トップページに戻る
日記タイトル

2017/6/30 この日記ページに直接リンクを張っていらっしゃる皆様へ
2017/6/29 乗馬
2017/6/28 杢創舎建築第一棟
2017/6/27 五番目の孫
2017/6/26 虹架かる
2017/6/25 玉里神楽奉納
2017/6/24 子供椅子
2017/6/23 やんちゃ猫
2017/6/22 子猫
2017/6/21 山の蕎麦屋
2017/6/20 馬搬材焼き印
2017/6/19 父の日
2017/6/18 プランター
2017/6/17 鶺鴒の雛
2017/6/16 午後出社
2017/6/15 錦鯉
2017/6/14 自宅から夕陽を望む
2017/6/13 附馬牛山林歩き
2017/6/12 奥中山木造校舎
2017/6/11 蔵譲渡情報
2017/6/11 蔵譲渡情報
2017/6/11 チャグチャグ馬っこ
2017/6/10 北野神社
2017/6/9 取材日
2017/6/8 穀用1斗枡の椅子
2017/6/7 ようこそ!
2017/6/6 草刈り
2017/6/5 薪造り
2017/6/5 メイ
2017/6/4 好摩花壇
2017/6/3 花壇
2017/6/2 牛天神
2017/6/1 道具作り
2017/5/31 走る雲
2017/5/30 希望の芽
2017/5/29 ガーデニングフェスタ
2017/5/27 道の駅岩泉
2017/5/26 アカマツ
2017/5/25 一升椅子
2017/5/24 修正挽
2017/5/23 やりぬく心
2017/5/22 石窯
2017/5/21 初夏薫
2017/5/20 水田鏡
2017/5/19 木材の清め
2017/5/18 風清かに泳ぐ鯉
2017/5/17 田植え
2017/5/16 子ども室仕切り
2017/5/15 蒲公英大好き
2017/5/14 菜の花畑
2017/5/13 槐の木の芽
2017/5/12 起工式
2017/5/11 小岩井農牧
2017/5/10 石積みトンネル
2017/5/9 移植桜満開
2017/5/8 高松の池公園
2017/5/7 渋谷坂歩き
2017/5/6 天峰山より
2017/5/5 高松公園で昼寝
2017/5/4 杢創舎16年
2017/5/3 水面鏡
2017/5/2 姫神山の里
2017/5/1 高松公園
2017/4/30 餅つき
2017/4/29 好摩桜満開
2017/4/28 花壇造り
2017/4/28 高松の池
2017/4/28 桜
2017/4/27 石割桜
2017/4/26 植林体験
2017/4/25 杏子満開
2017/4/24 桂
2017/4/23 サンシュユ
2017/4/22 祈り
2017/4/21 桜咲く
2017/4/21 日課の逃亡中
2017/4/20 プランター
2017/4/19 春の日
2017/4/18 重機運転出来た!
2017/4/17 携帯手持ち
2017/4/16 葦簀作り講習会
2017/4/15 散歩
2017/4/14 高松の池
2017/4/13 好摩映画館
2017/4/12 リハビリ日記
2017/4/11 夕刻の岩手山
2017/4/10 岩手山と田圃
2017/4/9 のどかな春の景色
2017/4/8 大黒柱
2017/4/7 平舘建て方三人衆
2017/4/6 懐かしき昭和映画
2017/4/5 初仕事3
2017/4/4 初仕事2
2017/4/3 初仕事!
2017/4/2 春とヤギ
2017/4/1 入社式
2017/3/31 ビル街の中で
2017/3/31 庭の中にタワー
2017/3/30 新宿御苑にて2
2017/3/30 新宿御苑にて
2017/3/30 土に還る
 月曜火曜日と自主リハビリで東京に行ってきました。駅の階段も歩き、渋谷のスクランブル交差点の人の波の中も歩き、新宿御苑の桜も見てこれました。障碍者手帳があるので、入場料は取られませんでしたが、自然の奥深い岩手から、日本の首都東京に来てまで、樹木を眺めたい気持ちになるのが可笑しくもありましたが、江戸時代に整備されたことへの驚きと春の花々を愛でる海外の観光客の方々の俄かカメラマンぶりに時代の流れの妙を感じながら陽光の温かさに心がほぐされているのを感じました。御苑内各所で満開の桜の名も陽光・・・この日も園内とにかく良く歩きました。おかげで」今朝は、足が軽く、柔軟になった気がします。手も、両手を組めるまでになりました。盛付の応援で、手を組んで祈ります!がんばれー 3678.jpg
2017/3/28 芽吹き
2017/3/27 小雨
2017/3/26 メイとユキ
2017/3/25 大工仕事
2017/3/25 柱番付け
2017/3/24 ホーストレッキング
2017/3/23 春の夕暮れ
2017/3/22 お釜
2017/3/21 春彼岸
2017/3/20 太陽
2017/3/19 タイガ
2017/3/18 サト
2017/3/17 萱葺き
2017/3/16 春へ向けて
2017/3/15 好摩板倉講演会
2017/3/14 竈焚き
2017/3/13 鹿肉!
2017/3/12 釜炊きご飯
2017/3/11 股の木
2017/3/10 木の命
2017/3/9 貴重な竹竿
2017/3/8
2017/3/7
2017/3/6 休憩室
2017/3/5 サトちゃん
2017/3/4 畳職人
2017/3/3 春待ちの山羊
2017/3/2 釜焚きご飯釜
2017/3/1 この美しき世界
2017/2/28 薪割り
2017/2/27 大楠
2017/2/26 姫神山
2017/2/25 丸太積上げ
2017/2/24 岩手の自然
2017/2/23 大都会の自然
2017/2/22 明治神宮
2017/2/21 5歳の木
2017/2/20 木との対話
2017/2/18 原木確認で山へ
2017/2/17 ゆらゆら浮く
2017/2/16 玉里の大改修現場にて
2017/2/15 杢創舎応援団
2017/2/14 岩手山神社
2017/2/13 しんしんと雪
2017/2/12 木の家
2017/2/11 春告げる陽光
2017/2/10 タカラ箱
2017/2/9 奥中山
2017/2/8 板金曲げ機
2017/2/7 ユニック新車
2017/2/6 炭入れ
2017/2/5 銀杏のカウンター
2017/2/4 通勤路
2017/2/3 空の中で
2017/2/2 雪林街道
2017/2/1 閑薫院様
2017/1/31 打ち合わせ
2017/1/30 雪景色
2017/1/29 雪原
2017/1/28 カメラ
2017/1/27 雪
2017/1/26 杢創舎焼印
2017/1/25 薪の火
2017/1/24 ルアーケース
2017/1/24 下の続きです!
2017/1/24 ルアーケース
2017/1/23 テレビ台製作
2017/1/23 下の続きです!
2017/1/23 テレビ台製作
2017/1/23 刻印
2017/1/22 車椅子大工
2017/1/21 面接
2017/1/20 土魂
2017/1/19 入院中の外泊日
2017/1/18 永遠の愛
2017/1/18 雪積もる
2017/1/17 無事退院
2017/1/16 日はまた昇る
2017/1/14 半年
2017/1/13 風で乾かす
2017/1/12 刈り取り終了
2017/1/11 茅と蔓
2017/1/10 束ねて結って
2017/1/9 背より高い茅
2017/1/7 初詣
2017/1/6 響く除夜の鐘
2017/1/2 病室日記
2017/1/1 初日の出
2016/12/31 大晦日
2016/12/29 風に舞う雪
2016/12/28 飛行機
2016/12/27 雲の影日の光
2016/12/26 夜に照る木々
2016/12/24 ピンクのお鼻
2016/12/23 ハボタンの露
2016/12/22 足元のタイガ
2016/12/21 氷の粒
2016/12/20 二つの星
2016/12/19 山居倉庫の灯
2016/12/17 姫神山と雀
2016/12/16 薄とリース
2016/12/15 あしあと
2016/12/14 ストーブ番人
2016/12/13 ひこうき雲
2016/12/12 氷の世界地図
2016/12/10 白い姫神山
2016/12/9 防風林と電線
2016/12/8 静かな降雪
2016/12/7 朝日光る霜柱
2016/12/6 小ガメの頂上
2016/12/5 伝説の妖精?
2016/12/3 ヤギが呼ぶ
2016/12/2 菱形の陽光
2016/12/1 ススキの毛
2016/11/30 揺らめく火
2016/11/29 フェルトの葉
2016/11/28 雲被る岩手山
2016/11/26 姫神山
2016/11/25 水槽の虹
2016/11/24 水色の画用紙
2016/11/23 雫の形
2016/11/22 長い揺れ
2016/11/21 気まぐれ
2016/11/19 防風林の影
2016/11/18 風に揺れる穂
2016/11/17 光落ちる朝
2016/11/16 月光
2016/11/15 ちびカメズ
2016/11/14 太陽の道
2016/11/12 水たまりの氷
2016/11/11 どーっちだ!
2016/11/10 盛岡の初雪
2016/11/9 ひっつき虫
2016/11/8 シクラメン
2016/11/7 虹色のドレス
2016/11/5 車椅子車検!
2016/11/4 動静の一瞬
2016/11/3 白樺クッキー
2016/11/2 霜模様
2016/11/1 焼走り
2016/10/31 押し花の額
2016/10/29 朝食タイム
2016/10/28 秋色姫神山
2016/10/27 WOOD DESIGN AWARD 2016
2016/10/26 希望郷いわて大会
2016/10/25 銀メダル受賞
2016/10/24 競技を終えて
2016/10/22 足場から
2016/10/21 いざ、勝負へ
2016/10/20 クローバー
2016/10/19 日を浴びて
2016/10/18 茅と青空
2016/10/17 秋のリース
2016/10/15 私の休憩場所
2016/10/14 薪ストーブ
2016/10/13 冬支度
2016/10/12 槍鉋
2016/10/11 焼印
2016/10/10 鉋削り体験会
2016/10/10 設営完了
2016/10/9 設営!
2016/10/8 鉋削り体験
2016/10/7 メイのまくら
2016/10/6 優雅な籠
2016/10/5 すましたメイ
2016/10/4 7周年
2016/10/3 金色の絨毯
2016/10/1 タイガの帰宅
2016/9/30 岩手と芸術家
2016/9/29 ぐっすり猫
2016/9/28 そよ風知らせ
2016/9/27 虹のお話
2016/9/26 私の芸術の秋
2016/9/24 結団式
2016/9/24 結団式
2016/9/23 空を向く小花
2016/9/22 夕暮れ時
2016/9/21 スマイルヒバ
2016/9/20 太陽に虹の暈
2016/9/19 笑顔の見学会
2016/9/18 完成見学会
2016/9/17 大石渡見学会
2016/9/16 青い栗三兄弟
2016/9/15 ユリの香り
2016/9/14 地鎮祭
2016/9/13 その先へ
2016/9/12 終わらせない
2016/9/10 田村部長
2016/9/9 研ぎ澄ます力
2016/9/8 地鎮祭
2016/9/7 救援物資
2016/9/6 綺麗な黒い瞳
2016/9/5 ピラミッド型
2016/9/3 生きたの木目
2016/9/2 見て追う技術
2016/9/1 力を合わせて
2016/8/31 台風の後の空
2016/8/30 優雅に脱走中
2016/8/29 マツヨイグサ
2016/8/28 試練に打ち克つ
2016/8/27 ピンクの小花
2016/8/26 自然の影の形
2016/8/25 紫のアサガオ
2016/8/24 メイユキ朝食
2016/8/23 花香に呼ばれ
2016/8/22 熱い夏の終幕
2016/8/21 幸せな時間
2016/8/20 知足
2016/8/19 夏の体験室B
2016/8/18 槍鉋
2016/8/17 盆送り
2016/8/13 名刺入れ
2016/8/12 小ガメ中ガメ
2016/8/11 山の日始まり
2016/8/10 リオ吹き流し
2016/8/9 夜空に咲く菊
2016/8/8 夏の体験室A
2016/8/8 夏の体験室A
2016/8/7 夏の閑かさ
2016/8/6 トンボの休憩
2016/8/5 道草食うヤギ
2016/8/4 ツルの紙風船
2016/8/3 草をよく噛む
2016/8/2 夏の体験室@
2016/8/2 夏の体験室@
2016/8/1 遠山棟梁感謝
2016/7/30 12年前
2016/7/29 夏空
2016/7/28 好摩厨房
2016/7/27 夏の朝
2016/7/26 木工体験室
2016/7/25 モルダー
2016/7/24 木は長持ち
2016/7/23 特殊伐採
2016/7/22 馬搬の森
2016/7/21 プランター
2016/7/20 梅雨の晴れ間
2016/7/19 燻製室
2016/7/19 網焼き
2016/7/18 木彫り
2016/7/18 木彫り
2016/7/18 木彫り
2016/7/17 お昼の一時
2016/7/16 社員食堂
2016/7/15 好摩夕刻食堂
2016/7/14 山崎所長
2016/7/13 ハツリ
2016/7/12 新ジャガ
2016/7/11 朝靄
2016/7/10 椅子
2016/7/9 煉瓦カマド
2016/7/8 森の蛙の巣
2016/7/7 ブランコ
2016/7/6 此の木何の木
2016/7/5 ロープワーク
2016/7/4 岩洞の山遊び
2016/7/3 山羊の挨拶
2016/7/2 文月
2016/7/1 本棚
2016/6/30 プランター
2016/6/29 木工体験3
2016/6/28 木工体験2
2016/6/28 木工体験
2016/6/27 完成見学会3
2016/6/26 完成見学会2
2016/6/25 完成見学会
2016/6/24 好摩映画館?
2016/6/23 寝て馬
2016/6/22 雨の日は笠
2016/6/21 現場から移植
2016/6/20 竣工お祝い
2016/6/19 可愛い見学者
2016/6/18 夢の国
2016/6/17 紫波日詰の家
2016/6/16 カメラ目線
2016/6/15 どんより雲には音楽を
2016/6/14 出張の早朝
2016/6/13 子泣き馬コ
2016/6/12 チャグチャグ
2016/6/11 空に浮かぶ雲
2016/6/10 茅の日除け
2016/6/9 タンポポ
2016/6/8 ウッドチッパー
2016/6/7 馬の放牧
2016/6/6 精霊の森
2016/6/5 水無月の朝
2016/6/4 新しい仲間
2016/6/3 安比中の牧場
2016/6/2 大沢渡大改修
2016/6/1 玉里の大改修
2016/5/31 塗り壁体験
2016/5/30 八丸牧場
2016/5/29 好摩板倉
2016/5/28 薪割り場
2016/5/27 復興への祈り
2016/5/27 復興への祈り
2016/5/26 岩手山と田圃
2016/5/25 茅葺屋根の家
2016/5/24 相克の朝
2016/5/23 ボート初乗り
2016/5/22 山羊の顔
2016/5/21 カマド修復
2016/5/20 姫神山と田圃
2016/5/19 天然石屋根
2016/5/18 鋸引き
2016/5/17 薄削り
2016/5/16 山羊
2016/5/14 ご縁
2016/5/13 相の沢牧野
2016/5/12 削ろう会
2016/5/11 好摩の庭
2016/5/10 8日の薪割り
2016/5/9 丸太製材
2016/5/8 槐の新芽
2016/5/7 トレー作り
2016/5/6 玉切した薪
2016/5/5 茅追加植込み
2016/5/4 3日の薪割り
2016/5/3 2日の薪割り
2016/5/2 馬引き体験
2016/5/1 皐月
2016/4/30 岩洞湖
2016/4/29 薪の玉切
2016/4/28 姫神山頂の月
2016/4/27 ハナレ木さん
2016/4/26 桜満開
2016/4/25 杏子の花咲く
2016/4/24 快眠
2016/4/23 看板取付
2016/4/22 看板
2016/4/21 好摩の空
2016/4/20 岩手の空
2016/4/19 厩にて
2016/4/18 春の嵐
2016/4/17 空に祈る
2016/4/16 馬と長男
2016/4/15 昨夜の不穏光
2016/4/14 鉈屋町雛祭り
2016/4/13 拝借写真
2016/4/12 氷点下の春
2016/4/11 岩手山の輝き
2016/4/10 落葉松の朝
2016/4/9 爽やかな朝
2016/4/8 今日はもう一つ日記を加えます。筆者は、、、
2016/4/8 鬼胡桃の丸太
2016/4/7 少女カメラマン
2016/4/6 桜満開群馬県
2016/4/5 春眠暁を覚えず
2016/4/4 元気で明るいカメラマン
2016/4/3 完成見学会
2016/4/2 心を込め合掌
2016/4/1 卯月
2016/3/31 3月末日の朝
2016/3/30 金田一温泉
2016/3/29 看板の文字
2016/3/28 芽吹き
2016/3/27 紫式部
2016/3/26 足跡
2016/3/25 机をDIY
2016/3/24 七弦ギター
2016/3/23 優しさに包まれ
2016/3/22 捨てられない
2016/3/21 今朝の岩手山
2016/3/20 大テーブル
2016/3/19 今朝は雨
2016/3/18 姫神山
2016/3/17 赤松到着
2016/3/16 なお平誕生日
2016/3/15 酷過ぎ!
2016/3/14 岩手山
2016/3/13 テーブル
2016/3/12 空を行く
2016/3/11 五年の歳月
2016/3/10 癒しの世界
2016/3/9 渡り鳥
2016/3/8 ご愛嬌
2016/3/7 板倉改装
2016/3/6 トイレの壁
2016/3/5 パン屋さん3
2016/3/4 パン屋さん2
2016/3/4 パン屋さん
2016/3/3 雲間
2016/3/2 朝日
2016/3/1 弥生三月
2016/2/29 気持ちは春
2016/2/28 ジャズライブ
2016/2/27 木材搬送
2016/2/26 火鉢と電気笠
2016/2/25 行燈と桜
2016/2/24 踊りの練習?
2016/2/23 珈琲豆を炒る
2016/2/22 糸鋸と木片
2016/2/21 北上川にて
2016/2/20 板倉改装
2016/2/19 山が伸びた?
2016/2/18 2月、桜咲く
2016/2/17 極真さん道場
2016/2/16 三寒四温
2016/2/15 名こそ惜しけれ
2016/2/14 障害者文化祭
2016/2/13 トレーニング
2016/2/12 高校の想い出
2016/2/11 建国記念の日
2016/2/10 内記の誕生日
2016/2/9 雪積もる好摩
2016/2/8 木組み調査
2016/2/7 屋根裏が見事
2016/2/6 眼差し?
2016/2/5 鬼だ!
2016/2/4 端材の物語
2016/2/3 冬山の影
2016/2/2 KT物語2
2016/2/2 KT物語
2016/2/1 長友心平さん
2016/1/31 ケーナの音色
2016/1/30 水音強く
2016/1/29 六時の空
2016/1/28 喧嘩遊び
2016/1/27 仕事の邪魔者
2016/1/26 24時間営業
2016/1/25 雅叙園EV
2016/1/24 つるし飾り
2016/1/24 つるし飾り
2016/1/23 つるし飾り
2016/1/22 ふくら雀
2016/1/21 癒しのタイガ
2016/1/20 欅丸太の製材
2016/1/19 出初め式
2016/1/18 凍る川
2016/1/17 玄関先床の間
2016/1/16 梃子の知恵
2016/1/15 福島・・・
2016/1/14 卸売市場朝食
2016/1/14 地方卸売市場
2016/1/13 千葉より帰還
2016/1/12 今から千葉へ
2016/1/12 竣工お祝い
2016/1/11 桜のカウンター
2016/1/10 雲光る夕暮れ
2016/1/9 楢丸太の製材
2016/1/8 巡り巡って
2016/1/7 犬と猫
2016/1/6 ハナとタイガ
2016/1/5 好摩駅の手前
2016/1/4 量子の放射
2016/1/3 烏帽子岩詣で
2016/1/2 書き初め
2016/1/1 恭賀新年
2015/12/31 大晦日
2015/12/30 敢闘賞を手に
2015/12/29 新風秘やかに
2015/12/28 子犬
2015/12/27 雪積もる
2015/12/26 完成見学会
2015/12/25 木材粉砕機
2015/12/24 冬至の朝
2015/12/23 プレスマシン
2015/12/22 はなちゃん
2015/12/22 はなちゃん
2015/12/21 姫神山
2015/12/20 窓越しの温もり
2015/12/19 碁石遺跡の山
2015/12/18 風
2015/12/17 怪我した猫
2015/12/16 岩手山
2015/12/15 建具製作
2015/12/14 岩手山と祠2
2015/12/13 岩手山と祠
2015/12/12 薪置場
2015/12/11 秋田杉
2015/12/10 椿
2015/12/9 造作材加工
2015/12/8 敢闘賞
2015/12/7 技能五輪大会
2015/12/6 完成見学会
2015/12/5 化粧板、杉!
2015/12/4 杉天井板
2015/12/3 技能五輪大会
2015/12/2 式台
2015/12/1 敷台
2015/11/30 岩手山白く
2015/11/29 薪ボイラー
2015/11/28 窓越しの交錯
2015/11/27 完成見学会
2015/11/26 ベンチお届け
2015/11/25 特殊伐採
2015/11/24 庭仕事
2015/11/23 勤労感謝の日
2015/11/22 小笠原明
2015/11/21 火入れ
2015/11/20 早出の朝
2015/11/19 初冬の朝
2015/11/18 好摩の植樹
2015/11/17 ウッドチッパー
2015/11/16 支障木伐採
2015/11/15 ログ壁?
2015/11/14 技能五輪課題
2015/11/13 豪華!
2015/11/12 表土剥ぎ
2015/11/11 電気鉋掛け
2015/11/10 特訓
2015/11/9 タイガ
2015/11/8 タイガ
2015/11/7 オギススキ
2015/11/6 アーティスト
2015/11/5 秋のタンポポ
2015/11/4 銀河鉄道の夜
2015/11/3 洋平の墨付け
2015/11/2 犬と山歩き
2015/11/1 キャッチボール
2015/10/31 遠山正道
2015/10/30 奇跡の人
2015/10/29 花巻市の新築
2015/10/28 今朝も早起き
2015/10/27 早起きした朝
2015/10/26 銀色の光
2015/10/25 好摩の紅葉
2015/10/24 森匡弘
2015/10/23 大和田洋平
2015/10/22 佐々木大輝
2015/10/21 東の空
2015/10/20 秋の霧
2015/10/19 テレビ岩手
2015/10/18 齊藤栞
2015/10/17 今年の暖房
2015/10/16 高橋正
2015/10/15 安藤幸彦
2015/10/14 熊谷奈央
2015/10/13 秋の山
2015/10/12 モルダー可動
2015/10/11 好摩の夕刻
2015/10/10 歴史の幻影
2015/10/9 ネコパンチ
2015/10/8 囲炉裏4
2015/10/7 囲炉裏3
2015/10/6 BMW
2015/10/5 囲炉裏2
2015/10/4 安全第一と虹
2015/10/3 安全第一
2015/10/2 囲炉裏
2015/10/1 東京五輪
2015/9/30 初冠雪
2015/9/27 創作照明
2015/9/26 技能五輪へ
2015/9/25 馬ッコ凱旋
2015/9/24 大槌の大改修
2015/9/23 雲
2015/9/22 トンボ
2015/9/21 連休の朝2
2015/9/20 連休の朝
2015/9/19 秋の雨
2015/9/18 栗さん誕生会
2015/9/17 大槌の大改修
2015/9/16 クンと上がる
2015/9/15 馬頭雲
2015/9/14 チョウナ仕上
2015/9/13 稲と影
2015/9/12 台風一過の朝
2015/9/11 大槌の大改修
2015/9/10 人知れず
2015/9/9 小さな種から
2015/9/8 郷社
2015/9/7 板材の数々
2015/9/6 名残
2015/9/5 撮影
2015/9/4 手造り照明
2015/9/3 麒麟雲
2015/9/2 倒れそうで・・
2015/9/1 長月
2015/8/31 のどかな朝
2015/8/30 楢と桜
2015/8/29 洋平室
2015/8/28 洋平作、照明枠
2015/8/27 洋平作品展示
2015/8/26 雨傘
2015/8/25 手押しポンプ
2015/8/24 茅場
2015/8/23 洋平室入口
2015/8/22 格天井
2015/8/21 石のテーブル
2015/8/20 夏の終わり?
2015/8/19 草原の朝
2015/8/18 住込み新人
2015/8/17 盆送り
2015/8/16 清水川
2015/8/15 カニ捕り
2015/8/14 お墓参りの朝
2015/8/13 神子田朝市
2015/8/12 犬と猫
2015/8/11 身障者トイレ
2015/8/10 茅畑
2015/8/9 鏝
2015/8/8 立秋
2015/8/7 夏は黄色
2015/8/6 スロープ
2015/8/6 今の洋平
2015/8/5 三文の徳
2015/8/4 伝統の技術と新しい技術
2015/8/4 完成美、感謝
2015/8/3 断熱
2015/8/2 オクラの花
2015/8/1 風炉
2015/7/31 経年変化
2015/7/30 明歴々露堂々
2015/7/29 夏の杉林
2015/7/28 竜雲
2015/7/27 可愛い来場者
2015/7/26 浅岸見学会
2015/7/25 浅岸見学会
2015/7/24 姫神の朝
2015/7/23 ガイナ塗布
2015/7/22 横澤さんと♪
2015/7/21 一輪の花
2015/7/20 乾杯しよう!
2015/7/19 姫神山
2015/7/18 オギススキ
2015/7/17 IBCテレビ
2015/7/16 雨の朝
2015/7/15 岩手山
2015/7/14 クマさん
2015/7/13 鳳凰雲
2015/7/12 鬼が直す腹痛
2015/7/11 外山森林公園
2015/7/10 賢治さん?
2015/7/9 アルパ
2015/7/8 猫と私
2015/7/7 外山茸園にて
2015/7/6 杢目
2015/7/5 青空商店にて
2015/7/4 岩洞の山へ
2015/7/3 IBC取材
2015/7/2 草刈リハビリ
2015/7/1 回復月
2015/7/1 落ち込み月
2015/6/30 岩泉取材
2015/6/29 「ふね」
2015/6/28 石積リハビリ
2015/6/27 天然乾燥板
2015/6/26 開け具合調整
2015/6/25 同業者見学
2015/6/24 天然乾燥
2015/6/23 岩洞湖と猫
2015/6/22 岩洞湖と犬
2015/6/21 姫神山
2015/6/20 大釜
2015/6/19 茅畑
2015/6/18 大きなススキ
2015/6/17 オギススキ
2015/6/16 鹿との遭遇
2015/6/15 茅畑
2015/6/14 家族で薪割り
2015/6/13 岩泉、その後
2015/6/12 刻み見学
2015/6/11 木渡り
2015/6/10 欅材のベンチ
2015/6/9 好摩の薪積
2015/6/8 茅の苗
2015/6/7 馬搬の森にて
2015/6/6 茅葺屋根
2015/6/5 レンガ積
2015/6/4 好摩の朝
2015/6/3 庭のお手入れ
2015/6/2 木製建具
2015/6/1 提灯屋さん
2015/5/31 4人薪割り
2015/5/30 シンボルの木
2015/5/29 水牛と子供達
2015/5/28 ラオスの風
2015/5/27 いい夫婦
2015/5/26 一人薪割り
2015/5/25 連携プレー
2015/5/24 岩洞湖湖畔
2015/5/23 白樺の薪
2015/5/22 皮むき
2015/5/21 虹を見る洋平
2015/5/20 洋平の取材
2015/5/19 雨の朝
2015/5/18 猫とカラス
2015/5/17 馬糞堆肥
2015/5/16 上棟式
2015/5/15 木杭
2015/5/14 木登り
2015/5/13 緑燃ゆ
2015/5/12 午後更新
2015/5/11 春咲山芥子
2015/5/10 田圃
2015/5/9 波板海岸
2015/5/8 8mの赤松梁
2015/5/7 薪割り
2015/5/6 GW休み5
2015/5/5 GW休み4
2015/5/4 GW休み3
2015/5/3 GW休み2
2015/5/2 GW休み1
2015/5/1 桂の木枠
2015/4/30 槐の木枠
2015/4/29 二股の梁
2015/4/28 葉桜となりて
2015/4/27 楽しい見学会
2015/4/26 完成見学会2
2015/4/25 完成見学会1
2015/4/24 春になれば
2015/4/23 小国廻り
2015/4/22 桜祭り
2015/4/21 縄跳び
2015/4/20 桜満開
2015/4/19 山田周生さん
2015/4/18 お礼の手直し
2015/4/17 丸太搬送
2015/4/16 105枚の板
2015/4/15 大槌の大改修
2015/4/14 五重塔
2015/4/13 雛祭り
2015/4/12 ようへい
2015/4/11 馬搬落葉松
2015/4/10 展示会
2015/4/9 大きな丸太
2015/4/8 土壁への歩み
2015/4/7 栗丸太搬出
2015/4/6 おにぎり
2015/4/5 馬搬の森
2015/4/4 山梨の木
2015/4/3 花巻新築工事
2015/4/2 卯月2日
2015/4/1 卯月
2015/3/31 芬
2015/3/30 農耕間近
2015/3/29 トチの木
2015/3/28 萌えの朝
2015/3/27 春の朝
2015/3/26 新しい仲間達
2015/3/25 大工見習い
2015/3/24 またドカ雪
2015/3/23 旅立ち
2015/3/22 見学会開催
2015/3/21 完成見学会
2015/3/20 サイネリア
2015/3/19 薪入手
2015/3/18 新車
2015/3/17 前九年見学会
2015/3/16 中津川
2015/3/15 早春の朝に思う
2015/3/14 大槌の屋根裏
2015/3/13 南部赤松到着
2015/3/12 出窓の下
2015/3/11 大雪
2015/3/10 早朝帰還
2015/3/9 日曜の朝
2015/3/8 石の表情
2015/3/7 大工道具
2015/3/6 サムライキング
2015/3/5 大槌の大改修
2015/3/4 小さな椅子
2015/3/3 木組の車椅子
2015/3/2 洋平も見学
2015/3/1 早春の音
2015/2/28 下の続きです
2015/2/28 岩泉町見学会
2015/2/27 明日は見学会
2015/2/26 岩泉の呼び鈴
2015/2/25 伐倒の瞬間
2015/2/24 蔵戸再生
2015/2/23 積み木の箱
2015/2/22 tentさん
2015/2/21 稲
2015/2/20 土壁の薫り
2015/2/19 新月伐採
2015/2/18 大槌町の朝
2015/2/17 新月間近い
2015/2/16 配線隠し
2015/2/15 蜂の巣
2015/2/14 益子焼
2015/2/13 左官仕事撮影
2015/2/12 車椅子創作
2015/2/11 大槌の月
2015/2/10 大きな杉丸太
2015/2/9 木出し
2015/2/8 トラクター
2015/2/7 大槌の大改修
2015/2/6 木工
2015/2/5 車椅子作り
2015/2/4 左官道具
2015/2/3 力比べ
2015/2/2 地元の土
2015/2/1 好摩の朝
2015/1/31 岩泉で土壁塗
2015/1/30 介護用の改修
2015/1/29 屋根の改修
2015/1/28 天井裏が凄い
2015/1/27 車椅子創作
2015/1/26 散歩5
2015/1/26 散歩4
2015/1/26 散歩3
2015/1/26 散歩2
2015/1/26 散歩1
2015/1/25 大寒を過ぎて
2015/1/24 機械は人です
2015/1/23 上棟式
2015/1/22 鳥居ライン
2015/1/21 大きな屋根
2015/1/20 座卓・椅子完成
2015/1/19 見学終了
2015/1/18 囲炉裏
2015/1/17 座卓と椅子
2015/1/16 明日は見学会
2015/1/15 製材
2015/1/14 杉玉
2015/1/13 杉板の外壁
2015/1/12 好天
2015/1/11 わらすさ
2015/1/10 取っ手
2015/1/9 ムーミン
2015/1/8 次の課題
2015/1/7 家具修繕
2015/1/6 満月
2015/1/5 仕事始め
2015/1/4 神楽殿
2015/1/3 大日霊貴神社
2015/1/2 初詣
2015/1/1 元旦
2014/12/31 大晦日
2014/12/30 健さん
2014/12/29 大日堂神楽
2014/12/28 正月休み
2014/12/27 仕事納め
2014/12/26 家族
2014/12/25 岩泉町の冬?
2014/12/24 通し柱
2014/12/23 下屋補強
2014/12/22 見学会場にて
2014/12/21 完成見学会2
2014/12/20 完成見学会
2014/12/19 神棚創作
2014/12/18 馬の搬送車
2014/12/17 大雪情報にて
2014/12/16 大きな機材
2014/12/15 階段手摺
2014/12/14 ヤンチャ猫3
2014/12/13 久し振りの町
2014/12/12 カーブする框
2014/12/11 古材の床
2014/12/10 岩泉線賛歌
2014/12/9 職人同士
2014/12/8 消防分団
2014/12/7 事務所薪暖房
2014/12/6 自宅の薪暖房
2014/12/5 棟梁の刻み
2014/12/4 千葉家撮影
2014/12/3 高村の夏
2014/12/2 競技会場風景
2014/12/1 技能五輪大会
2014/11/28 好摩の朝
2014/11/27 技能五輪へ
2014/11/26 馬搬と出会い
2014/11/25 ヤンチャ猫2
2014/11/25 ヤンチャ猫1
2014/11/24 バレーボール
2014/11/23 木の学校
2014/11/22 ターサイ
2014/11/21 岩手山
2014/11/20 ブランコ
2014/11/19 CO2排出権
2014/11/18 ブーメラン
2014/11/17 好摩野菜市場
2014/11/16 構えて!
2014/11/15 雪化粧
2014/11/14 トラス模型
2014/11/13 散歩
2014/11/12 数日前十五夜
2014/11/11 水遊び
2014/11/10 昨日の岩手山
2014/11/9 岩手山
2014/11/8 空
2014/11/7 53回の誕生日
2014/11/6 猫と犬
2014/11/5 葦原を駆ける
2014/11/4 湖畔の犬
2014/11/3 岩洞で遊ぶ
2014/11/2 右目復活
2014/11/1 犬と猫
2014/10/31 大槌にて
2014/10/30 建物の修繕
2014/10/29 競技会
2014/10/28 欅
2014/10/27 旅先にて
2014/10/25 湖畔
2014/10/24 復興への思い
2014/10/23 コスモス
2014/10/22 技能五輪挑戦
2014/10/21 20日の朝
2014/10/20 体験を語る
2014/10/19 tent
2014/10/18 技能五輪挑戦
2014/10/17 技能五輪挑戦
2014/10/16 錦木
2014/10/15 ジャッキ
2014/10/14 紅葉と台風
2014/10/13 風に揺れる
2014/10/12 納車
2014/10/11 夕刻の作業場
2014/10/11 技能五輪挑戦
2014/10/10 ツリーハウス
2014/10/9 秋風の中で
2014/10/8 お休み
2014/10/7 タイガ
2014/10/6 作業場梁入替
2014/10/5 各々の休憩
2014/10/4 ポスト完成♪
2014/10/3 歩行訓練器具
2014/10/2 技能五輪挑戦
2014/10/1 電動バイク
2014/9/30 新室祭
2014/9/29 シュート
2014/9/28 9月28日の朝
2014/9/27 ダム湖の朝
2014/9/26 今年の暖房機
2014/9/25 雲の上は晴れ
2014/9/24 好摩の朝
2014/9/23 岩洞の夕暮れ
2014/9/22 観天望気
2014/9/21 秋は茸
2014/9/20 好摩の虹
2014/9/19 空
2014/9/18 山田町とっと
2014/9/17 ひつじ雲?
2014/9/16 復興の秋祭り
2014/9/15 左官の魅力
2014/9/14 虎猫
2014/9/13 実りの秋
2014/9/12 三毛猫
2014/9/11 大きな一枚板
2014/9/10 仲間入り
2014/9/9 9月9日の朝
2014/9/8 御礼
2014/9/7 何気なく
2014/9/6 完成見学会
2014/9/5 座卓テーブル
2014/9/4 頑張れ洋平
2014/9/3 アルバイト
2014/9/2 小さな来場者
2014/9/1 見学会二日目
2014/8/31 高松見学会
2014/8/30 温室
2014/8/29 小雨降る朝
2014/8/28 スロープ
2014/8/27 ヤグラ
2014/8/26 カマド
2014/8/25 山小屋
2014/8/24 助っ人
2014/8/23 雲わき雷踊る
2014/8/22 地球岬
2014/8/21 向日葵
2014/8/20 小動物と遭遇
2014/8/19 朝靄
2014/8/18 ドングリの木
2014/8/17 美味しい水
2014/8/16 お墓掃除
2014/8/15 8月15日-4
2014/8/15 8月15日-3
2014/8/15 8月15日-2
2014/8/15 8月15日-1
2014/8/14 27回忌
2014/8/13 槐
2014/8/12 腕相撲
2014/8/11 相撲
2014/8/10 打ち上げ花火
2014/8/9 コルクタイル
2014/8/8 障子製作
2014/8/7 毎朝の太陽
2014/8/6 渡り鳥の群れ
2014/8/5 真夏に見る夢
2014/8/4 玉山小学校
2014/8/3 空!高松の池
2014/8/2 夏!祭りの夏
2014/8/1 8月の朝
2014/7/31 赤ヘル部長
2014/7/30 使用≒60年
2014/7/29 露天風呂
2014/7/28 薪ボイラー?
2014/7/27 通せんぼ
2014/7/26 雲の裂け目
2014/7/25 畦道
2014/7/24 雨でも平気
2014/7/23 風よ吹け
2014/7/22 レノンとヨーコ
2014/7/21 希望と夏の空
2014/7/20 ジョンさん
2014/7/19 椅子の写真
2014/7/18 今日も雨
2014/7/17 使い易さ
2014/7/16 今朝の姫神山
2014/7/15 職場体験学習
2014/7/14 緑の森
2014/7/13 天皇杯皇后杯
2014/7/12 椅子完成
2014/7/11 積み木
2014/7/10 雨の朝
2014/7/9 椅子オーダー
2014/7/8 技能五輪挑戦
2014/7/7 七夕の朝
2014/7/6 赤松ポスター
2014/7/5 雨上りの朝
2014/7/4 前方車両の鏡
2014/7/3 朝靄の朝
2014/7/2 大きな板
2014/7/1 天峰山より望
2014/6/30 茜空
2014/6/29 金麦
2014/6/28 欅丸太挽き
2014/6/27 岩洞湖
2014/6/26 ブーメラン材
2014/6/25 桂の丸太
2014/6/24 薪割り部2
2014/6/23 お知らせ
2014/6/23 砥ぎ
2014/6/22 職人
2014/6/21 緑の絨毯
2014/6/20 椅子三脚目
2014/6/19 木の手助け隊
2014/6/18 雨のち晴れ
2014/6/17 椅子造り
2014/6/16 薪割り部
2014/6/15 人助けの時代
2014/6/14 豆鉋
2014/6/13 薪割大好き
2014/6/12 薪の屋根
2014/6/11 庭造りDIY
2014/6/10 障害者車両
2014/6/9 無事終了
2014/6/8 完成見学会
2014/6/7 完成見学会
2014/6/6 修正挽き
2014/6/5 煙突掃除
2014/6/4 長材の出番
2014/6/3 田植え
2014/6/2 鉈屋町通り
2014/6/1 上田堤の通路
2014/5/31 サッシの古材
2014/5/30 大和田洋平
2014/5/29 ゴイゴイ
2014/5/28 鏝絵
2014/5/27 ワラビ
2014/5/26 目黒雅叙園
2014/5/24 玉切
2014/5/23 菜の花
2014/5/22 カキの木
2014/5/21 大きなケヤキ
2014/5/20 祝、上棟
2014/5/19 早起き
2014/5/18 寝坊
2014/5/17 天然乾燥
2014/5/16 水田と納屋
2014/5/15 古への記憶
2014/5/14 リハビリ
2014/5/13 鏡水
2014/5/12 薪割2
2014/5/11 薪割
2014/5/10 見渡して遠く
2014/5/9 ツリーハウス
2014/5/8 チューリップ
2014/5/7 農業用水
2014/5/6 庭造り
2014/5/5 こどもの日
2014/5/4 薪割準備
2014/5/3 花見
2014/5/2 山へ辿る道
2014/5/1 五月
2014/4/30 春の夕日
2014/4/29 桜満開
2014/4/28 山火事
2014/4/27 早起き
2014/4/26 槐の板
2014/4/25 時を経て
2014/4/24 曙
2014/4/23 小岩井の風景
2014/4/22 偶然の点景
2014/4/21 カメラ部長
2014/4/20 姫神上の月
2014/4/19 お〜きなトチ
2014/4/18 旧姓大矢来社
2014/4/17 いぐね杉
2014/4/16 公園と岩手山
2014/4/15 春は輝き
