トップページに戻る
日記タイトル

2017/6/30 この日記ページに直接リンクを張っていらっしゃる皆様へ
2017/6/29 乗馬
2017/6/28 杢創舎建築第一棟
2017/6/27 五番目の孫
2017/6/26 虹架かる
2017/6/25 玉里神楽奉納
2017/6/24 子供椅子
2017/6/23 やんちゃ猫
2017/6/22 子猫
2017/6/21 山の蕎麦屋
2017/6/20 馬搬材焼き印
2017/6/19 父の日
2017/6/18 プランター
2017/6/17 鶺鴒の雛
2017/6/16 午後出社
2017/6/15 錦鯉
2017/6/14 自宅から夕陽を望む
2017/6/13 附馬牛山林歩き
2017/6/12 奥中山木造校舎
2017/6/11 蔵譲渡情報
2017/6/11 蔵譲渡情報
2017/6/11 チャグチャグ馬っこ
2017/6/10 北野神社
2017/6/9 取材日
2017/6/8 穀用1斗枡の椅子
2017/6/7 ようこそ!
2017/6/6 草刈り
2017/6/5 薪造り
2017/6/5 メイ
2017/6/4 好摩花壇
2017/6/3 花壇
2017/6/2 牛天神
2017/6/1 道具作り
2017/5/31 走る雲
2017/5/30 希望の芽
2017/5/29 ガーデニングフェスタ
2017/5/27 道の駅岩泉
2017/5/26 アカマツ
2017/5/25 一升椅子
2017/5/24 修正挽
2017/5/23 やりぬく心
2017/5/22 石窯
2017/5/21 初夏薫
2017/5/20 水田鏡
2017/5/19 木材の清め
2017/5/18 風清かに泳ぐ鯉
2017/5/17 田植え
2017/5/16 子ども室仕切り
2017/5/15 蒲公英大好き
2017/5/14 菜の花畑
2017/5/13 槐の木の芽
2017/5/12 起工式
2017/5/11 小岩井農牧
2017/5/10 石積みトンネル
2017/5/9 移植桜満開
2017/5/8 高松の池公園
2017/5/7 渋谷坂歩き
2017/5/6 天峰山より
2017/5/5 高松公園で昼寝
2017/5/4 杢創舎16年
2017/5/3 水面鏡
2017/5/2 姫神山の里
2017/5/1 高松公園
2017/4/30 餅つき
2017/4/29 好摩桜満開
2017/4/28 花壇造り
2017/4/28 高松の池
2017/4/28 桜
2017/4/27 石割桜
2017/4/26 植林体験
2017/4/25 杏子満開
2017/4/24 桂
2017/4/23 サンシュユ
2017/4/22 祈り
2017/4/21 桜咲く
2017/4/21 日課の逃亡中
2017/4/20 プランター
2017/4/19 春の日
2017/4/18 重機運転出来た!
2017/4/17 携帯手持ち
2017/4/16 葦簀作り講習会
2017/4/15 散歩
2017/4/14 高松の池
2017/4/13 好摩映画館
2017/4/12 リハビリ日記
2017/4/11 夕刻の岩手山
2017/4/10 岩手山と田圃
2017/4/9 のどかな春の景色
2017/4/8 大黒柱
2017/4/7 平舘建て方三人衆
2017/4/6 懐かしき昭和映画
2017/4/5 初仕事3
2017/4/4 初仕事2
2017/4/3 初仕事!
2017/4/2 春とヤギ
2017/4/1 入社式
2017/3/31 ビル街の中で
2017/3/31 庭の中にタワー
2017/3/30 新宿御苑にて2
2017/3/30 新宿御苑にて
2017/3/30 土に還る
 月曜火曜日と自主リハビリで東京に行ってきました。駅の階段も歩き、渋谷のスクランブル交差点の人の波の中も歩き、新宿御苑の桜も見てこれました。障碍者手帳があるので、入場料は取られませんでしたが、自然の奥深い岩手から、日本の首都東京に来てまで、樹木を眺めたい気持ちになるのが可笑しくもありましたが、江戸時代に整備されたことへの驚きと春の花々を愛でる海外の観光客の方々の俄かカメラマンぶりに時代の流れの妙を感じながら陽光の温かさに心がほぐされているのを感じました。御苑内各所で満開の桜の名も陽光・・・この日も園内とにかく良く歩きました。おかげで」今朝は、足が軽く、柔軟になった気がします。手も、両手を組めるまでになりました。盛付の応援で、手を組んで祈ります!がんばれー 3678.jpg
2017/3/28 芽吹き
2017/3/27 小雨
2017/3/26 メイとユキ
2017/3/25 大工仕事
2017/3/25 柱番付け
2017/3/24 ホーストレッキング
2017/3/23 春の夕暮れ
2017/3/22 お釜
2017/3/21 春彼岸
2017/3/20 太陽
2017/3/19 タイガ
2017/3/18 サト
2017/3/17 萱葺き
2017/3/16 春へ向けて
2017/3/15 好摩板倉講演会
2017/3/14 竈焚き
2017/3/13 鹿肉!
2017/3/12 釜炊きご飯
2017/3/11 股の木
2017/3/10 木の命
2017/3/9 貴重な竹竿
2017/3/8
2017/3/7
2017/3/6 休憩室
2017/3/5 サトちゃん
2017/3/4 畳職人
2017/3/3 春待ちの山羊
2017/3/2 釜焚きご飯釜
2017/3/1 この美しき世界
2017/2/28 薪割り
2017/2/27 大楠
2017/2/26 姫神山
2017/2/25 丸太積上げ
2017/2/24 岩手の自然
2017/2/23 大都会の自然
2017/2/22 明治神宮
2017/2/21 5歳の木
2017/2/20 木との対話
2017/2/18 原木確認で山へ
2017/2/17 ゆらゆら浮く
2017/2/16 玉里の大改修現場にて
2017/2/15 杢創舎応援団
2017/2/14 岩手山神社
2017/2/13 しんしんと雪
2017/2/12 木の家
2017/2/11 春告げる陽光
2017/2/10 タカラ箱
2017/2/9 奥中山
2017/2/8 板金曲げ機
2017/2/7 ユニック新車
2017/2/6 炭入れ
2017/2/5 銀杏のカウンター
2017/2/4 通勤路
2017/2/3 空の中で
2017/2/2 雪林街道
2017/2/1 閑薫院様
2017/1/31 打ち合わせ
2017/1/30 雪景色
2017/1/29 雪原
2017/1/28 カメラ
2017/1/27 雪
2017/1/26 杢創舎焼印
2017/1/25 薪の火
2017/1/24 ルアーケース
2017/1/24 下の続きです!
2017/1/24 ルアーケース
2017/1/23 テレビ台製作
2017/1/23 下の続きです!
2017/1/23 テレビ台製作
2017/1/23 刻印
2017/1/22 車椅子大工
2017/1/21 面接
2017/1/20 土魂
2017/1/19 入院中の外泊日
2017/1/18 永遠の愛
2017/1/18 雪積もる
2017/1/17 無事退院
2017/1/16 日はまた昇る
2017/1/14 半年
2017/1/13 風で乾かす
2017/1/12 刈り取り終了
2017/1/11 茅と蔓
2017/1/10 束ねて結って
2017/1/9 背より高い茅
2017/1/7 初詣
2017/1/6 響く除夜の鐘
2017/1/2 病室日記
2017/1/1 初日の出
2016/12/31 大晦日
2016/12/29 風に舞う雪
2016/12/28 飛行機
2016/12/27 雲の影日の光
2016/12/26 夜に照る木々
2016/12/24 ピンクのお鼻
2016/12/23 ハボタンの露
2016/12/22 足元のタイガ
2016/12/21 氷の粒
2016/12/20 二つの星
2016/12/19 山居倉庫の灯
2016/12/17 姫神山と雀
2016/12/16 薄とリース
2016/12/15 あしあと
2016/12/14 ストーブ番人
2016/12/13 ひこうき雲
2016/12/12 氷の世界地図
2016/12/10 白い姫神山
2016/12/9 防風林と電線
2016/12/8 静かな降雪
2016/12/7 朝日光る霜柱
2016/12/6 小ガメの頂上
2016/12/5 伝説の妖精?
2016/12/3 ヤギが呼ぶ
2016/12/2 菱形の陽光
2016/12/1 ススキの毛
2016/11/30 揺らめく火
2016/11/29 フェルトの葉
2016/11/28 雲被る岩手山
2016/11/26 姫神山
2016/11/25 水槽の虹
2016/11/24 水色の画用紙
2016/11/23 雫の形
2016/11/22 長い揺れ
2016/11/21 気まぐれ
2016/11/19 防風林の影
2016/11/18 風に揺れる穂
2016/11/17 光落ちる朝
2016/11/16 月光
2016/11/15 ちびカメズ
2016/11/14 太陽の道
2016/11/12 水たまりの氷
2016/11/11 どーっちだ!
2016/11/10 盛岡の初雪
2016/11/9 ひっつき虫
2016/11/8 シクラメン
2016/11/7 虹色のドレス
2016/11/5 車椅子車検!
2016/11/4 動静の一瞬
2016/11/3 白樺クッキー
2016/11/2 霜模様
2016/11/1 焼走り
2016/10/31 押し花の額
2016/10/29 朝食タイム
2016/10/28 秋色姫神山
2016/10/27 WOOD DESIGN AWARD 2016
2016/10/26 希望郷いわて大会
2016/10/25 銀メダル受賞
2016/10/24 競技を終えて
2016/10/22 足場から
2016/10/21 いざ、勝負へ
2016/10/20 クローバー
2016/10/19 日を浴びて
2016/10/18 茅と青空
2016/10/17 秋のリース
2016/10/15 私の休憩場所
2016/10/14 薪ストーブ
2016/10/13 冬支度
2016/10/12 槍鉋
2016/10/11 焼印
2016/10/10 鉋削り体験会
2016/10/10 設営完了
2016/10/9 設営!
2016/10/8 鉋削り体験
2016/10/7 メイのまくら
2016/10/6 優雅な籠
2016/10/5 すましたメイ
2016/10/4 7周年
2016/10/3 金色の絨毯
2016/10/1 タイガの帰宅
2016/9/30 岩手と芸術家
2016/9/29 ぐっすり猫
2016/9/28 そよ風知らせ
2016/9/27 虹のお話
2016/9/26 私の芸術の秋
2016/9/24 結団式
2016/9/24 結団式
2016/9/23 空を向く小花
2016/9/22 夕暮れ時
2016/9/21 スマイルヒバ
2016/9/20 太陽に虹の暈
2016/9/19 笑顔の見学会
2016/9/18 完成見学会
2016/9/17 大石渡見学会
2016/9/16 青い栗三兄弟
2016/9/15 ユリの香り
2016/9/14 地鎮祭
2016/9/13 その先へ
2016/9/12 終わらせない
2016/9/10 田村部長
2016/9/9 研ぎ澄ます力
2016/9/8 地鎮祭
2016/9/7 救援物資
2016/9/6 綺麗な黒い瞳
2016/9/5 ピラミッド型
2016/9/3 生きたの木目
2016/9/2 見て追う技術
2016/9/1 力を合わせて
2016/8/31 台風の後の空
2016/8/30 優雅に脱走中
2016/8/29 マツヨイグサ
2016/8/28 試練に打ち克つ
2016/8/27 ピンクの小花
2016/8/26 自然の影の形
2016/8/25 紫のアサガオ
2016/8/24 メイユキ朝食
2016/8/23 花香に呼ばれ
2016/8/22 熱い夏の終幕
2016/8/21 幸せな時間
2016/8/20 知足
2016/8/19 夏の体験室B
2016/8/18 槍鉋
2016/8/17 盆送り
2016/8/13 名刺入れ
2016/8/12 小ガメ中ガメ
2016/8/11 山の日始まり
2016/8/10 リオ吹き流し
2016/8/9 夜空に咲く菊
2016/8/8 夏の体験室A
2016/8/8 夏の体験室A
2016/8/7 夏の閑かさ
2016/8/6 トンボの休憩
2016/8/5 道草食うヤギ
2016/8/4 ツルの紙風船
2016/8/3 草をよく噛む
2016/8/2 夏の体験室@
2016/8/2 夏の体験室@
2016/8/1 遠山棟梁感謝
2016/7/30 12年前
2016/7/29 夏空
2016/7/28 好摩厨房
2016/7/27 夏の朝
2016/7/26 木工体験室
2016/7/25 モルダー
2016/7/24 木は長持ち
2016/7/23 特殊伐採
2016/7/22 馬搬の森
2016/7/21 プランター
2016/7/20 梅雨の晴れ間
2016/7/19 燻製室
2016/7/19 網焼き
2016/7/18 木彫り
2016/7/18 木彫り
2016/7/18 木彫り
2016/7/17 お昼の一時
2016/7/16 社員食堂
2016/7/15 好摩夕刻食堂
2016/7/14 山崎所長
2016/7/13 ハツリ
2016/7/12 新ジャガ
2016/7/11 朝靄
2016/7/10 椅子
2016/7/9 煉瓦カマド
2016/7/8 森の蛙の巣
2016/7/7 ブランコ
2016/7/6 此の木何の木
2016/7/5 ロープワーク
2016/7/4 岩洞の山遊び
2016/7/3 山羊の挨拶
2016/7/2 文月
2016/7/1 本棚
2016/6/30 プランター
2016/6/29 木工体験3
2016/6/28 木工体験2
2016/6/28 木工体験
2016/6/27 完成見学会3
2016/6/26 完成見学会2
2016/6/25 完成見学会
2016/6/24 好摩映画館?
2016/6/23 寝て馬
2016/6/22 雨の日は笠
2016/6/21 現場から移植
2016/6/20 竣工お祝い
2016/6/19 可愛い見学者
2016/6/18 夢の国
2016/6/17 紫波日詰の家
2016/6/16 カメラ目線
2016/6/15 どんより雲には音楽を
2016/6/14 出張の早朝
2016/6/13 子泣き馬コ
2016/6/12 チャグチャグ
2016/6/11 空に浮かぶ雲
2016/6/10 茅の日除け
2016/6/9 タンポポ
2016/6/8 ウッドチッパー
2016/6/7 馬の放牧
2016/6/6 精霊の森
2016/6/5 水無月の朝
2016/6/4 新しい仲間
2016/6/3 安比中の牧場
2016/6/2 大沢渡大改修
2016/6/1 玉里の大改修
2016/5/31 塗り壁体験
2016/5/30 八丸牧場
2016/5/29 好摩板倉
2016/5/28 薪割り場
2016/5/27 復興への祈り
2016/5/27 復興への祈り
2016/5/26 岩手山と田圃
2016/5/25 茅葺屋根の家
2016/5/24 相克の朝
2016/5/23 ボート初乗り
2016/5/22 山羊の顔
2016/5/21 カマド修復
2016/5/20 姫神山と田圃
2016/5/19 天然石屋根
2016/5/18 鋸引き
2016/5/17 薄削り
2016/5/16 山羊
2016/5/14 ご縁
2016/5/13 相の沢牧野
2016/5/12 削ろう会
2016/5/11 好摩の庭
2016/5/10 8日の薪割り
2016/5/9 丸太製材
2016/5/8 槐の新芽
2016/5/7 トレー作り
2016/5/6 玉切した薪
2016/5/5 茅追加植込み
2016/5/4 3日の薪割り
2016/5/3 2日の薪割り
2016/5/2 馬引き体験
2016/5/1 皐月
2016/4/30 岩洞湖
2016/4/29 薪の玉切
2016/4/28 姫神山頂の月
2016/4/27 ハナレ木さん
2016/4/26 桜満開
2016/4/25 杏子の花咲く
2016/4/24 快眠
2016/4/23 看板取付
2016/4/22 看板
2016/4/21 好摩の空
2016/4/20 岩手の空
2016/4/19 厩にて
2016/4/18 春の嵐
2016/4/17 空に祈る
2016/4/16 馬と長男
2016/4/15 昨夜の不穏光
2016/4/14 鉈屋町雛祭り
2016/4/13 拝借写真
2016/4/12 氷点下の春
2016/4/11 岩手山の輝き
2016/4/10 落葉松の朝
2016/4/9 爽やかな朝
2016/4/8 今日はもう一つ日記を加えます。筆者は、、、
2016/4/8 鬼胡桃の丸太
2016/4/7 少女カメラマン
2016/4/6 桜満開群馬県
2016/4/5 春眠暁を覚えず
2016/4/4 元気で明るいカメラマン
2016/4/3 完成見学会
2016/4/2 心を込め合掌
2016/4/1 卯月
2016/3/31 3月末日の朝
2016/3/30 金田一温泉
2016/3/29 看板の文字
2016/3/28 芽吹き
2016/3/27 紫式部
2016/3/26 足跡
2016/3/25 机をDIY
2016/3/24 七弦ギター
2016/3/23 優しさに包まれ
2016/3/22 捨てられない
2016/3/21 今朝の岩手山
2016/3/20 大テーブル
2016/3/19 今朝は雨
2016/3/18 姫神山
2016/3/17 赤松到着
2016/3/16 なお平誕生日
2016/3/15 酷過ぎ!
2016/3/14 岩手山
2016/3/13 テーブル
2016/3/12 空を行く
2016/3/11 五年の歳月
2016/3/10 癒しの世界
2016/3/9 渡り鳥
2016/3/8 ご愛嬌
2016/3/7 板倉改装
2016/3/6 トイレの壁
2016/3/5 パン屋さん3
2016/3/4 パン屋さん2
2016/3/4 パン屋さん
2016/3/3 雲間
2016/3/2 朝日
2016/3/1 弥生三月
2016/2/29 気持ちは春
2016/2/28 ジャズライブ
2016/2/27 木材搬送
2016/2/26 火鉢と電気笠
2016/2/25 行燈と桜
2016/2/24 踊りの練習?
2016/2/23 珈琲豆を炒る
2016/2/22 糸鋸と木片
2016/2/21 北上川にて
2016/2/20 板倉改装
2016/2/19 山が伸びた?
2016/2/18 2月、桜咲く
2016/2/17 極真さん道場
2016/2/16 三寒四温
2016/2/15 名こそ惜しけれ
2016/2/14 障害者文化祭
2016/2/13 トレーニング
2016/2/12 高校の想い出
2016/2/11 建国記念の日
2016/2/10 内記の誕生日
2016/2/9 雪積もる好摩
2016/2/8 木組み調査
2016/2/7 屋根裏が見事
2016/2/6 眼差し?
2016/2/5 鬼だ!
2016/2/4 端材の物語
2016/2/3 冬山の影
2016/2/2 KT物語2
2016/2/2 KT物語
2016/2/1 長友心平さん
2016/1/31 ケーナの音色
2016/1/30 水音強く
2016/1/29 六時の空
2016/1/28 喧嘩遊び
2016/1/27 仕事の邪魔者
2016/1/26 24時間営業
2016/1/25 雅叙園EV
2016/1/24 つるし飾り
2016/1/24 つるし飾り
2016/1/23 つるし飾り
2016/1/22 ふくら雀
2016/1/21 癒しのタイガ
2016/1/20 欅丸太の製材
2016/1/19 出初め式
2016/1/18 凍る川
2016/1/17 玄関先床の間
2016/1/16 梃子の知恵
2016/1/15 福島・・・
2016/1/14 卸売市場朝食
2016/1/14 地方卸売市場
2016/1/13 千葉より帰還
2016/1/12 今から千葉へ
2016/1/12 竣工お祝い
2016/1/11 桜のカウンター
2016/1/10 雲光る夕暮れ
2016/1/9 楢丸太の製材
2016/1/8 巡り巡って
2016/1/7 犬と猫
2016/1/6 ハナとタイガ
2016/1/5 好摩駅の手前
2016/1/4 量子の放射
2016/1/3 烏帽子岩詣で
2016/1/2 書き初め
2016/1/1 恭賀新年
2015/12/31 大晦日
2015/12/30 敢闘賞を手に
2015/12/29 新風秘やかに
2015/12/28 子犬
2015/12/27 雪積もる
2015/12/26 完成見学会
2015/12/25 木材粉砕機
2015/12/24 冬至の朝
2015/12/23 プレスマシン
2015/12/22 はなちゃん
2015/12/22 はなちゃん
2015/12/21 姫神山
2015/12/20 窓越しの温もり
2015/12/19 碁石遺跡の山
2015/12/18 風
2015/12/17 怪我した猫
2015/12/16 岩手山
2015/12/15 建具製作
2015/12/14 岩手山と祠2
2015/12/13 岩手山と祠
2015/12/12 薪置場
2015/12/11 秋田杉
2015/12/10 椿
2015/12/9 造作材加工
2015/12/8 敢闘賞
2015/12/7 技能五輪大会
2015/12/6 完成見学会
2015/12/5 化粧板、杉!
2015/12/4 杉天井板
2015/12/3 技能五輪大会
2015/12/2 式台
2015/12/1 敷台
2015/11/30 岩手山白く
2015/11/29 薪ボイラー
2015/11/28 窓越しの交錯
2015/11/27 完成見学会
2015/11/26 ベンチお届け
2015/11/25 特殊伐採
2015/11/24 庭仕事
2015/11/23 勤労感謝の日
2015/11/22 小笠原明
2015/11/21 火入れ
2015/11/20 早出の朝
2015/11/19 初冬の朝
2015/11/18 好摩の植樹
2015/11/17 ウッドチッパー
2015/11/16 支障木伐採
2015/11/15 ログ壁?
2015/11/14 技能五輪課題
2015/11/13 豪華!
2015/11/12 表土剥ぎ
2015/11/11 電気鉋掛け
2015/11/10 特訓
2015/11/9 タイガ
2015/11/8 タイガ
2015/11/7 オギススキ
2015/11/6 アーティスト
2015/11/5 秋のタンポポ
2015/11/4 銀河鉄道の夜
2015/11/3 洋平の墨付け
2015/11/2 犬と山歩き
2015/11/1 キャッチボール
2015/10/31 遠山正道
2015/10/30 奇跡の人
2015/10/29 花巻市の新築
2015/10/28 今朝も早起き
2015/10/27 早起きした朝
2015/10/26 銀色の光
2015/10/25 好摩の紅葉
2015/10/24 森匡弘
2015/10/23 大和田洋平
2015/10/22 佐々木大輝
2015/10/21 東の空
2015/10/20 秋の霧
2015/10/19 テレビ岩手
2015/10/18 齊藤栞
2015/10/17 今年の暖房
2015/10/16 高橋正
2015/10/15 安藤幸彦
2015/10/14 熊谷奈央
2015/10/13 秋の山
2015/10/12 モルダー可動
2015/10/11 好摩の夕刻
2015/10/10 歴史の幻影
2015/10/9 ネコパンチ
2015/10/8 囲炉裏4
2015/10/7 囲炉裏3
2015/10/6 BMW
2015/10/5 囲炉裏2
2015/10/4 安全第一と虹
2015/10/3 安全第一
2015/10/2 囲炉裏
2015/10/1 東京五輪
2015/9/30 初冠雪
2015/9/27 創作照明
2015/9/26 技能五輪へ
2015/9/25 馬ッコ凱旋
2015/9/24 大槌の大改修
2015/9/23 雲
2015/9/22 トンボ
2015/9/21 連休の朝2
2015/9/20 連休の朝
2015/9/19 秋の雨
2015/9/18 栗さん誕生会
2015/9/17 大槌の大改修
2015/9/16 クンと上がる
2015/9/15 馬頭雲
2015/9/14 チョウナ仕上
2015/9/13 稲と影
2015/9/12 台風一過の朝
2015/9/11 大槌の大改修
2015/9/10 人知れず
2015/9/9 小さな種から
2015/9/8 郷社
2015/9/7 板材の数々
2015/9/6 名残
2015/9/5 撮影
2015/9/4 手造り照明
2015/9/3 麒麟雲
2015/9/2 倒れそうで・・
2015/9/1 長月
2015/8/31 のどかな朝
2015/8/30 楢と桜
2015/8/29 洋平室
2015/8/28 洋平作、照明枠
2015/8/27 洋平作品展示
2015/8/26 雨傘
2015/8/25 手押しポンプ
2015/8/24 茅場
2015/8/23 洋平室入口
2015/8/22 格天井
2015/8/21 石のテーブル
2015/8/20 夏の終わり?
2015/8/19 草原の朝
2015/8/18 住込み新人
2015/8/17 盆送り
2015/8/16 清水川
2015/8/15 カニ捕り
2015/8/14 お墓参りの朝
2015/8/13 神子田朝市
2015/8/12 犬と猫
2015/8/11 身障者トイレ
2015/8/10 茅畑
2015/8/9 鏝
2015/8/8 立秋
2015/8/7 夏は黄色
2015/8/6 スロープ
2015/8/6 今の洋平
2015/8/5 三文の徳
2015/8/4 伝統の技術と新しい技術
2015/8/4 完成美、感謝
2015/8/3 断熱
2015/8/2 オクラの花
2015/8/1 風炉
2015/7/31 経年変化
2015/7/30 明歴々露堂々
2015/7/29 夏の杉林
2015/7/28 竜雲
2015/7/27 可愛い来場者
2015/7/26 浅岸見学会
2015/7/25 浅岸見学会
2015/7/24 姫神の朝
2015/7/23 ガイナ塗布
2015/7/22 横澤さんと♪
2015/7/21 一輪の花
2015/7/20 乾杯しよう!
2015/7/19 姫神山
2015/7/18 オギススキ
2015/7/17 IBCテレビ
2015/7/16 雨の朝
2015/7/15 岩手山
2015/7/14 クマさん
2015/7/13 鳳凰雲
2015/7/12 鬼が直す腹痛
2015/7/11 外山森林公園
2015/7/10 賢治さん?
2015/7/9 アルパ
2015/7/8 猫と私
2015/7/7 外山茸園にて
2015/7/6 杢目
2015/7/5 青空商店にて
2015/7/4 岩洞の山へ
2015/7/3 IBC取材
2015/7/2 草刈リハビリ
2015/7/1 回復月
2015/7/1 落ち込み月
2015/6/30 岩泉取材
2015/6/29 「ふね」
2015/6/28 石積リハビリ
2015/6/27 天然乾燥板
2015/6/26 開け具合調整
2015/6/25 同業者見学
2015/6/24 天然乾燥
2015/6/23 岩洞湖と猫
2015/6/22 岩洞湖と犬
2015/6/21 姫神山
2015/6/20 大釜
2015/6/19 茅畑
2015/6/18 大きなススキ
2015/6/17 オギススキ
2015/6/16 鹿との遭遇
2015/6/15 茅畑
2015/6/14 家族で薪割り
2015/6/13 岩泉、その後
2015/6/12 刻み見学
2015/6/11 木渡り
2015/6/10 欅材のベンチ
2015/6/9 好摩の薪積
2015/6/8 茅の苗
2015/6/7 馬搬の森にて
2015/6/6 茅葺屋根
2015/6/5 レンガ積
2015/6/4 好摩の朝
2015/6/3 庭のお手入れ
2015/6/2 木製建具
2015/6/1 提灯屋さん
2015/5/31 4人薪割り
2015/5/30 シンボルの木
2015/5/29 水牛と子供達
2015/5/28 ラオスの風
2015/5/27 いい夫婦
2015/5/26 一人薪割り
2015/5/25 連携プレー
2015/5/24 岩洞湖湖畔
2015/5/23 白樺の薪
2015/5/22 皮むき
2015/5/21 虹を見る洋平
2015/5/20 洋平の取材
2015/5/19 雨の朝
2015/5/18 猫とカラス
2015/5/17 馬糞堆肥
2015/5/16 上棟式
2015/5/15 木杭
2015/5/14 木登り
2015/5/13 緑燃ゆ
2015/5/12 午後更新
2015/5/11 春咲山芥子
2015/5/10 田圃
2015/5/9 波板海岸
2015/5/8 8mの赤松梁
2015/5/7 薪割り
2015/5/6 GW休み5
2015/5/5 GW休み4
2015/5/4 GW休み3
2015/5/3 GW休み2
2015/5/2 GW休み1
2015/5/1 桂の木枠
2015/4/30 槐の木枠
2015/4/29 二股の梁
2015/4/28 葉桜となりて
2015/4/27 楽しい見学会
2015/4/26 完成見学会2
2015/4/25 完成見学会1
2015/4/24 春になれば
2015/4/23 小国廻り
2015/4/22 桜祭り
2015/4/21 縄跳び
2015/4/20 桜満開
2015/4/19 山田周生さん
2015/4/18 お礼の手直し
2015/4/17 丸太搬送
2015/4/16 105枚の板
2015/4/15 大槌の大改修
2015/4/14 五重塔
2015/4/13 雛祭り
2015/4/12 ようへい
2015/4/11 馬搬落葉松
2015/4/10 展示会
2015/4/9 大きな丸太
2015/4/8 土壁への歩み
2015/4/7 栗丸太搬出
2015/4/6 おにぎり
2015/4/5 馬搬の森
2015/4/4 山梨の木
2015/4/3 花巻新築工事
2015/4/2 卯月2日
2015/4/1 卯月
2015/3/31 芬
2015/3/30 農耕間近
2015/3/29 トチの木
2015/3/28 萌えの朝
2015/3/27 春の朝
2015/3/26 新しい仲間達
2015/3/25 大工見習い
2015/3/24 またドカ雪
2015/3/23 旅立ち
2015/3/22 見学会開催
2015/3/21 完成見学会
2015/3/20 サイネリア
2015/3/19 薪入手
2015/3/18 新車
2015/3/17 前九年見学会
2015/3/16 中津川
2015/3/15 早春の朝に思う
2015/3/14 大槌の屋根裏
2015/3/13 南部赤松到着
2015/3/12 出窓の下
2015/3/11 大雪
2015/3/10 早朝帰還
2015/3/9 日曜の朝
2015/3/8 石の表情
2015/3/7 大工道具
2015/3/6 サムライキング
2015/3/5 大槌の大改修
2015/3/4 小さな椅子
2015/3/3 木組の車椅子
2015/3/2 洋平も見学
2015/3/1 早春の音
2015/2/28 下の続きです
2015/2/28 岩泉町見学会
2015/2/27 明日は見学会
2015/2/26 岩泉の呼び鈴
2015/2/25 伐倒の瞬間
2015/2/24 蔵戸再生
2015/2/23 積み木の箱
2015/2/22 tentさん
2015/2/21 稲
2015/2/20 土壁の薫り
2015/2/19 新月伐採
2015/2/18 大槌町の朝
2015/2/17 新月間近い
2015/2/16 配線隠し
2015/2/15 蜂の巣
2015/2/14 益子焼
2015/2/13 左官仕事撮影
2015/2/12 車椅子創作
2015/2/11 大槌の月
2015/2/10 大きな杉丸太
2015/2/9 木出し
2015/2/8 トラクター
2015/2/7 大槌の大改修
