8/17 線香花火
2011/8/16 エネルギー
2011/8/15 町消失
2011/8/14 岩泉町小本港
2011/8/13 お寺屋根改修
2011/8/12 お盆休み
2011/8/11 赤松の梁
2011/8/10 忍者?
2011/8/9 アルバイト
2011/8/8 うろこ雲
2011/8/7 体験学習続き
2011/8/6 体験学習
2011/8/5 上棟
2011/8/4 好摩
2011/8/3 作業服
2011/8/2 浄水栓
2011/8/1 埋設物
2011/7/31 完成見学会
2011/7/30 200年
2011/7/29 168年
2011/7/28 製材所見学
2011/7/27 写真撮影
2011/7/26 木がある事
2011/7/25 高窓
2011/7/24 セミ
2011/7/23 花火
2011/7/22 岩手山
2011/7/21 津軽石にて
2011/7/20 冷風機
2011/7/19 休憩時間
2011/7/18 日差し除け
2011/7/17 三種類の遮熱
2011/7/16 扇風機
2011/7/15 床下の冷気
2011/7/14 生命力
2011/7/13 上太田より
2011/7/12 太陽熱パネル
2011/7/11 アブラメ
2011/7/10 LED電灯
2011/7/9 大切な事
2011/7/8 雨上がりの朝
2011/7/7 日輪
2011/7/7 庭木見学
2011/7/6 草の波間を
2011/7/5 BBQコンロ
2011/7/4 ダンプ1台
2011/7/4 軽トラ1台
2011/7/3 薪割り
2011/7/2 今の風景
2011/7/1 文月
2011/6/30 輝き
2011/6/29 思い出
2011/6/28 姫神山
2011/6/27 年月の中で
2011/6/26 虹色の部屋
2011/6/25 経年変化2
2011/6/24 経年変化
2011/6/23 掲示板
2011/6/22 雨雲
2011/6/21 薪積み1回目
2011/6/21 支援の薪作り?
2011/6/20 チビギャング!
2011/6/19 丸太
2011/6/18 天声人語
2011/6/17 自給率100%
2011/6/16 土間
2011/6/15 日詰にて
2011/6/14 頑張ろう皆で
2011/6/13 御所野遺跡
2011/6/12 今日は見学会
2011/6/11 山田へ支援
2011/6/11 東屋にて
2011/6/10 木々の緑
2011/6/9 百合の木
2011/6/8 製材所見学1
2011/6/8 製材所見学2
2011/6/8 製材所見学3
2011/6/8 製材所見学4
2011/6/8 製材所見学5
2011/6/7 本日2回目
2011/6/7 草光の夢
2011/6/6 岩洞湖
2011/6/5 歩く歩く
2011/6/4 歩く
2011/6/3 テーブル
2011/6/2 自然の色
2011/6/1 水無月
2011/5/31 アッツザクラ
2011/5/30 伝説
2011/5/29 ポルシェ
2011/5/28 日詰の現場
2011/5/27 生活必需品
2011/5/26 忘れ得ぬ記憶
2011/5/25 軽トラック
2011/5/24 年輪
2011/5/23 見学会にて
2011/5/22 完成見学会
2011/5/21 南部藩植林
2011/5/20 楔100年前
2011/5/19 太陽光
2011/5/18 ボランティア
2011/5/17 無題
2011/5/16 年数度の休み
2011/5/15 仮設住宅
2011/5/14 解体OK
2011/5/13 公園への道
2011/5/12 松園の窓から
2011/5/11 高松の池
2011/5/10 登校
2011/5/9 ゆうひ
2011/5/8 納屋の木組み
2011/5/8 大銀杏
2011/5/7 庭木伐採
2011/5/6 優しい光
2011/5/5 水・・・
2011/5/5 浴室工事4
2011/5/5 突然のライブ
2011/5/5 浴室工事3
2011/5/5 浴室工事2
2011/5/5 浴室工事1
2011/5/4 浴室工事応援
2011/5/3 木の音で
2011/5/2 盛岡の朝
2011/5/1 陸前高田
2011/4/30 行ってきます
2011/4/29 救援物資依頼
2011/4/29 茅葺屋根
2011/4/28 薪搬送
2011/4/27 自然乾燥
2011/4/26 製材所見学
2011/4/25 擁壁保護
2011/4/24 奥の間
2011/4/23 桜の薪
2011/4/22 学び
2011/4/21 仕口
2011/4/20 貸家改修
2011/4/19 木組み
2011/4/18 手渡し
2011/4/17 体が重い・・
2011/4/16 技術の継承
2011/4/15 雪起こしの花
2011/4/14 お昼休み
2011/4/13 入学式
2011/4/12 早池峯神社
2011/4/11 大工道具
2011/4/10 鉋屑利用
2011/4/9 事務所入り口
2011/4/8 停電復旧
2011/4/7 新人入社
2011/4/6 無垢材と家具
2011/4/5 家具との調和
2011/4/4 二回目の更新
2011/4/4 ありがとうございました。
2011/4/3 災害支援のお願いです。
2011/4/2 災害支援のお願いです。
2011/4/1 完成見学会
2011/3/31 無残なる故郷
2011/3/30 防波堤崩壊
2011/3/29 島の越
2011/3/29 保険センター
2011/3/28 支援物資2
2011/3/27 支援のバトン
2011/3/26 支援物資
2011/3/25 自転車屋さん
2011/3/24 鉄板ストーブ
2011/3/23 宮古藤原埠頭
2011/3/22 救援物資
2011/3/21 静かさの中で
2011/3/20 届けましたが
2011/3/19 お米届けます
2011/3/18 太陽光発電
2011/3/17 自転車で
2011/3/16 震災より6日
2011/3/15 震災より5日
2011/3/14 安否確認
2011/3/13 大丈夫ですか
2011/3/11 林檎の木板
2011/3/10 掲示板試作品
2011/3/9 八戸市から
2011/3/8 緑が丘の夜
2011/3/7 50000兆円
2011/3/6 手造り照明
2011/3/5 玄関土間工事
2011/3/4 遮熱カーテン
2011/3/3 展望台より
2011/3/2 古材を扱う技
2011/3/1 無題
2011/2/28 まな板
2011/2/27 ピアノ発表会
2011/2/26 八幡平へ2
2011/2/25 八幡平へ
2011/2/24 清め
2011/2/23 刻み端材の家
2011/2/22 春の気配
2011/2/21 いや〜参った
2011/2/20 砂遊び?
2011/2/19 肩車
2011/2/18 夜の見学会場
2011/2/18 明日見学会2
2011/2/18 明日は見学会
2011/2/17 もう一息
2011/2/16 ネコ土台
2011/2/15 40年のハート
2011/2/14 60年の輝き
2011/2/13 脇板壁
2011/2/12 ベンチ
2011/2/11 雨戸造り
2011/2/10 書院
2011/2/9 木星?
2011/2/8 500億の家
2011/2/7 室内窓
2011/2/6 駐輪場
2011/2/5 岩手山
2011/2/4 鬼退治
2011/2/3 節分
2011/2/2 薪割り
2011/2/1 後ろ姿
2011/1/31 見学会場にて
2011/1/30 待ち時間
2011/1/29 設備危機
2011/1/28 打ち合わせ
2011/1/27 照明器具
2011/1/26 建て方と月
2011/1/25 いい笑顔
2011/1/24 昨日は見学会
2011/1/23 今日は見学会
2011/1/22 明日は見学会
2011/1/21 板倉構造2
2011/1/20 板倉構造
2011/1/19 板倉
2011/1/18 西松園
2011/1/17 休日の仕事
2011/1/16 エコファン
2011/1/15 見上げれば空
2011/1/14 迫る山?
2011/1/13 暖
2011/1/12 棟上げ前
2011/1/11 朝も夕も
2011/1/10 ハンドボール
2011/1/9 手造りサッシ
2011/1/8 手造り板倉
2011/1/7 セルフビルド
2011/1/6 明るく元気に
2011/1/5 岩手山
2011/1/4 迎春
2011/1/3 初散歩2
2011/1/3 初散歩
2011/1/2 初日の出
2011/1/1 謹賀新年
2010/12/31 大晦日
2010/12/30 高松の池
2010/12/29 朝市の帰りに
2010/12/28 雪の妙
2010/12/27 ケーキ作り
2010/12/26 積雪40p超
2010/12/25 雪降り
2010/12/24 クリスマス
2010/12/23 嵐
2010/12/22 冬至
2010/12/21 ケヤキ大黒柱
2010/12/20 御影石
2010/12/19 望遠レンズ
2010/12/18 暖をどうぞ
2010/12/17 雪だるま
2010/12/16 金輪継の梁
2010/12/15 板倉建て方2
2010/12/14 板壁
2010/12/13 板倉建て方
2010/12/12 ハナ2
2010/12/11 ハナ
2010/12/10 ヤマメ
2010/12/9 カマ神様
2010/12/8 恐竜?
2010/12/7 見学会当日2
2010/12/6 見学会当日
2010/12/5 構造見学会
2010/12/4 本日更新2回
2010/12/4 完成見学会
2010/12/3 ケヤキ三本
2010/12/2 採材完了
2010/12/1 構造見学会
2010/11/30 少し前の写真
2010/11/29 竜馬逝く
2010/11/28 散歩
2010/11/27 障子
2010/11/26 天峰山から
2010/11/25 完成写真
2010/11/24 ベンチ
2010/11/23 個別見学会
2010/11/22 上棟式
2010/11/21 塩素・・
2010/11/20 住建会
2010/11/19 伐採見学4
2010/11/18 毛針
2010/11/17 伐採見学3
2010/11/16 伐採見学2
2010/11/16 伐採見学
2010/11/15 犬もご来場?
2010/11/14 セルフビルド
2010/11/13 手摺子
2010/11/12 沈み行く光
2010/11/11 研修生
2010/11/10 油絵2
2010/11/9 油絵
2010/11/9 アクシデント
2010/11/8 自在鉤
2010/11/7 盛岡の朝
2010/11/6 ススキ
2010/11/5 かみなり勉強
2010/11/4 大木
2010/11/3 若き力の源
2010/11/2 腰袋
2010/11/1 披露宴会場
2010/10/31 今日は結婚式
2010/10/30 通し柱
2010/10/29 休憩小屋
2010/10/28 計画時の事
2010/10/27 秋の湖面
2010/10/26 月と高松の林
2010/10/25 願
2010/10/24 阿弥陀如来
2010/10/23 寄り道
2010/10/22 20年経過
2010/10/21 仙台研修
2010/10/20 階段の模型
2010/10/19 石段
2010/10/18 火入れ
2010/10/17 窓と空
2010/10/16 家具搬入
2010/10/15 馴染みました
2010/10/14 けやき
2010/10/13 地鎮祭
2010/10/12 万里一条鉄
2010/10/11 奇跡の海
2010/10/10 不思議の国
2010/10/9 高松の池3
2010/10/8 平和祈念碑
2010/10/7 杉の子
2010/10/6 高松の池2
2010/10/5 高松の池
2010/10/4 さすが岩泉町
2010/10/3 文化祭
2010/10/2 洋梨
2010/10/1 この指とまれ
2010/9/30 いいのだ〜
2010/9/29 茸
2010/9/29 元祖!案山子
2010/9/28 案山子祭り
2010/9/27 秋の収穫
2010/9/26 夕焼け
2010/9/25 火入れ
2010/9/24 小さな宇宙
2010/9/23 滝沢の空
2010/9/22 建て方
2010/9/21 喜寿祝い
2010/9/20 新人戦
2010/9/19 改修工事
2010/9/18 盛岡の喫茶店
2010/9/17 大黒柱
2010/9/16 杉の苗畑
2010/9/15 鳥の子
2010/9/14 杉の子
2010/9/13 完成見学会2
2010/9/12 完成見学会
2010/9/11 お地蔵様
2010/9/10 空
2010/9/9 地貫
2010/9/8 桂清水
2010/9/7 棟札
2010/9/6 祈り
2010/9/5 構造計算
2010/9/4 玄関柱
2010/9/3 栗板
2010/9/2 刻み
2010/9/1 階段2
2010/8/31 階段
2010/8/30 壁
2010/8/29 橋
2010/8/28 薪
2010/8/27 山
2010/8/26 朝
2010/8/25 雲
2010/8/24 孫
2010/8/23 梅
2010/8/22 風
2010/8/21 葦
2010/8/20 雲岩寺
2010/8/19 わっくず
2010/8/18 越し屋根
2010/8/17 長屋の裏
2010/8/16 宇霊羅山
2010/8/15 戦後65年
2010/8/14 お墓参り
2010/8/13 見上げれば夏
2010/8/12 夏の夜
2010/8/11 歩み
2010/8/10 アルバイト2
2010/8/9 アルバイト
2010/8/8 夏祭り
2010/8/7 夏休み
2010/8/6 オーニング
2010/8/5 涼しさの秘訣
2010/8/5 藤原君続き
2010/8/4 さんさ踊り
2010/8/3 ゲゲゲ・・・
2010/8/2 構造見学会
2010/8/1 風
2010/7/31 研修生
2010/7/30 作業場のセミ
2010/7/29 東京にもセミ
2010/7/28 盛夏
2010/7/27 ユメ
2010/7/26 怪奇現象
2010/7/25 夏の雲
2010/7/24 三ツ割
2010/7/23 高い高い〜
2010/7/22 祭壇
2010/7/21 板倉の窓
2010/7/20 地(血)の涙?
2010/7/19 板倉上棟式
2010/7/18 赤松の床
2010/7/17 マツバギク
2010/7/16 ネコとカバン
2010/7/15 「フジモリ」
2010/7/14 栗の大黒柱
2010/7/13 盛岡の朝
2010/7/12 元競馬場
2010/7/11 赤松の床見学
2010/7/10 足元の芽生え
2010/7/9 時の影
2010/7/8 悩み?
2010/7/7 高松建て方3
2010/7/7 出会いと夢
2010/7/6 板倉屋根断熱
2010/7/6 高松建て方2
2010/7/6 高松建て方
2010/7/5 可愛い笑顔
2010/7/4 今日は見学会
2010/7/3 蕎麦屋にて
2010/7/2 不思議な話
2010/7/1 板倉上棟
2010/7/1 古民家見学
2010/6/30 古民家
2010/6/29 板倉建て方
2010/6/29 山と・・
2010/6/28 杉の子
2010/6/27 一戸製材所
2010/6/26 事務所入り口
2010/6/25 鎮め物
2010/6/24 持つべきは友
2010/6/23 岩泉町にて
2010/6/22 設計図
2010/6/21 バドミントン
2010/6/20 レンガ工事
2010/6/20 岩泉の朝
2010/6/19 新二重壁
2010/6/18 作業場隣の畑
2010/6/17 屋根工事
2010/6/16 一目惚れ
2010/6/15 世界の仲間2
2010/6/14 農地にて2
2010/6/13 農地にて
2010/6/12 セルフビルド
2010/6/11 上棟
2010/6/10 笑顔
2010/6/9 建て方
2010/6/8 花巻下幅
2010/6/7 完成見学会
2010/6/6 難逃れた赤松
2010/6/5 滝沢の造園
2010/6/4 滝沢の和室
2010/6/3 雨水タンク
2010/6/2 地中熱の衝撃
2010/6/1 水無月
2010/5/31 ぐっすり〜
2010/5/30 カーテン
2010/5/29 花巻見学会
2010/5/28 ナグリ
2010/5/27 不良丸太
2010/5/26 セルフビルド
2010/5/25 植林体験2
2010/5/24 植林体験
2010/5/23 水素発電
2010/5/22 太陽
2010/5/21 スーパーカブ
2010/5/20 無題
2010/5/19 ウッドデッキ
2010/5/18 月星
2010/5/17 時間待ち
2010/5/16 修学旅行
2010/5/15 無題
2010/5/14 残雪
2010/5/13 雑草
2010/5/12 湖の奏で
2010/5/11 空の奏で
2010/5/10 赤松修正挽き
2010/5/9 パテ塗り
2010/5/8 構造見学会
2010/5/8 そっくり〜
2010/5/7 自宅の夕日
2010/5/6 清水川
2010/5/5 連休4の3
2010/5/5 連休4の2
2010/5/5 連休4
2010/5/4 連休3
2010/5/3 連休2
2010/5/2 連休1
2010/5/1 赤松の出番
2010/4/30 セルフビルド
2010/4/29 バラ園
2010/4/28 窓掃除
2010/4/27 寒い訳だ〜
2010/4/26 和紙のカーテン
2010/4/25 太陽熱温水
2010/4/24 薪
2010/4/23 突然の研修
2010/4/22 ご契約
2010/4/21 クラブエイト
2010/4/20 ギャベ
2010/4/19 産直
2010/4/18 自転車屋さん
2010/4/17 襖
2010/4/16 太陽熱温水
2010/4/15 暖房
2010/4/14 エッ雪?
2010/4/13 改修後の玄関
2010/4/12 バンザイ
2010/4/11 完成!
2010/4/10 時の流れ
2010/4/9 建具2
2010/4/8 一息
2010/4/7 打ち合わせ2
2010/4/6 模型2
2010/4/5 建具
2010/4/4 職人
2010/4/3 神棚
2010/4/2 家と人。20
2010/4/1 打ち合わせ
2010/3/31 含水率
2010/3/30 時代
2010/3/29 子供相談室
2010/3/28 模型
2010/3/27 支え木
2010/3/26 屋根工事
2010/3/25 姫神山
2010/3/24 完成写真
2010/3/23 合掌!
2010/3/22 風水良地?
2010/3/21 完成見学会
2010/3/20 ウォーリズ
2010/3/19 ベセル
2010/3/18 岩手山
2010/3/17 壁仕上げ
2010/3/16 壁塗り
2010/3/15 小泉牛乳店
2010/3/14 パテ処理
2010/3/13 井戸堀
2010/3/12 長く住まう
2010/3/11 雪溶け水
2010/3/10 橋脚
2010/3/9 ケヤキと杉
2010/3/8 薪入荷
2010/3/7 組み合わせ
2010/3/6 基礎配筋と枠
2010/3/5 神棚
2010/3/4 どぉ〜ん!2
2010/3/4 どぉ〜ん!
2010/3/3 基礎配筋
2010/3/2 車庫棚扉
2010/3/1 矢巾外観
2010/2/28 薪棚
2010/2/27 テーブル
2010/2/26 建具
2010/2/25 光の束
2010/2/24 矢巾の現場2
2010/2/23 矢巾の現場
2010/2/22 感謝御礼
2010/2/21 来福
2010/2/20 納戸入口
2010/2/19 花巻完成4
2010/2/19 花巻完成3
2010/2/19 花巻完成2
2010/2/18 花巻完成
2010/2/17 差し合わせ
2010/2/16 銀杏無垢板
2010/2/15 道具造り見習
2010/2/14 雪あかり
2010/2/13 花巻の現場
2010/2/12 松平藩養浩館
2010/2/11 福井県一乗谷
2010/2/10 すやすや
2010/2/9 福井県永平寺
2010/2/8 越の国福井県
2010/2/7 吹雪の後
2010/2/6 矢巾の断熱工事
2010/2/5 ペレット
2010/2/4 岩手山
2010/2/3 地盤調査
2010/2/2 矢巾のその後
2010/2/1 立春近し
2010/1/31 花巻外観
2010/1/30 はだか参り
2010/1/29 早池峯神社
2010/1/28 岩泉の家
2010/1/27 松ぼっくり
2010/1/26 改修工事
2010/1/25 構造見学会2
2010/1/24 種火の薪
2010/1/24 構造見学会
2010/1/23 暖房各種
2010/1/22 彫刻
2010/1/21 矢巾の構造2
2010/1/20 矢巾の構造1
2010/1/19 塀兼用薪棚
2010/1/18 朴舘家住宅3
2010/1/17 朴舘家住宅2
2010/1/16 世界の仲間
2010/1/15 朴舘家住宅
2010/1/14 食器棚
2010/1/13 珍味材の仕上
2010/1/12 珍味(笑)2
2010/1/11 知らせ
2010/1/10 エコワット
2010/1/9 お客様手書き
2010/1/8 珍味(笑)
2010/1/7 炎
2010/1/6 オーニング
2010/1/5 雪の朝
2010/1/4 新聞配達
2010/1/3 本年もみゃ〜
2010/1/2 初詣
2010/1/1 平成22年
2009/12/31 大晦日
2009/12/30 炭焼き窯
2009/12/29 仕事納め
2009/12/28 基礎養生
2009/12/27 先導的モデル
2009/12/26 鉄筋
2009/12/25 流し台
2009/12/24 完成見学会2
2009/12/23 完成見学会
2009/12/22 北上外観
2009/12/21 下足収納
2009/12/20 永井の流し前
2009/12/19 雪
2009/12/18 働き者2
2009/12/17 働き者?
2009/12/16 朝の光
2009/12/15 北上の車庫
2009/12/14 玄関ポーチ材
2009/12/13 草原の朝
2009/12/12 おっと御免
2009/12/11 構造見学会
2009/12/10 北上の現場
2009/12/9 車庫材出発
2009/12/8 朝日
2009/12/7 欅カウンター
2009/12/6 重茂製材所
2009/12/5 持ち込み材?
2009/12/4 重茂半島
2009/12/3 AM7時
2009/12/2 構造現場
2009/12/1 師走
2009/11/30 アフター
2009/11/29 本当に買うの
2009/11/28 買っていい?
2009/11/27 北上の造作
2009/11/26 車庫の赤松
2009/11/25 暁
2009/11/24 雪遊び
2009/11/23 床框
2009/11/22 虹色の雲
2009/11/21 雪
2009/11/20 薪棚工事
2009/11/19 四十四田ダム
2009/11/18 南昌山方面
2009/11/17 玄関ポーチ
2009/11/16 作業場
2009/11/15 内部胴縁
2009/11/14 姫神山
2009/11/13 積み出し
2009/11/12 輝き
2009/11/11 カエデ
2009/11/10 森の精
2009/11/9 一人
2009/11/8 高松の紅葉
2009/11/7 登り梁
2009/11/6 出番待ち
2009/11/5 モコモコ
2009/11/4 凛と・・寒い
2009/11/3 廻り階段
2009/11/2 皆で!
2009/11/1 霜月
2009/10/31 朝靄
2009/10/30 薪配達
2009/10/29 唖然・・
2009/10/28 釜?
2009/10/27 クロステラス
2009/10/26 光る桜葉
2009/10/25 秋深し
2009/10/24 昭和の名残
2009/10/23 伝統と現代
2009/10/22 車庫
2009/10/21 玄関の軒
2009/10/20 木の温もり
2009/10/19 木の香り
2009/10/18 三ッ光り
2009/10/17 改修経過3
2009/10/16 框
2009/10/15 オゾン室
2009/10/14 基礎配筋
2009/10/13 ギンダケ
2009/10/12 改修経過2
2009/10/12 改修工事経過
2009/10/11 構造見学会
2009/10/11 何者ぞ?
2009/10/10 実り
2009/10/9 ボリボリ
2009/10/8 断熱工事機材
2009/10/7 車庫材
2009/10/6 ともかちゃん
2009/10/6 端材の薪
2009/10/5 空2
2009/10/5 空
2009/10/4 皮剥き
2009/10/4 重〜!
2009/10/3 研修生
2009/10/2 今時の遊び
2009/10/1 神無月
2009/9/30 大黒柱出発
2009/9/29 どよん〜
2009/9/28 アタック
2009/9/27 岩手山
2009/9/26 宇霊羅山
2009/9/25 輝き
2009/9/24 光
2009/9/23 大シメジ
2009/9/22 マツタケ
2009/9/21 お彼岸
2009/9/20 キック
2009/9/19 円陣
2009/9/18 レトロ
2009/9/17 改修工事開始
2009/9/16 秋の実り
2009/9/15 祭りの頃
2009/9/14 雨の合間
2009/9/13 上棟式
2009/9/12 マサカリ
2009/9/11 不思議な虹