2014/4/14 鉈屋町散策
2014/4/13 盛岡雛祭り
2014/4/12 司馬さんの言
2014/4/11 陽光の息吹
2014/4/10 サンシュユ
2014/4/9 雲光と姫神山
2014/4/8 靄かかる朝
2014/4/7 地鎮祭
2014/4/6 地鎮祭の朝
2014/4/5 通行不能
2014/4/4 富士見台より
2014/4/3 4月3日の朝
2014/4/2 田圃
2014/4/1 卯月
2014/3/31 三月最終日
2014/3/30 アルバイト
2014/3/29 新人の工具
2014/3/28 バッケ摘み
2014/3/27 融氷
2014/3/26 往く鳥を追い
2014/3/25 好摩の朝
2014/3/24 姫神山を望む
2014/3/23 岩手山を望む
2014/3/22 大雪の翌日
2014/3/21 春分の日
2014/3/20 空に根を張る
2014/3/19 ご来光
2014/3/18 ケヤキ
2014/3/17 雲岩寺
2014/3/16 拝みの朝
2014/3/15 歯車
2014/3/14 春のドカ雪
2014/3/13 田村部長
2014/3/12 まだ積もる雪
2014/3/11 雪融け
2014/3/10 陽光
2014/3/9 栗と漆の木
2014/3/8 朴ノ木製材
2014/3/7 修正挽き
2014/3/6 紫紺色の空
2014/3/5 また雪また白
2014/3/4 銀河鉄道
2014/3/3 上巳の節句
2014/3/2 教室との別れ
2014/3/1 弥生の朝
2014/2/28 向中野完成
2014/2/27 早春の歩み
2014/2/26 今日も姫神山
2014/2/25 姫神山
2014/2/24 岩手山
2014/2/23 向中野見学会
2014/2/22 向中野建具
2014/2/21 壁塗り
2014/2/20 東雲の空
2014/2/19 帆立貝殻塗り
2014/2/18 道なり赤松
2014/2/17 天空の絵の具
2014/2/16 上田堤の暖房
2014/2/15 エアーで拭く
2014/2/14 薪在庫状況
2014/2/13 あかぼし
2014/2/12 早々春の姫神
2014/2/11 元気の元
2014/2/10 如月
2014/2/9 ヒントを得て
2014/2/8 経年変化
2014/2/7 大工技能士
2014/2/6 高麗人参
2014/2/5 杉搬出
2014/2/4 節分
2014/2/3 芯詰め
2014/2/2 伝授
2014/2/1 新月伐採?
2014/1/31 晦日正月
2014/1/30 センサー照明
2014/1/29 新月と明星
2014/1/28 南仙北上棟式
2014/1/27 久慈への道中
2014/1/26 久慈見学会日
2014/1/25 寒気緩む朝
2014/1/24 8m材搬出
2014/1/23 故郷の山に?
2014/1/22 久慈の手形壁
2014/1/21 夕方の作業場
2014/1/20 蕎麦会
2014/1/19 岩手山
2014/1/18 薪在庫状況
2014/1/17 20日OPEN
2014/1/16 欅を重機搬送
2014/1/15 笑顔
2014/1/14 積み木
2014/1/13 家具再生
2014/1/12 韓食マウル
2014/1/11 鏡開き
2014/1/10 防寒対策
2014/1/9 柿渋仕上げ
2014/1/8 寒波襲来
2014/1/7 仕事始め
2014/1/6 睦月
2014/1/5 新春の姫神山
2014/1/4 天馬空を行く
2014/1/3 美しき山々
2014/1/2 寝正月
2014/1/1 迎春!
2013/12/31 年越しの朝
2013/12/30 薪暖房5台目
2013/12/29 幸せの種
2013/12/28 仕事納め
2013/12/27 いざ出陣!
2013/12/26 建物見学の日
2013/12/25 好摩の月
2013/12/24 クルシミマス
2013/12/23 焼却炉
2013/12/22 高松見学会
2013/12/21 高松見学会
2013/12/20 高松完成
2013/12/19 高松にて一息
2013/12/18 鉈屋町その後
2013/12/17 湖畔の月
2013/12/16 好摩事務所
2013/12/15 師走半ばの朝
2013/12/14 雪にも負けず
2013/12/13 冬本番
2013/12/12 好摩の作業場
2013/12/11 清々しく
2013/12/10 育花18歳
2013/12/9 天使のはしご
2013/12/8 前九年見学会
2013/12/7 前九年見学会
2013/12/6 解体現場の華
2013/12/5 姫神山の朝
2013/12/4 スドン10
2013/12/3 建具再利用
2013/12/2 師走
2013/12/1 赤松の皮むき
2013/11/30 差し入れ
2013/11/29 初積雪の朝
2013/11/28 大きな杉板
2013/11/27 大回転の朝
2013/11/26 構造調査
2013/11/25 共販所市日
2013/11/24 前九年見学会
2013/11/23 完成見学会
2013/11/22 不思議の連続
2013/11/21 古き良き時代
2013/11/20 我ら設計士
2013/11/19 元気一発!
2013/11/18 現場直行
2013/11/17 鉈屋町大改修
2013/11/16 迫りくる寒さ
2013/11/15 姫神に向かい
2013/11/14 霜月
2013/11/13 箒を自作?
2013/11/12 最近の毎日
2013/11/11 好摩の朝
2013/11/10 パワルフ暖房
2013/11/9 窓凍る朝
2013/11/8 鉈屋町大改修
2013/11/7 秋深く
2013/11/6 ケヤキの臼
2013/11/5 静かな朝
2013/11/4 作業場薪暖房
2013/11/2 お休み
2013/11/1 職場体験
2013/10/31 書道家古典
2013/10/30 お雛様
2013/10/29 好摩の新暖房
2013/10/28 四十四田ダム
2013/10/27 現場端材の箸
2013/10/26 聖徳太子
2013/10/25 残土を土壁に
2013/10/24 障子再生欄間
2013/10/23 閉伊川
2013/10/22 赤松天然乾燥
2013/10/21 秋の朝
2013/10/20 松川と姫神山
2013/10/19 田に浮かぶ山
2013/10/18 零度の朝
2013/10/17 台風が過ぎて
2013/10/16 鉋台造り講習
2013/10/15 鍛冶屋見学
2013/10/13 ミニ削ろう会
2013/10/12 古に魅せられ
2013/10/11 広島屋ランチ
2013/10/10 古板
2013/10/9 木製サッシ
2013/10/8 杢創舎研修
2013/10/7 稲煙る朝の山
2013/10/6 玉山事業所
2013/10/5 カマド
2013/10/4 今朝の姫神山
2013/10/3 川崎橋にて
2013/10/2 神無月
2013/10/1 伝統仕口は強
2013/9/30 9月の朝空
2013/9/29 朴ノ木
2013/9/28 山頂の輝き
2013/9/27 岩洞湖から
2013/9/26 稲穂
2013/9/25 その木どこの
2013/9/24 空の目
2013/9/23 氾濫家具類
2013/9/22 9月半ばの朝
2013/9/21 十五夜の月
2013/9/20 十五夜の朝
2013/9/19 試運転
2013/9/18 洪水傷跡深く
2013/9/17 好摩洪水
2013/9/16 アカペラ
2013/9/15 柿渋古色仕上
2013/9/14 木材市場
2013/9/13 鉈屋町大改修
2013/9/12 清水寺
2013/9/11 金閣寺
2013/9/10 健康診断
2013/9/9 姫神山
2013/9/8 日曜日の朝
2013/9/7 丸太足場
2013/9/6 京都にて
2013/9/5 天に向かい
2013/9/4 竹林の小路
2013/9/1 長月
2013/8/31 お食い初め
2013/8/30 久慈市上棟式
2013/8/29 姫神山の朝
2013/8/28 岩手山と稲穂
2013/8/27 夏休み
2013/8/26 姫神山
2013/8/25 土壁色々
2013/8/24 木の家
2013/8/23 仏顔
2013/8/22 8月の空
2013/8/21 彫刻
2013/8/20 木登り遊び
2013/8/19 手を振る大矢
2013/8/19 百萬堂
2013/8/17 舟っこ流し
2013/8/16 南部富士
2013/8/15 撫で撫で仏
2013/8/14 回り灯篭
2013/8/13 鉈屋町飾り棚
2013/8/12 玉山区夏祭り
2013/8/11 玉山区夏祭り
2013/8/10 大きな板
2013/8/9 大黒柱太古梁
2013/8/8 飛行船
2013/8/7 柾板
2013/8/6 番付け表
2013/8/5 記念樹賃挽き
2013/8/4 手動糊付け機
2013/8/3 南部鉄瓶
2013/8/2 久慈漁港にて
2013/8/1 葉月
2013/7/31 県産木材利用
2013/7/30 斧折樺
2013/7/29 好摩の野菜畑
2013/7/28 ブナ丸太製材
2013/7/27 組子建具完成
2013/7/26 ジープ
2013/7/25 ブナと斧折樺
2013/7/24 5年が過ぎて
2013/7/23 今朝も雨
2013/7/22 曲り材
2013/7/21 自社林
2013/7/20 好摩の椅子
2013/7/19 雨上がりの朝
2013/7/18 共販所桂8m
2013/7/17 宇宙朝顔
2013/7/16 衣川大改修
2013/7/15 樅の木
2013/7/14 土壁上塗り
2013/7/13 前九年の窓
2013/7/12 船っこ流し
2013/7/11 赤松長材6本
2013/7/10 土塗開始
2013/7/9 文月
2013/7/8 太陽の朝
2013/7/7 七夕の朝
2013/7/6 四十四田湖
2013/7/5 自宅の小道
2013/7/4 自宅の小道
2013/7/3 鉈屋町にて
2013/7/2 木の命木の心
2013/7/1 共販所にて
2013/6/30 家の有り方
2013/6/29 姫神山山頂
2013/6/28 土壁サンプル
2013/6/27 土壁への挑戦
2013/6/26 久慈市地鎮祭
2013/6/25 槍鉋
2013/6/24 姫神山頂
2013/6/23 祝♪富士山
2013/6/22 好摩見学者
2013/6/21 五合目
2013/6/20 一本杉
2013/6/19 雨に煙る
2013/6/18 三保の松原
2013/6/17 今朝の戻り!
2013/6/15 削ろう会
2013/6/14 同じ景色でも
2013/6/13 静かな朝
2013/6/12 タカラ研修
2013/6/11 茅葺屋根の裏
2013/6/10 100km
2013/6/9 水不足
2013/6/8 姫神6月7日
2013/6/7 衣川大改修
2013/6/6 上棟式
2013/6/5 奥中山高原
2013/6/4 桟積天然乾燥
2013/6/3 水無月
2013/6/2 天然乾燥
2013/6/1 クレマチス
2013/5/31 四十四田の朝
2013/5/30 矢巾大改修
2013/5/29 ブランコ
2013/5/28 ベッドへ改装
2013/5/27 失敗への思い
2013/5/26 製材開始
2013/5/25 霧煙る朝
2013/5/24 雨の朝
2013/5/23 シロタンポポ
2013/5/22 表裏なき姿
2013/5/21 杢創舎シート
2013/5/20 見学会場にて
2013/5/19 見学会場にて
2013/5/18 見学会の朝
2013/5/17 手摺材候補
2013/5/16 ご来場大歓迎
2013/5/15 鯉幟
2013/5/14 好摩駅前
2013/5/13 植林イベント
2013/5/12 姫神山の幻影
2013/5/11 通勤道中
2013/5/10 水田と岩手山
2013/5/9 エジプト?
2013/5/8 朝靄に浮かぶ
2013/5/7 板塀
2013/5/6 千年の面影
2013/5/5 こどもの日
2013/5/4 雨雨雨の連休
2013/5/3 皐月
2013/5/2 扉の向う側
2013/5/1 五月の朝
2013/4/30 鉋屑の厚さ
2013/4/29 恵まれて今日
2013/4/28 賃挽き赤松
2013/4/27 矢巾見学会
2013/4/26 高松の池
2013/4/25 好摩製材工場
2013/4/24 24日の姫神山
2013/4/23 棚板小口
2013/4/22 清明の頃
2013/4/21 春の寒空
2013/4/20 気分爽快
2013/4/19 梁川橋
2013/4/18 飛行船雲
2013/4/17 笑顔
2013/4/16 杢目模様
2013/4/15 町家にて
2013/4/14 赤松百年床
2013/4/13 椅子再生
2013/4/12 立ち枯れた松
2013/4/11 地場材の額
2013/4/10 盛岡雛祭り
2013/4/9 薪入手応援
2013/4/8 雑木の薪
2013/4/7 春の嵐無難に
2013/4/6 竹釘
2013/4/5 水鳥と朝
2013/4/4 北上川支流
2013/4/3 卯月
2013/4/2 4月2日の朝
2013/4/1 見学会場にて
2013/3/31 働き者
2013/3/30 空行く渡り鳥
2013/3/29 高松の池
2013/3/28 姫神山
2013/3/27 三寒四温
2013/3/26 木製の額
2013/3/25 早春の夕方
2013/3/24 渡り鳥
2013/3/23 蕗の薹
2013/3/22 丸太搬送
2013/3/21 建具造作
2013/3/20 寒締め野菜
2013/3/19 桜咲く
2013/3/18 建具再利用
2013/3/17 手造り照明
2013/3/14 卒業式
2013/3/13 矢巾大改修
2013/3/12 奥中山の夕日
2013/3/11 完成見学会
2013/3/10 東見前見学会
2013/3/9 東見前見学会
2013/3/8 明日は見学会
2013/3/7 姫神山3/7
2013/3/6 啓蟄
2013/3/5 雨水
2013/3/4 ナラ薪乾燥積
2013/3/3 ひな祭り
2013/3/2 3月の暦
2013/3/1 弥生月
2013/2/28 姫神山の朝日
2013/2/27 岩手山
2013/2/26 10mの赤松
2013/2/25 寒波襲来
2013/2/24 幸福の迷子
2013/2/23 好摩の夜
2013/2/22 姫神山2/20
2013/2/21 サイカチの木
2013/2/20 江刺の丸太
2013/2/19 小岩井の丸太
2013/2/18 江刺の山
2013/2/17 製材所閉鎖
2013/2/16 大きなケヤキ
2013/2/15 丸太検知
2013/2/14 打合せ図
2013/2/13 立ち往生
2013/2/12 お宅見学
2013/2/11 姫神山2/11
2013/2/10 欅の無垢床
2013/2/9 姫神山2/9
2013/2/8 暖気配管
2013/2/7 湖面凍氷
2013/2/6 上田堤本社
2013/2/5 南部赤松良材
2013/2/4 カレンダー
2013/2/3 立春(節分)
2013/2/2 矢巾大改修
2013/2/1 如月の朝
2013/1/31 作家の酒2
2013/1/30 作家の酒
2013/1/29 採材立ち会い
2013/1/28 山の見学
2013/1/27 好摩の朝
2013/1/26 南部曲り赤松
2013/1/25 基礎断面図
2013/1/24 好摩事務所前
2013/1/23 好摩事務所
2013/1/22 姫神山
2013/1/21 岩手山
2013/1/20 窓ガラス
2013/1/19 掘りごたつ
2013/1/18 谷村正志
2013/1/17 姫神山
2013/1/16 小正月
2013/1/15 矢巾大改修
2013/1/14 トラブル
2013/1/13 冬の華
2013/1/12 岩手山
2013/1/11 工事現場入口
2013/1/10 屋根上より
2013/1/9 カレンダー
2013/1/8 太田大改修
2013/1/7 姫神山
2013/1/6 不謹慎?
2013/1/5 石鹸石
2013/1/4 薪クッキング
2013/1/3 薪温水暖房
2013/1/2 新年早々の雪
2013/1/1 初詣
2012/12/31 大晦日
2012/12/30 太田完成
2012/12/29 雪道を行く
2012/12/28 花巻市太田
2012/12/27 海軍のパイプ
2012/12/26 朴の木
2012/12/25 クリスマス
2012/12/24 いとしやさん
2012/12/23 丸太の杢目
2012/12/22 欅カウンター
2012/12/21 安全第一
2012/12/20 工藤正範
2012/12/19 LED街灯
2012/12/18 今朝の人造湖
2012/12/17 欅カウンター
2012/12/16 突き上げ屋根
2012/12/15 兜屋根
2012/12/14 民家の門
2012/12/13 冷蔵庫
2012/12/12 朝の月
2012/12/11 齊藤利夫
2012/12/10 冬将軍来襲
2012/12/9 好摩事務所
2012/12/8 竿縁天井
2012/12/7 欅カウンター
2012/12/6 剪定
2012/12/5 ポスト 口
2012/12/4 帯鋸と台車
2012/12/3 月と岩手山2
2012/12/2 遠山正道
2012/12/1 朝焼け
2012/11/30 月と岩手山
2012/11/29 雪景色
2012/11/28 頑張って〜
2012/11/27 今朝は吹雪
2012/11/26 土の土間
2012/11/25 嬉しいな〜ぁ
2012/11/24 宮野目見学会
2012/11/23 完成見学会
2012/11/22 ネズコ
2012/11/21 藁細工
2012/11/20 11月20日
2012/11/19 柿の木
2012/11/18 モミジ
2012/11/17 黄葉
2012/11/16 紅葉
2012/11/15 蓄熱煉瓦
2012/11/14 雨また雨
2012/11/13 明りを灯そう
2012/11/12 大和田洋平
2012/11/11 車中より
2012/11/10 晩秋の気配
2012/11/9 51歳
2012/11/8 日の丸弁当
2012/11/7 姫神岳
2012/11/6 熊谷奈央
2012/11/5 好摩見学
2012/11/4 三和土
2012/11/3 松本民芸館
2012/11/2 薪ストーブ
2012/11/1 松本民芸館
2012/10/31 松本城
2012/10/30 松本神社
2012/10/29 技能五輪大会
2012/10/26 北湯口見学会
2012/10/25 夕方の人造湖
2012/10/24 薪の温もり
2012/10/23 花巻市北湯口
2012/10/22 薪ストーブ
2012/10/21 北湯口の虹
2012/10/20 ケヤキの杢目
2012/10/19 お客様のお庭
2012/10/18 トング
2012/10/17 好摩のヤグラ
2012/10/16 カラタチ
2012/10/15 姫神山
2012/10/14 稲刈り
2012/10/13 赤松10m
2012/10/12 花巻市北湯口
2012/10/11 面白い小屋
2012/10/10 今朝の好摩
2012/10/9 今朝の玉山
2012/10/8 薪割
2012/10/7 曇りの朝
2012/10/6 栓テーブル
2012/10/5 技能五輪
2012/10/4 阿吽
2012/10/3 早出すると
2012/10/2 南昌荘
2012/10/1 台風17号
2012/9/30 祝いと別れ
2012/9/29 製材機
2012/9/28 無題
2012/9/27 鍋倉沢山林
2012/9/26 瓦屋根
2012/9/25 好摩の薪
2012/9/24 宇宙旅行
2012/9/23 秋の空に思う
2012/9/22 天候の急変
2012/9/21 朝焼け
2012/9/20 お便り
2012/9/19 煙突掃除
2012/9/18 光の向こう側
2012/9/17 好摩の朝
2012/9/16 薪棚
2012/9/15 好摩より
2012/9/14 朝露の輝き
2012/9/13 けやき
2012/9/12 薪割
2012/9/11 隠れ道
2012/9/10 ブランコ
2012/9/9 完成見学会
2012/9/8 今朝の岩手山
2012/9/7 ケヤキ板
2012/9/6 飛行機乗りと
2012/9/5 好摩の朝
2012/9/4 トンボ
2012/9/3 満月
2012/9/2 椅子再生
2012/9/1 好摩の月
2012/8/31 スズメバチ
2012/8/30 椅子再生
2012/8/29 好摩の朝
2012/8/28 光る月
2012/8/27 秋の気配
2012/8/26 技能五輪取組
2012/8/25 花火
2012/8/24 朝靄に浮かぶ
2012/8/23 宇宙朝顔
2012/8/22 夕立
2012/8/21 技能五輪取組
2012/8/20 夏祭り
2012/8/19 お蕎麦屋さん
2012/8/18 笑顔
2012/8/17 技能五輪取組
2012/8/16 トリミング室
2012/8/15 雲岩寺
2012/8/14 お墓参り
2012/8/13 薪割り
2012/8/12 駒形神社にて
2012/8/11 休日前日
2012/8/10 捻挫?
2012/8/9 姫神山
2012/8/8 朝靄
2012/8/7 光る夏
2012/8/6 岩手山
2012/8/5 カウンター
2012/8/4 昭和
2012/8/3 真夏
2012/8/2 薪割
2012/8/1 葉月
2012/7/31 地鎮祭
2012/7/30 オフロード
2012/7/29 川留神社
2012/7/28 忘れぬ生き方
2012/7/27 復興住宅
2012/7/26 好摩の営業所
2012/7/25 事務所前から
2012/7/24 イヌシデ
2012/7/23 永久の道
2012/7/22 夕焼け
2012/7/21 壁塗り
2012/7/20 仮設住宅
2012/7/19 猫目
2012/7/18 杢目
2012/7/17 生垣
2012/7/16 木組み
2012/7/15 上棟式
2012/7/14 栗テーブル
2012/7/13 クレマチス
2012/7/12 夏の夕暮れ
2012/7/11 ガラス屋根
2012/7/10 研修生
2012/7/9 シダ
2012/7/8 百合の花
2012/7/7 杢創舎看板
2012/7/6 岩洞湖
2012/7/5 ぬぐだまり
2012/7/4 宇宙朝顔
2012/7/3 仰ぐは姫神山
2012/7/2 薪
2012/7/1 ブランコ
2012/6/30 ナグリ
2012/6/29 青空を飛ぶ
2012/6/28 古材活用
2012/6/27 三和土
2012/6/26 足湯
2012/6/25 見学会にて
2012/6/24 今日は見学会
2012/6/23 テントウムシ
2012/6/22 昨日の出会い
2012/6/21 夏至
2012/6/20 樵の塗料
2012/6/19 苗畑と出会い
2012/6/18 雲
2012/6/17 外テーブル
2012/6/16 現場発生材
2012/6/15 現場の土を壁
2012/6/14 崩した土壁
2012/6/13 苗園
2012/6/12 50年前
2012/6/11 電柱再利用
2012/6/10 今日のツリークライミング2
2012/6/10 今日のツリークライミング1
2012/6/10 サンルーム
2012/6/9 上棟式
2012/6/8 薪割り機
2012/6/7 田植え
2012/6/6 奥中山地区
2012/6/5 山岸の木組み
2012/6/4 デッキ工事
2012/6/3 環境評価
2012/6/2 駐輪場2
2012/6/1 水無月
2012/5/31 水飲み場?
2012/5/30 懐かしき風景
2012/5/29 好摩駅
2012/5/28 宇霊羅山
2012/5/27 母の日の名残
2012/5/26 岩泉の広島屋
2012/5/25 経年変化
2012/5/24 駐輪場
2012/5/23 TV台
2012/5/22 木の苗
2012/5/21 見つめられて
2012/5/20 ホダ木?
2012/5/19 長〜い、梁
2012/5/18 何を選ぶのか
2012/5/17 馬渕小学校
2012/5/16 煉瓦敷き
2012/5/15 植林体験
2012/5/14 通り道
2012/5/13 レベル
2012/5/12 アリンコ
2012/5/11 太陽
2012/5/10 腕相撲2
2012/5/10 腕相撲1
2012/5/9 廻る
2012/5/9 飛ぶ
2012/5/9 走る
2012/5/8 雨水タンク3
2012/5/8 雨水タンク2
2012/5/8 雨水タンク1
2012/5/7 積み木
2012/5/6 庭木の剪定
2012/5/5 薪割り
2012/5/4 御対面
2012/5/3 花見
2012/5/2 満開
2012/5/1 製材所見学
2012/4/30 高松の池
2012/4/29 岩手山
2012/4/28 姫神山
2012/4/27 内装工事
2012/4/26 桜の薪
2012/4/25 心惹かれて2
2012/4/24 心惹かれて
2012/4/23 雪止め
2012/4/22 枕木敷き込み
2012/4/21 通り道で
2012/4/20 山の水
2012/4/19 桜の薪
2012/4/19 雪融け水
2012/4/18 岩手山
2012/4/17 春の山
2012/4/16 春の夕刻
2012/4/15 刻み場
2012/4/14 柳葉の輝き
2012/4/13 ラオス
2012/4/12 ヒンメリ
2012/4/11 脚立本棚
2012/4/10 照明器具
2012/4/9 プレゼント
2012/4/8 自分空間
2012/4/7 木製丸窓
2012/4/6 屋根工事完了
2012/4/5 テーブル
2012/4/4 春の嵐
2012/4/3 ハナ
2012/4/2 追いついた歳
2012/4/1 上棟式
2012/3/31 年度末
2012/3/30 墨付け
2012/3/29 テーブル板
2012/3/28 木勉会
2012/3/27 太陽光発電
2012/3/26 完成見学会
2012/3/25 エアコン
2012/3/24 加賀野完成
2012/3/23 宮古魚菜市場
2012/3/22 古民家移築
2012/3/21 製材所見学
2012/3/20 時を超えて2
2012/3/19 時を超えて
2012/3/18 建て方丸太梁
2012/3/17 どか雪
2012/3/16 年輪
2012/3/15 市場見学会
2012/3/14 屋根張り替え
2012/3/13 花苑の宴
2012/3/12 灯篭
2012/3/11 県土を守る為
2012/3/10 薪アート?
2012/3/9 夜間率調査
2012/3/8 住まいの経過
2012/3/7 荒板テーブル
2012/3/6 廃校?
2012/3/5 魅入る
2012/3/4 旅立ちの式
2012/3/3 年季
2012/3/2 10mの丸太
2012/3/1 有難き多能工
2012/2/29 孫
2012/2/28 気持ち良く
2012/2/27 御入居
2012/2/26 完成見学会
2012/2/25 製材所見学
2012/2/24 火入れ
2012/2/23 山は良し
2012/2/22 疲れの中で
2012/2/21 黒石野
2012/2/20 結婚式
2012/2/19 稼働中
2012/2/18 イーゼル
2012/2/17 皁莢
2012/2/16 凍害要請
2012/2/15 昭和の日本
2012/2/14 優しき温もり
2012/2/13 休息
2012/2/12 絵日記
2012/2/11 練習
2012/2/10 10m丸太
2012/2/9 帰り道
2012/2/8 四禽に叶う
2012/2/7 雨水
2012/2/6 表札
2012/2/5 10m丸太
2012/2/4 立春大吉
2012/2/3 節分
2012/2/2 端材
2012/2/1 今日から2月
2012/1/31 小さな撮影者
2012/1/30 発電効率
2012/1/29 UB打合せ
2012/1/28 赤松
2012/1/27 ヤグラ模型
2012/1/26 納屋
2012/1/25 建て方
2012/1/24 四十四田湖
2012/1/23 感謝御礼
2012/1/22 北山見学会
2012/1/21 四十四田湖
2012/1/20 雪化粧
2012/1/19 丸太梁出番
2012/1/18 伝承2
2012/1/17 センサー灯
2012/1/16 木彫りたち
2012/1/15 氷原湖
2012/1/14 伝承
2012/1/13 棟梁の手技
2012/1/12 杢創舎総勢
2012/1/11 見上げれば月
2012/1/10 車窓から
2012/1/9 三島神社鯱鉾
2012/1/8 沢水
2012/1/7 薪ストーブ
2012/1/6 雪だるま
2012/1/5 二回目の更新
2012/1/5 熾き火
2012/1/4 家内安全
2012/1/3 初詣
2012/1/2 初夢
2012/1/1 2012年
2011/12/31 ビタミン
2011/12/30 神子田朝一
2011/12/29 板材
2011/12/28 塩素実験
2011/12/27 作業場ご訪問
2011/12/26 奥中山
2011/12/25 ハンモック
2011/12/24 頑張ろう日本
2011/12/23 焼津の朝
2011/12/22 駿府城
2011/12/21 競技の雰囲気
2011/12/20 敢闘賞
2011/12/19 技能五輪大会
2011/12/17 技能五輪
2011/12/16 季刊「地域」
2011/12/15 岩手山
2011/12/14 刻み
2011/12/13 暖炉
2011/12/12 上棟式
2011/12/11 南国の写真
2011/12/10 離れ
2011/12/9 茶室2
2011/12/8 茶室
2011/12/7 休憩中
2011/12/6 建て方
2011/12/5 見学会場にて
2011/12/4 渡り鳥
2011/12/3 完成見学会
2011/12/2 古民家見学
2011/12/1 月が丘2
2011/11/30 月が丘
2011/11/29 技能五輪
2011/11/28 三和かまど
2011/11/27 争いの無い世
2011/11/26 高松の池
2011/11/25 テレビ取材
2011/11/24 盛岡の治水
2011/11/23 岩手山
2011/11/22 砥ぎ場
2011/11/21 発表会
2011/11/20 製材所見学
2011/11/19 古民家4
2011/11/18 古民家3
2011/11/17 古民家2
2011/11/16 古民家
2011/11/15 クロステラス
2011/11/14 秋深く
2011/11/13 柿
2011/11/12 50歳
2011/11/11 西松園の庭
2011/11/10 桜花亭
2011/11/9 明治神宮
2011/11/8 代々木公園
2011/11/7 夫婦楠
2011/11/7 朝霧の中で
2011/11/6 全世界大会
2011/11/4 築80年改装
2011/11/3 くん炭ボード
2011/11/2 青春挽歌
2011/11/1 霜月
2011/10/31 秋
2011/10/30 端材を薪に2
2011/10/30 端材を薪に
2011/10/29 桜川さん個展
2011/10/28 四十四田の朝
2011/10/27 荒川商事(有)
2011/10/26 移植
2011/10/25 ちはや展
2011/10/24 太陽光発電
2011/10/23 朴館家
2011/10/22 家への思い
2011/10/21 エンジュ
2011/10/20 伊勢神宮
2011/10/19 クロステラス
2011/10/18 空手世界大会
2011/10/17 桜川さん個展
2011/10/16 完成見学会
2011/10/15 技能五輪
2011/10/14 活鼬ヒ製材所
2011/10/13 冷暖自知
2011/10/12 左大臣
2011/10/11 丸
2011/10/10 高松の池
2011/10/9 流し前の椅子
2011/10/8 家と人。
2011/10/7 創作
2011/10/6 柿渋
2011/10/5 流し前の椅子
2011/10/4 大人も子供も
2011/10/3 木登り遊び
2011/10/2 合唱会場にて
2011/10/1 神無月
2011/9/30 ライトアップ
2011/9/29 苦肉の柵
2011/9/28 ネコと傷
2011/9/27 経年変化
2011/9/26 板壁
2011/9/25 大工道具
2011/9/24 夕日
2011/9/23 経年変化
2011/9/22 台風一過
2011/9/21 家具再生
2011/9/20 懐かしき空
2011/9/19 大槌からの秋
2011/9/18 新人戦
2011/9/17 モルタル壁
2011/9/16 建て方
2011/9/15 万葉にあそぶ
2011/9/14 雨また雨
2011/9/13 欅大黒柱
2011/9/12 完成見学会
2011/9/11 煙突掃除
2011/9/10 木材市場
2011/9/9 発電機
2011/9/8 小屋組み
2011/9/7 女性の大工
2011/9/6 体験学習2
2011/9/5 煙突掃除
2011/9/4 パス
2011/9/3 チームワーク
2011/9/2 大黒柱
2011/9/1 動く壁
2011/8/31 ビーム
2011/8/30 橋から・・
2011/8/29 万葉にあそぶ
2011/8/28 ストーブ研修
2011/8/27 構造見学会
2011/8/26 釜神様へ報告
2011/8/25 クロステラス
2011/8/24 構造見学会
2011/8/23 雲岩寺
2011/8/22 東山堂の夕日
2011/8/21 夏の思い出
2011/8/20 継手
2011/8/19 空が恋しい
2011/8/18 復興地
2011/8/17 線香花火
2011/8/16 エネルギー
2011/8/15 町消失
2011/8/14 岩泉町小本港
2011/8/13 お寺屋根改修
2011/8/12 お盆休み
2011/8/11 赤松の梁
2011/8/10 忍者?
2011/8/9 アルバイト
2011/8/8 うろこ雲
2011/8/7 体験学習続き
2011/8/6 体験学習
2011/8/5 上棟
2011/8/4 好摩
2011/8/3 作業服
2011/8/2 浄水栓
2011/8/1 埋設物
2011/7/31 完成見学会
2011/7/30 200年
2011/7/29 168年
2011/7/28 製材所見学
2011/7/27 写真撮影
2011/7/26 木がある事
2011/7/25 高窓
2011/7/24 セミ
2011/7/23 花火
2011/7/22 岩手山
2011/7/21 津軽石にて
2011/7/20 冷風機
2011/7/19 休憩時間
2011/7/18 日差し除け
2011/7/17 三種類の遮熱
2011/7/16 扇風機
2011/7/15 床下の冷気
2011/7/14 生命力
2011/7/13 上太田より
2011/7/12 太陽熱パネル
2011/7/11 アブラメ
2011/7/10 LED電灯
2011/7/9 大切な事
2011/7/8 雨上がりの朝
2011/7/7 日輪
2011/7/7 庭木見学
2011/7/6 草の波間を
2011/7/5 BBQコンロ
2011/7/4 ダンプ1台
2011/7/4 軽トラ1台
2011/7/3 薪割り
2011/7/2 今の風景
2011/7/1 文月
2011/6/30 輝き
2011/6/29 思い出
2011/6/28 姫神山
2011/6/27 年月の中で
2011/6/26 虹色の部屋
2011/6/25 経年変化2
2011/6/24 経年変化
2011/6/23 掲示板
2011/6/22 雨雲
2011/6/21 薪積み1回目
2011/6/21 支援の薪作り?
2011/6/20 チビギャング!
2011/6/19 丸太
2011/6/18 天声人語
2011/6/17 自給率100%
2011/6/16 土間
2011/6/15 日詰にて
2011/6/14 頑張ろう皆で
2011/6/13 御所野遺跡
2011/6/12 今日は見学会
2011/6/11 山田へ支援
2011/6/11 東屋にて
2011/6/10 木々の緑
2011/6/9 百合の木
2011/6/8 製材所見学1
2011/6/8 製材所見学2
2011/6/8 製材所見学3
2011/6/8 製材所見学4
2011/6/8 製材所見学5
2011/6/7 本日2回目
2011/6/7 草光の夢
2011/6/6 岩洞湖
2011/6/5 歩く歩く
2011/6/4 歩く
2011/6/3 テーブル
2011/6/2 自然の色
2011/6/1 水無月
2011/5/31 アッツザクラ
2011/5/30 伝説
2011/5/29 ポルシェ
2011/5/28 日詰の現場
2011/5/27 生活必需品
2011/5/26 忘れ得ぬ記憶
2011/5/25 軽トラック
2011/5/24 年輪
2011/5/23 見学会にて
2011/5/22 完成見学会
2011/5/21 南部藩植林
2011/5/20 楔100年前
2011/5/19 太陽光
2011/5/18 ボランティア
2011/5/17 無題
2011/5/16 年数度の休み
2011/5/15 仮設住宅
2011/5/14 解体OK
2011/5/13 公園への道
2011/5/12 松園の窓から
2011/5/11 高松の池
2011/5/10 登校
2011/5/9 ゆうひ
2011/5/8 納屋の木組み
2011/5/8 大銀杏
2011/5/7 庭木伐採
2011/5/6 優しい光
2011/5/5 水・・・
2011/5/5 浴室工事4
2011/5/5 突然のライブ
2011/5/5 浴室工事3
2011/5/5 浴室工事2
2011/5/5 浴室工事1
2011/5/4 浴室工事応援
2011/5/3 木の音で
2011/5/2 盛岡の朝
2011/5/1 陸前高田
2011/4/30 行ってきます
2011/4/29 救援物資依頼
2011/4/29 茅葺屋根
2011/4/28 薪搬送
2011/4/27 自然乾燥
2011/4/26 製材所見学
2011/4/25 擁壁保護
2011/4/24 奥の間
2011/4/23 桜の薪
2011/4/22 学び
2011/4/21 仕口
2011/4/20 貸家改修
2011/4/19 木組み
2011/4/18 手渡し
2011/4/17 体が重い・・
2011/4/16 技術の継承
2011/4/15 雪起こしの花
2011/4/14 お昼休み
2011/4/13 入学式
2011/4/12 早池峯神社
2011/4/11 大工道具
2011/4/10 鉋屑利用
2011/4/9 事務所入り口
2011/4/8 停電復旧
2011/4/7 新人入社
2011/4/6 無垢材と家具
2011/4/5 家具との調和
2011/4/4 二回目の更新
2011/4/4 ありがとうございました。
2011/4/3 災害支援のお願いです。
2011/4/2 災害支援のお願いです。
2011/4/1 完成見学会
2011/3/31 無残なる故郷
2011/3/30 防波堤崩壊
2011/3/29 島の越
2011/3/29 保険センター
2011/3/28 支援物資2
2011/3/27 支援のバトン
2011/3/26 支援物資
2011/3/25 自転車屋さん
2011/3/24 鉄板ストーブ
2011/3/23 宮古藤原埠頭
2011/3/22 救援物資
2011/3/21 静かさの中で
2011/3/20 届けましたが
2011/3/19 お米届けます
2011/3/18 太陽光発電
2011/3/17 自転車で
2011/3/16 震災より6日
2011/3/15 震災より5日
2011/3/14 安否確認
2011/3/13 大丈夫ですか
2011/3/11 林檎の木板
2011/3/10 掲示板試作品
2011/3/9 八戸市から
2011/3/8 緑が丘の夜
2011/3/7 50000兆円
2011/3/6 手造り照明
2011/3/5 玄関土間工事
2011/3/4 遮熱カーテン
2011/3/3 展望台より
2011/3/2 古材を扱う技
2011/3/1 無題
2011/2/28 まな板
2011/2/27 ピアノ発表会
2011/2/26 八幡平へ2
2011/2/25 八幡平へ
2011/2/24 清め
2011/2/23 刻み端材の家
2011/2/22 春の気配
2011/2/21 いや〜参った
2011/2/20 砂遊び?
2011/2/19 肩車
2011/2/18 夜の見学会場
2011/2/18 明日見学会2
2011/2/18 明日は見学会
2011/2/17 もう一息
2011/2/16 ネコ土台
2011/2/15 40年のハート
2011/2/14 60年の輝き
2011/2/13 脇板壁
2011/2/12 ベンチ
2011/2/11 雨戸造り
2011/2/10 書院
2011/2/9 木星?
2011/2/8 500億の家
2011/2/7 室内窓
2011/2/6 駐輪場
2011/2/5 岩手山
2011/2/4 鬼退治
2011/2/3 節分
2011/2/2 薪割り
2011/2/1 後ろ姿
2011/1/31 見学会場にて
2011/1/30 待ち時間
2011/1/29 設備危機
2011/1/28 打ち合わせ
2011/1/27 照明器具
2011/1/26 建て方と月
2011/1/25 いい笑顔
2011/1/24 昨日は見学会
2011/1/23 今日は見学会
2011/1/22 明日は見学会
2011/1/21 板倉構造2
2011/1/20 板倉構造
2011/1/19 板倉
2011/1/18 西松園
2011/1/17 休日の仕事
2011/1/16 エコファン
2011/1/15 見上げれば空
2011/1/14 迫る山?
2011/1/13 暖
2011/1/12 棟上げ前
2011/1/11 朝も夕も
2011/1/10 ハンドボール
2011/1/9 手造りサッシ
2011/1/8 手造り板倉
2011/1/7 セルフビルド
2011/1/6 明るく元気に
2011/1/5 岩手山
2011/1/4 迎春
2011/1/3 初散歩2
2011/1/3 初散歩
2011/1/2 初日の出
2011/1/1 謹賀新年
2010/12/31 大晦日
2010/12/30 高松の池
2010/12/29 朝市の帰りに
2010/12/28 雪の妙
2010/12/27 ケーキ作り
2010/12/26 積雪40p超