2015/2/6 木工
2015/2/5 車椅子作り
2015/2/4 左官道具
2015/2/3 力比べ
2015/2/2 地元の土
2015/2/1 好摩の朝
2015/1/31 岩泉で土壁塗
2015/1/30 介護用の改修
2015/1/29 屋根の改修
2015/1/28 天井裏が凄い
2015/1/27 車椅子創作
2015/1/26 散歩5
2015/1/26 散歩4
2015/1/26 散歩3
2015/1/26 散歩2
2015/1/26 散歩1
2015/1/25 大寒を過ぎて
2015/1/24 機械は人です
2015/1/23 上棟式
2015/1/22 鳥居ライン
2015/1/21 大きな屋根
2015/1/20 座卓・椅子完成
2015/1/19 見学終了
2015/1/18 囲炉裏
2015/1/17 座卓と椅子
2015/1/16 明日は見学会
2015/1/15 製材
2015/1/14 杉玉
2015/1/13 杉板の外壁
2015/1/12 好天
2015/1/11 わらすさ
2015/1/10 取っ手
2015/1/9 ムーミン
2015/1/8 次の課題
2015/1/7 家具修繕
2015/1/6 満月
2015/1/5 仕事始め
2015/1/4 神楽殿
2015/1/3 大日霊貴神社
2015/1/2 初詣
2015/1/1 元旦
2014/12/31 大晦日
2014/12/30 健さん
2014/12/29 大日堂神楽
2014/12/28 正月休み
2014/12/27 仕事納め
2014/12/26 家族
2014/12/25 岩泉町の冬?
2014/12/24 通し柱
2014/12/23 下屋補強
2014/12/22 見学会場にて
2014/12/21 完成見学会2
2014/12/20 完成見学会
2014/12/19 神棚創作
2014/12/18 馬の搬送車
2014/12/17 大雪情報にて
2014/12/16 大きな機材
2014/12/15 階段手摺
2014/12/14 ヤンチャ猫3
2014/12/13 久し振りの町
2014/12/12 カーブする框
2014/12/11 古材の床
2014/12/10 岩泉線賛歌
2014/12/9 職人同士
2014/12/8 消防分団
2014/12/7 事務所薪暖房
2014/12/6 自宅の薪暖房
2014/12/5 棟梁の刻み
2014/12/4 千葉家撮影
2014/12/3 高村の夏
2014/12/2 競技会場風景
2014/12/1 技能五輪大会
2014/11/28 好摩の朝
2014/11/27 技能五輪へ
2014/11/26 馬搬と出会い
2014/11/25 ヤンチャ猫2
2014/11/25 ヤンチャ猫1
2014/11/24 バレーボール
2014/11/23 木の学校
2014/11/22 ターサイ
2014/11/21 岩手山
2014/11/20 ブランコ
2014/11/19 CO2排出権
2014/11/18 ブーメラン
2014/11/17 好摩野菜市場
2014/11/16 構えて!
2014/11/15 雪化粧
2014/11/14 トラス模型
2014/11/13 散歩
2014/11/12 数日前十五夜
2014/11/11 水遊び
2014/11/10 昨日の岩手山
2014/11/9 岩手山
2014/11/8 空
2014/11/7 53回の誕生日
2014/11/6 猫と犬
2014/11/5 葦原を駆ける
2014/11/4 湖畔の犬
2014/11/3 岩洞で遊ぶ
2014/11/2 右目復活
2014/11/1 犬と猫
2014/10/31 大槌にて
2014/10/30 建物の修繕
2014/10/29 競技会
2014/10/28 欅
2014/10/27 旅先にて
2014/10/25 湖畔
2014/10/24 復興への思い
2014/10/23 コスモス
2014/10/22 技能五輪挑戦
2014/10/21 20日の朝
2014/10/20 体験を語る
2014/10/19 tent
2014/10/18 技能五輪挑戦
2014/10/17 技能五輪挑戦
2014/10/16 錦木
2014/10/15 ジャッキ
2014/10/14 紅葉と台風
2014/10/13 風に揺れる
2014/10/12 納車
2014/10/11 夕刻の作業場
2014/10/11 技能五輪挑戦
2014/10/10 ツリーハウス
2014/10/9 秋風の中で
2014/10/8 お休み
2014/10/7 タイガ
2014/10/6 作業場梁入替
2014/10/5 各々の休憩
2014/10/4 ポスト完成♪
2014/10/3 歩行訓練器具
2014/10/2 技能五輪挑戦
2014/10/1 電動バイク
2014/9/30 新室祭
2014/9/29 シュート
2014/9/28 9月28日の朝
2014/9/27 ダム湖の朝
2014/9/26 今年の暖房機
2014/9/25 雲の上は晴れ
2014/9/24 好摩の朝
2014/9/23 岩洞の夕暮れ
2014/9/22 観天望気
2014/9/21 秋は茸
2014/9/20 好摩の虹
2014/9/19 空
2014/9/18 山田町とっと
2014/9/17 ひつじ雲?
2014/9/16 復興の秋祭り
2014/9/15 左官の魅力
2014/9/14 虎猫
2014/9/13 実りの秋
2014/9/12 三毛猫
2014/9/11 大きな一枚板
2014/9/10 仲間入り
2014/9/9 9月9日の朝
2014/9/8 御礼
2014/9/7 何気なく
2014/9/6 完成見学会
2014/9/5 座卓テーブル
2014/9/4 頑張れ洋平
2014/9/3 アルバイト
2014/9/2 小さな来場者
2014/9/1 見学会二日目
2014/8/31 高松見学会
2014/8/30 温室
2014/8/29 小雨降る朝
2014/8/28 スロープ
2014/8/27 ヤグラ
2014/8/26 カマド
2014/8/25 山小屋
2014/8/24 助っ人
2014/8/23 雲わき雷踊る
2014/8/22 地球岬
2014/8/21 向日葵
2014/8/20 小動物と遭遇
2014/8/19 朝靄
2014/8/18 ドングリの木
2014/8/17 美味しい水
2014/8/16 お墓掃除
2014/8/15 8月15日-4
2014/8/15 8月15日-3
2014/8/15 8月15日-2
2014/8/15 8月15日-1
2014/8/14 27回忌
2014/8/13 槐
2014/8/12 腕相撲
2014/8/11 相撲
2014/8/10 打ち上げ花火
2014/8/9 コルクタイル
2014/8/8 障子製作
2014/8/7 毎朝の太陽
2014/8/6 渡り鳥の群れ
2014/8/5 真夏に見る夢
2014/8/4 玉山小学校
2014/8/3 空!高松の池
2014/8/2 夏!祭りの夏
2014/8/1 8月の朝
2014/7/31 赤ヘル部長
2014/7/30 使用≒60年
2014/7/29 露天風呂
2014/7/28 薪ボイラー?
2014/7/27 通せんぼ
2014/7/26 雲の裂け目
2014/7/25 畦道
2014/7/24 雨でも平気
2014/7/23 風よ吹け
2014/7/22 レノンとヨーコ
2014/7/21 希望と夏の空
2014/7/20 ジョンさん
2014/7/19 椅子の写真
2014/7/18 今日も雨
2014/7/17 使い易さ
2014/7/16 今朝の姫神山
2014/7/15 職場体験学習
2014/7/14 緑の森
2014/7/13 天皇杯皇后杯
2014/7/12 椅子完成
2014/7/11 積み木
2014/7/10 雨の朝
2014/7/9 椅子オーダー
2014/7/8 技能五輪挑戦
2014/7/7 七夕の朝
2014/7/6 赤松ポスター
2014/7/5 雨上りの朝
2014/7/4 前方車両の鏡
2014/7/3 朝靄の朝
2014/7/2 大きな板
2014/7/1 天峰山より望
2014/6/30 茜空
2014/6/29 金麦
2014/6/28 欅丸太挽き
2014/6/27 岩洞湖
2014/6/26 ブーメラン材
2014/6/25 桂の丸太
2014/6/24 薪割り部2
2014/6/23 お知らせ
2014/6/23 砥ぎ
2014/6/22 職人
2014/6/21 緑の絨毯
2014/6/20 椅子三脚目
2014/6/19 木の手助け隊
2014/6/18 雨のち晴れ
2014/6/17 椅子造り
2014/6/16 薪割り部
2014/6/15 人助けの時代
2014/6/14 豆鉋
2014/6/13 薪割大好き
2014/6/12 薪の屋根
2014/6/11 庭造りDIY
2014/6/10 障害者車両
2014/6/9 無事終了
2014/6/8 完成見学会
2014/6/7 完成見学会
2014/6/6 修正挽き
2014/6/5 煙突掃除
2014/6/4 長材の出番
2014/6/3 田植え
2014/6/2 鉈屋町通り
2014/6/1 上田堤の通路
2014/5/31 サッシの古材
2014/5/30 大和田洋平
2014/5/29 ゴイゴイ
2014/5/28 鏝絵
2014/5/27 ワラビ
2014/5/26 目黒雅叙園
2014/5/24 玉切
2014/5/23 菜の花
2014/5/22 カキの木
2014/5/21 大きなケヤキ
2014/5/20 祝、上棟
2014/5/19 早起き
2014/5/18 寝坊
2014/5/17 天然乾燥
2014/5/16 水田と納屋
2014/5/15 古への記憶
2014/5/14 リハビリ
2014/5/13 鏡水
2014/5/12 薪割2
2014/5/11 薪割
2014/5/10 見渡して遠く
2014/5/9 ツリーハウス
2014/5/8 チューリップ
2014/5/7 農業用水
2014/5/6 庭造り
2014/5/5 こどもの日
2014/5/4 薪割準備
2014/5/3 花見
2014/5/2 山へ辿る道
2014/5/1 五月
2014/4/30 春の夕日
2014/4/29 桜満開
2014/4/28 山火事
2014/4/27 早起き
2014/4/26 槐の板
2014/4/25 時を経て
2014/4/24 曙
2014/4/23 小岩井の風景
2014/4/22 偶然の点景
2014/4/21 カメラ部長
2014/4/20 姫神上の月
2014/4/19 お〜きなトチ
2014/4/18 旧姓大矢来社
2014/4/17 いぐね杉
2014/4/16 公園と岩手山
2014/4/15 春は輝き
2014/4/14 鉈屋町散策
2014/4/13 盛岡雛祭り
2014/4/12 司馬さんの言
2014/4/11 陽光の息吹
2014/4/10 サンシュユ
2014/4/9 雲光と姫神山
2014/4/8 靄かかる朝
2014/4/7 地鎮祭
2014/4/6 地鎮祭の朝
2014/4/5 通行不能
2014/4/4 富士見台より
2014/4/3 4月3日の朝
2014/4/2 田圃
2014/4/1 卯月
2014/3/31 三月最終日
2014/3/30 アルバイト
2014/3/29 新人の工具
2014/3/28 バッケ摘み
2014/3/27 融氷
2014/3/26 往く鳥を追い
2014/3/25 好摩の朝
2014/3/24 姫神山を望む
2014/3/23 岩手山を望む
2014/3/22 大雪の翌日
2014/3/21 春分の日
2014/3/20 空に根を張る
2014/3/19 ご来光
2014/3/18 ケヤキ
2014/3/17 雲岩寺
2014/3/16 拝みの朝
2014/3/15 歯車
2014/3/14 春のドカ雪
2014/3/13 田村部長
2014/3/12 まだ積もる雪
2014/3/11 雪融け
2014/3/10 陽光
2014/3/9 栗と漆の木
2014/3/8 朴ノ木製材
2014/3/7 修正挽き
2014/3/6 紫紺色の空
2014/3/5 また雪また白
2014/3/4 銀河鉄道
2014/3/3 上巳の節句
2014/3/2 教室との別れ
2014/3/1 弥生の朝
2014/2/28 向中野完成
2014/2/27 早春の歩み
2014/2/26 今日も姫神山
2014/2/25 姫神山
2014/2/24 岩手山
2014/2/23 向中野見学会
2014/2/22 向中野建具
2014/2/21 壁塗り
2014/2/20 東雲の空
2014/2/19 帆立貝殻塗り
2014/2/18 道なり赤松
2014/2/17 天空の絵の具
2014/2/16 上田堤の暖房
2014/2/15 エアーで拭く
2014/2/14 薪在庫状況
2014/2/13 あかぼし
2014/2/12 早々春の姫神
2014/2/11 元気の元
2014/2/10 如月
2014/2/9 ヒントを得て
2014/2/8 経年変化
2014/2/7 大工技能士
2014/2/6 高麗人参
2014/2/5 杉搬出
2014/2/4 節分
2014/2/3 芯詰め
2014/2/2 伝授
2014/2/1 新月伐採?
2014/1/31 晦日正月
2014/1/30 センサー照明
2014/1/29 新月と明星
2014/1/28 南仙北上棟式
2014/1/27 久慈への道中
2014/1/26 久慈見学会日
2014/1/25 寒気緩む朝
2014/1/24 8m材搬出
2014/1/23 故郷の山に?
2014/1/22 久慈の手形壁
2014/1/21 夕方の作業場
2014/1/20 蕎麦会
2014/1/19 岩手山
2014/1/18 薪在庫状況
2014/1/17 20日OPEN
2014/1/16 欅を重機搬送
2014/1/15 笑顔
2014/1/14 積み木
2014/1/13 家具再生
2014/1/12 韓食マウル
2014/1/11 鏡開き
2014/1/10 防寒対策
2014/1/9 柿渋仕上げ
2014/1/8 寒波襲来
2014/1/7 仕事始め
2014/1/6 睦月
2014/1/5 新春の姫神山
2014/1/4 天馬空を行く
2014/1/3 美しき山々
2014/1/2 寝正月
2014/1/1 迎春!
2013/12/31 年越しの朝
2013/12/30 薪暖房5台目
2013/12/29 幸せの種
2013/12/28 仕事納め
2013/12/27 いざ出陣!
2013/12/26 建物見学の日
2013/12/25 好摩の月
2013/12/24 クルシミマス
2013/12/23 焼却炉
2013/12/22 高松見学会
2013/12/21 高松見学会
2013/12/20 高松完成
2013/12/19 高松にて一息
2013/12/18 鉈屋町その後
2013/12/17 湖畔の月
2013/12/16 好摩事務所
2013/12/15 師走半ばの朝
2013/12/14 雪にも負けず
2013/12/13 冬本番
2013/12/12 好摩の作業場
2013/12/11 清々しく
2013/12/10 育花18歳
2013/12/9 天使のはしご
2013/12/8 前九年見学会
2013/12/7 前九年見学会
2013/12/6 解体現場の華
2013/12/5 姫神山の朝
2013/12/4 スドン10
2013/12/3 建具再利用
2013/12/2 師走
2013/12/1 赤松の皮むき
2013/11/30 差し入れ
2013/11/29 初積雪の朝
2013/11/28 大きな杉板
2013/11/27 大回転の朝
2013/11/26 構造調査
2013/11/25 共販所市日
2013/11/24 前九年見学会
2013/11/23 完成見学会
2013/11/22 不思議の連続
2013/11/21 古き良き時代
2013/11/20 我ら設計士
2013/11/19 元気一発!
2013/11/18 現場直行
2013/11/17 鉈屋町大改修
2013/11/16 迫りくる寒さ
2013/11/15 姫神に向かい
2013/11/14 霜月
2013/11/13 箒を自作?
2013/11/12 最近の毎日
2013/11/11 好摩の朝
2013/11/10 パワルフ暖房
2013/11/9 窓凍る朝
2013/11/8 鉈屋町大改修
2013/11/7 秋深く
2013/11/6 ケヤキの臼
2013/11/5 静かな朝
2013/11/4 作業場薪暖房
2013/11/2 お休み
2013/11/1 職場体験
2013/10/31 書道家古典
2013/10/30 お雛様
2013/10/29 好摩の新暖房
2013/10/28 四十四田ダム
2013/10/27 現場端材の箸
2013/10/26 聖徳太子
2013/10/25 残土を土壁に
2013/10/24 障子再生欄間
2013/10/23 閉伊川
2013/10/22 赤松天然乾燥
2013/10/21 秋の朝
2013/10/20 松川と姫神山
2013/10/19 田に浮かぶ山
2013/10/18 零度の朝
2013/10/17 台風が過ぎて
2013/10/16 鉋台造り講習
2013/10/15 鍛冶屋見学
2013/10/13 ミニ削ろう会
2013/10/12 古に魅せられ
2013/10/11 広島屋ランチ
2013/10/10 古板
2013/10/9 木製サッシ
2013/10/8 杢創舎研修
2013/10/7 稲煙る朝の山
2013/10/6 玉山事業所
2013/10/5 カマド
2013/10/4 今朝の姫神山
2013/10/3 川崎橋にて
2013/10/2 神無月
2013/10/1 伝統仕口は強
2013/9/30 9月の朝空
2013/9/29 朴ノ木
2013/9/28 山頂の輝き
2013/9/27 岩洞湖から
2013/9/26 稲穂
2013/9/25 その木どこの
2013/9/24 空の目
2013/9/23 氾濫家具類
2013/9/22 9月半ばの朝
2013/9/21 十五夜の月
2013/9/20 十五夜の朝
2013/9/19 試運転
2013/9/18 洪水傷跡深く
2013/9/17 好摩洪水
2013/9/16 アカペラ
2013/9/15 柿渋古色仕上
2013/9/14 木材市場
2013/9/13 鉈屋町大改修
2013/9/12 清水寺
2013/9/11 金閣寺
2013/9/10 健康診断
2013/9/9 姫神山
2013/9/8 日曜日の朝
2013/9/7 丸太足場
2013/9/6 京都にて
2013/9/5 天に向かい
2013/9/4 竹林の小路
2013/9/1 長月
2013/8/31 お食い初め
2013/8/30 久慈市上棟式
2013/8/29 姫神山の朝
2013/8/28 岩手山と稲穂
2013/8/27 夏休み
2013/8/26 姫神山
2013/8/25 土壁色々
2013/8/24 木の家
2013/8/23 仏顔
2013/8/22 8月の空
2013/8/21 彫刻
2013/8/20 木登り遊び
2013/8/19 手を振る大矢
2013/8/19 百萬堂
2013/8/17 舟っこ流し
2013/8/16 南部富士
2013/8/15 撫で撫で仏
2013/8/14 回り灯篭
2013/8/13 鉈屋町飾り棚
2013/8/12 玉山区夏祭り
2013/8/11 玉山区夏祭り
2013/8/10 大きな板
2013/8/9 大黒柱太古梁
2013/8/8 飛行船
2013/8/7 柾板
2013/8/6 番付け表
2013/8/5 記念樹賃挽き
2013/8/4 手動糊付け機
2013/8/3 南部鉄瓶
2013/8/2 久慈漁港にて
2013/8/1 葉月
2013/7/31 県産木材利用
2013/7/30 斧折樺
2013/7/29 好摩の野菜畑
2013/7/28 ブナ丸太製材
2013/7/27 組子建具完成
2013/7/26 ジープ
2013/7/25 ブナと斧折樺
2013/7/24 5年が過ぎて
2013/7/23 今朝も雨
2013/7/22 曲り材
2013/7/21 自社林
2013/7/20 好摩の椅子
2013/7/19 雨上がりの朝
2013/7/18 共販所桂8m
2013/7/17 宇宙朝顔
2013/7/16 衣川大改修
2013/7/15 樅の木
2013/7/14 土壁上塗り
2013/7/13 前九年の窓
2013/7/12 船っこ流し
2013/7/11 赤松長材6本
2013/7/10 土塗開始
2013/7/9 文月
2013/7/8 太陽の朝
2013/7/7 七夕の朝
2013/7/6 四十四田湖
2013/7/5 自宅の小道
2013/7/4 自宅の小道
2013/7/3 鉈屋町にて
2013/7/2 木の命木の心
2013/7/1 共販所にて
2013/6/30 家の有り方
2013/6/29 姫神山山頂
2013/6/28 土壁サンプル
2013/6/27 土壁への挑戦
2013/6/26 久慈市地鎮祭
2013/6/25 槍鉋
2013/6/24 姫神山頂
2013/6/23 祝♪富士山
2013/6/22 好摩見学者
2013/6/21 五合目
2013/6/20 一本杉
2013/6/19 雨に煙る
2013/6/18 三保の松原
2013/6/17 今朝の戻り!
2013/6/15 削ろう会
2013/6/14 同じ景色でも
2013/6/13 静かな朝
2013/6/12 タカラ研修
2013/6/11 茅葺屋根の裏
2013/6/10 100km
2013/6/9 水不足
2013/6/8 姫神6月7日
2013/6/7 衣川大改修
2013/6/6 上棟式
2013/6/5 奥中山高原
2013/6/4 桟積天然乾燥
2013/6/3 水無月
2013/6/2 天然乾燥
2013/6/1 クレマチス
2013/5/31 四十四田の朝
2013/5/30 矢巾大改修
2013/5/29 ブランコ
2013/5/28 ベッドへ改装
2013/5/27 失敗への思い
2013/5/26 製材開始
2013/5/25 霧煙る朝
2013/5/24 雨の朝
2013/5/23 シロタンポポ
2013/5/22 表裏なき姿
2013/5/21 杢創舎シート
2013/5/20 見学会場にて
2013/5/19 見学会場にて
2013/5/18 見学会の朝
2013/5/17 手摺材候補
2013/5/16 ご来場大歓迎
2013/5/15 鯉幟
2013/5/14 好摩駅前
2013/5/13 植林イベント
2013/5/12 姫神山の幻影
2013/5/11 通勤道中
2013/5/10 水田と岩手山
2013/5/9 エジプト?
2013/5/8 朝靄に浮かぶ
2013/5/7 板塀
2013/5/6 千年の面影
2013/5/5 こどもの日
2013/5/4 雨雨雨の連休
2013/5/3 皐月
2013/5/2 扉の向う側
2013/5/1 五月の朝
2013/4/30 鉋屑の厚さ
2013/4/29 恵まれて今日
2013/4/28 賃挽き赤松
2013/4/27 矢巾見学会
2013/4/26 高松の池
2013/4/25 好摩製材工場
2013/4/24 24日の姫神山
2013/4/23 棚板小口
2013/4/22 清明の頃
2013/4/21 春の寒空
2013/4/20 気分爽快
2013/4/19 梁川橋
2013/4/18 飛行船雲
2013/4/17 笑顔
2013/4/16 杢目模様
2013/4/15 町家にて
2013/4/14 赤松百年床
2013/4/13 椅子再生
2013/4/12 立ち枯れた松
2013/4/11 地場材の額
2013/4/10 盛岡雛祭り
2013/4/9 薪入手応援
2013/4/8 雑木の薪
2013/4/7 春の嵐無難に
2013/4/6 竹釘
2013/4/5 水鳥と朝
2013/4/4 北上川支流
2013/4/3 卯月
2013/4/2 4月2日の朝
2013/4/1 見学会場にて
2013/3/31 働き者
2013/3/30 空行く渡り鳥
2013/3/29 高松の池
2013/3/28 姫神山
2013/3/27 三寒四温
2013/3/26 木製の額
2013/3/25 早春の夕方
2013/3/24 渡り鳥
2013/3/23 蕗の薹
2013/3/22 丸太搬送
2013/3/21 建具造作
2013/3/20 寒締め野菜
2013/3/19 桜咲く
2013/3/18 建具再利用
2013/3/17 手造り照明
2013/3/14 卒業式
2013/3/13 矢巾大改修
2013/3/12 奥中山の夕日
2013/3/11 完成見学会
2013/3/10 東見前見学会
2013/3/9 東見前見学会
2013/3/8 明日は見学会
2013/3/7 姫神山3/7
2013/3/6 啓蟄
2013/3/5 雨水
2013/3/4 ナラ薪乾燥積
2013/3/3 ひな祭り
2013/3/2 3月の暦
2013/3/1 弥生月
2013/2/28 姫神山の朝日
2013/2/27 岩手山
2013/2/26 10mの赤松
2013/2/25 寒波襲来
2013/2/24 幸福の迷子
2013/2/23 好摩の夜
2013/2/22 姫神山2/20
2013/2/21 サイカチの木
2013/2/20 江刺の丸太
2013/2/19 小岩井の丸太
2013/2/18 江刺の山
2013/2/17 製材所閉鎖
2013/2/16 大きなケヤキ
2013/2/15 丸太検知
2013/2/14 打合せ図
2013/2/13 立ち往生
2013/2/12 お宅見学
2013/2/11 姫神山2/11
2013/2/10 欅の無垢床
2013/2/9 姫神山2/9
2013/2/8 暖気配管
2013/2/7 湖面凍氷
2013/2/6 上田堤本社
2013/2/5 南部赤松良材
2013/2/4 カレンダー
2013/2/3 立春(節分)
2013/2/2 矢巾大改修
2013/2/1 如月の朝
2013/1/31 作家の酒2
2013/1/30 作家の酒
2013/1/29 採材立ち会い
2013/1/28 山の見学
2013/1/27 好摩の朝
2013/1/26 南部曲り赤松
2013/1/25 基礎断面図
2013/1/24 好摩事務所前
2013/1/23 好摩事務所
2013/1/22 姫神山
2013/1/21 岩手山
2013/1/20 窓ガラス
2013/1/19 掘りごたつ
2013/1/18 谷村正志
2013/1/17 姫神山
2013/1/16 小正月
2013/1/15 矢巾大改修
2013/1/14 トラブル
2013/1/13 冬の華
2013/1/12 岩手山
2013/1/11 工事現場入口
2013/1/10 屋根上より
2013/1/9 カレンダー
2013/1/8 太田大改修
2013/1/7 姫神山
2013/1/6 不謹慎?
2013/1/5 石鹸石
2013/1/4 薪クッキング
2013/1/3 薪温水暖房
2013/1/2 新年早々の雪
2013/1/1 初詣
2012/12/31 大晦日
2012/12/30 太田完成
2012/12/29 雪道を行く
2012/12/28 花巻市太田
2012/12/27 海軍のパイプ
2012/12/26 朴の木
2012/12/25 クリスマス
2012/12/24 いとしやさん
2012/12/23 丸太の杢目
2012/12/22 欅カウンター
2012/12/21 安全第一
2012/12/20 工藤正範
2012/12/19 LED街灯
2012/12/18 今朝の人造湖
2012/12/17 欅カウンター
2012/12/16 突き上げ屋根
2012/12/15 兜屋根
2012/12/14 民家の門
2012/12/13 冷蔵庫
2012/12/12 朝の月
2012/12/11 齊藤利夫
2012/12/10 冬将軍来襲
2012/12/9 好摩事務所
2012/12/8 竿縁天井
2012/12/7 欅カウンター
2012/12/6 剪定
2012/12/5 ポスト 口
2012/12/4 帯鋸と台車
2012/12/3 月と岩手山2
2012/12/2 遠山正道
2012/12/1 朝焼け
2012/11/30 月と岩手山
2012/11/29 雪景色
2012/11/28 頑張って〜
2012/11/27 今朝は吹雪
2012/11/26 土の土間
2012/11/25 嬉しいな〜ぁ
2012/11/24 宮野目見学会
2012/11/23 完成見学会
2012/11/22 ネズコ
2012/11/21 藁細工
2012/11/20 11月20日
2012/11/19 柿の木
2012/11/18 モミジ
2012/11/17 黄葉
2012/11/16 紅葉
2012/11/15 蓄熱煉瓦
2012/11/14 雨また雨
2012/11/13 明りを灯そう
2012/11/12 大和田洋平
2012/11/11 車中より
2012/11/10 晩秋の気配
2012/11/9 51歳
2012/11/8 日の丸弁当
2012/11/7 姫神岳
2012/11/6 熊谷奈央
2012/11/5 好摩見学
2012/11/4 三和土
2012/11/3 松本民芸館
2012/11/2 薪ストーブ
2012/11/1 松本民芸館
2012/10/31 松本城
2012/10/30 松本神社
2012/10/29 技能五輪大会
2012/10/26 北湯口見学会
2012/10/25 夕方の人造湖
2012/10/24 薪の温もり
2012/10/23 花巻市北湯口
2012/10/22 薪ストーブ
2012/10/21 北湯口の虹
2012/10/20 ケヤキの杢目
2012/10/19 お客様のお庭
2012/10/18 トング
2012/10/17 好摩のヤグラ
2012/10/16 カラタチ
2012/10/15 姫神山
2012/10/14 稲刈り
2012/10/13 赤松10m
2012/10/12 花巻市北湯口
2012/10/11 面白い小屋
2012/10/10 今朝の好摩
2012/10/9 今朝の玉山
2012/10/8 薪割
2012/10/7 曇りの朝
2012/10/6 栓テーブル
2012/10/5 技能五輪
2012/10/4 阿吽
2012/10/3 早出すると
2012/10/2 南昌荘
2012/10/1 台風17号
2012/9/30 祝いと別れ
2012/9/29 製材機
2012/9/28 無題
2012/9/27 鍋倉沢山林
2012/9/26 瓦屋根
2012/9/25 好摩の薪
2012/9/24 宇宙旅行
2012/9/23 秋の空に思う
2012/9/22 天候の急変
2012/9/21 朝焼け
2012/9/20 お便り
2012/9/19 煙突掃除
2012/9/18 光の向こう側
2012/9/17 好摩の朝
2012/9/16 薪棚
2012/9/15 好摩より
2012/9/14 朝露の輝き
2012/9/13 けやき
2012/9/12 薪割
2012/9/11 隠れ道
2012/9/10 ブランコ
2012/9/9 完成見学会
2012/9/8 今朝の岩手山
2012/9/7 ケヤキ板
2012/9/6 飛行機乗りと
2012/9/5 好摩の朝
2012/9/4 トンボ
2012/9/3 満月
2012/9/2 椅子再生
2012/9/1 好摩の月
2012/8/31 スズメバチ
2012/8/30 椅子再生
2012/8/29 好摩の朝
2012/8/28 光る月
2012/8/27 秋の気配
2012/8/26 技能五輪取組
2012/8/25 花火
2012/8/24 朝靄に浮かぶ
2012/8/23 宇宙朝顔
2012/8/22 夕立
2012/8/21 技能五輪取組
2012/8/20 夏祭り
2012/8/19 お蕎麦屋さん
2012/8/18 笑顔
2012/8/17 技能五輪取組
2012/8/16 トリミング室
2012/8/15 雲岩寺
2012/8/14 お墓参り
2012/8/13 薪割り
2012/8/12 駒形神社にて
2012/8/11 休日前日
2012/8/10 捻挫?