2009/9/10 鉄筋工事
2009/9/9 チョウナ
2009/9/8 牛
2009/9/7 夕日
2009/9/6 捨てる事無し
2009/9/5 トンボ
2009/9/4 建て方
2009/9/3 自衛隊と遭遇
2009/9/2 捨て猫?
2009/9/1 飛馬2
2009/8/31 行け行け飛馬
2009/8/30 古材と大黒柱
2009/8/29 赤松
2009/8/28 古材
2009/8/27 薪割り
2009/8/26 栗大黒柱
2009/8/25 梅干し
2009/8/24 夏休みと工作
2009/8/23 破風
2009/8/22 地鎮祭
2009/8/21 持ち込み材
2009/8/20 築11年
2009/8/19 鉄筋加工
2009/8/18 モヒカン刈り
2009/8/17 時の揺り籠
2009/8/16 エネルギー2
2009/8/15 エネルギー
2009/8/14 お墓参り
2009/8/13 朝一(市)
2009/8/12 栗テーブル
2009/8/11 太陽熱温度
2009/8/10 御礼
2009/8/9 見学会
2009/8/8 照明器具
2009/8/7 南畑
2009/8/6 板戸
2009/8/5 長期優良住宅
2009/8/4 家族で塗り壁
2009/8/3 フォーラム
2009/8/2 お手伝い
2009/8/1 壁塗り
2009/7/31 マリンランプ
2009/7/30 大正十二年
2009/7/29 川留神社
2009/7/28 太陽光発電
2009/7/27 ネジレ材
2009/7/26 地域材2
2009/7/25 地域材
2009/7/24 ヒートポンプ
2009/7/23 雨天にて残念
2009/7/22 宇宙の出来事
2009/7/21 今日は講演日
2009/7/20 捩じれ材
2009/7/19 古民家
2009/7/18 赤松の梁
2009/7/17 一戸製材所
2009/7/16 お湯が出ない
2009/7/15 ガラス反射光
2009/7/14 屋根断熱
2009/7/13 どこで遊ぶ?
2009/7/12 古材
2009/7/11 豪雨
2009/7/10 太陽熱温水
2009/7/9 断熱工事2
2009/7/8 南畑
2009/7/7 断熱工事
2009/7/6 清め
2009/7/5 松板加工
2009/7/4 巣箱
2009/7/3 職人2
2009/7/2 赤松の板
2009/7/1 セルフビルド
2009/6/30 セルフビルド
2009/6/29 暑ッー
2009/6/28 計画図
2009/6/27 梁の強さ
2009/6/26 井戸
2009/6/25 建物荷重
2009/6/24 板金工事
2009/6/23 職人
2009/6/22 切妻
2009/6/21 仮設トイレ
2009/6/20 基礎工事中に
2009/6/19 家庭菜園
2009/6/18 かくれんぼ
2009/6/17 ウッドデッキ
2009/6/16 デッキより
2009/6/15 上田堤界隈
2009/6/14 太陽熱パネル
2009/6/13 薪棚
2009/6/12 熟睡
2009/6/11 自宅の姫沙羅
2009/6/10 時の記念日
2009/6/9 ヒメシャラ
2009/6/8 芝生
2009/6/7 カモシカ
2009/6/6 今朝は雨
2009/6/5 本日上棟式
2009/6/4 やまぼうし
2009/6/3 煙突掃除2
2009/6/3 煙突掃除
2009/6/2 爺さん目線
2009/6/1 デッキ改修
2009/5/31 職人目線
2009/5/30 子供目線
2009/5/29 蟻・・・
2009/5/28 運動会2
2009/5/27 岩泉の家
2009/5/26 駄目押し?
2009/5/26 そのまた続き
2009/5/26 続き
2009/5/26 私の薪割り
2009/5/26 専務の薪割り
2009/5/25 3歳と薪割機
2009/5/24 運動会
2009/5/23 抜根
2009/5/22 時代へ逆行?
2009/5/21 丸太製材後
2009/5/20 無垢
2009/5/19 虹
2009/5/18 伐根
2009/5/17 孫を抱く叔父
2009/5/16 桜草
2009/5/15 薪丸太入荷
2009/5/14 雨
2009/5/13 仲良し?
2009/5/12 面取り
2009/5/11 植林体験
2009/5/10 菜の花畑
2009/5/9 タンポポ
2009/5/8 小屋の窓
2009/5/7 釣人と姫神山
2009/5/6 流木
2009/5/6 小鳥2
2009/5/5 小鳥
2009/5/4 繋ぎ材
2009/5/3 朝靄
2009/5/2 皐月
2009/5/1 高松の桜
2009/4/30 太陽熱パネル
2009/4/29 記念樹と山
2009/4/28 杭打ち
2009/4/27 製材見学2
2009/4/26 岩鷲山
2009/4/25 製材見学
2009/4/24 古材と大工
2009/4/23 古材
2009/4/22 敷地造り
2009/4/21 羊さんと孫
2009/4/20 見学会
2009/4/19 岩手山は?
2009/4/18 花巻4
2009/4/17 花巻3
2009/4/16 花巻2
2009/4/15 花巻
2009/4/14 打ち出の小槌
2009/4/13 斧
2009/4/12 煙突掃除
2009/4/11 塀工事
2009/4/10 岩手山
2009/4/9 花巻
2009/4/8 ピラミッド?
2009/4/7 小本港
2009/4/6 薪割り
2009/4/5 朝日
2009/4/4 清明
2009/4/3 浴室改修
2009/4/2 早朝2
2009/4/1 上田堤界隈
2009/3/31 早朝
2009/3/29 完成写真撮影
2009/3/27 Gブロック
2009/3/26 薪搬送
2009/3/24 薪
2009/3/23 昭和の時代
2009/3/22 赤松
2009/3/20 秋田3
2009/3/19 秋田2
2009/3/18 秋田
2009/3/17 経年変化2
2009/3/15 経年変化
2009/3/14 道
2009/3/13 木造
2009/3/12 102年
2009/3/11 心
2009/3/10 披露宴
2009/3/8 赤松伐採
2009/3/7 風邪
2009/3/6 竿縁天井
2009/3/5 講演
2009/3/3 指揮者
2009/3/2 ケヤキ
2009/2/28 花巻
2009/2/28 永田町
2009/2/26 広葉樹
2009/2/24 頑張って!
2009/2/23 薪棚
2009/2/22 薪ストーブ
2009/2/20 床の間
2009/2/19 囲炉裏
2009/2/18 太陽熱パネル
2009/2/17 防湿シート
2009/2/16 壁充填断熱2
2009/2/15 披露宴
2009/2/15 壁充填断熱
2009/2/14 13日の続き
2009/2/13 透湿防水シート
2009/2/12 12日2回目
2009/2/11 ↑09.2/12〜09.1/27まで日記記録消失してしまいました。
2009/1/27 小屋梁
2009/1/26 梁桁組開始10
2009/1/26 梁桁組開始9
2009/1/26 梁桁組開始8
2009/1/26 梁桁組開始7
2009/1/26 梁桁組開始6
2009/1/26 梁桁組開始5
2009/1/26 梁桁組開始4
2009/1/26 梁桁組開始3
2009/1/26 梁桁組開始2
2009/1/26 梁桁組開始
2009/1/25 大黒柱
2009/1/24 柱建て
2009/1/23 土台敷き
2009/1/22 通し柱2
2009/1/21 通し柱
2009/1/20 杉
2009/1/19 刻み
2009/1/18 仕口6
2009/1/17 仕口5
2009/1/16 仕口4
2009/1/15 仕口3
2009/1/14 働き者?
2009/1/13 仕口2
2009/1/12 仕口1
2009/1/11 土台の墨2
2009/1/10 含水率
2009/1/9 土台の墨
2009/1/8 ロフトの朝
2009/1/7 清め
2009/1/6 古民家移築
2009/1/5 ↑09.1/6〜08.12/29まで日記記録消失してしまいました。
2008/12/29 生コン打込
2008/12/28 番付け
2008/12/27 荷重負担基礎
2008/12/26 吊枠
2008/12/25 鉄筋加工
2008/12/24 配筋検査
2008/12/23 配筋
2008/12/22 明日は見学会
2008/12/21 転圧
2008/12/20 総堀
2008/12/19 地盤状況
2008/12/18 着工
2008/12/17 墨付け開始
2008/12/16 製材所
2008/12/15 製材見学
2008/12/14 山4
2008/12/13 山3
2008/12/12 山2
2008/12/11 山1
2008/12/10 天然乾燥
2008/12/9 修正挽き
2008/12/8 復活!
2008/12/6 数日休みます
2008/12/2 室小路
2008/12/1 師走
2008/11/30 小話2
2008/11/29 小話
2008/11/28 林業振興
2008/11/27 爽快
2008/11/26 やさしさ
2008/11/25 雪景色
2008/11/24 ↑08.11/25〜08.9/3まで日記記録消失してしまいました。
2008/9/3 庭7
2008/9/2 庭6
2008/9/1 庭5
2008/8/31 庭4
2008/8/31 岩泉4
2008/8/30 庭3
2008/8/30 庭2
2008/8/29 庭
2008/8/28 ネズコ
2008/8/27 夕焼け
2008/8/26 岩泉3
2008/8/26 岩泉2
2008/8/26 岩泉
2008/8/25 四十四田ダム
2008/8/24 南畑3
2008/8/23 南畑2
2008/8/22 南畑
2008/8/21 聖心幼稚園
2008/8/20 仕事中
2008/8/19 金剛力士
2008/8/18 秋の気配
2008/8/17 太洋の子丸
2008/8/16 上田堤界隈
2008/8/15 雲岩寺
2008/8/14 祈り3
2008/8/13 祈り2
2008/8/12 祈り
2008/8/11 掃気システム
2008/8/10 夏祭り
2008/8/9 上田堤界隈
2008/8/8 真夏
2008/8/7 反り止め
2008/8/6 胴割り丸太
2008/8/5 大工道具3
2008/8/4 無題
2008/8/3 大工道具2
2008/8/2 経木?
2008/8/1 道具と仕口
2008/8/31 栗の曲り梁
2008/7/30 枘
2008/7/29 組み合わせ
2008/7/28 通し柱
2008/7/27 忍2
2008/7/26 引き継?
2008/7/25 忍
2008/7/24 かなわつぎ
2008/7/23 差し鴨居
2008/7/22 蟻落とし
2008/7/21 チョウナ
2008/7/20 残材
2008/7/19 組んで確かめ
2008/7/18 岩泉外観
2008/7/17 何してるの?
2008/7/16 仕口2
2008/7/16 仕口
2008/7/15 大工道具1
2008/7/14 車知栓継2
2008/7/13 小根柄と鎌継
2008/7/12 丸カンナ3
2008/7/12 丸カンナ2
2008/7/12 丸カンナ1
2008/7/11 車知栓
2008/7/10 マサカリ
2008/7/9 窓下地枠
2008/7/8 金輪継
2008/7/7 昼寝
2008/7/6 屋根裏
2008/7/5 地盤改良2
2008/7/4 餅まき
2008/7/3 ネコとザック
2008/7/2 岩泉の現場3
2008/7/1 シロアリ
2008/6/30 地盤改良
2008/6/29 岩泉の現場2
2008/6/28 岩泉の現場
2008/6/27 ガッシュ
2008/6/26 再利用
2008/6/25 出会い
2008/6/24 木登り
2008/6/23 フォーラム2
2008/6/22 フォーラム
2008/6/21 潮風
2008/6/20 思い出
2008/6/19 訃報
2008/6/18 仙台
2008/6/17 伏図
2008/6/16 自転車
2008/6/15 祝詞
2008/6/14 上棟式
2008/6/13 北上の外壁
2008/6/12 働き者
2008/6/11 家庭菜園
2008/6/10 木登り
2008/6/9 濡れ縁完成
2008/6/8 庭造り
2008/6/7 濡れ縁の足
2008/6/6 岩泉3
2008/6/5 岩泉2
2008/6/5 岩泉2
2008/6/5 岩泉
2008/6/4 土壁と左官
2008/6/4 土壁と曲り梁
2008/6/3 棟上げ
2008/6/3 棟上げ
2008/6/2 薪割り3
2008/6/2 薪割り2
2008/6/1 薪割り
2008/5/31 2階床組
2008/5/30 四方差し
2008/5/29 土台
2008/5/28 柱建て
2008/5/27 瓦の屋根
2008/5/26 岩泉建方開始
2008/5/25 迷路
2008/5/24 運動会
2008/5/23 大黒柱2
2008/5/22 塗り壁
2008/5/21 確認
2008/5/20 太陽熱温水
2008/5/19 南畑
2008/5/19 朝の岩洞湖
2008/5/18 土壁の家
2008/5/17 煙突掃除
2008/5/17 次はネコと
2008/5/17 大の字
2008/5/16 日向ぼっこ
2008/5/15 大黒柱
2008/5/14 唇?
2008/5/13 北上の現場
2008/5/12 古民家
2008/5/11 換気口
2008/5/10 刻み
2008/5/9 天空に向かい
2008/5/8 木材選出
2008/5/7 ちば動物病院
2008/5/6 一輪車
2008/5/5 出来る事を
2008/5/4 鞍掛山
2008/5/3 お疲れ様です
2008/5/2 薪棚と物置
2008/5/1 ギャラリー
2008/4/30 清め
2008/4/29 草?
2008/4/28 北上の基礎
2008/4/27 植林
2008/4/26 披露宴
2008/4/25 斗栱
2008/4/24 原寸
2008/4/23 上田堤界隈
2008/4/22 満開
2008/4/21 清め
2008/4/20 花見3
2008/4/20 花見2
2008/4/20 花見1
2008/4/20 古民家と松
2008/4/19 サクラ
2008/4/18 南畑
2008/4/17 基礎工事
2008/4/16 清水畑製材所
2008/4/15 岩泉の青空
2008/4/14 岩手山2
2008/4/13 岩手山
2008/4/12 上田堤界隈
2008/4/11 白樺
2008/4/10 洗面台
2008/4/9 基礎配筋
2008/4/8 四人家族
2008/4/7 三和土?
2008/4/6 トラック
2008/4/5 家族
2008/4/5 間仕切り
2008/4/4 岩泉町の工事
2008/4/3 北山トンネル
2008/4/2 造り付家具
2008/4/1 誕生日
2008/4/1 順番待ち
2008/3/31 また会う日が
2008/3/30 御礼
2008/3/29 松園照明受台
2008/3/28 松園見学会
2008/3/27 夫婦山?
2008/3/26 小舞壁
2008/3/25 倒木橋
2008/3/24 吊り橋
2008/3/23 地鎮祭
2008/3/22 北澤アート
2008/3/21 風力発電
2008/3/20 卒業証書
2008/3/19 卒業
2008/3/18 丸太橋
2008/3/17 窓から
2008/3/16 岩泉
2008/3/15 左官壁
2008/3/14 古材
2008/3/13 鉄板!
2008/3/12 松園
2008/3/11 村崎野
2008/3/10 洞清水外観
2008/3/9 ご家族で・・
2008/3/8 エコワット
2008/3/7 南昌山方面
2008/3/6 姫神山
2008/3/5 性善説
2008/3/4 しだれやなぎ
2008/3/3 薪と暮らし
2008/3/2 雪解け(溶け)
2008/3/1 縄梯子
2008/2/29 杉通し柱2
2008/2/28 杉の通し柱
2008/2/27 岩泉
2008/2/26 外壁鋼板
2008/2/25 冬の夕日
2008/2/24 薪
2008/2/23 壊れても・・
2008/2/22 カウンター等
2008/2/21 竪穴式住居
2008/2/20 壁断熱
2008/2/19 製材
2008/2/18 框2
2008/2/17 四十四田ダム
2008/2/16 框
2008/2/15 風呂桶
2008/2/14 外山道
2008/2/13 岩手鉱業所
2008/2/12 不思議な屋根
2008/2/11 新月
2008/2/10 お知らせ
2008/2/9 日本一
2008/2/8 古墳
2008/2/7 ベンダー
2008/2/6 パッシブ換気
2008/2/5 自宅の雪祭り
2008/2/4 製材2
2008/2/3 熱き思い
2008/2/2 松園
2008/2/1 製材
2008/1/31 洞清水
2008/1/30 矢巾の外観
2008/1/29 岩洞湖
2008/1/28 銅板屋根
2008/1/27 天峰山から
2008/1/26 完成お引渡し
2008/1/25 TV撮影
2008/1/24 看板
2008/1/23 屋根工事開始
2008/1/22 屋根断熱工事
2008/1/21 南部鉄器
2008/1/20 上棟式
2008/1/19 薪入荷
2008/1/18 四十四田ダム
2008/1/17 杉皮
2008/1/16 松園
2008/1/15 洞清水
2008/1/14 棟上げ
2008/1/13 宿題
2008/1/12 姉と弟二人旅
2008/1/11 松園建て方3
2008/1/11 松園建て方2
2008/1/11 松園建て方1
2008/1/10 新上田堤界隈
2008/1/9 鎌継ぎ
2008/1/8 柱建て
2008/1/7 配線隠し
2008/1/6 薪温水循環機
2008/1/5 ネコのお手伝
2008/1/4 板塀
2008/1/3 日の出の続き
2008/1/2 2日の日の出
2008/1/1 新年
2007/12/31 大晦日
2007/12/30 門松
2007/12/29 乾杯!
2007/12/28 矢巾は追込み
2007/12/27 踏み切り
2007/12/26 日の出前
2007/12/25 火星?
2007/12/24 薪ストーブ2
2007/12/23 西仙北の井戸
2007/12/22 お湯が沸く
2007/12/21 玉山の刻み場
2007/12/20 冬景色
2007/12/19 岩手山
2007/12/18 作業場
2007/12/17 基礎配筋
2007/12/16 薪割り2
2007/12/15 朝日
2007/12/14 ネコは家
2007/12/13 雪道
2007/12/12 昭和初期
2007/12/11 温もり
2007/12/10 溜め息
2007/12/9 薪割り
2007/12/8 ひかり付け
2007/12/7 薪ストーブ
2007/12/6 タイコ梁
2007/12/5 雪にも負けず
2007/12/4 アイヌ犬
2007/12/3 自宅1
2007/12/2 完成見学会
2007/12/1 松園
2007/11/30 明日は見学会
2007/11/29 刻み
2007/11/28 丸
2007/11/27 お宝
2007/11/26 冬場の養生
2007/11/25 床塗り
2007/11/24 矢巾
2007/11/23 ペレットの炎
2007/11/22 戸締り
2007/11/21 基礎工事2
2007/11/20 基礎工事
2007/11/19 左官道具
2007/11/18 予定表の歌?
2007/11/17 左官
2007/11/16 落葉松90年
2007/11/15 ステンドガラス
2007/11/14 地中梁
2007/11/12 薪
2007/11/11 寂しそうな倉
2007/11/10 自主施工?
2007/11/9 高松池の紅葉
2007/11/8 造材2
2007/11/8 造材1
2007/11/7 八牧山林の杉
2007/11/6 魚の群れ
2007/11/5 矢巾の屋根
2007/11/4 薪棚
2007/11/3 煙突掃除3
2007/11/3 煙突掃除2
2007/11/3 煙突掃除1
2007/11/2 洞清水の遣り方
2007/11/1 栗と茸と猫
2007/10/31 FSC森林認証
2007/10/30 南昌荘
2007/10/29 矢巾建て方7
2007/10/29 矢巾建て方6
2007/10/29 矢巾建て方5
2007/10/29 矢巾建て方4
2007/10/29 矢巾建て方3
2007/10/29 矢巾建て方2
2007/10/29 矢巾建て方1
2007/10/28 木登り4
2007/10/28 木登り3
2007/10/28 木登り2
2007/10/28 木登り1
2007/10/27 徳清倉庫2
2007/10/27 徳清倉庫1
2007/10/26 薪ストーブ
2007/10/25 根切り
2007/10/24 煙突取付工事
2007/10/23 湧き水
2007/10/22 簡易チェンソー
2007/10/21 栗
2007/10/20 三ッ石の手形
2007/10/19 早坂トンネル3
2007/10/19 早坂トンネル2
2007/10/19 早坂トンネル1
2007/10/18 土留め
2007/10/17 壁断熱
2007/10/16 スラブヒーター
2007/10/15 影降臨?
2007/10/14 若松城天守閣
2007/10/13 郡山
2007/10/12 栗材の製材
2007/10/11 矢巾基礎2
2007/10/11 矢巾基礎1
2007/10/10 屯所
2007/10/9 栗テーブル
2007/10/8 井戸
2007/10/7 祭り
2007/10/6 OLD-TIME
2007/10/5 葉枯らし
2007/10/4 2階床張り
2007/10/3 松茸
2007/10/2 のどか
2007/10/1 浴室枠
2007/9/30 稲刈り
2007/9/29 中央通構造壁3
2007/9/29 中央通構造壁2
2007/9/29 中央通構造壁1
2007/9/28 チョウナ立て
2007/9/27 墨壺
2007/9/26 矢巾の基礎2
2007/9/26 矢巾の基礎1
2007/9/25 屋根板金
2007/9/24 日曜の上田堤
2007/9/23 今朝の山
2007/9/22 けんけんパ
2007/9/21 屋根工事
2007/9/21 屋根断熱工事
2007/9/20 屋根工事続き
2007/9/19 軒先補助断熱
2007/9/19 断熱用シート
2007/9/19 タルキ掛け
2007/9/19 あおり止め
2007/9/19 母屋の楔
2007/9/19 中央通屋根続き
2007/9/18 猫じゃらし
2007/9/17 稲穂2
2007/9/16 15日の中央通り
2007/9/15 今時の遊び
2007/9/14 14日の中央通り
2007/9/13 13日の建て方
2007/9/12 12日の建て方
2007/9/11 11日の建方
2007/9/10 柱建て4
2007/9/10 柱建て3
2007/9/10 柱建て2
2007/9/10 柱建て1
2007/9/9 虹
2007/9/8 40代と20代
2007/9/7 鉋掛け
2007/9/6 土台敷き
2007/9/5 92才と2?才
2007/9/4 92年の杉伐倒
2007/9/3 鉞(まさかり)
2007/9/2 四階倉庫
2007/9/1 道程(みちのり)
2007/8/31 雨の中
2007/8/30 井戸堀
2007/8/29 夕陽
2007/8/28 稲穂
2007/8/27 梅干
2007/8/26 日曜日 2
2007/8/26 日曜日 1
2007/8/25 オリジナル照明
2007/8/24 絲し舎 4
2007/8/23 長女と孫
2007/8/22 水遊び
2007/8/21 自由研究
2007/8/20 オカリナ
2007/8/19 オルゴール
2007/8/18 魚
2007/8/17 トンボ
2007/8/16 手掴み出来た
2007/8/15 龍
2007/8/14 お墓参り
2007/8/13 朝市
2007/8/12 絲し舎 3
2007/8/12 絲し舎 2
2007/8/12 絲し舎 1
2007/8/11 11日-4 補強3
2007/8/11 11日-3 補強2
2007/8/11 11日-2 補強1
2007/8/11 11日-1 胴割れ
2007/8/10 曲がり梁
2007/8/9 盛岡の山里
2007/8/8 樹齢92年の杉
2007/8/7 手作り照明
2007/8/6 ガラスブロック
2007/8/5 小さな見学会
2007/8/4 皆で床塗装
2007/8/3 蘇った栗板
2007/8/2 清め
2007/8/1 脱皮
2007/7/31 静寂
2007/7/30 トマト
2007/7/29 ビー球
2007/7/28 川留神社
2007/7/27 夕日
2007/7/26 屋根断熱
2007/7/25 木梁158本
2007/7/24 朝焼け
2007/7/23 古時計と約束
2007/7/22 まさかの続き
2007/7/21 まさか!
2007/7/20 四十四田住宅
2007/7/19 八尺(ハッシャク)
2007/7/18 墨付け
2007/7/17 修学旅行
2007/7/16 16日-5 曲り梁
2007/7/16 16日-4 土壁
2007/7/16 16日-3 敷居楔
2007/7/16 16日-2 床板
2007/7/16 16日-1 解体前
2007/7/14 映画館通り
2007/7/13 基礎工事
2007/7/12 中央通の井戸
2007/7/11 産直