2010/12/25 雪降り
2010/12/24 クリスマス
2010/12/23 嵐
2010/12/22 冬至
2010/12/21 ケヤキ大黒柱
2010/12/20 御影石
2010/12/19 望遠レンズ
2010/12/18 暖をどうぞ
2010/12/17 雪だるま
2010/12/16 金輪継の梁
2010/12/15 板倉建て方2
2010/12/14 板壁
2010/12/13 板倉建て方
2010/12/12 ハナ2
2010/12/11 ハナ
2010/12/10 ヤマメ
2010/12/9 カマ神様
2010/12/8 恐竜?
2010/12/7 見学会当日2
2010/12/6 見学会当日
2010/12/5 構造見学会
2010/12/4 本日更新2回
2010/12/4 完成見学会
2010/12/3 ケヤキ三本
2010/12/2 採材完了
2010/12/1 構造見学会
2010/11/30 少し前の写真
2010/11/29 竜馬逝く
2010/11/28 散歩
2010/11/27 障子
2010/11/26 天峰山から
2010/11/25 完成写真
2010/11/24 ベンチ
2010/11/23 個別見学会
2010/11/22 上棟式
2010/11/21 塩素・・
2010/11/20 住建会
2010/11/19 伐採見学4
2010/11/18 毛針
2010/11/17 伐採見学3
2010/11/16 伐採見学2
2010/11/16 伐採見学
2010/11/15 犬もご来場?
2010/11/14 セルフビルド
2010/11/13 手摺子
2010/11/12 沈み行く光
2010/11/11 研修生
2010/11/10 油絵2
2010/11/9 油絵
2010/11/9 アクシデント
2010/11/8 自在鉤
2010/11/7 盛岡の朝
2010/11/6 ススキ
2010/11/5 かみなり勉強
2010/11/4 大木
2010/11/3 若き力の源
2010/11/2 腰袋
2010/11/1 披露宴会場
2010/10/31 今日は結婚式
2010/10/30 通し柱
2010/10/29 休憩小屋
2010/10/28 計画時の事
2010/10/27 秋の湖面
2010/10/26 月と高松の林
2010/10/25 願
2010/10/24 阿弥陀如来
2010/10/23 寄り道
2010/10/22 20年経過
2010/10/21 仙台研修
2010/10/20 階段の模型
2010/10/19 石段
2010/10/18 火入れ
2010/10/17 窓と空
2010/10/16 家具搬入
2010/10/15 馴染みました
2010/10/14 けやき
2010/10/13 地鎮祭
2010/10/12 万里一条鉄
2010/10/11 奇跡の海
2010/10/10 不思議の国
2010/10/9 高松の池3
2010/10/8 平和祈念碑
2010/10/7 杉の子
2010/10/6 高松の池2
2010/10/5 高松の池
2010/10/4 さすが岩泉町
2010/10/3 文化祭
2010/10/2 洋梨
2010/10/1 この指とまれ
2010/9/30 いいのだ〜
2010/9/29 茸
2010/9/29 元祖!案山子
2010/9/28 案山子祭り
2010/9/27 秋の収穫
2010/9/26 夕焼け
2010/9/25 火入れ
2010/9/24 小さな宇宙
2010/9/23 滝沢の空
2010/9/22 建て方
2010/9/21 喜寿祝い
2010/9/20 新人戦
2010/9/19 改修工事
2010/9/18 盛岡の喫茶店
2010/9/17 大黒柱
2010/9/16 杉の苗畑
2010/9/15 鳥の子
2010/9/14 杉の子
2010/9/13 完成見学会2
2010/9/12 完成見学会
2010/9/11 お地蔵様
2010/9/10 空
2010/9/9 地貫
2010/9/8 桂清水
2010/9/7 棟札
2010/9/6 祈り
2010/9/5 構造計算
2010/9/4 玄関柱
2010/9/3 栗板
2010/9/2 刻み
2010/9/1 階段2
2010/8/31 階段
2010/8/30 壁
2010/8/29 橋
2010/8/28 薪
2010/8/27 山
2010/8/26 朝
2010/8/25 雲
2010/8/24 孫
2010/8/23 梅
2010/8/22 風
2010/8/21 葦
2010/8/20 雲岩寺
2010/8/19 わっくず
2010/8/18 越し屋根
2010/8/17 長屋の裏
2010/8/16 宇霊羅山
2010/8/15 戦後65年
2010/8/14 お墓参り
2010/8/13 見上げれば夏
2010/8/12 夏の夜
2010/8/11 歩み
2010/8/10 アルバイト2
2010/8/9 アルバイト
2010/8/8 夏祭り
2010/8/7 夏休み
2010/8/6 オーニング
2010/8/5 涼しさの秘訣
2010/8/5 藤原君続き
2010/8/4 さんさ踊り
2010/8/3 ゲゲゲ・・・
2010/8/2 構造見学会
2010/8/1 風
2010/7/31 研修生
2010/7/30 作業場のセミ
2010/7/29 東京にもセミ
2010/7/28 盛夏
2010/7/27 ユメ
2010/7/26 怪奇現象
2010/7/25 夏の雲
2010/7/24 三ツ割
2010/7/23 高い高い〜
2010/7/22 祭壇
2010/7/21 板倉の窓
2010/7/20 地(血)の涙?
2010/7/19 板倉上棟式
2010/7/18 赤松の床
2010/7/17 マツバギク
2010/7/16 ネコとカバン
2010/7/15 「フジモリ」
2010/7/14 栗の大黒柱
2010/7/13 盛岡の朝
2010/7/12 元競馬場
2010/7/11 赤松の床見学
2010/7/10 足元の芽生え
2010/7/9 時の影
2010/7/8 悩み?
2010/7/7 高松建て方3
2010/7/7 出会いと夢
2010/7/6 板倉屋根断熱
2010/7/6 高松建て方2
2010/7/6 高松建て方
2010/7/5 可愛い笑顔
2010/7/4 今日は見学会
2010/7/3 蕎麦屋にて
2010/7/2 不思議な話
2010/7/1 板倉上棟
2010/7/1 古民家見学
2010/6/30 古民家
2010/6/29 板倉建て方
2010/6/29 山と・・
2010/6/28 杉の子
2010/6/27 一戸製材所
2010/6/26 事務所入り口
2010/6/25 鎮め物
2010/6/24 持つべきは友
2010/6/23 岩泉町にて
2010/6/22 設計図
2010/6/21 バドミントン
2010/6/20 レンガ工事
2010/6/20 岩泉の朝
2010/6/19 新二重壁
2010/6/18 作業場隣の畑
2010/6/17 屋根工事
2010/6/16 一目惚れ
2010/6/15 世界の仲間2
2010/6/14 農地にて2
2010/6/13 農地にて
2010/6/12 セルフビルド
2010/6/11 上棟
2010/6/10 笑顔
2010/6/9 建て方
2010/6/8 花巻下幅
2010/6/7 完成見学会
2010/6/6 難逃れた赤松
2010/6/5 滝沢の造園
2010/6/4 滝沢の和室
2010/6/3 雨水タンク
2010/6/2 地中熱の衝撃
2010/6/1 水無月
2010/5/31 ぐっすり〜
2010/5/30 カーテン
2010/5/29 花巻見学会
2010/5/28 ナグリ
2010/5/27 不良丸太
2010/5/26 セルフビルド
2010/5/25 植林体験2
2010/5/24 植林体験
2010/5/23 水素発電
2010/5/22 太陽
2010/5/21 スーパーカブ
2010/5/20 無題
2010/5/19 ウッドデッキ
2010/5/18 月星
2010/5/17 時間待ち
2010/5/16 修学旅行
2010/5/15 無題
2010/5/14 残雪
2010/5/13 雑草
2010/5/12 湖の奏で
2010/5/11 空の奏で
2010/5/10 赤松修正挽き
2010/5/9 パテ塗り
2010/5/8 構造見学会
2010/5/8 そっくり〜
2010/5/7 自宅の夕日
2010/5/6 清水川
2010/5/5 連休4の3
2010/5/5 連休4の2
2010/5/5 連休4
2010/5/4 連休3
2010/5/3 連休2
2010/5/2 連休1
2010/5/1 赤松の出番
2010/4/30 セルフビルド
2010/4/29 バラ園
2010/4/28 窓掃除
2010/4/27 寒い訳だ〜
2010/4/26 和紙のカーテン
2010/4/25 太陽熱温水
2010/4/24 薪
2010/4/23 突然の研修
2010/4/22 ご契約
2010/4/21 クラブエイト
2010/4/20 ギャベ
2010/4/19 産直
2010/4/18 自転車屋さん
2010/4/17 襖
2010/4/16 太陽熱温水
2010/4/15 暖房
2010/4/14 エッ雪?
2010/4/13 改修後の玄関
2010/4/12 バンザイ
2010/4/11 完成!
2010/4/10 時の流れ
2010/4/9 建具2
2010/4/8 一息
2010/4/7 打ち合わせ2
2010/4/6 模型2
2010/4/5 建具
2010/4/4 職人
2010/4/3 神棚
2010/4/2 家と人。20
2010/4/1 打ち合わせ
2010/3/31 含水率
2010/3/30 時代
2010/3/29 子供相談室
2010/3/28 模型
2010/3/27 支え木
2010/3/26 屋根工事
2010/3/25 姫神山
2010/3/24 完成写真
2010/3/23 合掌!
2010/3/22 風水良地?
2010/3/21 完成見学会
2010/3/20 ウォーリズ
2010/3/19 ベセル
2010/3/18 岩手山
2010/3/17 壁仕上げ
2010/3/16 壁塗り
2010/3/15 小泉牛乳店
2010/3/14 パテ処理
2010/3/13 井戸堀
2010/3/12 長く住まう
2010/3/11 雪溶け水
2010/3/10 橋脚
2010/3/9 ケヤキと杉
2010/3/8 薪入荷
2010/3/7 組み合わせ
2010/3/6 基礎配筋と枠
2010/3/5 神棚
2010/3/4 どぉ〜ん!2
2010/3/4 どぉ〜ん!
2010/3/3 基礎配筋
2010/3/2 車庫棚扉
2010/3/1 矢巾外観
2010/2/28 薪棚
2010/2/27 テーブル
2010/2/26 建具
2010/2/25 光の束
2010/2/24 矢巾の現場2
2010/2/23 矢巾の現場
2010/2/22 感謝御礼
2010/2/21 来福
2010/2/20 納戸入口
2010/2/19 花巻完成4
2010/2/19 花巻完成3
2010/2/19 花巻完成2
2010/2/18 花巻完成
2010/2/17 差し合わせ
2010/2/16 銀杏無垢板
2010/2/15 道具造り見習
2010/2/14 雪あかり
2010/2/13 花巻の現場
2010/2/12 松平藩養浩館
2010/2/11 福井県一乗谷
2010/2/10 すやすや
2010/2/9 福井県永平寺
2010/2/8 越の国福井県
2010/2/7 吹雪の後
2010/2/6 矢巾の断熱工事
2010/2/5 ペレット
2010/2/4 岩手山
2010/2/3 地盤調査
2010/2/2 矢巾のその後
2010/2/1 立春近し
2010/1/31 花巻外観
2010/1/30 はだか参り
2010/1/29 早池峯神社
2010/1/28 岩泉の家
2010/1/27 松ぼっくり
2010/1/26 改修工事
2010/1/25 構造見学会2
2010/1/24 種火の薪
2010/1/24 構造見学会
2010/1/23 暖房各種
2010/1/22 彫刻
2010/1/21 矢巾の構造2
2010/1/20 矢巾の構造1
2010/1/19 塀兼用薪棚
2010/1/18 朴舘家住宅3
2010/1/17 朴舘家住宅2
2010/1/16 世界の仲間
2010/1/15 朴舘家住宅
2010/1/14 食器棚
2010/1/13 珍味材の仕上
2010/1/12 珍味(笑)2
2010/1/11 知らせ
2010/1/10 エコワット
2010/1/9 お客様手書き
2010/1/8 珍味(笑)
2010/1/7 炎
2010/1/6 オーニング
2010/1/5 雪の朝
2010/1/4 新聞配達
2010/1/3 本年もみゃ〜
2010/1/2 初詣
2010/1/1 平成22年
2009/12/31 大晦日
2009/12/30 炭焼き窯
2009/12/29 仕事納め
2009/12/28 基礎養生
2009/12/27 先導的モデル
2009/12/26 鉄筋
2009/12/25 流し台
2009/12/24 完成見学会2
2009/12/23 完成見学会
2009/12/22 北上外観
2009/12/21 下足収納
2009/12/20 永井の流し前
2009/12/19 雪
2009/12/18 働き者2
2009/12/17 働き者?
2009/12/16 朝の光
2009/12/15 北上の車庫
2009/12/14 玄関ポーチ材
2009/12/13 草原の朝
2009/12/12 おっと御免
2009/12/11 構造見学会
2009/12/10 北上の現場
2009/12/9 車庫材出発
2009/12/8 朝日
2009/12/7 欅カウンター
2009/12/6 重茂製材所
2009/12/5 持ち込み材?
2009/12/4 重茂半島
2009/12/3 AM7時
2009/12/2 構造現場
2009/12/1 師走
2009/11/30 アフター
2009/11/29 本当に買うの
2009/11/28 買っていい?
2009/11/27 北上の造作
2009/11/26 車庫の赤松
2009/11/25 暁
2009/11/24 雪遊び
2009/11/23 床框
2009/11/22 虹色の雲
2009/11/21 雪
2009/11/20 薪棚工事
2009/11/19 四十四田ダム
2009/11/18 南昌山方面
2009/11/17 玄関ポーチ
2009/11/16 作業場
2009/11/15 内部胴縁
2009/11/14 姫神山
2009/11/13 積み出し
2009/11/12 輝き
2009/11/11 カエデ
2009/11/10 森の精
2009/11/9 一人
2009/11/8 高松の紅葉
2009/11/7 登り梁
2009/11/6 出番待ち
2009/11/5 モコモコ
2009/11/4 凛と・・寒い
2009/11/3 廻り階段
2009/11/2 皆で!
2009/11/1 霜月
2009/10/31 朝靄
2009/10/30 薪配達
2009/10/29 唖然・・
2009/10/28 釜?
2009/10/27 クロステラス
2009/10/26 光る桜葉
2009/10/25 秋深し
2009/10/24 昭和の名残
2009/10/23 伝統と現代
2009/10/22 車庫
2009/10/21 玄関の軒
2009/10/20 木の温もり
2009/10/19 木の香り
2009/10/18 三ッ光り
2009/10/17 改修経過3
2009/10/16 框
2009/10/15 オゾン室
2009/10/14 基礎配筋
2009/10/13 ギンダケ
2009/10/12 改修経過2
2009/10/12 改修工事経過
2009/10/11 構造見学会
2009/10/11 何者ぞ?
2009/10/10 実り
2009/10/9 ボリボリ
2009/10/8 断熱工事機材
2009/10/7 車庫材
2009/10/6 ともかちゃん
2009/10/6 端材の薪
2009/10/5 空2
2009/10/5 空
2009/10/4 皮剥き
2009/10/4 重〜!
2009/10/3 研修生
2009/10/2 今時の遊び
2009/10/1 神無月
2009/9/30 大黒柱出発
2009/9/29 どよん〜
2009/9/28 アタック
2009/9/27 岩手山
2009/9/26 宇霊羅山
2009/9/25 輝き
2009/9/24 光
2009/9/23 大シメジ
2009/9/22 マツタケ
2009/9/21 お彼岸
2009/9/20 キック
2009/9/19 円陣
2009/9/18 レトロ
2009/9/17 改修工事開始
2009/9/16 秋の実り
2009/9/15 祭りの頃
2009/9/14 雨の合間
2009/9/13 上棟式
2009/9/12 マサカリ
2009/9/11 不思議な虹
2009/9/10 鉄筋工事
2009/9/9 チョウナ
2009/9/8 牛
2009/9/7 夕日
2009/9/6 捨てる事無し
2009/9/5 トンボ
2009/9/4 建て方
2009/9/3 自衛隊と遭遇
2009/9/2 捨て猫?
2009/9/1 飛馬2
2009/8/31 行け行け飛馬
2009/8/30 古材と大黒柱
2009/8/29 赤松
2009/8/28 古材
2009/8/27 薪割り
2009/8/26 栗大黒柱
2009/8/25 梅干し
2009/8/24 夏休みと工作
2009/8/23 破風
2009/8/22 地鎮祭
2009/8/21 持ち込み材
2009/8/20 築11年
2009/8/19 鉄筋加工
2009/8/18 モヒカン刈り
2009/8/17 時の揺り籠
2009/8/16 エネルギー2
2009/8/15 エネルギー
2009/8/14 お墓参り
2009/8/13 朝一(市)
2009/8/12 栗テーブル
2009/8/11 太陽熱温度
2009/8/10 御礼
2009/8/9 見学会
2009/8/8 照明器具
2009/8/7 南畑
2009/8/6 板戸
2009/8/5 長期優良住宅
2009/8/4 家族で塗り壁
2009/8/3 フォーラム
2009/8/2 お手伝い
2009/8/1 壁塗り
2009/7/31 マリンランプ
2009/7/30 大正十二年
2009/7/29 川留神社
2009/7/28 太陽光発電
2009/7/27 ネジレ材
2009/7/26 地域材2
2009/7/25 地域材
2009/7/24 ヒートポンプ
2009/7/23 雨天にて残念
2009/7/22 宇宙の出来事
2009/7/21 今日は講演日
2009/7/20 捩じれ材
2009/7/19 古民家
2009/7/18 赤松の梁
2009/7/17 一戸製材所
2009/7/16 お湯が出ない
2009/7/15 ガラス反射光
2009/7/14 屋根断熱
2009/7/13 どこで遊ぶ?
2009/7/12 古材
2009/7/11 豪雨
2009/7/10 太陽熱温水
2009/7/9 断熱工事2
2009/7/8 南畑
2009/7/7 断熱工事
2009/7/6 清め
2009/7/5 松板加工
2009/7/4 巣箱
2009/7/3 職人2
2009/7/2 赤松の板
2009/7/1 セルフビルド
2009/6/30 セルフビルド
2009/6/29 暑ッー
2009/6/28 計画図
2009/6/27 梁の強さ
2009/6/26 井戸
2009/6/25 建物荷重
2009/6/24 板金工事
2009/6/23 職人
2009/6/22 切妻
2009/6/21 仮設トイレ
2009/6/20 基礎工事中に
2009/6/19 家庭菜園
2009/6/18 かくれんぼ
2009/6/17 ウッドデッキ
2009/6/16 デッキより
2009/6/15 上田堤界隈
2009/6/14 太陽熱パネル
2009/6/13 薪棚
2009/6/12 熟睡
2009/6/11 自宅の姫沙羅
2009/6/10 時の記念日
2009/6/9 ヒメシャラ
2009/6/8 芝生
2009/6/7 カモシカ
2009/6/6 今朝は雨
2009/6/5 本日上棟式
2009/6/4 やまぼうし
2009/6/3 煙突掃除2
2009/6/3 煙突掃除
2009/6/2 爺さん目線
2009/6/1 デッキ改修
2009/5/31 職人目線
2009/5/30 子供目線
2009/5/29 蟻・・・
2009/5/28 運動会2
2009/5/27 岩泉の家
2009/5/26 駄目押し?
2009/5/26 そのまた続き
2009/5/26 続き
2009/5/26 私の薪割り
2009/5/26 専務の薪割り
2009/5/25 3歳と薪割機
2009/5/24 運動会
2009/5/23 抜根
2009/5/22 時代へ逆行?
2009/5/21 丸太製材後
2009/5/20 無垢
2009/5/19 虹
2009/5/18 伐根
2009/5/17 孫を抱く叔父
2009/5/16 桜草
2009/5/15 薪丸太入荷
2009/5/14 雨
2009/5/13 仲良し?
2009/5/12 面取り
2009/5/11 植林体験
2009/5/10 菜の花畑
2009/5/9 タンポポ
2009/5/8 小屋の窓
2009/5/7 釣人と姫神山
2009/5/6 流木
2009/5/6 小鳥2
2009/5/5 小鳥
2009/5/4 繋ぎ材
2009/5/3 朝靄
2009/5/2 皐月
2009/5/1 高松の桜
2009/4/30 太陽熱パネル
2009/4/29 記念樹と山
2009/4/28 杭打ち
2009/4/27 製材見学2
2009/4/26 岩鷲山
2009/4/25 製材見学
2009/4/24 古材と大工
2009/4/23 古材
2009/4/22 敷地造り
2009/4/21 羊さんと孫
2009/4/20 見学会
2009/4/19 岩手山は?
2009/4/18 花巻4
2009/4/17 花巻3
2009/4/16 花巻2
2009/4/15 花巻
2009/4/14 打ち出の小槌
2009/4/13 斧
2009/4/12 煙突掃除
2009/4/11 塀工事
2009/4/10 岩手山
2009/4/9 花巻
2009/4/8 ピラミッド?
2009/4/7 小本港
2009/4/6 薪割り
2009/4/5 朝日
2009/4/4 清明
2009/4/3 浴室改修
2009/4/2 早朝2
2009/4/1 上田堤界隈
2009/3/31 早朝
2009/3/29 完成写真撮影
2009/3/27 Gブロック
2009/3/26 薪搬送
2009/3/24 薪
2009/3/23 昭和の時代
2009/3/22 赤松
2009/3/20 秋田3
2009/3/19 秋田2
2009/3/18 秋田
2009/3/17 経年変化2
2009/3/15 経年変化
2009/3/14 道
2009/3/13 木造
2009/3/12 102年
2009/3/11 心
2009/3/10 披露宴
2009/3/8 赤松伐採
2009/3/7 風邪
2009/3/6 竿縁天井
2009/3/5 講演
2009/3/3 指揮者
2009/3/2 ケヤキ
2009/2/28 花巻
2009/2/28 永田町
2009/2/26 広葉樹
2009/2/24 頑張って!
2009/2/23 薪棚
2009/2/22 薪ストーブ
2009/2/20 床の間
2009/2/19 囲炉裏
2009/2/18 太陽熱パネル
2009/2/17 防湿シート
2009/2/16 壁充填断熱2
2009/2/15 披露宴
2009/2/15 壁充填断熱
2009/2/14 13日の続き
2009/2/13 透湿防水シート
2009/2/12 12日2回目
2009/2/11 ↑09.2/12〜09.1/27まで日記記録消失してしまいました。
2009/1/27 小屋梁
2009/1/26 梁桁組開始10
2009/1/26 梁桁組開始9
2009/1/26 梁桁組開始8
2009/1/26 梁桁組開始7
2009/1/26 梁桁組開始6
2009/1/26 梁桁組開始5
2009/1/26 梁桁組開始4
2009/1/26 梁桁組開始3
2009/1/26 梁桁組開始2
2009/1/26 梁桁組開始
2009/1/25 大黒柱
2009/1/24 柱建て
2009/1/23 土台敷き
2009/1/22 通し柱2
2009/1/21 通し柱
2009/1/20 杉
2009/1/19 刻み
2009/1/18 仕口6
2009/1/17 仕口5
2009/1/16 仕口4
2009/1/15 仕口3
2009/1/14 働き者?
2009/1/13 仕口2
2009/1/12 仕口1
2009/1/11 土台の墨2
2009/1/10 含水率
2009/1/9 土台の墨
2009/1/8 ロフトの朝
2009/1/7 清め
2009/1/6 古民家移築
2009/1/5 ↑09.1/6〜08.12/29まで日記記録消失してしまいました。
2008/12/29 生コン打込
2008/12/28 番付け
2008/12/27 荷重負担基礎
2008/12/26 吊枠
2008/12/25 鉄筋加工
2008/12/24 配筋検査
2008/12/23 配筋
2008/12/22 明日は見学会
2008/12/21 転圧
2008/12/20 総堀
2008/12/19 地盤状況
2008/12/18 着工
2008/12/17 墨付け開始
2008/12/16 製材所
2008/12/15 製材見学
2008/12/14 山4
2008/12/13 山3
2008/12/12 山2
2008/12/11 山1
2008/12/10 天然乾燥
2008/12/9 修正挽き
2008/12/8 復活!
2008/12/6 数日休みます
2008/12/2 室小路
2008/12/1 師走
2008/11/30 小話2
2008/11/29 小話
2008/11/28 林業振興
2008/11/27 爽快
2008/11/26 やさしさ
2008/11/25 雪景色
2008/11/24 ↑08.11/25〜08.9/3まで日記記録消失してしまいました。
2008/9/3 庭7
2008/9/2 庭6
2008/9/1 庭5
2008/8/31 庭4
2008/8/31 岩泉4
2008/8/30 庭3
2008/8/30 庭2
2008/8/29 庭
2008/8/28 ネズコ
2008/8/27 夕焼け
2008/8/26 岩泉3
2008/8/26 岩泉2
2008/8/26 岩泉
2008/8/25 四十四田ダム
2008/8/24 南畑3
2008/8/23 南畑2
2008/8/22 南畑
2008/8/21 聖心幼稚園
2008/8/20 仕事中
2008/8/19 金剛力士
2008/8/18 秋の気配
2008/8/17 太洋の子丸
2008/8/16 上田堤界隈
2008/8/15 雲岩寺
2008/8/14 祈り3
2008/8/13 祈り2
2008/8/12 祈り
2008/8/11 掃気システム
2008/8/10 夏祭り
2008/8/9 上田堤界隈
2008/8/8 真夏
2008/8/7 反り止め
2008/8/6 胴割り丸太
2008/8/5 大工道具3
2008/8/4 無題
2008/8/3 大工道具2
2008/8/2 経木?
2008/8/1 道具と仕口
2008/8/31 栗の曲り梁
2008/7/30 枘
2008/7/29 組み合わせ
2008/7/28 通し柱
2008/7/27 忍2
2008/7/26 引き継?
2008/7/25 忍
2008/7/24 かなわつぎ
2008/7/23 差し鴨居
2008/7/22 蟻落とし
2008/7/21 チョウナ
2008/7/20 残材
2008/7/19 組んで確かめ
2008/7/18 岩泉外観
2008/7/17 何してるの?
2008/7/16 仕口2
2008/7/16 仕口
2008/7/15 大工道具1
2008/7/14 車知栓継2
2008/7/13 小根柄と鎌継
2008/7/12 丸カンナ3
2008/7/12 丸カンナ2
2008/7/12 丸カンナ1
2008/7/11 車知栓
2008/7/10 マサカリ
2008/7/9 窓下地枠
2008/7/8 金輪継
2008/7/7 昼寝
2008/7/6 屋根裏
2008/7/5 地盤改良2
2008/7/4 餅まき
2008/7/3 ネコとザック
2008/7/2 岩泉の現場3
2008/7/1 シロアリ
2008/6/30 地盤改良
2008/6/29 岩泉の現場2
2008/6/28 岩泉の現場
2008/6/27 ガッシュ
2008/6/26 再利用
2008/6/25 出会い
2008/6/24 木登り
2008/6/23 フォーラム2
2008/6/22 フォーラム
2008/6/21 潮風
2008/6/20 思い出
2008/6/19 訃報
2008/6/18 仙台
2008/6/17 伏図
2008/6/16 自転車
2008/6/15 祝詞
2008/6/14 上棟式
2008/6/13 北上の外壁
2008/6/12 働き者
2008/6/11 家庭菜園
2008/6/10 木登り
2008/6/9 濡れ縁完成
2008/6/8 庭造り
2008/6/7 濡れ縁の足
2008/6/6 岩泉3
2008/6/5 岩泉2
2008/6/5 岩泉2
2008/6/5 岩泉
2008/6/4 土壁と左官
2008/6/4 土壁と曲り梁
2008/6/3 棟上げ
2008/6/3 棟上げ
2008/6/2 薪割り3
2008/6/2 薪割り2
2008/6/1 薪割り
2008/5/31 2階床組
2008/5/30 四方差し
2008/5/29 土台
2008/5/28 柱建て
2008/5/27 瓦の屋根
2008/5/26 岩泉建方開始
2008/5/25 迷路
2008/5/24 運動会
2008/5/23 大黒柱2
2008/5/22 塗り壁
2008/5/21 確認
2008/5/20 太陽熱温水
2008/5/19 南畑
2008/5/19 朝の岩洞湖
2008/5/18 土壁の家
2008/5/17 煙突掃除
2008/5/17 次はネコと
2008/5/17 大の字
2008/5/16 日向ぼっこ
2008/5/15 大黒柱
2008/5/14 唇?
2008/5/13 北上の現場
2008/5/12 古民家
2008/5/11 換気口
2008/5/10 刻み
2008/5/9 天空に向かい
2008/5/8 木材選出
2008/5/7 ちば動物病院
2008/5/6 一輪車
2008/5/5 出来る事を
2008/5/4 鞍掛山
2008/5/3 お疲れ様です
2008/5/2 薪棚と物置
2008/5/1 ギャラリー
2008/4/30 清め
2008/4/29 草?
2008/4/28 北上の基礎
2008/4/27 植林
2008/4/26 披露宴
2008/4/25 斗栱
2008/4/24 原寸
2008/4/23 上田堤界隈
2008/4/22 満開
2008/4/21 清め
2008/4/20 花見3
2008/4/20 花見2
2008/4/20 花見1
2008/4/20 古民家と松
2008/4/19 サクラ
2008/4/18 南畑
2008/4/17 基礎工事
2008/4/16 清水畑製材所
2008/4/15 岩泉の青空
2008/4/14 岩手山2
2008/4/13 岩手山
2008/4/12 上田堤界隈
2008/4/11 白樺
2008/4/10 洗面台
2008/4/9 基礎配筋
2008/4/8 四人家族
2008/4/7 三和土?
2008/4/6 トラック
2008/4/5 家族
2008/4/5 間仕切り
2008/4/4 岩泉町の工事
2008/4/3 北山トンネル
2008/4/2 造り付家具
2008/4/1 誕生日
2008/4/1 順番待ち
2008/3/31 また会う日が
2008/3/30 御礼
2008/3/29 松園照明受台
2008/3/28 松園見学会
2008/3/27 夫婦山?
2008/3/26 小舞壁
2008/3/25 倒木橋
2008/3/24 吊り橋
2008/3/23 地鎮祭
2008/3/22 北澤アート
2008/3/21 風力発電
2008/3/20 卒業証書
2008/3/19 卒業
2008/3/18 丸太橋
2008/3/17 窓から
2008/3/16 岩泉
2008/3/15 左官壁
2008/3/14 古材
2008/3/13 鉄板!
2008/3/12 松園
2008/3/11 村崎野
2008/3/10 洞清水外観
2008/3/9 ご家族で・・
2008/3/8 エコワット
2008/3/7 南昌山方面
2008/3/6 姫神山
2008/3/5 性善説
2008/3/4 しだれやなぎ
2008/3/3 薪と暮らし
2008/3/2 雪解け(溶け)
2008/3/1 縄梯子
2008/2/29 杉通し柱2
2008/2/28 杉の通し柱
2008/2/27 岩泉
2008/2/26 外壁鋼板
2008/2/25 冬の夕日
2008/2/24 薪
2008/2/23 壊れても・・
2008/2/22 カウンター等
2008/2/21 竪穴式住居
2008/2/20 壁断熱
2008/2/19 製材
2008/2/18 框2
2008/2/17 四十四田ダム
2008/2/16 框
2008/2/15 風呂桶
2008/2/14 外山道
2008/2/13 岩手鉱業所
2008/2/12 不思議な屋根
2008/2/11 新月
2008/2/10 お知らせ
2008/2/9 日本一
2008/2/8 古墳
2008/2/7 ベンダー
2008/2/6 パッシブ換気
2008/2/5 自宅の雪祭り
2008/2/4 製材2
2008/2/3 熱き思い
2008/2/2 松園
2008/2/1 製材
2008/1/31 洞清水
2008/1/30 矢巾の外観
2008/1/29 岩洞湖
2008/1/28 銅板屋根
2008/1/27 天峰山から
2008/1/26 完成お引渡し
2008/1/25 TV撮影
2008/1/24 看板
2008/1/23 屋根工事開始
2008/1/22 屋根断熱工事
2008/1/21 南部鉄器
2008/1/20 上棟式
2008/1/19 薪入荷
2008/1/18 四十四田ダム
2008/1/17 杉皮
2008/1/16 松園
2008/1/15 洞清水
2008/1/14 棟上げ
2008/1/13 宿題
2008/1/12 姉と弟二人旅
2008/1/11 松園建て方3
2008/1/11 松園建て方2
2008/1/11 松園建て方1
2008/1/10 新上田堤界隈
2008/1/9 鎌継ぎ
2008/1/8 柱建て
2008/1/7 配線隠し
2008/1/6 薪温水循環機
2008/1/5 ネコのお手伝
2008/1/4 板塀
2008/1/3 日の出の続き
2008/1/2 2日の日の出
2008/1/1 新年
2007/12/31 大晦日
2007/12/30 門松
2007/12/29 乾杯!
2007/12/28 矢巾は追込み
2007/12/27 踏み切り
2007/12/26 日の出前
2007/12/25 火星?
2007/12/24 薪ストーブ2
2007/12/23 西仙北の井戸
2007/12/22 お湯が沸く
2007/12/21 玉山の刻み場
2007/12/20 冬景色
2007/12/19 岩手山
2007/12/18 作業場
2007/12/17 基礎配筋
2007/12/16 薪割り2
2007/12/15 朝日
2007/12/14 ネコは家
2007/12/13 雪道
2007/12/12 昭和初期
2007/12/11 温もり
2007/12/10 溜め息
2007/12/9 薪割り
2007/12/8 ひかり付け
2007/12/7 薪ストーブ
2007/12/6 タイコ梁
2007/12/5 雪にも負けず
2007/12/4 アイヌ犬
2007/12/3 自宅1
2007/12/2 完成見学会
2007/12/1 松園
2007/11/30 明日は見学会
2007/11/29 刻み
2007/11/28 丸
2007/11/27 お宝
2007/11/26 冬場の養生
2007/11/25 床塗り
2007/11/24 矢巾
2007/11/23 ペレットの炎
2007/11/22 戸締り
2007/11/21 基礎工事2
2007/11/20 基礎工事
2007/11/19 左官道具
2007/11/18 予定表の歌?
2007/11/17 左官
2007/11/16 落葉松90年
2007/11/15 ステンドガラス
2007/11/14 地中梁
2007/11/12 薪
2007/11/11 寂しそうな倉
2007/11/10 自主施工?
2007/11/9 高松池の紅葉
2007/11/8 造材2
2007/11/8 造材1
2007/11/7 八牧山林の杉
2007/11/6 魚の群れ
2007/11/5 矢巾の屋根
2007/11/4 薪棚
2007/11/3 煙突掃除3
2007/11/3 煙突掃除2
2007/11/3 煙突掃除1
2007/11/2 洞清水の遣り方
2007/11/1 栗と茸と猫
2007/10/31 FSC森林認証
2007/10/30 南昌荘
2007/10/29 矢巾建て方7
2007/10/29 矢巾建て方6
2007/10/29 矢巾建て方5
2007/10/29 矢巾建て方4
2007/10/29 矢巾建て方3
2007/10/29 矢巾建て方2
2007/10/29 矢巾建て方1
2007/10/28 木登り4
2007/10/28 木登り3
2007/10/28 木登り2
2007/10/28 木登り1
2007/10/27 徳清倉庫2
2007/10/27 徳清倉庫1
2007/10/26 薪ストーブ
2007/10/25 根切り
2007/10/24 煙突取付工事
2007/10/23 湧き水
2007/10/22 簡易チェンソー
2007/10/21 栗
2007/10/20 三ッ石の手形
2007/10/19 早坂トンネル3
2007/10/19 早坂トンネル2
2007/10/19 早坂トンネル1
2007/10/18 土留め
2007/10/17 壁断熱
2007/10/16 スラブヒーター
2007/10/15 影降臨?
2007/10/14 若松城天守閣
2007/10/13 郡山
2007/10/12 栗材の製材
2007/10/11 矢巾基礎2
2007/10/11 矢巾基礎1
2007/10/10 屯所
2007/10/9 栗テーブル
2007/10/8 井戸
2007/10/7 祭り
2007/10/6 OLD-TIME
2007/10/5 葉枯らし
2007/10/4 2階床張り
2007/10/3 松茸
2007/10/2 のどか
2007/10/1 浴室枠
2007/9/30 稲刈り
2007/9/29 中央通構造壁3
2007/9/29 中央通構造壁2
2007/9/29 中央通構造壁1
2007/9/28 チョウナ立て
2007/9/27 墨壺
2007/9/26 矢巾の基礎2
2007/9/26 矢巾の基礎1
2007/9/25 屋根板金
2007/9/24 日曜の上田堤
2007/9/23 今朝の山
2007/9/22 けんけんパ
2007/9/21 屋根工事
2007/9/21 屋根断熱工事
2007/9/20 屋根工事続き
2007/9/19 軒先補助断熱
2007/9/19 断熱用シート
2007/9/19 タルキ掛け
2007/9/19 あおり止め
2007/9/19 母屋の楔
2007/9/19 中央通屋根続き
2007/9/18 猫じゃらし
2007/9/17 稲穂2
2007/9/16 15日の中央通り
2007/9/15 今時の遊び
2007/9/14 14日の中央通り
2007/9/13 13日の建て方
2007/9/12 12日の建て方
2007/9/11 11日の建方
2007/9/10 柱建て4
2007/9/10 柱建て3
2007/9/10 柱建て2
2007/9/10 柱建て1
2007/9/9 虹
2007/9/8 40代と20代
2007/9/7 鉋掛け
2007/9/6 土台敷き
2007/9/5 92才と2?才
2007/9/4 92年の杉伐倒
2007/9/3 鉞(まさかり)
2007/9/2 四階倉庫
2007/9/1 道程(みちのり)
2007/8/31 雨の中
2007/8/30 井戸堀
2007/8/29 夕陽
2007/8/28 稲穂
2007/8/27 梅干
2007/8/26 日曜日 2
2007/8/26 日曜日 1
2007/8/25 オリジナル照明
2007/8/24 絲し舎 4
2007/8/23 長女と孫
2007/8/22 水遊び
2007/8/21 自由研究
2007/8/20 オカリナ
2007/8/19 オルゴール
2007/8/18 魚
2007/8/17 トンボ
2007/8/16 手掴み出来た
2007/8/15 龍
2007/8/14 お墓参り
2007/8/13 朝市
2007/8/12 絲し舎 3
2007/8/12 絲し舎 2
2007/8/12 絲し舎 1
2007/8/11 11日-4 補強3
2007/8/11 11日-3 補強2
2007/8/11 11日-2 補強1
2007/8/11 11日-1 胴割れ
2007/8/10 曲がり梁
2007/8/9 盛岡の山里
2007/8/8 樹齢92年の杉
2007/8/7 手作り照明
2007/8/6 ガラスブロック
2007/8/5 小さな見学会
2007/8/4 皆で床塗装
2007/8/3 蘇った栗板
2007/8/2 清め
2007/8/1 脱皮
2007/7/31 静寂
2007/7/30 トマト
2007/7/29 ビー球
2007/7/28 川留神社
2007/7/27 夕日
2007/7/26 屋根断熱
2007/7/25 木梁158本
2007/7/24 朝焼け
2007/7/23 古時計と約束
2007/7/22 まさかの続き
2007/7/21 まさか!
2007/7/20 四十四田住宅
2007/7/19 八尺(ハッシャク)
2007/7/18 墨付け
2007/7/17 修学旅行
2007/7/16 16日-5 曲り梁
2007/7/16 16日-4 土壁
2007/7/16 16日-3 敷居楔
2007/7/16 16日-2 床板
2007/7/16 16日-1 解体前
2007/7/14 映画館通り
2007/7/13 基礎工事
2007/7/12 中央通の井戸
2007/7/11 産直