2012/8/9 姫神山
2012/8/8 朝靄
2012/8/7 光る夏
2012/8/6 岩手山
2012/8/5 カウンター
2012/8/4 昭和
2012/8/3 真夏
2012/8/2 薪割
2012/8/1 葉月
2012/7/31 地鎮祭
2012/7/30 オフロード
2012/7/29 川留神社
2012/7/28 忘れぬ生き方
2012/7/27 復興住宅
2012/7/26 好摩の営業所
2012/7/25 事務所前から
2012/7/24 イヌシデ
2012/7/23 永久の道
2012/7/22 夕焼け
2012/7/21 壁塗り
2012/7/20 仮設住宅
2012/7/19 猫目
2012/7/18 杢目
2012/7/17 生垣
2012/7/16 木組み
2012/7/15 上棟式
2012/7/14 栗テーブル
2012/7/13 クレマチス
2012/7/12 夏の夕暮れ
2012/7/11 ガラス屋根
2012/7/10 研修生
2012/7/9 シダ
2012/7/8 百合の花
2012/7/7 杢創舎看板
2012/7/6 岩洞湖
2012/7/5 ぬぐだまり
2012/7/4 宇宙朝顔
2012/7/3 仰ぐは姫神山
2012/7/2 薪
2012/7/1 ブランコ
2012/6/30 ナグリ
2012/6/29 青空を飛ぶ
2012/6/28 古材活用
2012/6/27 三和土
2012/6/26 足湯
2012/6/25 見学会にて
2012/6/24 今日は見学会
2012/6/23 テントウムシ
2012/6/22 昨日の出会い
2012/6/21 夏至
2012/6/20 樵の塗料
2012/6/19 苗畑と出会い
2012/6/18 雲
2012/6/17 外テーブル
2012/6/16 現場発生材
2012/6/15 現場の土を壁
2012/6/14 崩した土壁
2012/6/13 苗園
2012/6/12 50年前
2012/6/11 電柱再利用
2012/6/10 今日のツリークライミング2
2012/6/10 今日のツリークライミング1
2012/6/10 サンルーム
2012/6/9 上棟式
2012/6/8 薪割り機
2012/6/7 田植え
2012/6/6 奥中山地区
2012/6/5 山岸の木組み
2012/6/4 デッキ工事
2012/6/3 環境評価
2012/6/2 駐輪場2
2012/6/1 水無月
2012/5/31 水飲み場?
2012/5/30 懐かしき風景
2012/5/29 好摩駅
2012/5/28 宇霊羅山
2012/5/27 母の日の名残
2012/5/26 岩泉の広島屋
2012/5/25 経年変化
2012/5/24 駐輪場
2012/5/23 TV台
2012/5/22 木の苗
2012/5/21 見つめられて
2012/5/20 ホダ木?
2012/5/19 長〜い、梁
2012/5/18 何を選ぶのか
2012/5/17 馬渕小学校
2012/5/16 煉瓦敷き
2012/5/15 植林体験
2012/5/14 通り道
2012/5/13 レベル
2012/5/12 アリンコ
2012/5/11 太陽
2012/5/10 腕相撲2
2012/5/10 腕相撲1
2012/5/9 廻る
2012/5/9 飛ぶ
2012/5/9 走る
2012/5/8 雨水タンク3
2012/5/8 雨水タンク2
2012/5/8 雨水タンク1
2012/5/7 積み木
2012/5/6 庭木の剪定
2012/5/5 薪割り
2012/5/4 御対面
2012/5/3 花見
2012/5/2 満開
2012/5/1 製材所見学
2012/4/30 高松の池
2012/4/29 岩手山
2012/4/28 姫神山
2012/4/27 内装工事
2012/4/26 桜の薪
2012/4/25 心惹かれて2
2012/4/24 心惹かれて
2012/4/23 雪止め
2012/4/22 枕木敷き込み
2012/4/21 通り道で
2012/4/20 山の水
2012/4/19 桜の薪
2012/4/19 雪融け水
2012/4/18 岩手山
2012/4/17 春の山
2012/4/16 春の夕刻
2012/4/15 刻み場
2012/4/14 柳葉の輝き
2012/4/13 ラオス
2012/4/12 ヒンメリ
2012/4/11 脚立本棚
2012/4/10 照明器具
2012/4/9 プレゼント
2012/4/8 自分空間
2012/4/7 木製丸窓
2012/4/6 屋根工事完了
2012/4/5 テーブル
2012/4/4 春の嵐
2012/4/3 ハナ
2012/4/2 追いついた歳
2012/4/1 上棟式
2012/3/31 年度末
2012/3/30 墨付け
2012/3/29 テーブル板
2012/3/28 木勉会
2012/3/27 太陽光発電
2012/3/26 完成見学会
2012/3/25 エアコン
2012/3/24 加賀野完成
2012/3/23 宮古魚菜市場
2012/3/22 古民家移築
2012/3/21 製材所見学
2012/3/20 時を超えて2
2012/3/19 時を超えて
2012/3/18 建て方丸太梁
2012/3/17 どか雪
2012/3/16 年輪
2012/3/15 市場見学会
2012/3/14 屋根張り替え
2012/3/13 花苑の宴
2012/3/12 灯篭
2012/3/11 県土を守る為
2012/3/10 薪アート?
2012/3/9 夜間率調査
2012/3/8 住まいの経過
2012/3/7 荒板テーブル
2012/3/6 廃校?
2012/3/5 魅入る
2012/3/4 旅立ちの式
2012/3/3 年季
2012/3/2 10mの丸太
2012/3/1 有難き多能工
2012/2/29 孫
2012/2/28 気持ち良く
2012/2/27 御入居
2012/2/26 完成見学会
2012/2/25 製材所見学
2012/2/24 火入れ
2012/2/23 山は良し
2012/2/22 疲れの中で
2012/2/21 黒石野
2012/2/20 結婚式
2012/2/19 稼働中
2012/2/18 イーゼル
2012/2/17 皁莢
2012/2/16 凍害要請
2012/2/15 昭和の日本
2012/2/14 優しき温もり
2012/2/13 休息
2012/2/12 絵日記
2012/2/11 練習
2012/2/10 10m丸太
2012/2/9 帰り道
2012/2/8 四禽に叶う
2012/2/7 雨水
2012/2/6 表札
2012/2/5 10m丸太
2012/2/4 立春大吉
2012/2/3 節分
2012/2/2 端材
2012/2/1 今日から2月
2012/1/31 小さな撮影者
2012/1/30 発電効率
2012/1/29 UB打合せ
2012/1/28 赤松
2012/1/27 ヤグラ模型
2012/1/26 納屋
2012/1/25 建て方
2012/1/24 四十四田湖
2012/1/23 感謝御礼
2012/1/22 北山見学会
2012/1/21 四十四田湖
2012/1/20 雪化粧
2012/1/19 丸太梁出番
2012/1/18 伝承2
2012/1/17 センサー灯
2012/1/16 木彫りたち
2012/1/15 氷原湖
2012/1/14 伝承
2012/1/13 棟梁の手技
2012/1/12 杢創舎総勢
2012/1/11 見上げれば月
2012/1/10 車窓から
2012/1/9 三島神社鯱鉾
2012/1/8 沢水
2012/1/7 薪ストーブ
2012/1/6 雪だるま
2012/1/5 二回目の更新
2012/1/5 熾き火
2012/1/4 家内安全
2012/1/3 初詣
2012/1/2 初夢
2012/1/1 2012年
2011/12/31 ビタミン
2011/12/30 神子田朝一
2011/12/29 板材
2011/12/28 塩素実験
2011/12/27 作業場ご訪問
2011/12/26 奥中山
2011/12/25 ハンモック
2011/12/24 頑張ろう日本
2011/12/23 焼津の朝
2011/12/22 駿府城
2011/12/21 競技の雰囲気
2011/12/20 敢闘賞
2011/12/19 技能五輪大会
2011/12/17 技能五輪
2011/12/16 季刊「地域」
2011/12/15 岩手山
2011/12/14 刻み
2011/12/13 暖炉
2011/12/12 上棟式
2011/12/11 南国の写真
2011/12/10 離れ
2011/12/9 茶室2
2011/12/8 茶室
2011/12/7 休憩中
2011/12/6 建て方
2011/12/5 見学会場にて
2011/12/4 渡り鳥
2011/12/3 完成見学会
2011/12/2 古民家見学
2011/12/1 月が丘2
2011/11/30 月が丘
2011/11/29 技能五輪
2011/11/28 三和かまど
2011/11/27 争いの無い世
2011/11/26 高松の池
2011/11/25 テレビ取材
2011/11/24 盛岡の治水
2011/11/23 岩手山
2011/11/22 砥ぎ場
2011/11/21 発表会
2011/11/20 製材所見学
2011/11/19 古民家4
2011/11/18 古民家3
2011/11/17 古民家2
2011/11/16 古民家
2011/11/15 クロステラス
2011/11/14 秋深く
2011/11/13 柿
2011/11/12 50歳
2011/11/11 西松園の庭
2011/11/10 桜花亭
2011/11/9 明治神宮
2011/11/8 代々木公園
2011/11/7 夫婦楠
2011/11/7 朝霧の中で
2011/11/6 全世界大会
2011/11/4 築80年改装
2011/11/3 くん炭ボード
2011/11/2 青春挽歌
2011/11/1 霜月
2011/10/31 秋
2011/10/30 端材を薪に2
2011/10/30 端材を薪に
2011/10/29 桜川さん個展
2011/10/28 四十四田の朝
2011/10/27 荒川商事(有)
2011/10/26 移植
2011/10/25 ちはや展
2011/10/24 太陽光発電
2011/10/23 朴館家
2011/10/22 家への思い
2011/10/21 エンジュ
2011/10/20 伊勢神宮
2011/10/19 クロステラス
2011/10/18 空手世界大会
2011/10/17 桜川さん個展
2011/10/16 完成見学会
2011/10/15 技能五輪
2011/10/14 活鼬ヒ製材所
2011/10/13 冷暖自知
2011/10/12 左大臣
2011/10/11 丸
2011/10/10 高松の池
2011/10/9 流し前の椅子
2011/10/8 家と人。
2011/10/7 創作
2011/10/6 柿渋
2011/10/5 流し前の椅子
2011/10/4 大人も子供も
2011/10/3 木登り遊び
2011/10/2 合唱会場にて
2011/10/1 神無月
2011/9/30 ライトアップ
2011/9/29 苦肉の柵
2011/9/28 ネコと傷
2011/9/27 経年変化
2011/9/26 板壁
2011/9/25 大工道具
2011/9/24 夕日
2011/9/23 経年変化
2011/9/22 台風一過
2011/9/21 家具再生
2011/9/20 懐かしき空
2011/9/19 大槌からの秋
2011/9/18 新人戦
2011/9/17 モルタル壁
2011/9/16 建て方
2011/9/15 万葉にあそぶ
2011/9/14 雨また雨
2011/9/13 欅大黒柱
2011/9/12 完成見学会
2011/9/11 煙突掃除
2011/9/10 木材市場
2011/9/9 発電機
2011/9/8 小屋組み
2011/9/7 女性の大工
2011/9/6 体験学習2
2011/9/5 煙突掃除
2011/9/4 パス
2011/9/3 チームワーク
2011/9/2 大黒柱
2011/9/1 動く壁
2011/8/31 ビーム
2011/8/30 橋から・・
2011/8/29 万葉にあそぶ
2011/8/28 ストーブ研修
2011/8/27 構造見学会
2011/8/26 釜神様へ報告
2011/8/25 クロステラス
2011/8/24 構造見学会
2011/8/23 雲岩寺
2011/8/22 東山堂の夕日
2011/8/21 夏の思い出
2011/8/20 継手
2011/8/19 空が恋しい
2011/8/18 復興地
2011/8/17 線香花火
2011/8/16 エネルギー
2011/8/15 町消失
2011/8/14 岩泉町小本港
2011/8/13 お寺屋根改修
2011/8/12 お盆休み
2011/8/11 赤松の梁
2011/8/10 忍者?
2011/8/9 アルバイト
2011/8/8 うろこ雲
2011/8/7 体験学習続き
2011/8/6 体験学習
2011/8/5 上棟
2011/8/4 好摩
2011/8/3 作業服
2011/8/2 浄水栓
2011/8/1 埋設物
2011/7/31 完成見学会
2011/7/30 200年
2011/7/29 168年
2011/7/28 製材所見学
2011/7/27 写真撮影
2011/7/26 木がある事
2011/7/25 高窓
2011/7/24 セミ
2011/7/23 花火
2011/7/22 岩手山
2011/7/21 津軽石にて
2011/7/20 冷風機
2011/7/19 休憩時間
2011/7/18 日差し除け
2011/7/17 三種類の遮熱
2011/7/16 扇風機
2011/7/15 床下の冷気
2011/7/14 生命力
2011/7/13 上太田より
2011/7/12 太陽熱パネル
2011/7/11 アブラメ
2011/7/10 LED電灯
2011/7/9 大切な事
2011/7/8 雨上がりの朝
2011/7/7 日輪
2011/7/7 庭木見学
2011/7/6 草の波間を
2011/7/5 BBQコンロ
2011/7/4 ダンプ1台
2011/7/4 軽トラ1台
2011/7/3 薪割り
2011/7/2 今の風景
2011/7/1 文月
2011/6/30 輝き
2011/6/29 思い出
2011/6/28 姫神山
2011/6/27 年月の中で
2011/6/26 虹色の部屋
2011/6/25 経年変化2
2011/6/24 経年変化
2011/6/23 掲示板
2011/6/22 雨雲
2011/6/21 薪積み1回目
2011/6/21 支援の薪作り?
2011/6/20 チビギャング!
2011/6/19 丸太
2011/6/18 天声人語
2011/6/17 自給率100%
2011/6/16 土間
2011/6/15 日詰にて
2011/6/14 頑張ろう皆で
2011/6/13 御所野遺跡
2011/6/12 今日は見学会
2011/6/11 山田へ支援
2011/6/11 東屋にて
2011/6/10 木々の緑
2011/6/9 百合の木
2011/6/8 製材所見学1
2011/6/8 製材所見学2
2011/6/8 製材所見学3
2011/6/8 製材所見学4
2011/6/8 製材所見学5
2011/6/7 本日2回目
2011/6/7 草光の夢
2011/6/6 岩洞湖
2011/6/5 歩く歩く
2011/6/4 歩く
2011/6/3 テーブル
2011/6/2 自然の色
2011/6/1 水無月
2011/5/31 アッツザクラ
2011/5/30 伝説
2011/5/29 ポルシェ
2011/5/28 日詰の現場
2011/5/27 生活必需品
2011/5/26 忘れ得ぬ記憶
2011/5/25 軽トラック
2011/5/24 年輪
2011/5/23 見学会にて
2011/5/22 完成見学会
2011/5/21 南部藩植林
2011/5/20 楔100年前
2011/5/19 太陽光
2011/5/18 ボランティア
2011/5/17 無題
2011/5/16 年数度の休み
2011/5/15 仮設住宅
2011/5/14 解体OK
2011/5/13 公園への道
2011/5/12 松園の窓から
2011/5/11 高松の池
2011/5/10 登校
2011/5/9 ゆうひ
2011/5/8 納屋の木組み
2011/5/8 大銀杏
2011/5/7 庭木伐採
2011/5/6 優しい光
2011/5/5 水・・・
2011/5/5 浴室工事4
2011/5/5 突然のライブ
2011/5/5 浴室工事3
2011/5/5 浴室工事2
2011/5/5 浴室工事1
2011/5/4 浴室工事応援
2011/5/3 木の音で
2011/5/2 盛岡の朝
2011/5/1 陸前高田
2011/4/30 行ってきます
2011/4/29 救援物資依頼
2011/4/29 茅葺屋根
2011/4/28 薪搬送
2011/4/27 自然乾燥
2011/4/26 製材所見学
2011/4/25 擁壁保護
2011/4/24 奥の間
2011/4/23 桜の薪
2011/4/22 学び
2011/4/21 仕口
2011/4/20 貸家改修
2011/4/19 木組み
2011/4/18 手渡し
2011/4/17 体が重い・・
2011/4/16 技術の継承
2011/4/15 雪起こしの花
2011/4/14 お昼休み
2011/4/13 入学式
2011/4/12 早池峯神社
2011/4/11 大工道具
2011/4/10 鉋屑利用
2011/4/9 事務所入り口
2011/4/8 停電復旧
2011/4/7 新人入社
2011/4/6 無垢材と家具
2011/4/5 家具との調和
2011/4/4 二回目の更新
2011/4/4 ありがとうございました。
2011/4/3 災害支援のお願いです。
2011/4/2 災害支援のお願いです。
2011/4/1 完成見学会
2011/3/31 無残なる故郷
2011/3/30 防波堤崩壊
2011/3/29 島の越
2011/3/29 保険センター
2011/3/28 支援物資2
2011/3/27 支援のバトン
2011/3/26 支援物資
2011/3/25 自転車屋さん
2011/3/24 鉄板ストーブ
2011/3/23 宮古藤原埠頭
2011/3/22 救援物資
2011/3/21 静かさの中で
2011/3/20 届けましたが
2011/3/19 お米届けます
2011/3/18 太陽光発電
2011/3/17 自転車で
2011/3/16 震災より6日
2011/3/15 震災より5日
2011/3/14 安否確認
2011/3/13 大丈夫ですか
2011/3/11 林檎の木板
2011/3/10 掲示板試作品
2011/3/9 八戸市から
2011/3/8 緑が丘の夜
2011/3/7 50000兆円
2011/3/6 手造り照明
2011/3/5 玄関土間工事
2011/3/4 遮熱カーテン
2011/3/3 展望台より
2011/3/2 古材を扱う技
2011/3/1 無題
2011/2/28 まな板
2011/2/27 ピアノ発表会
2011/2/26 八幡平へ2
2011/2/25 八幡平へ
2011/2/24 清め
2011/2/23 刻み端材の家
2011/2/22 春の気配
2011/2/21 いや〜参った
2011/2/20 砂遊び?
2011/2/19 肩車
2011/2/18 夜の見学会場
2011/2/18 明日見学会2
2011/2/18 明日は見学会
2011/2/17 もう一息
2011/2/16 ネコ土台
2011/2/15 40年のハート
2011/2/14 60年の輝き
2011/2/13 脇板壁
2011/2/12 ベンチ
2011/2/11 雨戸造り
2011/2/10 書院
2011/2/9 木星?
2011/2/8 500億の家
2011/2/7 室内窓
2011/2/6 駐輪場
2011/2/5 岩手山
2011/2/4 鬼退治
2011/2/3 節分
2011/2/2 薪割り
2011/2/1 後ろ姿
2011/1/31 見学会場にて
2011/1/30 待ち時間
2011/1/29 設備危機
2011/1/28 打ち合わせ
2011/1/27 照明器具
2011/1/26 建て方と月
2011/1/25 いい笑顔
2011/1/24 昨日は見学会
2011/1/23 今日は見学会
2011/1/22 明日は見学会
2011/1/21 板倉構造2
2011/1/20 板倉構造
2011/1/19 板倉
2011/1/18 西松園
2011/1/17 休日の仕事
2011/1/16 エコファン
2011/1/15 見上げれば空
2011/1/14 迫る山?
2011/1/13 暖
2011/1/12 棟上げ前
2011/1/11 朝も夕も
2011/1/10 ハンドボール
2011/1/9 手造りサッシ
2011/1/8 手造り板倉
2011/1/7 セルフビルド
2011/1/6 明るく元気に
2011/1/5 岩手山
2011/1/4 迎春
2011/1/3 初散歩2
2011/1/3 初散歩
2011/1/2 初日の出
2011/1/1 謹賀新年
2010/12/31 大晦日
2010/12/30 高松の池
2010/12/29 朝市の帰りに
2010/12/28 雪の妙
2010/12/27 ケーキ作り
2010/12/26 積雪40p超
2010/12/25 雪降り
2010/12/24 クリスマス
2010/12/23 嵐
2010/12/22 冬至
2010/12/21 ケヤキ大黒柱
2010/12/20 御影石
2010/12/19 望遠レンズ
2010/12/18 暖をどうぞ
2010/12/17 雪だるま
2010/12/16 金輪継の梁
2010/12/15 板倉建て方2
2010/12/14 板壁
2010/12/13 板倉建て方
2010/12/12 ハナ2
2010/12/11 ハナ
2010/12/10 ヤマメ
2010/12/9 カマ神様
2010/12/8 恐竜?
2010/12/7 見学会当日2
2010/12/6 見学会当日
2010/12/5 構造見学会
2010/12/4 本日更新2回
2010/12/4 完成見学会
2010/12/3 ケヤキ三本
2010/12/2 採材完了
2010/12/1 構造見学会
2010/11/30 少し前の写真
2010/11/29 竜馬逝く
2010/11/28 散歩
2010/11/27 障子
2010/11/26 天峰山から
2010/11/25 完成写真
2010/11/24 ベンチ
2010/11/23 個別見学会
2010/11/22 上棟式
2010/11/21 塩素・・
2010/11/20 住建会
2010/11/19 伐採見学4
2010/11/18 毛針
2010/11/17 伐採見学3
2010/11/16 伐採見学2
2010/11/16 伐採見学
2010/11/15 犬もご来場?
2010/11/14 セルフビルド
2010/11/13 手摺子
2010/11/12 沈み行く光
2010/11/11 研修生
2010/11/10 油絵2
2010/11/9 油絵
2010/11/9 アクシデント
2010/11/8 自在鉤
2010/11/7 盛岡の朝
2010/11/6 ススキ
2010/11/5 かみなり勉強
2010/11/4 大木
2010/11/3 若き力の源
2010/11/2 腰袋
2010/11/1 披露宴会場
2010/10/31 今日は結婚式
2010/10/30 通し柱
2010/10/29 休憩小屋
2010/10/28 計画時の事
2010/10/27 秋の湖面
2010/10/26 月と高松の林
2010/10/25 願
2010/10/24 阿弥陀如来
2010/10/23 寄り道
2010/10/22 20年経過
2010/10/21 仙台研修
2010/10/20 階段の模型
2010/10/19 石段
2010/10/18 火入れ
2010/10/17 窓と空
2010/10/16 家具搬入
2010/10/15 馴染みました
2010/10/14 けやき
2010/10/13 地鎮祭
2010/10/12 万里一条鉄
2010/10/11 奇跡の海
2010/10/10 不思議の国
2010/10/9 高松の池3
2010/10/8 平和祈念碑
2010/10/7 杉の子
2010/10/6 高松の池2
2010/10/5 高松の池
2010/10/4 さすが岩泉町
2010/10/3 文化祭
2010/10/2 洋梨
2010/10/1 この指とまれ
2010/9/30 いいのだ〜
2010/9/29 茸
2010/9/29 元祖!案山子
2010/9/28 案山子祭り
2010/9/27 秋の収穫
2010/9/26 夕焼け
2010/9/25 火入れ
2010/9/24 小さな宇宙
2010/9/23 滝沢の空
2010/9/22 建て方
2010/9/21 喜寿祝い
2010/9/20 新人戦
2010/9/19 改修工事
2010/9/18 盛岡の喫茶店
2010/9/17 大黒柱
2010/9/16 杉の苗畑
2010/9/15 鳥の子
2010/9/14 杉の子
2010/9/13 完成見学会2
2010/9/12 完成見学会
2010/9/11 お地蔵様
2010/9/10 空
2010/9/9 地貫
2010/9/8 桂清水
2010/9/7 棟札
2010/9/6 祈り
2010/9/5 構造計算
2010/9/4 玄関柱
2010/9/3 栗板
2010/9/2 刻み
2010/9/1 階段2
2010/8/31 階段
2010/8/30 壁
2010/8/29 橋
2010/8/28 薪
2010/8/27 山
2010/8/26 朝
2010/8/25 雲
2010/8/24 孫
2010/8/23 梅
2010/8/22 風
2010/8/21 葦
2010/8/20 雲岩寺
2010/8/19 わっくず
2010/8/18 越し屋根
2010/8/17 長屋の裏
2010/8/16 宇霊羅山
2010/8/15 戦後65年
2010/8/14 お墓参り
2010/8/13 見上げれば夏
2010/8/12 夏の夜
2010/8/11 歩み
2010/8/10 アルバイト2
2010/8/9 アルバイト
2010/8/8 夏祭り
2010/8/7 夏休み
2010/8/6 オーニング
2010/8/5 涼しさの秘訣
2010/8/5 藤原君続き
2010/8/4 さんさ踊り
2010/8/3 ゲゲゲ・・・
2010/8/2 構造見学会
2010/8/1 風
2010/7/31 研修生
2010/7/30 作業場のセミ
2010/7/29 東京にもセミ
2010/7/28 盛夏
2010/7/27 ユメ
2010/7/26 怪奇現象
2010/7/25 夏の雲
2010/7/24 三ツ割
2010/7/23 高い高い〜
2010/7/22 祭壇
2010/7/21 板倉の窓
2010/7/20 地(血)の涙?
2010/7/19 板倉上棟式
2010/7/18 赤松の床
2010/7/17 マツバギク
2010/7/16 ネコとカバン
2010/7/15 「フジモリ」
2010/7/14 栗の大黒柱
2010/7/13 盛岡の朝
2010/7/12 元競馬場
2010/7/11 赤松の床見学
2010/7/10 足元の芽生え
2010/7/9 時の影
2010/7/8 悩み?
2010/7/7 高松建て方3
2010/7/7 出会いと夢
2010/7/6 板倉屋根断熱
2010/7/6 高松建て方2
2010/7/6 高松建て方
2010/7/5 可愛い笑顔
2010/7/4 今日は見学会
2010/7/3 蕎麦屋にて
2010/7/2 不思議な話
2010/7/1 板倉上棟
2010/7/1 古民家見学
2010/6/30 古民家
2010/6/29 板倉建て方
2010/6/29 山と・・
2010/6/28 杉の子
2010/6/27 一戸製材所
2010/6/26 事務所入り口
2010/6/25 鎮め物
2010/6/24 持つべきは友
2010/6/23 岩泉町にて
2010/6/22 設計図
2010/6/21 バドミントン
2010/6/20 レンガ工事
2010/6/20 岩泉の朝
2010/6/19 新二重壁
2010/6/18 作業場隣の畑
2010/6/17 屋根工事
2010/6/16 一目惚れ
2010/6/15 世界の仲間2
2010/6/14 農地にて2
2010/6/13 農地にて
2010/6/12 セルフビルド
2010/6/11 上棟
2010/6/10 笑顔
2010/6/9 建て方
2010/6/8 花巻下幅
2010/6/7 完成見学会
2010/6/6 難逃れた赤松
2010/6/5 滝沢の造園
2010/6/4 滝沢の和室
2010/6/3 雨水タンク
2010/6/2 地中熱の衝撃
2010/6/1 水無月
2010/5/31 ぐっすり〜
2010/5/30 カーテン
2010/5/29 花巻見学会
2010/5/28 ナグリ
2010/5/27 不良丸太
2010/5/26 セルフビルド
2010/5/25 植林体験2
2010/5/24 植林体験
2010/5/23 水素発電
2010/5/22 太陽
2010/5/21 スーパーカブ
2010/5/20 無題
2010/5/19 ウッドデッキ
2010/5/18 月星
2010/5/17 時間待ち
2010/5/16 修学旅行
2010/5/15 無題
2010/5/14 残雪
2010/5/13 雑草
2010/5/12 湖の奏で
2010/5/11 空の奏で
2010/5/10 赤松修正挽き
2010/5/9 パテ塗り
2010/5/8 構造見学会
2010/5/8 そっくり〜
2010/5/7 自宅の夕日
2010/5/6 清水川
2010/5/5 連休4の3
2010/5/5 連休4の2
2010/5/5 連休4
2010/5/4 連休3
2010/5/3 連休2
2010/5/2 連休1
2010/5/1 赤松の出番
2010/4/30 セルフビルド
2010/4/29 バラ園
2010/4/28 窓掃除
2010/4/27 寒い訳だ〜
2010/4/26 和紙のカーテン
2010/4/25 太陽熱温水
2010/4/24 薪
2010/4/23 突然の研修
2010/4/22 ご契約
2010/4/21 クラブエイト
2010/4/20 ギャベ
2010/4/19 産直
2010/4/18 自転車屋さん
2010/4/17 襖
2010/4/16 太陽熱温水
2010/4/15 暖房
2010/4/14 エッ雪?
2010/4/13 改修後の玄関
2010/4/12 バンザイ
2010/4/11 完成!
2010/4/10 時の流れ
2010/4/9 建具2
2010/4/8 一息
2010/4/7 打ち合わせ2
2010/4/6 模型2
2010/4/5 建具
2010/4/4 職人
2010/4/3 神棚
2010/4/2 家と人。20
2010/4/1 打ち合わせ
2010/3/31 含水率
2010/3/30 時代
2010/3/29 子供相談室
2010/3/28 模型
2010/3/27 支え木
2010/3/26 屋根工事
2010/3/25 姫神山
2010/3/24 完成写真
2010/3/23 合掌!
2010/3/22 風水良地?
2010/3/21 完成見学会
2010/3/20 ウォーリズ
2010/3/19 ベセル
2010/3/18 岩手山
2010/3/17 壁仕上げ
2010/3/16 壁塗り
2010/3/15 小泉牛乳店
2010/3/14 パテ処理
2010/3/13 井戸堀
2010/3/12 長く住まう
2010/3/11 雪溶け水
2010/3/10 橋脚
2010/3/9 ケヤキと杉
2010/3/8 薪入荷
2010/3/7 組み合わせ
2010/3/6 基礎配筋と枠
2010/3/5 神棚
2010/3/4 どぉ〜ん!2
2010/3/4 どぉ〜ん!
2010/3/3 基礎配筋
2010/3/2 車庫棚扉