 

   
  煙突掃除
 
  2008/5/17
   今日3回目の日記です。事務所の煙突掃除をしました。そして、他2軒まわったので合計3軒の煙突掃除ができました。ただ、我が家の2階にも薪ストーブがあるので、4台の煙突掃除を行ったことになりました。他に、ストーブ本体の修理もしたので、一日に5台の薪ストーブに触る、薪ストーブ尽くしの一日でした。最後の1台は森に任せて私はこれから岩泉町に打ち合わせに向かいます。
 ということで、煙突掃除始めました。今度は24日にセッティングしようと考えていますが、この日記をご覧いただいているお客さまでご希望の方は、メールなどにてお問い合わせいただければ幸いです。

※本日(17日)の日記は、「大の字」「次はネコと」「煙突掃除」でした。明日は、南畑で工事着手の清めを行います。
 
 
   
  次はネコと
 
  2008/5/17
   今日は2回目の日記。デッキでネコと遊ぶ娘の上にあるのが、太陽熱温水パネルです。3枚のパネルで300リットルのお湯を沸かしますが、良い時で45度程度になります。パネル4枚で日当たりもよければ、60度ぐらいにはなりそうです。電気使用量もあきらかに下がり始めました。私たちは、暖房だけでなくお湯を沸かすのにもエネルギーを沢山使うと言われていますから、こうして太陽の熱でお湯を沸かすローテクにも目を向けてもいいと思います。設置費も比較的安く、エコキュートとほとんど同額ぐらいです。エコキュートが、空気のヒートポンプとすればこちらは太陽のヒートポンプ的に捉えていただくと分かりやすいと思います(内容はもちろん違いますが)。
 ところで、この子供たちは新居に越してから一度も風邪をひいていませんし、シックハウスは当然無縁です。お客さまからも同様のお話をたくさんいただいてもいます。健康が一番大切ですよね。
 
 
   
  大の字
 
  2008/5/17
   昨日はネコ、今日は娘のウッドデッキでの姿・・・御淑やかの反対には違いないが気持ちよさそう。カメの甲羅干しもできて、プランターにはトマトの小さな実が1個・・・太陽熱温水器も載せてあるウッドデッキは、我が家の楽しみを増やしてくれた。満足・・・早く完成させたいが・・・何時になる事やら・・・
 
 
   
  日向ぼっこ
 
  2008/5/16
   家のネコ! 90%完成?のデッキに置きっ放しの脚立の中にて・・・
 昼休みのほんの少しの時間、デッキに寝転がり大きく背伸びしてネコと一緒に・・・おひさまポカポカいい気持ち・・・僅か5分の心地よさ・・・ウッドデッキ、いいね〜。
 
 
   
  大黒柱
 
  2008/5/15
   刻み場では、いよいよケヤキの大黒柱に手が付き始めました。突然携帯電話に遠山棟梁から「大黒の番付けはどうする」と電話があり、慌てて直行したのです。早い話が、四面見える柱の向きを、どの方向にどう向けるかを決める打ち合わせです。原木時点では、8mで直径50pの丸太を12角形にほぼ丸く挽いてもらいました。岩泉の近藤木材さんからの提案でしたが、この通りの迫力でどう仕上がるか楽しみです。ただ、丸いのでコロコロと転がりやすく気を抜けない作業であり、皆さん怪我をしないように注しながらお願いします。ところで、人生の中でこの様な柱を扱う経験はどのぐらい出来るのか考えると、敬虔な気分になります。
 これまで、ケヤキ8寸の通し柱・タモ8寸の通し柱・クリ6寸の通し柱・ヒノキ8寸の通し柱・スギ8寸の通し柱・10寸以上のケヤキが2本・栗も5寸6寸8寸10寸と何本も扱い、エンジュやキハダにクワ・サクラとさまざまの大黒柱を使った住まいを建てさせていただいてきました。たぶん、この業界に生業を得ている者としては、幸せなところにいるのかもしれません。生きる糧としては、この大黒柱で儲けたことはなく、喜んでいただける事が幸せと感じて、手に入った順にそのまま出会いと称して、ご提供させていただいてきました。その分、毎回大きな出会いがあって、後悔したことは一度もありません。今後もそうした事を続けて行ければいいのですが、山が苦しみだすと結局良い材も入手が難しくなります。くじけそうになる気持ちを自分で励まして、やはり一歩一歩の継続を頑張ろうと思いました。大きなケヤキに励まされた気分です。作業場も現場も皆な頑張っています。

※一晩明けて読み返すと、脱字が多くて気がつくところを直しましたが、失礼しました。(お恥ずかしい・・・)
 
 
   
  唇?
 
  2008/5/14
   意味もなくこの写真を使ってしまいました。親バカというか?本当のバカだったりして・・・(汗)
 今日突然、神戸に本社がある「木童」の方々が大勢で弊社を訪ねてくれました。桐油をよく使うからだと思いますが、なんでも木童(こどう)さんのブログにも載せてくれるとかで嬉しいかぎりです。直かどうかは分かりませんが、このアドレスです。よろしくお願いします。
 http://www.kodoh.co.jp/

 実は、元祖ポテトチップス! 屋根から落ちて入院した時には大変お世話になりました(笑)・・・家族しか知らない話!
 
 
   
  北上の現場
 
  2008/5/13
   北上の増築工事が予定通りに進んでいます。この写真は、1階の下屋根部分ですが、2.5寸と4.5寸に勾配を変えた折込屋根部分です。登り梁を、この様に二本の梁で挟んでから更に上の登りを掛ける、段違い納めとしてみました。図面を書きながら悩む方も大変でしたが、それを綺麗に形に表わす大工の技は素晴らしいと思います。そして、偶然にもタイミングよく入手した栗材が登り梁となりました。割れていたり曲りがあったりで一目では値打ちが下がる材でしたが、この通り良いところを上手く使って仕上げたので、当時の面影はなく、初めて現場で見る人は「全て栗の登り梁とは、なんと贅沢な・・・」と、思うかもしれません。もちろん、先方からどうにか買ってくれと言われた品なので、非常に安く購入できたわけです。とは言え何十年も育った樹木に失礼なので、相手が望む金額は確りとお支払させていただきました。皆が納得で、メデタシめでたしです。
 ちなみに、杉は製品でm3単価¥50,000前後〜ぐらいですが、栗は¥160,000前後〜ぐらいですから約3倍です。ただ、杉でも無節などになると10万20万30万40万・・・と値が上がるので、木材の価値とは不思議なものです。目線を変えると、CO2も冬と夏では量に変動があるそうですが、やはり樹木が盛んに生長する季節はCO2が少なくなるので、CO2削減には自然の木々が必要と分かります。大切に、そして立派に、生かして使いたいと思いました。
 
 
   
  古民家
 
  2008/5/12
   北上の現場に向う道中の道路端で撮影しました。花巻市にある古民家ですが、昔はこうして屋根からも自然に換気出来ていたのかもしれません。これで、暖かければ良かったのですが・・・
 ところで、昨日の換気口の写真を見ながら藤原がポツリと呟くではないですか、「私の実家では第1種の熱交換換気ですが、匂いがひどくて今や止めています。○○ホームで建てましたが、10年間24時間換気があるとの認識がなく・・・」との話です。業者からの説明があったのか無かったのか?冬の一時期しか稼働させていなかったとかで、家族全員シックハウスの症状がでていたらしいです。弊社に入社してから換気の仕組みが分かり、きちんと使おうと思ったら臭いので使用を止めているそうです。
 ンーッそうですか〜何とも・・・私たち業者は、本当に一番いい家は何かをきちんと説明できるのでしょうか? 私的には、やはり現在あるものの中でよく考えて選んでいるつもりですが、全て一長一短があります。毎回、良い物を造ろうと思いながらやってきましたし、新たな情報には敏感になっていたつもりでもあります。そうした中で、昔からある不変のものにも魅入られるのです。何があろうと変わりないのは、そこに住むご家族の笑顔を大切にしたいという思いです。家の中を機械的に管理するギャップに悩みながら良きものを見つめたいと思いました。
 
 
   
  換気口
 
  2008/5/11
   昨日(10日の土曜日)、追加工事のご依頼をいただいたお客様の工事ついでに24時間換気の吸排気口の清掃をさせていただきました。開けてみるとこの通り・・・この写真は洗面所の浴室入口付近ですが、台所が一番すごかったそうです。換気本体にもかなりの埃が付着していました。以前、岩手県立大学の建築の先生に換気ダクト内の汚れの凄さを教えられた事がありますが、正しくこの通りです。定期的な掃除が必要と思いますが、意外とやらないものですね・・・熱交換型の室内にもダクトで換気を行う場合は特に掃除が大切だと改めて思いました。
 ところで、Q値1.0を目標にするときにこの換気の選択が大きな課題になります。同じ断熱性能でも、熱交換とそうでない第3種換気ではQ値は違います。逆に3種換気で熱交換と同じQ値1.0を可能にしようとすれば、断熱性能と開口部の性能はかなり上げないとなりません(同じ条件の建物での話)。どっちが良いのだろうとごく自然に思うのでした。今度、具体的に書いてみたいと思いますが、今から出かけるので後日また・・・
 
 
   
  刻み
 
  2008/5/10
   作業場では、刻んだ木材を組んでは外し継ぎ手の具合を確かめる作業が続いている。また、こうして組んで(写真は外しているところ)2本の木材を一緒に鉋にて削るので、継ぎ目に段差なく綺麗に仕上がってくる。これを1本つづ行う作業は確かに非効率的で時間が掛かる。予算がどんどん厳しくなって、皆がこうした作業を止めてプレカットに走るようになった。プレカットは確かに速くて安い、40坪の住宅だと3日もあれば30万ぐらいで出来てしまうし、更に安くさせて喜んでいる業者も確かにいる。被災地で今すぐ家が欲しい人には、プレハブ系の住宅が対応できるし、木造でもプレカットで規格住宅の方が対応が効く。でも、これを進化と云うのだろうか?まして、普通の環境の中で家を建てようと考えている人が、手刻みを嫌い機械化された家造りを望むのだろうか?私は違うと思うし、お客様も知らないだけのような気がする。
 CO2削減のため白熱電球の使用が制限されて蛍光灯が主流になりそうな時代が来ている。大量消費大量生産もそのうち出来なくなるとすれば、こうした手刻みにも目が向けられる日が来るかもしれない。そうした、時代背景に関係なくこの写真のような今では多少珍しくなった場面を毎日見ながら、なんとか継続している。いや、継続してもらっている。公園の木々や自然の中で癒されるがごとく、私もこうして働いている大工さんたちの中で気がつくと癒されているような気がする。1本1本丁寧に刻むその姿の中に、毎日感動が溢れているから。
 
 
   
  天空に向かい
 
  2008/5/9
   最近、良いニュースを聞くことが少なくなったような気がします。日本では人の命をいとも簡単に奪う悲しく怒りを覚える事件が相次ぎ、ミャンマーでは自然災害の驚異により多くの人たちが無くなる痛ましい災害・・・レバノンなどの銃撃戦は日本に住んでいると実感できないほどです。同じ地球上で同じ人間が営む生活なのに、地域や人により全く別な環境で生きているのです。自分自身を振り返り、無力でお粗末ながらも今営むこの環境の中で今この時を出来る限り懸命に正しく、頑張らなければならない様に感じます。ただ、その正しさが間違っていないことを誰が認めてくれるでしょうか?それは分からないこと?もしかして自分自身が一番分かること?せめて出来ることを探すと、身近の人を傷つけないこと?目にした小さなことに手を差し伸べること?簡単そうで難しいのかもしれないが、何かをしたくなる気分です。
 ただ、身近で一番苦しいニュースは燃料代や材料の値上がりです。石油の枯渇ならまだしも、これで年収1億稼いでいる奴もいるそうで・・・溜息。

 星野道夫さんの「森に還る日」から一編

 森の主人公とは、
 天空に向かって伸びる生者たちではなく、
 養木となって
 次の世代を支える死者たちのような気さえしてくる。
 生と死の境がぼんやりとして、
 森全体がひとつの意志をもって旅をしているのだ。
 
 
   
  木材選出
 
  2008/5/8
   今日は、岩泉町から朝早く盛岡に戻り、盛岡市森林組合製材工場にて南畑の新築住宅に使う木材の選び出しを行いました。現地に専務と二人で到着すると、この通り一本一本見やすく並べてくれているではないですか・・・感謝!感謝!。2年越し、若しくはそれ以上の赤松がタイコに挽かれて乾燥しており、どこに使うか決めながら全てに番号を付けて行く作業です。当然長時間かかる作業なので、森林組合のお二人には申し訳ないと思いながらも、妥協できない時間が過ぎていきます。テレビでも私が働く場面が多く取り上げられてしまいましたが、本当は今日のこの作業が一番時間が掛かります。というのも、一度使う場所を決めた後で更に気に入る材に出会うと入れ替えるからです。さすがに、私を使えと木が話しかけるまでの領域には達していませんが、なるべく出会った材の全てを生かして使いたくなります。そうしていると、思いがけない出会いが必ずあるものです。実は、4.9mや5.4mと中途半端な杉の梁が10本もあるのです。岩泉のデッキは4.5m幅なので、3mの梁を繋いで架構を組むつもりでしたが、これなら継がずに1本で掛け込むことが出来るではないですか・・・しかも、森林組合サンは不揃いの寸法で販売に困って3年以上も放置していた材です。いい事ありますね。お金との触れ合いは辛くても、木材とのこうした触れ合いは楽しいのです(笑)。
 さて、話は最近のエコ住宅事情です。いろいろな情報が溢れており、各社宣伝にも余念がなく時代の先取りで凄いですね。ガルバの外壁もセルローズの断熱も宣伝されていました。岩手初の○○という言葉の使い方も多いですね。オールアース住宅も急激に目にするようになった気がします。「木の香の・・・」さんのHPなどにも、エアパス工法に関して書かれていましたが、非常に勉強になります。私も負けず勉強して工夫しなければと思うのですが、このところお客様と向き合いながら楽しく仕事をさせていただく事が多く、そこから抜け出す気になれません。一歩一歩、もがきながら嘘無く働きたいと思います。

 ※同業者が言うのも変ですが、「木の香の家」さんのHPは面白いです。他所のHPに感心していると藤原君のギャラリー更新が待ち遠しくなるのでした(有言プレッシャーの続き・・・あまり言うと仕事量に関して逆に攻撃されるかも・・・笑)
 
 
   
  ちば動物病院
 
  2008/5/7
   岩手県盛岡市みたけ4丁目8−55の「ちば動物病院 TEL019-641-2099」さんは、弊社で新築させていただきましたが、先週ご自宅2階の物入れを洗面所に改装する依頼をいただきました。とても優しい親切な先生です。私も、いつの間にか家族の一員となってしまった、猫の「ハナ」を診てもらっています。杢創舎建築と、一目で分かるモスグリーンのガルバリュウムの外壁が目印です。ペットのご相談は是非「ちば動物病院」へ・・・奥さまの庭造りもセンスが良くて、私には勉強になります。
 AM4時、朝一での岩泉から戻っての日記でしたが、今朝の朝日はうす雲の中から日が差すので丸い太陽ではなく幻想的雰囲気があり、思わず車を止めて一礼してしまいました。誰か見ていたら変な奴と思われたかも?(笑)ところで、朝戻って一番気になる太陽熱温水パネルのポンプに仕掛けたエコワットを見てみると、26時間の使用で0.88kwhの電気を使用していました。0.48kgのCO2を排出する計算になっています。オール電化は日中の電気代金が高いので、単価26円で算出すると約23円となり、1か月この調子だと約700円が太陽熱温水パネルの循環ポンプ稼働電気代となりそうです。そこで今度は単独太陽光発電を調べはじめましたが、ネット販売品もあるしかなり詳しく説明のあるHPも発見し、ワクワクしています。ただ、直には購入できないと思うので、今日はビール3本我慢して1か月のポンプ稼働電気代金に充てようと思うのでした。
 
 
   
  一輪車
 
  2008/5/6
   毎度お馴染みの上田堤界隈シリーズ。連休中も、近所の子供たちが集まってきていた。一輪車に乗りながらドッチボールに挑戦・・・それは無理? 登山でも、急な上りを何度も何度も駆け上がるのだから恐れを知らない(笑)。そして疲れて寝てしまうのだった。そう言えば、鞍掛山をどこかの中学生達が走って登っていた。部活の練習と思われるが逞しい限りだし、そうかと思えば5歳位の小さな子供も汗をかきながら登っている。子供をおぶっているお母さんの姿もあった。「おはようございます。」「こんにちは。」と誰もが声を掛け合う登山道の活気に、小さな幸せを感じた。次はどこに登ろうか?
 話は変わって、今朝から凄い雨だったがお昼ごろから晴れたので、僅か3枚のパネルに約5時間の日射で40度の温水が300リットルできた。太陽熱温水パネルが稼働してから3日間が経過している。電気温水器との相性が実は不明で、恐る恐るの接続ではあったが今のところ問題は無いようだ。ただ、電気温水器にさほど優れた機能があるわけではないので、給水される水の(お湯)の温度により通電を確りと調整できているかはまだ分からないが、我が家の電気使用量の半分以上がお湯なので、その成果を期待している。このところ、何度も温水器の温度を見るようになって、電気温水器と太陽熱温水器のタンク内部のお湯の温度の下がり方を比べると、電気温水器の方の温度が下がり易い事が分かった。3〜5度の範囲なので80度以上はあるから問題はないが、太陽熱温水器の方は1度ぐらいしか下がらなかった。小さな話?大きな話?
 ところで、電気が無いと太陽熱温水パネルのポンプも動かないので、結局電気に頼る事になる。原発はあまり好ましいと思えない!でも電気の使用のない生活は現在想定できない。誰にでも共通の事だろうと思われる。そこで、節電という事を考えたのが今回の太陽熱温水パネルの設置だった。次は、雨水タンクの取り付けをしたい。トイレへの配管は既に済んでおり、これも楽しみ。
 
 
   
  出来る事を
 
  2008/5/5
   連休を過ごしながら、日本で生活できる幸せを実感しながらも、ほんの少しでも世界中の小さな出来事に目線を向ける気持ちを持ちたいと思います。でも、環境問題と言いながら私も事務所でエコワットを使ったのも1週間程度でした。毎日の継続の難しさや、自分の気持ちを維持する事の意外な大変さを実感しています。気が付くと、普通の事が出来ていない時にこの「ハチドリ」の話を思い出しました。自宅では、太陽熱温水パネルが稼動し始めました。本格的な節電に繋がる事を期待しています。

※出版社 / 著者からの内容紹介
これは ちいさな力の大切さを教えてくれる
南米アンデスの 古くて新しいお話――

森火事に一滴ずつ水を運ぶハチドリに対して、森から逃げた動物たちは「そんなことして何になるのだ」と笑います。ハチドリは「私は、私にできることをしているだけ」と答えました……。
 
 
   
  鞍掛山
 
  2008/5/4
   ゴールデンウィーク後半と、ラジオやテレビで話しているが、我が家は連休本番。私の母も連れ立って、家族で鞍掛山(くらかけやま)登山を楽しんできた。帰りは、いつもの「ありね山荘」の温泉にて汗を流し、しばし熟睡してからの帰宅。安上がりの休日、家族皆の弁当を背負い汗をかくのもたまにはいい。その場で拾った枝を杖代わりにすると水戸黄門みたいで、「人生楽ありゃ苦もあるさ〜♪」と母が歌うと、「そうだな〜苦も無いけど楽も無いか?」と小学校5年の長男の返し言葉・・・おいおい、何歳の発言だ〜(笑)。明日は、来客もあるのでバーベキューをデッキの下でする予定。ポコンと出たお腹がまた膨らむ・・・昔は一応ボクサーだったとは、自分でも信じられない。まっいっか〜(笑)6日から働くのだ!
 