 

   
  大工道具
 
  2011/4/11
   滝沢の刻み場では、板倉の外下屋の刻みが進んでいます。5寸巾6mの大きな材が建物の四方を廻り込むので、とても大きな建物になります。刻みは全て手作業です。毎日続けるから早く綺麗に出来るのですが、大きな材を扱うと大工道具も変化するようです。この写真は、普通のノミだと届かないので、金具部分を溶接して長くしてもらったとの説明を受けている時のものです。材に合わせて道具も工夫するのは職人の素晴らしですね。やもすると、材が悪いとか曲がっているなど云う人もいる中、無垢材を活かそうとする技量や思いは、代々受け継いで伝えて行かなければならないと思いました。
 沿岸では、津波で大工道具を全て流された職人もたくさんいると思います。今後、依頼があれば何かしたい!何が出来るか!大工は道具さえあれば何でも出来る!そんな事を考える日々です。今は、我慢と努力と辛抱と希望の繰り返しです。

※リヴァープレス社の加藤大志朗さんのブログです。
http://riverpress.exblog.jp/

※本日で震災から1ヶ月が経ちます。
 今回の大震災津波で犠牲となられた方々に哀悼の意を表すため、
 発災時刻午後2時46分に岩手全県で一斉に黙祷をささげるそうです。
 私たち杢創舎社員一同も、同じ時刻に一緒に黙祷させていただきます。
 
 
   
  鉋屑利用
 
  2011/4/10
   杢創舎の刻み場では、無垢材を毎日毎日加工するので、たくさんの鉋屑が出ます。でもそれはゴミにはならず、こうして農家さんに運びます。搬送費含めて無料ですが、ゴミとして焼却するよりはいいので、引き受けていただくだけ有り難くて運んでいます。また、刻み場の足元はこうした鉋屑が一面に敷き込まれてフカフカしています。その為、間違って道具を落としても刃物が欠ける事もありません。下の土から草が生えて来る事も無く、ホカホカして暖かいので断熱材としての役割も果たしています。端材は薪にもなるし、無垢の木で捨てるものなど一切ありません。素晴らしいことだと思いませんか(笑顔)。

ネット配信の、とある記事をご紹介します。
→宮城県仙台市で被災した会沢健二さん(NPO新木造住宅技術研究協議会・事務局長)は、3月11日の地震発生から停電になり自宅の温水パネル暖房機が使えなくなったことをきっかけに、無暖房状態で生活を始め、自宅の室内温度データを協議会ホームページで報告した。

 会沢さんの自宅は木造2階建て・延床面積約104平米、熱損失係数(Q値)は1・47と、同地が該当するV地域の次世代省エネ基準(Q値=2・4)を大幅に下回る高断熱住宅。

 震災後11日から22日までの12日間、毎朝明方には氷点下になるほどの寒さだったが、建物内は昼間の日射取得熱で温められた室温を長時間持続できたことで、無暖房状態でも室温はおおむね15℃〜16℃で、最低でも12℃近くを推移。室内では厚めのセーターに下ズボン、スリッパ履きなど着衣類の工夫により無暖房で過ごせたという。

 会沢さんは「外気が氷点下になるこの時期に暖房が使えないのは致命的なことで、灯油をどうやって確保するかに悩まされている。こんな状況で改めて高断熱住宅の性能を実感した」と話している。

※弊社のお客様で、Q1住宅を建てられたT様からも同様のご感想をいただいています。しかも、囲炉裏付きなので食事にも困らなかったとのお話でした。ゴミにならない無垢材と超高断熱の融合は理想だと思います。

※ところで、たまには音楽も聞きたいですね(笑顔)。
http://blog-imgs-45-origin.fc2.com/k/u/r/kurokuro9696/20110408172531e4d.jpg


 
 
   
  事務所入り口
 
  2011/4/9
   杢創舎事務所入り口です。震災後、多少なりの支援活動はさせていただいてまいりましたが、殆どが個々の小さな行動しかできないまま、もう一カ月が過ぎようとしています。しかも一昨日はまた大きな余震で停電となりました。その電気が予測より早く点いた時の嬉しさに、電気の有り難さを実感しました。私たちは、何が有り難いのか感謝の思いを一度整理して、だからこそ大切に使用する事や節電する事を学ぶ必要があるのかもしれません。いずれにしても、私は朝が早く、設計の中野は夜が遅く、どちらにも属するのが藤原や田村です。ほどほどが専務となりますが、家事洗濯を考えると一番働いていると思います。なので、支援物資の待ち受け時間は朝から晩まで18時間以上あります(笑)。でも、小さな支援に加えて会社ごとできる事をと思い、林業新報に掲載されていたある取組をみて岩手県に電話しましたが、その後1週間が経過してもなんの連絡もありません。枠を超えた取り組みを必要としている被災地と、枠の中で縛られる支援側を横目に、まッいいか〜ぁ、今後も個々人の小さな支援活動で出来る事を頑張ろう!と思うのでした。
 19日以降から昨日までの日記では、その個々の支援活動のご報告を書かせていただきましたが、支援物資を届けていただいた皆様に再度御礼申し上げます。引き続きお願い申し上げます。もしも、よろしければ、桜川ちはやさんの絵本を届ける活動や極真会館さんの支援活動に一関のスタジライフさんの事など目を通していただければ幸いです。二戸のお客様も沿岸に色々な物資を届けたとのメールも以前いただきました。皆さんが出来る事を出来る所で行う、また「一隅を照らす」のごとく日々の仕事や生活を普通に行う行為もまた必要です。そして、変え行くのは今から直ぐに行えるものからですね。まずは節電を頑張ります。

※今日は、「現場便り」のコーナーでご紹介している動物病院のお施主さまのお引っ越しです。東北自動車道も4号線も一部通行止め区間があるので心配ですが、運送屋さんがなんとか頑張ると話してくれたそうです。う回路を調べながらになると思います。色々なドラマが色々なところにありますね。何事も無き事を願いながら待ちます。
 
 
   
  停電復旧
 
  2011/4/8
   15時、昨晩からの停電が復旧しました。早速メールを開くと、本宮のお客様から支援物資と義援金をお届けできたとのメールと、本日納めた杢創舎作成のテーブルの写真が添付されていました。

お客様からのメッセージです。
→只今陸前高田と気仙沼の四カ所に物資届けてきました。陸前高田は水道がまだ復旧していなく、かなり時間がかかるようで、今回支援でいただいた水は助かったみたいです。あと子供用自転車はかなり喜ばれました。街灯もないとろこ走り回ってました。
 気仙沼の友人のとこは電気が昨日通電したそうです。家族が多いので生活物資はかなり助かりました。みんな仕事がなくボランティア活動しているようです。
 友人、私からなんですが今回沢山の支援物資や寄付を提供してくださいまして、ありがとうございます。

杢創舎の澤口からも御礼申し上げます。
→本宮完成見学会場へ支援物資や義援金をお届けいただいた皆様、本当に本当にありがとうございました。ご恩に、感謝御礼申し上げます。それから、岩手・木質バイオマス研究会事務局の浜津様、自転車喜ばれましたよ!情報を廻していただいて、ありがとうございました。

 私は直接関わっていませんが、木質バイオマス研究会の皆様の活動をご覧ください。
 →http://wbi.main.jp/

 ※今回は高橋大工作成のケヤキテーブルです。1000x2000豪華!
 