2010/3/1 矢巾外観
2010/2/28 薪棚
2010/2/27 テーブル
2010/2/26 建具
2010/2/25 光の束
2010/2/24 矢巾の現場2
2010/2/23 矢巾の現場
2010/2/22 感謝御礼
2010/2/21 来福
2010/2/20 納戸入口
2010/2/19 花巻完成4
2010/2/19 花巻完成3
2010/2/19 花巻完成2
2010/2/18 花巻完成
2010/2/17 差し合わせ
2010/2/16 銀杏無垢板
2010/2/15 道具造り見習
2010/2/14 雪あかり
2010/2/13 花巻の現場
2010/2/12 松平藩養浩館
2010/2/11 福井県一乗谷
2010/2/10 すやすや
2010/2/9 福井県永平寺
2010/2/8 越の国福井県
2010/2/7 吹雪の後
2010/2/6 矢巾の断熱工事
2010/2/5 ペレット
2010/2/4 岩手山
2010/2/3 地盤調査
2010/2/2 矢巾のその後
2010/2/1 立春近し
2010/1/31 花巻外観
2010/1/30 はだか参り
2010/1/29 早池峯神社
2010/1/28 岩泉の家
2010/1/27 松ぼっくり
2010/1/26 改修工事
2010/1/25 構造見学会2
2010/1/24 種火の薪
2010/1/24 構造見学会
2010/1/23 暖房各種
2010/1/22 彫刻
2010/1/21 矢巾の構造2
2010/1/20 矢巾の構造1
2010/1/19 塀兼用薪棚
2010/1/18 朴舘家住宅3
2010/1/17 朴舘家住宅2
2010/1/16 世界の仲間
2010/1/15 朴舘家住宅
2010/1/14 食器棚
2010/1/13 珍味材の仕上
2010/1/12 珍味(笑)2
2010/1/11 知らせ
2010/1/10 エコワット
2010/1/9 お客様手書き
2010/1/8 珍味(笑)
2010/1/7 炎
2010/1/6 オーニング
2010/1/5 雪の朝
2010/1/4 新聞配達
2010/1/3 本年もみゃ〜
2010/1/2 初詣
2010/1/1 平成22年
2009/12/31 大晦日
2009/12/30 炭焼き窯
2009/12/29 仕事納め
2009/12/28 基礎養生
2009/12/27 先導的モデル
2009/12/26 鉄筋
2009/12/25 流し台
2009/12/24 完成見学会2
2009/12/23 完成見学会
2009/12/22 北上外観
2009/12/21 下足収納
2009/12/20 永井の流し前
2009/12/19 雪
2009/12/18 働き者2
2009/12/17 働き者?
2009/12/16 朝の光
2009/12/15 北上の車庫
2009/12/14 玄関ポーチ材
2009/12/13 草原の朝
2009/12/12 おっと御免
2009/12/11 構造見学会
2009/12/10 北上の現場
2009/12/9 車庫材出発
2009/12/8 朝日
2009/12/7 欅カウンター
2009/12/6 重茂製材所
2009/12/5 持ち込み材?
2009/12/4 重茂半島
2009/12/3 AM7時
2009/12/2 構造現場
2009/12/1 師走
2009/11/30 アフター
2009/11/29 本当に買うの
2009/11/28 買っていい?
2009/11/27 北上の造作
2009/11/26 車庫の赤松
2009/11/25 暁
2009/11/24 雪遊び
2009/11/23 床框
2009/11/22 虹色の雲
2009/11/21 雪
2009/11/20 薪棚工事
2009/11/19 四十四田ダム
2009/11/18 南昌山方面
2009/11/17 玄関ポーチ
2009/11/16 作業場
2009/11/15 内部胴縁
2009/11/14 姫神山
2009/11/13 積み出し
2009/11/12 輝き
2009/11/11 カエデ
2009/11/10 森の精
2009/11/9 一人
2009/11/8 高松の紅葉
2009/11/7 登り梁
2009/11/6 出番待ち
2009/11/5 モコモコ
2009/11/4 凛と・・寒い
2009/11/3 廻り階段
2009/11/2 皆で!
2009/11/1 霜月
2009/10/31 朝靄
2009/10/30 薪配達
2009/10/29 唖然・・
2009/10/28 釜?
2009/10/27 クロステラス
2009/10/26 光る桜葉
2009/10/25 秋深し
2009/10/24 昭和の名残
2009/10/23 伝統と現代
2009/10/22 車庫
2009/10/21 玄関の軒
2009/10/20 木の温もり
2009/10/19 木の香り
2009/10/18 三ッ光り
2009/10/17 改修経過3
2009/10/16 框
2009/10/15 オゾン室
2009/10/14 基礎配筋
2009/10/13 ギンダケ
2009/10/12 改修経過2
2009/10/12 改修工事経過
2009/10/11 構造見学会
2009/10/11 何者ぞ?
2009/10/10 実り
2009/10/9 ボリボリ
2009/10/8 断熱工事機材
2009/10/7 車庫材
2009/10/6 ともかちゃん
2009/10/6 端材の薪
2009/10/5 空2
2009/10/5 空
2009/10/4 皮剥き
2009/10/4 重〜!
2009/10/3 研修生
2009/10/2 今時の遊び
2009/10/1 神無月
2009/9/30 大黒柱出発
2009/9/29 どよん〜
2009/9/28 アタック
2009/9/27 岩手山
2009/9/26 宇霊羅山
2009/9/25 輝き
2009/9/24 光
2009/9/23 大シメジ
2009/9/22 マツタケ
2009/9/21 お彼岸
2009/9/20 キック
2009/9/19 円陣
2009/9/18 レトロ
2009/9/17 改修工事開始
2009/9/16 秋の実り
2009/9/15 祭りの頃
2009/9/14 雨の合間
2009/9/13 上棟式
2009/9/12 マサカリ
2009/9/11 不思議な虹
2009/9/10 鉄筋工事
2009/9/9 チョウナ
2009/9/8 牛
2009/9/7 夕日
2009/9/6 捨てる事無し
2009/9/5 トンボ
2009/9/4 建て方
2009/9/3 自衛隊と遭遇
2009/9/2 捨て猫?
2009/9/1 飛馬2
2009/8/31 行け行け飛馬
2009/8/30 古材と大黒柱
2009/8/29 赤松
2009/8/28 古材
2009/8/27 薪割り
2009/8/26 栗大黒柱
2009/8/25 梅干し
2009/8/24 夏休みと工作
2009/8/23 破風
2009/8/22 地鎮祭
2009/8/21 持ち込み材
2009/8/20 築11年
2009/8/19 鉄筋加工
2009/8/18 モヒカン刈り
2009/8/17 時の揺り籠
2009/8/16 エネルギー2
2009/8/15 エネルギー
2009/8/14 お墓参り
2009/8/13 朝一(市)
2009/8/12 栗テーブル
2009/8/11 太陽熱温度
2009/8/10 御礼
2009/8/9 見学会
2009/8/8 照明器具
2009/8/7 南畑
2009/8/6 板戸
2009/8/5 長期優良住宅
2009/8/4 家族で塗り壁
2009/8/3 フォーラム
2009/8/2 お手伝い
2009/8/1 壁塗り
2009/7/31 マリンランプ
2009/7/30 大正十二年
2009/7/29 川留神社
2009/7/28 太陽光発電
2009/7/27 ネジレ材
2009/7/26 地域材2
2009/7/25 地域材
2009/7/24 ヒートポンプ
2009/7/23 雨天にて残念
2009/7/22 宇宙の出来事
2009/7/21 今日は講演日
2009/7/20 捩じれ材
2009/7/19 古民家
2009/7/18 赤松の梁
2009/7/17 一戸製材所
2009/7/16 お湯が出ない
2009/7/15 ガラス反射光
2009/7/14 屋根断熱
2009/7/13 どこで遊ぶ?
2009/7/12 古材
2009/7/11 豪雨
2009/7/10 太陽熱温水
2009/7/9 断熱工事2
2009/7/8 南畑
2009/7/7 断熱工事
2009/7/6 清め
2009/7/5 松板加工
2009/7/4 巣箱
2009/7/3 職人2
2009/7/2 赤松の板
2009/7/1 セルフビルド
2009/6/30 セルフビルド
2009/6/29 暑ッー
2009/6/28 計画図
2009/6/27 梁の強さ
2009/6/26 井戸
2009/6/25 建物荷重
2009/6/24 板金工事
2009/6/23 職人
2009/6/22 切妻
2009/6/21 仮設トイレ
2009/6/20 基礎工事中に
2009/6/19 家庭菜園
2009/6/18 かくれんぼ
2009/6/17 ウッドデッキ
2009/6/16 デッキより
2009/6/15 上田堤界隈
2009/6/14 太陽熱パネル
2009/6/13 薪棚
2009/6/12 熟睡
2009/6/11 自宅の姫沙羅
2009/6/10 時の記念日
2009/6/9 ヒメシャラ
2009/6/8 芝生
2009/6/7 カモシカ
2009/6/6 今朝は雨
2009/6/5 本日上棟式
2009/6/4 やまぼうし
2009/6/3 煙突掃除2
2009/6/3 煙突掃除
2009/6/2 爺さん目線
2009/6/1 デッキ改修
2009/5/31 職人目線
2009/5/30 子供目線
2009/5/29 蟻・・・
2009/5/28 運動会2
2009/5/27 岩泉の家
2009/5/26 駄目押し?
2009/5/26 そのまた続き
2009/5/26 続き
2009/5/26 私の薪割り
2009/5/26 専務の薪割り
2009/5/25 3歳と薪割機
2009/5/24 運動会
2009/5/23 抜根
2009/5/22 時代へ逆行?
2009/5/21 丸太製材後
2009/5/20 無垢
2009/5/19 虹
2009/5/18 伐根
2009/5/17 孫を抱く叔父
2009/5/16 桜草
2009/5/15 薪丸太入荷
2009/5/14 雨
2009/5/13 仲良し?
2009/5/12 面取り
2009/5/11 植林体験
2009/5/10 菜の花畑
2009/5/9 タンポポ
2009/5/8 小屋の窓
2009/5/7 釣人と姫神山
2009/5/6 流木
2009/5/6 小鳥2
2009/5/5 小鳥
2009/5/4 繋ぎ材
2009/5/3 朝靄
2009/5/2 皐月
2009/5/1 高松の桜
2009/4/30 太陽熱パネル
2009/4/29 記念樹と山
2009/4/28 杭打ち
2009/4/27 製材見学2
2009/4/26 岩鷲山
2009/4/25 製材見学
2009/4/24 古材と大工
2009/4/23 古材
2009/4/22 敷地造り
2009/4/21 羊さんと孫
2009/4/20 見学会
2009/4/19 岩手山は?
2009/4/18 花巻4
2009/4/17 花巻3
2009/4/16 花巻2
2009/4/15 花巻
2009/4/14 打ち出の小槌
2009/4/13 斧
2009/4/12 煙突掃除
2009/4/11 塀工事
2009/4/10 岩手山
2009/4/9 花巻
2009/4/8 ピラミッド?
2009/4/7 小本港
2009/4/6 薪割り
2009/4/5 朝日
2009/4/4 清明
2009/4/3 浴室改修
2009/4/2 早朝2
2009/4/1 上田堤界隈
2009/3/31 早朝
2009/3/29 完成写真撮影
2009/3/27 Gブロック
2009/3/26 薪搬送
2009/3/24 薪
2009/3/23 昭和の時代
2009/3/22 赤松
2009/3/20 秋田3
2009/3/19 秋田2
2009/3/18 秋田
2009/3/17 経年変化2
2009/3/15 経年変化
2009/3/14 道
2009/3/13 木造
2009/3/12 102年
2009/3/11 心
2009/3/10 披露宴
2009/3/8 赤松伐採
2009/3/7 風邪
2009/3/6 竿縁天井
2009/3/5 講演
2009/3/3 指揮者
2009/3/2 ケヤキ
2009/2/28 花巻
2009/2/28 永田町
2009/2/26 広葉樹
2009/2/24 頑張って!
2009/2/23 薪棚
2009/2/22 薪ストーブ
2009/2/20 床の間
2009/2/19 囲炉裏
2009/2/18 太陽熱パネル
2009/2/17 防湿シート
2009/2/16 壁充填断熱2
2009/2/15 披露宴
2009/2/15 壁充填断熱
2009/2/14 13日の続き
2009/2/13 透湿防水シート
2009/2/12 12日2回目
2009/2/11 ↑09.2/12〜09.1/27まで日記記録消失してしまいました。
2009/1/27 小屋梁
2009/1/26 梁桁組開始10
2009/1/26 梁桁組開始9
2009/1/26 梁桁組開始8
2009/1/26 梁桁組開始7
2009/1/26 梁桁組開始6
2009/1/26 梁桁組開始5
2009/1/26 梁桁組開始4
2009/1/26 梁桁組開始3
2009/1/26 梁桁組開始2
2009/1/26 梁桁組開始
2009/1/25 大黒柱
2009/1/24 柱建て
2009/1/23 土台敷き
2009/1/22 通し柱2
2009/1/21 通し柱
2009/1/20 杉
2009/1/19 刻み
2009/1/18 仕口6
2009/1/17 仕口5
2009/1/16 仕口4
2009/1/15 仕口3
2009/1/14 働き者?
2009/1/13 仕口2
2009/1/12 仕口1
2009/1/11 土台の墨2
2009/1/10 含水率
2009/1/9 土台の墨
2009/1/8 ロフトの朝
2009/1/7 清め
2009/1/6 古民家移築
2009/1/5 ↑09.1/6〜08.12/29まで日記記録消失してしまいました。
2008/12/29 生コン打込
2008/12/28 番付け
2008/12/27 荷重負担基礎
2008/12/26 吊枠
2008/12/25 鉄筋加工
2008/12/24 配筋検査
2008/12/23 配筋
2008/12/22 明日は見学会
2008/12/21 転圧
2008/12/20 総堀
2008/12/19 地盤状況
2008/12/18 着工
2008/12/17 墨付け開始
2008/12/16 製材所
2008/12/15 製材見学
2008/12/14 山4
2008/12/13 山3
2008/12/12 山2
2008/12/11 山1
2008/12/10 天然乾燥
2008/12/9 修正挽き
2008/12/8 復活!
2008/12/6 数日休みます
2008/12/2 室小路
2008/12/1 師走
2008/11/30 小話2
2008/11/29 小話
2008/11/28 林業振興
2008/11/27 爽快
2008/11/26 やさしさ
2008/11/25 雪景色
2008/11/24 ↑08.11/25〜08.9/3まで日記記録消失してしまいました。
2008/9/3 庭7
2008/9/2 庭6
2008/9/1 庭5
2008/8/31 庭4
2008/8/31 岩泉4
2008/8/30 庭3
2008/8/30 庭2
2008/8/29 庭
2008/8/28 ネズコ
2008/8/27 夕焼け
2008/8/26 岩泉3
2008/8/26 岩泉2
2008/8/26 岩泉
2008/8/25 四十四田ダム
2008/8/24 南畑3
2008/8/23 南畑2
2008/8/22 南畑
2008/8/21 聖心幼稚園
2008/8/20 仕事中
2008/8/19 金剛力士
2008/8/18 秋の気配
2008/8/17 太洋の子丸
2008/8/16 上田堤界隈
2008/8/15 雲岩寺
2008/8/14 祈り3
2008/8/13 祈り2
2008/8/12 祈り
2008/8/11 掃気システム
2008/8/10 夏祭り
2008/8/9 上田堤界隈
2008/8/8 真夏
2008/8/7 反り止め
2008/8/6 胴割り丸太
2008/8/5 大工道具3
2008/8/4 無題
2008/8/3 大工道具2
2008/8/2 経木?
2008/8/1 道具と仕口
2008/8/31 栗の曲り梁
2008/7/30 枘
2008/7/29 組み合わせ
2008/7/28 通し柱
2008/7/27 忍2
2008/7/26 引き継?
2008/7/25 忍
2008/7/24 かなわつぎ
2008/7/23 差し鴨居
2008/7/22 蟻落とし
2008/7/21 チョウナ
2008/7/20 残材
2008/7/19 組んで確かめ
2008/7/18 岩泉外観
2008/7/17 何してるの?
2008/7/16 仕口2
2008/7/16 仕口
2008/7/15 大工道具1
2008/7/14 車知栓継2
2008/7/13 小根柄と鎌継
2008/7/12 丸カンナ3
2008/7/12 丸カンナ2
2008/7/12 丸カンナ1
2008/7/11 車知栓
2008/7/10 マサカリ
2008/7/9 窓下地枠
2008/7/8 金輪継
2008/7/7 昼寝
2008/7/6 屋根裏
2008/7/5 地盤改良2
2008/7/4 餅まき
2008/7/3 ネコとザック
2008/7/2 岩泉の現場3
2008/7/1 シロアリ
2008/6/30 地盤改良
2008/6/29 岩泉の現場2
2008/6/28 岩泉の現場
2008/6/27 ガッシュ
2008/6/26 再利用
2008/6/25 出会い
2008/6/24 木登り
2008/6/23 フォーラム2
2008/6/22 フォーラム
2008/6/21 潮風
2008/6/20 思い出
2008/6/19 訃報
2008/6/18 仙台
2008/6/17 伏図
2008/6/16 自転車
2008/6/15 祝詞
2008/6/14 上棟式
2008/6/13 北上の外壁
2008/6/12 働き者
2008/6/11 家庭菜園
2008/6/10 木登り
2008/6/9 濡れ縁完成
2008/6/8 庭造り
2008/6/7 濡れ縁の足
2008/6/6 岩泉3
2008/6/5 岩泉2
2008/6/5 岩泉2
2008/6/5 岩泉
2008/6/4 土壁と左官
2008/6/4 土壁と曲り梁
2008/6/3 棟上げ
2008/6/3 棟上げ
2008/6/2 薪割り3
2008/6/2 薪割り2
2008/6/1 薪割り
2008/5/31 2階床組
2008/5/30 四方差し
2008/5/29 土台
2008/5/28 柱建て
2008/5/27 瓦の屋根
2008/5/26 岩泉建方開始
2008/5/25 迷路
2008/5/24 運動会
2008/5/23 大黒柱2
2008/5/22 塗り壁
2008/5/21 確認
2008/5/20 太陽熱温水
2008/5/19 南畑
2008/5/19 朝の岩洞湖
2008/5/18 土壁の家
2008/5/17 煙突掃除
2008/5/17 次はネコと
2008/5/17 大の字
2008/5/16 日向ぼっこ
2008/5/15 大黒柱
2008/5/14 唇?
2008/5/13 北上の現場
2008/5/12 古民家
2008/5/11 換気口
2008/5/10 刻み
2008/5/9 天空に向かい
2008/5/8 木材選出
2008/5/7 ちば動物病院
2008/5/6 一輪車
2008/5/5 出来る事を
2008/5/4 鞍掛山
2008/5/3 お疲れ様です
2008/5/2 薪棚と物置
2008/5/1 ギャラリー
2008/4/30 清め
2008/4/29 草?
2008/4/28 北上の基礎
2008/4/27 植林
2008/4/26 披露宴
2008/4/25 斗栱
2008/4/24 原寸
2008/4/23 上田堤界隈
2008/4/22 満開
2008/4/21 清め
2008/4/20 花見3
2008/4/20 花見2
2008/4/20 花見1
2008/4/20 古民家と松
2008/4/19 サクラ
2008/4/18 南畑
2008/4/17 基礎工事
2008/4/16 清水畑製材所
2008/4/15 岩泉の青空
2008/4/14 岩手山2
2008/4/13 岩手山
2008/4/12 上田堤界隈
2008/4/11 白樺
2008/4/10 洗面台
2008/4/9 基礎配筋
2008/4/8 四人家族
2008/4/7 三和土?
2008/4/6 トラック
2008/4/5 家族
2008/4/5 間仕切り
2008/4/4 岩泉町の工事
2008/4/3 北山トンネル
2008/4/2 造り付家具
2008/4/1 誕生日
2008/4/1 順番待ち
2008/3/31 また会う日が
2008/3/30 御礼
2008/3/29 松園照明受台
2008/3/28 松園見学会
2008/3/27 夫婦山?
2008/3/26 小舞壁
2008/3/25 倒木橋
2008/3/24 吊り橋
2008/3/23 地鎮祭
2008/3/22 北澤アート
2008/3/21 風力発電
2008/3/20 卒業証書
2008/3/19 卒業
2008/3/18 丸太橋
2008/3/17 窓から
2008/3/16 岩泉
2008/3/15 左官壁
2008/3/14 古材
2008/3/13 鉄板!
2008/3/12 松園
2008/3/11 村崎野
2008/3/10 洞清水外観
2008/3/9 ご家族で・・
2008/3/8 エコワット
2008/3/7 南昌山方面
2008/3/6 姫神山
2008/3/5 性善説
2008/3/4 しだれやなぎ
2008/3/3 薪と暮らし
2008/3/2 雪解け(溶け)
2008/3/1 縄梯子
2008/2/29 杉通し柱2
2008/2/28 杉の通し柱
2008/2/27 岩泉
2008/2/26 外壁鋼板
2008/2/25 冬の夕日
2008/2/24 薪
2008/2/23 壊れても・・
2008/2/22 カウンター等
2008/2/21 竪穴式住居
2008/2/20 壁断熱
2008/2/19 製材
2008/2/18 框2
2008/2/17 四十四田ダム
2008/2/16 框
2008/2/15 風呂桶
2008/2/14 外山道
2008/2/13 岩手鉱業所
2008/2/12 不思議な屋根
2008/2/11 新月
2008/2/10 お知らせ
2008/2/9 日本一
2008/2/8 古墳
2008/2/7 ベンダー
2008/2/6 パッシブ換気
2008/2/5 自宅の雪祭り
2008/2/4 製材2
2008/2/3 熱き思い
2008/2/2 松園
2008/2/1 製材
2008/1/31 洞清水
2008/1/30 矢巾の外観
2008/1/29 岩洞湖
2008/1/28 銅板屋根
2008/1/27 天峰山から
2008/1/26 完成お引渡し
2008/1/25 TV撮影
2008/1/24 看板
2008/1/23 屋根工事開始
2008/1/22 屋根断熱工事
2008/1/21 南部鉄器
2008/1/20 上棟式
2008/1/19 薪入荷
2008/1/18 四十四田ダム
2008/1/17 杉皮
2008/1/16 松園
2008/1/15 洞清水
2008/1/14 棟上げ
2008/1/13 宿題
2008/1/12 姉と弟二人旅
2008/1/11 松園建て方3
2008/1/11 松園建て方2
2008/1/11 松園建て方1
2008/1/10 新上田堤界隈
2008/1/9 鎌継ぎ
2008/1/8 柱建て
2008/1/7 配線隠し
2008/1/6 薪温水循環機
2008/1/5 ネコのお手伝
2008/1/4 板塀
2008/1/3 日の出の続き
2008/1/2 2日の日の出
2008/1/1 新年
2007/12/31 大晦日
2007/12/30 門松
2007/12/29 乾杯!
2007/12/28 矢巾は追込み
2007/12/27 踏み切り
2007/12/26 日の出前
2007/12/25 火星?
2007/12/24 薪ストーブ2
2007/12/23 西仙北の井戸
2007/12/22 お湯が沸く
2007/12/21 玉山の刻み場
2007/12/20 冬景色
2007/12/19 岩手山
2007/12/18 作業場
2007/12/17 基礎配筋
2007/12/16 薪割り2
2007/12/15 朝日
2007/12/14 ネコは家
2007/12/13 雪道
2007/12/12 昭和初期
2007/12/11 温もり
2007/12/10 溜め息
2007/12/9 薪割り
2007/12/8 ひかり付け
2007/12/7 薪ストーブ
2007/12/6 タイコ梁
2007/12/5 雪にも負けず
2007/12/4 アイヌ犬
2007/12/3 自宅1
2007/12/2 完成見学会
2007/12/1 松園
2007/11/30 明日は見学会
2007/11/29 刻み
2007/11/28 丸
2007/11/27 お宝
2007/11/26 冬場の養生
2007/11/25 床塗り
2007/11/24 矢巾
2007/11/23 ペレットの炎
2007/11/22 戸締り
2007/11/21 基礎工事2
2007/11/20 基礎工事
2007/11/19 左官道具
2007/11/18 予定表の歌?
2007/11/17 左官
2007/11/16 落葉松90年
2007/11/15 ステンドガラス
2007/11/14 地中梁
2007/11/12 薪
2007/11/11 寂しそうな倉
2007/11/10 自主施工?
2007/11/9 高松池の紅葉
2007/11/8 造材2
2007/11/8 造材1
2007/11/7 八牧山林の杉
2007/11/6 魚の群れ
2007/11/5 矢巾の屋根
2007/11/4 薪棚
2007/11/3 煙突掃除3
2007/11/3 煙突掃除2
2007/11/3 煙突掃除1
2007/11/2 洞清水の遣り方
2007/11/1 栗と茸と猫
2007/10/31 FSC森林認証
2007/10/30 南昌荘
2007/10/29 矢巾建て方7
2007/10/29 矢巾建て方6
2007/10/29 矢巾建て方5
2007/10/29 矢巾建て方4
2007/10/29 矢巾建て方3
2007/10/29 矢巾建て方2
2007/10/29 矢巾建て方1
2007/10/28 木登り4
2007/10/28 木登り3
2007/10/28 木登り2
2007/10/28 木登り1
2007/10/27 徳清倉庫2
2007/10/27 徳清倉庫1
2007/10/26 薪ストーブ
2007/10/25 根切り
2007/10/24 煙突取付工事
2007/10/23 湧き水
2007/10/22 簡易チェンソー
2007/10/21 栗
2007/10/20 三ッ石の手形
2007/10/19 早坂トンネル3
2007/10/19 早坂トンネル2
2007/10/19 早坂トンネル1
2007/10/18 土留め
2007/10/17 壁断熱
2007/10/16 スラブヒーター
2007/10/15 影降臨?
2007/10/14 若松城天守閣
2007/10/13 郡山
2007/10/12 栗材の製材
2007/10/11 矢巾基礎2
2007/10/11 矢巾基礎1
2007/10/10 屯所
2007/10/9 栗テーブル
2007/10/8 井戸
2007/10/7 祭り
2007/10/6 OLD-TIME
2007/10/5 葉枯らし
2007/10/4 2階床張り
2007/10/3 松茸
2007/10/2 のどか
2007/10/1 浴室枠
2007/9/30 稲刈り
2007/9/29 中央通構造壁3
2007/9/29 中央通構造壁2
2007/9/29 中央通構造壁1
2007/9/28 チョウナ立て
2007/9/27 墨壺
2007/9/26 矢巾の基礎2
2007/9/26 矢巾の基礎1
2007/9/25 屋根板金
2007/9/24 日曜の上田堤
2007/9/23 今朝の山
2007/9/22 けんけんパ
2007/9/21 屋根工事
2007/9/21 屋根断熱工事
2007/9/20 屋根工事続き
2007/9/19 軒先補助断熱
2007/9/19 断熱用シート
2007/9/19 タルキ掛け
2007/9/19 あおり止め
2007/9/19 母屋の楔
2007/9/19 中央通屋根続き
2007/9/18 猫じゃらし
2007/9/17 稲穂2
2007/9/16 15日の中央通り
2007/9/15 今時の遊び
2007/9/14 14日の中央通り
2007/9/13 13日の建て方
2007/9/12 12日の建て方
2007/9/11 11日の建方
2007/9/10 柱建て4
2007/9/10 柱建て3
2007/9/10 柱建て2
2007/9/10 柱建て1
2007/9/9 虹
2007/9/8 40代と20代
2007/9/7 鉋掛け
2007/9/6 土台敷き
2007/9/5 92才と2?才
2007/9/4 92年の杉伐倒
2007/9/3 鉞(まさかり)
2007/9/2 四階倉庫
2007/9/1 道程(みちのり)
2007/8/31 雨の中
2007/8/30 井戸堀
2007/8/29 夕陽
2007/8/28 稲穂
2007/8/27 梅干
2007/8/26 日曜日 2
2007/8/26 日曜日 1
2007/8/25 オリジナル照明
2007/8/24 絲し舎 4
2007/8/23 長女と孫
2007/8/22 水遊び
2007/8/21 自由研究
2007/8/20 オカリナ
2007/8/19 オルゴール
2007/8/18 魚
2007/8/17 トンボ
2007/8/16 手掴み出来た
2007/8/15 龍
2007/8/14 お墓参り
2007/8/13 朝市
2007/8/12 絲し舎 3
2007/8/12 絲し舎 2
2007/8/12 絲し舎 1
2007/8/11 11日-4 補強3
2007/8/11 11日-3 補強2
2007/8/11 11日-2 補強1
2007/8/11 11日-1 胴割れ
2007/8/10 曲がり梁
2007/8/9 盛岡の山里
2007/8/8 樹齢92年の杉
2007/8/7 手作り照明
2007/8/6 ガラスブロック
2007/8/5 小さな見学会
2007/8/4 皆で床塗装
2007/8/3 蘇った栗板
2007/8/2 清め
2007/8/1 脱皮
2007/7/31 静寂
2007/7/30 トマト
2007/7/29 ビー球
2007/7/28 川留神社
2007/7/27 夕日
2007/7/26 屋根断熱
2007/7/25 木梁158本
2007/7/24 朝焼け
2007/7/23 古時計と約束
2007/7/22 まさかの続き
2007/7/21 まさか!
2007/7/20 四十四田住宅
2007/7/19 八尺(ハッシャク)
2007/7/18 墨付け
2007/7/17 修学旅行
2007/7/16 16日-5 曲り梁
2007/7/16 16日-4 土壁
2007/7/16 16日-3 敷居楔
2007/7/16 16日-2 床板
2007/7/16 16日-1 解体前
2007/7/14 映画館通り
2007/7/13 基礎工事
2007/7/12 中央通の井戸
2007/7/11 産直