 
   
  お疲れ様です
 
  2008/5/3
   今日は朝から弊社で家を建てていただいたお客様と4人で、ある会社の廃材を薪としていただいてきました。廃材とは言え、ケヤキ・ナラ・サクラ・センなど広葉樹が殆どで、中にはまだ製品として使えるものもあり、トラックに1台・ダンプに2台・ユニックに2台分確りといただいてきました。それも全て今年の冬の為です。ただ、暑くて暑くて疲れました(笑)。すみませんが、日記をこれ以上書く元気もなく、早くビールが飲みたいのでこれにて失礼致します。お疲れ様でした。

※写真は、看板企画の佐藤さんです。カッコ良いですね。実は、作業に没頭していて他の皆さんが働く写真を撮れませんでした・・・ごめんなさい。再度、看板のご用命は看板企画さんへ、HPもあります。

http://kanbanwa.ftw.jp/link01.html
 
 
   
  薪棚と物置
 
  2008/5/2
   今年の2月完成した矢巾の家の北側に薪棚と物置を造りました。弊社不良在庫の処分一掃セールのつもりでしたが、細かい材料の重ね張りなので手間が掛かりました。でも、いい雰囲気だと私は思うのですが?いかがでしょうか。既にナラの薪も積み置かれて、「オーッ良いですね。」と言う事にて、今後はお客様が色々と肉付けされると思います。
 話は変わりますが、昨日の岩泉は29度でした!・・・作業の基礎内部は更に温度が高かった筈で、本音でバテました(笑)・・・コメントが出てきません(苦笑)。明日は明日で、杢創舎と似た名前の会社に、古材を頂に行きます。大半が薪になると思うので、お金を払うより体でという、弊社で家を建てた薪ストーブのあるお客様共々(三人)計4人で積込み搬送頑張ります。多分丸一日かかるかも?でも、その苦労は今年の冬の為・・・働きアリの気分です(笑)。

※ギャラリー新規入れ替え更新の予定です。5月中?とか不思議な文章を昨日の日記で見ました? 5月は始まったばかりだと思うのですが・・・せめて半ばとか、願わくば連休明けとか書いてくれれば有難いのですが、文句も言えない社長なので(嘘です。有言のプレッシャーを掛けています。笑)、それは冗談ですが、写真は素晴らしいです。ご期待下さい。

 
 
   
  ギャラリー
 
  2008/5/1
  杢創舎の藤原です。お世話さまでございます。

本日は澤口が岩泉出張のため日記が書けませんので、僭越ながら私が日記代行させて頂いております。初めて書くということで若干緊張気味です。

。。。正直なところ、連日の澤口の日記ようには書けませんし、特にこれと言いまして何を書いていいのか…?と言った具合ですので、この場をお借りして、HP担当として自分にプレッシャーをかけるつもりで告知致します!

まず、言うまでもございませんが、弊社HPは長らくギャラリー整理・更新が滞っております…(汗)。また、手元には本日の写真のように皆様にぜひご覧頂きたい素敵な写真もたまって参りました。ギャラリー更新により、杢創舎の建物をより多くの方々に見ていただきたい。そう思っております。

ですので。。

告知!「5月中にギャラリーの整理・デザイン更新をします!」

           がんばります!

皆様ご期待下さい。よろしくお願い申し上げます。

藤原

本日の写真は、先月完成致しました洞清水の写真です。雫石町のSAKURAスタヂオの奥山さんに撮って頂きました。)
ご連絡はこちらまで↓↓
SAKURAスタヂオ 写真家 奥山淳志さん 
〒020-0585 岩手県雫石町長山狼沢37-50
TEL・FAX 019-693-2562
Mail:a-oku@cf6.so-net.ne.jp
 
 
   
  清め
 
  2008/4/30
   昨日は、岩泉のお客様と弊社作業場にて、木材の清めを行いました。4人兄弟の末っ子の「あおい」ちゃんも率先して参加?してくれました。今日は、弊社事務所に太陽熱温水パネルが届いて設置を試みましたが、部材の不足があり中断・・・今から急いで岩泉町に向かいます。その為、日記も大急ぎで書いた次第です。明日は、早朝より基礎工事を頑張ります。太陽熱温水パネルに関しては、後日詳しくご紹介させていただきます。
 
 
   
  草?
 
  2008/4/29
   「お父さん、草もらったよ。」・・・ン?何の事かと思ったら、「オーッ しどけ だッ〜(笑)」今日はタラボーとコゴミを岩泉のお客様から貰い、ニコニコしていたら、夕刻にシドケをご近所の大工さんから貰い、ますますニコニコです。まだ早いかなと思っていたのですが、もう採れているのですね。早速、美味しくいただきました。しかし「草」かい? アハハ・・(汗)
 ところで、ツクシも食べられるそうですね。しかも、花粉症に効くとかで食べてみましたが、わりと歯ざわりが良くて不味くはないです。岩手の食材探しも楽しいかも?特に、直接山に出掛けての方が好みです(笑)。ただ、残念ながら採れて入れる山を知りません・・・岩泉の現場横を流れる沢には葉ワサビもあったけど、採っていいのか悪いのか・・・自分の山が欲しい、今日この頃です。
 
 
   
  北上の基礎
 
  2008/4/28
   昨年の暮から早春にかけては、弊社事務所から10分圏内での仕事が続きましたが、春からは岩泉や北上と遠方の現場が重なりました。北上では、この通り連休前に増築部基礎が完成し、連休明けからは建て方が始まります。小さい基礎という事もあり、内部の立ち上がりも含めて、打継ぎなしの一体型基礎で強度は万全です。ところで、最近勝手に届くコンサルタントメール?も内容が変化してきました。部分的には勉強になるところもあるので、素直に読んでいますが、コンサルタントのお誘いにはいまだに無返答を貫いています。そうすると、次から次に色々とアドバイスメールが来るのです。例えば・・・以下


 澤口さん、こんにちは。○○です。
今回からシリーズで、「家と病気の関係」について話します。
あなたが、自然素材の家を扱ってるなら、このネタをぜひ自分のものにして活用ください。

命を守るはずの家が、命を縮める原因になってます。

それは身体的な病気だけでなく、精神的な病気も引き起こしてるんです。

さて、戦後最大の欠陥商品をご存知ですか?

それは、実は「住宅」です。

この「住宅」が表にはでませんが、いろんな問題を引き起こしてるんです。

「家と病気の関係」というテーマは、日本ではあまり取り上げられません。

それは、大手ハウスメーカーにとってまずい話だからです。

澤口さん、それはどうしてだと思いますか?

それは、住環境が病気の原因になってるからです。

人間、誰しも健康に関心があります。

特に高齢になるほど、この健康を真剣に考えます。

じつは、家が病気の大きな根本原因で、健康に害を及ぼしてるんです。

私が、2回目の家を建てたときのことです。

新築の家は、独特の匂いがありますよね。

しかしそれとは別に私の場合は、

“目がチカチカする”

“鼻をつくような臭気がする”

という事を家に入った瞬間に感じました。

楽しいはずの新居生活が、知らない間に、いろんな所に問題が出てきたんです。

私には3人の子供がいます。

この子ども達に、

「吐き気がする」

「目まいがする」

「下痢をする」

「食欲がない」

といった症状が出たんです。

こういう事は、前の家では全然ありませんでした。

しかし、家が原因だとはその時は気付かなかったんです。

私の家内も、

「イライラする」

「落ち着きがない」

「妙に怒りっぽい」

「疲れやすい」

そんなようになったんです。

私も、今までと同じ生活なのに、

「集中力がない」

「記憶が鈍くなった」

「物事に対する関心が、以前ほどなくなった」

というふうになったんです。

これらの原因が家にあるなんてことは、これっぽっちも思ってませんでした。

今でこそ当たり前ですが、10年以上前の事ですから、

“シックハウス”という事は、世間では知られてませんでした。

と、こんな事があったんです。

それで、澤口さん、いろいろ調べたことをこれから詳しく話しますね。

まず、その原因についてですが、三つあります。

一つ目が建材。

二つ目は間取り。

三つ目は住環境。

住環境というのは、騒音、日照条件、悪臭など。

うるさい、日が当たらない、風通しが悪い、空気が汚れている、暗い、狭いなどです。

台所、トイレ、洗面所、お風呂などの衛生状態のことです。

実はこれらって、あまり普段気にしてないですよね。

気になるけど気にしてないという項目なんです。

厚生労働省が調べた結果ですが、住環境を上・中・下とした場合、

環境がいい場合と、悪い場合の病気の統計があるんです。

神経痛は、環境が悪い場合が72%、環境のいい場合は6%の発病。

高血圧は、環境が悪い場合が52%、環境のいい場合は5.2%の発病。

頭痛・痔・心臓病も、10倍前後の発病率です。

いかに住環境をよくしないといけないかが、数字にはっきり出てます。

逆に言えば、住環境を整えておけば、発病率が極端に低くなるんですね。

その他、ホコリ、ハウスダストなどは、アトピー性皮膚炎や喘息の原因になります。

悲しい出来事でしたが、「阪神・淡路大震災」がありました。

この時、6千人余りの方が亡くなりました。

その後、被災した約30万人の方達が、テント生活や、小学校の体育館で生活されました。

しかし、7カ月の間に千人の人が亡くなってるという事は、あまり知られてません。

これらの原因は様々ですが、ほとんどが住環境に原因があったのではないかと言われています。

このように住環境は、病気と密接な関係があるんです。

ですから、家を建てる仕事をしてる工務店は、責任重大なんです。

澤口さん、健康で楽しい生活が送れる家を建ててくださいね。

続きは次回。

では、また。

というアドバイスでした。全てが最もです。では、具体的にどうするべきかを聞きたいですが、聞くとお金が掛かるので自分で考え調べます。そして、お客様にはもちろん無料で伝えます。この辺が、良い事を負荷なくできる私達の仕事の魅力なのだと捉えると、勉強勉強勉強となりますが、いつしか自然そのものに目を向ければいいと気が付きます。小春日和の気持ちよさや、そよ風の爽やかさ、そうした自然に触れながら窓越しに見える景色など、どんな小さな場所でも太陽と風と自然の景色が見える場所は心を癒してくれます。無垢の床に座り寝転び・・・薪の温もりが近くにあれば尚更に・・・柱の向こうからは子供達の笑い声が聞こえて豊かな時間を彩るのです。
 そして目の前を、アリンコが歩いて・・・ン!どこから入った!大騒ぎ(笑)!かくして果てのない闘争の開始です。自然素材住宅には虫も集まりやすく、本当に不思議なのですがどこから入るのだろう?この写真の基礎を見ても、隙間は多分ないし・・・?

※弊社の住いは、シックハウスの無い体に優しい無垢なる住いです。これは、今現に住んでいるお客様が実証してくださる筈です。
 
 
   
  植林
 
  2008/4/27
   昨日は、私は披露宴の為参加できませんでしたが、森と佐々木の二人が「イーハトーヴの森と家つくりフォーラム」協賛の植樹イベントに参加してきました。3年前にこの写真の場所から伐り出された木材で加賀野の貸家ができ、今度また同じく杉が植えられました。これから長い時間を掛けて育林が行われる事になります。自然の循環の中で、こうして人の手が加わるのは正しく共生であり、良い事なのです。問題はバランスであって、全くの自然のままだけがいいのではないそうです。私達は、つい手付かずの自然が良い様に感じがちですが、本当の良さはバランスよく共存する姿が望ましいのです。無垢なる物から学べる素晴らしさはありのままであり、それを工夫して生かして使う事が人の更なる素晴らしさなのだと感じます。
 この様な機会をいただいた三田農林の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。昨年伐採した八牧山林の木材も、出番が決まりそうです。そのお客様共々、可能であれば八牧山林の植林の時は参加できればいいな〜と思いました。

 ※弊社を設立してから地場材を使い続けての今日、こうして木を植えるところまで関わる事ができたのは、本当に幸せです。これからが大切なのだと、心の奥で何かが芽生え始めた気がします。(私の長男は、フォレストクラブの植林イベントに参加したようです。)

 
 
 
   
  披露宴
 
  2008/4/26
   今日は、弊社で時々応援に参加する若い大工で、下館君の結婚披露宴に招待してもらいました。たくさん撮影した写真の中で、どれを使おうかと悩んだ末に、二人の目線が一つに向かうこの写真を選ばせていただきました。他には、抱擁する写真や笑顔や涙に、深々と早くも奥様に頭を下げる(笑)写真やら面白いものがあったのですが、晴れの門出のお祝いに息のあった凛々しい一枚を選んで、再度心から「おめでとうございます」。
 今の岩手に、伝統を継ぐ性根の座った若い職人は、残念ながら数少ないのです。もしいても、目上の人を大切にして学ぶ姿勢のある若者は更に少ないのです。その、珍しく貴重な若者が今日の良き日を迎えました。これはお世辞ではありません。弊社にも勤めて止めた若者が20代30代と数人いましたが、技能はあっても心が伴わない惜しいところで我が出るので、別の道を選んでしまいます(もっとも、本人たちはそうは思わないでしょう)。そうした、普通の若者に触れてきたから分かる新郎の特殊な素直さは、棟梁そして今日初めて会ったお父さんを見て納得できました。私も見習い、世の中で少しは役に立つ人間になりたいものです。
 いや〜ほんとにおめでとうございます。職人の結婚式は久し振りです。この職業が見直されて、若い女性にもてはやされて欲しいものです(笑)。大工職人が結婚する事が貴重な国になってしまいました。嘘ではないですよ。私の知るところでも、未婚の職人が残念ながら多いのです。でもきっと良い方向に変わると思います。設計士や現場監督が10人現場にいても、職人がいないと何も出来ませんからね(笑)。皆で協力して良い家を造りましょう。(誤解されると怖いので駄目押しで書きますが、設計士・現場監督・職人ほか多くの人がいて初めて仕事が成り立ちます。)

※@朝日放送系列「にっぽん菜発見」に、弊社の森匡弘がでるそうです。以下は彼らのHPからの抜粋紹介です。

 やまねっこメンバーがツリークライミング準備をしていると・・・「お?東ちづるさんじゃありませんか!」っと
いう訳で一緒にツリークライミングを楽しんじゃいました。
今にも雨が降りそうな天候でかなりバタバタな撮影になりましたが、どう編集されたかご期待あれ!
 
■放送局:朝日放送系列「にっぽん菜発見」・・・岩手は岩手朝日テレビです
■日 時:4月27日 9:30〜10:00の間
 
 
   
  斗栱
 
  2008/4/25
   行きはヨイヨイ帰りはコワイで、ハアハア言いながら・・・自転車で設計中の土地まで出掛けて来ました。息も絶え絶え、足はガクガクで何たる体力不足かと、内心ガッカリしながらも人目には気持ちよく風を切っているように見えたに違いないのです。途中、古刹に寄り道して斗栱の素晴らしさにしばしうっとり(笑)。三手先組で出三つ斗とか、肘木・方斗・巻斗・・・名称は一箇所ごとにあり、その木割りもルールがあって書き連ねる私も本当は全く分からず、素人同然にただ「凄いな〜」と思うだけなのです。でも、多分他の会社の現場監督や設計士さんでも、説明できる人は少ないとも思います。大手ゼネコンや有名な建築家の中でも、限られた少数の人しか詳しく分からない筈です。でも、この素晴らしい木組みを否定する人もまた少ないか居ない筈です。同居するに等しいほど目にする建物なのに、今の日本では特殊な建物であり宮大工と呼ばれ尊敬を集める匠にしか出来ない技術がこうして身近に目の前にあるのです。
 もしもの話ですが、これを目指したとすれば・・・考えるのも恐れ多いですね。今は、目の前にある仕事を大切に、そこに住む人が快適に豊かに幸せにと願いながら、働かねばなりません。そうです、偉そうには言えませんが、こんな私にもご依頼いただいているお客様のためには惜しみない努力をしなければならないと思います。五百羅漢の前でペコリとして戻りました。



※@朝日放送系列「にっぽん菜発見」に、弊社の森匡弘がでるそうです。以下は彼らのHPからの抜粋紹介です。

 やまねっこメンバーがツリークライミング準備をしていると・・・「お?東ちづるさんじゃありませんか!」っと
いう訳で一緒にツリークライミングを楽しんじゃいました。
今にも雨が降りそうな天候でかなりバタバタな撮影になりましたが、どう編集されたかご期待あれ!
 
■放送局:朝日放送系列「にっぽん菜発見」・・・岩手は岩手朝日テレビです
■日 時:4月27日 9:30〜10:00の間

 
 
   
  原寸
 
  2008/4/24
   写真は、新築工事墨付け作業(岩泉町の住宅)の登り梁の原寸を確認しているところです。実際の大きさを書いて確かめる作業ですが、非常に大切な仕事の一つです。片流れの大きな屋根なので、これまでの建物の中でも原寸出しとしては一番の大きさです。矩が狂わないように、箇所ごとにピタゴラスの定理で確かめながら・・・と言えば大げさですが、業界用語を普通に訳して言えば、一つだけ決めた定規で6尺(1.818m)・8尺(2.424m)・10尺(3.03m)の基準点を押さえて直角を確認する作業です。業界的には、三四五の矩(サシゴのカネ)と呼ばれており、昔から伝わる直角を導く方法で、それを2倍3倍にしながら確かめるわけです。通常は、「大矩(おおがね)を確かめる」という言い方をします。日常のこうした些細な作業にも、大いなる不思議で正しい手法が伝統的に継承されてきたのが、大工さんの手技でもあります。簡潔で分かりやすい方法を編出した大昔の人はやはり素晴らしいと思います。鎌倉時代以前から√2も曲矩には刻まれていたとかで、建築は奥が深いのです。まだまだ勉強しないといけませんね。


※@朝日放送系列「にっぽん菜発見」に、弊社の森がでるそうです。以下は彼らのHPからの抜粋紹介です。

 やまねっこメンバーがツリークライミング準備をしていると・・・「お?東ちづるさんじゃありませんか!」っと
いう訳で一緒にツリークライミングを楽しんじゃいました。
今にも雨が降りそうな天候でかなりバタバタな撮影になりましたが、どう編集されたかご期待あれ!
 