 
   
  新人入社
 
  2011/4/7
   震災後、雇用解雇や内定取り消しなど寂しい話題も多く、何も出来ない悔しさを感じる事もありますが、新春から弊社にも新卒採用の大工志願者が入社しました。学校が大船渡だったのですが、卒業式が3月11日の午前中だったそうです。未曽有の震災時は盛岡に戻る途中だったので津波からは逃れる事ができましたが、友人の中には巻き込まれた人もいて、悲しい旅立ちになってしまいました。それでも、4月を待たず早々3月24日から自主出勤して頑張り始めました。基本を学校で学び、技能オリンピック岩手代表を務めただけあって、入社日から直ぐに刻みに取り組んでいます。しかも、遠山棟梁に「そうでェねェッ!」とビシビシと鍛えられながら頑張っています(笑)。初仕事は、高松の新築工事です。

 昨日は、専務と二女と三女の三人で、支援物資の仕分け作業のお手伝いをしてきました。またまた極真会館岩手盛岡道場さんですが、被災地では毎日生き物の様に必要な物が変わります。それは、今後も長く続くと思われます。まして、なかなか自分から言わない東北気質で我慢してるに違いありませんから、根気強く私たちも出来る事を長く続ける必要があると思います。

※桜川ちはやさんからのお願いです。

今、「3.11絵本プロジャクトいわてhttp://www.ehonproject.org/iwate/index.html
のボランティアをしています。
被災地に絵本と読み聞かせ、朗読に出かけています。
まだ、始まったばかりですが、4万冊の本が全国から届いていて、これから被災地を回ります。
この大震災で生き残ったこの命を何かに役立てなければと思います。
先日宮古山田へ行ってきました。わたしのブログでUPしていますので、ご覧ください。
ブログ ちはや草紙〜虹色の巻 http://i33.cocolog-nifty.com/chihaya/
絵本の他に、おもちゃや文具も届いています。
もし、お知り合いの方で、絵本その他必要とされていらっしゃる方があれば、ぜひ中央公民館までご連絡下さい。
被災者向けのチラシも作りました。添付します。
よろしくお願いします。
 
 
   
  無垢材と家具
 
  2011/4/6
   欧州家具と日本家屋と云った時に、何の違和感も無く当初から合わせられると思う人はどのぐらい居るでしょうか?私は当初から大丈夫と思っていました。加えて、ここにちゃぶ台があっても良いとさえ思うのです。人の方が決めつけただけ無垢材を誤解する気がします。割れたり反ったり凄い時は大きく穴が開いたりとしますが、これが本当に欠点なのでしょうか?直せる凄さが根底に潜んでいます。そして、本物の家具も直しながら長く使えます。誰かが本物と呼ばない物でさえ、手を加えれば再生して使えます。難題は既製品と呼ばれる代物で、これらはいささか困難です。直せない物と限定すれば福島原発が直ぐに脳裏に浮かび、困難に苦しむあまりに多くの皆様を思うと辛くなります。本物=再生できる物、再生=ゴミにならない物、ゴミ=人間の価値観が生み出すと連想しながら、清明を迎えた季節感の中で、明日に向かい清々しく進みたいものです。
 話しは代りますが、先日専務がお世話になっている、ジュディー・ワンさんをご紹介させていただきましたが、HPのみ見ると専務はモヒカン?系か?と誤解されるかも(大笑)・・・意外や近所のおばあさんもきているそうで、押しつけが無く優しい美容室さんです。それでいて、何でも出来る所がプロです。素晴らしいです。

http://blog.livedoor.jp/judy619/

※現場便りのコーナーでは、すご動物病院のご紹介を開始させていただきました。

また、森からの陸前高田情報もあります。
 陸前高田市では現在把握しているだけでも38カ所の避難所で生活されている方がいらっしゃいます。避難所と言ってもお店や民家に数十人での避難生活を含み、そのような避難所には支援物資が行き届いていない現状です。そこで、避難されている方から直接話を聞き、必要な物を届ける活動がスタートしたそうです。現在、現地で不足しているのは、女性用下着(新品)、ベビー子ども用品、生活用品との事だそうです。
 郵送等で物資を送りたい方は、下記の連絡先に送っていただければ避難されている必要な方へ届けます。

スタジオライフ
TEL 0191-75-2776
FAX 0191-75-2776
郵便番号 029-0523
住所 岩手県一関市大東町摺沢字新右エ門土手2−3
E-mail st-life@agate.plala.or.jp
 
 
   
  家具との調和
 
  2011/4/5
   先日は、クラブエイトさんの家具が納められてからの完成見学会でした。近所のおばさんに、これでは照明が足りないでしょう!と何故か怒られ(笑)、スタンドを触りながら「ここ・・これッ・・これが・・あるんです」とたどたどしく云いましたが、まっいいか〜「そうそう、足りないかもしれませんね。」と胸を張ると(笑)、「年寄りには暗い」とガッツン!と言われて、「でで・・でも・・・省エネにはなります〜」と話しながら、とても厳しい追及の1時間の間(笑)、気が付くと最後に笑いながらお辞儀をして帰られました。そう云えば、会話の中で「こんな立派な木はもったいなくて使えない」と言われて「いえ、岩手の山の木はみんな立派です。でも、普通に購入した材の中で適材適所使い分けると、今ここに見える材全てが出会いであり、私のみたての配置です。二度と入手が出来そうもない大黒柱も・・・」こんなたどたどしい説明を繰り返しているうちに、何故か笑顔が膨らんでいました。本物の無垢材の成せる技です。
 家具との調和を成した向こう側に聳える大きなケヤキの大黒柱、住まいを支える赤松の太く逞しい姿、子供たちの明るい笑顔、ふりそそぐ太陽の温もり、岩手は素晴らしい!そんな気持ちになります。世界一の環境王国を目指す術が既に整っているようにさえ思われます。自給自足ができて、山も海も綺麗に手入れされた自立循環型環境都市、過ぎたるを知り分けあう心の備わる国人の町。復興に向かい勇気と希望が溢れる国土にある幸せを今は心に留めて、支援の輪を届ける微力な行為をコツコツと続けます。

 昨日は、お客様から地震時の見回り御礼をいただいてしまいました。わざわざ事務所に届けてくださったのですが、中には羊羹と一緒に封筒があって、直ぐ様義援金と分かりました。記帳も何も無く、見返りも有り得ないのになんと有り難い事でしょう。大切に、お届けさせていただきます。

写真の家具は、クラブエイトさんです。
http://www.club8studio.jp/

※照明器具は天井にだけ必要とは限りません。壁だけでも、スポットライトだけでも大丈夫な場合があります。手元に移動式の照明器具があるだけで十分な事もあります。蝋燭の灯りから電気へと進化した時代を今こそ、見つめ直して良いところを融合させる方法があると思います。今後は、「何W」使用しているかを考える時代になると思います。身の回りに案外知らない事が多くあるほど、豊かに暮らして疎くなった感覚を直さなければならない気がします。どうか、福島原発の悪い行方が治まりますように・・・
 
 
   
  二回目の更新
 
  2011/4/4
   本日二回目の更新です。本宮の完成見学会会場の中にも、次第に増え続けた支援物資の品々です。宜しければ、スクロールさせて下の「ありがとうございました。」の方も、目を通していただければ幸いです。
 加えて、本日もお米や子供服に台所用品のご支援を、ジュディー・ワンさんからも託されました。専務がお世話になっている美容室さんです。

http://blog.livedoor.jp/judy619/
 
 
   
  ありがとうございました。
 
  2011/4/4
   昨日は、本宮の完成見学会でした。そして、玄関の下足箱に置かれた義援金箱や支援物資受付の張り紙・・・ご来場される皆様の絶える事のない、どこかで人の話し声や笑い声に子供の走り回る音のする10時〜15時でした。岩手・木質バイオマス協会事務局さんのご紹介で自転車2台も届きました。「中を見る時間がないけど」と、見学ではなくご支援の封書を届けていただいた方もいらっしゃいました。お施主様のお人柄に違いありませんが、お施主様のご友人や職場の同僚の皆様も大勢ご来場いただいて、たくさんのたくさんの支援物資や義援金が託されました。商品だと思うのですが、クラブエイトさんからも素敵な座布団が届けられたり、杢創舎でお住まいを建てていただいたお客様の突然のご来場とご支援もいただいて、あ〜・・ッ、私の日記を読んでいただいたのだ・・と思うと、とても有り難くて、感謝の思いが込み上げてきます。そして、現在建築中のお客様や計画中のお客様に、これからのお住まい造りの計画を検討されている方も、他所で建てる予定の皆様も皆さんが素晴らしい方々で、支援の心に感激の連続でした。お一人お一人に後日御礼するべきですが、まずはこの場をかりて感謝御礼申し上げます。ありがとうございました。
 最後に、電設資材を購入している会社の菊池さんは、毎回見学会に来場してくれます。今回は友達を誘ってくれて嬉しかったです。毎回と云えば、一戸製材所の専務さんも同様で、毎回お土産付きでこれまた嬉しいです。こんな見学会ができるのは有り難いですね。お施主さまに心から御礼申し上げます。

クラブエイトさんのホームページです。
http://www.club8studio.jp/

今回もまたまた、極真会館さんからのご支援をいただきました。
極真会館岩手(盛岡)道場さんのホームページです。
右下にブログがあります。
http://www.kyokushin-iwate.com/

また、森からの情報もあります。
 こちらにも陸前高田方面への支援情報が来ましたのでお知らせします。陸前高田市では現在把握しているだけでも38カ所の避難所で生活されている方がいらっしゃいます。
 避難所と言ってもお店や民家に数十人での避難生活を含み、そのような避難所には支援物資が行き届いていない現状です。今回、陸前高田市に隣接する一関市大東町の有志でそのような避難されている方から直接話を聞き、必要な物を届ける活動を少しですがスタートしたそうです。今後、物資のほかにも「心のケア」を含めた長期にわたる活動を進めていきたいとのことです。
 現地で不足しているのは、女性用下着(新品)、ベビー子ども用品、生活用品で服などは飽和状態だそうです。
 郵送等で物資を送りたい方は、下記の連絡先に送っていただければ避難されている必要な方へ届けます。

スタジオライフ
TEL 0191-75-2776
FAX 0191-75-2776
郵便番号 029-0523
住所 岩手県一関市大東町摺沢字新右エ門土手2−3
E-mail st-life@agate.plala.or.jp

 
 
   
  災害支援のお願いです。
 
  2011/4/3
   昨日と同文ですが、本日は本宮の完成見学会です。もしも宜しければ、陸前高田や気仙沼方面で被災された方のご支援にご協力いただけませんでしょうか?
 
 お施主さんのご友人が家を流されて、家族20人以上で避難生活されているそうです。小さな見学会の会場だし、個別な方への支援でもあり、何の見返りもないと思うのですが、皆様ご存じの通り、まだまだ支援が行きとどかない方面の情報を聞くと、本当に本当に大変です。なので、今回も行き先は個人宅の避難所と決まっています。

 しかも、こうして書いてしまうと、何か出さないと見学に行けないと思われるかもしれません。逆に、よし行こう!と思ってくださる方もいらっしゃるかもしれません。なので、ご支援いただければ心から嬉しいですし、今回はご支援が無くても他で何かされていると思うので、全く気にしません。応援の一言だけでも嬉しいです。

 もしも宜しければ、どうかよろしくお願い申し上げます。

 
 
   
  災害支援のお願いです。
 
  2011/4/2
   明日は、本宮の完成見学会ですが、陸前高田や気仙沼方面で被災された方のご支援にご協力いただけませんでしょうか?
 
 お施主さんのご友人が家を流されて、家族20人以上で避難生活されているそうです。小さな見学会の会場だし、個別な方への支援でもあり、何の見返りもないと思うのですが、皆様ご存じの通り、まだまだ支援が行きとどかない方面の情報を聞くと、本当に本当に大変です。なので、今回も行き先は個人宅の避難所と決まっています。

 しかも、こうして書いてしまうと、何か出さないと見学に行けないと思われるかもしれません。逆に、よし行こう!と思ってくださる方もいらっしゃるかもしれません。なので、ご支援いただければ心から嬉しいですし、今回はご支援が無くても他で何かされていると思うので、全く気にしません。応援の一言だけでも嬉しいです。

 もしも宜しければ、どうかよろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  完成見学会
 
  2011/4/1
   震災から20日が過ぎて今日から卯月です。春の息吹がいよいよ萌え出す筈ですが、まだまだ続く寒さに被災地の困難が目に浮かび辛くなります。地震の電磁波で空も影響を受けているとしか思えませんが、いかなるものなでしょう?
 1000年前の大災害の時は、津波の他に火山の噴火も誘発した記録が残るそうです。私が作成したセミナーの資料には、宮城県沖地震の確率は99%と書いてあります。事ある度に地震が来るので強くて柔軟な構造を!などと話し、今年の年明けには社員に地震が来るかもしれないと話したそうです(自分で忘れているのですが・・・)。毎年云うのだから何時かはそうなる筈なのですが、津波の事は一度も口にした事がないのは内陸に暮らすからであり、自分の考え不足で及ばない自然の脅威や、人の命に向ける思いのあまりの多さに心が軋みます。それでも、時の流れは止まる事無く流れ続けています。打ち返す波も無く、堰き止める壁も無く、逆流する事も無く、留まる事無く永遠に永久に流れて行きます。留めるものは「3・11」心の中にあり、生き方を変える事が、私たちの代りに亡くなってしまった方々への思いの向け方ではないだろうか?とさえ思えます。お米やお水がある事に感謝し、大地に感謝する事を私は忘れていました。電気が無いと何もできないことも忘れて、本気で省エネに取り組んではいなかったのではないか?とも反省します。人への感謝も同様です。だからこそ、前を向いて明るく元気に頑張ろうと思います。
 そこで3日(日曜日)、本宮の完成見学会を予定させていただきました。突然のご来場でも有り難くご対応させていただきますが、ご予約いただく事が可能であれば、駐車場を確保させていただいております。また、「現場便り」のコーナーでは、掃除中の写真ですが、雰囲気がわかる写真を掲載させていただきましたので、よろしくお願い申し上げます。

※APの改修も面白くできてきました。
 
 
   
  無残なる故郷
 
  2011/3/31
   今日で3月が過ぎ行きますね。今ラジオで、松山千春の「青空と大地の中で」が流されていました。また、朝日新聞では瀬戸内寂聴さんの無常観が書かれていましたが、読んでいると偶然にも「どん底は続かない!」と題されているとラジオでも紹介されました。次に、更なる地震の発生に関しての説明が続きます・・・なんとも嫌な話が放送されていますが、治まる事を祈ります。いや、願います。

果てしない大空と広い大地のその中で
いつの日か 幸せを
自分の腕でつかむよう

歩き出そう 明日の日にふり返るには まだ若い
ふきすさぶ 北風に
とばされぬよう とばぬよう

こごえた両手に 息をふきかけて
しばれた体を あたためて

生きる事が つらいとか
苦しいだとか いう前に
野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ

こごえた両手に 息をふきかけて
しばれた体を あたためて

生きる事が つらいとか
苦しいだとか いう前に
野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ

こごえた両手に息をふきかけて
しばれた体を あたためて

果てしない大空と広い大地のその中で
いつの日か幸せを 自分の腕でつかむよう
自分の腕でつかむよう

 実は、この歌は専務と共に過ごした学生時代に流行りました。当時は専務と話す事はあませんでしたが、この写真の小本は、専務が幼いころ過ごした故郷です。この無残なる町を母と共に歩く事など予測もできなかったと思います。つい、自分の方の事ばかり優先してしまい反省しているところです。町は不幸の中でも元気でした。復興に向かい頑張ってください。何かがしたい!そう思うこの頃です。
 
 
   
  防波堤崩壊
 
  2011/3/30
   津波の持つ破壊力のすさまじさは、地球や自然への畏敬が足りない人類の驕りを示してさえいるかのような怖さを感じました。なぎ倒された戦後65年の歩みを見つめ、子供ながらここにコンクリートの固まりが出来て、綺麗な海水浴場が無くなり、松島まで舟で向かう祭りもなくなった事を嘆いた≒25年前を思い出してしまいました。小さい頃、今は亡き父親に抱かれてサッパ舟に乗り、大量旗をなびかせて離れ小島に向かう祭りに心躍らせた事を思い出します。そして、被災地の一つでもある島の越から戻った翌29日の朝方、とうさんの夢を見たと思っていたら、つくばの弟から「今日はとうさんの命日だね〜」との電話・・・ヤバ!何と忘れていた・・・と慌てて仏壇に向かい手を合わせて、お詫びになってしまいました。
 テレビで放映される、明るい希望の光となる子供たちの姿に励まされます。彼らの中にもご両親を亡くされた子もいると思うと辛くなりますが、3月11日は忘れる事のない日になる事でしょう。それは誰もにも同じで、被害の違いは確かにありますが、だからこそお互い共有しあいながら、人としての思いやりの心を取り戻し、自然への畏敬の念を忘れずに、今までを反省してこれからの明るい未来を造り上げる使命を感じなければならないと思います。
 愛和団結出来るように、さぁ〜頑張ろう!

※現場便りや改修工事のコーナーも毎日更新しています。宜しければご覧ください。
 
 
   
  島の越
 
  2011/3/29
   本日2回目の更新です。昨日お見舞いしてきた母の本家がある島の越です。港は全て壊滅状態で、三鉄もこの通りです。地震ではなく、津波で壊されました。

※極真会館岩手道場指導員の松村さんが、明日と日曜日に大船渡・陸前高田方面に支援物資を届けに向かうそうです。何か託されたい方や安否確認のお願いなどありましたら、メールしてみてください。

極真会館岩手(盛岡)道場さんのホームページです。
http://www.kyokushin-iwate.com/

※現場便りや改修工事の方も日々更新中です。
 
 
   
  保険センター
 
  2011/3/29
   昨日は、島の越〜小本そして岩泉町役場と廻りました。島の越地区は小さな部落ですが何度も海水浴に家族で遊びに来たところなので、元の風景を知り尽くしているだけに身震いしました。完全壊滅です。陸橋も崩れていて、海岸の防波堤が完全になぎ倒されていました。10mをはるかに上回り、20mに達する津波が押し寄せたとしか思えない場所にまで、瓦礫が打ち上げられていました。漁師の伯父さんは、私の母の弟ですから年齢的にも再起に立ちあがる元気がなさそうでした。でも、本当に間一髪で家の前まで押し寄せた津波から難を逃れ家も残ります。応援するからと話して戻りましたが、電気もガスも水道もまだ出なくても、家のコタツに夫婦二人で丸くなっていた姿が忘れられません。やはり、「今日から家に住む」と話していたと、叔母さんから専務が後から聞いたそうです。ただ、「家が残るので何もいらない大丈夫」と言われて支援物資はほとんど渡せませんでした。
 次に、小本で浸水しながらも何とか家が残った専務の伯父さんのお見舞いに向かいました。小本ではちょうど昨日水道が復旧したそうです。残った町内では、自宅の片付けや掃除をしている姿があって、残念ですが映像的には消滅した所との対比が鮮明でした。それでも、復興に向かう姿は活気があって何も出来ないながら、自分も何か手伝いたいとの気持ちに溢れました。盛岡からだと、今はお見舞いや物資を届ける事しかできませんが、建築という立場を有効に役立てる別な形での支援が出来ないだろうかと、今後への思案に全力を傾けたいと思います。ただ、避難場所がどうやら商店を営む親戚のお宅でしたので、これまた支援物資をあまり渡せませんでした。この様に、現地に行かないと分からない事が多々あります。
 そこで、次に岩泉町役場に向かい、岩泉町のお客様と何とかお会いする事が出来ました。そして、紹介していただいた保険センターに行くと、「現場で働く消防の人達にも渡せるから」とパンなど既に支援食品も沢山あるなかで、「有り難いです」と全て受けとっていただきました。やはり、電話で窓口に問い合わせるより、現場で臨機応変に対応されている職員さん達の方が、本当に必要なところへ廻してくれそうです。人から人へ託すその思いは必ず届きます。小さな輪が、あちらこちらで繋がり、そして地域や県そして国と、大きな輪とも上手くかみ合うには、不平不満を持たずに先に動く事が有効だと感じるこの頃です。
 物資の中には洗剤もありましたが、避難所で暮らす方々のこれまで普通に生活してきた筈が、一度に全て無くなり、こうして集団生活の場所が決まると、食事洗濯(入浴)は毎日欠かせませんから、洗濯機の順番を待つなど自由勝手には出来ない大変さが次第にストレスにもなりそうです。今、盛岡で暮らす私たちは、いや岩泉町内で暮らす人達でさえ、まだまだ幸せです。これは不足を言ってはいられません。
 保険センターの入り口に大阪の水道水が沢山置かれていました。水の町岩泉にも、水の支援物資が届くのですね。確かに各地域平等に配布されているようです。でも、岩泉町は龍泉洞地底湖のある、水ならどうにかなる町ですから、今後はこうした有事の際に上手く機能が働く取組を平穏無事な時に取り組む事も必要そうです。断水すれば岩泉町でも水の支援は有り難いと思うので、この大阪の支援に対する話では無く、そうした事も不要とできる対策も簡単に出来そうに思えて、今後は省エネも含めて地域の防災への備えは取り組めることが多くあります。復興へ向かい頑張りましょう!(原発だけはこれ以上被害が出ない事を願います。)
 救援物資をご支援いただいた皆様、心より御礼申し上げます。無事被災地へ届ける事が出来ました。ありがとうございました。そして、これからも引き続きよろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  支援物資2
 
  2011/3/28
   26日は、4人のお客様から支援物資を託されましたが、27日も多くの皆様がわざわざ届けてくださって、たくさんお話を聞かせて頂く事もできて、感謝と嬉しさと驚きと色々な事がありました。八幡平市のKさんは、家を建てた時からこうした事態を予測して薪と灯油兼用ボイラーを選択したので、停電でもあまり困らなかったそうです。そして、普段から取り置いた非常時用の生活用品を届けてくださいました。これには、勉強になりました。そう云えば、西根から北のガソリンスタンドはあまり並ぶ必要が無いそうです。4〜5時間並ぶのであれば、少し考えてもよさそうですね。
 木材業界の若手の皆様からも多くの支援品を託されました。Mさんのお話を聞くと、流通センターのガソリンスタンドも比較的早い給油がしてもらえるそうですね。ただ、会員優先だそうです。またOさんの会社では、緊急で4月10日までに杭を3万本準備しなければならないそうです。1日1000本の杭を造るなど想像しても大変です。被災地の仮設住宅に向かうとの事なので、頑張るしかありませんが、燃料などの不足の為に大変です。今後何に頼り、何を変えなければならないかが、なかなか見えないながら、感触はありますね。
 午後には、素敵なプレゼントと共に可愛いお子様と初対面できて元気をいただきました。抱き締めたかったけど、マスクをしている身の上だったのでカメラを向けるだけで我慢しました。ご家族で来社いただいたのですが、奥様は家を流されたご友人に衣服などを分けてあげたそうです。今後はそうした応援が必要になりますね。
 夕方は、Hさんご家族からパンが沢山入ったダンボール箱を託されました。そして、息子さんが私に元気ハツラツドリンクを手渡しで・・・ヨッシ!元気を出して被災地に届けてきます。ありがとうございました。それでは、行ってきます。

極真会館岩手(盛岡)道場さんのホームページです。
http://www.kyokushin-iwate.com/

今朝ラジオで紹介していたので添付してみました。
http://www.kunizakinobue.com/jishinonegai4.pdf
※私も子供たちのお下がり長靴ですが、一応支援車両に積んでみました。
 
 
   
  支援のバトン
 
  2011/3/27
   金曜日に、極真会館空手盛岡道場の松村指導員さんから託された支援物資を、森に確かに渡しましたので、全国の極真会館の皆さまからの思いは、確りとバトンタッチされて石巻に向かいました。しかし、森は朝からガソリンスタンドに並びましたが10リッターしか入れて貰えなかったそうです。残念ながら、まだまだ普通に戻りません。ガソリンに関しては、皆さん疲れていませんか?もう少し、もう少しと云いながらですが、仕方が無い頑張りましょう!
 昨日は、Mさんがわざわざ支援の品々を届けて下さいました。何故かヒートポンプから煙が出て壊れた?Kさんの点検に藤原がお伺いすると、粉ミルクを一缶託されました。私は、午後からの地鎮祭時に、Oさんから支援物資を託されましたが、そのOさん宅の庭木の移植を相談しに細田造園のSさん宅に伺うと、思いがけず缶詰など袋一杯いただいて、思いの連鎖に驚いて感謝感激しました。メールや電話もあって、今日も支援物資が事務所に届けられる事になりました。私の日記も、少しは役に立てて嬉しいです。支援方法は色々とありますから、出来る事を出来る所で行う事が一番いいと思いますので、私は託されたお心を、被災地で今必要としている方々に届ける事を、頑張りたいと思います。

極真会館岩手(盛岡)道場さんのホームページです。
http://www.kyokushin-iwate.com/
 
 
   
  支援物資
 
  2011/3/26
   27日に石巻、28日に田野畑へ向かう事を話したら、極真会館岩手空手道場の指導員、松村典雄さんが支援物資を積んでわざわざ届けてくださいました。秋田道場さんからは、ダンボールの箱に応援メッセージも書いてあります。それを見た(そこに居た)藤原や税理士の先生も涙が出そうと話しています。後から、松村さんのブログを読むと、パンを奥様と二人で並んで購入してくれたそうです。しかも、冷たく一人三個限定と言われたり嫌な思いをしながらも店員さん何人かと掛け合い、無論それは無理で最後に並んで・・・そう、震災は時に人としての行いの中で精神的な辛さを体験する事があるようです。それでも、前を向き、明るく振る舞い、人を憎まず、逆に励まし声を掛け合いながら助け合う心を養ってくれます。そうした思いをしながら届けてくれた六個のパン、しかも何も言わずに渡してくれたのです。私が偶然ブログを読まないと分からなかった事です。有り難さを感じて、もう一度このパンが入った袋を手にすると、ズシッとした重さ・・・お預かりした時と違い、まるで別な物に感じます。しかも、暖かさを伴い、とても大切なパンだと思えるのです。27日は、森君が石巻の友人に届けます。28日は私が田野畑に向かいます。極真会館の皆様、本当にありがとうございました。みなさんのお気持ちお心を、届けさせていただきます。

岩手道場のホームページです。
http://www.kyokushin-iwate.com/
 
 
   
  自転車屋さん
 
  2011/3/25
  ※27日、森君が石巻まで食料を届けに行くそうです。友人からお願いされたそうですが、まだまだ食糧不足で大変だそうです。。どなたか救援物資のご協力いただける方は、26日までに弊社までご連絡のほど、お願い申し上げます。
※来週は、私が田野畑方面に行きますので、支援物資がもしも26日積めなくても、その次の田野畑には届けられますから、もしも宜しければお願いします。

 タイトル通りの写真です。昨今の自転車屋さんは大忙しだそうですね。「こんにちは〜ライトの修理お願いします。」と入って行くと、お母さんがニコニコして「はいはい」と腰をかがめながら自転車を受取り、お父さんに目で合図をすると、お父さんは無愛想で手で指図するのですが、呼吸がピタッツと合っていて、そのまま直ぐ新しいライトに交換してもらいました。お父さんは、最後に満面の笑顔で「このライトは良いよ〜」・・・「そうですね、ハイ」と答えながら、吊るしてあるのは3個だけで全て同じものだから、もともと選ぶ事は出来ません(笑)。でも、本当に親切で気分良くなるサイクルショップ「ナカハタ」さんです。高松3丁目の高松地下道付近にお店があります。この後、息子と二人でお互い自転車に乗りながら、高松の池経緯で自宅に戻りました。


ひと・環境計画の濱田さんから、友人繋がりのメッセージが届きました。
    グラフックデザイナーの高橋 剛さんの応援サイトです。

    http://www.nokoribumi.net/ganbare/index.html

    以下、高橋さんのメッセージです。
   
メッセージ
”ペイ・フォワードをしましょう。何でも良いから震災の為に1つ、
出来る事を探し、必ず実行しましょう。1日1回でもかまいません。
1つの事をずっと続けるのもいいでしょう。
必ず大きな動きになります。いつのまにか知らずに良い方向に向きます。
でも、今行動しなくてはいけません。今行動する事に意味があります。
日本人の為に、日本人が祈り、日本人を助ける事で、無くしてしまった
「日本人の心」が少し取り戻せるかも知れません。
誰の国でもありません。私たちの日本です。
「国を愛する心・日本人の文化」を思い出し、今までの日本を
切り替えるチャンスです。”
 
 
   