 

   
  造材1
 
  2007/11/8
   優しい、三田農林鰍フ藤井さんから早速データCDが届きました。1枚目は、90年の杉です。この長さ40mです。多分現地に訪れた人は誰しも合掌します。岩手には、こんなに身近に良い山良い材があります。皆で使いましょう。使う事が環境に良いのです。
 私達のお客様はみなさんが、心優しい環境に配慮した住いを建てていただきました。全て、岩手の材です。
 
 
   
  八牧山林の杉
 
  2007/11/7
   本日は、9月に伐り倒して葉枯らし乾燥した杉と、この11月に伐倒したばかりの赤松の造材立会いの為、専務やお客様も含め総勢4人で山に入りました。ところが、なんとカメラの電池が入っていない!充電したまま忘れてきたらしい・・・恥を忍んで皆さんに声を掛けたものの「カメラは持って来なかった」と二人、「私も電池が殆ど無い」ともう一人・・・恐る恐る、案内してもらっている三田農林鰍フ藤井さんのカメラをお貸しいただくことと相成った次第で・・・そのくせ、各種作業を撮りたい放題でした。後日、CDに焼いていただくことになりましたが、本当にお騒がせですみませんでした。藤井さんは本当に優しくて、「ありがとうございました。」
 しかし、本当に見事な90年の杉でした。赤松も数本、とんでもないと思える丸太が混ざっており、後日写真は必ず掲載させていただきます。本日掲載の写真は、9月撮影の伐倒した際の一枚です。こうした材を扱えると思うと、木に手を添えて「ありがとうございます。」と心でつぶやきました。
 話は全く変わりますが、私は11月6日が誕生日です。昨日は、1日違いの北上のお客様から「誕生日おめでとうございます。」と電話をいただきました(私は何もしませんでした・・・)。そして今日は、先日完成した仙北の住いお子様から、実筆でとても可愛い「おたんじょうびおめでとう おうちありがとう」と書かれたハガキをいただきました。りんちゃんありがとう、とても感動しました。実は、りんちゃんも私と同じ11月6日生まれなのに、私はなにも送りませんでした・・・。嬉しさと、落ち込みとが同居してしまった気分ですが、このハガキを見れば元気がでて嬉しさが勝ります。手書きで、お礼の気持ちを添えたいと思います。昨日は、家族にも忘れられていたのに、お二人ともありがとうございました。でも夜は、ささやかにお祝いしてもらいました。ところが、私のショートケーキだけが薪ストーブの火を見ている隙に「ハナ」に舐められていました。全て実話です。

※嘘や飾りの無い、本音の日記を書こうと決めてから毎日更新してきましたが、昨日46歳になりました。あと4年で50歳・・・実感が全くありません。年のわりに幼い文章で恥ずかしい思いもありますが、これもまた自分を飾らないという事でおおめにみていただきたくお願い申し上げます。これからも、杢創舎日記をよろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  魚の群れ
 
  2007/11/6
   柳ジョージの「コインランドリーブルース」を一人思い出しながら、「俺達は、ただのさかなさ、川の流れまでは変えられない・・・」と、口ずさめないで、喋っている自分が恥ずかしい。音痴の極みで、歌が上手くなれば世界が広がるのにな〜と思う。
 でも、環境の流れを良いほうに替える役には、微力でも力を注ぎたい。親から子へ・・・また、伝統の継承や社内の和の広がりもまたある種の流れ・・・しかし、激流に耐え切れない者もいる。でも、清らかな流れの中の縁で休んで、また仲間を求めるのもいい。人は皆、心の奥底は暖かいと私は信じる。
 
 
   
  矢巾の屋根
 
  2007/11/5
   現在、棟上げを無事完了し、屋根工事中の矢巾の工程写真です。タルキまで終わり、断熱用のシートを張り込み中です。中央通の現場が出来るまで二人で確りと段取り良く進めていますが、天候が不順で工事の大半が雨との戦いです(愚痴気味)。隣地の雰囲気はこんな感じでした。木登りをしてから、何故か上から下を見る写真が増えたかな?
 
 
   
  薪棚
 
  2007/11/4
   昨日の続きみたいになりましたが、北上のOさん邸の薪棚です。弊社で造りましたが、棚にはリンゴの木の薪がずらり・・・羨ましいです。建築後でも、薪ストーブの設置は可能です。金額は、本体と煙突と工事費含めて100万ぐらいになるかもしれません。
 しかし、電化は電磁波や原発問題、ガスはコストや環境的にも原油の影にいるだけ、原油は既に先が見えて寒気がするほど枯渇による影響は甚大。私達は、何を選択すればいいのでしょう?対策は、普通に暮している今から始めるのが一番です。皆の力で幸せな未来をってね・・・少し気恥ずかしい文章ですが、私は薪だけでこの冬をのりきってみます。また、太陽熱給湯を設置してみます。結果は、いずれご報告させていただきます。
 
 
   
  煙突掃除3
 
  2007/11/3
   室内の本体は、天板を外すとこの様な内部になっています。触媒は昨年取り替えたばかりです。この後ダンパーも外して掃除やさび落しまでの工賃¥5,000(弊社取り付けのお客様のみ)です。ガスケット交換や、本体磨きなどは別途料金となります。先ほどの金額は、当面の金額として後日改定します。その時は、各種メンテ対応できるように訓練してからとなります。
 一応、プロの掃除価格は¥31,500との事です。これに出張費が加算されますから、盛岡近辺まで来てもらうと、5万以上になるかもしれません。高すぎるので、弊社で掃除メンテできるようにしたいと思います。目標は¥20,000でオールメンテですが、如何でしょうか?ご意見をいただければ幸いです。皆さんのご意見を基に料金を考えたいと思います。メールにてお願い申し上げます。

 ※煙突掃除1からご覧下さい。
 
 
   
  煙突掃除2
 
  2007/11/3
   この様に、煙突のトップを外してワイヤーブラシ付きのポリプロピレン製ロットを継ぎ足しながら本体に届くまで擦り下げます。
 
 
   
  煙突掃除1
 
  2007/11/3
   このところ土曜日は、毎週煙突掃除をしています(現場は休み)。今回は、北上のOさんのお宅です。私と誕生日が1日違いという縁もあってか?囲炉裏もあり、薪ストーブもあり、ロフトもあり、地下室もあり、昭和の間もあり、庭にはエンジュの木もありで・・・羨ましい!本当は、夕方お伺いして一泊したかったのですが、設計が遅れているので断念。明日は、事務所で見積もりや各種資料の作成です。
 しかし、外観がさらに落ち付いて貫禄が出ました。屋根の森は、当初ツリークライミング用のロープで上がると言ってました(笑)。
 
 
   
  洞清水の遣り方
 
  2007/11/2
   今日の写真は、現在基礎工事中の洞清水団地の遣り方作業の写真です。ひと目で分かる、一段高い変則的な遣り方です。理由は、北側の敷地が70p高いので、北側の基礎を1.8m高くして、雪などへの影響を回避させる考えです。その為、この様な遣り方となりました。トランシットを操る藤原が活躍しています(法学出身ですけどね)。
 ここまでは順調でしたので、松園の基礎も始めました。ところが・・・基礎外枠用のセラミックス混入木毛セメント板という通称MKボードを頼んだ筈が、普通の木毛セメント板が届いていたのです。しかも、今日に限ってお客様が手伝って一緒にその枠を取り付けている最中に気が付きました。森が、「今回のMKは軽いですね。」の一言を、松園で作業中の私に話した事から「?それは変だ」と大騒ぎになり、結局手配時のお互いの認識違いが原因でした。製作しているその会社では、MK(セラミックス混入木毛セメント板)も一般的な木毛セメント板も双方作製しているのですが、刻印を打つ訳でもないので見逃したら大変です。
 客様には、ミスを報告して工事中断し、弊社にてご一緒に木毛セメント板の資料を見ながら検証して、やはり違いを認識したので至急本物の手配をしました。その後で、お客様ご家族と私の家族も一緒に、薪ストーブにてジャガイモのホイル焼きを頂きました。社員は、先にホクホクいただいてから、松園の現場に急行して間違い板の引き上げ準備(明日引き上げです)の作業となりました。お客様にタイヤキの差し入れをいただいて、嬉しいやら、こんな間違いが発生してなんともお粗末で恥ずかしいやら・・・でも、ご馳走様でした。基礎工事を我々と一緒にされるお客様は初めてです。
 しかし、この出来事があり、MKボードと普通の木毛セメント板の違いを、業者に問い合わせたのですが、「型枠代わりになるかならないかの違いだけで、他の性能は同じです。」との回答です。手配違いした本人は救いとばかり鵜呑みにするのですが、私はその資料を要求しました。そうなると、結局・・・違うのです!・・・この業界のいい加減さに、同業的ではありますが、腹が立ちます。しかも、断熱性能を出すには更に2枚重ねれば大丈夫などと書いたFAXが届きました。現場では、基礎内側にXPSと土間水平補強もXPSを張り込むので、それだけで次世代U地域をクリアーしますから、外の木毛セメント板は付加的要素と熱橋防止の為であり、一番聞きたいのはシロアリ対策です。意の通じ無さに憤りを感じたのに加え、電話で先方の担当者は、「私は、一級建築士だから・・・云々」との口調です。あまりにあきれて、つい日記に書いてしまいました・・・溜め息。
 また、問題発言してしまったかもしれませんが、今後とも杢創舎日記をよろしくお願い申し上げます。
 
 
   
  栗と茸と猫
 
  2007/11/1
   今年も、11月を迎えることなり、夕暮れも早くなりました。人間は、相変わらず慌しく毎日を過ごしているのに、猫は悠々自適、新築の住いをどんどん傷だらけにしています。そして、これは数日前の写真です。栗と茸と猫、無関係ではありますが・・・お茶を飲みながらパチリと撮影。

 ※10/31の日記も今朝の更新です。
 
 
   
  FSC森林認証
 
  2007/10/31
   写真は、中央通の1階に落葉松の床を張り込んだ写真です。直ぐに養生してしまうので、なかなか上手く写真が撮れませんが、完成時に綺麗に撮影して再度ごらんいただきたいと思います。しかし、昨今あまりにも偽造・偽装が多くて・・・建築業界ではニチアスの耐火材偽装など・・・不正理由が事業拡大のプレッシャーとのことで・・・困ったもんだ!(弊社では、ニチアス材の使用はありません。)
 さて、この落葉松は正真正銘、岩泉町の吉本林業さんの山で育ち岩泉町の西倉工務店さんが加工した出所が確りと分かり、伐採後の植林も計画管理される認証のお墨付きです。FSC森林管理認証10の原則が書かれたチラシも請求書に添付されていました。

 原則1 法律とFSCの原則の遵守
 原則2 保有権、使用権および責務
 原則3 先住民の権利
 原則4 地域社会との関係と労働者の権利
 原則5 森林のもたらす便益
 原則6 環境への影響
 原則7 管理計画
 原則8 モニタリングと評価
 原則9 保護価値の高い森林の保存
 原則10 植林

 この中の10番を抜粋してみると、「植林は、原則1から9、及び原則10とその基準に従って計画および管理されるものとする。植林は、社会的経済的便益を提供し、世界の林産物需要を満たすとともに、天然林の管理を補助し、天然林への利用圧を軽減し、その復元および保全を推進するものであること。」と書いてありました。

 実は以前、吉本さんから直接板を購入して自分達で加工しようと考えたのですが、そうなると認証材にはなりません。その時は、認証に対して結局出所が分かり自分達で加工するのだから、お客様と私達の間では流れが確りしているので問題ないと思い(今でもそうですが)、購入しようとしたのですが、乾燥が間に合わないとか、余所から注文がなければ出せる、など敷居が高くて断念していました。やはり、正規のルートだと問題なさそうです。以前、設計事務所としてお世話になり、今では同業者の西倉さんに声を掛けるのに大人になる時間を必要とした未熟者でありました(私の事です)。
 さて、実際に使用した感想は、加工にばらつきがあり工藤大工が加工直しをしながら張ったので、張る時間が倍掛かりました。西倉工務店さんにも話しをして、一部取り替えてもらいましたが、またお願いするつもりです。こうして、話し合いながら良くなっていくのだと思います。無垢材なので手直しができ、たとえ100%でなくともなんとかなるものです。自然と向き合うと、こうした事が普通に感じてしまうようになりました(まだまだですが)。
 偽装は排除しましょう。
 
 
   
  南昌荘
 
  2007/10/30
   日曜日に、南昌荘にて岩泉の作家8人展があり、同級生の阿部正信(木工家)君に案内状をいただいていたので、なんとか時間を割いて見学してきました。私達夫婦揃って同級生なので、会話も弾んで盛り上がり、南昌荘の庭園を眺めながらコーヒーと抹茶をご馳走になりました。阿部君は、椅子が特に上手だと私は感じています。ご興味ある方にはご紹介しますので、お問い合わせください。
 それとは別に、偶然にも薪ストーブ前に欲しかった椅子を発見し、衝動買いしてしまいました。工房「空」さんの作品です。若手ながら、しかも広島出身ながら、岩泉のそのまた奥地の室場で頑張っています。今日の写真は、庭から撮影した南昌荘の景観ですが、次回この椅子を、写真付きにてご紹介させていただきます。
 話は、建物に戻りますが、このところこうした建物を見学する機会が何故か多くて非常に勉強になります。杢創舎の場合はどちらかと言えば蔵のように骨太なのですが、太いばかりでなく繊細な納めも学ばねばなりません。詳しく見入るというより、雰囲気を肌で感じる日で、この後で木登りをしたのでした。
 
 
   
  矢巾建て方7
 
  2007/10/29
   最後に7枚目は、大きく曲がり下がった2本の赤松の梁です。±0から620センチ下がっています。ここに、北澤アートさんの手作りの薪ストーブが、完成時には設置されます。木組みと火組みによる室内の温もりが今から楽しみです。
 夕方また雨が降ってきたので、ここまで来るとなるべく濡らしたくないので、がっちりと養生してもらいました。「仕事にならんばい!」と誰かが訛っていましたが、どこの方言でしょう?
 明日から天気が良さそうなので、大工さんよろしくお願いします。怪我や事故の無いように願います。

 ※矢巾建て方1からご覧下さい。
 
 
   
  矢巾建て方6
 
  2007/10/29
   おーい、田高さんヘルメット!明日からは小屋部分だから注意してな!笑顔で答える田高でした。カケヤの響きが快いのが、この建て方の時です。「日本、音百景」に入りますよね。
 
 
   
  矢巾建て方5
 
  2007/10/29
   そして本日、ここまで出来ました。雨に濡れた柱も乾き、太陽の光で輝いて見えます。
 
 
   
  矢巾建て方4
 
  2007/10/29
   大黒柱のキハダ8寸角です。面が付いています。その横は、ケヤキ4寸です。2本とも杢目が綺麗です。木目と書くのが一般的のように思われるかもしれませんが、弊社の「杢」は木の板目の味わいを表しています。それは、柱によりそれぞれ違いがあり、人間と一緒で全く同じものはありません。一人一人個性があるのと同様ですから、自然そのままです。柾目と呼ばれる木目もあります。綺麗な真っ直ぐな木目で、針葉樹に多く和室に好まれます。私は、杢目や柾目が、まるで水の流れのように見える事があり、木の生きた姿であり生命の源を感じる時があります。
 
 
   
  矢巾建て方3
 
  2007/10/29
   3枚目の写真は、横貫を柱に通したところです。ここで、雨が降ってしまいました。でも、日本は雨が多く温暖で太陽の恵みも多い、植物にはいい環境ですから、1000年以上の歴史がある日本建築(在来工法)は、多少雨に濡れても問題ありません。乾燥した無垢材に鉋を掛けているので、濡れて光るほどです。翌日、晴天だと表面が濡れているだけなので直ぐ乾きます。ただ、だからと言っていつまでも濡らしていい訳ではなく、なんでもそうですが良いとき悪いときがあります。それに応じた養生が必要ということになります。
 ところが、合板を使う工法や2*4工法に集成材・鉋無しの荒木・などでの、新たな工法での建築では濡らすのは禁物です。こうした違いが、木造の伝統との差だと思います。
 話を横貫に戻しますが、弊社では4寸角柱を間隔909oで、3p厚の横貫454.5o間隔が標準です。この安心感をよろしければ現場でご覧下さい。ご案内させていただきます。
 
 
   
  矢巾建て方2
 
  2007/10/29
   次に、1階の柱を土台に差し込んで建てた写真です。中央の大きな8寸の柱は、キハダです。中央右のコンクリートは、薪ストーブ用の防火壁を鉄筋コンクリートで基礎と同時に作りました。
 
 
   
  矢巾建て方1
 
  2007/10/29
   先週の水曜日から、本日までの日曜日を除く5日間の工事写真を続けて掲載させていただきます。まずは、遠野の早池峰ヒノキの土台を敷き込んでいる写真です。風山と森が担当です。
 
 
   
  木登り4
 
  2007/10/28
   最後に、参加者全員で掛け声は「ツリー」。皆で、木になったつもりで「ツリー」。森君ありがとう。ご提供いただいた岩手林業さんありがとうございました。
 今日は、朝から地鎮祭〜南昌荘で岩泉の作家さんの8人展見学〜木登りと、楽しい一日で、岩泉の木工・工芸・皮細工・他・・・色々と素晴らしい人達がいるんだな〜と、あらためて故郷岩泉に思いを寄せる事もできました。

 ※木登り1からご覧下さい。
 
 
   
  木登り3
 
  2007/10/28
   木の上からは、こんな感じに見えます。最初は怖かったけど、段々面白くて何枚も撮影してしまいました。でも、安全と分かっていながらも、ロープや木にしがみついてしまいました。この写真は、地上8mぐらいの高さで、クリの木の枝に座っての撮影です。また、機会があれば皆さんで楽しみましょう。お勧めです。 
 
 
   
  木登り2
 
  2007/10/28
   大人も子供も皆楽しく登り始めました。一本の木で、こうして楽しめるので驚きです。あらためて、クリの木に「ありがとう」
 
 
   
  木登り1
 
  2007/10/28
   今日は、滝沢の岩手林業さんのブルーベリー園内のクリの木で、大人と子供合わせて13人が、ツリークライミングを楽しみました。登ったのは、この木です。準備中のクラマーは、弊社社員の森です。今日は、森の好意でこの様なイベントを楽しむことができました。感謝!
 
 
   
  徳清倉庫2
 
  2007/10/27
   前項にて徳清倉庫鰍ウんの内部の一部をご紹介しましたが、外部の写真も一枚掲載させていただきます。盛岡の景観としてもこの雰囲気は、自然の中で栄えた文化を今に伝えてくれているように私は感じました。ただ、見た目のよさでは分からない、維持する苦労はかなり大変そうです。
 
 ※最近、この様な建物を見る機会が増えて、いいカメラが欲しくなりました。ただ、どんなカメラがいいのか?全く分かりません。誰か教えてください(笑)。
 
 
   
  徳清倉庫1
 
  2007/10/27
   本日は、日本林業経営者協会の皆さんの研修会で、徳清倉庫さんの建物と金沢林業さんのご自宅、そして三田農林さんの現在新築中の建物の見学会があり、私も参加する有難い機会を得て、確りと見学させていただきました。写真は、徳清倉庫さんの倉横の、台所に隣接する洋室です。フランクロイドライトのお弟子さんが設計したそうです。食堂にも同じ形状の出窓があり、気を惹かれていたのですが、見抜いたのか三田さんが教えてくれました。こうしたセンスや庭を望む窓の配置など、心惹かれます。ましてや、盛岡城の一部を移築した書院など目を見張る雰囲気で、目の保養になりました。金沢邸も驚きの連続で、木材を何度も再利用する考えの金沢さんの素晴らしさと、現代の建築との組み合わせを可能とした桜田設計士の手腕もまた勉強になりました。
 素晴らしい伝統の建築物を見た後で、私達が造る現代の新築住宅の見学ですから、非常に緊張しました。曲がり材あり、節あり、無節あり、各種樹木ありで、今の山の姿そのままを住いに再現した、空気の美味しい新築現場の中で、何を感じていただけたのか?後で聞いてみたいものです。
 かなり得した一日でした。ただ、天候が雨で、矢巾の木材は濡れてしまい、お客さまはだいぶ気にしている雰囲気です。その気持ちが良く分かりますが、一度乾燥して鉋を掛けた材は、雨にも強いものです(9/10の柱建て4も同様の内容です)。逆にシートで包むと湿度によりカビたりします。自然素材は、人が思うより素直なので、あるがままが一番かもしれません。年季ある建物を見学して、尚更そのように思いました。
 
 
   
  薪ストーブ
 
  2007/10/26
   事務所の薪ストーブを、本日より本格的に稼動しました。壁の、土壁風の塗り壁は「中霧島壁のそとん壁」を金コテにて何度もしごいて雰囲気を出してみました(通常は、この様な使い方をする材ではありませんが・・・余り材だったので)。
 暖かいです。ただただ、それだけです。嬉しいと言うのはこういうことなのだと思いました。
 ただ、最後の最後に約一名、私に怒られた社員が一人・・・社内の約束も大切なのです。少し悔いの残る一日の締めでした。ストーブの前で最後に一人、暖かさを心に充填できますように!
 