■放送局:朝日放送系列「にっぽん菜発見」・・・岩手は岩手朝日テレビです
■日 時:4月27日 9:30〜10:00の間
 
 
   
  上田堤界隈
 
  2008/4/23
   上田堤界隈での小学生の遊びの一つが、このカード集めとそれを使ったゲームです。私達も仮面ライダーカードなど集めていたのと同じだとは思いますが、結構手が込んでいて面白そうです。私が買い物に行くときに子供に付き合ってもらうと、必ず強請られて買ってしまうのです。写真のように、道路に座り込んで楽しそうですが、彼らの宝物なのでしょう?そうした時期もあるのだと、不意に懐かしくもあり恥ずかしくもあり自分の子供の頃を思い出しました。
 でも、世界を見渡せば東ティモールやガザ地区、カンボジアにソマリヤなど他にもたくさんの国々で、多くの子供たちが私達には想像も出来ない生活をしています。実は、昨日「地球のステージ 〜ありがとうの物語〜」を、突然思い立って夫婦でみてきました。偶然火曜日はカップルだと二人で¥2,000との事でラッキー!話を戻して、桑山紀彦医師のドキュメンタリーなのですが・・・正しく心をえぐられました。私達に今なにが出来るでしょうか?これからじっくりと考えたいと思います。(歌も桑山さんご自身で作るのだから、素晴らしい人です。)

http://www.e-stageone.org/index.html
 
「どんな国に出かけて行ってもビックリするのは、人間ってすごい生きものだということです。
どう見ても、どう考えても立ち上がれそうにない困難な中で生活しているのに、
ちゃんと前を見て生きていこうとする人が沢山いるからです。
それが小さな子どもだったりするから驚きです。そんな人々と触れ合うと、逆に、勇気をもらいます。 だから、またすぐ、彼らに会いたくなって旅に出てしまうんです。」

「ぼくたちのこの星は、争いや貧しさでいっぱいだ。
だけど希望の光はたくさんある。
世界の50もの国ぐにで 医者として
ボランティアしてきたけれど
そこにはほんものの豊かさがあって
子どもたちの笑顔はきらきら輝いていたんだよ」
                         桑山 紀彦

 
 
   
  満開
 
  2008/4/22
   おはようございます。今朝、高松の池経由で現在設計計画中の土地を見てきました。桜は満開で、見事!朝から写真を撮っている人たちもたくさんいて、その傍らゴミ袋を手に多くのボランティアの人達が掃除している姿もありました。
 「おはようございます。ごくろうさまです。」とは、照れくさくて声を掛けれず、目と目が合うとペコリと頭を下げるだけでしたが、それでも朝から気分がいいですね。桜の間に山が見えて一枚撮影してみました。花びらをもう少し鮮明に撮影できればいいのですが、デジカメはオートしか分からず・・・ご容赦ください。朝から書く日記も変ですが、気分良く書いてしまいました。昨日の「清め」も宜しければ目を通していただければ幸いです。

散る桜今咲く花も散る桜(良寛)でしたっけ?
散る桜拾う袋に人の塵(捨て人知らず・・・笑)
 
 
   
  清め
 
  2008/4/21
   今日から、岩泉町の木材を刻み始めるので、塩で清めてから刃物を入れました。偶然一粒万倍日でもあり吉日です。「チョウナたて」とも言われる古来からある大切な行いです。迷信かもしれませんが、別に迷わず皆が集まり敬虔な気持ちでこの清めを毎回行います。何故か安心するのも不思議ですが、神仏に願うのではなく、生きとし生けるもの全てへの感謝と供養を捧げます。供養とは、私達が知らず知らず命を奪っている小さな生き物の働きもあって、今この目の前にある木材が育ってきた事への感謝を表しています。まして、親を辿れば多くのご先祖先達そして事始の世紀へと繋がるとして、こうした感謝の行いを私達は続けていきます。ありがとうございました。
 
 
   
  花見3
 
  2008/4/20
   高松の池ですから定番の写真を最後にもう一枚掲載させていただきました。以前私も家族とボートに乗りましたが、30分で頑張って時間内に戻ったら・・・「あいや〜早かったね〜」と言われ・・・ガックリ! どうやら時間内で戻る方は少ないようです。でも、景色はいいですよ。一度はボートを漕ぎ出すのも損は無いと思います。来週が一番かもしれませんね?今日は午後からいい休みでした。明日は、朝一木材の清めを行い、その後はアフターなど予定が目一杯なので、今晩は充電しなければ!(毎日のような気もしますが・・・笑)

 ※本日の日記は四項目でした。一番最初の写真は驚きですよ(笑)。
 
 
   
  花見2
 
  2008/4/20
   続きです。この通り若者が割りと礼儀正しく盛り上がっていました。サクラは40を過ぎた今でもワクワクしますが、ましてこの年代を思い返すとそれは楽しかったですよね〜乙女と桜、美しきかな・・・三(サ)と木(ク)へんに女(ラ)・・・言霊と五葉の美しさは正しく日本というお国柄の誇りです。

 ※勝手に写してごめんなさい。
 
 
   
  花見1
 
  2008/4/20
   先の日記の通りで、家族全員ではなく三人でしたが、自転車で高松の池まで花見に行きました。ハチブ咲きかクブ咲きぐらいかと思われますが、にぎわっていました。
 昨年家族で自転車を購入したので、こうして出掛けると楽しいですね。正直息が切れました(笑)。
 
 
   
  古民家と松
 
  2008/4/20
   今日は、岩泉町にてお客様と色々とお打合せをしてきましたが、事務所に戻るとそのお客様から添付写真付きのメールが届いていました。さすが南部赤松のお家芸とも言うべきか?柾葺き屋根に根付いた実生苗から育った赤松は、むろん天然更新そのもの?なんとも味わいのある可笑しくもなる写真でした。現場での会話も楽しく、こうした写真のやり取りもまた嬉しくて、今から建て方が楽しみです。
 作業場の方は、墨付けが順調にすすみ刻みも始まります。その前に、北上の増築を先に建てようとしていますが、既に刻みも終わり段違いの登り梁を全て栗材で仕上げたので見応え十分です。割れのあるハジキ材とは思えない仕上がりで、さすが大工さん素晴らしい腕前です。
 何にでもしがみついてでも生きるこの松を見習い、ある意味世に反する天然乾燥そして人の手で刻むという、本当に人と地球に優しい家造りを、しがみついてでも続けて行きたいと思います。何にしがみつくかは・・・はて?・・・自分ひとりでは無理ですが、お客様を始め弊社社員そして大工皆のお陰です。
 それでは、この写真を見て和んだので、今から高松の池に桜の花見に自転車で出かけてきます。背負い袋にワンカップを忘れずに〜。
 
 
   
  サクラ
 
  2008/4/19
   高松の池の釣堀側のサクラです。本日から公園内は通行止めなので入れず方向転換しながら、助手席からちらっと撮影しました。車でしか花見が出来ない日々・・・良いのだろうか(笑)。でも、高松の池には自宅から近いので一度は家族で花見をしたいと思います。いや〜願います。連休は何とか・・・休みを。
 
 ※今年初の煙突掃除を本日行いました。ご希望のお客様は、弊社までお問い合わせください。
 
 
   
  南畑
 
  2008/4/18
   岩泉町の次に、工事予定の南畑の敷地全景をご紹介いたします。今年の年初めは、事務所の上田堤の直ぐ近くの現場が二棟も続いて、春からは自然の中での建築が相次ぎます。それもまた縁ですから一つずつ大切に丁寧に工事させていただきたいと思います。しかし、本当に広くて景色も良くいいところです。
 話は変わりますが、突然ある木材屋さんが営業にいらっしゃいました。しきりと、人工乾燥の話や赤松は動くから気密住宅には向かないなどとの説明をされて、なんとお答えしてよいか分からず、まずは私の自宅に案内しました。階段を見るなり、「こんないい材は無いですよ。これなら動かない。」との事、「いや、普段使うものと同じ材ですよ。しかも、無垢なりに動きますよ。」と私は説明しながら一通り案内しました。「何で割れないのだろう?何でそんなに動かないのだろう?木組みかな?」とつぶやいているのが聞こえましたが、私的には動いているし割れてもいるし、何故か会話が成り立ちません?100本の無垢の木を購入したとしても100本同じ筈が無く、それぞれに癖や素性が違います。私達も100%出来るわけではありませんが、一本一本に目を通して使い分けは行っています。それでも時に大きく割れて直した事もありました。違うと言えば、無差別にラインに乗せてプレカットする為に若木を人工乾燥する事はありません。こんな良い木は無いのではなく、何でもかんでも無理やり人工乾燥して使おうとする考えで、安く仕入れて利益を出そうとの姿勢の表れではないかな?と正直感じました。と言うのも、やはり森林大国岩手には素晴らしい赤松があるのです。それを忘れて、こんなの無いよと木のプロに言われると少し寂しくなります。岩手の木を大切にしよう!
 
 
   
  基礎工事
 
  2008/4/17
   岩泉の基礎工事も、本日のコンクリート工事で大半が完成です。お客様の奥様と一番下のお子さんも見学にきていました。生コン屋さんも「ホーッ」と声を上げる確りとした基礎です。南の方では春の嵐的なニュースも聞きながら、本日も岩泉町は好天に恵まれて工事は順調です。基礎工事は、全て自社社員による工事でした。私も一応参加しています(笑)。よって、見積もりも全て原価提示の材工分離見積もりとなります。経験が一番大切な部分だと感じています。
 来月からは、北上の増築工事の建て方に加え、南畑の基礎工事も始まります。テントを張って、泊りがけで工事をしたい気分なのですが・・・どうなりますか?更に、岩泉の建て方時には「餅まき」のお話もあって・・・更に更に、フォーラムでの見学イベントも予定が組まれ・・・肉体労働が伴うだけに、ここは頑張りどころです。「家は急がなくてもいいですよ」との天の声は、岩泉町のお客様でした。この一言はありがたくて精神的に救われます(笑)。でも、頑張ります。
 
 
   
  清水畑製材所
 
  2008/4/16
   写真は、岩泉の清水畑製材所です。これだけの丸太がズラーット並んでいるのを直接見るとやはり圧倒されます。ここまでの道中は崖脇の砂利道を下る急な坂道なので、更に驚きです。岩泉に来ると面白い写真がたくさん撮れるので楽しいのですが、時間が分からなくなるのが難点です(笑)。それほど、空気が柔らかくゆたりと感じるのは私だけでしょうか?
 ご興味ある方は、是非岩泉町まで見学に来てください。「皆で使おう岩手の木」でした。
 
 
   
  岩泉の青空
 
  2008/4/15
   昨晩は、中央通のお客様のお宅での完成懇親会に招かれて、幸せな時間を過ごしてきました。そして、翌日の今朝は早起きして岩泉の基礎工事に藤原・森と三人で出かけました。そのお昼休みに、前日の疲れがでて昼寝のつもりで地べたに寝転んで空を見上げるとこの通りの青空でした。気持ちいいですね〜♪。工事も二人が頑張ってくれるので順調だし、景色もいいし・・・昨日に引き続き感謝!なんか楽しくて、春ですね。
 
 
   
  岩手山2
 
  2008/4/14
   昨日とは逆方向の天峰山から撮影した靄にかすむ岩手山。昨晩は早く休む筈だったが、PM9時・・「K-1」が始まるではないか(嬉)! 結局、ビールや梅酒を片手に最後まで観戦してしまい、偉そうにAM4時起床と書きながら1時間遅れの起床・・・でも、藤原もAM6時には出社してくれて二人で北上に向かい朝から大張り切りだった。我が社の社員は働き者の集まり・・・感謝!
 
 
 
   
  岩手山
 
  2008/4/13
   岩手山に望み、石川啄木というより山村暮鳥の「雲」が思わず頭に浮かんだ。

 おうい雲よ
 ゆうゆうと
 ばかにのんきそうじゃないか
 どこまでゆくんだ
 ずっと岩城平のほうまでゆくんか

 有名なこの詩の事だけど、山と雲もまた折り重なり連れ添いながら、色々な表情を見せてくれる。突き抜ける青空の中、雲ひとつ無い中での岩手山も美しいが、厚い雲に覆われた時もガッカリする事なく、あの向こうに山があると確信できるほど毎日この山を仰いでいる。それと同じく、私にも家族がいて大切だと確信する事すら当たり前で、あらためてそんな風に事も考えることなく毎日楽しく過ごしている。この所休みが無かったので、打合せが済んだ午後から家族で網張り温泉「ありねさんそう」の温泉で日々の疲れを癒してきた。自宅に戻っても、硫黄の香りが体からかすかに立ち上がる。今日は、残り香があるうちに休んで明日からの肉体労働の日々に備えようと思う。北上・岩泉・アフターなどさまざまな労働(笑)をこなしながら図面も書かなければならないと思うと、元気が出てくる。「お父さんは大変になるほど、元気になるから不思議だね?」と家族に言われながら、既にスウッチが入っている事に気が付く。そんな日の朝は早く、多分AM4時には目が覚める。これは毎度の事で、そうした日は朝の綺麗な景色にも出会えるのだ。よし、頑張ろう!と言う事でまずは今晩は飲もう(ン?)

 ところで、貧困のまま四十で無くなった不幸な詩人の山村暮長。しかし、その心の様相が自然と一体化し、愛情にあふれた豊穣な世界を形づくっていたという。希望と勇気をありがとうございます。
 
 
   
  上田堤界隈
 
  2008/4/12
   久し振りの上田堤の子供たちです。事務所の窓ガラスを閉めたまま撮影しました。何をしているんでしょうね?他愛も無い事に夢中になれる羨ましい年代でもあります。
 この、写真からも現在工事中の雰囲気がわかりますが、デッキ工事に取り掛かりました。お客様の現場の合間工事なのでなんとかここまでたどり着くのに数ヶ月も掛かりました。太陽熱温水パネル設置のための工事ですが、完成が楽しみです。
 事務所では、まだまだ薪ストーブの使用が続いています。春めいているので、暑いと空気が埃りっぽくて不快感を感じるときがあります。木造の自宅に戻ると不快感が無く空気が美味しくて全て解決するのですが、コンクリートと木造の違いを肌で感じる日々が続きます。デッキが出来れば窓を開け放し、空気の入れ替えが出来るので完成が本当に待ち遠しいのです。
 
 
   
  白樺
 
  2008/4/11
   こんな白樺も早坂峠から岩洞湖に至る道中に良く見かけます。全ての木と話が出来るとしたら、これらの木とどんな会話をするだろう?色々と妄想が過ぎって可笑しくなりますが、ゴミを捨てた人に、この雰囲気で襲い掛かり確りと片付けてもらいましょう。と云う会話は必ずすると思います。本当に、驚く程どこにでもゴミが落ちています。少し寂しいですが、事実です。これから山菜の季節ですが、誰が見ていなくても最低限のマナーは守りたいものです。でも、多分山に遊びに行く暇は無いと思いますので、メグンデもらえる事を祈ります(笑)。
 
 
   
  洗面台
 
  2008/4/10
   今日は、事務所での打合せが数件ありましたが、その際に「社長さんは、木が好きですね。」と何度も言われてしまいました。本当にそうだと思います。まずは理屈ぬきで好きです。そして、健康住宅・環境共生・癒しの家・介護型住宅などなど理由付けをしても、そこに木を使う事が好きです。
 昨日、ある製材所にて「お前はこの丸太を≒150万で買ったそうだが、400石弱だろう。裏の山には1000石あるが、150万で話を付けようとしているぞ!」と言われました。確かに、商売を考えれば安く購入して、高く売るのが普通です。でも、その金額でまた木を植える事が出来るでしょうか?その製材所でも、「最近は切ったら植えねばねえから大変だ。」と話します。「奴は、貧乏で困っているから、そのうち現金になるなら売るだろう。」とすら仰いました。顔で笑って心で泣いて・・・「ただただ安く買うのがいいとは限らないが・・・」と、つぶやくだけが精一杯でした。寂しいですが、これが現実です。でも私は、一歩一歩できるだけ環境に優しい買い方の実践を行いたいと思います。それは、少しでも山に再造林するお金を渡す事です。しかも、建て主さんに負担を強いない様に!今はハチドリでも、いつかは・・・
 写真は、松園の洗面カウンターですが、無垢材の端切れを利用した水受けの板は、ネズコと栗です。カウンターは杉の厚板で、少し落ちのある材でしたが使い様です。私は木が好きですが、銘木だけでなく生かして使う事が好きです。奥が深い世界なので、まだまだ未熟です。でも毎日工夫しています。
 ※私も安くて良い材を欲しいのは、当然の如く本音です。だからこそ、悩み苦しみますが山元だけは苦しめたくない思いがあります。すると何故か山ではない別のところから良い物が安く手に入ったりもします。持ちつ持たれつ塩梅良く、均せば平均でいいのかも。
 
 
   
  基礎配筋
 
  2008/4/9
   岩泉の基礎工事に朝方元気良く乱入し、テキパキと作業方法を指示して、大騒ぎ大慌ての風にて盛岡にとんぼ返りの日でした。現場の大工さんにここまで凄い基礎だけど、自己満足ではないかとさえ言われました(笑)。確かにそうかも・・・M=1/8*w*L2乗によるat=M÷(ft*d)算出、的な単純計算でも大型地震を考えると新築時に手を掛ける予算は、後から手を掛ける事に比べれば比較できないほど安価で安心です。断熱気密を数値で考える事も確かにありますが、本来の構造部は尚更に数値がそのまま反映します。まして、施工精度はもちろんの事です。自己満足と言われても、反論はしないまでも根拠は示す事ができます。T型の布基礎と違い、ベタ基礎はこの大工さんの足元上に造られる土間にも大きな荷重や反力が掛かるので、これからの配筋が大切です。地震時の曲げる力にはこの梁などが対応するので、更に大切な工事です。現場で直接確認したくなるのでした。うるさいので、来て欲しくない人もいたりして・・・それは無いと思いますが(笑)。
 何れにしても、私は臆病だともいます。心配で、あれこれと考えますが、少し覚えた人は「大丈夫!」と即答します。そうなると、ますます不安で本当だろうか?と頭から離れなくなります。これまで、そうした多くの人達の返事を信じて最後にがっかりすることを多々経験したからかもしれません?これは、私自身も人に対して同じ気持ちを感じさせた事があるに違いなく、肝に銘じなければならない部分だと思います。「大丈夫」これほど安心で不安な回答は無く、禅問答のような言葉です。偽装・偽造これらにも合い通じるものがあります。「?」と感じたときや、人様とのちょっとした会話の中に、まさしく天の声と感じるように育ってしまったのは、根が楽天的で人の話す事を素直に信じてしまう性格だったからに違いありません。その為、こうして自分の目で確かめたり、しつこく聞くようにはなりました。それでも、例えば物干しの高さなど任せたがために失敗したのも最近の事です。男は洗濯干し場を認識できない人が多いものです。これでまた、人任せに出来ない性格が深く身につきそうです(笑)。そのくせ自分は、任せてもらうと人一倍頑張りたくなるのでした。早く、安心して任せられるように脱皮したいと願いながら・・・
 皆、泊まりながら頑張っています。お客様からの差し入れで、普段食えない分を大食いして太りそうな若者もいます。どうなることやら?でも、気分良く働いているようなのでひとまず安心。さあ、頑張ろう!
 
 
   
  四人家族
 
  2008/4/8
   昨日に引き続き、洞清水の写真ですが、朝の煙突からの煙がいい表情です。新築してお引越しが済んでの今朝方、表題の通りにご家族が一人増えたそうです。
 『おめでとうございます。』我が事のように嬉しいです。弊社の造る家は、出来る限りの自然素材で建てているので、赤ちゃんには一番優しい有害物質の無い住いです。健やかなるご成長を期して、今晩は自宅で乾杯させていただきます(飲む理由が素直な日は嬉しいです)。
 それとは別に、今朝はあるお客様から非常に有難い添付メールをいただきました。この仕事を続けていく上で、自然環境に即した住いを造り、職人の業や伝統を継ぐ勇気を得ました。頑張ります。ありがとうございました。明日は、早起きで岩泉に向かいます。

 
 
   
  三和土?
 
  2008/4/7
   タタキとも呼びますが、先日完成した洞清水の玄関先の階段を、現地の赤土に「あるもの」を混ぜて土の階段を作りました。あるものとは・・・企業秘密です(笑)。初の試みは、お客様も一緒に参加して、現場の残土を捨てない工夫でした。但し、上手く行くかどうかは分かりません(笑)。よって、サービス工事の実験でした・・・お客様ご自身で補修できるのが魅力です。
 土がこぼれないように瓦を土留めに廻しましたが、中央通解体時の取置きです。古いものは、こうして使えるので有難いと思いますし、新建材はゴミにしかなりませんから、違いを肌で感じます。今日も、鉄くずをリサイクルセンターに届けたところ、なんと¥7,400も貰いました。弊社のガルバの外壁は、ウレタンなどの裏張りなしですから、同様にリサイクル出来ます。その分、自然系断熱材で確り保温して、精度の高い防水透湿シートで保護してありますから問題ありません。ガルバリュウムの外壁と言えば「?」と首をヒネル方もいますが、屋根板金もガルバリュウム鋼板が主流です。15年に一度塗り替えをすれば、30年45年と長持ちします。張替えも楽なので、窯業系外壁のように重ね張りする必要がありません。剥がして、塗り壁にする事も出来ます。もちろん、板壁も可能です(防火制限分は駄目ですが)。
 話を戻して、現場の土を利用するのは実に面白いものです。岩泉でも小さな土間を作りますが、色々と妄想(笑)中です。いや、思案中と言い直さなければ怒られますよね。明日は、早起きで北上に向かいます。
 
 
   
  トラック
 
  2008/4/6
   今日は、北上のお客様と打合せがあったので、ついでに月曜日からの工事材料も運びました。と言うか、材料を運ぶついでに打合せをお願いしたのが正解です。2年前に5万で購入したトラックが大活躍で、明日は他で使うために荷降ろしする必要があったのです。助手席のドアノブは壊れてワイヤーを引くような感じでのドア開閉となり、いたるところガムテープだらけですが、エンジンは快調です。皆の人気者、マツダ「タイタン」いい名前です。もう少しガンバ!
 