  鉄板ストーブ
 
  2011/3/24
   岩手・木質バイオマス協会さんから、被災地へ向けてダルマストーブの提供の呼び掛けがありましたので、一応準備したのですが混乱しているようで?結局一度しまう事になってしまいました。中古でも良いとの事でしたが、中古品は既に津軽石に釜と共に届けたので、ホームセンターで最後の1品を購入してなんとか準備したものです。そこで、まずはこの曲がりは換気のジャバラの切れ端です。煙突を固定する為の鉄筋も残材で、結束線が役に立ちます。ネッ面白いでしょう(笑)、何でも役に立つのです。おまけに、金槌やハッカもセットして念入りにしましたよ(笑)。しかし、暖が必要な今が一番活躍する薪ストーブで、お湯を沸かしたり煮炊きも出来る筈なのに、直ぐ様被災地に届かないのは非常に残念ですが、仕方が無いですね。何があったのかな〜?
 話しは変わりますが、私の母の実家は田野畑村の島の越ですが、やっと避難している伯父さんと直接携帯電話で話しが出来ました。何もかも無くなり、残ったのは40軒程度ではないか?という事です。普段無口な伯父さんが、30分一気に次から次に現状を話してくれました。何もかも流されて無くなった人と、かろうじて家が残った人双方が居た堪れない気持ちで、心のケアも必要そうです。未だに立ち入り禁止区域で、ライフラインは全て断絶状態で復旧の目途は立ちません。田舎のまた田舎と言える地域は話題にも出にくいのですが、手当が付くのは最後の方かもしれません。近日中に必ず行くからと話して、電話を切りました。こんな会話をする事になるとは・・・今、目の前を蜘蛛が歩いています・・一度上げた手を下ろして脇に逃がしました。命あるものの営みは、地球という惑星の中では共にあります。原発が何とか無事で、福島の人達の、近隣県の人達の、いや日本の平和が守られますように、世界各地の戦争が良い形で一刻も早く終息しますようにと、願わずにはいられません。祈りこそが、今一番必要な気がしています。
 
 
   
  宮古藤原埠頭
 
  2011/3/23
   19日の宮古藤原埠頭です。津波で押しつぶされた車両が何百台?でしょうか集められはじめていました。余震がまだまだ続く中、復旧へ向けた動きが進められています。でもそれは、大きな力で進む公共の取り組みですが、小さな力でこつこつと取り組む復旧はまだまだ先が見えず呆然としてしまいます。いや、大きな力さえも同様に、何から手を付けたら良いか分からず、ただただ目的無く片付けているかのようにも見えてしまいます。
 盛岡各地でも、支援物資の受付搬送も行われているようですから、この日記をご覧のみなさまも、出来るだけ近い所を見つけてご支援されていると思われますが、極真会館岩手道場さんも色々と取組んでいるようなので、一度ホームページなどご確認いただければ幸いです。
http://blog.livedoor.jp/kyokushin_iwate/

盛岡木材の塩谷さんが参加している「SAVE IWATE」は下記です。 
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032101000459.html
 
 
   
  救援物資
 
  2011/3/22
   19日に届けた救援物資の品々です。お米の他に野菜やお味噌などが近所の植野工務店さんから託されました。他に、写真左上に見える籠のなかには、お釜があります。解体現場で捨ててあった物を、一度も使う事無く取り置いたものですが、何時か役に立つと思っていたらこんな時に届ける事になるとは思いもしませんでした。木の蓋も付いているので、薪でご飯を炊く事も可能です。そこで、古いダルマストーブも煙突付きで届けました。錆びていて見た目は悪いのですが、電気もガスも使用できない時は薪が役に立ちます。煙突を固定する鉄筋と結束線にハッカ(道具)までをセットしました。こうした時は、大工道具ほど役に立つものはないのではないかと思います。それと見学会で使用していた軍手などもお届けしました。小さな支援と大きな支援が上手くかみ合えば尚良いと思いますが、それにはまだまだ時間が必要だと思います。今は、被災地から直接届く生の声に対応できるようにする事が精一杯ですが、これからも頑張りたいと思います。
 
 
   
  静かさの中で
 
  2011/3/21
   地震と津波が引き起こした大き過ぎる被害の支援活動に、皆が努力しています。極真会館岩手道場の方々も、指導員の松村典雄さんをはじめ皆様支援活動に奔走しているとのメールが届きました。お願いすれば色々と届けてくれるそうです。盛岡木材紹介の塩谷さんも「SAVE IWATE」に参加しているという事でした。他にも、多くの人達が出来る事を出来る立場で行っていると思われます。声を掛け合い、時には頑張り時には休み時には笑いながら、復興に向けて立ち上がりましょう!その前にまずは地元の消費の為に宴会!というメールも届きました。それも良いですね。自分の仕事を頑張る事さえも支援になります。一つの家が明るく楽しく暮らす事が無ければ、支援そものが出来ませんから、新居へのお引っ越しも必要ある行為だと私は思います。「祈り」や「思い」は通じます。近所では100円カンパの封筒が廻っていました。今は静かな自然に見守られながら、支援の輪が広がります。春の足音も聞こえます。静かな朝の、空気の中で・・・
 
 
   
  届けましたが
 
  2011/3/20
   お米届けてきました。津軽石に付くと、お米を置いた場所は車の荷台です。近所に運ぶつもりだと分かります。上田堤の植野工務店さんからは、野菜やお味噌など沢山支援食材を託されました。岩手林業新報の酒井さんも一緒に向かいましたが、途中甲斐谷建築さんにも立ち寄り無事が確認できました。手渡したのは、「家と人。22号」新刊です。疲れ切った顔をしているのが印象的で、心の中では応援の言葉が出るのですが、口元になると思い通りになりませんでした。作業場は機械関係など濡れてしまい使えないそうです。その後、酒井さんの誘導で色々な木材加工工場などをお見舞いしながら廻り、藤原埠頭にも行きましたが、壊滅状態でした。
 写真は、宮古から津軽石に向かう道中の、片付けられて道が広げられた中をどこかに向かう地域の人達の姿です。津軽石を出て山田〜大槌と廻り峠を越えて戻りましたが、あまりに酷くて現実感がありません。崩れた家の脇に残された家があり、運不運では言い表せない複雑な思いが過ぎります。壊滅状態の中にぽっんと残る木造の家も少しだけあり、瓦屋根や木組みの塗り壁の家が多かったのも印象的でした。いつしか瓦礫が片付けられると、町は更地になって何も無くなります。テレビの画像で見るのと、自分の目で直視するのではあまりに違う事も分かりましたが、見に行く事はあまりお勧めも出来ないほど、酷い状況でした。それでも人は強いです。ただ、今後この町を、岩手を、東北を、日本を、如何に復興させるかは、一人一人の心の繋がりと誠意と勇気と善意、そして希望、見えない手と手を繋ぐ希望への祈りが今は必要です。その前に、この瓦礫の下にまだ居るかもしれない、安否が不明の多くの人達にカメラを向ける罪悪感に心を痛め、亡くなってしまった人達の冥福を祈り、手を合わせます。
 
 
   
  お米届けます
 
  2011/3/19
   昨日夕刻、宮古津軽石の重茂製材所さんから携帯電話に連絡が入りました。地域に米が無い、何とか入手出来ないか?とのSOSでした。多分、なんとか家が残る人達にまで支援が届かないのだと思います。電気もまだだそうです。何とかするからと電話を切った後、普段お米をお願いしている渋民の川崎さんに専務から電話してもらうと、我が家の1年分のお米をストックしてくれていたのです。なんと、大感謝です。いつもそうしてくれていたとは・・・川崎さんはJRの新幹線の運転手さんでもありますが、足を向けて寝られません。有り難いです。早速精米をお願いしましたが、届けてくれるとの事、これには更に大感謝です。こうして、150kg分を本日午後届けに向かえそうです。燃料も、昨日まで田村・小笠原・立花・藤原と徹夜で並んで準備してもらたので向かう事が出来ます。特に田村と小笠原に至っては連日の徹夜でした。決して、一人占めしようと並んだ訳では無く、こうした時の為、そして完成を待つお客様の為、何時でも動きたいとの思いでした。皆の思いを積んで行ってきます。
 宮古には他にも出来れば安否確認したいところが他にも多々あります。皆様も同じだと思いますので、何か渡したいもの届けたいもの伝言、安否確認など依頼あれば承ります。出来る事は限られますが、ご連絡いただければ幸いです。
 
 写真は、板倉の窓台に使用する赤松の無垢板です。ジット自宅待機していると気持ちも萎えるし、苦労している被災地へ申し訳なくなるのは誰しも同じだと思います。そこで、何とか頑張ろう!と思い、全員出社して出来る事から頑張っています。ただ、車で走る事が出来ないので、くまなく足を運べなくて申し訳ございません。今少しの辛抱だと思います。燃料復旧後は、出来る限りの努力を惜しみませんので、よろしくお願い申し上げます。

※最近の記者会見報道を見て、誰か一人で良いから責任を責めるだけでなく、「頑張ってください!何か出来る事は無いですか?」この声が聞きたいな〜と思います。原発は、皆で良い方向になる事を祈るしかありません。何事も無き様にと心から願います。現地で必死に頑張っている現場の人達に心の応援を!
 
 
   
  太陽光発電
 
  2011/3/18
   緑が丘の太陽光発電モニターです。完成したばかりで、家を温める為に空気ヒートポンプの稼働が多く、電気の消費が進みますが、落ち着くと発電と売電・買電のバランスが良くなる筈です。確かに、天候により左右されますが原発とは比較にならないほど安全です。薪ストーブも停電に左右されず喜ばれました。
 今回の悲惨な状況を皆で乗り越えた暁には、砂上の楼閣文明を見直し、地に足を付けた自然と共生できる文明への転換を考えてもいいのではないでしょうか?と云いながらも、自分でもどうすれば一番良いのか分かりません。皆で話し合い実践するのが大切なのだと思います。

 山田方面のご実家が、全て流され無くなってしまいながらも、みなさんなんとかご無事で、非常事態で気を張ってるのもあると思いますが、むしろいつも以上に元気にふるまっていたそうです。
「沿岸で生きている者の心構えというか、開き直りというか、起こってしまったことをとやかく言うのではなく、前を向いて進んでいこうという気構えを感じた」
 と、昨日いただいたメールに書いてありました。我々も前を向いて、今ここで、頑張らなければなりませんね。被災地から逆に勇気をいただいてしまいました。でもお陰で、底力が湧きます。事実を受け入れて頑張りましょう!

 ※昨晩いただいたメールに添付されたムービーです。
 http://www.youtube.com/watch?v=IxUsgXCaVtc&feature=player_embedded

          
 
 
   
  自転車で
 
  2011/3/17
   昨日、岩泉町まで行ってきました。お客様はご無事で、町役場職員さんなので不眠不休らしく、奥様とだけお会いして戻りました。役に立つかどうか、毛布と寝袋に軍手少々のみしかお渡しできず、しかもまだ個人からのそうした品は受け入れていないのも分かっていたので、ひとまずお客様にお預かりしていただいた次第です。逆に、生牛乳をいただいてしまいました。何と・・・捨てるしかないのだそうです・・・被災地に運ぶ手立てがあればと残念です。これほど悔しい事は無いですね。岩泉町内でも、ガソリンスタンドに並ぶ車の列が印象的です。被災地の近くで燃料補給するのは気が引けて、盛岡まで戻り今朝方近所のスタンドにAM4時から並びましたが、8時になっても給油開始する雰囲気が無いので、渋滞迷惑と救援車両優先を考慮し、断念して戻りました。その待つ間の寒い事・・・被災地の大変さが身に染みました。
 写真は完成した緑が丘ですが、自転車で完成写真を撮影に向かった時のものです。現場便りにて、見学会中止の代りとしてHP上にて出来るだけご紹介させていただきたいと思います。

※今回はプロのカメラマンにお願いするチャンスが無かったので、私の下手な写真ですが、出来るだけ多く更新しますので、宜しければご覧ください。

※先程、専務からタイトルが「自転車で」とあるので、まるで岩泉まで自転車で行って来たように思うねと言われました・・・それは無いですね。岩泉町へは車で向かいました。道中、燃料補給車や自衛隊が安全運転で走っていました。
 
 
   
  震災より6日
 
  2011/3/16
   原発事故、続く各地の地震、続く避難生活、続く食糧不足や燃料不足、暗いニュースや不安なニュースが多い中、皆で勇気を出して頑張りましょう!仕事も12日からズ〜と自宅待機でしたが、長く続くと不安になるだけですから、今日は皆で集まり出来る仕事をします。燃料が少ないので遠方に出れないのが辛いですが、その分近場を終わらせて体制を整えようと思います。現場で働く大工さんの燃料確保に、社員が並びたいと思いますが、私は朝早く並んで渋滞迷惑をかけないようにしています。給油は夜と朝にして、日中は支援車両の給油や活動の妨げをしないなどの対策があってもいいのではないでしょうか?
 写真は、何度も地震に耐えてきた古材です。そして、これからも耐え続けて欲しいので使います。無垢の木と云えば、停電時の暖房で一番喜ばれたのは薪ストーブでした。自然の猛威の中で、自然の素材に助けられる私たちがこれを機に見直さなければならないものがあるようにも感じます。昔が良くて今が全て悪い訳ではなく、融合させてより良くする事が大切だとも思います。今は、皆の助け合いが必要です。その次は人と自然との助け合いが必要です。お互い声を掛け合い、皆で頑張りましょう!

http://www.pref.iwate.jp/info.rbz?ik=1&nd=4263
東日本大震災より丸5日(6日目)時点での避難者情報です。
 
 
   
  震災より5日
 
  2011/3/15
   東日本大震災より丸4日(5日目)が経過しようとしています。たった二日間の停電と断水だけでも困り、疲れてしまうのに、被災地の方々は本当に大変だと思います。しかも、これからが本番かと思うほど、ガソリンは補給が無いし食料は目に見えて不足し始めています。早く復旧が進み普及が進む事を祈ります。皆で声を掛け合いながら被災地支援優先に頑張りましょう!
 写真は、地震の前の日に古材や林檎の板をいただいた、紫波の農家さんのご自宅です。古材を再利用した素敵なお住まいです。テレビでも、古家は安心していたが新しく建てた家が壊れないかと心配したと話している方がいました。?その逆では無く?その、お年寄りの方は多分新築中の現場を見て、こんな細い柱で大丈夫かと思ったのでしょうか?杢創舎の建物も問題はありませんでしたが、温水器のタンクが破損した方がいらっしゃいます。これではお湯が使えませんから大変です。倒れた訳でもなく揺れただけですからもろ過ぎますね・・・しかも、メンテナンスが直ぐには出来ない・・・少しづつ小さくて大きな被害が忍び寄る感じです。

※現場は、ガソリン補給が少し普通になるまで通常業務は中断します。非常に残念で、お客様に申し訳ない気持ちで一杯です。
 
 
   
  安否確認
 
  2011/3/14
   14日の15時、宮古津軽石の重茂製材所さんと連絡が付きました。家の下まで水が来たが何とか無事との事です。「こっちも頑張るから、そっちも辛抱してくれ」と言われてしまいました。被災者はテレビを見ていないので、自分の身の回りしか見る事が出来ない現状が会話で分かります。
 被害は甚大です。燃料も補充出来る確約が無いと、むやみに動く訳には行きません。今は情報を集めて、今後への備えなど出来る限りの対策と準備が必要です。節電も重要です。
 まだまだ、安否確認出来ていない方々がたくさんいらっしゃいます。避難地も大変だと思います。無事と安堵の日を迎えらますように、心からお祈り申し上げます。
 皆で協力しあいましょう!
 
 
   
  大丈夫ですか
 
  2011/3/13
   13日11:30やっと停電が復旧しました。皆さん、大丈夫でしょうか?弊社事務所は問題はありませんでしたが、地震と共に停電となりました。携帯電話は繋がらないし、何とか顔を出せたのは事務所への戻り道のお客様の所だけですが、温水器の配管が破損された方がいらっしゃいました。
 ガソリンの入手がまだ困難なので、あまり遠出が出来ない状況です。落ち着いたら、点検などにお伺いさせていただきたいと思いますが、お困りの事が生じているかもしれませんので、現在なんとか電話(019-662-2263)が通じます。携帯電話の番号は、090-1494-0832です。携帯のメールアドレスは、 mokusousya@docomo.ne.jp です。PCアドレスは moku@myad.jp となります。直接お伺いせずに、こんなお知らせですみませんが、ご連絡頂ければ幸いです。
 私の母の実家が島の越しですが、無事なのが分かり安心しました。中野は久慈の実家に向かいましたが、大丈夫との事です。藤原の奥さんは、山田の津波を見ながら何とか逃れて避難場所にいましたが、盛岡に戻れるとの事で、良かったです。
 工事中の現場は、大きな問題はありませんでしたが、見学会など中止させていただいております。19日や20日の見学会も中止させていただきたいと思います。出来るだけ、被災地支援を考えたいと思います。津軽石の重茂製材さんとも連絡が取れません。釜石のお客様も心配です・・・
 
 
   
  林檎の木板
 
  2011/3/11
   昨日、板倉のお客様にご紹介いただいて、リンゴの板をたくさんお預かりしてきました。初めて手にしたリンゴの板は、桜の様でも有り欅の様でもあり銀杏の様でもありました。どこまで加工できるかやってみないと分かりませんが、リンゴにしては大きな板なので聞くと50年とか・・・これには力が入ります。と云っても加工するのは大工さんですから、私は見つめるだけです(笑)。
 話しは代りますが、この納屋の2階の床は外れるので、直接軽トラの荷台に積む事が出来ました。「農」の暮らしの知恵がたくさんあるお住まいで、新居も古材を再利用したいい雰囲気です。下屋と土間、そして縁側というこの三点を日本の住まいに取り戻そうと、最近強く思うのです。特に下屋の工夫は生活が楽しくなります。なにも屋根だけが下屋ではなく、デッキの下も同様です。大きな庇と考えていただくと分かりやすいでしょうか?季節で外せるテントも有りですね。などなど、この場面を見た後はそうしたアイデアを探りながら運転してました(笑)。
 
 
   
  掲示板試作品
 
  2011/3/10
   掲示板の試作品を、作成したので見ていただきました。県産材の無垢材で作成した掲示板です。上下の栗板を塗装して仕上がります。コルクシートは2〜3ミリでは薄く、5oに変更することになりました。キャスター付きなので移動は楽ですが、足の巾を300o以上にしたくないところが、転倒など心配で一番苦労しましたが、なとか大丈夫そうです。4月以降、あるところで使用される事になりました。お披露目時に再度ご紹介させていただきますが、この1台は現在杢創舎事務所にあります。ご興味ある方は、一度是非ご見学下さい、待ってます(笑)。

※一応、昨日の地震では倒れませんでした。
 
 
   
  八戸市から
 
  2011/3/9
   八戸市から、二日間に渡り盛岡へ勉強会にこられた同業者の方々です。前日は、PSさんの工場見学の後、弊社建築中の「板倉」をご見学いただいて夜は懇親会でした。その翌日は、タックホームさんの講義と同社新築住宅の見学の後で、再度杢創舎の緑が丘完成住宅の見学というスケジュールだったようです。板倉で一番気になったのが予算らしく(笑)、業者様ながら予算が読めないのは理解出るところです。何年もかけて準備するという点も、理解しがたい部分なのか?反応が今一でした・・・そして翌日の緑が丘では、見学中にTV台に座り「落ち着くな〜」と、呟いていた方がいたのは印象的でした(笑)。高断熱と、伝統仕口の双方が混在して両立する空間は、見学者の質問の先に、いったい幾らでできるのだ?という思いが湧きたつのは良く理解できます。なので、多能工の事や伝統的な仕事は毎日続けることでしか維持出来ないし、毎日やるから早く出来て予算的にも普通に出来る事を説明しました。10年前は、弊社もそれが出来なくて苦労したけど、やり続ける事でここまで継続出来た事を知っていただければとも思いました。言うのを忘れていたので、この日記の場をかりての追伸です(笑)。誰か、昨日の見学者でこの日記を見ている人がいるかな〜

※懇親会は、タックホームの立花社長さん(とにかく熱い人、話しかけてくれるのが嬉しいです。)、岩手ハウスサービスの安藤社長さん(かっこいいです。恐れ多くて、側に近寄れず・・・笑)、ホクブプランニングの田村社長さん(物凄くいい人です。大好きな大先輩。)も同席されていました。木造りの方に参加しても、高断熱の方に参加しても、両方の事を同時に話題に出来る事が無く、私はついつい末席に下がり、静かに食べる事と飲む事に専念したくなります(笑)。自分ではそうは思わないのですが、特殊すぎると言われることもあるので、我が道を行くしかないかな〜
 
 
   
  緑が丘の夜
 
  2011/3/8
   恒例の、完成間近の夜の雰囲気です。昨日、無事通電と相成りましたので、いち早い最新の夜景映像です(笑)。現場便りの方では、昼の外観を掲載させていただきますので、両方を見比べていただければ幸いです。
 13日は、完成見学会の予定ですが、午前中は住宅雑誌「家と人。」編集長の加藤大志朗さんの公演も予定されています。公演にご興味があるかたは、車庫側で椅子に座りながらゆっくりと聞いていただいて、建物をいち早くご覧になりたい方は、室内でご自由にご見学が可能です。皆様のご来場を、切にお願い申し上げます。広告無しの、ホームページだけの見学会情報です。セミナー会場は、もしも来場者が少ない場合は、逆に普段言えない聞けない質問も可能かも(笑)。楽しくやりましょう!
 
 
   
  50000兆円
 
  2011/3/7
   作品が次から次に手渡されました。湧きあがる発想力に脱帽です。いつしか、これが夢ではなく現実の姿になるとしたら、今のうちにこの子と仲良くなっていれば、良い事あるかも(笑)!
 でも、その前に確りしたいい家を造らなければ嫌われますね。空気環境の優れた住まいと、多少の寒暖の差を感じとる事が出来るのに寒くない不思議な住まいの魔法の秘密も、確りと教えなければならないとも思いました。春に向かい、いよいよ本番が始まります。
 
 
   
  手造り照明
 
  2011/3/6
   お客様お手製の照明器具です。吊るすだけの電球に、木を添えるだけで素敵な照明器具になりますから、工場でどんどんエネルギーを使用する照明器具と比べて、作成時からエコです。使用する蛍光灯やLEDも消費電力が白熱灯に比べて半分以下(三分の一以下、それ以上)に下がりますから、省エネです。でも、電気の無い生活は不可能な世の中ですから、最近の原油高騰は嫌な気分になりますね。そこで、木と向き合う事で、大分解決できる方法が沢山あります。まずは建物に使用する時は地元の木材、暖房は薪、給湯も薪、箸やお椀も木で、などなど他にも沢山あって全部は無理でも出来るだけ木をポイントに考えると楽しさも多くあります。
 でも、電気だけはなかなか木だけでは造れないのですが、今回は太陽光発電パネルが搭載されました。≒4kwが、南面の屋根に敷き込まれています。10日の発電開始が楽しみです。

※これらを自作するとは・・・素晴らしいですね!間違いなく私より上手です。
 
 
   
  玄関土間工事
 
  2011/3/5
   来週見学予定の緑が丘の玄関の床土間工事が進んでいました。セメントと土を混ぜ合わせたタタキ土に、支給された那智石を埋め込んでから再度土を固めて出来上がりです。土は、カチカチ君を使用しました。左官屋さんからも、初めてやることが多くて〜と、言われてしまいましたが、土を使うのは楽しいですね。
 来週の日曜日(13日)は、完成見学会を予定させていただきました。家と人流、失敗しない為の家造りの基本と題したセミナーも開催されます。講師は、住宅雑誌「家と人。」編集長の加藤大志朗さんです。私も少しだけお話させていただきます。ご参加のほど、よろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  遮熱カーテン
 
  2011/3/4
   この写真の窓上部に付いているのは、外部のロール式遮熱カーテンです。夏の暑い日差しを、遮る効果があります。初めて取り付けてみました。外の景色も完全に見えなくなることはありません。開口部上部への庇が少ない時の、遮熱対策に如何でしょうか?割と高くない製品です。

http://www.seiki.gr.jp/products/screen/sun/index.html

写真は、来月開業予定の「すご動物病院」南側面です。左官壁とガルバリュウムの外壁がアクセントになっています。ガルバのカラーはネイビーブルーです。19日の午前中のみですが、完成見学を予定させていただきました。よろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  展望台より
 
  2011/3/3
   昨日は、長文で失礼いたしました。今朝の写真は、マリオスの展望台から撮影した南大橋方面です。北上川の流れに、一度だけゴムボートに乗って遊んだ川下りを思い出していました。あれは、楽しいですね。展望台で、窓側に駆け寄った瞬間腰壁に足の先がぶつかってしまい、「バカン〜ッ!」と大きな音・・・一瞬で廻りから注がれる冷たい視線を感じながら、自分でも可笑しくて「アハハ・・・カウンターを造ればいいのに」と、設計者らしい発言をしながら言い逃れしました。もっとも、いい大人が子供みたいに窓に走り寄る光景の方が可笑しかったかも(笑)。山に囲まれた盛岡の町は、いいですね〜
 
 
   
  古材を扱う技
 
  2011/3/2
   各現場が進行中ですが、滝沢の刻み場では墨付けが行われています。当社最年長の遠山大工が墨付けを行います。今回は、8〜10m級の古材が≒10本使用される事になりました。一日1〜2本程度しか墨を付ける事ができない大変な仕事です。その作業の大半が、汚れた木材の掃除なので、根気が無ければ続きません。如何に年季を積んで来たかがうかがえるその手さばきに、しばし時間を忘れて見入りました。でも、どこに何をどう使うかを決めるのは私の仕事です。任せても絶対に勝手に行わず、毎回聞いて来ます。ここが素晴らしいな〜と心底思います。
 しかし、当社のある現場で、そうした質問も問い合わせも無く、何事も無かったかのように進んで問題ないかと思っていると、思わず目を疑う仕事に我が目を疑いました。金物は使用場所使用方法が違うし、取付け方もいい加減で、外部下地に至っては言語道断で私がやっても、より以上まともに出来るぞ!と、思う仕事でした。しかも、一番先に気が付いたのはお客様です。先の墨付けなど難しい仕事が出来るけど、こうした小さな見えくなる部分が疎かな会社など、家を建てる資格などない!と、私も感じたし誰でも云う筈です!「普段の積み上げがこうなるのだ」と、四人の現場担当者全員を現場に呼んでから厳しく話しましたが、流石に初めての体験です。たった一人の応援者に、ここまで振り回されるなどあってはなりません。私を含めた五人の眼(まなこ)は節穴同然であったのか!と愕然となりました。昨日の無題はまさにその心境だったのです。
 こうした事を、書くか書かないかは自由なのでしょうが、真実を書いて正して行く事で、成長させていただこうと思いました。こうした時は、必ず一つという事は無いと思っていたら、他でも同様に手配間違いなどが生じていました。問題の大半が、口と頭で仕事をしているからだと分かります。やはり、紙に書いて渡すという簡単で意外とやれない事をやり続ける事が重要です。そして、渡された方も再度聞くという簡単で出来ないながらも、「聞く」癖を付ける事が大切です。自由設計で毎回内容が違うから、マニアルはあまり適応しないのが杢創舎の現場だからこそ、「報連相」という基本中の基本が一番大切です。そして、「最後の確認」ここが私の一番直さなければならない部分だと痛感しました。創立から10年が経過して感じる事は、今日の日記を今後の10年間毎朝目にしながら次の20年を迎える事が出来るように頑張りたいという思いです。
 木の家を、岩手の山の木で職人の手仕事で建てたいと願われるお客様のご期待ご要望に、心底応えながらより以上の仕事を成し遂げ、地域の環境や大工の技術ごと次世代へ繋いで行く理念を守り、人としても成長する為に今日の様な事を書かせていただきました。今更こんな事を書く、間違い多い会社など信用できないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、是非今後とも見つめて続けていただきたく、お願い申し上げます。弥生に入り、弥生時代からも継承されてきたと思われる大工の技を受け継ぐ為に必要な、「物造りの心」を今日から今から取り戻すべく、今朝の朝礼に望みたいと思います。最後になりますが、気付かせていただいたお客様に、心から感謝申し上げます。明るく頑張りますので、皆様も今後ともよろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  無題
 
  2011/3/1
   今日は、日記の更新が遅れました。今も、落ち着いて書けそうが無いので、取り急ぎのパイプオルガン写真です。星のキラメキが降り注ぐ様に、音が降り注ぎ響き渡る空間は良いですね。完成されたものは素晴らしいと思いますが、改良しながら育つ姿もまた星の輝きの様であれば素敵です。その逆で、暗雲の雲の彼方にでは大変です。太陽の光で消える事の無い様にとも思います。
 今日は、「無題」でした。
 
 
   
  まな板
 
  2011/2/28
   無垢の木で家を建てる工務店と云えば、何故かまな板のサービスなどが連想されてしまうのは、私だけでしょうか?写真は新しい栓の木で作成したまな板す。よく、まな板を削り直してもらう話がありますが、実は大工は嫌います。理由は、板に包丁の刃の欠けらがあると、鉋の刃こぼれをおこしてしまう事があるからです。なので、削る時は多少の覚悟で臨みます。そんな些細な事も、知ると知らぬでは頼む方の気持ちに大きな違いが生じるものです。もしかしたら、そうした事は世の中にたくさんある事なのかもしれません。私も知らぬ間に、迷惑を掛けている事が沢山あります。まな板を見ると、職人の言わずもがなのご苦労を感じるのでした。

※写真のまな板は自宅用です。銀杏も柳も今は手元に無いし、桐だと柔らかいと云うので、栓で作ってみました。幾らだと売れるだろう(笑)?
 