 
   
  根切り
 
  2007/10/25
   建築業界では、基礎の手始めで土を基礎のサイズに掘り起こす事を、根切りと呼びますが、洞清水団地での根切りは掘り起こすと言うより、土の入れ替えです。重機の手応えで柔らかい部分を掘り起こしているちに、この通り基礎下の土を全て掘り起こしてしまいました。
 すると、お隣の地主さんがニコニコしながら、この辺は沢があって、そこは土を造成時に盛ったから弱くて、元の地盤が出れば丈夫で基本的に岩盤の場所だから、などなど事細かく説明してくれました。偶然か当然か、私が掘りながら感じた通りだったので判断は正解かもしれません。そうこうしているうちに、建て主さんの奥様のお父さんが現場を訪れて、直ぐ脇の林の中から「ボリ」を見つけてくれたので、ありがたく夜の味噌汁にて美味しくいただきました。その後、余所で建てたのに追加工事などを、何故か弊社にご依頼くださる方が偶然通りかかり、立ち話をしました。また、直ぐご近所で新築された方も、弊社ではなく余所に依頼したのに、時折お子さんと現場の前を通りながら、現場を覗く事もあり、顔見知りゆえか笑顔で気分よく挨拶しています。
 断ったり断られたりしても、時が経てば笑顔で挨拶できるのは幸せです。奇麗事ではなく、長く住む家だからこそ気持ちもゆったりと出来れば一番です。矢巾は、土台を敷き始めたし、中央通は階段の取り付けや外部の塗り壁工事が始まり、ゆったりどころではないのですが、チームプレーで上手く回ってはいます。
 
 
   
  煙突取付工事
 
  2007/10/24
   本日、事務所の薪ストーブを設置しました。今日まで、寒いのを我慢しており、嬉しさ百倍です。でも、耐火セメントを使用したので24時間経過するまでは使えません。明日は明日で、均し運転をした方がいいとの説明を受けたので、本格的には明後日から稼動します。
 ストーブ付近の壁は、土壁風に大雑把に塗り上げましたので、後日写真で紹介したいと思います。壁塗りは、朝6時から専務と二人で始めて6:30に藤原が駆けつけて交代し、9時からは佐々木に任せて藤原と私は二人で洞清水団地の基礎工事に向かいました。しかし、佐々木はアルカリ負けで手から血が出てしまい、途中で私が交代しましたが・・・女性にやらせる仕事ではなかったかもと反省・・・ごめんね!
 この工事の横で、ストーブ屋さんが取り付けをしていたので、多分この慌しさにあきれていたかも・・・でも、元はと言えばストーブ工事は明日の予定だったのだから、先方もしきりと謝っていました。壁を塗ってついでに耐火レンガを積み込んで、基礎の重機に乗って、秋田行きの岩間が戻るとユニックで材料を降ろして(基礎用の断熱材を松園と洞清水に搬送)と、非常に忙しい一日でした。現場が近いので感謝です。

 ※皆さん弊社事務所の薪ストーブで温まりにきてください。
 
 
   
  湧き水
 
  2007/10/23
   天峰山の湧き水です。深まる秋の気配を感じながら立ち寄った清水の流れの如く、慌しい時間の流れのなかで清らかにありたいと思うのでした。言うほど、程遠く感じる我が身ではありますが、そんな私でさえ、国の隠し事を始め偽造や偽装の報道を聞くたびにがっかりします(多すぎて・・・)。いい話題を切望しています。
 とは言え、明日も元気に頑張ります。なんと言っても、明日は事務所の薪ストーブが設置されるので楽しみです。子供のようにワクワクしています。今日は、その下準備で森がモルタルで壁の隙間を埋めており、ストーブ設置前に壁を塗ります。どんな仕上がりになるか・・・ご期待ください。
 
 
   
  簡易チェンソー
 
  2007/10/22
   昨日、お客様のポケットに納まるという、簡易(手動)チェンソーの実演を見せてもらいました。実際は、木の枝とか細長い丸太などを切りたい時に役に立ちそうです。いつもポケットに忍ばせておけば、突然薪と出会った際には便利かもしれません。買い物袋も常に持ち歩けば、同じく役に立つのですが、うっかり忘れる事が多いし、ホームセンターなどあっという間にビニール袋に入れてくれるので、なかなか大変です。クギやビスなども量り売りする時代が来れば、面白いと私は思うのですが・・・環境問題が新聞のどかに必ず書かれている時代になりました。身近な出来るところから始めたいと思います。
 
 
   
 
 
  2007/10/21
   秋は、実りの季節です。先日、宮古に木材を引き取りに行った重茂製材の敷地内に植えてあった5年と10年育った栗の木から、こんなにたくさん拾ってきました。近所の子供達も拾いに来るとかで、笑って分け合い拾わせる優しさがいいですね。顔は怖いですが気持ちの優しい重茂製材の社長さんでした。何を話しているか良く分からず、半分ただ頷いて頭の中は?でした実は・・・ごめんなさい。私も、いただいた栗を偶然事務所に来た断熱のマツナガさんと吉田産業の佐々木さんに分けて、あとは家族でいただきました。
 岩手の山にもっとたくさんの栗の木を植えたい(正確には植えて欲しい)気分になりました。でも、山は環境さえ整えば勝手に育つかもしれません?分かっているようで分からないのが身近にある自然です。ちなみに、岩手の南部栗は木材としては有名で良材です。大切にしたいです。その為には、伐らない使わないではなく、適正に使い育てる事だそうです。伐ってもまた育つこの地方の材を使うことが環境にもよく、伐れば育たない亜寒帯や焼畑に繋がる亜熱帯からの輸入材を使うのは、環境に良くありません。
 
 
   
  三ッ石の手形
 
  2007/10/20
   岩手県の地名の由来は、昔々羅刹という名の鬼がこの地方で悪さをしており、「さんしちにじゅういち日」お祈りした村人の願いが通じた神様に懲らしめられて、もう悪さはしないし、この地方には来ませんと約束した印の手形を、三ッ石に残したことから・・・との言い伝えがあります。
 今日は、子供の通う高松小学校の学習発表会でした。1年生から6年生まで順番に素晴らしい演劇を熱演・・・感動してきました。あちこちで、目を潤ませる親の姿も見えて、いい一日ですね。仕事の合間でしたが、現場が偶然近く私も観ることができました。
 「やりぬく心は、自分だけでなく皆で共にやりぬく事の大切さも分からせてくれました」との挨拶もありましたので、子供達の頑張りを見て、私達大人も色々と負けてはいられません・・・と、子供を見て育つ親?でした。
 
 
   
  早坂トンネル3
 
  2007/10/19
   最後に出口付近です。急に後光が射したかと思う一瞬?でした(写真は前光ですが・・・)。出口の先に見える光は、真新しいトンネルだけあって綺麗でした。人生もこうありたいです・・・なんて、少し気恥ずかしい発言でした。長さもほどほどで明るくいい感じです。早坂高原を見れないのが少し寂しいのは、長年通った道だからですが、余裕があるときは峠を越えたいと思います。
 
 ※早坂トンネル1から読んでいただければ幸いです。
 
 
   
  早坂トンネル2
 
  2007/10/19
   次に、トンネルの中を走行中の写真です。時々、トンネルを煙突と間違って言ってしまう癖がある私です・・・よく笑われています。
 岩泉まで、森林認証材の落葉松の床を引き取りに向かう道中です。森林認証ですから、樹木を育てて管理して加工した人まで全ての関わった人達が分かる由緒正しい材であり、伐採された山が再造林されるところまで約束もされているので、環境にも優しいのです。
 このところ、落葉松が高くなったからと言う理由で、床材など坪単価2万弱などの見積もりがきます。山への還元が約束されているのであれば、従う気持ちにもなりますが、大本の素材生産者には大した金額の増加もなく、中間が高くしているように私は感じています。なにせ、この森林認証材の方がはるかに安く普通の金額だったからです。正直な金額を書くと怒られるかもしれないので、¥10,000〜¥14,000内の坪単価です(30o*140o*4000o)。後はご想像にお任せしますが、ご興味ある方はお問い合わせいただければと思います。それと、先日宮古で購入してきた栗の床も落葉松より安いです。決して、とある落葉松の床を否定しているのではなく、正直な金額をお知らせしています。また、安いだけが良いとも思いません。山への還元が出来る正直なところで購入すれば、自然環境に良いと思うからです。皆さん、これを機会に岩泉に目を向けましょう。
 しかし、原油価格の高騰など各種材料が高くなるのも仕方ないとは思うので、少し先の高上がりの落葉松の弁護もしておきます。(本当は、もっと違い理由らしいですが、長くなるので後日)・・・このページは少し危険発言でした・・・すみません。
 
 
   
  早坂トンネル1
 
  2007/10/19
   今日は、岩泉まで落葉松の床材を引き取りに行ってきました。そこで、もう想像が付くとは思いますが、早坂トンネルの初走行です。初走行は、一生に一度の撮影となるので、入り口・中・出口と3枚記念に掲載させていただきます。
 まずは、入り口ですが、紅葉が始まりかけていました。今週末から来週ぐらいから本格的に綺麗になると思います。
 
 
   
  土留め
 
  2007/10/18
   16日の工事写真をもう一枚紹介します。約20mの土留めを、藤原と森の二人で造っています。現場は、矢巾の基礎工事と同時施工で本日コンクリートを流し込んで完了です。雨に備えて養生材も確りと運んだ筈です(今までさんざん怒られたので、身に沁みている筈?)。藤原は、岩手大学の法学部卒業で弊社のホームページは自作であり、作成者が藤原です。森はマウンテンバイクの元プロ?で今は認定ツリークライマーとして各種イベント会場で活躍しているのですが、大工の仕事がしたくて弊社に入社しました。その二人がこうして、現場で汗を流してこうした工事も任せられるように育ちました。
 写真を見ていたら感慨深くなり・・・つい紹介してしまいました。この後は、この基礎や土留めがどのくらいの強度があるのかなど、自分で計算できるように教え込みたいと思います。プロですから、計算できて当たり前と私は思うのですが、皆さん如何でしょうか?また、構造計算偽造者が出てしまい本当にがっかりです。皆で覚えて、出来るだけ変な人に頼まず、頼んでも調べるなど、自分でも計算しましょう。そう思いませんか?言うのは簡単ですが、私も大変さは知っていますから、社内で覚えて皆で分担しようと考えています。皆よろしくね!(木造の構造計算は覚えやすいからさッ・・・荷重の拾い出しが大変だけどね)
 今回の日記は、建築以外の学科を修めても、こうしてきちんと出来る様になるとの話題でした。やる気と元気と優しさが大切です。それと、体力もかな?
 
 
   
  壁断熱
 
  2007/10/17
   写真は、中央通リの壁断熱工事です。12cmの壁厚さの中に、セルローズを60kg以上の高圧で吹き込んでいます。今回は、不織布シートは自社大工施工にて行いました。高圧なので、吹き込みによる脹らみが生じる為、脹らみを考慮して18oの下地を更に取り付けてもいます。調湿・防火・防虫・防音性能を併せ持つ断熱材なので、出来るだけその性能を引き出す施工を心がけたいものです。壁120o吹き込みで、m2当り¥3,900が通常仕切りですが、弊社ではシートの施工などを行う分と、調湿換気も同様に依頼するので、結構おまけしてもらえるようになりました。その金額は、ご契約いただいたお客様と私達しか知らない秘密です。でも、決して安くはないので、尚更性能を引き出す工夫を考えたいと何時も思っています。(一応、屋根200oの通常仕切り価格は¥4,700/m2との事・・・120oと差を比較してみると、吹き込み厚さでの金額の差が少ないと分かります。と言うことは、厚く吹き込む方がお得です。)
 ところで、昨日の基礎工事写真がピンボケなので、先ほど差し替えました。撮影者は佐々木です。昨日の写真の撮影者は、ご想像にお任せします。
 明日は、岩泉まで中央通の床材を引き取りに行く予定となっています。弊社初の森林認証材使用なので、楽しみです。
 
 
   
  スラブヒーター
 
  2007/10/16
   矢巾の基礎は、耐圧板の上に断熱した後、蓄熱暖房用のシーズヒーターを敷き込んだところで、南側の土留めを追加注文いただいたので、基礎を中断して土留め工事中です。その為、洞清水団地での車庫工事の残土搬出は私が重機を運転しながら一人で頑張っていますが、ダンプでの残土搬出を設計士の佐々木真澄に手伝わせました。女性でもダンプを運転して作業できるのが杢創舎の魅力?です。内心、悪いな〜と思いながら次は重機の運転を、など企てています。実は、佐々木は小型重機の運転免許があるのです。(この日記を見たらなんと言うだろう・・・)
 それから、中央通は壁のセルローズファイバーの吹き込みを今日明日で行います。また、松園では解体工事が進んでいます。先日4棟一時的に重なると書きましたが、中央通は11月末完成予定です。矢巾の建て方から外部工事が進む間に2棟の基礎を造り、矢巾が1月完成、洞清水団地と松園を3月なるだけ早めに完成させたいという内容になっています。大工(手元含む)の総勢は現在9人で私を加えて10人と先の佐々木や岩間・藤原にも現場で活躍してもらい・・・頑張ります。11月からは大工の新入社員が入社予定なのでこれもまた楽しみです。
 弊社では、次から次に請け負って外注大工に工事してもらう方式ではないので、上記が限界です。やはり、自分達の出来る範囲で確りと造るということは、現場の監督も一つの現場でじっくりと学びながら仕事が出来るから、手配士ではなく本当の建築を身に付ける事ができるのだと私は思います。但し、会社は楽ではないですね・・・社長車もユニック・トラック・ダンプ・軽ワゴンと定まりません・・・
 また、来春からの岩泉の仕事も非常に楽しみです。雫石の新築住宅は、弊社の新たな挑戦にもなりそうで、なんとしても実現させたいと思っています。そして、そうした日々の繋がりが、近場の山に循環形成をもたらす小さな働きになる日が来ることを祈っております。
 
 
   
  影降臨?
 
  2007/10/15
   14日の日曜日は、新しい現場の地鎮祭を行った。杢創舎の事務所から1分とかからない洞清水団地での新築住宅の着手。神主さんは頼まず、古来から伝わる大工の祝詞を私が奏上して「清め」を行った。その時の写真の中に1枚だけこの写真が含まれていた。撮影しようとした訳ではなく、偶然の間違いだとは思うが不思議な写真だ?宮沢賢治降臨か?影の周りの緑の草が、風が舞っているように私は見える。風の又三郎だ・・・と勝手な事を言いながら、縁起ものとしてはいい写真だと思う。影が、手を合わせているようにも見えるし、影は太陽があるから出来るので、太陽の化身か?とも・・・神様を降ろせない言い訳かもしれない。
 そうです。私は神様をないがしろにするつもりはないが、神様を降ろす力などあるわけが無い!でも、気持ちは心から「生きとし生ける」全ての恩恵あって生かされていると感じる。今日はニュースでまたどこかの宗教団体が問題を起こし、有難い水を売っている話題が何度も流されていた。自分にだけいい水を求めるのでは無く、悪い水を清くする事を追求するのが宗教者ではないか!と私は思う。だから私は多分騙されない。でも、この写真には騙されてもいいかも?自分の影を撮影して祭壇を写さなかったのは誰か?
 
 
   
  若松城天守閣
 
  2007/10/14
   先週の土曜日に撮影した写真。撮影者は私の息子10歳。これがきっかけで写真を撮りまくり状態・・・デジカメで良かった。フイルムならカメラを取り上げて泣かせるところだ。便利な世の中だ・・・子供の感性を高めると思うが、私よりも上手いかも?
 「お父さん白虎隊てなに?」「幕末に自分達の藩を守ろうとして亡くなった若者達さ」「何で亡くなったの?」「切腹」「どうして?」「そういう時代だったのさ」この後も、なんで?なんで?と聞かれて思わず答えられず・・・カメラを渡し「ここも写真撮れば」と話題をそらして、便利なカメラと再度認識した。でも、詳しく聞かれると本当に分からないことが多い・・・自宅に戻り司馬遼太郎さんの本を読み直したくなった。20代の頃、会社の皆が競い合うかのように読んでいた。今の20代はどんな本をたくさん読むのだろう?我が社の若者に明日聞いてみようと思う。
 
 
   
  郡山
 
  2007/10/13
   土曜日は、AM6時発で郡山の潟fィーエルディー郡山支店の、薪ストーブ体験イベント及び「商談イベント」に参加。と言っても、普段遊びに連れて行けない家族5人での参加だったので、遊び気分半分。でも、そもそも薪ストーブの火を囲みながら、ピザやポトフを食べるのだから遊び感覚で丁度良く、子供達はこの写真の焚き火であぶったマシュマロが大いに気に入ったらしく、自宅のストーブでもやりたいと大騒ぎだった。そのくせ、ピザを焼いているおじさんに「ピザください」となかなか言えず、おじさんになかなか近づけなくて笑ってしまった。でも、たぶん私の遺伝だと思う。自分で言うのも変だけどシャイなので、今でも初対面のお客様と上手く話せない・・・(笑)
 ところで、このおじさんは資本金40,000,000円の潟fィーエルディーの三ツ井陽一社長、社員35名を前にして自ら一番働いてる。私も同じく働くが、資本金3,000,000万ですからこれから頑張らなければ・・・
 商談は、弊社事務所の薪ストーブの商談。安い鉄板タイプからペレット兼用と色々と悩んだ末に、お客様に一番多く販売したダッチウエストのコンベックションヒーターに決定。別なものを購入したら説得力がないと判断したからだが、結果燃費がよくメンテ性もいいし煙も少ないのが魅力。クリーンバーン方式のエンライトと最後まで選択に悩んだが、触媒の交換などコンベックションヒーターのメンテを自ら体験した方がこれまで販売したお客様への礼儀との結論をだして、商談成立。早く取り付けに来て欲しい。そうです、今回は自分で付けるのでは無くお金は掛かるが取り付け方も見たいので工事込み。しかし、さすがに高い・・・何時もサービスで取付けしているのを考えると・・・本体買えるかも。
 再度、クリーンバーンとコンベックションに話を戻すと、暖かさはクリーンバーンの方が強くその分燃費も掛かるようだ。ただ、クリーンバーンの上蓋が炉内の長いネジで固定されているのがやっかいらしい。そう言えば、岩手のある薪ストーブ会社の社長さんは「カタログだけ見れば確かに良いけど」と含みを残した言い方をされた事がある。たぶん、メンテがかかると言いたい筈だ。でも、住宅地内で薪を焚くのだから煙は少ない方がいいと私は思う。ダッチウエストのエンライト(クリーンバーン)とコンベックションヒーターはその点は他のメーカーよりは良いのかもしれない。(但し、煙が出ないわけではない・・・少ないとの意味)扱ってみてそれ程大きなメンテはまだ無い?書きにくいが、正直盛岡付近の暖炉屋さんは少々高くて手が出ないけど、ここの会社は私がカナダから直輸入する金額とほぼ同等で話が合い通じて気分がいい。しかも、変に威張らないし私が直接カナダから購入していても偏見が無くて、多分好きで仕事をしているように感じる。その雰囲気は会社全体に溢れていて、山の空気が時間を感じさせないのと似てゆったりしている。以前、盛岡の薪ストーブ屋さんから購入した事もあるが、集金がとにかく凄い・・・多分こんな小さな会社がお金が無いと思ったのかもしれない。でも、たとえ遠くでも気分よく対応してくれる方がいいに決まっている。薪も、乾燥していれば針葉樹でもいいと話していた。
 この後、会津若松まで足を伸ばしてPM11時盛岡着。往復約800kmの日帰り運転で・・・さすがに疲れた。
 
 
   
  栗材の製材
 
  2007/10/12
   本日は、盛岡市森林組合製材工場にて、中央通の住宅外門に使う予定の梁の製材に立ち会いました。写真の、製材している丸太は栗です。杉でも松でも全てこの様に、台車と呼ばれる台に固定して載せ、物凄い勢いで回転する大きな帯鋸に押し当てながら台車を進めて、必要サイズに製材します。普段私達が鋸で物を切るのとは逆に、鋸が固定されていて材料が動くという仕組みです。
 これだけでも凄いと思うのですが、大昔は楔を打ち込んで割っていく方法で製材していたのですから、樹木の性質を今の私達より(学術的な方以外の一般大衆の方との、軽い意味です。)詳しく知っていたと思います。大変な薪割りも、大きな丸太であれば楔を打ち込みながら割るほうが楽な場合もあります。
 そうです。いよいよ薪が必要な季節となりました。針葉樹の現場端材でもよろしければ無料で差し上げますので、ご希望の方はご連絡下さい。(ご自分で搬送される方は無料ですが、搬送を弊社で行う場合は有料となります。)また、無料ではありませんが広葉樹の薪も在庫しています。2mで1000円〜3000円が目安です。(あまり安くはないかも・・・?)
 
 
   
  矢巾基礎2
 
  2007/10/11
   この写真が、前項の続きで土間コンの上に断熱材を敷きこんでいる写真です。今日は、大助と大毅の試合もありました。負けた亀田家ではありますが、世界戦ですからさすがに素晴らしいと思います。両者物凄い練習の成果です。
 私達も、毎日の仕事で努力工夫しているいつもりです。この写真の仕事も、普段は絶対に褒めませんが、藤原と森の二人で頑張っています。理屈だけ覚えても、駄目なのです。こうして自ら働いて造り得た時に、造るという意味を感じられると私は思います。世界戦への試練となんの違いがあるかと言えば、多分緊張感です。ボクシングと同じとは言わないけれど、仕事に望むまでの準備もまた練習と同じだと思います。仕事で言えば、やはり熟練の内藤のように経験が本物です。
 スポーツと言えども、心技体!そこに多くの人の感動を引き寄せるのです。若い亀田よ、今後は心を大きく成長させて私達に大いなる感動を与えてくれ!その力はある。一応は先輩から・・・
 
 
   
  矢巾基礎1
 
  2007/10/11
   今日の写真は、矢巾の基礎です。内部の立ち上がりまで出来上がりました。わざと曲がりを沢山付けて、転ばないようにしてはいます。土間面のコンクリートは15cmの耐圧板ですが、ここで再度土間断熱してから蓄熱のコンクリートを更に13p流し込みます。これは、最近この方が尚良いと分かったので、自社での工夫です。暖房専門者からの意見ではありません。私はこの辺に本当に疑問を感じます。本来であれば、専門業者からのアドバイスがあるのもと思うのですが、意外とありません。多分、分からないのです。今までが悪いわけでは無いのですが、結局やってみないと分からない式なのです。そして、売り上げを伸ばすことを目的としている会社が多すぎます。本来は、住む人の快適さを極める事が大切なのです。私も、心しなければ・・・と思います。
 
 
   
  屯所
 
  2007/10/10
   写真は、土曜日の煙突掃除を花巻で作業した帰り道で撮影したものです。「花巻市消防団第三分団第十班」と大きく書いてはあるものの、今にも朽ち果てそうなこの風情からは、地域の安全を守ってくれる赤い基地は、別の場所にあるのだろうと思われます。それでも、何故か道行く人に問い掛けてくるこの感じはなんでしょう?多分、幾多の災害に立ち向かい地域の人の為に働いた貫禄ではないかと思います。また、これを建てる大工も請けた仕事に誇りを感じたのだろうと思えます。社寺仏閣など宮大工の世界ではなくても、人の為に生きて役に立つ技は趣があります。それは、世の中の多種多様な多くの仕事の共通点でもあると、最近思えるようになりました。
 今月から、来春までの仕事も始まるので瞬時4棟の建築が重なるので大変ですが、準備は整い始めています。ところで、確認申請ですが噂と違い、それどころか前より早く「済み書」が出るようになりました。構造計算偽造問題がどうのと悪口を言うより、法を遵守する正しい申請をする姿勢を持つ心が大切だと思います。なんてね・・・以前は私もブツブツと言っていたのですが・・・最近少しは大人になりました。
 
 
   
  栗テーブル
 
  2007/10/9
   本日、絲し舎さんで弊社設計士の佐々木が撮影した、栗無垢テーブルです。栗の厚板はサービスのつもりでしたが、ここまで味が出るとは・・・栗の木に失礼したかも?と言うのも、もともとは、とある製材所で外に放置されていたものを、頂いたのでした。誰もが、物になると思わなかったらしい材を何とかしようと考えて手間を掛けておいたのでした。
 いずれにしても、「いとしや」さんの手のかけ方がいいのだと思います。塗装もご自身で「桐油」を購入して塗りました。最近、現場作業に参加とかが流行っていますが、本当に理解して行ってもらえるお客様は、全国を見渡しても少ないと私は思います。業者はそれと知っていても、ご要望あれば嬉しくて受け入れるのだと思います。そう思うと、「いとしや」さんを始め弊社のお客様はご理解ある方が多くて有難いです。時折そうでないこともありますが、私の技量(説明)不足で反省もあります。だからこそ、成長も出来るのだと、更に有難く感じます。無垢材あっての事ですね。この栗は、まだ3枚あるので今後も楽しみです。
 
 
   
  井戸
 
  2007/10/8
   6日の土曜日、仙北のガッチャンポンプをやっと設置完了しました。夕方の工事でピンボケ写真ですが、水量はこの通りです。お客様から、冬場の水抜き金物が付いていないタイプを渡されたのですが、凍らせるとかなり大変なので、水道屋さんが工夫して水抜きを考えてくれました。周りの屋根や塀も弊社手作りで、照明のマリンランプはお客様のネット購入です。水受けの樽は、私の手持ちサービスです。(水が漏れますが・・・)今後、お客様が楽しみながら工夫改良して庭造りが進むと思われます。
 
 
   
  祭り
 
  2007/10/7
   今日は、上田堤の狐崎神社の例祭。毎年10月の第一日曜日に執り行われる。近所の子供達が総出しての神輿行列が恒例となっている。しかし、私には忘れもしない出来事の記憶に繋がるのだった。偶然、昨日の日記にも書いたのが、自宅の屋根から落ちて大怪我をした恥ずかしい出来事。丁度この神輿行列の真っ最中だった。
 落ちて地面に叩きつけられるまで、結構色々と考えるもので、遠く神輿の掛け声も聞いていた。はじめは、体が良い気分で冷たく、しばらくの間、青空を見ていた記憶がある。痛くも無く不思議な感覚なので、なんともないのかな?と錯覚するほどだった。しかし、なんと神輿行列が家の前まできてしまい、皆に見られるのが恥ずかしくて通り過ぎるまでやり過し、いざ起き上がろうとしたら、誰かに押さえつけられているかのように体が動かず・・・それでも、やっとの思いで玄関ドアを開け、「おーい、救急車」と叫んでも、家の中では娘達が本気にしないで「なーに?」と玄関まで出てこない。仕方ないので、居間まで這い上がり自分で119番!娘達はその間ただ呆然としていた。
 その為、10月の狐崎神社の祭りが来ると必ずこの事を思い出すように出来てしまっている。ところで、運ばれた病院では日・月と休みで先生が居ないので、丸二日ベットに放置?され、手術を受けたのが怪我してから三日目だった。あばら骨三本の骨折と左肩の脱臼骨折・・・ただ、この頃左肩が怪我をする前から痛くて困っていたのが、骨折のお陰で直ってしまった・・?ようで、今でも不思議?しかも、病院にノートパソコンを持ち込んで仕事をするものだから、先生があきれて1ヶ月以上入院の筈を20日間の入院で退院させてくれた。入院中は、あばら骨がくっつくまでは笑えないし、咳をすると痛いので、これが一番大変だった。
 退院してからは、すぐさま基礎工事現場に出てしまい、その為左肩は少し変形してしまった。と言うのも、こうした大変なときに限って、大工が現場放棄して来なくなったからだった。人の弱みに付込むやり方に対し、負けじと、怪我を押して頑張った記憶が蘇る。そして、捨てる神あれば拾う神ありとは正しくこの事で、今のメンバーとの出会いがあり、今日に至る。当時は大変だったが、今日に繋がる乗り越えなければならない道のりと思い、感謝している。
 家を造らせていただくという仕事を通して、山や川を自然を大切にしながら、大工技術の伝統も継承して、循環という良い環境形勢を再生する役に立ちたいと思う。また、住む人に幸せを感じていただける住いを、関わる人達を泣かせないで皆が笑い喜べる形で実現して行きたい。住む人や子供達が、楽しく豊かで暖かく、笑顔のある暮らしを・・・その為の努力は惜しまない。
 
 
   
  OLD-TIME
 
  2007/10/6
   本日は、煙突掃除!松園と花巻の2箇所を森と二人で、9:00〜13:00まで行い、おお慌てで事務所に戻り、次は専務と二人で、森林総合研究所の一般公開の会場まで大急ぎで向かいました。お昼は、専務が運転する横で海苔巻をこれまた大慌てで食べて、着いたのが午後2時45分!何とか3時終了の、オールドタイムミュージックの生ライブを3曲だけ聴きました。曲は、偶然にも「めぐりあい」と、曲目不明ですが、川原で彼氏を殺してしまった女性のお話で、音楽は非常に爽やかなのです?最後の最後に、小さなお子さんが拍手とともに転んで会場は爆笑!アンコールとばかりに「ドングリころころ」を客席にいた私達も含め、5人のお客さんも手拍子で盛り上がり、15分の豊かな時間でした。
 写真中央のバイオリンは、演奏している人ご自身が、漆塗りで再生したんだそうです。この情報を含め今日のコンサートを教えていただいたのも、弊社HPギャラリー「地盤改良の家」の建て主さんです。ありがとうございました。
 来週も、土曜日は煙突掃除の予定があります。10月は毎年こうなるのだと、覚悟することに決めました。

※屋根に上がるのは、弊社の森担当で、私はもっぱらストーブ本体の分解清掃役です。以前、自宅の屋根から落ちて左肩とわき腹の骨折入院をしてから、怖くて上がれなくなってしまったのです。でも、最近少しだけ上がるのが楽しくなって・・・同じ怪我はしたくはないのですが・・・君子危うきに近寄らず・・・なのですが・・・我、君子にあらず・・・かも?
 