 
   
  家族
 
  2008/4/5
   先の日記で、地主さんと無事解決と書きましたが、借地面積を増やされて賃料が増してしまったのです。にも関わらず、土地への思い入れが深いからだと言いながら、もっと深い気持ちで受け入れたお客様に頭が下がりました。工事に着手してからの話なので、それはないよと私は思うし、持っている人の方が欲張りだと(一般的な諺)何時にも増して確信してしまいます。でも、長い付き合いを譲る気持ちで接して行こうとする姿には、人を惹きつけるものがあります。美しきこの家族の笑顔、こうして基礎工事までも手伝っていただきました。全てを吹き飛ばすパワーが、ご一家(お母さんの影にもう一人いるので6人一家です。)にはあるように感じます。私達も、頑張ります。一緒にいい住いを造らせてください。

 ※一応、地主さんを擁護すれば、貸すとはいえ長期の事であり、手放すに近い気持ちがあるのかと思います。また、場所も良いところなので尚更に惜しい気持ちもあっての事と、皆で善意に理解しています。吊橋・沢水のほか、太陽の陰る事のない広々とした土地に南の小本川からの吹き上がる風の気持ち良さ、北は山を背負い冬の厳しさを和らげてくれるとすれば、風水的にも良く、地球の地場的にはイヤシロチでしょうか?確かに良い所ですね〜。
 
 
   
  間仕切り
 
  2008/4/5
   東新庄の家の2階子供部屋はオープンルームでしたが、娘さんが今度中学校に入学するのをきっかけに、弟さんの部屋と仕切る事になりました。打合せの際に、部屋を暗くしたくないと言われて、咄嗟に頭に浮かんだのが以前解体時に取り置いた古い建具でした。中からこの味のあるガラス欄間を選んで取り付けましたが、木材・板壁材や手間全て含んで¥90,000(税別)の工事です。工事の翌日は、丸一日各所の手直しを大工さんにお願いしておいたのですが、庭木の剪定まで頼まれたそうで・・・ご苦労様でした。その時私は岩泉町でしたが、昨日の地主さんの件は無事解決して、予定通り工事が進んでいます。一泊隊の夜はどんなだったか?今晩聞くのが楽しみです。
 話は変わりますが、弊社の森はツリークライマーです。4月3日の日に「東ちずる」さんを滝沢駅付近の木に登らせたそうです。放映日が確定したらこの日記でもお知らせいたしますが、楽しみです。
 
 
   
  岩泉町の工事
 
  2008/4/4
   今日から、岩泉町の私の実家に泊まり込んでの工事開始です。私は、打合せがあるのと北上の工事もあるので盛岡まで戻りました。
 現場は、この素晴らしい環境の中での仕事です。手始めに遣り方の杭を打込む仕事からですが、地主のおばあさんが来て「もう少し南に寄せてくれ」と言うではないですか・・・唖然!「いやぁ〜そう言われても、建て主さんから了解がないと・・・」どうなる事やら? でも敷地境界から2mほど離しているし、複雑な心境ながら施工者の立場ですから、横柄な事も言えませんのでまずは遣り方を済ませ掘らずに工事中断しました。そして、地主さんに別な土地の道路を広げてくれと言われ、素直にハイハイと従いながら何とかもめずに済みますようにと願うのでした。何故か地主さんはお酒をくれたし・・・お願い!、明日から工事させてくださいね。
 盛岡では、借地に家を新築するなど到底考えられないと思いますが、岩泉のような田舎では良くある事なのです。多分明日には解決するとは思いますが、お年寄りの方には理屈は通用しない場合が多いので、笑顔・笑顔・笑顔でなんとか・・・自分でも丸くなったな〜と感じます(笑)。
 
 
   
  北山トンネル
 
  2008/4/3
   北山トンネルの現状です。早く開通すればいいですね。実は、ネタ切れ・・・引渡しの後も慌しく余裕もなく、明日から岩泉町での工事着手します。その段取りやら、北上の工事段取りやらで、気がつくと一日が過ぎていきます。でも、有難くも新規のご依頼もあり、道中敷地を確認しながら思いを巡らせています。しかし、太陽の有難さは時間変化による陽の差込です。どの様な場所でも、時間によっては陽が射す部分に変化があるので、一度や二度の敷地調査では不足で、訪れる時間を変えて何度も足を運びます。新たな計画を考えながら、楽しい時間を過ごしています。
 
 
   
  造り付家具
 
  2008/4/2
   写真は、先日完成見学会の会場だった洞清水団地の、造り付家具です。栗無垢材による造作で、流し台後ろに配置された食器棚的使い方になります。アンティーク家具を狙ったわけではありませんが、雰囲気が既に漂い始めているのは、面付部分の使用によるためかもしれませんが、無垢材ならではの味わいです。多分、多少は動くし割れるかもしれませんが、それに勝る肌触りの良さは何十年後かに艶と共に光り輝くに違いありません。それまでが、私達手直し隊の頑張りどころです。
 自分の家の建具も直してくれ〜と言われそうですが、まずはお客様から・・・我が家は後回し(笑)。木が好きです。
 
 
   
  誕生日
 
  2008/4/1
   4月1日は、専務の誕生日。三女と長男と三人で花屋に行って、ささやかなプレゼント。でも、子供達の本当の目的はケーキ屋さん・・・「誕生日おめでとう!」。
 
 
   
  順番待ち
 
  2008/4/1
   昨日の日記で順番待ちと書きましたが、それはこの写真のような状況の事でした。百聞は一見に・・・の例え通りでして、本当にこんな感じで大盛り上がりでした。今度小学校入学の、お子さんにとっては、たくさんの友達が集まるといいですね。
 
 
   
  また会う日が
 
  2008/3/31
   昨日の、洞清水団地の見学会中の一コマです。ブランコに乗る子と専務が言葉を交わしていますが、また会う日が来ると良いですね。もちろん、お客様のお子様として・・・しかし、昨日の子供の来場者数はダントツで、ロープには順番待ちの行列が出来てしまうほど子供たちの来場が凄く、更になかなか帰ろうとしないので大賑わいでした。その分、波が引けた後の静けさが嘘のように静かで・・・珍しい見学会でもありましたが、たまにはいいですね。
 翌日の今日9時、引渡しを済ませ、お客様と記念撮影しながら内的感動に見舞われました。電話では、松園のお客様から暖かくて幸せ感を感じるとのお話も頂いて、更に更に感動!でも、体はさすがに疲れて果て・・・午後は2時間熟睡してしまいました。明日からは、北上の土留め工事と岩泉町の基礎工事開始に加え、間仕切り工事や収納小屋など、小さくて大切な改修工事も始まります。春一番の仕事の嵐で、新しい年度の始まりは好調ですが、今年の社長車はアフター車として頑張ります。

※熟睡から目を覚まし、自分の書いた日記を読み返すと、文脈が滅裂で恥ずかしい限りです。やはり、疲れているようです(笑)少し直しました。
 
 
   
  御礼
 
  2008/3/30
   二日間の見学会も終わり、帰路の夕日が綺麗でした。社員共々そして夫婦も共に頑張りましたが、それ以上に最後の最後まで現場作業に没頭していただいた職人(大工)の心意気に助けられました。綺麗な夕日に、褒められているような気分でもありますが、高松小学校の校訓に学び、「やりぬく心」の心境でもありました。毎回ですが、良い現場が良い住宅が出来上がりました。出来るだけ早く、ギャラリーを更新したいと思います。
 ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。感謝御礼申し上げます。
 
 
   
  松園照明受台
 
  2008/3/29
   本日は、東松園の見学会でした。ご来場を賜りました皆さまには、心より御礼申し上げます。お客様と和やかに会話が出来る、非常に良い感触の見学会でもありました。加えて嬉しいのは、弊社で建築されたお施主さんが、数人見学会に訪ねてくださった事です。有難くて、再度御礼申し上げます。引き続き明日は、洞清水の見学です。何度もすみませんが、よろしくお願い申し上げます。
 ところで、写真は玄関ホールの斜め天井に取り付けた照明器具です。電気屋さんが、これは無理だよ〜と大騒ぎするなか、ポンポンと肩を叩いてニンマリ!受け台を作れば大丈夫なんです。この辺は殆どインスピレーションで作ります。お客様が選んだ照明器具を出来るだけ生かして取り付けたいと思っていると、自然となんとか出来るものです。そうした部分が各所にあります。無垢材表しの家は、照明器具が制限されると言われたくないし、取り付け方法優先でデザイン無視の選別は寂しいと思うので、無理難題が逆に成長の機会を与えてくれますから有難いものです。それでは、明日も頑張ろう!(社員皆)
 
 
   
  松園見学会
 
  2008/3/28
   明日は、松園の見学会です。居間から食堂側を見ると、この様な雰囲気で仕上がりました。桑・ケヤキ・栗の柱が並び、框はナラで栗の貫には古材の栗が・・・テーブル前のカウンターにはクルミの板が・・・心より、お持ち申し上げます。
 
 
 
   
  夫婦山?
 
  2008/3/27
   今週は、日曜日の岩泉町道中シリーズばかりですみませんが、今日もR455号の岩洞湖のある一箇所からのみ見える、岩手山と姫神山のツーショットです。よく晴れた日に、この瞬間に出会うと思わず「オーッ」と声が出ます。特別出かけなくても、こうして日々出会える景色の中にも感動があり、元気が出る毎日です。
 現場は、今週末見学会だと言うのにまだまだ作業が続いています・・・そして、明日でなんとか終わります。これが既製品の家であればあっという間に終わるのですが・・・無垢材に全て手を掛けて作業すると、想像も出来ないほどの手間が発生します。その手間を増やしているのは多分私ですが、お客様に良いものを喜んでいただきたいと思うと、ついついそうした事が多くなります。しかし、やはり手間を掛けた分だけ出来も良くなります。私がお客様に、仕上げ段階で電話を掛けまくる回数が多くなるのは、構造やプランまでは設計段階でかなり時間を掛けるので、最後に一押しで良い板などが出てくると使わせていただきたくもなります。肉体的疲労の先にある大きな喜びと笑顔のために、お客様ご家族みなさまの幸せのために、もう一息頑張ります。
 岩手山と姫神山とは本来大きさが違うわけですが、お客様(岩手山)と施工者(姫神山)にも、違いはあっても写真のように等しく一緒に家造りができているような達成感があります。こんな会社に依頼してくださるお客様方に心より感謝申し上げます。
 
 
   
  小舞壁
 
  2008/3/26
   以前もご紹介しましたが、岩泉町への道中で必ず通過するR455号線沿いで新築中の銅板屋根の豪邸ですが、壁がなんと今時土壁です。珍しくもあり、羨ましくもあり、懐かしき小舞壁の美しさにうっとりとしてしまいます。古材を活用する家も多くありますが、豪華さや見てくれだけでなく本当の生かし方とすればこの様に再現できれば一番良いのでしょう。寒くないかな?大きくて掃除は大変だな〜?などと勝手に心配しながら、同業者としては施工上の憧れは確かにあります。もちろん、誰でも出来る筈がありませんから、今の段階で率先してこうした家を造ろうとは思いませんが、こうした技術は学びたいものです。
 ところで、他県へ所要で出掛けた時に古材での建替えを見た事があります。アンカーボルトで固定し、横貫を入れず筋違いに変えている現場を目撃した瞬間でした。古い柱の横に新しい板を添えて建材で釘打ちして、将来ゴミと化す窯業系外壁で包んで・・・余計なお世話かもしれませんが、少し残念!物凄く大きな棟木も礎石に載せているからであり、アンカーボルトで固定して筋違いを入れると、その重さが命取りになるのでは?と構造屋的な疑問も感じるのですが・・・余り書くと誤解されるので止めます。むろん、岩手のその手の業者さんは大丈夫だと思います。
 
 
   
  倒木橋
 
  2008/3/25
   今日も、岩泉の現場付近をご紹介いたします。昨日は、現場の南向かい側の吊り橋でしたが、今日は敷地西側法面下に流れる沢と、丸木橋ではなく倒木がそのまま橋になっている絶好の遊び場です。私達も、子供の頃はこうした場所が一番楽しい遊び場でしたが、盛岡市内では殆ど見られないので少し残念です。でも、こうして写真に撮影して楽しむ事がまだ出来るので、一つ一つ大切にして行きたいと思います。(空き缶が捨てられているのだけはガッカリでした。多分大人の仕業ですよね・・・車から投げ捨てたに違いない・・・!)
 
 
   
  吊り橋
 
  2008/3/24
   岩泉町の現場の道路向かいには、小本川が太平洋に向かって一滴から発した水流を集めて大きくなりながら流れて行きます。その川岸から向こう岸まで、部落の人たちが力を合わせて渡した吊り橋があります。歩くとグラグラと揺れるので、思わずワイヤーにつかまりながらも恐る恐る橋の中央まで何とか辿り着きました。とても人に見せられないような「ヘッピリ腰」で・・・でも、子供たちを連れてきたら、怖いもの知らずでおおはしゃぎするに違いないと思います。どこか、気持ちの中で子供のようにはしゃいでいる自分がいます。
 
 
   
  地鎮祭
 
  2008/3/23
   今日は、岩泉町の現場で杢創舎式地鎮祭を行わせていただきました。地曳を成す事を報告し、先祖代々をたどり行けば神代の時代に既にこうした技ごとを見出していただいた事へも感謝を捧げ、東・南・西・北を鎮め守り頂いている黄・青・赤・白・黒の竜神さまを敬い奉り、長く久しく護りいただきますようにと謂うような意味あいが書かれている祝詞を奏上させていただく、土地清めの感謝の式となります。天候も良く、空気も水も美味しい素晴らしい環境の中で、沢水の清らかな流れや吊橋の風情にも触れて、今週一週間掲載に困らないほど写真も撮影できました。
 祭壇前にクリの一枚板を捧げ、弊社からお客様へのお祝いの品とさせていただいた次第です。工事が無事安全に完成されます事を最後にお祈りしました。ありがとうございます。
 
 
   
  北澤アート
 
  2008/3/22
   矢巾のお宅に、北澤アートさん手作りの薪ストーブが届きました。今から(PM3時)、岩泉町に向かうのですが、いち早く写真だけも掲載したくて急ぎ日記を書いた次第です。詳しくは後日書きたいと思います。

 ガラス扉が2枚ありますが、下が焚き口で上はオーブンです。ピザを焼いたり野菜を焼いたり、色々な楽しみが広がりそうです。素直に羨ましいですね。ただ、予約が多くて直ぐには作って貰えないようです。金額的には、≒100万〜の雰囲気でした。石積み・鋳物・創作と色々な薪ストーブ仲間が増えて楽しいですね。「仮称、杢創舎友の会」(Oさん幹事?)を本気で立ち上げたいと考えております。その時は、よろしくお願いします。
 
 
   
  風力発電
 
  2008/3/21
   今日は、岩泉の部落で葬儀があり、遠い親戚筋らしく私にも案内が来たので、黒い服を着込んで出掛けました。記憶が無いの顔が分からないのと、いぶかる私に 「大人になりなさい」 と厳しい専務のお言葉でした。私達の結婚式にもお祝いをいただいているらしく、地方の田舎特有の近所付き合いは、盛岡に引っ越してからもなんら変わりなく続いています。結構合理的で、本当に喪に服したい人やお祝いしたい人に・・・と考えがちな私ですが、専務の方が大人なのです。でも、あの特有の空のなか会話する人もいなく、何もすることなく過ぎていく時間には耐え切れません。子供のことからこの癖が直らず・・・長男の宿命でした。
 ところで、岩泉に向かう道中一箇所だけ、この写真のように風力発電の風車が見える場所があります。多分、葛巻の風車だと思われるのですが、風の町葛巻は全国でも有名なので、岩泉町は太陽の町にでもなればいいな〜と思うのでした。
 話は変わって道中のIBCラジオで、ある住宅会社の営業マンさんが大塚アナと住宅見学会のコマーシャル対談していました。 「地場材にこだわる理由は?」 「そうですね、地場の材と地場の大工さんで造りたいと思いました。」・・?返事になっていませんよ。私は、今岩手にある自然は先代の方々のお陰だと思うので、私達も次世代の人達に継ぐ必要があると思います。循環し持続する環境のために、そして地球環境維持のためにもと、考えます。次に、 「インテリアコーディネイターさんに内装を計画してもらうそうですね?」 「そうです。木ばかり使うと山小屋のようになりますから」 とのお答えに大塚さんが 「それはそれでい〜いですけどね」 と返した時は、思わず内心拍手でした。人それぞれの意匠でいいと思います。お客様のご要望に柔軟に対応しながら、基本構造は確りと地震に強く職人が腕を発揮できる住いは、本にも書かれない小さな大切な人技が継承されます。大手メーカーの人心地をくすぐる営業は、確かに横柄な職人を打ちのめしました。でも、そのメーカーも働く職人がいなければ絵に書いた餅であり、その仕事を受け入れる職人は本来優しいのだと思います。もうそろそろ、皆が良くなる「win-win」の世の中にならないかな〜と思うのでした。私も、偉そうには言えませんね!まず自分が頑張らねば!ファイト!
 
 
   
  卒業証書
 
  2008/3/20
   昨日の日記が、自分では力作でしたが専務は・・・と、どこか笑っているので、その心は臭い文章と思っているに違いない!そこで、昨日の美しき場面を掲載してしまいました。親バカですが、お許し下さい。でも、今の卒業式ではこのように卒業証書を親に渡すのですね。長女や二女まして私達のときは、こうした方式ではなかったのですが、結構いいものです。そして、代表ひとりが挨拶するのではなく、卒業生全員がそれぞれ持ち場を得て大きな声で「門出のことば」をつなげていく場面では、この学年はいじめなど少ないのだろうと感じました。まさしく、不登校は0だそうです。良い卒業式でした。先生方、ありがとうございました。
 
 
   
  卒業
 
  2008/3/19
   新しい世界のとびらがいっぱいに開かれた 「朝」 校庭の桜のつぼみにも、レンギョウの新芽にも、春のいぶきがみなぎっています。平成20年3月19日わたしたち89名は、今ここに卒業証書をいただきました。ともに過ごした6年間、数々の思い出がなつかしく思い出されます。・・・♪卒業生の詩「はばたこう明日へ」♪
 自信に満ち、卒業の喜びに輝く卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。・・・校訓「やりぬく心」を忘れず、たくましく・明るく、歩んでいってください。♪在校生の歌「また会う日まで さようなら」♪
 お父さん・お母さん、ぼくたちはこんなに大きく成長しました。時には優しく、時には厳しく、いつもそばにいて励ましてくれました。その励ましがあってこそ目標をもって努力することができました。
 先生方、相手を思いやる心、学ぶことの喜び、何事にも正面から向き合って努力することの大切さを・・・♪全体の歌「COSMOS」♪

 夏の草原に 銀河は高く歌う
 胸に手をあてて 風を感じる
 君の温もりは 宇宙が燃えていた
 遠い時代のなごり 君は宇宙
 百億年の歴史が 
 今も身体に流れてる
 光の声が天高く聞こえる
 君も星だよ みんなみんな

 時の流れに 生まれたものなら
 ひとり残らず 幸せになれるはず
 みんな生命を燃やすんだ
 星のように 蛍のように
 光の声が天高くきこえる
 僕らは一つ みんなみんな
 光の声が天高く聞こえる
 君も星だよ みんなみんな ♪

 悪代官のような怖い顔も、強面の顔も、優しげな顔もみんなみんな、何かをこらえている・・・校舎の片隅でいつになく静かな時間の滴を落とす洗い場のように、多くの笑い声や時には泣き顔も見てきた目には・・・こらえようの無い何かがある。詩を聞き終わり、仕事のために途中で校舎をあとにしたから、教室で誰もが涙を流したその中には居なかった。父親は、校庭を眺めながら心で「卒業」と思い、母親は直接卒業証書を受け取りながら、「おめでとう」と微笑んで言葉を交わす。今日は、三女の小学6年間の卒業式だった。
 
 
 
   
  丸太橋
 
  2008/3/18
   お昼過ぎ、上米内方面を少しドライブしてきました。雪どけ水で水かさが増し、清流というよりは生き生きとした勢いのある流れが、清々しい空気を押し上げてくるように感じます。道筋には、道の向こう岸に歩いて渡れる丸太橋が掛けこまれている場所もあり、こうした景色を見ながら数分のドライブにも結構癒されます。道中、バッケ取りしている人も見かけました。春ですね〜!
 昨日の日記は少し落ち込み気味の文章でしたが、今日は一変して元気です。お客様あっての私です。今日の11時、お客様との会話で一気に元気充電です。誰よりも単純で分かり易いと、自他共に認めます(笑)。明日は、三女の小学校卒業式でした。忘れて仕事の約束を入れてしまい・・・反省・・・恐る恐る変更のお願いをして、なんとか保護者二人で参列出来そうです。少しは、親らしい事もしないと・・・もう卒業か・・・
 
 
   
  窓から
 
  2008/3/17
   中央通の家の食堂窓から、お隣の屋根が見えます。すずめ同士の戦い?も、よく見かける季節になってきたそうです。今日は、「環境パートナーシップいわて」のエコブック作製のために、取材を受けました。全てがいい方向に進んでいないのは誰もが認識していますが、こうして数人が集まる中での有意義な会話が何時かきっと実を結ぶ事だと信じます。
 しかし、相手を信じた中で本音を言う場合に、誤解的な解釈をされる事もよくあります。悲しいかな、相手が分かってくれていると信じたから話した事が裏目にでてしまうと、言葉のもどかしさを感じてしまいます。やはり我々は業者であり、業者的な正論は通じません。原価公開での仕事の難しさは、原価以上に費用が発生した場合です。理由はどうあれ、その場に必要なものを準備しなければなりません。「だから〜原価でなく数%経費を上乗せしなさい。」と、天の声らしきものを感じました。これまでの7年間、何度自腹でやってきた事か・・・安いが良いだけでは駄目で、お客様の心理を理解しなさいとも、コンサルタントに言われた事があります。20%以上の利益を上げないと駄目だよ!とも言われました。出来るだけ、安く提供し選んでもらいやすくする為に原価公開にこだわりましたが、今後は少し考えないといけないのかもしれません。ある程度妥協して20%達成を目標に頑張るか、利益より自然素材の住いを優先に泣きながら努力するか・・・正念場です。でも、怒られながらバカにされながらでも、いい家を造りたい気持ちが強くあります。無理するから、営業的なお膳立てが出来なくて、毎度毎度本当にすみません。この文章を見て、頷く人がたくさんいると思います。本音をお客様に話してしまい、「お前な〜」と・・・言われる事のある私ですが、反省していますのでどうか今後ともよろしくお願い申し上げます。
 今日の取材の担当者さんも、弊社で家を建ててくれた有難いお客様です。思い返すと、やはり工事中に数度バトルしてしまいました。あの時は、本当にごめんなさい。でも、こうして今でもお付き合いいただいて、心から感謝申し上げます。やはり、利益優先ではなく、よりいい家を何とか造り続けたいですね。専務ごめんなさい、私はたぶん変われません。
 
 
   
  岩泉
 
  2008/3/16
   今日は、午後から岩泉町での打合せでした。春からの新築ではなく、新規打合せです。まだ、どうなるか分かりませんが、同級生で同じボクシング部で汗を流した(悪さもした・・笑)友達の自宅なので楽しみです。
 写真は、まさに岩と泉の町です。春めいて、木々の蕾が膨らんでいるのか?山全体がふっくらとしているように感じます。楽しい季節がもうじきそこまで来ている気がして、体が何故か軽く感じます。明日も頑張ろう!
 