 
   
  ピアノ発表会
 
  2011/2/27
   昨日は、末っ子の長男が通うピアノ教室の、練習成果発表会(演奏会)でした。会場はマリオスです。出掛ける前になり、現場に書類を届けると云う私に向けられる冷たい視線(笑)・・会場に着くなり、携帯電話で長々と話しこむ私の側からは自然と誰もいなくなり、何時しか一人になっていました。演奏会が始まると、家族と離れて一人後ろの通路でビデオカメラ担当です。しかし、小さい子達の上手な事に驚きです。「タイキはハンドの練習頑張ったらな〜」と言ったら、またしても冷たい視線で「泰気も上手だったよ!」と怒られました(笑)。しかし、ビデオはどうも苦手です。カメラの方が好きだな〜と思ったのですが、自宅に戻りまた見れるので、これはこれでいいのかもな〜とも・・・その帰りの道中携帯電話が鳴るし、着いて直ぐに打ち合わせに出掛ける私に、「御父さん、携帯買って!」の三女の注文!
 携帯電話は、そんなに良い物では無いぞ・・・仕事から解放されないぞ〜、いやその前に働け!とい云いながら、今の時代買ってやらなければ何かと困るらしいですね?私も、なんだかんだ言いながら携帯電話を手離せない矛盾の日々です。
 
 
   
  八幡平へ2
 
  2011/2/26
   木曜日の朝の写真です。車で≒1時間、自然の空気の中にいました。最近、空気の違いを感じる事がありますが、山側に来ると本当に気持ちが良いものです。今朝もこの写真を見ると、さぁ〜頑張ろう!との気持になります。
 しかし、今日は26日です。もうじき2月も終わります。逃げるように過ぎるとは、良く言ったものですね。

※岩鷲山(岩手山)です。
 
 
   
  八幡平へ
 
  2011/2/25
   八幡平のリゾート分譲地方面に出向いて来ました。その道中の写真です。この所、岩手の山々の景色に縁がある気がします。と云うより、盛岡市内に居てもどこからでも見えるのが岩手山であり、見る方角からその見え方は驚くほど違います。そして、近くまで来ると更に姿が変わります。そして、遠方からは見えない別な山々の姿が現れます。誰しも、自分の住む街が一番と思うのかもしれませんが、やはり岩手はいいな〜と、心底思います(笑)。無論、他所より良いでは無く、自分でここが一番との意味ですが、限られた地域だけでなく、少しは外に出かける時間も欲しいですね。旅がしてみたい、そんな気持ちにさせてくれる場所でした。

※こんな山の形をみると、ピラミッドを想像してエジプトに行きたいと、毎回思います・・・せめて、世界遺産のDVD買って気分だけ行くのもありかも?・・・見ないうちに破壊されませんように!最近怖いですね・・・
 
 
   
  清め
 
  2011/2/24
   昨日の続きとなりますが、杢創舎では木材の刻みに取りかかる時に、清めを行っています。「生きとし生けるものへの感謝」と、遠山大工(棟梁)に教わりました。塩とお神酒で木材を清めるだけの簡単な習わしではありますが、気持ちがスゥ〜としてくる気がします。物が溢れている現代の日本社会ですが、世界を見れば貧困で苦しむ地域も存在します。やはり、一つ一つ大切にしなければいけないと思います。私は口で上手く表現できない方なので、行いで感謝の気持ちを表したいと思い、清めをさせていただいていました。
 
 
   
  刻み端材の家
 
  2011/2/23
   木材の清めをさせていただいた時の事です。積み上げられた木の家には、屋根や扉がイメージされていて、小さな子の想像力に素晴らしいと思いました。早く本当の家が建つ事を願っているメッセージにも感じました。日当たりのいい、土間横の縁側的な部屋で遊んでいるお子さんたちの映像が、笑顔で脳裏に浮かびました(笑)。
 
 
   
  春の気配
 
  2011/2/22
   最近、春の気配を感じる瞬間があります。毎日が穏やかであれば良いのですが、怒られたり怒ったり泣いたり嘆いたりしながら過ごす事も当然あります。そんな時、良い人に出会った気持ちになるのと同じで、春の気配は心が弾みます。一目散に目的地に向かいながらも、思わず車を止めてしまう事が多くなる季節です。自分の目で見た季節や風景が一番確かです。現場もその通りです。目を離すと思わぬ事が起こります。季節もまたそうで、朝の時間に目を向けないと、気付かないままに次の季節を迎えてしまいます。色々あるけれど、いまこの瞬間に癒されて、しばし快くなる一瞬でした。四十四田ダムのほとりにて・・・(笑顔)。

※この後の朝日の出現で、空が赤く変化するのは見応え十分です。
 
 
   
  いや〜参った
 
  2011/2/21
   二日間の見学会を、無事開催できました。ご来場いただいた皆様に、感謝申し上げます。そして、快く会場をご提供いただいたお客様に、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。
 写真は、見学会終了後の窓越しに撮影した岩手山です。その後、玄関のカギをお渡しして、無事お引き渡しも済みました。ただ、太陽熱温水利用住宅で、電化住宅ではないのに何故か電気契約が時間帯別に・・・現場の人達の日々の思いこみとはかくなるかな・・・冷や汗がでてしまいました。至急電気屋さんに電話して、直してもらう事に相成りました。恥ずかしい限りですが、これが本当の姿です。間違いも起こします。私が確りしていればいいのですが、忙しくなると目が行き届かないだけでなく、自分でも間違いを起こします。正直にお詫びして、間違いを正す事しか出来ませんが、「いいよ、いいよ、思いこみだろう〜アハハ」に救われました(笑)。もしも、同業者の方が見れば笑うと思いますが、笑われても仕方が無く、建築の仕事は学び甲斐が沢山ありますね。確りと頑張ろう!と云う事で、今日も明るく元気です。
 いや〜参った参った〜編でした。ラジオなら笑えますが、現実となれば話は別ですね(書かなければ分からない事ですが・・)。
 
 
   
  砂遊び?
 
  2011/2/20
   昨日の見学会は大盛況でした。ただ、その分お話を出来なかったお客様や、話の途中で途切れてしまったりなど、大変申し訳のない状況もありまして、この場をかりてお詫び申し上げます。それにしても、子供たちは目ざとく囲炉裏で遊び始めます。しかも、座ったり寝転んだり、ほとんどのお子様が自由にくつろいで?しまう様です(笑)。昨日は、三人の若い芸術家の作品を順番に見ていましたが、いつの間にか仕事の話をしているうちに、その次の誰かが灰を積み上げたらしく、中央に四角い灰の山が出来ていました(笑)。写真は、灰に絵を描き始めたトップバッター君の写真です。専務が思わず「お父さんより上手じゃん!」お父さんとは私の事ですが、ホント否定できませんでした(笑)。
 では、本日もよろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  肩車
 
  2011/2/19
   「お〜ぃ、後ろ廻りして」との森君の掛け声で振り向くと、ハイ、パシャ!と撮影された瞬間のこの笑顔とピースは最高です。実は、手が届かないところの汚れを落として、18日最後の仕事を終えました。墨付け刻みは熟年の職人が担当しますが、最後の仕上げはこうして若い世代が頑張ります。それぞれが、それぞれの持ち分を発揮しながら、見えない何かが人から人へ伝わります。最初から全て出来る人はいません、皆で補い合いながら育ちながら造り上げていく経過の中で育ちます。その引き出しは、年季を刻んだ先輩が奥の深さを日々の仕事で見せてくれます。囲炉裏に火入れをしながら、皆で「いいな〜」の連続でした(笑)。「見学会で囲炉裏に火を入れても良いよ」との、お客様からのお話で使わせていただく事になりました。感謝です。
 さぁ〜今日は完成見学会です。少し早めに出掛けて火を入れています。よろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  夜の見学会場
 
  2011/2/18
   恒例の、夜の見学会会場です。明日からの二日間、よろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  明日見学会2
 
  2011/2/18
   今日は、もう一枚写真をUPしました。須田君と共に頑張っている小笠原ジュニアです。一番の若者ですが、大分仕事を覚えて確りしてきました。宙返りもできて、運動神経抜群です。これからも、もっともっと色々な仕事を教える場を提供したいと思います。若い力に元気をもらっています。
 明日は、完成見学会です。皆様のご来場を心からお待ち申し上げます。
 
 
   
  明日は見学会
 
  2011/2/18
   明日から二日間、西松園の完成見学会です。現場では、最後の掃除の真っ最中でした。オーダーキッチンを見つめる須田君も昨年お父さんになりました。オッ、これいいな〜自分の家にも欲しいよな〜その前に家そのものが欲しいよな〜と、誰でも思いますよね?頑張って働いていれば夢は叶うものです。皆、良く働きます。森君に習い、自分である程度建てるとか造るとか塗るなども良いですね。応援しましょう!(私の勝手な呟きです。)
 
 
   
  もう一息
 
  2011/2/17
   毎日が、「あと少し、あと少し」の言葉が口に出る日々です。そう!西松園の現場の完成がもう一息です。昨年は、職人の怪我や大雪の他、初めての工法への取り組みなど予測外の出来事が多く、墨付けも刻みも現場の仕上げも通常の倍以上が経過する日々でした。応援の大工さんの中にも、「仕事内容について行けない」と話した方もいらっしゃいました。こうした仕事への、道具の備えや経験が少ないという意味ですが、それでも建て方や構造の下地などの応援をいただいて本当に助けられました。私などより、現場の人達の方がより以上頑張っています。熟年の大工さんの技や技術は、何十年も現場で積み上げた年季の蓄積そのものであり、過去からの伝承の姿でもあります。せめて、そうした技術を発揮する場を造るのが私の役目だと考えてきましたが、私の計画する無理難題を綺麗にこなしてくれているのが、大工社員(現場監督含めて)の面々です。誰ひとりとしてかけては困る命綱であり、杢創舎の生命線です。驕る事無かれ、人に助けられている自分なのだと、「まだか、まだか」の心の声と「もう一息、頑張れ」の声とが交差する中で、この写真を見ていたら、自分の心の有り様を見つめ直さなければならないと感じました。感謝しなければなりません。社員にも、時間をいただいたお客様の皆様にも、そして大工技術の連綿とした過去からの声に感謝しなければなりません。なにより、岩手の山があってこそ出来た住まいです。恩を未来へ返さなければならないと、痛切に感じました。
 見学会の2日前にして、まだ終わりません、でももう少しです。もう一息です。頑張ろう!今日、囲炉裏の灰が届きます。火入れをしたいですね。暦は、「この日太平にして吉日なり」。

※西松園の現場完成間近の写真を、「現場便り」のコーナーに毎日更新しながら掲載しています。
 
 
   
  ネコ土台
 
  2011/2/16
   長きを支えた杉の土台です。土台の下は、板のネコ土台ですが100年の年月との事です。時折取替えたかもしれませんが?雨風雪にさらされながら、通風良く乾燥して今日まで支えたと思われます。今の断熱や気密シートで包む住まいでは考えられない造りですが、長く持つのは確かなようです。でもこれは寒いのも確かです。こうして、突然家の造りが激変した理由は、戦争と貧困からの脱出に加え、ローンのお陰ですが、長く持つ住まいはあまり考えられずに造り続けられてきました。その為、30年前後の家の殆どは解体新築する方が多いのですが、この写真の様な造りの家は、壊す考えになかなかなれません。如何に残して快適に変化させながら、今後も長く持たせるかという大切な難題に取り組む技術が必要とされます。

※目は大切ですね。何かあると殆ど何も出来なくなります。まばたきせずにジット見つめる訓練をした目だねと、眼科の先生に言われてしまいました・・・しかし、いったい何を見つめ続けて来たんだろう?と思い悩む事も多々あります。
 
 
   
  40年のハート
 
  2011/2/15
   同級生と云えば、10歳になる前から近所や学校で一緒だったわけで、昨日の60年の輝きには≒20年足りませんが、40年以上は経過してきたんだな〜と、 お も い ま し た (笑)。
どうやら、♥形も経年変化して崩れてくるようです(笑)。こんな事書いて、怒られるかも・・そこで、 あ り が と う !
 さて、今週末は西松園の完成見学会です。今日から現場便りに仕上げ風景の写真を連載しながら、いち早く雰囲気をお届させていただきます。よろしければ、ご覧ください。見学会へのご来場も、是非、是非、お願い申し上げます。

※「現場便り」コーナーは、TOP右側の「杢創舎情報」欄の中央部下側位に入口があります。赤字で毎日更新と書いてあります。
 
 
   
  60年の輝き
 
  2011/2/14
   昨日、あるところで≒60年経過したお住まいを見学させていただきました。昨日の日記は新品の赤松なので白く綺麗ですが、同じ松がこうして年月が経過するとここまで変化します。しかも、当時ですから床面に釘を平気で打ち込んであります。しかし、その釘さえも床と同じ色合いで馴染んでいるのです。ただ、ここまで艶を出すには、米ぬかなどにて相当磨いたと思うので、大変だっただろうな〜と思います。皆で楽しんで磨いたとすれば、その逆に嬉しかっただろうな〜とも思いました。何にしても凄いです。
 ただ、寒く冷たい床は敬遠されるのは確かなようです。他の場所も、見事な造りです。ご案内していただいた奥様は、嬉しそうに見せてくれながら、時折「でも寒くて・・」と何度もつぶやかれました。当時は素晴らしく高い天井も、時代が変わると文句の対象にもなるらしく、やはり生活を重視した住まい造りを考える事が一番大切です。かと言って、それだけで無垢の良さを捨てるのも大切な何かを失いますから、温故知新の融合を成す事が望まれると思います。なので、やはり暖かい住まい造りは大切です。そして、地元の再生可能な資源の無垢材を大切に扱い、この写真の様に良さを最大限に引き出す努力を、皆で一緒に続けたいです。

※すみません、先程までの「100年の輝き」はタイトル間違いです。100年の住まいを調べたあとで案内された確か≒60年のお住まいでした。
 
 
   
  脇板壁
 
  2011/2/13
   時々こうした脇板壁を造る事があります。剥ぎ合わせ板なのですが、丸太で挽いた板の面(丸太の側)まで有効活用して使います。そうした事で出来る溝の自然な流れが、樹木の吸い上げた水の流れにも見えて楽しいです。こうして光を得た時の輝きは、天然乾燥材に手鉋を掛けたから出来る艶だと思います。面材を使えるのは、山の丸太を購入して賃挽きしたから入手できて、それを余すことなく使うと可能になります。どこにでもありそうで、なかなか出来ない板壁の面材使いです。もしも、板の経年変化で反ったり割れたりした場合は、縦桟を取り付けると雰囲気がまた変わります。これもまた、無垢故の魅力です。
 
 
   
  ベンチ
 
  2011/2/12
   心ばかりのお届物を作成させていただきました。こうしてベンチにも背凭れを取り付ける事ができます。既にベンチのあるお住まいでも、背もたれの取り付けは可能です。端材を利用した簡単な造りですが、結構長持ちします。立派な椅子を家具屋さんから購入するまでのつなぎにもなります。サイズは自由に出来ますが、長いものは端材ではなく1枚板になるので少し値は上がりますが、小さいサイズのベンチ椅子は本当にリーズナブルです。手間も1日以内でできるので、ご想像の金額以内で可能です。特にお子さんは喜んで座る筈です。無垢で造ると、子供たちは何かを感じるのか?座ったり、机にしたり、もぐったりと、自由な発想で遊び始めます。一人掛けも可能です。足を長くしたり、小さな赤ちゃん用も可能です。ご自由な発想で、ご注文いただければ嬉しいです。無理難題でもOK(笑)、一生懸命に考えます。そうそう、ご自身で造るのも有りです!作業場に端材探しにいらしていただいても良いですよ(笑)。今なら、風山大工が少し手伝ってくれるかも?楽しく遊びましょう!
 
 
   
  雨戸造り
 
  2011/2/11
   滝沢の作業場では、造り付雨戸の加工中でした。本格的にホゾ加工して取り組んでいます。板まではシャクル余裕が無いのですが、昔はそこまで手を掛けていたようです。解体現場で外した雨戸が見本になっているようで、何度も手本を見ながら造っていました。さすが、一人で自宅を建てた腕前で、上手になりましたね〜(笑顔)。今後の木製建具担当で決まり!雨戸は、西松園の現場に向かいます。カーテン代わりの雨戸です。

※本人は、心の中で「撮るなよ〜」と思っているかも?、でもこれは撮影しますよね(笑)。何時か記念になればと・・・(杢創舎は自社大工施工です。)
 
 
   
  書院
 
  2011/2/10
   書院の障子は、既製品ではなく手加工品です。何時もお願いしている建具屋さんの力作でした。職人皆の職人魂が誘発される現場故にか?現場の材や加工の雰囲気を感じて、自由勝手にそれでいて合わせたかのように仕上がって行くからの楽しさと不思議さがあります。西松園の完成はもう少しです。気が付くと、24種類の樹木がそっと配されていました。その内21種は岩手の山の木です。
 今月の19日と20日は、完成見学会を予定させていただきましたので、ご見学のほど宜しくお願い申し上げます。

1.ヒノキ 2.ケヤキ 3.エンジュ 4.杉 5.アカマツ 6.クリ
7.ヒメコマツ 8.ナラ 9.クルミ 10.トチ 11.ホウ 12.タモ
13.セン 14.カツラ 15.サクラ 16.キハダ 17.ヒバ 18.キリ
19.カラマツ 19.ネズコ 20.サワラ 21.380年松 22.ベイスギ
23.スプルース 24.ベイヒバ

※もしかしたら、シュリサクラかも?という分からない板も・・・杉や松も種類分けすると更に増えるし、ミズナラ・ヤチダモなどなど特長分けすると更に増えますが、まずは代表分けした上記ぐらいになります。
 
 
   
  木星?
 
  2011/2/9
   昨日の宇宙まで行く家で、木星をみてきました(笑)。なんて嘘ですが、木星に良く似た木製の皿です。ウ〜ン・・ダジャレニもならない(寒)。と云う事で(何が?)、樹種は桂だそうです。とても目が詰んだ綺麗な柾目にうっとりしてしまいました。5枚ゲットして、悩んだ末に漆で仕上げてもらうことになります。その前に、素地を記録して残したい思いで撮影しました。軽くて暖かい木です。杢創舎創立時の事務所の打ち合わせテーブルは桂でした。そして偶然にも、建替え後の事務所のテーブルも大きな桂1枚板のテーブルです。先の1枚はオイルで仕上げたものですが、現在のテーブルは漆仕上げです。今回の皿は、「木童舎」さんに依頼しての購入です。杢創舎と木童舎を繋げてくれたのは、八幡平市の家のお客様です。感謝です(笑顔)。ありがとうございました。

※お椀や皿にしろ、机やテーブルも使いこんで行くことが一番です。そして、捨てずにまた直して使う事ができます。と、木童舎の営業主任さんが話していました。良い言葉ですね。
 
 
   
  500億の家
 
  2011/2/8
   とてつもなく素晴らしいご注文をいただきました。「けんちくひ500億」の家です。宇宙にも飛び出していけるのです。ビンゴゲームもできます。ロボットの体の中には家がたくさんあって、子供たちの顔が皆笑っています。鉛筆が大きくて重いのは勉強が大変ですね(笑)。烏賊に×が書いてあるのは、嫌いなのかな〜?家々が繋がっているのは素晴らしい発想です。しかも、きちんと計算された500億が凄いですね(笑)。1万とか書かれると空想の域だと感じますが、500億と書かれると何故か現実味がしてきて(笑)、その想像力に脱帽です。感心しました。
 しかし、こうして考えると、自然素材の中で暮らしながら改良を重ねて夢を見て、今の暮らしを豊かに楽にしようと編み出した化学物質の数々も、こうした子供の頃の夢と同じく明るい未来を思ったに違いありません。でも、今の時代に自然素材を求める人も少なくはありません。一度双方を体験した人類ですから、双方の良さを見つめて、更なる改善をしながら融合させる工夫があっても良いように感じています。大切なのは、この絵の様な笑顔ですね。ロボット?の顔は目と鼻に口が「心」と書いた笑い顔にも見えて、いいですね〜(手放しで気に入りました。ニコ)。
 
 
   
  室内窓
 
  2011/2/7
   個室と吹抜けを介して居間とを結ぶ小窓です。とある会社の新築住宅の完成間際を見学させていただきました。洋風で明るく素敵な白い豪邸です。そして、職業柄ついつい細かい部分の方に目が向くのでした。それは、良い意味で納めや窓の配置など勉強になる部分へ目が向きます。せっかくの見学なので良い所を探しだしたいとの気持ちがあります。しかも、一度見るとビデオ映像の様に間取り空間仕上げなどわりと記憶に残りますから、大枠はインプットできてしまうのも、職業病の一つかもしれません。そして、臭いも記憶されます。スイスの白壁漆喰の持つ白さが益々増しながら、空気を浄化し続けて行くと、臭いも経年変化するかもしれません。そう言えば、私の自宅の一部はアルプスの漆喰も一部使用しました。日本の漆喰も使いました。無垢の木と漆喰は空気が山の中の様になります。また、白い紙を張った部分もありますが、杉や松との相性が良くてリーズナブルだし自分で後から塗る事もできるので楽しいものです。そして、体感での空気浄化作用はシラスの方が高い気はしますから、スプーンを折るに等しいカタログ数値の魔法よりも、役立つ経験値の数々と経年変化の真実の声を記憶と云う録音録画機に溜めこみ、それを編集しながら引き出そうとすると、高い確率で出て来るのが私の場合は天然乾燥の無垢材です。暖かい住まいだからこそ、割れたり反ったり動いたりする事を受け入れて、空気が澄んで色艶が増しながら心を癒してくれる方を選んでいる自分がいます。その逆を選びながら、マイナスイオンやら空気清浄機にHP幾つの塗り壁などなど、結果無垢材が持つものを探そうとしているのと比べても、人が求めるものは皆同じなんだろうな〜と思うのでした。
 
 
   
  駐輪場
 
  2011/2/6
   今年の大雪を体験すると、こうした雪囲いスペースの良さを非常に実感します。屋根は透明(ブロンズ)波トタンで安価ながら、今年の雪の重さにも耐えます。玄関から駐車場まで直接行けるし、そこには雪かきの道具や自転車を置く事が出来る優れもので、建物に付属する下屋はいいスペースです。屋根材は5年もすれば取替が必要になるかもしれませんが、≒2万ぐらいの材料費なので、自分で張り替えたとすれば、本式の屋根施工費に追いつくまで50年以上かかりますから非常にリーズナブルです。確かに全面行うと倉庫のようで見た目の事もありますが、駐輪場程度の少しの部分なので、木の塀と併せて造る事で良い感じになりました。そして、木で出来ているから進化させる事も可能です。今回もデッキの柱が役だっています。この様に、下屋の工夫は暮らしの楽しさを増してもくれますからお勧めです。
 私の自宅では、壁から斜めにタルキを下げて波トタンを張っただけの、三角形の簡単な屋根しかない数万で出来る駐輪場ですが、それでも雨風雪を凌いで便利です。雪国の暮らしには家の廻りの下屋は本当に便利だと思っています。なので、車庫なども木で造ると後々の進化が楽しいですよ(笑)。
 
 
   
  岩手山
 
  2011/2/5
   昨日はガスがかかりました、一昨日は綺麗な青空でした。朝は違えど、日中は暖かい日が続いて現場は助かります。この綺麗な姿の岩手山も休火山で、もしかすれば噴火する事もあるのでしょうか?新燃岳の噴火でお困りの皆様に、直接何もお手伝いできませんが、山を見ながら心の中で早く治まればいいな〜と思うのでした。何時か来ると、分かってはいてもそれは突然やって来るものです。備えればと思いながら、なかなかやらないんですよね〜私もそうです・・・。ただ、唯一薪だけは確保に余念がありません(笑)。
 アッそう言えば、この日記と現場便りは毎日書き続けています。昨日は、リフォームや手直しの実例も久々に更新しました。内容は、今年の大雪での凍結被害で、弊社建築ではなかったので、突然のSOSに驚きました。自然が、何時もと少し違うだけで本当に色々な事が生じます。それだけ私たちの暮らしは、平穏無事な中で活気付いてきたかのようです。大切なのは、本当に困った時の対処だと最近感じているので、数日前から点検アフター体制を整えスタートしました。担当は、人一倍気持ちも物理的なところも明るく優しい田村です、失礼(大笑)。
 
 
   
  鬼退治
 
  2011/2/4
   お父さんそっくり!と笑われました。似てますかね〜(笑)。しかも、撃退される役どころです。そして何故か、外には行かずにお酒と豆を頬張る鬼でした。なので、今年も退治されずに居座り、出来れば福の神と仲良くしたいと思うのでした(笑)。
 さて、本来の暦では今日から新年ですが、神様では無く人間の都合で一年のスタートの時期も変遷してきましたが、変わらないのは≒365日円を描きながら太陽を中心に廻り続ける地球です。ほんの少しでもその毎日に変動があると、私たちは生きる事すら困難になります。毎日同じ事を決められた通りにきちんと行うのは、私たち人間には非常に難しい事ですが、それが狂うと生じる問題がこの事の大切さを考えさせてくれます。改良しながらも続ける事が約束されてこそ、本物です。そう考えると、暖房機で一番長く使われ続けているのは薪です。住まいで一番長く持つのも木材です。職人の中で一番長く歴史のある大工や左官職人も自然材料を相手にしてきました。全てが太陽エネルギーによる賜物あればこそですから、木材を手にした時に私が思うのは、太陽系の姿です。なんでこんな事書いたかと云えば、赤鬼の真っ赤なお面を見たら、太陽が連想されたからという単純な理由なのですが、変ですよね?自分でも理由が分からないのですが、毎度のことなのです。

※モニターの鬼に向かい、豆を投げませぬように(笑)。
 
 
   
  節分
 
  2011/2/3
   おはようございます。今日は節分ですが、本来は立春・立夏・立秋・立冬の前日の事だったんだそうですね。今では、一年一回ですから明日は立春です。そして、昔のお正月であり、大寒の末日で邪気を祓い、春の初めに祝福の神が訪れる意味合いがあると、暦に書いてありました。季節も気分も切替えができるのは、精神衛生上も良いですね。なんとなく、さぁ〜頑張るか!と思えてきます。
 節目と云えば、この写真のお住まいも、10年の年月を迎えようとされています。天窓に夏用の遮熱板を取り付けて、手動で上下出来る工夫があります。満月も見えるそうです。色付いた無垢材の表情がとても素敵です。初めて足を運んだ方々は、業者の人でも「オーッ」と一瞬声を出してくれます(笑)。やっぱり、木の家はいいよな〜と実感して、これからも頑張ろうと思う、10年節目の杢創舎でした。
 節分の翌日は立春・・・春よ来い、早く来い(笑)。でも、逃げる2月は怖い・・・幾らでも時間が欲しい、でも確実にこうして年月は過ぎて節目を迎えると、その歩みを思い出すのだから、一日一日が大切ですね。やっぱり、頑張ろう(今日3回目、笑)!これからも、よろしくお願いします。
 
 
   
  薪割り
 
  2011/2/2
   月曜日の午後でした。お客様と、ほんの少しの時間薪割りをしてきました。僅かな楽しい休憩時間を過ごせるのも、ご近所だからこそです。遠方の方、ご近所の方、仕事を通じての新しい出会いとお付き合いの積み重ねに、感謝しています。特に、こうして自ら汗を流す人の最大の魅力は、「人のせいにしない」という素晴らしい共通点があります。よく、○○のせいでこうなった的な言い回しが私は苦手で、てんで気にしない明るい発想と善意的な姿の方は、まるで幸運を呼び込むかのようにも思えます。無論それは、能天気な私が言う事だから的外れかもしれませんが、気分の良さが素直にそう感じるのです。薪も、綺麗に割れると心が弾みます。特に、スパンとかパカンと行けば格別です。時にはガツッ・・バコンとなる事もありますが、そうなる度に割り方に工夫が出来て、何時しか気が付くと上手になり、木の節や性質にどこを叩けば一番楽に割れるか分かってきます。例えば、軽トラ1台で1棚、1棚1カ月など考えながら4〜5ヵ月分、いや来年分などと黙々と作業しながらも計算してしまいます。これが楽しいから止められません(笑)

※薪の燃費は各ご家庭で違うので、上記は参考にはなりませんが、断熱性が高いお住まいは、軽トラ1台(平積み)で1カ月以内が目安にはなると思います。そこで、現場端材が本当に役に立ちます。

※薪以外の暖房使用でも考え方は同じだと思います。如何にランニングコストを抑えた使用が可能かなど、考えて暮らすと楽しいと思います。全館暖房の場合は温度設定を低くして、消費の少ない電気ヒーターとの併用の方がランニングコストが下がる事があります。むやみに快適過ぎない暮らしもお勧めです(笑)。
 
 
   
  後ろ姿
 
  2011/2/1
   今日から如月(2月)ですね。写真は、いつの間にか撮影された夫婦の後ろ姿です。二人の人と書いて「夫」ですが、ふうふの「ふ」とも読めるフが二つで、夫は「つま」とも読むそうで、一二三(ひむみ)でもふは二ですから、二月は夫婦の月にも感じて、変な書き出しになってしまいました(笑)。と云うのは嘘で、前回専務の後ろ姿を勝手に掲載してしまい、「何時の間に!」と言われたので、今日はまたまた「何時の間に!」でした(笑)。
 見学会のスタートはこんな感じでしたので、私の手元ではとある計画図が書き込まれていました。それは、山の中の木工体験工房の計画図です。でも多分、「町」の仕事なので入札申請していない私に仕事が来る可能性は殆ど無いと思います。それでも、楽しくて昨日書いた間伐材の丸太を並べて屋根タルキに使用して土を載せ、壁は現地の土を塗り込み、カマドや水場を造る山の暮らしの提案図を書いてみました。炭焼き小屋やハンモックにツリーハウスなどなど夢は広がります。冬はスキーも出来るぐらいの小高い山もあるそうで、薪ストーブは石で造るぞーと勝手に意気込んでしまいました。万が一仕事が来たら?いや、あり得ない?でも少し期待して、宝くじを買った時の気分になっていました(笑)。
 
 
   
  見学会場にて
 
  2011/1/31
   土曜日の、見学会場での一コマです。微笑ましい写真を撮影したのは高橋大工でした。最近、連写できるカメラがあるので、とにかく撮れば1枚ぐらい良いのがあると云う人もいますが、一枚一枚丁寧に撮影するからこそ写せる写真の方が私は好きです。高橋大工が写してくる写真は、毎回それを感じさせる気持ちのいい映像があります(笑)。私はお客様との会話で忙しかったので、こうした写真を写してくれているとは、なんとも嬉しいですね。
 話しは変わりますが、今朝夢を見ていました。どこかの会社の営業会議で、「ラワンが安いから購入しよう!日本の間伐材は高くて駄目だ!」と言われて、思わず「それでは、日本の山が駄目になる!」と大声で反論した時に、多分本当に声を出したらしく、うなされたように目が覚めました。何でラワン?何で間伐材が高い?と訝しいのですが、夢ってかなり現実と違う場合があるので調整出来ませんが、取り合えず夢でもキチンと正しい意見を言えた気がしてホッとしました(笑)。でも、間伐材は高くはありません。強いて言えば、木材代は殆どタダ同然であり、搬出などに費用を掛ける余裕も無く、放置される事も多いとか手入れそのものが成されないと聞いています。そこで、またしても夢ですが、間伐材の細い丸太の皮を剥いて屋根タルキの代りに隙間なく並べてみたら面白そうです。しかもそれが下から毎日見える、そんな山小屋風天井屋根を想像していました。間伐材の場合は、手を掛けて製材するよりも、そのままの姿で上手く使えばどうかな〜?と思うのですが・・・。

※写真を数多く写す事を否定しているのではありません。例えば運動会とか、動きがある時はそうした方が記念する写真が写せる事もあります。良い写真を写そうと思えばそうした連写したくなる場合もあります。木を使う時もカメラを使う時も、人の心が映し出される気がしての文章でした。念の為の補足です。
 
 
   
  待ち時間
 
  2011/1/30
   昨日の、緑が丘の構造見学会は天候に恵まれて、無事外の薪ストーブも使用しながら開催できました。ご来場いただいた皆様に、心より感謝申し上げます。少し空いた待ち時間、都会でできる「雨、太陽、緑を活かす小さな家」(著者:中臣昌広さん)を熱心に読みこむ専務でした。実は、弊社事務所の前には、巾1m高さ1m長さ7mの堀が施工してあります。私たちもそこに、防水層を造り雨水を溜めて、ガチャンポンプを造る話題で盛り上がりました。当初、井戸を掘りたいと考えていたのですが、雨水の利用の方が楽に出来そうです。今年こそ、本格的にチャレンジしてもいいですね(笑)。しかし、寒かったぁ〜・・・体が冷えて見学会終了後直ぐにお風呂へ直行しました。
 話しを戻して、見学時の薪オーブンで焼いたジャガイモは格別でした。パンも結構美味しくて、楽しみが広がりそうです。薪に関しても、色々な話題がありました。乾いたものが良いとか生が良いとかで、結果炭に関しては生木で作るからまた燃やせると考えて行くと面白い発想ですね。そこでの副産物の木酢液がまた、防虫や防腐に使えるのだから、やはり自分の山が欲しくなります(笑)。
 
 
   
  設備危機
 
  2011/1/29
   ひねったタイトルになってしまいました。あまり詳しく書けませんが、こうした設備機器に頼る現代社会なのは間違いないし、今更原始的な生活をしながらパソコンに向かう事が出来るわけがありません。なので、車でも冷蔵庫でも掃除機でも、そして暖房機もヒートポンプでも全て購入した段階から何時か壊れるとの考えは必要です。しかも、ノストラダムスのように未来を当てる事もできませんから、≒10年は大丈夫いや20年は大丈夫などとの言葉や資料を信じて購入しますね。特に請負い契約を取り交わしたのが、公の機関だとすれば信用度はかなり増します。しかも、設備機器業者を指定したのも公側だとすれば尚更です。実は、モニター募集に手を挙げて取り付けた、ある設備機器が9年で破損しました。しかも、同機種2台共ですから同じものが同様に壊れるとすれば、システムそのものに問題があると誰でも思いますよね?さて、問題はここからです。この仕組みを設計した人は、3桁を超える取替費が必要と提示して、修理出来ないし保証はないと言い、契約元請け側が誰か詳しい人を至急派遣して調べてくれるなどの手厚い対応は無く、この冬にお湯が出ない暖房が使えないのに、今忙しいから1週間待ってとのお話・・・あまり書くと、私繋がりで良い対応をしていただけた方に申し訳ないので書きませんが、何かが変だと思うのです。そう、設備に頼る現代だからこそ、早急なる優しい対応が必要な筈なのです。私も時には間違いを犯します。誰でもそれはあります。だからこそ、そうした時の対応は絶対条件だと思います。今回弊社では、現場を止めても出来るだけの応援をさせていただきました。でも、過去には時間を掛けてご迷惑をお掛けした事もあります。人の事は言わず、まず自分自身の事を振り返り反省して、誠意ある行動が出来るようにしたいと思います。来週から、定期点検やアフター担当の固定化に取り組みます。
 何にしても、設備「危機」ほど生活に直撃する困難な事はありませんから、今のうちに困った時への備は必要だと思いました。考えてみると、ほんの少し寒さが増すと困るし、ほんの少し電気が止まるだけでも右往左往する、危うい場所に皆で住んで生活しているんですね。やはり、人の優しさ暖かさが一番です。それが、設備機器に負けてはいけません。
 
 
   
  打ち合わせ
 
  2011/1/28
   先日の日曜日、構造見学会後の現場でお客様と打ち合わせでした。その際のこの住宅専門誌の数々・・・建築知識や私家本仕様書などなど、生噛りの現場監督より建築の専門知識が豊富で、会話が弾みます。私の知らない言葉や、本により食い違いがあるなど、実に良く調べられていて、しかも気持ちが弾む打ち合わせが出来るのは、こうだから「こう!」との決めつけが無いからだと思います。写真通りの笑顔で打ち合わせをして戻りました。例えば、2階の床は水平剛性を高める為に渡りあ顎で組み、1階にはそうした事は求められず、逆に足固めながらも力を逃がす仕組みも必要などなど・・専門的な構造理由を説明できる気分良さは格別でした。現場担当者も大工さんも、こうした事を理解しないと施工性などだけに陥るわけです。社内勉強会を設ける事もいいかもしれません。でも、飲み会になりそうだよな〜(笑)。
 話は変わります。この所穏やかな天候でしたが、そうは何時までも都合よく行かないようですね。今、雪が降り積っています・・・さぁー急ぎ雪かきです。でないと、車が雪を踏み付けて固まりますからね!では、今日も元気に頑張りましょう!
 