 
   
  葉枯らし
 
  2007/10/5
   半月ほど前の、葉枯らし中の杉丸太の写真です。11月までの2ヶ月間こうして枝を付けたまま放置し、葉から水分が蒸散する事を目的とした自然乾燥です。この後、使用長さに玉切りして製材所まで搬送し、製材所で必要材寸より大きめに挽いて、桟積み乾燥する事になります。来春以降まで、自然乾燥させて含水率を確かめながら、修正挽きすることでやっと使える木材になります。この間、搬送(100km程度)に製材用の台車を動かすぐらいにしか、化石燃料は使用しません。太陽と風、人の手間と時間の経過による乾燥です。
 また、適材適所を求める為に、今回から立木の南北の印も付けてみました。理想どおりには出来ないかもしれませんが、ここでも一歩一歩です。
 
 
   
  2階床張り
 
  2007/10/4
   矢巾の基礎は、月曜日のコンクリート後の養生中です。中央通は2階杉無垢30oの床を張り始めています。この写真を見た後、すぐさま現場に電話して、「窓枠に物を上げない事」などまた小言を連発。タバコの吸殻を見つけると、小言どころではなく、雷の如くに怒ります。しかし、タバコの吸殻に関しては本当に困ります。特に、吸わない人が掃除するという不思議な現象までも発生します。今では、弊社もだいぶ良くなりましたが、数字前に偶然喫煙を見つけてしまい、完全禁煙命令です。これでも、怒るときは怒るのです。(怒らないと思われている話も聞きますが?)
 さて、話は昨日の健康診断ですが、問診の先生から「タバコを止めているの良いですね。んっ・・体重に変化は無いですね・・お酒は毎日ですか?」質問で終わりましたが、暗に飲むな?と言われた気がしてしまいました。次に、お腹周りの測定・・・「ぎりぎりだね。ハハハ。」これもまた、笑って終わりです。暗にやせろと言われた気がしました。5kg落とすぞと思いましたが、これでも元ボクサーなので・・・頑張ります。(書くのでは無かったと一瞬思いました。)
 昨日の偶然がもう一つ、靴箱39番に靴を入れて2階受付で番号札を取ると「39番」です。専務のほうを振り向くと、なんと同じく靴箱40番で同様に受付番号札「40番」。少し不思議な、ただそれだけの話でした。
 
 
   
  松茸
 
  2007/10/3
   昨日は、何年振りかのマツタケと書いてしまいましたが、昨年も岩泉の叔母さんからいただいた事を思い出し、今日は訂正ついでに送ってもらった松茸を掲載してみました。でも、久々と間違えるほど、たまにしか口に出来ません。と言うのも、買ってまで食べることが無いからです。そう思うと、こうして送って頂けるのは有難いものです。
 岩泉の悪口を書くつもりは無いのですが、私が子供の頃は、親戚でも松茸の採れる場所は秘密で、貰ったり隠されたり、身内の付き合いでも良い時悪い時の差があり、子供ながらに嫌な気分を敏感に感じたのを思い出します。特に、本家の山はどうも松茸が沢山採れるらしく?目ざとい人が本家に山の管理をしてあげると持ちかけた経緯があり、親戚がたまたま山に遊びに入ったらその人に怒られた事もありました。なんとも、寂しい話でしたが、さすがに本家も管理を断ったらしいことは後で聞きました。そうした事が積み重なり、今は亡きお婆さんに「本家の伯母さんに山を案内してあげるように話してあげる。」と言われても断っていました。今思うと、失敗したかなとも思うのですが、あの隠れるように山に行き、沢山採っても「採れなかった」と言わねばならない?雰囲気が嫌でした。それ以来、無理して食べなくてもいいとの気持ちなのですが、こうして送って貰えるようになって、嬉しいです。
 ところで、貰えなかった時代は、私の行いが悪かったのかもしれません。これからは、もっと貰えるように付け届けでもしようかと・・・冗談ですが、お礼は必要ですよね。
 さて、そのまま焼くか、茶碗蒸しに松茸ご飯、お正月用に冷凍・・・と考えると、結局子供達が喜ぶ、松茸ご飯と茶碗蒸しに落ち着きます。土瓶蒸しで一献は程遠いな〜。子供の頃は食えなくて、今は子供に食わせて、まっいいか・・・いやッ、奇麗事は止めて、一本だけは自分の好きにしようと思うのでした。
 
 
   
  のどか
 
  2007/10/2
   日曜日の日記に続いて、田園の風景です。毎日仕事で通る道路脇の見慣れた里です。少し、車を止めて眺めるだけでも、のどかな気分を感じて少し気持ちが和らぎます。知らず知らずに時間に追われて、ゆとりが無くなっているのかもしれません。
 実りの秋、収穫の秋、日々是好日、今日は今年初めてのマツタケとご対面。いや、何年ぶりかのご対面。でも、明日は健康診断で飲めない・・・残念。


 はせをゆった所は
 家の横ぺらに ゆいました
 そして
 お父さんもお母さんも
 あせをたらしていました
 僕は お父さんやお母さんは
 つみつくって働いているんだなあ
 と思いました。
           MANAGU「童眼」 三上信夫編 より
           (有)リヴァープレス社 発行
 
 
   
  浴室枠
 
  2007/10/1
   10月の月初めの仕事は、矢巾の基礎二回目のコンクリート工事だった。工事中の写真が(カメラが)届かないので、コンクリート工事ではなく、先週のうちに撮影した浴室の基礎立ち上げ部の型枠写真を掲載。造り手は藤原。正しくは、実働佐々木正一大工さんで、枠の準備を計画が藤原。壁厚150cmで鉄筋も13o筋が標準ではあるが、固めに固めてこれでもかぐらいにやるのは、以前失敗した事がある証拠にもなる。でも、経験を生かして育つと思えば、やりすぎだと思える部分もあるけれど、本人からすればこれでも足りないぐらいに、工事が普通に終わるまでは不安なのだろう。仕事は、それぐらいで丁度良いかもしれない。(角の補強はこの後)
 案ずる事も無く、無事コンクリートの流し込みは終了。次は、土間の蓄熱コンクリート工事となる。しかし、コナー(角)の補強にビスを使うので、また私に「ビスは使うな!」と小言を言われる。本人としては、固めやすいので使いたい気持ちも分かるが、枠の解体時に取れ難いし、折れて木材の中に残ると始末が悪くて好きになれない。特に、○○○○クなどから購入してきたビスと分かるビニール袋まで目に付くと益々使いたくなくなる。多分これは私の好き嫌いの問題なのだが・・・釘の方が抜けやすくて丁度良いのだ・・・と思うようになった私もつい最近の事。
 
 
   
  稲刈り
 
  2007/9/30
   今年の盛岡近郊の田んぼは、豊作のように思える。今朝も、多くの農家さんの田んぼで、笑顔での作業が見えた。願わくば、杢創舎でも小さくていいので田んぼと山が欲しい。それこそ、宝くじ頼みだが・・・当るものなら必ず田んぼと山を買うと断言できる。と言っても、額に汗して頑張ることが大切なので、やはり働いて働いていつか夢が叶う事を夢見よう。
 
 今朝、この写真を撮影した後ローソンに立ち寄った際に、PHP「一歩踏み出す」330円を購入。無農薬リンゴ栽培農家の木村秋則さんのヒューマン・ドキュメントが紹介されていた。娘さんの給食費が滞り、担任の先生に小言を言われると思ったら、「私のお父さんの仕事はリンゴづくりです。でも、私はお父さんのつくったリンゴを一つも食べたことがありません・・・」との内容の作文を教師は給食費には触れずに読みだしたらしい。どんなに切ない気持ちだっただろうか?リンゴの自然栽培に挑戦して4回目の収穫期が過ぎた時の収穫の無い頃のエピソードで、それから30年近い年月が流れた今では、大変な人気で世界中から注目されているという。取材の記事は、農薬を止めようと思った奥さんの体の変調から始まり、一ヶ月三千円での生活や雑草のならんだ食卓、死を覚悟した話しなど苦難の姿が続く。しかし、信念を持って良い物を作ろうと頑張るお父さんの姿を見て、貧しくても不満を漏らさない家族の姿に込み上げるものを感じながら何度も読み返してしまった。
 死を覚悟して向かった岩木山で、「山では農薬も肥料も使わないのに木が育つのはどうしてか?」という事に気づいた。そして、フワフワの山の土に気が付いて畑の土の改良を行ったらしい。それは、真っ白な花に包まれた木村さんの畑を連想させてくれる記事だった。

 困難を乗り越え農薬に頼らない自然から学ぶその力強さに感銘し、驚きと尊敬の気持ちで、私のつたない文章で申し訳ないのですが、今日の日記に紹介させていただきました。
 
 
   
  中央通構造壁3
 
  2007/9/29
   ついでに、カベボーを張り込んだあとで直ぐに通湿防水シートを張りますので、その写真もご覧下さい。(中央通構造壁1から順に見ていただければ幸いです。)
 写真の東側壁面は塗り壁を予定しているので、耐アルカリ性のあるモルタルラミテクト(透湿性・防水性・防風性)という商品で、呼吸するモルタル下地材です。一本約4,500円(25mで運賃含む)
 
 
   
  中央通構造壁2
 
  2007/9/29
   ところで、準防火地域の該当する壁面には、カベボーの目地に防火用のガラス繊維の綿を取り付ける事になっています。その工事写真も掲載してみました。
 
 
   
  中央通構造壁1
 
  2007/9/29
   中央通りの現場は、外壁の構造面材を張り込む工事がほぼ完了したところです。写真は、屋内から横貫と構造面材の木毛セメント板を張った雰囲気を撮影したものです。この木毛セメント板の商品名はカベボー(竹村工業株式会社)と言いますが、準耐火構造耐力壁で2.5倍の耐力面材です。耐火性能や耐震性能は文字通りですが、調湿性能としては畳サイズ一枚で6リットルの水を吸う事が出来、周囲が乾燥状態になると水分を放出して元通りになるそうです。よって、工事中の雨で濡らさないように直ぐに透湿防水シートを張ります。そうすれば、優れた調湿性を発揮してくれます。耐蟻耐朽性能は世に知られています。遮音性能はもちろん、化学物質ゼロ建材で無公害、人の健康に害を与える心配もありません。使用されている木材は間伐材材料商品としての認証を受けた、環境省認定グリーン購入法商品です。一枚定価4,300円+送料ですが、定価*0.6ぐらいが原価です。
 しかも、外壁を選ばなくても防火認定を得ているので、木の板も張れるのです。ガルバリュウム鋼板も告示によるPB下張り不要です。これからは、無垢板張りをどんどんお勧めできるし(木材のメンテは必要です。)、塗り壁も選択できるので、弊社の外観に大きな変化が今後あると思います。と言っても、ガルバの良さはまた別で、今後も使い続けます。
 
 
   
  チョウナ立て
 
  2007/9/28
   昨日、聖徳太子様の話に触れたので、刻みの時に私達と大工さんで行う儀式もご紹介させていただきます。初めて、材料に刃物を入れる前に、写真のように道具などを祭壇に置いて、全ての木材を塩とお米にお神酒で清めます。
 宗教的な儀式と違い、清めという行いです。家を建てるときや木材を育てるとき、そして木を倒すときに、小さな生き物の命を私達は犠牲にしています。また、そうした生きとし生けるもの全ての命をいただきながら私達は生活を維持してもいます。まして、樹木に於いては一度その命を絶つわけなので、尚更に生かしていく事が大切だと感じるわけです。
 そうした知らず知らずいただいている命の供養と恩恵に感謝して清め、工事の安全も祈願する。そうした清めを、神様を降ろす力があるはずが無いので、曲尺を手にしている太子様の絵をいただいて行っています。
 「昔は、こうした清めの後で皆にご馳走を出したものだ」とも言われ・・・少しプレッシャーをかけられながら、時代が違うのだと言い訳しています。本音は、そうした事も出来る余裕が欲しいのですが、飲酒運転されても困るし・・・忘年会で一気に一年分やりましょう。
 
 
   
  墨壺
 
  2007/9/27
   私が墨付けを教わるようになって、心を込める為には自分の墨壺と曲尺が必要と言われていました。全くもってその通りなので、先日写真のような墨壺を購入しました。少し古く見えますがこれでも新品で約5千円の欅材です。使い込むとこれが真っ黒になるのです・・・型から入り、そのままにならないようにと、心したいのですが、雑務が多くて墨付けがままならない日が続いています。(本当は、雑務が本業のようにも思えるのですが・・・笑)

ところで、この墨壺と曲尺は古代・中世の頃から今日まで、木造建築の中で受け継がれてきたものです。はっきりしているところで、聖徳太子が曲尺を手にしている絵画も大工教本にあります。何を大切にするか、人により違いがあるのは当然ですが、これほど完成度の高い(ある意味完璧)基本的技術を1000年以上も前に確立していた日本人の技を私は、通常の仕事の中で普通に使って後世に残していければいいなと思います。それは、これまでと同じで毎日使えばいいのです。
 でも、使う機会が無くなっている今日の住宅業界事情は、一般の方には意外と知られていません。普通に使用していると思われていますが、プレカットでの住宅では殆ど使われないのです。線引き道具程度の扱いです。実は、かなり奥が深く三角関数までも網羅されており、使いこなせば・・・長くなるので止めます。

 
 こころのいかりを絶ち、人の違うことを怒からざれ
 人皆心あり
 われ必ずしも聖にあらず 
 かれ必ずしも愚かにあらず 
 共に是凡夫
 是をもちて
 かの人いかるといえども
 かえりて我が失ちを恐れよ

         人と人との関わりについて、    
         十七条の憲法に記された太子の言葉

 憲法を建法に置き換えても合い通じるものがあります。
 
 
   
  矢巾の基礎2
 
  2007/9/26
   前項の続きです。内枠も組み上げて、土間と基礎立ち上がりを同時にコンクリートを流し込みますから、打ち継ぎもなく丈夫で水の浸入もかなり防ぎます。コンクリートは24N/o2を標準とし、冬場は適宜強度を上げています。地盤の強度により、配筋方法やコンクリト強度も構造計算を基にその都度違います。
 今年から、土間が出来た後で土間の上に断熱工事を行い、再度蓄熱コンクリートを流し込む工法に変更しました。手間がかなりかかりますが、何時の日か太陽熱での温水暖房を可能にする方法でもあり、頑張って取り組んでいます。
 昔のように置き石での基礎は、建築基準法的にも不可能なので、生モノのコンクリートを使うしかないのであれば、より良く強い基礎を造る為に基本を守ることが大切だと思います。例えば、基礎の養生期間もそうです。強度が出ないうちに枠を外してはいけませんが、最近そうした話題もよく聞くので、再認識の為に書いてみました。ところで、強度を上げても1m3当り500円とか1000円程度の差です。大きな差額は出ないので、強度は強いほうがお勧めです。特に、水の配合は要注意です。最初は硬いコンクリートが来るのですが、段々水が多くなる傾向があります。あまりにやり難い工事も駄目ですが、やり易さ優先も問題があるので、丁度良い具合が大切です。これは経験値しかないですね。
 
 
   
  矢巾の基礎1
 
  2007/9/26
   中央通では、外部の構造面材(木毛セメント板)工事が進んでいますが、矢巾では自社施工による基礎工事が進んでいます。写真は、断熱性能と防蟻性能を兼ねた自然素材の木毛セメント板(MKボード)を外周部に施工して、D13oの配筋を組んだところです。木毛セメント板は、防火性もあり砕いて粉にすれば土に還る素材でもあり、なんでも野菜が長持ちするらしいです。ただ、断熱性能はどうしても低いので、基礎の内側にはスタイロフォームを仕方なく補填しています。
 
 
 
   
  屋根板金
 
  2007/9/25
   中央通りの新築住宅の屋根工事も、屋根板金(ガルバリュウム鋼板塗膜15年保障)を張り込んで出来上がりました。長い工程でしたが、下からは見えない屋根の上の工事の流れを説明できたと思います。如何でしたでしょうか?屋根上でこの位の厚みにて工事しますから、雨の音も無音ではありませんが、多分ご想像より静かです。また、写真では分かりにくいですが、屋根の頂点部分に換気用の笠木も取り付いて、家の外周部は自然掃気システムとなります。
 屋根が出来るとまずは一安心です。サッシの取り付けも大分進んで、明日には全て付く予定です。今後は内部に取り掛かるので、目に見えない隠し技の仕事が増えます。楽しみです。
 
 
   
  日曜の上田堤
 
  2007/9/24
   最近恒例の、上田堤界隈の子供達。小学校6年生も4人混ざり、近所の子供達10人でボール遊びに夢中でした。この楽しそうな笑顔は何の罪もなく、見ている方もつい笑顔になります。写真を撮っていたら、「今は撮るな」と怒られボールで攻撃されました。後で聞くと、一人泣いた子がいるらしく「何で?」と聞いても教えてくれません。子供には子供のルールがあるようです。「いじめは駄目だぞッ」と言うと、「お父さんじゃあるまいし」と逆にきりかえされて、最近は口で負けているかもしれません。
 ところで、サッカーボールは足で蹴るのだ!と言っても、彼らは聞く耳を持たないだろうから・・・(独り言です)。
 
 
   
  今朝の山
 
  2007/9/23
   今朝の山、我が家の2階リビングから望める景色です。いよいよ秋めいて、今朝は冷え込みましたが、日中は気持ちよく晴天で爽やかです。中央通の現場で建て主さんとの打合せも無事終了したので、今から肉体労働を始めます。藤原も手伝いに来てくれたし、作業後は多分○○○を「ビシュ」と開けるかもしれないので、早々と日記を書いて心置きなく作業を開始する事にしまた。
 
 
   
  けんけんパ
 
  2007/9/22
   土曜日の午後、お客様と打合せを終えて外に出てみると、事務所前の道路一杯にこの写真の通り、丸い○が沢山。近所のアパートの駐車場までも・・・思わず「怒られるぞー」と言いながら笑ってしまう。子供のパワーを見せ付けられた日です。
 打合せ中に、お客様のお子さんも一緒に遊んだらしく、「タイキ君の書いたのは、○が多すぎて疲れる〜 パが少ない〜」との事。そっか、けんけんケンケンけんけんパ、でケンケンが多いと疲れるよね。その泰気(タイキ)は自転車で遊んでいた。写真の二人は、ご近所の兄弟。子供達は、「雨が降れば消えるよ」とあっけらかん。そういえば、この駐車場が舗装したばかりの時は、自転車のタイヤの跡さえ注意していたのに、いつの間にか遊び場になり、いつの間にか気にしなくなったその境が分からない。子供は遊ぶのが本能だとして、大人がその遊び場を提供する役目があると仮定した場合、舗装だらけにはしないだろうと考えていたが、遊びの発見は子供の方が数段上手だと知った。
 でも、もう少し自然が樹木が地域に沢山あってもいい気がする。我が家も、太陽熱パネルを載せるデッキを造ったら、残りのスペースにミズキを植えたい。
 
 
   
  屋根工事
 
  2007/9/21
   昨日、もう一枚掲載するつもりが、夜も打合せがあり、翌日の掲載となってしまいました。屋根断熱と屋根の通気工事も終えて、板金屋さんがアスファルトルーフイング22kgを敷きこんで、あとは屋根板金(ガルバリュウム鋼板)を張れば屋根工事完了です。ところで、このシート張りはm2当り320円(材工)で屋根板金がm2当り2,300円(材工)です。もし原価公開が全ての会社で主流になれば、こうした原価も全て公開出来る筈で、技術や仕事への取り組み姿勢が大切になるのかもしれません。しかし、理想と現実は違います。大きな住宅会社であれば、この金額より尚安くさせて、販売時はこの金額より高いかもしれません。弊社では、基本的に原価公開見積もりなので、可能であればHP上でも全て提示しても良いのかもしれません。直ぐにはできませんが弊社HP上で金額を分かりやすくしたいなと考えております。
 屋根の下では、サッシの取付けなど人数を増員してどんどん進めています。詳しくは、来週の日記をご期待下さい。

※上記単価は、原価なので原油の高騰などで時折増減する事があるので、平成19年9月現在の単価です。

※お詫び二回目ですが、誤字脱字が多く反省しています。
 
 
   
  屋根断熱工事
 
  2007/9/21
   今日は、屋根にセルローズファイバーの吹き込みを終えました。このセルローズ(セルロース)ファイバーにも色々と種類がありまして、弊社で採用しているのは乾式の60kg以上の高圧力で吹き込む方法です。他に45kgや湿式といって水を含ませて接着させる方法などさまざまありますが、へたりも沈下もなく自然のまま吹き込める現在の工法が一番よいと思っています。
 詳しくは、弊社ホームページトップから「体に優しい笑顔のある暮らし」のコーナーを開いていただくと、断熱業者のホームページにアクセス出来ますので、興味のある方は一度覗いて見てください。
 この次は、屋根屋さんの出番です。大工さんは、サッシの取付けや外壁に木毛セメント板の取付けを開始しました。
 
 
   
  屋根工事続き
 
  2007/9/20
   昨日の続きです。やっとこれで屋根が出来上がりました。金曜日に断熱吹き込み出来ます。天候のため、5日遅れとなってしまいましたが、自然現象ですからある意味仕方ないとはいえ、お客さまのご理解が暖かくて嬉しいです。
 ところで、写真のように通気も設けていますので、手抜かりは無いつもりではあります。時代ごとに建築内容に違いは当然あるのですが、今だけ良ければ良いとの建て方は、今世紀前後の時代のみではないでしょうか?せめて、弊社はそうでは無い方向に進みたいと思います。ただ、本当に難しい課題が多いし、かと言って避けて通れないし、一歩一歩前進あるのみです。
 話は変わりますが、「家と人。15号」がそろそろ発売になります。伊山さんという素晴らしい設計士さんの記事も連載されています。今の時代にそのまま適応するのが難しい内容ですが、今の時代の幸せさを感じさてくれるところが、私は好きです。融合できればいいですね。今日のラジオで伊山さんが「人生をリセットする為、岩手を離れる」との話題がありました。「あの角を曲がれば・・・」の写真集を思い出す人も多いと思います。一度も面と向かって話をした事がありませんが、街角は皆の思い出です。ありがとうございますと言いたい気分で、ラジオの笑い話を聞く自分とは別に、自分の内なる声を聞いていた一日でした。
 
 
   
  軒先補助断熱
 
  2007/9/19
   おまけで、軒先の補助断熱部分も掲載させていただきます。いままでは、杉皮などで補強していましたが、吹き込み専用のMSシート(ビニールではありません)を自社で張るようになったので、こうした部分の補強断熱も工夫して吹き込んで貰うようになりました。やはり、自分達で何でも施工すると、一番曖昧な部分が良くなるように思えるので、何でも自分でやりたくなるのでした。(19日は写真を工事の流れにそって6枚掲載したので、はじめからお読みいただければ有難いです。)
 
 
   
  断熱用シート
 
  2007/9/19
   タルキの上から、セルローズファイバー断熱吹き込み用の専用シートを張り込みます。これにより、180o厚を60kgの高圧力で吹き込む事ができますので、杉皮と合わせると205oの調湿型断熱材となり、ビニールシートで家を包む必要がなく、気密も取ることが出来るのです。こうした調湿効果により、そうでない住いと10%ぐらいは違うことが分かりはじめました。また、高圧吹き込みなので、通常の吹き積もらせ方式のブローイングに置き換えると300o以上の断熱性ともなります。これに、無垢板も加わったものが斜め天井の断熱性となります。
 
 
   
  タルキ掛け
 
  2007/9/19
   やっと、タルキもかけました。やはり、風圧で吹き上げられないようにタルキクランプで固めます。この金具は一個808kgfの耐力があります。この写真も何時もの場所から撮影しました。(足場に上がって写真を撮影したのは、入社1.5ヶ月の岩間です。)
 
 
   
  あおり止め
 
  2007/9/19
   強風で引き抜かれないように、強度の高い金具をダブルで取り付け補強します。この箇所は、楔とパネリードに引き抜き金物と二重三重に補強しておきます。
 
 
   
  母屋の楔
 
  2007/9/19
   母屋を杉皮・杉板を貫いて登り梁に固定させる楔を打ち込んでいるところです。(200oのビスも併用しています。)
 
 
   
  中央通屋根続き
 
  2007/9/19
   まだ、はっきりしない天気ですが、雨も上がったので中央通りの屋根工事を再開しました。普段下から見ることが出来ない部分の工事なので、工事順に6枚掲載してみます。
 16日の日記(15日の中央通り)の続きとなります。杉皮の上に張り込んだ透湿防水シート上から、母屋を200oのビスで固定し、次にドリルで穴を開けて長い楔を打ち込みます。この写真は、何時もの場所からの全体の風景です。
 
 
   
  猫じゃらし
 
  2007/9/18
   我が家の家族構成は、私の母と私達夫婦に子供が四人だったが、長女は既に嫁ぎ孫が出来て、次女も就職して近くにはいない。でも、七人家族から五人家族となっても相変わらずにぎやかで、毎日大騒ぎをしている。よって、まさか家族が増えるとは思わなかった。しかし、私が作業場でフラフラ動けなくなっている子猫を助けてから1年、名前も付いて既に家族の一員となってしまった。お陰で、新築住宅と思えないほど傷だらけにされてしまっているが、私以外それを言う者がいない。大らかな施主に恵まれて業者的立場で有難いとの思いで、傷だらけの梁を撫でる毎日が日課となった。
 写真は、ネコじゃらし(植物名が?)で遊ぶ「ハナ」。三女の育花(やすか)から花を貰っての「ハナ」。名前で呼ぶようになれば飼うしかなかったが、子供達のネコの世話をする約束だけがどこかに行ってしまった気がしている。笑顔で世話をする専務を見ると、初めから覚悟していたと思うしかない。母は強し!
 でも、花(ハナ)と一番遊んで可愛がるのは、三女の育花なのでハナも三女に一番良くなついており、朝学校に行ってしまうと寂しそうにしている。世話を一番してくれる人ではなく、一番遊んでくれる人が好きみたいだ。ところで、私にはどうかといえば、家の中で朝が一番早い私を分かっていて、朝だけは私の側に来て朝ごはん(餌)をくれるまでスリスリと甘えてくる。朝ごはんをあげなと何時までもしつこく鳴くので、結局あげてしまう。とたん無視されたように食べた後も寄っては来ない。上手く出来ている。
 
 
   
  稲穂2
 
  2007/9/17
   昨日、雨が降っても大丈夫と書いたばかりで、大雨になってしまいました。中央通の現場は本当に大丈夫でも、工期段取りが狂うし弊社地下室は排水ポンプの作動が遅れて大慌て状態で、大変な目に・・・。しかし、こんな悪天候の中、矢巾の基礎工事を二人の社員が休みにも関わらず雨の中工事をしていたのです。これには参り、何度か「そろそろ止めたら」と電話して、やっと3時頃切り上げてもらいました。どうも、中途半端で工事を休むのが気に入らなかった雰囲気で・・・やはり企業は人、色々な所で若さゆえに誤解を招く場面もありますが、こうして育った姿を見ると感謝すべきとつくづく思いました。
 そこで、大雨ではあるけれど、晴れ間の写真を掲載して、明日からの活力とさせていただきたいと思います。実るほど、頭をたれる稲穂かな・・・とまで行かなくても、青空のもと爽やかでありたいものです。(雨風に打たれる時があっても)
 
 
   
  15日の中央通り
 
  2007/9/16
   14日の中央通りの続きです。杉無垢板を張った上に、杉皮を敷きこんで、一度透湿防水シートを貼るので、今後工事中に雨が降っても安心です。また、このシートを利用して気密工事も行います。今回は、ルーフラミテクト(セーレン株式会社)という商品を使用してみました。表面が滑りにくいので高い場所の工事としては安心です。ただ、少し高いので予算次第でタイベックを使うこともあります。それは、次の工程でこの上に母屋やタルキを掛けてからセルローズファイバー吹き込みのシートを貼り通気を取ってから屋根本工事となり、再度防水シートを張るからです(分かりにくい文章ですみません)。話を杉皮断熱材に戻しますが、この杉皮断熱が母屋の熱橋を防ぎます。
 杉皮断熱材は、秋田の白神フォレストに直接引き取りに行きます。商品名はフォレストボードと言います。杉皮の名称通り、杉の皮をコーンスターチで固めた自然素材でもあり、秋田杉ばかりでなく岩手の葛巻方面からも材料が運ばれているとも聞いた事があります。地域材を謳うので「なーんだ」という人もいますが、私は隣県同士の連携でも良いではないかと思います。この断熱材の効果は、調湿性が高く蓄熱も良いと感じています。数値的な性能は、自然素材ゆえに化学系に比べて下がりますが、使用した経験値から数値以上の効果があるようです。しかし、一枚の金額は安くても性能を上げようと思えば、何枚も重ねて使用することになり手間も含めると高額になるので、私はこの様な断熱補助材として利用しています。
 数日前、夢で杉皮だけの屋根の民家を見た記憶があります。茅葺屋根のような使い方でした。金額を除けば、そうした使い方が出来れば屋根断熱効果は非常に高いかもしれません。今度丸太を直接山から購入するので、杉の皮も買うわけだから、それを何とかしようとの夢だったのかもしれません。貧乏性の気質が頭の中で色々と巡ります。
 