 
   
  左官壁
 
  2008/3/15
   12日の日記で紹介した、松園の外壁です。一条波仕上げの引き摺りの波は、職人一人一人の手仕事です。いつもそうですが、職人の腕は出来ないものから見れば神業です。さて、久し振りに原価公開です。この塗り壁材の材料費は≒60万です。手間は、ご想像にお任せしますが、材料と手間の総額100万以内で見積もりました。しかし、仕上げ8oのところを10o塗られたらしく、後から10数袋追加注文したので予算オーバーです。今回で2回目だから、左官屋さんに厳重に注意!(笑)しました。外壁の塗り壁面積は≒140m2です。他の部分は杉板壁とガルバリュウム鋼板で仕上げています。完成が楽しみです。

 カタログの宣伝文書です。
 @優れた通気・調湿機能  
 A25年間メンテナンスフリー
 Bクラックが入りにくい
 Cローコスト・省エネ製品
 D建替え時、土に還る
 E画期的な工期短縮
 F表面に防水処理不要(凍結にも強いと書いてあります)

 29日に見学会を行います。時によく原価公開システムの話を聞きますが、本当に原価公開であればこうしたHP上でも公開していいのでは?と思うのです。あえて、無理に公開する必要も無いし、過激な上乗せもずるいし、家造りに向かう姿勢が問われる事なのだと思います。私も偉そうには言えませんが、出来るだけ正直に仕事を丁寧に行ってはいるつもりです。至らぬ部分を補いながらの毎日でもあります。

 今日、「家と人。16号」の新刊が届きました。はじめて、すみずみ全て目を通して前文一気に読み込みました。最後の編集後記に関しては、書いた人の顔や心の中を覗き込む思いで一字一字辿るように読んでもみました。実は、私が書いた家への視点は、編集者から表を示すように言われて、輸送エネルギーに関する一般的な表を掲載しています。しかし、私の本音はこの様な表を見なくても、100kmもない直ぐそこから木材を運ぶ事なのだが?という思いもありました。照りつける太陽の下汗だくになりながら笑顔で働く人たちが屋根を掛け、谷川から吹き上がる涼風や山頂から一気に駆け抜ける疾風に、積み置かれた水脈化身の体をかすかに揺らしながら乾いていく木材の姿をイメージしている私は、掲載した表にその姿を求めるのですが・・・読者に届くだろうか・・・いや、届いて欲しい!私が伝えたい事は、表のように壮大な事ではなく、小さな小さな普段目にする自然の中での普通の出来事です。日本人は本物を見抜けない的な事が時折言われてもおりますが、私は批判的な事とは逆の融和的な日本の良さを感じる事がよくあります。お願いだからそんなに駄目駄目と言わないで・・・と素直に感じます。優しく柔らかく暖かく、外は春の陽気です。
 
 
   
  古材
 
  2008/3/14
   松園も大工造作も最終段階ですが、流し前の下がり壁面に古材を一本配置してみました。栗材のようなので、栗の貫のところに栗の半柱を立て込んで、栗材でまとめてみました。手前の大きな大黒柱はケヤキです。この現場では、オニグルミ・カツラ・ナラ・クリ・セン・トチ・ヒバ・ヒノキ・カラマツ・アカマツ・スギと少しずつですが、岩手ならではの多くの樹種を使わせていただきました。現在11種なので、ネズコを洗面前の水よけ板として使えば12種になるぞと張り切っていますが、1枚は丁度良く見つけましたが、折り返しの板が無くて・・・どうしようかと現在悩んでいます。これが私の楽しい悩みなのです。
 しかし、古材はあえて積極的には仕入れないのですが、解体現場などにて偶然出逢った場合は、必ず何とかしようともがきます(笑)。古材の使い易さは、昔は釘や金物を必要以上に使用していないからだと思います。現在の建物を解体して再利用しようとしても、釘やビスだらけで抜くのに大変な労力を要すると思われます。建築基準や耐震に瑕疵と意味ある事は理解できます。しかし、偏った側からだけの理屈でなく、自然の事や木の事に加えて大工職人技の心眼をも併せ持つ、素晴らしい基準を誰か造り上げてくれるといいのですが・・・建築木遵法とか(笑)。
 
 
   
  鉄板!
 
  2008/3/13
   ガルバリュウム鋼板の外壁は、多分好き嫌いがはっきりと分かれると思います。でも、屋根のカラー鉄板葺きが大半を占めている時代に、屋根板金にガルバリュウム鋼板を使用すると喜ばれました。屋根は良くても壁は嫌・・!ですという事なのか、同じ素材だとは思えないのか?は分かりません。将来ゴミにはなりませんという話も、聞いてくださる方とそうでない方がやはりいらっしゃいます。では、無垢板壁は?と言えば「メンテナンスが大変」との声が多く、30年メンテナンスフリーの樹脂サイディングを見せると、「?」無言になる方が結構います。漆喰がいいよと言われて「同感です。ただ、予算は高く、冬場の施工は大変です。」と素直に言うしかありません。クラックも発生しないとは約束できないので、その時は費用を掛けて手直しする事になります。
 私は、木が好きです。塗り壁も好きです。土も石もレンガも好きです。将来ゴミにならない素材であれば、樹脂もガルバもいいと今は思います。はっきりしているのは、製造時もCO2をガンガン排出して将来は産業廃棄物にしかならず、耐震性が悪く5年程度で廃盤になる外壁材です。(何十年も同じ商品が継続するものは多少は好きです。ラムダなど・・?)さて、その外壁とは何でしょう?
 
 
   
  松園
 
  2008/3/12
   松園の外壁は、火山灰をセラミック素材にした塗り壁で、白州そとん壁という自然素材100%の左官壁です。一条波仕上げで施工しています。そういえば、前回の中央通の時は三条波仕上げでしたが、弊社で専用のハケを購入しているのに、毎回なくなります。今回は、持ち帰らずに置いてってくれ〜と思いながら、逆に左官屋さんに預けた方が無くならないかも?と思うのでした(この日記を見て、ドキドキする社員が数人いるかも・・・笑)。
 話を戻して、このマグマセラミックは、
 @優れた通気・調湿機能(オーッ良いですね)  
 A25年間メンテナンスフリー(これから分かります)
 Bクラックが入りにくい(注:入らないとは書いてありません)
 Cローコスト・省エネ製品(少し疑問?)
 D建替え時、土に還る(大切な事です)
 E画期的な工期短縮(普通の塗り壁に比べて確かにそうです)
 F表面に防水処理不要(凍結にも強いと書いてあります)
以上がカタログに書いてあります。()内は私のコメントですが、春めいて写真のように陽光が差し込む暖かい日が続いてくれたので助かりました。金額は、ガルバリュウム鋼板張りよりは高上がりになりますが、窯業系外壁よりは安いかもしれません。となると、ゴミにならない分非常に良い素材です。弊社の外観的には非常に貢献してくれます(笑)。
 
 
   
  村崎野
 
  2008/3/11
   9日の日曜日は、北上の村崎野駅の近くでの打ち合わせがありました。踏切にさしかかると、遮断機が下り始めたので列車の通過待ちです。貨物列車でしたが、この迫り来る感じが好きでついシャッターを・・・どこか、人の人生の縮図を感じる私は変でしょうか?「宇宙無雙日・乾神只一人」と下手な書を手繰りながら、その意とする「たったひとつの太陽がすべての自然に恵みをもたらすように、あなたもこの世界中で唯一無比の価値ある存在です」とも筆を走らせて、クリアーファイルに綴じました。
 住いを建てる事や改修・増築する事ひとつ考えても、世界に一つだけの住いに違いありません。そこで暮すご家族もまた同様です。誰一人欠けてもいい筈が無いのです。同業者のある友達も、お父さんを亡くされて苦労されているのが分かる時がありました。私はといえば、26歳の時に父親が突然倒れて他界しました。あって欲しくない偶然ですが、妻の父親も同じ年に亡くなりました。一家の大黒柱が突然居なくなる暮らしは、寂しさにも増して実生活が大変です。大学へ進学する弟の学費など、母親はかなり苦労しました。まだ修行中で蓄えも無い私の力不足は言うに及びません。しかし、月日は流れこうして今日まで頑張ってこれました。思い返すと・・・いや止めよう!そうした日を忘れるほどにこれからもまだまだ元気に明るく頑張ろう!それこそが、育ててくれた両親への恩返しに違いないから。
 今日の医学は進歩して、病気も治る方が多いと思います。既に両親を亡くされて悔やんでいる方も少なくはないかもしれません。でも、「明日を信じる」と私は自分自身に言い聞かせて、小さくガッツポーズをするのでした。信じる祈りこそが勇気をくれるのだと思います。月並みですが、苦労している友達へ心の中でこの思いを送ります。頑張って!
 
 
   
  洞清水外観
 
  2008/3/10
   昨日に引き続き洞清水の家ですが、今日は外観です。足場が外れてすっきりとしてきました。松園は、もう少し外壁左官工事に時間がかかりそうなので、足場を外すのは来週になると思われます。とにかく、春めいてホッとしています。寒さがぶり返さないうちに頑張って、外部工事を終わらせたいと思います。皆、頑張ろう!
 また、現場作業の事ばかり書いてきましたが、滝沢の作業場では、クリ・ケヤキ・ナラ・セン・トチ・ニレ・タモ・ヒバ・スギ・カラマツと、10種以上の樹木の板やカウンターなどの造作が進みました。刃物も樹種に応じて硬軟さまざまに取り替えながら微妙な作業が行われていました。熟年の大工さんは、力まず仕草が綺麗です。若い大工さんは、どうしても肩に力が入るのか、何度も砥ぎ直しをしながらの作業が目立ちますが、年季に勝るものはなく、こうして一緒に作業する事でいつの間にか伝統が継承されていくのだと思います。ところで、「こうすれば綺麗に鉋を掛けられる」と、具体的に書いてあるHPや本にはなかなか出合えません。刃物だけでなく台の大切さなど教えて欲しいのですが、やはり職人ですから・・・そこは厳しく無口で当たり前なのかもしれません。毎日、墨壺が乾かないように点検しながら最近使う機会が無い事がもどかしく思うのでした。教われるうちに頑張らねば!
 
 
   
  ご家族で・・
 
  2008/3/9
   薪ストーブの耐火レンガ積みを、ご家族で施工している風景です。職人さんのご家族ではなく、建て主さんご家族です。こんな貴重な写真は現場に足を運ぶ社員にしか撮れません。土日の私は、事務所での打合せが多くて参加できず残念でしたが、昨日は岩泉のお客様との契約が無事できて、嬉しい一日でした。お客様も私達も、全く想像もしない別な要因であわや建築不可能となりそうな事態もあり、本当に何が起こるかわかりません。でも、2日の日記の通りで、雪解けを信じてお客様と精神的に助け合いながら契約日を迎えたので、本当に嬉しかったです。
 現場は現場で、社員も大工さんも皆それぞれ頑張ってくれているので、私が自分の役割を発揮できます。心から感謝・感謝の毎日です。新たな仕事もはじまりそうで?望まれる良い仕事を心掛けたいと強く思う一日でもありました。庭に木を植えて大切にしたいという言葉や、外した物をまた使おうとのお話に加え、子供達の遊ぶ風景が話題に上がる日は、どこか癒されます。明日も頑張ろう!ありがとうございました。
 ところで、今度ピカピカノ小学一年生になる娘さんの手つきは良いですね〜今から職人の予約をお願いします(笑)。
 
 
   
  エコワット
 
  2008/3/8
   エコワットとは、電化製品の電気代やCO2排出量を測る事が出来るコンセントです。2,980円で購入できました。早速、事務所の電気ポット電気使用量を測ってみました。24時間で、電気使用量1.01kwh・そのCO2排出量は0.56kg・電気代金は22円と表示されました。電気代1円分で1ℓ牛乳パック約13.7本分のCO2がでると説明書に書いてあるので、301.4本分のCO2を電気ポット一台で出した計算になります。また、もし1ヶ月差込のままであればその30倍となります。そこで、今度は仕事中だけの10時間で計測すると、ほぼ半分に下がりました。次に水から沸かしてみると、20分間で電気使用量0.2kwh・CO2排出量0.11kg・電気代金4円でした。水からお湯を沸かすと、5回で丸一日保温した場合と同じになり、不経済で環境にも良くないので仕事中だけの保温がいいと分かります。若しくは、沸かしたら冷めにくいポットに移して保温するか?冬の間は薪ストーブで沸かすなど工夫した方が良さそうです。
 次に冷蔵庫・パソコンなど順次測りたいと思います。子供たちにもこれを見せて、楽しく節電しながらCO2を出来る限り削減したいと思います。一家に一台あってもいいと思うエコワットでした。
 
 
   
  南昌山方面
 
  2008/3/7
   昨日に引き続き、盛岡市を取り囲む峰(みね)の写真です。南昌山方面ですが、昨日と反対で右に岩手山、左に姫神山を望める陸橋からこの風景が見えます。ところで、岩手とは解析が難しい地名らしいです。例えば、山手であれば山の手となり山側の場所と辿れるらしいのですが、岩手が岩の手とすればどんな大きな岩側なのか?などなど、地名に関して解き明かす「日本超古代地名解」なる本を以前購入したのですが、まだ読破できていません。その本によると、峰は日本の山名呼称の中で最も古いらしく、一音語から言語の進歩により、尾根・屋根・ムネ・ミネ・ウネなどに派生分化し、その元音がネ、峰(ね)だそうです。という事、早池峰山などは古さを誇る山名だそうです。良く分からなくなりますが、結構面白く興味をそそられる事がたくさん書いてあります。早池峰のハヤチとは疾風の吹く山と読み解くなど・・・書くとまた長くなるので止めます(笑)。
 
 全く話を変えますが、車のメンテナンスは大切です。今日、20万で購入したワゴンRの排気音が凄くて、走行中にエンジンが止まりそうになりました。マツダになんとか辿り着き、見てもらうと1cmぐらいの厚みがある筈のパッキンが全て無くなっていました。薄くなって取り替える事はあっても、全く消えて無くなくなるほど磨耗したのは初めてらしく・・・大笑いされました。お陰で、木勉会の勉強会にも参加できず・・・再度書きますが、日頃のメンテは大切です。皆さんにとっては当たり前ですよね、反省!
 
 
   
  姫神山
 
  2008/3/6
   西に岩手山、東に姫神山、滝沢の作業場に向かう直線道路の左右にこの夫婦山を同時に望める場所があります。特に朝早いと、盛岡に住んで良かったと思う素晴らしい瞬間に出会う機会がよくあります。また、岩泉町から盛岡に向かう道中の岩洞湖からは、この二つの山が連れ添って見える場所もあります。特に、朝日に赤く染まる瞬間は綺麗です。一度、天峰山から岩手山に朝日が差し込む景色が見たいと思いながら、そのチャンスに恵まれていません。一つ一つの山全ての名前を知っているわけでは無いのですが、その山々の連なる景色そのものが美しくて、岩手に住む幸せを感じています。どこに住んでも、多分そうなのかもしれませんが、わが町一番とつい言いたくなります。今年は、一度でいいから家族登山したいですね。
 そこで、山に向かって「挨拶」をしました。挨拶の本来の意味は「そばに身をすりよせて押しあうこと」だそうです。「一挨一拶、其の深浅を見んと要す」相手の心の玄関を開いてみないと、心のふれあいは生まれません。まず自分から、気持ちの良い笑顔と丁寧な挨拶で、「自分は玄関を開ける用意ができていますよ」という思いを相手に伝えましょう。と書いてある本を読んで、思わず「挨拶」と墨で書いてみました。書道の事始です。今日から毎日色々と書いてみたいと思います。

 現場はどんどん進んで大工の造作工事中ですが、無垢材が沢山登場して楽しい毎日です。見学会本当にお楽しみに!よろしくお願い申し上げます。

 
 
   
  性善説
 
  2008/3/5
   まさか!・・・薪用に積み置いたナラの丸太を、軽トラ一台分程度盗まれました。道路端で、積みやすいから逆に盗られやすいのは確かです。自分では盗んだ事が無いので、その心理は分からず無防備でした。盗まれて初めて、自分の甘さに気づくのですが、悲しいですね。性善説か?性悪説か?というより、盗まれてがっかりする気持ちの中には、盗んで使っても平気なの?と、問いかけたくなる寂しさがあります。まして、「たぶんホダ木に使うんだよ!」と、大工さん達が話しているのを聞くと、盗んだ木で収穫できたとして嬉しいの?と、・・・とにかくガッカリしました。でも可笑しいのは、薪山の形を崩さずに平均的に盗んでいるので、はじめは山が小さくなったかな?乾燥したのかな?的な雰囲気に見えて、以前撮影しておいた写真と比べて見て、やっと薄皮を剥ぐような盗み方をしているのが分かりました。でも、この薪に積もった雪を見れば右と左で不自然さが分かります。
 まずは、警察に被害届けを出しましたが、不定期の張込には覆面パトカーで時折見に廻るとのお話をいただき、防犯カメラを設置して今後の対策としました。作業場の入り口もチェーンで封鎖する事にしました。せっかくお客様と薪割りイベントを楽しみにしていたのに、出鼻を挫かれた気分で・・・どうしたらよいか悩みます。あ〜あッ・・・ほんとにガックリ。
 
 
   
  しだれやなぎ
 
  2008/3/4
   写真は「しだれやなぎ」の木、岩手大学農学部棟と共にその姿を望める。学生たちの成長を見守りながら何年生きてきたのだろうか?自然そのままの姿も美しいが、こうして人が手を掛けて育てた姿にも魅力を感じる。
 話はそれとは別ではあるが、岩手大学人文社会科学部の丸山教授著作による「持続可能な社会と政治学〜グリーン・ポリティクスの方へ〜」を熟読しながら勉強させていただいている。ロハス的なビジネスモデルは、勝ち組と負け組みを生み出す「win-lose」な仕組みではなく、作る人(企業)も使う人(生活者・消費者)も、そして地球(環境)も幸せになる「win-win」な仕組みを基本とする。との文面があり、非常に嬉しく、共感しながら今の杢創舎の道筋に勇気をいただいた。
 2月23日に放送された私のこだわりも、建てる人(施主・ご家族)も、造る側(設計者・施工者)も、山(大きくは地球環境)も、そこで働く職人(大工・左官・山の作業班・・・多くの労働する人たち、そしてご家族)も、皆が笑顔で「良い家が出来たね」と納得できる家づくりと話した。出来れば、懐にも優しくなりたいが、会社の経営は実に厳しい!泣きたくなる道を進みながらも今までこうして続いてこれたのだから、これからも一歩一歩笑顔で頑張りたい。
 
 
   
  薪と暮らし
 
  2008/3/3
   昨日に続いて岩泉の道中、国道455号線沿いの年中見かける風景の一つです。薪のある暮らしというか、薪が中心の生活かもしれません。何故か車を止めて写真をとりたくなるのですが、薪が輝いていて引き寄せられたのかもしれません。
 ところで、2日の日記は普通に変換したら「雪解け」となりました。一度掲載したあとで偶然「星野道夫」さんの写真集を見ていたら「雪溶け」とあり・・・あっそうだよ!と後で修正しながら、人の心の方は「解ける」がいいかとも思い直し、誤字脱字に体裁を繕いながら、日本語の奥深さを感じました。


 夕暮れ、近くの森を歩いた。 
 覆いかぶさるようなシラカバやアスペンの若葉。
 足元の草むらにはワイルドクロッカスの薄紫色のつぼみ・・・
 毎年、巡り来る季節の色なのに、
 私はいつも不思議でならなかった。
 長い冬の間、
 木々の新緑や、花々の鮮やかな色はどこに潜んでいたのだろう。
 植物が内包する色は、一体どこからやって来るのか。
 いや、そもそも自然の色とは何なのだろう。
               〜 星野道夫「森に還る日」より 〜
 
 
   
  雪解け(溶け)
 
  2008/3/2
   昨晩は、東新庄のお客様のご自宅で家族共々楽しい夜を過ごしました。朝起きると、最後のとどめに飲んだバーボンの、アルコール40度オンザロックの夢見心地が持続しており、一度立ち上がるも40度逆方向に再度倒れこみ・・・気を取り直して7時発にて岩泉町まで打合せに向かいました。保塩水効果で直ぐに回復しながら、8:30岩泉着!トンネルのお陰で本当に近くなりました。今や岩泉町は盛岡市の隣町ですからね。
 その帰り道、道草しながら撮影した写真ですが、春近し!凛とした寒さも和らぎ、澄んだ空気の中にもどこかワクワクした気持ちになるのは、体が春を感じているからだと思います。雪溶け水の清らかさに惹かれ、橋の上から身を乗り出して子供のように歓声を上げながら撮影し、フキノトウやネコヤナギを頭の中で描くのでした。それは、今日初めて会った地主さんの心の 「雪解け」 にも触れたからかもしれません。4月からは、岩泉での工事を進める事が出来そうです。3月2日は、一粒万倍日で房(そいぼし)に「神よし」と続く日で、大吉なる良き日でした。この暦は、どうやって良き日と悪き日を決めるのでしょう?盲信すればそれで済むのですが、一度ハテナと思うと結構気になります。でも、毎日が良い筈もないので、今日のこの気分のように・・・又は季節の変化のように、移ろい行くからいいのかもしれません。
 この写真のように、冷たい雪溶け水に春の暖かさを感じるのがまた、人の楽しさかもしれないですよね?春からは岩泉で頑張ります。
 
 
   
  縄梯子
 
  2008/3/1
   住いの中に、こんな縄梯子のある住宅があります。弊社で建築した、東新庄のマンサード型屋根の家です。暮らしを楽しむ住い方に触れて、嬉しくなりました。実は、少し飲みすぎです・・・笑。(もちろん私の事です。楽しかったな〜昨夜は!)
 毎度、保塩水が活躍しています。肝臓の為に、休む日も必要との事でした。
 
 
   
  杉通し柱2
 
  2008/2/29
   昨日の杉通し柱の続きです。近づくとこの通りの面です。この木が育っていた場所も分かり、伐り出された瞬間にも立ち会いました。どんな材でも大切に扱いたくなります。これ見よがしでなく、構造的に配置させていただいて、強く長い間使われるように考えたいと思います。安売りするわけではありませんが、購入m3単価そのままご提供させていただいて、その分を山に還していただける日を願います。まずは、襟を正してこの木に向かい合掌!