 
   
  照明器具
 
  2011/1/27
   仕上げ工事中の、西松園の現場では、手造りで照明器具を作る箇所があります。和室の照明もその予定なのですが、ふと80年の民家を解体した時の事を思い出し、作業場の奥の奥を探すと、これが出てきました。そうだ、これを照明器具の笠にして杉板で囲み、裸電球(蛍光灯電球)を取り付けると、この格子から光が上にもこぼれて素敵になるかも?との閃きです(笑)。失敗するかもしれませんが、まずは挑戦です。時間が無いのは分かっているのですが、ついつい手を掛けたくなります。工期をいただいた分、尚更に何かしたくもなりますから、お客様にこれを引き出していただいた気持ちがして感謝です。でも、こんな事書いてもしも上手く出来なかったらやり直しです(汗)・・結果は、完成見学会にてご覧ください(笑)。でも不思議ですよね、本当は汚れているこのお風呂の換気口のガラリ?が、今度はこうして役立つ魅力があります。古いものと、新しいものが混在する風景には、安らぎがあるかの様にも思えますが如何でしょうか?
 
※緑が丘の構造見学会の会場の雰囲気を「現場便り」の方に掲載しますので、よろしくお願い申し上げます。

※25日に薪ストーブを購入品の解体をして手本に作る様な事を書きましたが、真似する訳ではありません。販売方法に無責任さを感じて、少しの怒りからだったら自分たちで作るかという気持ちを書きました(笑)。念の為、誤解を招かない為に追記します。

※毎日平穏無事だといいのですが、突然停電とか設備が破損してお湯が出ない電気が使えないとなると、特に冬場は大変です。個人情報の為、詳しくは書けませんが、急遽なる対応工事が発生しています。
 
 
   
  建て方と月
 
  2011/1/26
   昨年から怪我で休職中の高橋大工に、現場の撮影や手伝いなど軽い作業で体均しをしてもらっていますが、現在まだ通院中で復帰出来ていません。でも、明るく前向きに頑張っているのでもう少しの辛抱だと思います。その高橋大工の撮影した写真の中に、この写真がありました。29日の構造見学予定の、緑が丘の建て方時の写真です。火打ち梁の上に浮かぶ三日月に目がとまりました。今週は、先週に引き続き、構造見学会の現場の雰囲気をいち早くご紹介させていただくつもりだったので、スタートの日記写真に何の迷いも無く選びました(笑)。会場は、アネックス川徳の裏手側になります。見学会情報に案内図を掲載しましたので、ご見学のほどお願い申し上げます。綺麗な火打ち梁です(笑顔)。
 
 
   
  いい笑顔
 
  2011/1/25
   薪ストーブを囲んでの談笑風景は良いですね(笑)。特にこの、藤原の嬉しそうな笑顔は何とも良いですね〜(笑)。日曜日の、構造見学会の始まる30分前の写真です。製材側の若手の面々も、見学と応援に駆け付けてくれて、何より嬉しい限りです。地場の木も集まれば、人も集まる、この吸引力は自然素材こその魅力です。確かに、何百人も見学に訪れる事は無いし、爆発的な売り上げ増にもならないと思います。でも、見る人、造る人、材を納める人、皆が楽しく会話が出来る事は確かです。仕事が楽しいのも、無垢の素材の最大の魅力だと思います。焼き芋を頬張りながら、楽しく過ごした一日でした。
 さて、話は少し変わりますが、この鉄板ストーブは購入したばかりですが、オーブンのガラスは壊れるし、取っ手の樺桜は割れるしと、何ともボロボロです。はっきり言って、もうお勧めできませんが、こうなると一度全部分解検証しながら、自分たちで造る事も面白いと思っています。それには仲間が必要ですが、小笠原大工の親戚が偶然にも鉄工所さんなのです。やはり、人の輪こそが力の源ですね。どうなるか?お楽しみにしてください(笑)。
 
 
   
  昨日は見学会
 
  2011/1/24
   おはようございます。昨日は、板倉の構造見学会を無事開催できました。寒いのに、多くの皆様にご来場いただけて感謝感激でした。遠方にもかかわらず、毎回ご来場いただけるお客様もいるのですが、車から降りたととたん、お子さんの「こんにちは!」と、とても明るく元気な笑顔が可愛いくて、気持ちが明るくなりました。そして、会場内を自由に走り回るのでした。そう言えば、他のお客様からも、「杢創舎の住宅見学に来ると、子供が遊び始めたり、梯子に上がりたいと言い始める・・」とのお話がありました。無垢の家の良さは、やはり人の本能が感じ取ってくれるのかもしれません(笑顔)。現場内の空気が本当に清らかで、感じ取ってくれていたら嬉しいですね。
 話は変わりますが、「みんな、似てるね〜」と言われました。と言うは、今回の板倉のお施主さんも、松園のもう直ぐ完成予定の建て主さんも、日詰の基礎が完成してこれから墨付け刻みの始まるお客様も、皆さん森林再生研究会に参加されている方々なのです。しかも、偶然にも杢創舎でお住まいを建築中で、こうして見学会の会場で偶然お会いして、会話が盛り上がりました。その中に私も加わって「似ている」と言われて、とても楽しかったです。また、現在緑が丘にて上棟中のお客様にも板倉を見て頂いて、80〜100年の赤松梁がお互い同じ山からの材で建てられますから、迫力と美しさに盛り上がりました。他にも、これから住まいを建てられるお客様や、既に建てていただいたお客様に、建築勉強中の学生さんなど、色々んなお話が聞けて本当にいい見学会でした。もう一度、感謝御礼申し上げます。ありがとうございました。
 今度は29日の土曜日に、緑が丘の構造見学会を予定しています。見どころは、ケヤキの綺麗な大黒柱と赤松ですが、ロフトに向かう斜め天井空間の明るさや、磨き込まれた職人技が成せる気持ちよさや清々しさです。よろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  今日は見学会
 
  2011/1/23
   おはようございます。今日は、板倉構造見学会の朝です。写真は、大きな赤松の梁や住まいを支える夫婦大黒柱となるケヤキですが、既に飴色になりはじめていました。木とは不思議なもので、今後の時間の経過の中で、白い赤松も次第に飴色になり次第にケヤキも赤松も良く見ないと分からないほど、同じ色合いになります。杉も、赤身と白身の差が少なくなりながら同じ風合いに溶け込んできます。しかもそれは、10年20年30年そして気が付くと100年と留まる事無く変化が続き、何時しか時代の中の古民家になります。ただ、囲炉裏で燻す事の無い現代なので、それがどんな100年を迎えるかはその時のお楽しみです。振り返ると、殆どのお住まいを天然乾燥の木材で建てさせていただいてきました。人工乾燥を否定はしませんし、時には必要で使う事もありましたが、鉋を手にする職人は人工乾燥の肌を嫌います。しかも、乾燥時に木から流れる血の涙は、聖血に近いものさえ感じる事もありました。そして、CO2削減を謳うとすれば天然乾燥に勝るものはありません。確かに機械乾燥は技術の進化でもあり、均一な木材の供給を目的にして真っ直ぐで綺麗です。私は、時代の流れに足を向けているのだろうか?と時には悩みながらも、生きた木の肌や艶に触れると、本能が天然乾燥を求めます。まるで野生児(笑)のようですが、健康をもたらす住まいであることは確かです。
 
 
   
  明日は見学会
 
  2011/1/22
   明日は、板倉の構造見学会です。現場は、2階の床も大方張り終えて、今日は1階を歩ける様に段取りする予定です。2階の床裏は、1階から全て見えるので、今回の床根太は3.5寸角の化粧材を、渡り顎掛けで取付ました。構造の一部になるので、強い床組みになる筈です。逆に1階の床は、構造ではなく床下の土台と柱ピン構造部が柔軟にそして筋違い部が引き抜けない様に金物で止め、中間に存在する1階が極度に柱を固めてしまわない様な施工となります。
 しかし、この所現場に出る機会が少なくて、焦り始めています。ここは、原点に戻り反省しなければならないと痛切に感じます。会社が成長して行くには、大きくなるという事では無く、技術が育つには人が育たなければなりませんから、思い通りに時間を調正出来ないもどかしさを感じます。まずは、自分から直そうと決意しました。今日から、色々と正直に話して、お打ち合わせのお時間調整をお願いできたら、来週から現場一心に働きたいと思います。
 
 
   
  板倉構造2
 
  2011/1/21
   見学会に向けて、2階床工事を終えて1階の床工事の準備に取り掛かりました。色々な構造に工法が多い現代ですが、伝統の技同士を融合させた板壁による落とし込み工法が今回の構造です。採用されケースはそうは多くはないのかもしれませんが、良さは実際に見て触れて確かめていただければ幸いです。また、そこには一人一人の自由な個性や好み等がありますから、毎回手掛けているお住まいが毎回一番です。昨日届いた「山暮らし」の本も「雨、太陽、緑を活かす小さな家」の本も「温故知新の家」の本も、皆全て自由に選べる住まい方の本です。どれを読んでも全て良く見えます。違うのは一人一人であってこその自由ですから、お気軽に楽しんでご見学いただければ幸いです。そして、是非感じていただきたいのは、無垢の良さであり、地元の山の木の良さです。ご見学のほど、よろしくお願い申し上げます。
 ところでソロー曰く、太陽の光は今この瞬間何時の時も誰のところにも同じ時間に別な場所にも同じく届いているとの事です。太陽の申し子でもある樹木は、ある意味同様に誰の手にも届く筈です。太陽の恵みの受け皿となる地域の山は、適正な価格で流通し、地域で生かして使いまた植える事で、永続的に循環しますから、その為にも地場材の使用は意義ある事だと思います。最後に、この赤松の梁は流石に大きいですね。樹齢100年超えの、新渡戸稲造氏が以前所有していた林地の赤松材です。何か、凄いな〜(笑)。
 
 
   
  板倉構造
 
  2011/1/20
   今度の日曜日に予定されてる、板倉の構造見学会に向けて、今週はいち早く日記で雰囲気をご紹介させていただきたいと思います。そこで、現場に向かう藤原にHPで使うから、写真を沢山写して欲しいと話したら、頑張ってきたようです(笑)。それが、この写真です。この迫力が至る所に・・・そして、断熱工事がまだなのに、暖かいのです。杉の無垢板のお陰だと思います。そして、この天然乾燥の杉板の美しさには感激します。色々な家造りがあると思いますが、住む為だけにパッパトと造り、時期が来れば惜しげも無く壊す!そうした家造りとは全く違い、木を伐るところから関わり、植林体験にも参加して製材所も見学し、造る事全てに関わりながら職人一人一人と直に接する家造りです。工期も掛かりますが、その分見えない所も見えてきます。時間の数だけ記憶は刻まれて、木の節木の年輪のごとくに多くの事が思い出として消える事がないのかもしれません。見上げたというより、空から降り注ぐ星の光のように杉の生きた年月の輝きが全身に降り注いでいるような錯覚を覚えました。ここは既に、山と共に過ごしている様なものです。空気が澄んでいます。
 
 
   
  板倉
 
  2011/1/19
   古舘駅裏で工事中の、板倉の現場状況写真です。現在2階の床工事が進んでいます。23日は構造見学を予定していますので、是非ご見学をお願い申し上げます。県産材の証明も不要の、実際に目の前で伐採を見学した立木での建築ですから100%に近い、地場材材使用です。
 県産材の証明をしようとすると、製材所の証明書と現場での使用数の数字がなかなか合いませんが、当たり前です。現場に関われば誰でも分かる事です。立木のm3数と製材後のm3数も当然変わります。鋸で挽かれた分が消えて無くなります。そこが、歩止まりです。建築現場でも、柱や梁はだいたい数量が決まりますが、下地材など余裕を持って依頼しますから、現場の使用数との違いも生じます。また、先程の構造材でも、幾分の余裕が無いと使い分け出来ないので、届いた木材が同じ現場に使われるとは限りません。そこを、正直に数字に書くと納品書と使用数が合う筈がありません。まして、各製材所に注文して届いた木材を混ぜて使い、しかも数年前のものも使用すると、ますます大変です。でも、証明書は数字が合わないと駄目ですから、多少の調整を仕方なく行います。嘘を書く訳ではありませんが、内心は嘘に近い気分になります。こんなギャップに悩みながら補助金申請する世の中なのです。でも、本当の意味で地場材の使用には間違いないから、まあぁっいいか〜となります。私などは、規定数を超えた使用が証明できればいいと思うのですが、18x45x4000材の小さな端数まで合わせないと理解できない方が不思議で、可笑しくさえなります。申請者が真面目すぎるんですよね〜「もう少し、柔らかくさっ、書類を点検する人の気持ちになろうよ」とアドバスしながらも、本音は今日書いた通りの事を思うのでした。
 で、この板倉です。正真正銘の地場材です。何せ、お客様と私と目の前で伐採製材された木材です。でも、県産材証明書の発行も何もありません。写真と請求書だけが証明書です(笑)。途中経過の通過点が無いので、山から製材所に届いた産直です(笑)。地域が良くなればいいのです。これでいいのだ〜(笑)。そして、お客様に感謝です。
 
 
   
  西松園
 
  2011/1/18
   現場の進捗状況は、「現場便り」のコーナーでご紹介していますが、最近は毎日更新しています。その為、この「杢創舎日記」では建築以外の事も含めて色々な他の事を書いていました。時には家族の事までも書いてしまいましたが、今日は住宅会社らしく(笑)西松園の現場からです。写真は、洗面所からサンルーム方向に向かって撮影しました。撮影者は藤原です。壁面の一部に、杉の無垢板を張り込みました。他の室内にも、例えばトイレは栗板で脱衣室はサワラなど、各部屋ごとに色々な樹種を張り込んでいます。ネズコやキリを、壁面に使用した部屋もあります。そうした現場状況を、「現場便り」コーナーにてご紹介させていただいておりますので、ご覧いただければ幸いです。
 今回は、多くの樹種を使用したのですが、岩手の山はまだまだ奥が深く、もっともっと沢山の樹木が山には育ちます。毎日がとにかく勉強になりますから、山は勉強課題の宝庫です。
 
 
   
  休日の仕事
 
  2011/1/17
   昨日は、仏事など予定外の事があったので、戻ってからは何もせず久し振りに休みました。やらなければならない事は沢山あるのですが、一度休むと決めて作業を終えると、今度は休みだからやりたくなるのがこうした写真の様な作業です。「火」は最良の友であると昔の人は言いました。長時間激しい寒さの中にいると全身の感覚が失せてきますが、暖かな家の中に入ると、自分(体)の機能が回復して命も延びる・・・そう、命の源にもなりえる住まいの中の暖かさの原点なので、作業では無く生活の一部でした。これは、薪に限らず色々な暖房器具も同様で、考え方は一つ、暖かな住まい造りは人の命の為にも大切な事の様です。そして、暖かさが満ちていれば楽しみも増えて毎日が豊かになりますね。暖房器具に左右されない、設備機器に縛られないで、自由に都合で暖房機を選べる高性能の住まいを建てています。
 
 
   
  エコファン
 
  2011/1/16
   昨日は、岩泉町で山の神に参加する予定が急遽葬儀と相成り、何とも慌ただしくなってしまいました。その帰り、岩泉町のお客様宅にお伺いして、桜の丸太とオノオレカンバの丸太を物々交換してきました。私が桜の代りに斧折樺をゲットした事になります(笑)。その際に撮影したのが、薪ストーブの天板に置かれたエコファンです。電源不要!薪ストーブの熱だけで回転します。仕組みは至って簡単ですが、金属学とリブの配置での気流学が現代的で素敵です。もしかすれば、これで発電も可能ですよね〜バイオテクノリジーやネイチャーテクノロジーにも繋がると思います。
 今日は、昨日の余波で日記が遅れましたが、薮川は -13度 でした。ところで、薪に関する情報が最近アベコベな話も多く、ソローから引用すれば、人の「絶対これが正しい」は、案外植えつけられた話の場合もあるので、自分で経験して学ぶ事で、自分に合う所を見出す方が良さそうです。人の話は良く聞いて調べて否定せず、融合しながら良さを確かめる訳です。失敗を恐れず、でもやりすぎて壊さない配慮は必要ですから情報収集できる現代は幸せです。それは間違い、それは正しいと決め込まないで、優しい気持ちになる事が一番です。目的は温かく過ごす事ですから、心の中も暖かく・・・そうした意味では、昨日も玄関先でお暇する筈が中に上がり込んで何時しか時間を忘れてしまいました。暖かいんです〜身も心も(笑)。
 
 
   
  見上げれば空
 
  2011/1/15
   何気なく見上げた空です。月が浮かんでいました。一つの中心から色々な半径が書けるように生き方は色々ある。良く考えてみると、この世の有無変転は一つの奇蹟でもある。しかし、それは刻一刻と起きている奇蹟なのだ・・・ソローの森の生活(経済編)の文章が頭に浮かぶ・・・空は気流の流れが速いらしく、雲の姿は刻一刻と変化が速く、浮かんで動かない月の姿をいっそうに惹きたてていました。でも、惑星や衛星の本当の速度はとても速い筈です。距離感とは実に不思議な演出をするものですね。私たちが地域の森や山に心を置く距離感も、とてつもない速度で離れてしまった現代ですが、戻す速度も心の力があれば可能です。既に全てが備わる自然の中に見出す奇跡が、無垢の住まいには満ち溢れています。木の家は本当に素晴らしいものです。お客様に、この様なご感想をいただきました。

「岩手県産アカマツ材をふんだんに用いて建築した我が家を見た人は、親戚知人問わず、皆さんアカマツの迫力に感嘆しています。また、大部分に無垢材を用いたせいか、家中の空気が気持ちよく、特に朝の目覚めがとてもスッキリします。さらに、これまで毎年冬になると空気が乾燥し皮膚アレルギーで肌が炎症していた長男も、この家では綺麗な肌を保っています。家族全員が本当にこの家を気に入っています。」

感謝です。ありがとうございました。

 
 
   
  迫る山?
 
  2011/1/14
   5日の日記で、遠くの筈の岩手山が、直ぐ近くに迫る様な写真を使いましたが、写真を整理していたらもう一枚、高松の池から図書館や盛岡市内方向を撮影した写真も同様でした。白鳥がまるで後方の山から飛来しているかの様に見えますが、山は市内を超えた遥か先で天昌山方向です。雪の世界がもたらす遠近感の狂いなのか?デジカメならではの映像なのでしょうか?私は不思議を感じてしまいました。
 ところで昨日は、雪かき時の雪焼けで目が疲れて酷く、とにかく寝ようと思い早めに休むと今度は夜中に目が覚めて大変でした。そこで、久々にヘンリー・ソローの「森の生活」を手にしましたが、今度は惹き込まれてしまい・・・今朝起きるのが辛かったです(笑)。この際、出来るだけ読破したいのですが・・・
 
 
   
 
 
  2011/1/13
   昨日も雪かきばかりになってしまいました。事務所前の道路が氷の固まりで、なんと15pもある場所もあって、その分体の痛みに比例してしまいます。自分の前だけという気分にはなれませんから、ご近所の前まで・・・どこで止めるか悩みながら(笑)夕暮れを待って終了しました。昨日も20pぐらいは積りましたね。
 そこで事務所に戻ると、温かです。マグマの様な熾きが遠赤外線を放射しています。確かに、一番いい燃やし方は炭がコウコウと音を立てて赤くジンジンするような燃やし方で、火がメラメラではないですね。でも、蓋を開くと空気が送り込まれて炎が立ち上がるので、耐熱ガラス越しの撮影です。フゥー暖か・・・
 
 
   
  棟上げ前
 
  2011/1/12
   おはようございます。また雪が降ってきました・・・昨日は、やっと事務所前の道路の凍った雪を撤去出来る時間が取れたのに、がっかりです。でも、昨日までには緑が丘の建て方が晴天の中進んだので、まだまだラッキーでした。今日は、大きなシートを掛けて作業は進める事が可能です。日詰めの基礎工事も、大きなシートの下で作業可能です。古舘駅裏の屋根工事も同様に、昨晩シートを掛けて今日に備えました。皆の力で現場が進みます。本宮では、断熱工事中ですが、二名の大工さんに断熱機械の操作を覚えて貰いました。年明け多能工集団のスタートです。そして何より大工仕上げ工事の大詰めに至る西松園では、沢山の無垢材がどんどん取り付けられて、毎日の変化に目を見張る速度です。特に、作業する大工さん達の楽しそうな仕事振りが印象的です。更に、動物病院を何時もお願いする応援大工さんに依頼していますが、杢創舎ならではの無垢材空間の病院が3月半ば完成します。
 以前の3倍のメンバーで取り組んでいますが、それでも工程表よりも遅れてしまいました・・・遅れる度に、大工さんの目の輝きは何故か増しています。手を抜けない、人よりも十分に手を掛けて確りと、その意気込みは材に負けない!という職人の心のように思えます。昨日も、あるお客様から「実際何時出来るの?」と、遅れをご容認いただけるお言葉が・・思わず感謝の言葉が出ます。本当にすみません、毎回これで助けられます。こんな事日記で書く私も変ですし、杢創舎は工期を平気で守らないと思われるかもしれませんが、全ては現場が木材が職人技が全ての答えを見せてくれます。でも、反省しています。
 
 
   
  朝も夕も
 
  2011/1/11
   空が薄くピンク色に染まる、朝も夕も似たような色の空になる季節ですね。夏だと確りと違うので、太陽の角度や地球の傾きの微妙な仕組みの不思議さです。
 ところで、天声人語はやはり面白いですね。10日の朝日新聞は、「絵は音楽に負ける」でした。音楽に涙する人は多いけれど、絵で泣いた人はめったにきかないとの話です。でも、音楽の効用は万能ではないないと続きます。心がうらぶれたときは、音楽を聞くなという鮮烈な詩があるそうです。「空気と水と石ころぐらいしかない所へ、そっと沈黙を食べに行け!遠くから生きる為の言葉がこだましてくるから」と・・・そして、逃げずに挫折や傷心と向き合えば、再起の手がかりが降臨すると続いています。「無音の恵み」こそ良薬なのかもしれない。何より誰かを煩わす事が無い。いざ、沈黙を食べに河原にでも・・・
 勝手な要約でしたが、昨日突然私の実弟が訪ねてきました。小さな子が寝たきり状態の日々です。私に何がしてやれるわけでは無いのですが、言葉に出さなくても通じる思いがあります。無音の恵みではないけれど、駅前の酒場で過ごした僅かな明るい2時間、お互いの仕事や人生、そして「書」を語るのもまた良薬の如くに・・・
 
 
   
  ハンドボール
 
  2011/1/10
   7日は、中学校のハンドボール1年生大会でした。気恥ずかしくて、応援の輪の中に入れずに敵陣営応援の隣で撮影してました(笑)。私が見た時は、惨敗!・・・後で聞くと、ベスト8には入ったとかで頑張ったらしいです。何せ、敵方陣営の隣にいたために、「よしやった」「オォーッ!」「ドンマイ」の掛け声が逆なので、控え目に時々ガッツポーズしたりしてました。隣では、選手の先輩が応援していて、「○○なにやってんだこのー!」「おい、あんまり言うな!」と、厳しい先輩と優しい先輩が言いあっていました(笑)。選手も応援も一体になって熱くなる、スポーツはいいですね。私は、勝敗よりももっと積極性に行けよ!と内心思いながら、自分もああだったな〜と人の事言えないのです(笑)。20分だけ応援して戻りました・・・
 
 
   
  手造りサッシ
 
  2011/1/9
   おはようございます。久し振りに朝早くから日記を書きました。今までは朝早くから雪かきしていたので、一休みしながら書いていました(笑)。しかし、外はまた少しだけ雪が積もりましたね・・・今年は本当に大変です。では、引き続きセルフビルドの住まいですが、この写真の木製サッシも手造りです。木枠は本当に良いですね。ただ、ガラス部分の結露や可動部の冷気はありますから、2重建具にする案がお勧めです。とは言え、この素敵なセンスは素晴らしいでしょう!今後の杢創舎の建具職人にもなって欲しいです。期待してます(笑)。
 さて、話は変わって数日前の天声人語から、「息」と云う字は自分の「自」と「心」を組み合わせた形でできているとの文章がありました。思えば息とは貴重なもので、かじかむ指を温められるし、熱い雑炊の熱を冷ます事もできるとの短歌の説明など読むにつけ、そうだよな〜と思うのでした。ガラスもまた、外の光や景色を室内に取り込んでくれるし、有る程度の温かさを保ってもくれて、触ると冷たいが、得るものは明るさと景色が見える温もりなのだから、技術の進歩とはやはり素晴らしい事です。小さな幸せを感じる「良寛さん」の様に生きてみるのもまた良いですね(笑)。「清福」ある日々を生きてみようかな〜と思いたくなる「天声人語」でした。7日の朝日新聞の朝刊です。
 
 
   
  手造り板倉
 
  2011/1/8
   昨日の、セルフビルドの室内です。一人でこつこつと、良く頑張って造ったと思いませんか。偉い!と、褒めてあげたいですね。
 しかし・・・時間が24時間x3位い欲しいですね〜(笑)・・雪かきの成果は、如何に時間に余裕の無い暮らしをしているかを、実感させられました。ただ、それだけ充実しているかもしれません。気付くと、楽しみながら仕事しています。
 
 
   
  セルフビルド
 
  2011/1/7
   セルフビルドの板倉完成!おめでとう森君、良く頑張ったね〜ェ素晴らしい!と云う事で、昨年末に完成して引っ越しも無事済んだとの事で、5日の夜にお祝いを兼ねて見せて貰いました。
 一人でコツコツと2年間かけて建てた住まいです。と言っても、途中中断した期間もあるのですが、その間は杢創舎の仕事をしてくれていました。そして、今年から復帰です。外のイルミネーションが雪景色に映えます。中は、寒くもなく暑くもなくほどほど感が絶妙で、足元の冷気がないのが一番良く感じました。薪ストーブもオーブン付きで楽しさ倍増ですね。子供たちは大喜びで目が輝いていました。奥さんも大満足の流し台は、田村キッチン(そんなメーカー知ってますか?笑)からパーツを貰い特別に仕立てたオリジナルです。他、書ききれないほど色々と楽しい住まいですが、何より家は住む人の笑顔が一番です。そうそう、トイレはバイオトイレですよ。オガクズの中にポットンとする環境配慮品ですが、今後改善する部分もあるとかです。夜だったので詳しくは見ないで戻ったので、後日見学ツアーなど企画して当主から説明を聞くのも楽しいかもしれませんね。では、この場をかりて再度、おめでとう!
 
 
   
  明るく元気に
 
  2011/1/6
   今朝も朝早くから現場の雪かきをしてきたので、日記の更新が遅れてしまいました。写真は、クロステラスで笑顔の絵を発見して撮影してきたものです。これって、著作権侵害になりませんよね(笑)?現場でも、朝から笑顔でご近所の雪かきしている方と挨拶交換できました。AM5:30から皆さん頑張りますね。我々も、非常にご迷惑をお掛けしているので、申し訳なく思います。まだまだ冬本番ですから、今年は覚悟しなければならないかも・・・いや〜笑顔、笑顔で跳ねる年にしましょう!
 
 
   
  岩手山
 
  2011/1/5
   ズ〜と遠くの山の筈が、民家に迫る岩肌の岩手山の写真になりました。撮影場所は高松の池からなので、普段は遠くにその姿が見えるのですが、雪と雲のせいでしょうか?不思議なものです。遠くにある筈のものが、実は直ぐ近くに迫り来る感覚は悪くありません。新年早々の出来事としては、縁起の良い事だと勝手に都合よく判断して、またもや合掌!
 今日まで休みの筈ですが、約一名から雪かきしますの電話がきて、私も今から現場に向かいます。人から人への伝言の連なりは、有り難きことです。しかし、岩泉町の有芸地区に実家のある黒田(同級生の鉄筋職人)から「雪で家が押し潰れそうだ〜!」との電話です。なんと1.5mもあるとか!地域に人が住まなくなりはじめて応援もままならないほど奥深い山里です。出来るなら飛んで応援に行きたいところですが流石に無理なので、別な場所で我々も同じく雪かきしてるからガンバ!では、今日も雪かきです。
 
 
 
Olive Diary DX Ver1.0