 
   
  今時の遊び
 
  2007/9/15
   今日も現場は、屋根工事。矢巾の基礎工事も鉄筋を組み終えて順調。この基礎工事も全て自社施工で、鉄筋工事だけはプロ中のプロを信頼して頼んでいる。俗に言う、基礎屋さんではなく鉄筋屋さんであり、鉄筋の被りや付着及び鉄筋比を分かって仕事をしている職人。というのも、以前設計した建物の基礎配筋の検査に行ったとき、コーナー主筋(立て筋)が細くて指摘したら、横筋(配力筋)を増やしましたと笑っているのであきれた事がある。地震時の応力のかかり方を分からないで施工している業者が多すぎる住宅基礎工事事情にがっかりしている。その為、弊社では自社で丈夫な基礎を造る様になった次第であり、むろん私もその労働者の一人であったが、最近は墨付けの為出来なくなったのが少し惜しいけど、これも一つの流れと思うし、我が社の社員は、自分達が造る基礎の強度を分かっていると思う。
 写真は、そうして大人が汗水たらして働いている時に、今時の遊びに夢中の子供達。良いも悪いも人それぞれで意見が分かれるかもしれないけれど、よく観察しているとこれでも結構子供達のコミニュケーションになっているようで、「こうすればいい」とか「やった出来た」などの会話もあれば、一人黙々と我関せずと思いきや、突然笑顔で交換しあったりなど、子供は子供なりに成長していると感じる。ところで、東北大学の石田清二教授のチームが、水を注げば水素がブクブクでるアルミニュウム合金を開発したらしい(しかも、安価に)。この合金1キロと水を反応させればガソリン1リットル分のエネルギーに相当する水素が得られるとか?新たなクリーンエネルギーの開発に繋がればと、期待は膨らむが、子供達の未来への課題は大きすぎて余りある。無垢材のテーブルの上で遊びながら環境共生時代を迎えるだろう子供達が、心の面で優しく豊かになって欲しいと願う。
 ところで、私は子供の頃からタイヤの無い浮かんで走る車の夢を見ていた(特に授業中)。あれはいい。多分地場(磁力)の調整かなにかで地上数メートル浮かんで、高さ制限をすればぶつかる事も無い。手塚治漫画の見すぎではあるが、この中で誰かそうした発明をして欲しいとも願う。同じゲームを開発するならこうした夢のあるゲームソフトが多く出ればいいですね。
 
 
   
  14日の中央通り
 
  2007/9/14
   昨日、掲載した写真と同じ足場から撮影しています。というのも、道路側からご覧いただいた方もいるようなので、屋根の上の道路から見えないところで、どんな工事が進んでいるかを見ていただければと思い、この写真を掲載しています。
 そこで、今日は杉無垢板を張り、その上に杉皮を張り込む準備をしました。この杉天井板は、室内で見ると斜めの天井板として表しとなります。杉皮断熱は、セルローズファイバーの補助断熱となり、これもまた調湿効果があります。自然素材の断熱で次世代基準を超える断熱性能を出すのは、価格的に非常に厳しいのですが、創意工夫することでなんとか頑張っています。今後、その全てをこの日記でご覧いただければ有難いです。(化学系断熱材を否定しているのではなく、今後の環境問題を考えたときに、今出来る自然から学んだ発想です。)
 
 
   
  13日の建て方
 
  2007/9/13
   昨日棟が上がり、今日で登り梁の掛け込みまで完了しました。気密処理などの後、明日から化粧野地板の張り込みとなり、杉皮断熱の敷き込みをしてからルーフラミテクトを貼り、母屋とタルキを掛けて、断熱シート貼りを行ってから通気胴縁で押さえて、やっと野地板貼りにて屋根が完成します。よって、来週の火曜日までの工程を予測しています。(日曜日は雨仕舞い養生して休みます。)
 2階の梁は赤松でしたが、小屋組は杉材です。全て、盛岡市の山の木です。乾燥は、太陽と風だけで時間を掛けて乾かしたので、人工乾燥材や輸入及び遠方からの購入に比べると、CO2削減効果は大きい筈です。今後もこうした地場材での家造りを頑張り続けたいと思います。
 
 
   
  12日の建て方
 
  2007/9/12
   今日は、朝からまた雨でがっかりしながら、クレーン屋さんに中止を連絡して、現場ではまず建て方の続きをしながら雨が本降りになったら養生して、建て方を中止しようということになりました。しかし、現場では一度働きだすと中途半端で作業を中断できず、結局手作業で2階の小屋組まで出来上がりました。大工さんの仕事ぶりはいつ見ても素晴らしいです。それを、大工さんに言うと、「俺らが考えたのでなく、教わった通りにやっているのだ」と話します。毎回この言葉を聞くと、途絶えさせてはならないという使命感的なものを感じて、頑張ろうと思うのです。
 私はといえば、滝沢の作業場で墨付けをしていたのですが、突然東京の以前勤めていた構造計算事務所の社長から電話があり、「今、盛岡にいるけど今晩飲もう」との連絡で嬉しいやら慌しいやらで大変でした。本当は、郵送で送る筈の書類が間に合わないので盛岡まで届けに来たらしく、今の私の慌しさは多分この社長から受け継いだに違いないと再確認できました。と言いながら、嬉しくて自宅を案内してから盛岡駅前で、ご要望の冷麺をご馳走しながら、「今7:30です。何時の新幹線で帰りますか?」「えっ、新幹線は7:40で切符をまだ買っていない」「・・・」ダッシュで駅まで走り、なんとか間に合わせました。
 そのあと、せっかくだからと中央通りの現場を見にいきましたが、小屋組まで出来ており、感動の瞬間でした。そして、現場の中で一人じっと座り込んで、一番いい時間を過ごしました。周囲からは、車のドアを開ける音や、鈴虫の鳴き声が聞こえ、木の香りの中でなんともいえない気分でした。そこで、北上のお客様ならこの気持ちを共有できると思い(直ぐ近くにいると思い)、電話をしたら即決で飲むことになり、気が付くと単身赴任のお客様の部屋の布団で朝5:00起床。専務に恐る恐る電話を掛けて、笑われながら事務所に戻ったのが朝の6時で、この日記を書いています。北上のお客様は剣道六段の兵ですが、何度も握手をしながら気は優しくて力持ちとはこの事かと思い、楽しい一日でした・・・(朝帰り)。
 
 
   
  11日の建方
 
  2007/9/11
   今日も、中央通では建て方が進みます。2階の柱も立ち、横貫も入ったので、明日からは小屋組が始まります。現在の現場状況は、この写真の様な雰囲気です。数箇所小さなミスがありましたが、大きな問題ではなくいいテンポで作業が進んでいます。「はかどる」という言葉通りの一日でした。明日の小屋組は、何時もより材料も多く難しいと思うので、難儀するかもしれませんが、図面を作成して、墨を付けた私の仕事が形になる瞬間です。
 当の私は、次の現場の墨付けを明日から始める事になるので、残念ながら現場には長時間いれなくなります。でも、大工さんや若手の現場監督達が頑張ってくれるので安心ですが、事故だけは無いようにと毎日祈りながら過ごす日々が続きます。
 それでは、棟が上がるまで毎日経過をお伝えさせていただきますので、よろしくお願い致します。

 ※写真左側の柱に一番下の梁が差し込まれているので、柱の上部が1/2欠き取られたように見えますが、実は木組みの内部では柱の一部も残し、梁の小口をそれに合わせて段々に加工して、柱を梁で挟む組み合わせにしています。(分かりにくい文章ですみません)

 ※時々、誤字脱字を見つけては、慌てて直しながら赤面しています。
 
 
   
  柱建て4
 
  2007/9/10
   今朝は、大雨で雷も凄く、朝5時から現場をうろうろしてしまいました。しかし、一度天然乾燥で乾いた赤松に手鉋をかけてあるので、雨をはじいて変な濡れ方をしていませんでした。逆に、雨の中光っている程です。(そう見えたい願望かもしれませんが。)そして、AM6:30大工さんと相談して、結論は雨でも気をつけながら続けようという事になりました。
 そして、この写真です。日中は一度天気が良くなり、トンカントンカンとカケヤの音も気持ちよく、塗れた筈の木材も直ぐ乾いてこの通りです。これが、鉋を掛けた材と掛けない材の違いかもしれません。皆の意気も合って、気持ちよくなりました。明日からは好天と思われるので、次は2階の柱を建て、小屋梁を掛け、登り梁も掛けてとどんどん進めたいです。その前に、明日は2階の足場を良くする作業から始まります(安全第一)。

※柱建て1から順にお読みください
 
 
   
  柱建て3
 
  2007/9/10
   日曜日の夕方、外周部の梁も掛け込みが出来ました。この写真からも、建築場所が通常の住宅街ではない事が窺い知れます。弊社の木組はこれで終わりません。写真は、一番下の赤松の曲がり梁を杉大黒柱に差し込んだあとで、桁行きの梁を掛けたところですが、この上に再度梁を掛け、それから10.5cm角の根太を掛けるので、担ぎ梁を含めると5段の段差のある架構となります。
 
 
   
  柱建て2
 
  2007/9/10
   次に、横貫を通したところです。日曜日の午前中でここまで進みました。 
 木造の筋違いの強度試験では、200kgの重みを掛けて揺らしながら強度を確かめています。そして、壁倍率5倍以上は認めていません。よって、構造計算で積雪荷重を1m以上の長期荷重で計算した結果沢山の構造壁が必要となったとすれば、実際は多くの壁に力が吸収(振り分け)されるので、一箇所にだけ集中する事は少なくなります。まして、90cm毎に柱が立つ弊社の建物は、通常の1.5〜2倍以上の本数の柱が配置され、それらが横貫で繋がりその外周は構造面材で固めてあるので、耐震と免震が両立しています。(と言っても、小さな地震では耐震的要素が働く構造です。)
 
 
   
  柱建て1
 
  2007/9/10
   日曜日は、好天に恵まれて、中央通りの建て方を開始しました。まずは、1階の柱建てとなります。しかし、暑い一日でした。山では、葉枯らしの最中なのでこの暑さは歓迎ですが、現場はさすがに大変です。皆汗だくで頑張りました。翌日、雨の予報で覚悟はしていましたが、予測を上回る大雨にギャップを大いに感じるほどでした。
 今日は、続けて4枚の写真を掲載させていただきます。
 
 
   
 
 
  2007/9/9
   台風が去った昨日の朝、「お父さん、外見て」の声で外に出てみると、綺麗な虹が西の空に大きなアーチを掛けていた。何枚か撮影したけど難しい。でも、虹に出会うと何故か嬉しくなる。なんでだろう?こうした空の下、上田堤界隈では最近カマキリが人気だ。今日も、捕まえたカマキリを皆で持ち寄り、トンボやバッタを食べさせ喜び騒いでいる。結構残酷!
 そして、今日は日曜日だけれど中央通では建て方を開始した。午後から建て主さんも見学に訪れていい雰囲気で仕事が進む。新入社員の岩間まで、自主的に手伝いにきていたのが印象深い一日となった。数年前から杢創舎に電話して2度採用を断られていたらしいが、今回3度目との事。私には認識が無く、経済的理由から採用が難しかったし、今回も楽ではないがこれもまた縁である。しかし、そこまでして入社希望してくれるのは正直有難いし、その気持ちの表れが日曜日でもこうして自主的に見学に来るところだろう。今の若い世代でもこうした仕事(建築)バカがいるのは嬉しい。休みは休み、遊び趣味道楽なども当然豊かな証拠かもしれないが、仕事一筋の生き方もまたいいではないかと思える。そういう私も最近は、「たまには温泉にでも行きたいね」と言われると本心からそうした時間を取ろうと考えるようにはなった。欽ちゃんが不老不死温泉で24時間マラソンの疲れを癒しているテレビを見たので、以前真冬の雪道を家族でユニックに乗り、その温泉近くの製材所まで木材を取りに行った事も思い出し、今度は一泊で津軽まで行こうと、一応思った。そういえば、あの時はトラック座席の後ろに毛布を敷きこんで、子供達がそこで寝られるようにして長時間の日帰り運転に付き合わせたのだ。あれから何年経つのだろう?子供達にはどんな思い出になっているのだろう?聞くのが怖い・・・

 さて、その岩間にカメラを渡してPM4時からの打合せの為に事務所に戻ったので、撮影したカメラが手元になく柱建ての写真は明日掲載させていただきます。(今日は、分かりにくい写真ですみません。) 
 
 
   
  40代と20代
 
  2007/9/8
   台風が通過する2日前の写真です。ノミで、差込む土台のカタを取り直しているのが、弊社で一番元気な風山大工で、佇んでいるのが、この土台を加工した20代の見習い 北(キタ) です。「だぁ〜れ、おめぇ〜、カタを取らねえば駄目だべぇ〜、なにやってんのよぉ」「いやぁ〜その・・・やったつもりだったんですけど・・・」「まあいい、ほれ・・・直ぐだ。なんてことねぇ」比較的訛らない会話で手と口が同時に動きます。本当は、自分で直したかった(というか、刻み忘れで間違いではありません)のに何も言えず、されるがままの大人しい若手です。もっと具体的に言えば、マイペースでほのぼのしているので、皆に可愛がられてもいます。もっとも本人からすれば、あっちからもこっちからも「おい北、それ取れ」「おい北、そっち持て」と言われ、内心いい加減にしてくれと思っているかもしれません。なぜなら、駄目押しで私が「この刻み何時終わるんだ」の一言で追い詰めるので、「あっちこっちから何も無ければ早く終わるんですけど・・・でも、あのその、多分早く出来ます。」  頑張れ!
 これで、田高・工藤・風山・北の紹介ができました。他のメンバーも時機ご紹介したいと思います。しかし、この風山大工の趣味は神輿担ぎで、「頭!」と呼ばれているとも聞いています。間違っても、あっち系ではなく今や神主もするとか。困ったときの頼り一番ですから、そうなのかも・・・。口に蓋をしたくなる以外は、本当に頼りにしています。
 
 
   
  鉋掛け
 
  2007/9/7
   今日は、台風の影響で大雨にて現場は休みです。大工さんには色々なアフターや追加工事など、各方面に向かってもらいました。そこで、写真は数日前撮影の柱に鉋を掛けている瞬間で、50代の工藤大工の手業です。天然乾燥の無垢材だからこそ、こうした綺麗な木肌となります。とは言っても、杉に鉋を掛けるのが一番難しいとも聞きました。それを成し遂げる腕は、道具を研ぐところからも違いが出ますが、総合的に全てをこなす腕自慢の大工です。優しいので、アフター時などお客さんにつかまって、あれもこれもと一番頼まれるのも工藤です。
 「ツジの穴を埋めねば・・」「うん?ツジ?」「ツガよ」「ツガ?」「束の穴を埋めねば」「ああ!ツジでなく束ね・・分かった。束の穴に栓を打っていない場所があったんですね。お願いします。」これが、毎度よくある会話です。どちらかと言えば、私も最近訛ってきており、工藤さんのおかげかと?感謝!
 
 
   
  土台敷き
 
  2007/9/6
   火曜日から、中央通りで土台の敷き込みを開始しました。この写真で分かるとおりで、大きなビル街の真っ只中での木造住宅の建築です。昨日で、土台は確りと敷き込まれましたが、明日から台風の影響が予測されるので、台風をやり過ごしてから建て方を開始したいと考えております。
 土台は、早池峰の檜で遠野の鱒沢製材からの購入です。大工さんたちは、これを昔からのヒバだと話します。昔とは、今から40年ほど前までらしいです。この地域では、こうした材がもっとあったんだと思うと、何時の時代も変化の中で生きているのが人間なのかなと思います。何に満足して、何に不満であるのかが正しく見えた時、本当の良さが分かるのかもしれません。しかし、その正しさの判断に個人差がありすぎると・・・厄介です。いずれにしても、色々な工法の建て方や住宅が開発されていますが、全ての現場で1000年も以上続いた大工さんという職業に頼らざるを得ない筈です。そろそろ、そうした方々を利用して利益を生むのではなく、共に建てながら共存して生きていく住宅会社が増えてもいいのではないかと感じています。少なくとも、弊社はそうです。(その方が、お客様に誠意を尽くせます。)
 
 
   
  92才と2?才
 
  2007/9/5
   昨日、八牧山林の伐採現場を見学した時の写真です。弊社設計士の佐々木が、切倒された92年の杉の切り株に立っています。伐る前の残像が20+○才の彼女をすっぽりと包み込んで見えたので、その残像を撮影したつもりでしたが如何でしょうか?この後は、11月に必要長さにチェンソーで切る作業となります。採材するまでの期間は、このまましばらく寝かせて葉枯らし乾燥します。(もちろん佐々木ではなく杉の丸太の事ですが)
 
 中央通りの現場では、土台の敷き込み作業が始まっています。しかし、雨の予報や台風情報の為、柱建ての開始は様子見です。でも、最近はインターネットで雲の動きが見れるので助かります。今日も矢巾ではコンクリート作業の予定でしたが、10時の開始を午後に変更したところ、読みが当って午後から晴れました。天気予報と衛星写真の雲の流れ双方を見て天候を読むと、結構当ります。そうした目でみると、岩手は北上付近から南北の天候が分かれているような感じで。空気の流れも、秋田側(日本海)から釜石方面(太平洋)へ向かう流れが北上エリアにある気配を私は感じます。(間違いかもしれませんので、個人的な感想です。)
 AM4:00から図面を書いて、午後コンクリート流し込み作業を手伝い(肉体労働)、その前日も夜が遅かったので、現場は予定があるふりをして早めに逃げてきました。耐力予報も必要な年頃となってきたのかも・・・二日頑張った禁酒も、「ご苦労様」と出されたビールを前にニッコリと忘れました。
 
 
   
  92年の杉伐倒
 
  2007/9/4
   八牧山林にて、林齢92年の杉の伐採が始まりました。そこで、本日の午後その瞬間の見学をしてきました。この山の杉は、大正5年に中津川の増水による氾濫を治水する目的で、三田農林さんがこの地を購入して植林したとのお話でした。そうした云われがあるので、造林後40〜50年で伐る事なく、100年育てる目的が当初よりあったのだそうです。そして、92年経過した今日に至り、100年には少し早いけれども、時期の到来と考えても良いとして、伐採が始まりました。しかも、むやみに販売するのではなく、地場材を丁寧に住宅に生かす地場の工務店への販売を考えて、有難く弊社がまずは購入出来る事になった次第です。
 丸太を直接購入して、弊社の手配で搬出・製材と全て手配します。天然乾燥に時間が必要なので、一棟全てに使えるかどうかはまだ未定ですが、今後こうした取り組みをしながら、確りとした材の確保に全力で取り組みたいと考えております。いずれにしても、この様な92年の素晴らしい材が身近にあるのは幸せです。
 
 
   
  鉞(まさかり)
 
  2007/9/3
   中央通りの土台敷きが明日からいよいよ始まります。刻みは、残すところ柱の鉋掛けで完了しますが、同時進行で土台を据え付ける予定です。この写真は、マサカリで曲がった梁の形を削りながら整えている作業です。今回も、こうした曲がり材が多く、建て方の時は人目を惹くに違いありません。今では、プレカットという効率の良い機械で刻む方法が主流ですが、私達は柱や梁の全てをこうして手で刻みます。仕口も直角ではなく、斜め等に加工して組みやすく外れにくい方法など複雑です。その技は口伝なので、誰でも出来るわけではありません。また、根底にあるのは、地震に強い組み方や木の性質の見分けなど、自然界に対応した部分が殆どであり、その技を生かすには、道具の手入れが最重要です。また、こうした大工の腕があるから建築後の手直しも出来ます。全てをプレカットで行い、既製品ばかり使っていると、10年20年後の手直しを無垢の木で行うことが出来なくなります。
 今後、地球環境を取り巻く情勢はどんどん厳しくなる方向だと思いますが、そうした時にこのような材も使う技や、手直しも出来る技術が必要となるに違いありません。その為には、継続あるのみです。
 写真の弊社大工は、30代の頼りになる中堅どころの田高、一生懸命頑張っており、その目は何時の時も真剣な眼差しです。でも、時折見せる笑顔もまた爽やかです。
 
 
 
   
  四階倉庫
 
  2007/9/2
   本日は、雫石方面の土地の案内を受ける為、小岩井農場の道路経由で、AM8:30待ち合わせ場所に向いました。そして午後、またもや別件で雫石に向かうことになり、再度小岩井農場側から現地までの道中に、少し寄り道をして有形文化財の四階倉庫を撮影しました。一日に3回も(往復も含めると)この建物の前を通る事になってしまったので、気になって仕方がなかったのです。中には入れませんでしたが、大正5年に建てられた木造の建物に圧倒されました。
 昨日の、新建ハウジングの編集長さんのブログでも、私が「つくる楽しみが感じられることは精神的にいい。それに暮らしの楽しみをつくることを目的に家づくりを始めると、効率優先とは違う、ここをもうちょっと手をかけてみようという意欲が自然と沸いてくる」と話した事が取り上げられていましたが、その手をかけるの一番が木組構造や無垢材の扱いです。
 しかし、例えば貴重な栗無垢4mの一枚板のカウンターを丁寧に加工して収めさせていただいた事も何度かありますが、その価値への理解も個人差があり、時には寂しい気持ちになった経験も過去にはあります。より良い工事をしたいとの変更サービスがアダとなる事も時にはあります。業者的な「手を掛ける」が、独善ではいけないのだと思いながら、今日もまたお客様に古材を見ていただきながら、「これはいいですよ!取り置きますから」とニコニコしながら盛り上がりました。建てるのは来年です。東京から雫石へ越していらっしゃる方ですから、不安も無いわけがありません。私達に出来ることは、最善を尽くす事だと思います。
 伝統を継ぐ為に、墨付けを覚え始めた私ですが、そうなると現場管理が若い社員の仕事ととして増えます。小さな不手際も発生しているようです。これを乗り越え改善出来るようにと祈りながら、責任の重さを噛締めて、この建物を見つめました。長い年月を感じながら、そうした仕事をしている自分と向き合い、勇気を得た気分です。
 
 
   
  道程(みちのり)
 
  2007/9/1
   夕べから何故か気持ちが休まらず、朝も早くから目覚めてしまい、何気なくホームページから「杢創舎」名で検索してみた。その時、初めて目にした「編集者のつぶやき・・・」という住宅専門誌の新建ハウジング編集長さんのコメント。自分の知らないところでこの様な取り上げられ方をされているとは、意外だった・・・驚きと嬉しさ、そして頑張らなければ・・・と、自然に姿勢を正して大きく深呼吸をした。不思議なもので、お客様から電話が来ると、何故か起立をして見えない相手にお辞儀をしているのに似て、体が勝手にそうなる。
 人には、色々な人生があり、道のりもさまざまだと思う。だからこそ、こうした目に見えない何かを共有できている瞬間の小さな出来事が、私には大きな支えとなり進むべき道を歩む力となる。地場の木材の使用は、循環という自然環境を取り戻す為に不可欠な行動であり、職人の技の継承は自然と共に生きる為に培ってきた伝統を継ぐ大切な使命でもあり、人としての道だとも感じる。しかし、私はまだまだ未熟でまだまだ学ばなければならない。特に、家造りに於いては、そこに住むお客様そしてご家族の笑顔が一番大切だと思う。その為には、大枠だけではなく、例えば現場の掃除など日々の些細な事の積み重ねが大事なのだとも思う。住まい方の提案という言葉も多く聞くようになってくると、一人一人それぞれの住まい方があり、どれも間違いではなく豊かさが感じられることが幸せなのだろうとも思う。ただ、もしも耳を傾けていただけるなら、家族の幸せの陰で知らず知らず誰かを泣かせる事が出来るだけ無い、山も働く人も建てる人も皆が笑顔で良かったと言えるような造り方を考えたときに、地元の山の木を伝統的な手刻みで建てる事を私は指針としました。
 でも、直すべきところも沢山あります。今日は、心してお客様のお話を聞いてきます。朝から襟を正しての月の始まりです。

下記が、その弊社を取り上げているブログです。
http://blog1.s-housing.jp/article/40251398.html



 
 
   
  雨の中
 
  2007/8/31
   今日は雨で、朝から気温が上がらず寒い一日です。周囲の人達の「寒いね」の会話を余所に、私は半袖でも寒く感じる事も無く、あまり気にせず外出しました。しかし、午後3時頃からさすがに寒くて、車中は暖房をかけてしまいました・・・。

 基礎工事も雨なので、午後から中止です。そこで、井戸掘削工事の現場に立ち寄ってみました。4.5mまで掘り進んだところで、大きな玉石に当ってしまい難航しているとの話です。それでも、すでに水位も確認出来て川砂のような砂利層に達していました。機械の側には、円柱状に掘り貫かれた白い石があり、思わず2個記念に持ち帰った次第です。

 雨でも怯まずに頑張って作業をしている、ボーリング屋の伊藤さんは、北上で私が設計した住宅に住んでいるお客様の息子さんです。合羽を着ている目元口元がお父さんそっくりで、思わず写真を沢山撮影してしまいました。この写真は、錘を打込んで石を割る作業に入るところです。二人の会話は、目と指先で指し示す動きだけで口元は閉じたままです。なんともいえない緊張感と、無駄の無い動きに見惚れてしまい、ここにもプロがいると感じた瞬間です。

 伊藤さんの自宅の囲炉裏で、火を囲みながら今日の写真を肴に飲みたくなりました。
 
 
   
  井戸堀
 
  2007/8/30
   先日、新築完成引渡しさせていただいた、西仙北にて井戸堀が始まりました。普段、ボーリング調査の立会いで1日程度だったので、一日二日ぐらいかと軽くみていたら、一週間程度はかかるとの事でした。プロの認識として、初めてとはいえ恥ずかしい限りです。約10m掘り込んで汲み上げ配管を埋めるまでをお願いし、架台の設置及び「ガッチャンポンプ」の据付は自社で行う予定です。昔風に屋根を掛け、船舶照明を吊るす予定になっており、仕事を逸脱してまるで趣味に走りそうなほど、気分は楽しんでいます。いい水が出ますように。
 と言っても、この付近は酸が強いとの情報もあり、飲み水や宅内に使う予定ではありません。それでも掘るのは、お客様の夢でもありました。私にも同じ夢があります。上田堤に井戸が出来るのはいつになるか・・・(年内は無理だと思いますが) まずは、雨水から始めます。
 
 
   
  夕陽
 
  2007/8/29
   今日の朝日新聞の23面に、夕陽評論家の油井昌由樹さんという方の記事が載っていた。
 
 夕陽も朝日も同じ太陽だけど、朝日には「お願い事」をして拝むというイメージがある。これに対して夕日は「感謝」。一日無事に暮せたという思いで眺められる。・・・以下省略

 との文面を見て、我が家の2階リビングからそのまま見える夕方の写真をUPしてみた。この記事の締めくくりに、「有名なスポットもいいが、自分が住む生活圏にある素晴らしい夕日スポットをこそ大切にしたい。」と書いてある。自己満足ではあるが、同感!今日は、多分夕焼けになりそうだから、感謝の気持ちで眺めよう。来週からは、建て方も始まるし基礎工事も開始されるので、大忙しになる。夕日を自宅で見るのも、今日以降は当分無いかもしれない。いい感じでエンジンが掛かり始めている。
 
 
   
  稲穂
 
  2007/8/28
   昨日の日記で、稲妻の由来に関して書いたら、田んぼが気になって数枚撮影(ピントに関しては大目にみてください)。ところで、厳しいチェックが入りました。昨日、梅雨の合間云々らしき事を書きましたが、「お父さん!日記違うよ!梅雨明けの土用ごろまでに干す・・・」のだそうです。この様に話しながら、何故か誇らしげなのは何故だろう?

 私の植えたものは黄金色の
 なまめかしいものとなった。
 風のままにはためいてさざなみをおこし
 夕陽の中でくだけては又もりあがる。   〜永瀬清子〜

 朝日新聞の天声人語に、この詩と農村に暮した詩人との紹介が書いてあった。他の県は不作の雰囲気もあるなか、盛岡近辺ではどうなんだろう?豊作だといいが・・・
 この詩の様に色づいた頃、今度はピントを合わせて稲波を確りと撮影してみたい。

 ※今日は、3件の煙突掃除を行いました。これからシーズン前に出来るだけ頑張りたいと思います。日記をご覧のお客様で、掃除ご希望の方は、ご連絡いただければ先約とさせていただきます。よろしくお願い致します。
 
 
 
Olive Diary DX Ver1.0