 ※昨日もご紹介しましたが、杉30p角6mで樹齢90年です。
 
 
   
  杉の通し柱
 
  2008/2/28
   今日は、杉の通し柱30p角のお出ましです(笑)。昨年購入した、八牧山林の樹齢90年の凄い材です。二本の内一本は、更に無節材でして・・・これを見て感激しない人は多分いないでしょう!ただ、乾燥には時間が必要です。写真を撮影した佐々木の声も弾んでいました。
 今、気が付くとPM10時・・・朝も確かAM6時頃から仕事していたのですが、疲れも感じずとにかく集中していました。室小路方面での新しい仕事の骨組みや、ミナミハタ方面の開口部納まりなど考えれば考えるほど夢中になります。今の現場の工事中に、新しい仕事の細かい部分を解決しておかないと、大工の手空きが生じます。それはなるものかと、結構必死なのでした。量産できないけれど、一棟一棟心を込めています。
 
 
   
  岩泉
 
  2008/2/27
   昨日の夜は、岩泉町にいました。実家の築36年の住いは納屋状態ですが、古い鉄板の薪ストーブがあるので思わず火を入れました。15分もすると、凍りつくような寒い部屋もガンガンと暑くなります。但し、薪ストーブから半径3m以内までですが、それでも幸せな気分になります。ストーブの側にある丸太は、アンチャと呼ばれる木の丸太で、いづれは囲炉裏に仕上げたいと思っています。何時かは・・・きっと!
 そう言えば、この土間分かりますか?手前はシートですが、その下はコンクリートブロックを並べただけの床です。内部に空気層があるためか?冷えを感じないのです。割り切ると意匠性もあるので、予算削減を考える時に意外と役立つかもしれません。
 ≒2時間、一人で火を見つめながら色々と思いを巡らし、時を待つのでした。そして、親戚の家に泊めていただきましたが、寒くてとても寝付けないのです。今の住いの有難さをつい感じながら、「叔母さんごめんね」・・・泊めてくれて有難う。
 
 
   
  外壁鋼板
 
  2008/2/26
   洞清水のガルバリュウム鋼板工事中の北側外観です。来週中に完成し、足場を早く解体したい段階まで工事が進みました。松園は塗り壁なので、天候を見ながらジッと我慢の日が続きます。もちろんまだ、ラス網下地までしか出来ていません。これから、緩んでくる日を待ちます。
 話は変わり今日は、「木の香の家」の白鳥社長さんの講演を聞いて勉強してきました。夕方遠方に出かけるので、途中退場してしまい・・・もったいないとは思いましたが、それでも貴重なお話が聞けてかなり刺激を受けました。隣の席にも、そのまた隣にも、同業者で素晴らしい仕事をされている方々が大勢居て・・・笑顔で会話が出来る幸せを得ました。皆さん、それぞれ自信を持ってお仕事されているからだと思います。私も、自身の仕事に対してより厳しく怠けず、磨きを掛けないとならないと感じました。真剣に「うちも、笑いが欲しいね」と言うと、専務が「人真似でなく、杢創舎らしく小さく時折の笑いでね」と・・・むっ無難しいぞ〜それは、アッ夫婦の会話が笑いになるかも!
 
 
   
  冬の夕日
 
  2008/2/25
   昨日の夕日です。朝の吹雪も止み、雲間からこうして陽が差し込むと、凍りついた地面が幾らか緩んできます。春が近づいているのがほんの少しだけ実感できますが、それよりも昨日の日本列島は被害も多く、災害のあった地域の皆様のご苦労を感じました。
 ところで、時折我が家の居間から見える景色をご紹介していますが、夏は真正面より右側に沈んでいた夕日も、冬はこの通りかなり左側に沈みます。一年を通じて普通の毎日ある風景ですが、時々四季の移り変わりを実感して小さな感動を覚えます。母と、綺麗な夕日だねと話しますが、翌日の朝(今朝)また同じく「昨日の夕日は綺麗だったね」と話しても、「???」記憶がないのです。ある日は、突然毛がにを買って来て皆で美味しく食べたのに、翌日たまたまテレビ番組で毛がにの映像を見て、「美味しそうだね〜しばらく食べていないから食べたいね〜」と・・・軽く相槌でかわしながら、寂しく複雑な気持ちになります。こちらにゆとりが無いと、イライラしてしまう場合もあります。なんで、こうなるのか?優しくない自分が一番悪いような気分になります。ただ、病院へ通い出してからは幾分落ち着いたので、一時大変だった頃よりは大分いいのです。年金が貰えるようになり、仕事を止めた年にこうなりました。まだ、70歳です・・・
 
 
   
 
 
  2008/2/24
   昨日は、木質バイオマス研究会の「火のある暮らしを楽しむ」と題した講演会に参加してきました。当然ながら、薪の話にも展開したわけですが、有名な深沢光さんとも名詞交換が出来て、尚の事と「薪」が中心の話題になりました。滝沢の作業場には、≒20m3の丸太が現在置いてあります。そして、写真の薪の奥はある程度整地したので、春になれば割った薪を積み置く事も可能になります。この薪を購入していただく予約済みのお客様が10名いるので、薪の量が若干少ないかもしれません。いずれにしても、グループ購入を持続させる事が大切になりますが、そうした意味では昨日の深沢先生との情報交換は貴重でした。安定供給の道筋ができ初めています。(詳しくは後ほど)
 しかし、春はまだ遠いですね・・・今朝からこの通り吹雪いています。昨日の雷と霰に今日の風雪・・・今の心境にピッタリだったりする部分もありますが、春がもう直ぐそこまで来ているのと同じで、心も春めきたいものです。
 
 
   
  壊れても・・
 
  2008/2/23
   掃除機が「ギューン」と変な音をたてて吸い込まなくなってしまい、思わず分解掃除を試みたものの・・・モーター部分がこの通りバラバラでした。どう扱えばこうなるのか?建築現場のゴミ屑の物凄さを再度実感しました。家庭用のお下がり掃除機を使う方が間違いだったかもしれません。いずれにしても、ただ捨てるのがもったいなくて2時間手間を掛けてここまで分解掃除したのですが、さすがに何とも出来ませんでした。再度組み立てて、次回のゴミ回収に出します。ゴミを出さない生活をしたいと思いながらも・・・難しいですね。残念!
 掃除と云えば、一昨日薪ストーブの天盤を外して触媒を見てみました。案の定、煤が詰まっていて・・・この所どうしても温度が上がらなくて薪のせいだとばかり思っていましたが、触媒下なども含めて綺麗に掃除したところ、急激に温度が上がり改善してしまいました。何でもそうですが、手入れは大切ですね。

 今日の15:30、本当に放映されました。自分で自分の姿を見るのは恥ずかしいですね。思わず恥ずかしさの余り涙まで出ました(笑)。専務の携帯電話には色々とメールが届いたようですが、私の携帯一番手は、スナックのママからでした。でも、会社にも問い合わせがあり嬉しい限りです。皆様、ありがとうございます。今後とも、よろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  カウンター等
 
  2008/2/22
   昨日は、訳の分からない事をかいてしまったかな?と・・・思いながらも、無垢材に関しては思い入れもありまして、本日は二現場のカウンターなどを選びに作業場に行きました。今回は、トイレカウンターはケヤキ材を中心に使う事にしましたが、この様に端切れを取り置いていたものが役に立ちます。全て真っ直ぐ平らに使おうとすると、材が無駄になるし良い物がなかなかありません。そこで、この大小の材を上下に重ねながら作ります。出来て見ないとイメージが付かないかもしれませんが?
 そして、この一番下の板は栗の一枚物です。広いところで巾70cm以上あります。来月の見学会でお披露目させていただきます。ご期待下さい。と言う事で、昨日の補足でしたが無垢材が大好きです。
 
 
   
  竪穴式住居
 
  2008/2/21
   茅葺の竪穴住居の内部から上を見上げながら撮影した写真です。土の匂いと湿気の香りの中で、長木で組み上げた空間が何故か良い気分になるのでした。しかし、はるか昔こうした棲家の中で暖を取り、寒さをしのぎながらネズミや虫と格闘したと思います。一度嵐が起こると通り過ぎるのを待ち、天候を観察する術を体で覚えたのかもしれません。そして色々な工夫をして高床の住いを考えたのは、今の生活をより良くしたいからであり、大切なものを守る為でもあったと考えられます。そして道具が改良され、技術は今の木造建築の及びも付かない程進化するに至りながらも、限られた階級の特権であり一般住民は雨風しのげれば良い的な部分もあったかもしれません。
 時代は千年を超える長期に至り、今やローンを組めれば家族で楽しく暮せる素敵な環境を得る事が、この日本にあっては可能となりました。幸せの基がここにあるように思えます。でも、先進国以外の国々からみれば、私たちもある意味特権階級に見えるかもしれません。しかし、これより後も時代が進み、全世界の全ての人や家族がそれぞれの快適な住いを手に出来る歴史もあるかもしれません。もう直ぐか?100年後か?更にまた1000年後か?でも、先ほども書いた通りで、時代の流れの中で木造建築の粋を極めた時代は過ぎて、その技術は失われつつあります。逆に、環境破壊しながら素晴らしい建材や加工技術が伸び行きます。でも、自然の猛威である大地震におびえる事は今も昔も変わりません。結局、この地球上に生きている限り、自然と向き合う生き方が一番素直なのだと感じるのです。しかも、楽しいと思うのです。
 ところで、大きな大木は時に1000年以上も長く生きるものもあるそうです。寒さに震えていた人間が、今では暖かく暮し笑顔で笑って生活している姿を喜んでくれているに違いありません。出来れば、木材に生まれ変わり、私達と一緒に過ごす事が出来ればもっと嬉しく思うでしょうか?ただ、出来れば高温で蒸さないでくれ・・・太陽の下、風の良い香りの中で乾かして、人の手で丁寧に扱ってくれと言いそうな気もします。でも、さすがに樹齢1000年の木は手にする事も恐れ多くて出来ませんが、樹齢100年でも50年でもその年輪の尊さは変わりませんから、大切に扱いたいと思います。ありがとうございました。
 
 
   
  壁断熱
 
  2008/2/20
   両新築現場共に、セルローズファイバーの壁吹込みが完了しました。60kg以上の高圧力での吹き込みで、脱落防止の麻繊維も含まれている断熱材です。調湿・防火・防音・防虫効果を併せ持つ自然断熱材でもあります。人間生活でどうしても発生する古紙が原料ですから、環境にも優しい断熱材です。120o吹き込みました。よって、次世代U地域はクリアーします。家全体のQ値は1.6w/m2k以下なので次世代T地域をクリアーしています。
 施工者の方が手を掛けている柱は、洞清水団地の杉30p角の柱です。昨日、ご紹介した盛岡市森林組合製材工場から購入した地場材です。しかも天然乾燥ですから、なかなかお目に掛かれないと思います。工事も、いよいよ毎日慌しくなり、10人前後の職人さん達がほぼ毎日現場にいます。ということで、明日も頑張ろう!(めんこいテレビのコマーシャルに登場したらしいです。残念ながらまだ見ていません。本人が・・・)
 
 
   
  製材
 
  2008/2/19
   昨年購入した90年の赤松の製材が始まりました。・・・ニンマリ・・・無節が欲しい訳ではなくても、無節の綺麗な材が出てくると、それはそれは嬉しくなります。盛岡市森林組合製材工場の若者二人で頑張っています。もしも、同業者の方々でこのHPを見ている人がいるとすればですが、私は自身の特典を占有するよりも、彼らが安心して今後もこの工場を維持できる姿が一番大切だと思います。この工場で木材を購入する会社は殆ど無くなり、弊社だけの様相です。と言う事は、独占できるとも言えます。こんなメリットは少ない筈です。誰かこの製材工場に目を向けてください。本当にお勧めです。私は、情報を流さなければ多分独占できて幸せです。でも、若い二人は不安で仕方無い筈です。必ず恩恵はあります。なぜなら、私が今一番得しています。弊社しか注文しないので、良い材から手に入ります。配達も即座に対応してくれます。本当は、教えたくないけれど、彼らを見ているとどうしても応援したくなりました。製材技術も上です。誰か声を掛けて注文してみてください。初めて良さが分かる筈です。
 
 
   
  框2
 
  2008/2/18
   今日は、松園の小上がり框の加工中写真です。クリの面付框となりますが、ナラの30pの框に直角に載せ込む予定です。遠山大工が、一日の仕事中に刃物を研いでいる姿をあまり見た事がありません。前日か、朝の仕事前に道具を手入れして、丸一日使えるほど確りと手入れしますから、その分仕事が速く丁寧です。良く削れる鉋やノミに仕上げるのも、大工さんの素晴らしさであり年季がものをいいます。宮大工の西岡常一棟梁さんの口伝の中にも、その事が確りと書かれていました。夜遅くまで、休みの日も、とにかく道具造りに一番時間を掛けて、日中の現場ではそれを使うのだそうです。道具が良いと、変に力を入れることなく道具と一体になり、スムーズに作業が進むとの事です。しかし、今やその法隆寺つき宮大工も居なくなりました。
 現代の機械化された住宅が全て悪いとは言いません。確かに良さもたくさんあります。豪華で美しく完成時は輝いて掃除も行き届いており、痒いところに手の届く営業であり、建てる側はお客様気分を一番満喫できます。でも、5年程度で廃盤になり次から次に新商品になる外壁や床材に設備機器、その製造過程ではCO2をガンガン排出し、何十年後かに建替えとしても、産業廃棄物の山になります。人工乾燥した木材で100年持つのかどうか?中割れしたり木材の繊維が壊されているという話も聞きます。私が、外壁に捨てずに使えるガルバリュウム鋼板や塗り壁に無垢の板を使い、窯業系外壁を使わないのは、窯業系外壁を作る工場を見学してからです。マスクを掛けて何かの薬品を使う工程や、たくさんのラインが24時間稼動する風景に、立ち上がる蒸気や煙と熱。使用する電気の膨大さも肌で感じます。凍害を防ぐ為に乾燥技術に力を入れていると胸を張った説明を受けました。「凍害?」と聞くと、以前は大変だったそうです。「その大変な時に建てた人は本当に大変でしたでしょうね?」と、いつ言ってしまい、その場の空気が一変してしまった事を思い出します。
 話がそれてしまいましたが、大工さんの技術を余すことなく毎日発揮する仕事を、普通に毎日続ける事が伝統を次世代に伝えて行く事だと私は思います。至らないながらも、出来るだけ学び不足な部分は直しながら、頑張り続けたいと思います。木材は天然乾燥を今後も・・・と言いたいです。しかし、来年からは瑕疵保障時代ですから、25%以下の含水率を全て維持するには厳しいかもしれません。環境を考えると天然乾燥であり、瑕疵を考えると人工乾燥の使用も余儀なくされるかもしれず、本当は数年先の木材も今から準備すればいいのですが、保管する場所と購入するお金がありません。天然乾燥材を扱う製材所は激減しているのです。今から悩んでも仕方ないので、明日を信じて出来るところから頑張るしかありません。
 
 
   
  四十四田ダム
 
  2008/2/17
   今日の、四十四田ダムの夕方、氷りつた湖面に反射されている太陽の光の強さに、溶鉱炉の原形を垣間見る思いで撮影!その私は、薪を運びに滝沢の作業場に向かう途中だった。毎日こうして太陽の恩恵の元で生かされていると、生活の中でも太陽や風・雨など自然を利用した仕組みで快適に過ごせる事を考えたくなるのは、私だけではないのでは?と思う。太陽熱でお湯を沸かす極めてロウテクで環境負荷のない仕組みは、一時不当営業でその名を貶めた会社のせいで減少の一途で寂しいが、よく理解して真面目な会社と取り組めば、ランニングコストも下がりCO2削減も出来て、環境に優しく快適に生活できる仕組みが見えている。
 あと数ヶ月後は、太陽熱パネルの設置は現実のものとなる。風力の資料も近日中に届くと思うが採用は難しいと悩んでいる。雨水利用は間違いなく取り組むが、これにはコストを掛けずに行いたい。加えて、もっとも単純なお湯を沸かす方法として、屋根に配管するだけの簡易なものを、とあるHPで発見!南側の窓上に夏場だけ日除けを兼ねて設置するのも面白いかも?また、おかしな事を考え始めている。
 ところで、薪ストーブの上でお湯を沸かすのはOKだったが、薪ストーブの天板が錆びるので現在は外している。今後は、レンガなどにて造りつけの薪ストーブに取り替えた際に全てを完成させてみたい。来年の冬は、別な方法で床下にお湯を循環させたいと考えている。と言う事で、床下にお湯を循環させるだけで快適さが倍増する事は間違いなし。
 
 
   
 
 
  2008/2/16
   5本並んだケヤキの枝の部分です。これが、洞清水で建築中の土間の框となります。家は、構造部だけでなく造作部分もありますから、山から伐り出した木は余す事なく使えます。これらを加工した残り材や端材は薪にもなるので、尚の事捨てる事無く使えます。しかも、杢目を楽しむという特典付ですから文句無し!ただ、大工さんなら誰でも出来るかと言えば・・・年季を積んだ方でないと難しいですね。ケヤキは固い材ですが、節部分以外は比較的鉋を掛けやすい様です。軽く置いてスッーと引くと、光り輝く杢目が現れて・・・素晴らしい道具の手入れです。逆に、柔らかい杉の方が難しいと誰もが言います。鉋を掛けた時の艶というか木肌の感触を一番に考えるからなのだと思いますが、この点に於いては大工さん誰もが仕事抜きでこだわります。皆、良い仕事をしたい思いは一緒です。違うのは、現場の片付けや掃除ですかね?(でも最近は綺麗です。念の為に・・・笑)
 次回写真を掲載したいと思いますが、松園の小上がり框もナラやクリを使い、良い感じになります。四角くない事だけは確かですが、弊社棟梁の遠山に「誰々には出来ない」と言わしめた素材です。殆どインスピレーションでしたが、お客様に任せると言われると張り切ります。正直、どちらの現場も楽しみです。工期の悩みさえなければ、これ程楽しい仕事は無いとさえ思います。
 
 話は変わりますが、弊社ホームページのトップページの更に上に、本で言えば表紙をUPしました。お気に入りから表紙に行けない方は、一度「杢創舎」で検索してみていただくと開くと思います。新しいキャッチフレーズは「100年以上住み続ける住いを、100年後にゴミとならない素材で!」でした。よろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  風呂桶
 
  2008/2/15
   我が家の風呂桶です。今日いただいた、めんこいテレビの営業の方が写してくれた写真データの中に、この写真が1枚ありました。毎日温泉気分で入浴しています。既製品と違い、運んだ人の手形が付いていたり、少し黒ずんできたりもしますが、日々発生する出来事に喜怒哀楽しながらも、湯船の中では穏やかな気持ちになり、「今日も一日ありがとうございます。」の独り言が出てしまいます。もっとも、プンプンしながらお風呂に入る人は少ないと思いますから、無垢の風呂桶では無くても入浴は楽しいですよね。ユニットバスが好みの人の方が多いとも思うし、何が良くて悪いかなんて判断基準が違えば当然の如く良し悪しも変わります。全て良しにて、今日一日を終える事が一番ですよね。
 しかし、この風呂桶にも実は悩みがあります。お湯の量が通常の浴槽の倍近く入ってしまうので、電気温水器の湯切れを毎回心配しています。子供達にも、シャワーを必要以上使わないように口うるさく話してしまいます。我が家の電気使用量の1/3以上はお湯です。その為、春までにはデッキを完成させて、太陽熱温水器パネルを設置する予定で現在基礎工事中ですが、寒さのため地面が凍りついて工事が順調に進みません。内心工事を中断したい程なので、業者から「明日は他の現場があるので休みます」と言われると、「いいよ!」とにこやかになります。まるでお笑いですが、我々業者は自分の家だから安く出来そうなものですが、意外とこうしたある意味慈善事業が付いて廻ります。お客様が嫌がる時期に、業者が比較的暇で仕事が無い時期でないと・・・でも、お客様あっての仕事ですから、心から感謝しています。
 それでは、今日もヒバのお風呂でくつろいで、薪ストーブの前で風呂上りのビールを飲もう〜と。感謝!

 弊社ホームページの、我が家のランニングコストを、1〜2月の電気使用量など本日更新いたしました。
 
 
 
Olive Diary DX Ver1.0